SS速報VIP:【艦これ】提督、逃がしませんよ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518971004/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:23:24.81 ID:0stnYipM0

加賀さんとのちょっと甘めな短めのSSです。時季外れです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518971004




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:25:03.73 ID:0stnYipM0

 少々騒がしい、横須賀鎮守府。

「提督、失礼します」

 そう言って、正規空母加賀が、執務室に入ってくる。

 しかし、そこに提督の姿は無い。

「…………」

 ざっと執務室を見回した加賀は、眉を顰めた後、執務用の机の後ろに回り込んだ。

「……提督、一体何をされているんですか?」

「いや、ペンを、落としてな」

 明らかに隠れていたのが見え見えだが、提督は表情を崩さずに机の下から出て来て、着衣を整える。

 もはやツッコむのも面倒な態度だった。

「提督……」

「さて、少し工廠を見てくるか。確か、大鳳の艤装を建造している途中だったな」

「隼鷹です」

「……何?」

「艤装の開発は失敗しました。代わりに隼鷹の艤装が出来ました」

「…………」

 表情は崩れていないが、明らかに落胆の様子が見て取れる。

 まあ、我が鎮守府の資源圧迫の原因は間違いなく彼女の建造にあるので、無理も無い。

「そうだ。確か金剛に茶会へ誘われていたんだ。行って……」

「断っておきました」

「えっ」

「提督はお忙しいので、本日は来れないとお伝えしておきました」

「…………」

 この人は……。

 加賀は内心で溜息を吐く。

 本人も分かっていてやっているのだから、そろそろ止めを刺してあげるべきか。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:26:59.04 ID:0stnYipM0

「提督」

「なあ、加賀」

「……何ですか?」

「旅に出てみたいんだ」

「……はあ」

「しおいの言っていた運河を見に行くのがいいな。大型の船を出して、みんなで……」

「提督。いい加減にしてください」

「…………」

 加賀の言葉を聞いて、提督は素早くドアの前まで移動して、ドアノブに手を掛ける。

 が、それを開ける前に加賀は提督の肩を掴んだ。

「さあ、やりましょう。年末決算と、報告書の作成を」

 そう言われて、提督はゆっくりと後ろに振り返った。

 その視線の先にある執務机の上には、大量の書類が。

 そしてその横にも、書類が山のように積まれている。

「今まで逃げ続けていたようですが、私が秘書艦となった以上は逃がしません。鎧袖一触よ」

「私に何をするつもりだ。鎧袖一触……?」

「さあ、こちらに……」

「待て、加賀。これを見ろ」

 そう言って、提督は加賀に何かを見せる。

 それは、チケットのようだった。

「……これは?」

「実は昔の同僚から、レストランのペア招待券を貰ったんだ。だが、生憎と日付は今日まででな、どうだ加賀。一緒に食事でもしないか?」

「…………」

 これは、提督の作戦だった。

 何度も書類仕事から逃げていれば、最終的に加賀が差し向けられるのは容易に想像できた。

 だから、美味しいもので誤魔化して逃げようと、無理を言って日付調整までして招待券を手に入れたのだ。

 案の定、加賀はチケットを凝視したまま固まった。

 そして、震える手でゆっくりとチケットに手を伸ばし……。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:27:54.49 ID:0stnYipM0

「っ!」

「うおっ!」

 チケットを持っている提督の手首を掴んだ。

 それも、痛いくらいの力で。

「早くこの書類を終わらせましょう」

「かっ、加賀?」

「私も手伝います。さあ」

 そう言って、加賀もイスに座って、書類置きに使っていた机の上の物を退かす。

「この程度の書類、鎧袖一触よ」

「……破くなよ?」

 いい加減腹を括ったのか、提督も筆を取って、ため息交じりにそう言った。



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:29:02.64 ID:0stnYipM0

「終わった……!」

 魂を吐き出すようにそう言って、提督は筆を置いた。

 その机の上には、朝あった書類は無く、綺麗に片付いていた。

「加賀、すまなかったな。お前のおかげで早く終わった」

「いえ。それよりもレストランはまだ営業しているでしょうか」

「んっ……? ああ……。だが、少し時間が厳しいか」

「構いません。行きましょう」

 加賀はそう言って、イスにもたれ掛かって天井を仰ぎ見る提督の手を取った。

「何だ。そんなに行きたいのか? 分かった。車を出そう」

 そう言って、提督も立ち上がる。

「しかし加賀、そんなにレストランで食べたいのか?」

「……提督」

「何だ?」

 加賀はそっと提督の手を握って、身を寄せる。

 普段のクールな態度と違う加賀に、提督は思わず足を止める。

「提督が一緒だから、意味があるんですよ?」

「そう、か……。なら、急いでいかないと、な」

 全く表情を崩さない二人だが、少しだけ二人とも頬を染めて歩き出した。

「んっ? 雪か?」

「綺麗、ですね」

「ああ。そうだな」

「……少し寒いですね。もう少し寄っても?」

「構わない……。ほら」

 ぴったりと腕を組んで、二人は夜の闇に消えて行った。



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:29:30.20 ID:0stnYipM0

以上です



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 01:45:27.00 ID:UC1Nlvzt0


もはや正妻空母、最高かよ


元スレ
SS速報VIP:【艦これ】提督、逃がしませんよ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1518971004/