1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:18:13.14 ID:ZBKUyAmU0

キョン「…」

ハルヒ「……う、嘘よ! 今日がなんの日かわかってるでしょ?」

キョン「あぁ、そうか。今日はエイプリルフールか」

ハルヒ「まったく。ぼーっとしてるんじゃないわよ!」

キョン「残念だなぁ」

ハルヒ「えっ?」

キョン「本気にしちゃったじゃないか」

ハルヒ「!!」

キョン「嘘だけどな!」

ハルヒ「なっ!? わ、わかってるわよバカキョン!」

キョン「どうだかね」




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:22:42.75 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「残酷な日よね」

キョン「?」

ハルヒ「今日言ったことは全部嘘に聞こえるじゃない」

キョン「それを楽しむってもんじゃないのか」

ハルヒ「ほ、本音だって嘘に聞こえちゃうかもしれないでしょ!」

キョン「そうだな」


ハルヒ「……あ」

キョン「どうした?」

ハルヒ「逆に……嘘なら言い放題ってこと?」

キョン「そう捕らえてもおかしくは……ないか」

ハルヒ「……キョ、キョン好き! キョン大好き!」

キョン「なんだよ。それはもう聞いたぞ」

ハルヒ「いいじゃない! キョン好き好き!」

キョン「……?」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:27:06.74 ID:ZBKUyAmU0

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なに?」

キョン「にゃあ。って言ってみ」

ハルヒ「……なによ急に」

キョン「にゃあ。って言ったら、お前のやってほしいことなんでもしてやるよ」

ハルヒ「!」


キョン「…」

ハルヒ「……にゃー」

キョン「あ、言った」

ハルヒ「///いいっ、言ったからね! 今度は私の番よ! 私にキ――」

キョン「ほんとに言うとはなぁ。嘘だっつーの」

ハルヒ「あ……わ、わかってるわよ! バカ! もう知らない!」

キョン「あ、こらドコへ行くんだ」




42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:51:10.10 ID:ZBKUyAmU0

キョン「そこの植木に隠れてるヤツ、出て来い」

ハルヒ「…」


キョン「なんだよ。先に嘘つきだしたのはお前だろ」

ハルヒ「…」

キョン「……仕方ないな。じゃあほんとにひとつだけ言うこと聞いてやるから出て来い」

ハルヒ「……ホントに?」

キョン「嘘」

ハルヒ「!」

キョン「それも嘘。ホントだよ。出てこいって」

ハルヒ「…」

ガサガサ


ハルヒ「キスして」

キョン「はぁっ!?」




47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 12:54:20.13 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「……言うこと聞くって言ったじゃない」

キョン「そ、そうだけどな」

ハルヒ「早く」

キョン「…」


ハルヒ「……///」

キョン「いいんだな? し、しろっていうから……するからな?」

ハルヒ「わ、わかってるわよ! 早くしなさいよ!」

キョン「…」

ハルヒ「……!!」


ハルヒ「ややっ! やっぱ嘘! バカキョン! なに本気にしてんのよ!」

キョン「!?」

ハルヒ「近すぎるわよ! は、離れなさいよっ!」

キョン「おまっ……そ、そうだよな! わかってるよ、本気なわけないだろ?」

ハルヒ「バ、バカ……もうっ///」




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:17:38.87 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「……じゃあね」

キョン「なんだ?」

ハルヒ「あの……手とか……」

キョン「手?」

ハルヒ「いやぎゅーって……!」

キョン「なにをブツブツ言ってるんだよ」

ハルヒ「わ、わかったわ! キョンが決めなさいよ!」

キョン「……はい?」


ハルヒ「だから、キョンがあたしに何してくれるか決めてよ!」

キョン「うーん、それでいいのか」

ハルヒ「うん」

キョン「じゃあ抱きしめてやるよ。ほらこいよ」

ハルヒ「!!!」

キョン「まあ嘘だけど――」

ギュウウウ

キョン「!」

ハルヒ「もううるさいうるさい! めんどくさいからこれでいいの!」

キョン「あたたっ! こ、こらハルヒ!」





73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:21:10.57 ID:ZBKUyAmU0

キョン「も、もういいだろ……離れろよ」

ハルヒ「! なに意識してんのよ! 冗談よ……バカ」

キョン「冗談で引っ付いてくるなよ。まったく」


ハルヒ「もう! 最悪よ今日は! 何でもかんでも嘘に聞こえるじゃない」

キョン「見極めが大事だな」

ハルヒ「あんたの言うことも全部嘘に聞こえる」

キョン「俺もそうだよ」

ハルヒ「…」

キョン「でも一個だけ、ホントのことがあるぞ」

ハルヒ「な、なによ」

キョン「……大好きだよ。ハルヒ」

ハルヒ「! だ、だまされないわよ! もうわかってるんだからね!」

キョン「いや、これは嘘じゃないぞ? 本気で大好きだ」

ハルヒ「えっ……ほ、ほんとに?」

キョン「おう」




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:26:06.97 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「……もういいってそういうのは!」

キョン「本気だって」

ハルヒ「う……し、信じないもん」


キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なによ」

キョン「こっち向けって……ほら」

ハルヒ「ん……」

キョン「好きだ」

ハルヒ「……あ、あたしも好――」

キョン「嘘」

ドゴォ

キョン「はうっ!」

ハルヒ「~!! 死ね! キョンなんか死ね! バカ! もう知らない! 大好き!!」

キョン「みっ、みぞおち……っ」





82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 13:37:45.15 ID:ZBKUyAmU0

キョン「おいハルヒ、拗ねるなよ」

ハルヒ「拗ねてないわよ。怒ってるの」

キョン「同じ意味じゃないかそれ」


ハルヒ「もういい。キョンなんか大嫌い。どっか行ってよ」

キョン「あぁそうかい。じゃあもういいよ。サヨナラ」

ハルヒ「あ……」

キョン「SOS団も辞めるし、お前に二度と近づかないようにするよ。ごめんな?」

ハルヒ「! う、嘘よ! キョン大好き! どこにも行かないでよ!」

キョン「いやあの、これも嘘なんだが」

ハルヒ「!! ああっ、あたしも嘘だもん! キョンなんかホントのホントに嫌いなんだからっ!!」

キョン「じゃあサヨナラ」

ハルヒ「嘘だって! キョン大好き!」

キョン「…」(ハルヒは面白いなぁ……)




99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:08:27.33 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「もういい! もうなんにも喋らないで」

キョン「…」

ハルヒ「紛らわしいのよ。今日はもう喋っちゃダメだからね!」

キョン「…」

ハルヒ「……キョン?」

キョン「…」

ハルヒ「な、なんとか言いなさいよ!」

キョン「…」


ハルヒ「こっち向きなさいよ!」

キョン「…」

ハルヒ「……う、嘘なの! キョン喋っていいからこっち向いてよぉ……」

キョン「呼んだ?」

ハルヒ「! ななっ、なんでもないわよ! あっち向いてなさいよ!」

キョン「忙しいなぁハルヒは」




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:18:01.12 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「もう疲れた……キョン、ジュース買ってきてよ」

キョン「なぜに俺が」

ハルヒ「誰の所為で疲れたと思ってるのよ!」

キョン「俺の所為か」


ハルヒ「早く。オレンジジュース」

キョン「仕方ないな。行ってやるよ」

ハルヒ「あ……うん。おねがい」

キョン「じゃあな」

ハルヒ「…」

バタン


ハルヒ「…」

ハルヒ「……じゃあな?」

ハルヒ「まさかキョン、そのまま帰る気じゃ……あ、カバン持ってってる!」

ハルヒ「~!! まっ、待ちなさいよキョン!」

キョン「呼んだか?」

ハルヒ「!!!」

キョン「ははっ、どうしたハルヒ? ん?」

ハルヒ「は、早くジュース買ってきなさいよバカキョン!!」




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:23:59.53 ID:ZBKUyAmU0

キョン「ほらハルヒ。おまちかねのオレンジジュースだ」

ハルヒ「もぅ」

キョン「…」

ハルヒ「わ、渡しなさいよ!」

キョン「その前に言うことがあるだろうに」

ハルヒ「? あー、はいはい。どうもありがと」


キョン「そうじゃなくてだなぁ」

ハルヒ「な、なによ」

キョン「飲ませてキョン君。って言ったら俺が直々に飲ませてやるよ」

ハルヒ「……の、飲ませてよキョンく――」

キョン「ほんとに言いやがった」

ハルヒ「――っなんて言うわけないでしょ!//は、早く渡しなさいよバカ//」

キョン「はいはい」(可愛いなぁ……)




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:30:08.37 ID:ZBKUyAmU0

ハルヒ「ったく……今日は疲れるわね」

キョン「あ」


ハルヒ「? なによ」

キョン「飲んだな」

ハルヒ「え? え?」

キョン「実はそのジュースの中には俺特性のホレ薬がだな」

ハルヒ「ぷはっ!!」

キョン「! ちょっ、ハルヒ」

ハルヒ「ななっ、なにっ、けほっ!」

キョン「あーあ、嘘だって。慌てんなよ」

ハルヒ「えほえほっ! もー! キョンのバッ、けほっ!」

キョン「やれやれ。ほらごめんよハルヒ」

ポンポン




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 14:33:17.16 ID:ZBKUyAmU0

キョン「もう大丈夫か?」

ハルヒ「豪快に器官に入ったわよ……バカキョン」

キョン「騙され易い自分を恨めよ」


ハルヒ「…」

キョン「?」

ハルヒ「キョ、キョンの所為なんだからねっ」

キョン「なにがだよ。近い、放れろ」

ハルヒ「惚れ薬が効いてるのよっ!」

キョン「あんなの嘘に決まってるだろうが」

ハルヒ「わかってるわよ。……でもちょっとぐらい冗談に付き合いなさいよ」

キョン「…」


キョン「なぁハルヒ」

ハルヒ「なによ」

キョン「嘘だけどな。俺は好きだぞ、お前のコト」

ハルヒ「……あたしも嘘だけど、キョンのコト大好きだからね」

キョン「あぁ、嘘だってわかってるよ」

ハルヒ「大嘘だもん。キョン大好き!」




116: ハルヒかわいい ◆UBgxfb/oXY 2008/04/01(火) 14:35:00.94 ID:ZBKUyAmU0

そんなハルヒちゃん。
エイプリルフール特別出張SSでした。

夜中までスレが残ってたら帰ってくるよ。
それじゃ、職場で嘘ついてくるノシ




173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:25:11.20 ID:eY4rLJ2R0

ガチャ

みくる「こんにちわ~」

ハルキョン「「!」」


みくる「あ……お邪魔でしたか?」

ハルヒ「!! は、離れなさいよバカキョン!」

キョン「なっ、こっちのセリフだ」

みくる「あららぁ」


キョン「それじゃ、ちょっと用事があるんでこの辺で」

ハルヒ「え……帰っちゃうの?」

キョン「あぁ」

ハルヒ「……ま、また明日ね!」

キョン「また明日な。愛してるぞハルヒ」

ハルヒ「!?」

キョン「嘘だっての」

ハルヒ「ー!! さ、さっさと帰れバカ!」

ガチャ


みくる「……愛してる?」

ハルヒ「ちち、違うの! エイプリルフールだから……勘違いしないでよねみくるちゃん!」




186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 17:59:42.04 ID:eY4rLJ2R0

みくる「ほんとに私お邪魔じゃなかったですか?」

ハルヒ「全然。変に気を使わないでもいいわよ」

みくる「そうですか」


ハルヒ「…」

みくる「はい。お茶ですよ」

ハルヒ「うん。ありがとう」

みくる「キョン君に嘘ついたんですか?」

ハルヒ「もちろん。沢山嘘言ってあげたわ!」

みくる「ふふっ、そうですか」

ハルヒ「みくるちゃんも何か、嘘言ってみてよ?」

みくる「え? あ……うーん……そうですねぇ」


みくる「実は私、未来からやってきた未来人なんですよ?」




188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:02:40.44 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「未来人!?」

みくる「ふふっ、嘘ですよ」

ハルヒ「あ、うん。そっか……なんか危うく信じてしまいそうだったわ」


みくる「涼宮さんは騙され易いですね」

ハルヒ「それはキョンにも言われた……そうなのかな?」

みくる「大人になってもそんな感じですよ」

ハルヒ「はい?」

みくる「未来人設定です」

ハルヒ「あぁ……ってなによ! 失礼じゃない!」

みくる「ふふっ。ごめんなさい」

ハルヒ「……でもどうなのかな……大人になっても私キョンと……」

みくる「えっ?」

ハルヒ「!! なっ、なんでもないわ! みくるちゃん、お茶おかわり!」

みくる「はぁい」




193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:05:26.85 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「…」

みくる「…」


みくる「あの、涼宮さん」

ハルヒ「なに?」

みくる「ちょっと遊びましょうか」

ハルヒ「え? なにするの?」

みくる「エイプリルフールですから……嘘で遊びましょう」

ハルヒ「うんうん」


みくる「私は未来人ってことで、涼宮さんの質問に答えますよ」

ハルヒ「……私の未来を教えてくれるってことね!」

みくる「えぇ。あ、えっと……あくまでも嘘ですからね」

ハルヒ「わかってるわ! 面白そうだからやるわよ!」

みくる「はい。では質問どうぞ?」

ハルヒ「うん! えっとね……」




194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:10:53.99 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「じゃあね、私の職業!」

みくる「涼宮さんはですね……」


ハルヒ「え?」

みくる「はい?」

ハルヒ「……主婦?」

みくる「はい」

ハルヒ「そ、それじゃ……けっ、結婚してるってこと!?」

みくる「そうですよ」

ハルヒ「!!」

みくる「あ……あの、これはその……「嘘」ですからね?」

ハルヒ「わわっ、わかってるわよ! 別に私も……うん」

みくる「気になりますか?」

ハルヒ「なにが?」

みくる「お相手です」

ハルヒ「!! べっ、別に気にしてなんか……誰?」

みくる「それはですね……ふふっ、今の涼宮さんでもわかるんじゃないでしょうか?」

ハルヒ「今あたし?……!! キョ……まさか!」

みくる「ふふっ、禁則事項です」




196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:17:00.09 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「ぜぜっ、絶対にありえないわ! なんでキョンなんかと!」

みくる「? 私はキョン君だなんて言ってないですよ?」

ハルヒ「!!」


みくる「そうですか。今の涼宮さんの旦那さん候補は……キョン君なんですね」

ハルヒ「なっ!? ち、違うわよ! なんでキョンなんか!」

みくる「嘘ですか? あ、そうですね。今日はエイプリルフールですから……はい」

ハルヒ「あ……そうそう! 冗談よ。ただキョンとか一番ありえないから思ってみただけよ!」 

みくる「はい」


ハルヒ「……でも」

みくる「なんですか」

ハルヒ「もしその……あ、相手がさ? キョンだとして……」

みくる「…」

ハルヒ「あ……あたし……幸せなのかな?」

みくる「はい。お互いにお似合いの夫婦さんですよ」

ハルヒ「////」モジモジ

みくる「…」(可愛いなぁ……)




200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:22:13.09 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「どうせ嘘なら……あのさ?」

みくる「はい」


ハルヒ「それって、どっちが告白したのかな?」

みくる「んー……キョン君に見せかけて涼宮さんだったって聞きましたよ」

ハルヒ「聞いた?」

みくる「! あ、あの、そういう設定です」

ハルヒ「あぁ、そっか。……でもどういうコト?」

みくる「キョン君が告白したんですけど、涼宮さんがそう言わせたってニュアンスですね」

ハルヒ「よくわかんないなぁ」

みくる「思い出に残るプロポーズだったみたいですよ」

ハルヒ「!!」

みくる「?」


ハルヒ「プロ……いやあの、そうじゃなくてね?」

みくる「あ、そうですね。お二人は……お付き合いしている期間がなかったみたいですから」

ハルヒ「えっ?」

みくる「今のまま、大人になったってことです。……そ、そういう設定です」

ハルヒ「今のまま……! べ、別に今もなにも、キョンとはなにもないわよ!」




209: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:35:44.43 ID:eY4rLJ2R0

みくる「涼宮さんは、キョン君嫌いですか?」

ハルヒ「別に」

みくる「……今日は別に嘘ついてもいい日ですよ」

ハルヒ「…」


ハルヒ「そ、そうよね! 嘘ついたっていい日よね!」

みくる「はい。じゃあ……キョン君のコト、どう思いますか」

ハルヒ「えっと……あのね……」

みくる「はい」

ハルヒ「……好き。キョンのこと、好きなの」

みくる「…」(……キョン君に嫉妬しちゃうなぁ……いいなぁ)




216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 18:43:59.14 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「キョンは私のこと、幸せにしてくれるかな?」

みくる「もちろんです。相変わらずブツブツいいながらですけどね」

ハルヒ「キョンも幸せ?」

みくる「はい」


ハルヒ「今日はね、キョンに好きって言ってみたんだ」

みくる「本当ですか?」

ハルヒ「もちろん。エイプリルフールだからね! もちろん嘘なんだけどね!」

みくる「くすくす。わかってますよ」

ハルヒ「そしたらキョンも好きだって。ふふっ///」

みくる「…」(幸せそうだなぁ……ちょっと意地悪してみよっかな)


みくる「でもそれって、嘘なんですよね」

ハルヒ「え?」

みくる「キョン君は涼宮さんに好きって言ったけど……嘘なんですよね」

ハルヒ「あ……う、うん……そう……なるわね」

みくる「!!」(あぁぁっ、ごめんなさい///でも可愛い///)

ハルヒ「嘘なのよね……で、でも私もその……冗談だし」

みくる「嘘じゃないですよ。キョン君は確かに涼宮さんのコト、大好きです」

ハルヒ「えっ?」

みくる「禁則事項です♪」




236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:35:50.63 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「でもキョンが旦那さんかぁ……ふふっ、私も大変そうね!」

みくる「はい」

ハルヒ「私もなんであんなの好きになっちゃったのかなぁ」

みくる「? 嘘なんですよね?」

ハルヒ「! もちろん! 嘘よ嘘! ただ……なったとして!」

みくる「…」(自分でもよくわからなくなってるのかなぁ……可愛い……)


ハルヒ「子供はいるのかな?」

みくる「いますよ。元気な女の子が一人」

ハルヒ「可愛い?」

みくる「はい。お母さん似でとっても」

ハルヒ「//な、なんか嘘に聞こえないわよみくるちゃん//」

みくる「ふふっ、嘘ですよ? 私は未来人じゃないですよ?」






240: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:42:08.29 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「エイプリルフールっていいわね! 嘘沢山言えるわ!」

みくる「そうですね」


ハルヒ「キョンのこと……大好き」 

みくる「はい」

ハルヒ「いつから好きになったのかわかんないけど……大好きだわ」

みくる「えぇ」

ハルヒ「みくるちゃんは、好きな人とかいないの?」

みくる「そうですね……私は涼宮さんが大嫌いです」

ハルヒ「え……」

みくる「……ふふっ、嘘ですよ? その反対です」

ハルヒ「あ、そっか! うん! 私もみくるちゃんだいっ嫌い!」

みくる「くすくす、はい。私も大嫌いです」


ガチャ

キョン「あ、まだ居たのか」

ハルヒ「! キョン! あんたんあんでだいっ嫌いなんだからね!」

キョン「はぁ?」

ハルヒ「!! あ、や……嘘! 逆! ……! ちが。違う! それも逆!!」

みくる「////」(はぁぁぁ……///)




246: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 19:48:05.00 ID:eY4rLJ2R0

みくる「帰ったんじゃなかったんですか?」

キョン「え? あぁ、まだ時間あったんで戻ってきました」

ハルヒ「ほら! ここ座りなさいよ!」


ハルヒ「はい! キョンお茶!」

キョン「? お、おう」

ハルヒ「♪」

キョン「なんだハルヒ、上機嫌だな」

ハルヒ「え? そ、そう? そんなことないわよ//」

キョン「人の顔みてにやけるなよ気持ち悪いなぁ」

ハルヒ「うるさいわね! キョンなんてだいっ嫌いなんだから!」

キョン「……よくわからんが子供みたいだな」

みくる「可愛いなぁ……」


みくる「さてと、そろそろ帰りますね」

ハルヒ「? もう帰るの?」

みくる「今日はちょっとおしゃべりさんでしたから」

キョン「?」

ハルヒ「……あ! まって!」

みくる「はい?」


ハルヒ「……未来のみくるちゃんの旦那さんって誰?」

みくる「それは……禁則事項です♪」




253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:15:26.01 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「なんで帰ってきたの?」

キョン「別に。なんとなくさ」

ハルヒ「私が居たから帰って来てくれたんでしょ?」

キョン「そんなわけあるかい」

ハルヒ「ちょっとー。嘘でもいいから、そうだって言いなさいよ!」

キョン「……そうだよ。ハルヒが居るから戻ってきた」

ハルヒ「! バ、バカ! 知らないわよ!」

キョン「ってなんで俺がバカ呼ばわりされんといかんのだ」


ハルヒ「ふふっ」

キョン「さっきからずっとニマニマしやがって……なんなんだよ」

ハルヒ「べっつにー。みくるちゃんと話してただけよ」

キョン「何の話だ?」

ハルヒ「えっとね、みくるちゃんは未来人なのよ!」

キョン「ぶほっっ!!!???」

ハルヒ「! ちょ、ちょっと! 嘘に決まってるでしょ、もぉ汚いわね!」




255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:24:18.49 ID:eY4rLJ2R0

キョン「……朝比奈さん……そんなコト言ってたのか」

ハルヒ「だって今日はエイプリルフールじゃない! 嘘ぐらいどうってことないわよ」


キョン「まあ……そうだな。嘘だよな」

ハルヒ「もちろん」

キョン「そうだハルヒ。朝比奈さんが未来人なら」

ハルヒ「うん?」

キョン「長門が宇宙人で、古泉が超能力者だな」

ハルヒ「あはは! なによそれー」

キョン「まあそういう嘘もありってことさ」

ハルヒ「なるほどねー。じゃあ私は?」

キョン「んー……暴れん坊で自分勝手な神様ってとこかな」

ハルヒ「なによそれ?」

キョン「さあね。そうだ、さっきコンビニでキャラメル買ってきたんだ。やるよ」

ハルヒ「あーん」

キョン「自分で食え」

ハルヒ「///嘘よ! なに焦ってるのよ!」

キョン「焦ってなんかないって」




258: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:35:20.65 ID:eY4rLJ2R0

ピリリリry

キョン「? 電話だ」

ハルヒ「?」


キョン「もしもし」

古泉『どうも僕です』

キョン「どうなんだその挨拶は」

古泉『今、涼宮さんの傍に居ますね?』

キョン「……居るな」

古泉『少し席を外してもらっていいですか?』

キョン「ちょっと待ってろ」


キョン「ハルヒ、ちょっと電話してくる」

ハルヒ「え? あ、うん」

ガチャ

長門「…」

キョン「! び、びっくりした……居るなら言えよ、長門」

長門「……今、来た」

キョン「そうか。ちょっと失礼」





260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:38:19.22 ID:eY4rLJ2R0

キョン「で、なんだよ」

古泉『いやぁ、なんといいますか……』

キョン「?」


古泉『こっちが居様なぐらい静かなので、どうしたのかと』

キョン「え? どうしたって……特に」

古泉『涼宮さんに、なにかありましたか?』

キョン「いや、別に……あ」

古泉『?』

キョン「朝比奈さんとなにか話してたみたいだけど……それか」

古泉『朝比奈さんと? わかりませんが、とにかく静かです。落ち着きます』

キョン「いいじゃないか」

古泉『まあそうなんですけどね』

キョン「もう切っていいか?」

古泉『まあ、そう言わずに』

キョン「…」




261: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:42:12.24 ID:eY4rLJ2R0

古泉『今日は四月一日ですね』

キョン「あぁ、今日はずっとハルヒに嘘つかれてばっかりだ」

古泉『それはそれは』

キョン「なんだ? お前もなんか嘘でも言う気か?」

古泉『そうですねぇ……実は僕は、超能力者なんです』

キョン「知ってる。嘘じゃないだろそれ」


古泉『いけませんね。アドリブは難しいです』

キョン「アドリブというかなんというか」

古泉『ハルヒさんは何と?』

キョン「あ? ……いや、特に」

古泉『これも調査の一環です。教えてくれてもいいじゃないですか』

キョン「……俺が大嫌いなんだとさ」

古泉『嫌い……あぁ、なるほど。それはそれは……あははっ』

キョン「もう切るからな。なんだか気持ち悪くなってきた」

古泉『はい。それじゃ、そんな感じでよろしくお願いします』

キョン「どんな感じだよ」




263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:44:14.03 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「あ」

長門「…」

ハルヒ「今日は遅かったのね」

長門「…」


ハルヒ「相変わらず無口ね」

長門「…」

ハルヒ「今日は何の日か、知ってる?」

長門「……四月一日」

ハルヒ「エイプリルフールよ」

長門「……?」

ハルヒ「知らないの?」


長門「…」

ハルヒ「ってわけ。わかった」

長門「……わからない」

ハルヒ「あれ?」

長門「…」

ハルヒ「……あぁ、嘘か。わかってんじゃないの」




264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 20:52:52.15 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「――で、みくるちゃんが未来人で、古泉君が超能力者で」

長門「……宇宙人」

ハルヒ「そうそう」

長門「……そう。私は……宇宙人」

ハルヒ「わかってるわね」


長門「…」

ハルヒ「でも、どうなのかしら?」

長門「…」

ハルヒ「それじゃキョンだけが一般人よね」

長門「…」

ハルヒ「私とじゃ、釣り合わないかなぁ」

長門「……そう」

ハルヒ「え?」

長門「……嘘」

ハルヒ「?」




266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:00:39.51 ID:eY4rLJ2R0

長門「…」

ハルヒ「そんなわけで私はキョンが大好きなの」

長門「……そう」


ハルヒ「……リアクション薄いわね」

長門「…」

ハルヒ「誰か好きな人とかいないの?」

長門「私?」

ハルヒ「うん」

長門「……該当しない」

ハルヒ「うーん……あ、嘘?」

長門「……そう」

ハルヒ「?該当しないが嘘? あってる? あれ? じゃあ」

ガチャ

キョン「まだ四月だってのに寒いなぁ」

ハルヒ「あ、お帰りキョン」

長門「……キョン」

ハルヒ「?」




270: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:15:22.49 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「誰からの電話だったのよ」

キョン「古泉だ」

ハルヒ「なぁんだ」

長門「…」


ハルヒ「暗くなってきたわね」

長門「…」

ハルヒ「……あと数時間で今日も終わりかぁ」

キョン「今のうちに沢山嘘ついとけよ」

ハルヒ「わかってるわよ! キョン大好き! 有希大嫌い!」

キョン「お前なぁ」

長門「……皆、嫌い」

ハルキョン「「えっ?」」

長門「…」


長門「…」ガタ

ハルヒ「? 帰るの?」

長門「……そう」

キョン「じゃあな」

長門「……嫌い」ボソッ


ハルヒ「…」

キョン「さてと……俺も帰るかな」




274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:26:47.94 ID:eY4rLJ2R0

ハルヒ「もう帰るの?」

キョン「時計を見ろ。こんな時間だ」


ハルヒ「もうちょっとぐらいいいじゃない」

キョン「なにもすることがないだろ?」

ハルヒ「……大好き」

キョン「わかったって」

ハルヒ「こんな嘘つけるのも、あと少しなのよ?」

キョン「別に、いつでも言えばいいさ」

ハルヒ「えっ?」

キョン「? 嘘なんて今日だけに拘ったことじゃないだろ?」

ハルヒ「あ……そ、そうよね!」

キョン「まあ普段から好き好き言われても勘違いされてたまらんがな」

ハルヒ「……ふ、普段は言えないコトだってあるんだからね」

キョン「?」

ハルヒ「なんでもないわよ!」




275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/01(火) 21:28:52.55 ID:eY4rLJ2R0

キョン「鍵閉めるぞ」

ハルヒ「待ってよ」


キョン「ほら早く」

ハルヒ「…」

キョン「?」

ハルヒ「あと一回しか言わないからね!」

キョン「……はいよ」


ハルヒ「キョン! 大好きよ!」

キョン「あぁ、俺も大好きだよ」




277: ハルヒかわいい ◆1MI4v.6Sm2 2008/04/01(火) 21:32:37.93 ID:eY4rLJ2R0

ハルにゃん可愛い。
調子に乗ってすげぇ長いこと書いた。こんなに書いたの初めてー。
あとハルにゃんとキョン君以外書いたのも久方ぶりだわ。変でも知らないわ。

そんじゃ、残り少ない時間で言えるだけの嘘を振り撒いてくゆ。
おまいら大嫌い。サヨナラ。


元スレ
ハルヒ「キョン! 大好きよ!」
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1207019893/