1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 21:52:36.23 ID:wXHxuFBK0

岡部「夜中に騒がしいぞッ…」

ダル「アイマスの映画を見に行ってきたんだお…」

岡部「…は? 映画? まだ夜中ではないか」

ダル「最速上映ってやつに行ってきたでござるの巻」

岡部「ほぉ、そんなこと言っていたなそう言えば」

ダル「…むほぉぉぉぉおおおおお!!!!」ブルブル

岡部「ちょ、ウェイウェイ! とりあえず落ち着けッ!」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 21:58:30.92 ID:wXHxuFBK0

ダル「僕の、僕の……やよいたんの出番が……」

岡部「やよいって……あの『フッフー』が口癖のキャラクターか?」

ダル「『うっうー』だっつーの!!」ドンッ

岡部「そ、そんなに怒らなくてもいいではないか…」フッフー

ダル「出番が、少なすぎだお! もっと! もっとやよい成分をッッ!!!」

岡部「駄目だこいつ早くなんとかしないと……」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:04:55.78 ID:wXHxuFBK0

 ────
  ──

岡部「で、お前の中でどうだったんだその…劇場版アイドルマスターは?」

ダル「普通に面白かったと思いますまる」

岡部「俺はアニメも見ていないが、初見でも楽しめるのか?」

ダル「うむ、初見にも優しいシナリオだったお。詳しいプロデューサーには、
   もっと楽しめる出来っつうか?」

岡部「なんだ、けっこういい感じではないか」

ダル「そうなんだけど……まぁ、
   プロデューサーならではの文句なんだよなー結局は…」イジイジ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:14:23.33 ID:wXHxuFBK0

岡部「出番が少なかった、というところか?」

ダル「映画だから一人一人に焦点を置くのは難しい、
   ってのは重々承知なんだお。しかも今回は765プロのメンバー──」

ダル「プラス、グリマスのメンバー7人だったわけで」

岡部「それで、キャラは何人になるんだ?」

ダル「アイドルだけで、19人」

岡部「おぉ、多いな」



7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:15:02.79 ID:wXHxuFBK0

ダル「まぁ、律っちゃん入れれば20人なんだけどー。
   『今回はプロデューサーに徹するって、決めたんです』とか、マジ鳥肌!」

岡部「…よ、よく分からんが。とにかく、何人かの出番が少なかったと」

ダル「うむ……はるるんがいっぱい出てましたなー」

岡部「メインヒロインか?」

ダル「ウィ」

岡部「……ふーむ。お前が熱弁するから気になってきたではないか」

ダル「おっ? オカリン見に行くかい?」

岡部「……行ってみるか」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:23:52.84 ID:wXHxuFBK0

 ──翌日──


紅莉栖「いきなり呼び出しておいて、アニメ映画って…」

ダル「大丈夫だ、問題ない。この映画はアニマス知らない人でも楽しめるからさ。
   いやマジで」

まゆり「わぁ~、人でいっぱいだね~」

岡部「うむ……すごい熱気だな…」

ダル「おっし、二回目いくぜぇぇぇぇえええ!!」

まゆり「ダル君燃えてるねぇ~」ニコニコ

岡部「“萌えてる”の間違いだまゆり」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:29:28.22 ID:wXHxuFBK0

紅莉栖「ったく、橋田みたいな奴がこうやって金を落としていくのね。
    まったくのナンセンス、DVDが出てからまた見ればいいの──」

ダル「そう言っていられるのも、今のうちだぜ牧瀬氏」

紅莉栖「はっ?」

ダル「それと、ここでアイマス批判はやめた方がいいと思われ」

俺1「……」チラッ

俺2「……」フゥ…

俺3「……」チッ…

紅莉栖「…そ、そのようね……」

岡部「よーっし、では乗り込むぞッ!」

ダル・まゆり「「おーっ!」」

紅莉栖「お、おーっ……」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:36:25.82 ID:wXHxuFBK0

 ────
  ──

 『カイガイニケンシュウニイクコトニナッタ…』

岡部(ふむ…プロデューサーが海外に……)

岡部「……」チラッ

紅莉栖「……っ」ハラハラ

岡部(っふ、なんだかんだで楽しんでいるではないか)

岡部(なかなか面白いな、まぁ──)

岡部(冒頭の予告が一番面白そうだったがなッ!!)

岡部(俺はあの学園の教師として、彼女らを──……)モンモン



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:39:30.40 ID:wXHxuFBK0

 『…ハナシニ、ナリマセン』

岡部「……」

岡部(見てて辛くなるシーンだな…)

岡部「……」チラッ

ダル「アアアアア…」ガタガタ

岡部(呻くなッ)バシッ

ダル「ゥ……」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:43:59.06 ID:wXHxuFBK0

 『ワタシハ、アマミハルカダカラ』

岡部「っ……」ジーン

岡部(うむ……)

岡部「……」チラッ

紅莉栖「っ……、っ」ボロボロ

岡部「……」

岡部(ボロ泣き…だと…!?)

岡部(だ、ダルは……──)

ダル「ウウウウウウ…」ボロボロ

岡部(デスヨネー)



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:47:32.30 ID:wXHxuFBK0

 ゴカンショウアリガトウゴザイマシター


岡部「うむ、いい話だったな」

まゆり「ライブのシーンとかすごかったねぇ~」

ダル「そうっしょ? よかったっしょ?」


紅莉栖「橋田っ…まず、アンタに……っ」グズッ


岡部「取り敢えずクリスティーナは涙を拭け」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:53:36.00 ID:wXHxuFBK0

紅莉栖「ぅっう……最後、良かったぁ…!」

ダル「ちょっ、いくらなんでも泣きすぎだろ常考。
   まあ、これがアイマスの力っつうことかな……?」オロオロ

紅莉栖「ごめん、舐めてたわ私……っ」

岡部「この際、アニメも見ればイイのではないか?」

紅莉栖「えぇ、そうするわ! そしたらっ──……!」ハッ…

ダル「ん?」

まゆり「んん? クリスちゃん、そしたら~?」

紅莉栖「そ、っしたら……」モジモジ



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 22:59:22.72 ID:wXHxuFBK0

岡部「……ッ! っくく、どうしたのだぁ助手よ?」

岡部「貴様、上映前はあれだけ“ナンセンスッ”とか、
   “ワンダホー”などと、強がりを決め込んでいたくせに……──」

岡部「──今、何を言おうとしたのだ? えぇ?」ニヤニヤ

紅莉栖「ぐっ……!」ギロッ

まゆり「もう、オカリンっ。クリスちゃんをいじめちゃダメだよ~」

岡部「まゆりだって煽ったではないかッ」

ダル「“ワンダホー”なんて言ったか?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 23:02:15.53 ID:wXHxuFBK0

岡部「さあ、言ってみろ助手ぅ……アニメを見たら、どうしようというのだ?」ニヤニヤ

紅莉栖「アニメをッ…アニメを、見たら……──ッ!」



 紅莉栖「もう一回、映画を見に行きたいですーっ!!///」



岡部「……ふふっ、フゥーハハハッ!!」

岡部「聞いたかダルよぉ? あのクリスティーナが、
   積極的にアニメを──」

ダル「牧瀬氏、アニメのDVD貸します。明日持ってくるからさ、オーケー?」

紅莉栖「ほんとっ? やったーありがと橋田!」ニコッ



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 23:04:53.54 ID:wXHxuFBK0

ダル「新プロデューサー誕生の瞬間だぜっ!」

まゆり「わぁーこれでクリスちゃんもプロデューサーだねっ」

紅莉栖「ふふ、ありがとまゆり」

 ワイワイ

岡部「……」ポツーン

岡部「……え、世界戦変動したか?」

まゆり「おかりーん!」

ダル「バカみたいなこと言ってないで、いくぞオカリン」

岡部「あ、ああっ……」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/30(木) 23:07:15.73 ID:wXHxuFBK0

ダル「んで、牧瀬氏」

紅莉栖「ん、何?」

ダル「あのアイドルの中だと、誰押しなん?」

紅莉栖「……そうね、えーっと…──」


 紅莉栖「──高槻やよいちゃんね」




  
                              おわり


元スレ
ダル「むほぉぉぉぉぉおおおお!!」岡部「ど、どうしたダルッ!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391086356/