―事務所―

かな子「お疲れ様です」

凛「あ、かな子……お疲れ様……」ズーン

かな子「凛ちゃん大丈夫? どこか体調でも悪い?」

凛「いや、病気とかじゃないんだけど……」

かな子「?」

凛「ああ……えっとね、ハナコがいなくなっちゃったんだ」

かな子「ええっ!? いなくなっちゃったの!?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519318003




2: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:47:16.58 ID:VIR2F0CN0


凛「本当は健康診断に行っただけなんだけどね」

かな子「ほっ……ハナコちゃんに何かあったのかと思ったよ~」

凛「でも今回は期間が長いから帰ってくるのが明後日なんだ……」

かな子「寂しい?」

凛「……まあね。いつも側に居てくれるのに、いざいなくなっちゃうと少しだけ寂しいかな」

かな子「凛ちゃんは本当にハナコちゃんが大好きなんだね。普段はクールだからちょっと可愛いかも♪」

凛「ちょっと可愛いかも……って、恥ずかしいからやめてよ」

かな子「ふふっ♪ あ、そうだ。ケーキ買ってきたから一緒に食べようよ。ここのケーキは上に乗っている砂糖細工がとっても可愛いんだよ~」

凛「……うん、せっかくだから頂こうかな」




3: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:47:56.99 ID:VIR2F0CN0


かな子「ん~! スポンジもふわふわで美味しいね!」

凛「美味しい……とても美味しいけど、この飾り……」

かな子「そのワンちゃんの飾り? ……あっ」

凛「ハナコ……」ズーン

かな子「本当は『少し』じゃやなくて『すごく』寂しいんだよね?」

凛「ハナコぉ……!」ズズーン

かな子「凛ちゃんがここまで落ち込むなんて……そうだ! ちょっと待っててね」タッタッタ・・・





4: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:49:27.95 ID:VIR2F0CN0


―少しして―

かな子「お待たせ凛ちゃん」

凛「お帰りかな…………!? その頭のやつって……!!」

かな子「えへへ、ちひろさんから犬耳借りてきちゃった。わんっ♪」

凛「」

かな子「あのー……凛ちゃん?」

凛「かな子…………いや、カナコ……お手」

かな子「えっと、これでいいのかな?」ポンッ

凛「うん、悪くない。いや、最高だね」

かな子「そう? なら良かったよ~」

凛「という訳でカナコ、今だけ私の犬になってよ」

かな子「え、えぇ……」





5: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:50:28.68 ID:VIR2F0CN0


凛「ダメ……かな……。そうだよね、かな子も忙しいもんね……うん大丈夫、私は一人寂しくハナコを思いながら枕を涙で濡らすよ……」シュン・・・

かな子「……もう……仕方ないなぁ、今だけだよ?」

凛「ありがとう、かな子。じゃあ……」ポンポン

かな子「膝を叩いて……あ! お邪魔しまーす♪」

凛「ハナコも私の膝によく座ってくるんだ」

かな子「凛ちゃんあたたかいねー」スリスリ

凛「ちょっとカナコ…………くっ……くすぐったいって……ふふっ……」

かな子「えー? ハナコちゃんも私みたいにするでしょ?」

凛「確かにハナコも……頭を擦りつけてくるけど………ぷっ…あはは!」

かな子「えーい♪」





6: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:51:09.99 ID:VIR2F0CN0


凛「もう、カナコは甘えん坊なんだから……今度は頭を向けてどうしたの?」

かな子「頭を撫でて欲しいなーって」

凛「ふふっ……いいよ、じゃあ私の膝に頭を乗せてね」

かな子「はーい♪ 凛ちゃんの膝まくらだー」

凛「カナコの髪、さらさらしているね。あまり強くしすぎないように……」ナデナデ

かな子「なんだかポカポカしてきたな~。凛ちゃんは普段ハナコちゃんのどこを撫でているの?」

凛「そうだね……顎とか……お腹も撫でるとすごく喜ぶかな」

かな子「お腹……」

凛「ふふふ……」

かな子「あのー、凛ちゃん? ちょっと目が怖いんだけど……」

凛「大丈夫、私の撫でテクは一流だから、きっとカナコも気に入ると思うよ」

かな子「お、お手柔らかにお願いします……」





7: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:52:49.67 ID:VIR2F0CN0


奈緒「おーっす……ってドアの前で何やってんだよ未央、覗き見なんかして」

未央「あ、あわわわ……しぶりんとかな子ちんが……」

奈緒「凛とかな子がなんかやってんのか? どれどれ……」


凛「はい、あーん♪」

かな子「あーんっ……ん~、美味しい~」

凛「お菓子はまだまだあるからいっぱい食べてね~」ナデナデ


奈緒「なにこれ……凛がすっごいニコニコしながらかな子を餌付けしてるんだけど」

未央「どうやらかな子ちんがしぶりんの犬になりきっているみたいだね」

卯月「ワンちゃんなかな子ちゃんも可愛いですね」

加蓮「とりあえずカメラに撮って後で凛に見せよっと」●REC

奈緒「2人はいつ来たんだよ……けどすっごい気持ちよさそうだなかな子、そんなに凛の撫で方が上手いのか?」

未央「おっ? かみやんもしぶりんのワンちゃんになっちゃうかい?」

加蓮「その時は撮らせてね、印刷してみんなに配るから」

奈緒「そんなことやらないからなっ!」

未央・加蓮「「えー」」

奈緒「えー! じゃない!」





8: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:53:24.35 ID:VIR2F0CN0


卯月「あ、あのー……そんなに騒いじゃうと……」

凛「……ドアの前でなにやってるの」

奈緒「うわぁぁぁ!! なんだ凛か、おどかすなって……」

凛「私の顔……見た?」

かな子「凛ちゃん、大丈夫?」

凛「カナコは部屋に戻っててねー、今から覗きをする悪い人たちにしつけをするからさ」

かな子「う、うん……」

凛「さて……かな子も戻ったところで、何か言い残すこと……ある?」

奈緒「な、なに言ってるんだよ……なぁ未央……って、いねぇ!!」

凛「卯月も加蓮もだね、3人は後でじっくりしつけをするとして……」

奈緒「なぁ凛、落ち着こう、な?」

凛「問答無用!」

奈緒「逃げるが勝ち!」タッタッタ・・・


<ウワーヤメロー!
<コラ!ニゲナイノ!
<マテ!ドコカラソンナノモッテキタ!?


かな子「………」

かな子「えーっと……お菓子美味しいなぁ…………あはは……」





9: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:53:52.83 ID:VIR2F0CN0


凛「ただいま」

かな子「おかえり凛ちゃん。それは……?」

凛「これ? 奈緒の冬毛だけど、カナコは気にしなくていいからね」ポイッ

かな子「あ、うん……」

凛「それよりかな子、よかったらなんだけどさ……」





10: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:54:32.55 ID:VIR2F0CN0


―夜・凛の部屋―

かな子「お風呂あがったよ~」

凛「パジャマのサイズ大丈夫だった?」

かな子「うん、大丈夫だよ。でもちょっと驚いちゃたかな、まさか凛ちゃんに『家に泊まってよ』なんて言われるなんて」

凛「たまにはかな子とゆっくり話をするのも悪くないと思ったからさ」ポンポン

かな子「そうなんだ……ところで凛ちゃん、また膝を叩いて…………ふふっ♪」

凛「おいで、カナコ」

かな子「じゃあ犬耳をつけて……わんっ♪」

凛「ああもう……可愛すぎるでしょ!! おいでっ!」

かな子「わーんっ♪」

凛「よーしよしっ! 可愛い! 可愛いよカナコ!」ワシワシ

かな子「ちょっと凛ちゃん、くすぐったいって」





11: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:55:59.36 ID:VIR2F0CN0


凛「ごめん、はしゃぎすぎた」

かな子「ううん、今日は楽しかったよ。こんな凛ちゃんを見るのも初めてだったし……本当に凛ちゃんはハナコちゃんが大好きなんだね」ナデナデ

凛「うん……私にとっては大事な家族だからさ。撫でられるのは恥ずかしいけど……かな子の膝まくらとっても柔らかい……」

かな子「みんなからは『マシュマロみたい』って褒められるんだ~」

凛「確かにマシュマロみたいに柔らかい……ちょっと羨ましいかも…………ふわぁ……」

かな子「眠たくなっちゃった?」

凛「うん……もう寝よっか……今日は本当にありがとう……」

かな子「ハナコちゃんが帰ってきたらいっぱい可愛がってあげようね」

凛「もちろん……おやすみ……」

かな子「ああっ!! 凛ちゃん、寝るならベッドで!」

凛「zzz……」

かな子「……おやすみなさい♪」





12: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:56:28.34 ID:VIR2F0CN0


―数日後―

かな子「あっ、凛ちゃん。ハナコちゃん帰って来たんだよね?」

凛「うん、特に悪い所も無かったみたい。ただ……ハナコが私から離れようとしないんだよね……少し困っちゃうかな」

かな子「顔は困っているようには見えないけど?」

凛「やっぱりそう見える? 親にも言われちゃったよ『ハナコが帰ってきて機嫌がいいわね』って」

かな子「嬉しそうだね……そうそう、クッキー作って来たんだけど……食べる?」

凛「じゃあ頂こうかな……ところで……」

かな子「どうしたの下を見て? 私の足元に何か落ちてる?」

凛「いや、この前の膝まくらが忘れられなくてさ……」モジモジ

かな子「(意外と凛ちゃんもハナコちゃんみたいに甘えんぼさんなのかな?)」

かな子「ふふっ♪ 膝まくらしてあげるね」

凛「……ありがと」





13: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 01:57:20.57 ID:VIR2F0CN0


奈緒「お疲れ様……凛は膝まくらされて何ニヤけてんのさ」

凛「えへへ………………はっ! な、奈緒! どうしてここに!?」

奈緒「どうして……って、ここ事務所だし。いやー、すっごい笑顔だな! 写真に撮って加蓮達に送るか!」

凛「こ、こら! 撮らない!」

奈緒「おっと、今度は捕まらないからな!」バッ

凛「あ、こら逃げない! 待てっ!」シュタッ

かな子「凛ちゃん達行っちゃった……」


<ウワッ!?ハヤスギダロ!?
<ツ カ マ エ タ
<ヨセ!ムシルナッ!?・・・ウワァァァァァ!!


かな子「あはは…」

かな子(今度ハナコちゃん用のクッキーでも作ってみようかな?)



おしまい




14: ◆twOYNJxMJs 2018/02/23(金) 02:00:16.54 ID:VIR2F0CN0


以上となります。
Happy New Yeah!コミュを見ていたら書かざるをえなかったです。
CDはよ……はよ……


元スレ
SS速報VIP:凛「カナコ」かな子「わんっ♪」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519318003/