1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 21:52:13.71 ID:MdJRn0Hw0

慎二「僕は間桐慎二。由緒正しき、魔術家間桐の長男。所謂、生まれながらの勝ち組というやつだ。」

慎二「そうだ!僕は勝ち組だ!魔術がなんだよ!魔術回路が無くたって!僕にはまだまだ才能が溢れている!天才だぁ!!」

慎二「ふん、とりあえず>>5だ!>>5をするぞ!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 21:55:57.06 ID:ZF6kjLzJ0

ワカメを食べまくる



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:00:47.35 ID:MdJRn0Hw0

慎二「桜ぁあぁあ!!」

桜「は、はい…兄さん。なんでしょう?」

慎二「腹がへった!ワカメ料理をたらふく食わせろ!」

桜「そ、そんな…いきなり」

慎二「僕の言うことが聞けないの?」

桜「そういうわけじゃ…」

慎二「なら、早くしてよね」


桜「お待たせしました。」 ドーン

慎二「ワ、わかめの味噌汁?これ全部?」

桜「はい!家にある一番大きな鍋作りました。全部食べてくださいね」

慎二「…いや、あの」

桜「ぜ・ん・ぶ食べてくださいね」

慎二「はい」



慎二(おえっ…食いすぎた…クソ…桜め…次は>>12



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:03:53.43 ID:0PQXQGu90

海に還る



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:08:45.15 ID:MdJRn0Hw0

冬木市 海 近く

慎二「ふぅ…潮風が気持ちいい」

慎二「桜のやつ…魔術回路を持ってるからって偉そうに!」

慎二「僕はもっと別の道で!なんてったて天才だからな!ふふふ、はっはっはっは!」

慎二「…。」

慎二(このまま…どうしよっかな>>23



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:10:03.48 ID:vYS+91P30

蟹工船に乗る



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:18:15.65 ID:MdJRn0Hw0

慎二「さて、帰るか」

ズルッ

慎二「うわ!」(しまった!足が…)

バッシャーン

慎二「ひぃぃ!誰か!助けて!溺れる!」

その時、偶然一隻の船(蟹工船)が慎二の前を通りかかった

男「大丈夫か!坊主!」

慎二はなんとか船の乗組員に助けられた

次はどうなる?
>>32



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:22:04.26 ID:QSUH2kca0

海に落ちて帰らぬ人となる



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:26:54.01 ID:MdJRn0Hw0

男「まったく!危うく溺れ死ぬところだったぞ!」

慎二「ありがとうございます!それでは!」

男「それじゃぁな!」



慎二「はぁ…僕としたことが…まぁいい…今度こそ帰ろう…」

ズルッ

バッシャーン!!!

慎二「ぐわっ!またしても!」

慎二(駄目だ!今度こそ!しぬ!)

慎二(ぐ…あぁ…どんどん沈んでいく…苦しい…息が…がはっ)


おわり



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:33:36.90 ID:MdJRn0Hw0

慎二「ここは?」

慎二「そうか…僕は死んだのか」

桜「兄さん…可愛いそうに」

慎二「?なんで桜が僕の棺を眺めてるんだ…」

桜「きっと自殺したのね」

慎二「違う!そんなわけあるか!」

桜「それじゃ、兄さん。さようなら」

慎二「何!?僕の声が届いてない…いや、見えてもいない…」


霊体になった慎二くん
次はどうなる?
>>46



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:36:54.19 ID:PvnYZFW3O

タイガー道場



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:42:24.96 ID:MdJRn0Hw0

大河「こんにちわ!う~ん今日はなんだか潮くさいわね…」

大河「ドジって転んで溺れたそんな貴方を優しく救済しちゃうタイガー道場!はじまるわよ!」

大河「はいはい~!師範代は同じみ冬木の虎と!」

イリヤ「みんなの妹!弟子一号です!」

大河「はぁ…今回は完全に慎二くんのドジですね」

イリヤ「アドバイスもクソもないでしょ!」

大河「へっへっへ!タイガー道場を甘くみちゃいかん!」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:47:01.24 ID:MdJRn0Hw0

大河「そもそも~。慎二くんは魔術師の才能こそないけど」

大河「他の事はなんだってすぐにこなしちゃう天才なのよ」

イリヤ「う~ん…言いすぎかもしれないけど、確かに一部では人望もあるみたいだし」

大河「そうそう!だから~。慎二くんは!もっと!何かに真剣になるべきなの!」

イリヤ「なにかって?」

大河「わからん!」

イリヤ「えぇ!」

大河「それでは!今回のタイガー道場はここまで!」

大河「慎二君!何事も真面目になさい!」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:48:29.41 ID:MdJRn0Hw0

慎二「は、ここは!」

慎二「海辺…。生きてる…」

慎二「ふふ、何だか知らないけど!!次は!頑張るぞ!はっはっは」

何しましょうか
>>58



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:51:04.64 ID:QSUH2kca0

遠坂家に弟子入りして修行する



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 22:56:12.04 ID:MdJRn0Hw0

遠坂邸

凛「貴方は…しつこいのは嫌いなんだけど」

慎二「いや、今日はそういうのじゃなくてさぁ」

凛「え?なにかしら」

慎二「遠坂家の弟子にしてください!」

凛「はぁぁ?あのね…あんた…魔術は」

言峰「どうしたのだ?凛」

凛「こいつが…弟子になりたいって」

慎二「よろしくお願いします!」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:00:07.36 ID:MdJRn0Hw0

言峰「とは言え…魔術回路を持たない身体では…」

慎二「くっ…やっぱり…駄目なのか…これじゃ、間桐と何も変わらないじゃないか!」

凛「慎二…」

凛「ねぇ、八極拳は?」

言峰「なに?」

凛「体術なら…慎二でも大丈夫でしょ?」

言峰「だが…」

慎二「お願いします!」

言峰「…。仕方あるまい…だが、途中で耐えられなくなっても知らないからな」

慎二「大丈夫です!」



そして、過酷な修行が始まったのだ…



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:07:11.07 ID:MdJRn0Hw0

言峰(まさか、これ程まで達するとは…僅か数期間で…)

言峰「…。全力で来るがいい。私も容赦しない」

慎二「ですが…マスターにはまだ…」

言峰(いや、こいつは既に私いじょうのものを身に着けている…)

言峰(やはり天才か…)

言峰「では、行くぞ!」

慎二「」シュンッ

ドゴォッ

言峰「ぐっ…」(何!?見えなかっただと!?)

慎二「」サッサ シュッ

ドスッ ドスッ ドゴォッ

言峰(受け、回避で手一杯だ…まさか…そんな)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:10:55.92 ID:MdJRn0Hw0

言峰「」ハァハァ

慎二「」スゥーハァー

言峰「もう、私から教えることは何もない」

慎二「それは…」

言峰「お前はもう、一人前だ。だが、お前にはまだまだ伸び白がある。」

慎二「いえ!まだまだマスターから学ぶべきことが」

言峰「お前は…既に私を超えている」

慎二「…」ゴクリッ

言峰「これからは、己と向き合い修行に励め」

慎二「は、はい!!!」


慎二は八極拳を覚えた!!
次は何しますか?



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:11:27.62 ID:MdJRn0Hw0

安価>>82



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:13:59.28 ID:K0hAA3PO0

桜に優しく接する



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:19:12.38 ID:MdJRn0Hw0

間桐邸

慎二(ふふふ。僕にだって!できることがあるじゃないか!)

慎二(これからも!がんばるぞ!はっはっは)

慎二「ただいま~♪」ニコニコ

桜「兄さん…」ビクッ

慎二(ちっ、変にテンションが高いところを見られてしまった…)

慎二「な、なんだよ…。」

桜「に、兄さん。家だといつも暗いから…」

慎二「誰のせいだと!思ってるんだよ!」

桜「」ビクッ

桜「でも、最近の兄さん…いつも前より明るいです」

慎二「え?」

桜「兄さんが明るくなって…嬉しいです」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:22:04.33 ID:MdJRn0Hw0

慎二「桜…お前…」

桜「明るい兄さんの方が好きです///」ニコッ

慎二「/////」ドキッ

慎二「あ、あぁ腹減ったな~」アセアセ


さてさて
次は?
>>100



100: 銀myLOVE ◆YINbe/LOVE 2012/07/05(木) 23:23:50.98 ID:rs0oR1XY0 BE:2340240375-2BP(2112)

桜にプレゼントをあげる



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:27:37.68 ID:MdJRn0Hw0

桜「す、すいません!まだ、買い物に行ってなくて…」

慎二「そ、そっか…なら、いっしょに行くか?」

桜「へ?」

慎二「に、二度も言わせるなよ!///」

桜「はい!今すぐ支度してきます!」

慎二(今まで…あいつは僕のことをコケにしてると思ってたのに…)

慎二(散々、甚振ってやったのに…それでも、僕を想ってくれいた…)

桜「そ、それじゃぁいきましょう」

慎二「あぁ、行こう。」



106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:31:52.75 ID:MdJRn0Hw0

スーパー

桜「何か食べたいものはありますか?」

慎二「う~ん、これといって」

桜「それでは!肉じゃがにしましょう!」ニコニコ

慎二「///」ドキッ 


帰り道

慎二「なぁ、ちょっと寄り道しよう」

桜「え?」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:36:42.18 ID:MdJRn0Hw0

お店

桜「うわぁ、綺麗なアクセサリーがたくさん」

慎二「どれか、買ってあげるよ」

桜「い、いえ…兄さんに買って貰うなんて」アセアセ

慎二「今日の僕は機嫌がいいんだよ」

桜「じゃ、じゃぁこれで」

慎二「なんだよ。一番安いのじゃないか。もっと高いのでも」

桜「いえ、いいんです」

桜「これがいいんです///」(兄さんが初めて私にプレゼントしてくれるもの…)


次はどうしましょ
>>113



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:37:54.28 ID:IHIi90M40

さらに優しく



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:46:12.38 ID:MdJRn0Hw0

帰り道

慎二「~♪」

桜「」(買い物袋も全部もってくれるなんて、兄さんどうしちゃったんだろ)

慎二「桜~。」

桜「は、はい!」

慎二「肉じゃが!僕も手伝うよ!」

桜「えぇ?」

慎二「いいじゃないか!兄妹だろ?」

桜「そ、そうですね!」(兄妹なんて…兄さんの口から初めて聞いた…)



126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:49:51.07 ID:MdJRn0Hw0

間桐邸

桜「兄さん。ジャガイモ、皮むけました?」

慎二「…、ちょ、ちょっと!今、がんばってる!こんなもの僕の手にかかれば!」グヌヌ

桜「兄さん、ほら、こうやって持つと」スッ

慎二「さ、桜///」

桜「余所見は危ないですよ!兄さん」エヘヘ


早めですが
次でラスト安価でござる
>>131



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:51:58.36 ID:K0hAA3PO0

桜がお風呂に入ってるときに侵入



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 23:55:36.95 ID:MdJRn0Hw0

お風呂

桜(はぁ、今日は不思議な気分だったなぁ)チャプン

桜(まるで、夢のような…)

慎二「」ソーッ

桜「」チラッ(はぁ…兄さん…)

桜「バレバレですよ」

慎二「!?」ビクッ

桜「入ってきてもいいですよ」

慎二「え…」

慎二「そ、それじゃぁ…」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 00:01:28.82 ID:vIOLwR9j0

慎二「」(何だか…改めてみると…緊張する…)

桜「お背中、流します」

ザバー

慎二「なぁ、桜」

桜「はい?」ゴシゴシ

慎二「こ、これからも…僕の…」

桜「何ですか?」

慎二「僕の妹でいてくれないか?」

桜「ふふ、ずっと兄さんの妹ですよ」ニコッ

慎二「う、うぅ」ウルウル (僕は…今まで何を…)

桜「その代わり」

慎二「え?」

桜「優しい兄さんでいてくださいね」ニコッ


おわり



146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 00:03:18.70 ID:owrjE6pp0

よくやった!>>1に感謝だ!綺礼な慎二もいいものだ



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 00:05:11.11 ID:9UrieYfzO


短いながら綺麗だ


元スレ
間桐慎二「僕だって活躍してやる!安価で!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341492733/