SS速報VIP:垣根「喫茶店でもすっか・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364791127/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 13:38:48.40 ID:71o3+Gwd0

新約6の後の垣根です

初めて書くので遅筆なのでゆっくり見てもらえると幸いです!

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1364791127




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 13:53:31.04 ID:71o3+Gwd0

~~とある廃墟~~

白垣根『どうですか?反省しましたか?』

垣根「あぁ、したよ!だから早く体を
くれよ!」

白垣根『そうですか・・・分かりました。ですが不審な行動をしたら・・・』

垣根「わかったわかったって」

白垣根『では、くれぐれも問題を起こさないようにお願いします』バッサア




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 14:13:35.04 ID:71o3+Gwd0

~~裏路地~~

垣根「やっと自由だ・・・!これであの第一位を・・・!」

<アリガトーカブトムシサン!

垣根「あの野郎どこにでもいるな。くそっ」グゥ~

垣根「そういや腹減ったな、っとなんだあれ?喫茶店か?」ガチャ

垣根「誰もいねぇな。おっクッキー発見♪」

?「誰かいるんですか」

垣根「お前は・・・!」

絹旗「第二位!」
サイアイビジョン→→クッキーを盗むおとこ→→こそどろ

絹旗「本当に超何やってるんですか・・・」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 15:03:52.73 ID:71o3+Gwd0

垣根「なんだアイテムのチビか。今俺はものすごく大変なんだが」グゥ~

絹旗「超どうでもいいんですけど。お腹超空いてるんだったらコーヒーでも入れてあげますよ」

~~数分後~~

垣根「ありがとな、ところでお前何やってんだ?」ゴクゴク

絹旗「あなたこそ超何やってるんですか?超死んだんじゃなかったんですか?」

垣根「カブトムシに体もらったんだよ。まぁ監視付きだけどな」

垣根「じゃあな。コーヒーサンキューな。って、あ・・・」

絹旗「どうしたんですか?」

垣根「いやこれから第一位を殺sって戦闘態勢!?」

絹旗「まぁ勝てないでしょうから戦いませんけど」

垣根「やっぱり作戦には拠点とか金がいるよな」ウンウン

絹旗「あれ?殺しに行かないですか?」

垣根「あてもないしな。ここで金を集めながら頑張るよ」

絹旗「ここで?」

垣根「あぁ。喫茶店でもすっか・・・」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 16:29:51.68 ID:71o3+Gwd0

~~数日後~~

垣根「いろいろ大変だったな。だがついに・・・ついに・・・」


垣根「喫茶店開店だ!!!」

絹旗「やっと開店したんですね」ガチャ

垣根「あぁ、なんか開店まで手伝ってくれてありがとな。」

絹旗「いえいえ。じゃあ・・・コーヒーをひとつ」

垣根「はいよ」コトッ

絹旗「あれ?ケーキは超頼んでませんけど」ドポドホ

垣根(ミルクと砂糖入れすぎだろ・・・)「サービスだよサービス」

絹旗「そうですか、では」パク

絹旗「」

垣根「あれ、不味かったか」

絹旗「いやいや、超うますぎですよ!垣根さんって超器用なんですね」

垣根「まぁな」

こうして地味に器用な垣根の料理を求めて少しずつ客は増えていった

~~またまた数日後~~

<モットタベルンダヨ!
<フコウダー

垣根「結構客もくるようになったな」ウンウン

絹旗「どうも~超友達を連れて来ましたよ」

滝壺「こんにちは」

麦野「」

垣根「おぉアイテムのやつらkってうおぉい!原子崩し撃とうとするな!」

絹旗「超やめてください!麦野」

麦野「チッ、テメエがなんでここにいんだよ!」

垣根「いろいろあったんだよ。いろいろ」

絹旗「まあまあ、とりあえず超注文しましょう!私はいつものを」

滝壺「オレンジジュースとケーキ」

麦野「烏龍茶とクッキーだ」

垣根「はいよ」コトッ

絹壺「「おいしい~」」モグモグ

麦野「まあまあだな」

滝壺「そう言えばなんでかきねは生きてるの?」

垣根「カブトムシのヤローに体をもらったんだよ」

絹旗「超監視付きだそうです」





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 17:21:59.94 ID:71o3+Gwd0

滝壺「あっ、もうそろそろ面会時間だね」

垣根「誰か捕まってんのか」

絹旗「浜面が超軽犯罪をかさねてたんですよ」

~~回想~~

浜面「げぇ!黄泉川!」

黄泉川「おぉ浜面逮捕するじゃん」

浜面「えっ、あっ、あ~れ~」

絹壺「「・・・」」

~~終了~~

絹旗「じゃ、今日はこれで。ほら、麦野も」

麦野「じゃあな」

ドア<サヨナラ~

垣根「浜面あいつなにしてんだよ・・・」

?「あら、久しぶりね」

垣根「いらっしゃいまsなんだテメエか」

ドレスの女「なんだとはなによ。せっかく来てあげたのに」

垣根「ハイハイんで注文は?」

ドレスの女「コーヒーとパフェを」

垣根「ハイよ」コトッ

ドレスの女「あなた第一位はもういいの?」パク

垣根「まぁここで客としゃべるのもいいなと思ったんだよ」

ドレスの女「へぇ変わったのね」クスクス

垣根「まあな。で、お前はこんなとこでなにしてんだよ。もしかして心配してくれた?」

ドレスの女「別にそんなんじゃないわ。ただ最近あなたに似た紳士がこの辺にいるって噂があったのよ」

垣根(カブトムシィ・・・)

ドレスの女「じゃ私はこれで」

垣根「あぁ」

ドア<マタクルワ



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 20:10:57.98 ID:71o3+Gwd0

~~閉店後~~

白垣根『どうも久しぶりですね』

垣根「よう、久しぶりだなァ」(#`・∀・´)⊃ウデガシイ

白垣根『え?え?何ですか?』ビビリ

垣根「お前普段何をやっておらっしゃるのかしら・・・!」

白垣根『(キレ過ぎて変になってますね・・・)何って人助けですよ 』

垣根「お前のせいでなんか変な目で見られるんだよォォォオオおおお!」

白垣根『別にいいじゃないですか!』

垣根「お前はそうかも知れないけどなぁ子供から『おにいちゃんきのうはありがとう!』とか『しろいつばさだして!』とか言われるとなんか胸が痛むんだよォォォオオおおお!」

白垣根『』

垣根「あんな純粋な目で見られたら俺は俺は・・・!」

白垣根『そ、それではこれで』バッサア

垣根「ま、まてっ!せめてこのファンレターをどうにかしてくれェェェエエえええ!!!」(*TOT)⊃□



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/01(月) 20:50:36.37 ID:71o3+Gwd0

~~翌日 喫茶店~~

垣根「あのやろう今度あったら地味でむかつく嫌がらせをしてやる・・・!」ブツブツ

~~裏路地~~

一方「(一日こいつらに付き合わされたな・・・)なァそこの喫茶店でコーヒー飲んでいいか」

打ち止め「ミサカオレンジジュースってミサカはミサカはお願いしてみたり」

番外「ミサカは何でもいいよ」

打ち止め「でやあってミサカはミサカはとつげき!!」

垣根「」

一方「自転ぱーーーーーーんち」ドゴォォ

垣根「いきなり何すんだよ!」ソゲブ

一方「オマエなンでここに・・・」

垣根「いろいろあってな第2の人生をあゆんでんだよ」

番外「ぶっちゃけそのセリフってキモいよね」

垣根「なんでこの5分で殺されそうになったりしなきゃいけないんだよ・・・」orz

一方「ブラック2つオレンジジュースだ。ささっとしろ」

垣根「殺さないのか」

一方「いいから早くしろっ!」

垣根「お、おう」

打ち止め「そんなツンデレなあなたも好きだよってあいたぁー」ベクトルチョップ

番外「なんでミサカまで・・・」ヒリヒリ



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/02(火) 08:03:00.46 ID:rYX7xxA/0

~~翌日 喫茶店~~

絹旗「へぇ~そんなことが超あったんですねぇ」

垣根「あぁ。さすがに殺されなくてよかったぜ」

絹旗「超死んでよかったじゃないですか」

垣根「なんなの?最近俺をいじめるのが流行ってるの?」シクシク

絹旗「一方通行も超丸くなったんですね」

垣根「そんなことはどうでもいいんだ・・・そんなことよりもなぁ・・・!」ワナワナ

絹旗「?」キョトン

垣根「なんであいつには彼女がいるんだよ!!!」

絹旗「」

垣根「なんであいつだけ・・・!ちくしょう・・・!」

絹旗「あ、そ、そういうことならっ」アセアセ

垣根「しかもなんか二人いるしよう・・・」

絹旗「あ、明日映画を超見に行きませんか///」

垣根「ちくしょうって、え?映画?」

絹旗「はい!超行きませんか?」

垣根「お、おう。いいなそれ」

絹旗「超約束ですよ!」

垣根「わかった。じゃあまた明日なぁ」

絹旗「そ、それではまた明日」ガチャ

絹旗「超楽しみです!」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/02(火) 09:31:42.89 ID:rYX7xxA/0

~~古い映画館前~~

垣根「な、なぁここ本当に映画館?」

絹旗「はい!B級映画を超見るんですよ」
垣根(まずい。よくわからんがとにかくまずい!)

絹旗「それじゃ超行きますよ!」レッツゴー

~~映画終了~~

垣根「クソ面白くなかったな」

絹旗「そうですか?バカっぽくて超よかったですよ」

垣根「意味わからんが。そうだこのあとどうs」

?「あれ絹旗ちゃンか」

絹旗「」

垣根「誰だテメエ」

黒夜「彼氏さンとデート中でしたかァ?」(ー∀ー)ニヤニヤ

絹旗「ちょ、超違いますよ」アセアセ

垣根「いやだから誰だよオマエ」

黒夜「ン?私は絹旗ちゃンの嫁でェす」

垣根「」

絹旗「超違います。ただの悪友ですよ」

黒夜「なンだとオラァァア!」

絹旗「超やる気ですかァァア!」

<オラァァア!
<ドゴォォン!

垣根「・・・」

垣根「帰るか・・・」
~~~~~~~~~~~~~~~~~

垣根「その後二人は巨乳警備員にとてつもなく怒られたとさ。めでたしめでたし。」

絹黒「「めでたくねェェエええ!!」」



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/02(火) 12:52:51.20 ID:rYX7xxA/0

~~喫茶店~~

絹旗「はぁ・・・昨日は超大変でしたよ」

垣根「見てて面白かったけどな」

絹旗「なんであのとき超帰ったんですか!」

垣根「面倒だから」キッパリ

絹旗「だから彼女が超できないんですよ」

垣根「なっ、好きで独りじゃないんだよ!そうだ・・・!一方通行には今度制裁を与えねば・・・!」

絹旗(超嫉妬ですね)

一方「よォ、ブラック一つくれ」ガチャ

垣根「リア充滅びろォォオ!」バッサァ

一方「うおォい!なンだお前!」

垣根「独り身の辛さを思いしれェェエ!」

~~しばらくお待ちください~~

一方「あァ?彼女?別にそンないいもンじゃねェよ」

絹旗「超勝者の余裕ですね」

垣根「誰が人生の敗北者だァァ!」

絹旗「そこまで言ってないですよ」

一方「本当にいいもンじゃねェよ。この間なンかなァ・・・」

~~回想~~

番外「ねえアナタ昨日の夜何してたのかにゃー?」

一方「あァ?三下の家で飲み会だったンだよ」

番外「嘘をつくなぁぁぁ!」ビリビリ

一方「嘘じゃnあばばばば」ビリビリ

~~終了~~



18: 今度から『ケイ』と名乗ります 2013/04/02(火) 15:14:30.66 ID:rYX7xxA/0

一方「な?大変そうだろ」ズズズ...

垣根「大変なんだな」

一方「わかってもらえればいいンだ。」

垣根「そういや今日はあの二人は?」

一方「うるさいからおいてきたンだよ」

垣根「大丈夫なのかよ。それで」

絹旗「あ、ミサワさんからメールです」prrr

絹旗「えーと・・・『業務連絡:一方通行を捕らえよ。報酬は望むものを渡す』?妹達とアイテムとかその他いろいろに依頼しているみたいですね」

一方「か、垣根ェ」gkbr

垣根「よぉし。友の頼みだ助けるのが男だろうが!」

絹旗「お店は超どうするんですか?」

垣根「臨時休業だ!」ドン!

絹旗「超適当ですね」

垣根「いいんだよ適当で。そんなことより、よぉし絶対に『妹達』から逃げきるぞ!」

絹方「「お(ォ)ー」」

こうして妹達との鬼ごっこ<<デスゲーム>>が始まった



19: ケイ 2013/04/02(火) 15:38:40.35 ID:rYX7xxA/0

これまでのを見てわかる通り未元装甲と垣根×一方のバカを書きたいだけです

それでは鬼ごっこ編スタートッ!



20: ケイ 2013/04/02(火) 16:15:12.06 ID:rYX7xxA/0

~~???~~ 09:24:33

?「いたぞー、とミサカは応援を求めます」

一方「クソ。ここにも居やがるか」

垣根「どうする?逃げきれるか」

絹旗「あ、そうだ(ピコーン)人混みに超紛れるのはどうですか?」

垣方「「それだ!」」

~~とある大通り~~ 09:35:21

一方「さっきから見つかるのが随分早ェな」ハァハァ

垣根「あぁ、MNWはあなどれないぜ」ハァハァ

絹旗「(ていうかなんで超私まで)」ハァハァ

~~ミサカサイド~~

番外「なかなか見つからないね」

打ち止め「う~ん。MNWには大通りに紛れてから情報ないよってミサカはミサカは戦況報告」ミョンミョン

御坂妹『発見しましたとミサカはMNWに報告します』

番外「よし総員突撃ッ!」

ミサカ『『『『らじゃ』』』』ビシィ

~~カキネサイド~~

絹旗「あそこにハンターを超見つけました!」

垣根「チッ。あっちにも居やがる」

一方「万事休すかァ・・・!?」

垣根「いやまだだ!偽ミサカ召喚!」バッサア

垣根「これで撹乱してその間に逃走だ」タッタッタッ

絹方「「おう!」」

ミサカミサカミサカミサカミサカミサカミサカミサカミサカミサカミサカ

結標「どうしたのよ」

海原「ここが天国・・・!」




21: ケイ 2013/04/02(火) 17:17:39.53 ID:rYX7xxA/0

~~カキネサイド 裏路地~~10:12:34

垣根「ラチがあかねぇな。なんかいい方法はねぇのか?」ウーン

一方「そうか!今一番の脅威はMNWそれさえ潰せれば・・・」prrr(ガチャ)

絹旗「どこに電話してるんですか」

一方「三下だァ」

一方「よォ三下話があるンだがーーー 」

~~裏路地~~10:20:12

上条「連れて来たぞ」

御坂「どうしたらいいの?」

一方「話はあとだ。MNWのジャミングをしてくれ」

御坂「・・・?わかったわ」ビリビリ

~~ミサカサイド~~ 10:25:09

打ち止め「MNWがジャミングされたよってミサカはミサカは報告してみる」

番外「お姉様か。」クソッprrrガチャ

番外「はい、こちら番外個体。えっ?捕まえた?」



22: ケイ 2013/04/02(火) 20:15:56.05 ID:rYX7xxA/0

垣方「」コウソクチュウ

番外「やっと捕まえたぁ☆で、言い訳とかあるのかにゃ~?」ニヤニヤ

垣方「(言い訳しても殺される)」gkbr

番外「ありがとね二人とも」

麦壺「「いえいえ」」

打ち止め「能力追跡で捕まえたんだねってミサカはミサカは解説中」

滝壺「どうしてみさわはあくせられーたを追いかけてたの?」

番外「こいつせっかく料理作ってやったのに野菜残しやがったんだよ」プンスコ

垣根「」

番外止め「それでは失礼しました~☆」

一方「」ズルズル



垣根「そんなことで俺は命をはってたのか・・・」orz

絹旗「超災難でしたね」

滝壺「あ、そうだった。かきね、ちょっといいかな」

垣根「ん?」

麦野「ここのカフェ明日貸しきりしていいか」

垣根「いいけど、なんで?」

滝壺「はまづらの出所記念パーティ」

絹旗「明日でしたか」

滝壺「うん」

垣根「そうだな。いっちょ盛大に祝ってやるかぁ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方「あばばばば」ビリビリ

鬼ごっこ編 終わり



23: ケイ 2013/04/02(火) 20:16:30.11 ID:rYX7xxA/0

垣方「」コウソクチュウ

番外「やっと捕まえたぁ☆で、言い訳とかあるのかにゃ~?」ニヤニヤ

垣方「(言い訳しても殺される)」gkbr

番外「ありがとね二人とも」

麦壺「「いえいえ」」

打ち止め「能力追跡で捕まえたんだねってミサカはミサカは解説中」

滝壺「どうしてみさわはあくせられーたを追いかけてたの?」

番外「こいつせっかく料理作ってやったのに野菜残しやがったんだよ」プンスコ

垣根「」

番外止め「それでは失礼しました~☆」

一方「」ズルズル



垣根「そんなことで俺は命をはってたのか・・・」orz

絹旗「超災難でしたね」

滝壺「あ、そうだった。かきね、ちょっといいかな」

垣根「ん?」

麦野「ここのカフェ明日貸しきりしていいか」

垣根「いいけど、なんで?」

滝壺「はまづらの出所記念パーティ」

絹旗「明日でしたか」

滝壺「うん」

垣根「そうだな。いっちょ盛大に祝ってやるかぁ!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方「あばばばば」ビリビリ

鬼ごっこ編 終わり



27: ケイ 2013/04/03(水) 13:42:16.17 ID:ChjxXiBY0

~~デパート 買い出し~~

絹旗「そう言えば具体的に何を超買うんですか?」

番外「ん~そうだねぇ」

滝壺「とりあえずお肉とかあそこにないものを買おっか」

麦野「まぁ、一応喫茶店だから飲み物は要らないだろ」

打ち止め「パーティグッズは?ってミサカはミサカは質問してみる」

絹旗「垣根さんが未元物質で作ってくれるみたいですよ」

番外「さすが第二位☆一家に一台第二位だね」

麦野「あなたの家には超かっこいい第一位様がいるじゃない」ニヤニヤ

番外「な、べ、別に///」カァァ

打ち止め「ていとくんの前ではそんな話したらダメだよってミサカはミサカは忠告してみる」

麦野「にゃんで?」

絹旗「彼女が居ないから超いじけるんですよ」ハァ

番外「ふーん。そういえばあの人も言ってたな」

滝壺「あの二人結構仲いいよね。いつも二人で悪ふざけしてるし」

絹旗「今回は超してないといいんですけどね」ハァ



28: ケイ 2013/04/03(水) 14:08:22.15 ID:ChjxXiBY0

~~喫茶店 飾り付け~~

垣根「なぁ、俺はずっと気になっているんだが」

一方「あァ俺もだ」

垣根「確か俺達は飾り付けを引き受けた。そうだよな」

一方「そォだ。それだけだったはずなンだ」

フレメア「大体なんの話?」

垣方「「テメエの話だよッ!」」

フレメア「?」キョトン

一方「なンで俺達が子守りなンかしてるンですかァ!?」

垣根「落ち着け。とりあえず状況を整理しよう」

・金髪幼女一人

・暗部の男二人(レベル5)

・拉致経験あり

垣方「「アウトォォオーー!!」」

垣根「誰か来たら拉致って思われるだろこれ!」

一方「いや、さすがにそンなことはおきねェはずだ」アセアセ

上条「よぉお前ら何やってるんーーー」ガチャ

垣方「「」」

上条「・・・」バタン

垣方「「言い訳をさしてくれェェエええ!!」」



29: ケイ 2013/04/03(水) 14:51:10.98 ID:ChjxXiBY0

上条「で、何があったんだ?マスター、一方通行」

フレメア「zzz」スピー

垣根「いやぁ。それがなーーー」

~~ちょこっと前~~

滝壺「じゃあ買い出しに行ってくるね」

番外止め「飾り付けよろしく♪」

垣根「あぁ」ダラダラ

一方「わかったァ」ダラダラ

滝壺(フレメアは寝てるし置いていこ)

フレメア「zzz」スピー

~~現在~~

上条「今日、浜面の出所だったのか」

一方「そこか!今言うべきことはそこか!」

垣根「今言うべきはなんでフレメアを置いていったかだろうが!」

上条「まあまあ、俺も手伝ってやるから落ち着けよ」



上条「なぁ結局一方通行って梨琴<リコト>ちゃんと付きあってるの?」

一方「一応な」

垣根「?」

一方「アイツの偽名だ番外個体って長いだろ。三澤梨琴と打ち止めは三澤桃琴<トウキ>だ」

垣根「俺も今度はそっちで呼ぼうかなぁ」

一方「そういやオマエもオリジナルと付きあってるだろうが」

垣根「」

上条「ま、まぁな」

垣根「なんで俺の回りはみんなリア充なんだ・・・!俺なんか出会いすらないのに」シクシク

上条「最愛ちゃんとかは?」

一方「そォだな。結構いいンじゃねェか?」

垣根「多分あっちが嫌がるだろな」

上方((鈍すぎだろ・・・))



30: ケイ 2013/04/03(水) 15:43:59.83 ID:ChjxXiBY0


:
:
:

上条「なぁゲーム的なものは何かしないのか?」

垣方「「あ」」

上条「何も考えてなかったのかお前ら」ハァ

垣根「あ、あれは、王様ゲームとか」

一方「合コンじゃねェかそれ」

上条「まぁ、でも浜面は好きそうだよな」

垣根「だよな。浜面が好きだろうなって思ったんだよ」

一方「で、本音は?」

垣根「アイテムの恥ずかしい姿を見たい」

一方「ゲスだな」

携帯<prrr

上条「ん?美琴からだ」

垣根「なんだって?」

上条「パーティ。美琴も来るってさ」

垣根「ミサカ三人のコスプレ・・・!」ゴクリ

上方「「」」ゲシゲシ

垣根「や、やめろッ!。無言で、すねを蹴るのはやめろッ!」

一方「テメエがキモいことを言うからだ」

上条「ていうか、コスプレなんて服とかねぇだろ」

垣根「俺の未元物質に常識は通用しねぇ」キリッ

上条「万能だな。未元物質」

一方「ちょうどよかったなァ。未元物質の片付け役ができて」

上条「面倒くせぇ。垣根くんは自分で出したものは自分で片付けられない常識知らずさん何ですかねぇ」

一方「コイツに世間の常識は通用しねぇ」キリッ

上条「『心配するな。自覚はある』」キリッ

垣根「これ以上俺を汚すのはやめろォォオ!」



31: ケイ 2013/04/03(水) 16:39:22.67 ID:ChjxXiBY0

~~喫茶店~~

:
:
:

絹旗「超帰って来ましたー」

垣根「お帰り~。お疲れ様」

番外止め「疲れた~」(*ーωー)三3

滝壺「あれ?かみじょう来てたの?」

上条「あぁ。美琴も後で来るから」

麦野「超電磁砲か」

フレメア「大体疲れたにゃあ」

上垣方「「「テメエは何もしてねェだろッ!!!」」」

滝壺「三人共ありがとね」

上垣方「「「いえいえ」」」

絹旗「それじゃもうそろそろ浜面の迎えに行って来ますね」

垣根「あぁ。こっちは飯の準備でもしてるよ」

滝壺「行って来ます」

<アレフレメアモキタンデスカ?
<ニャア

ドア<ガチャ

御坂「あれ?今二人出ていったんだけど?」

上条「浜面の迎えに行ったんだよ」

御坂「ふ~ん。って、げ、オバさnーーー麦野!」

麦野「ねぇ今変な言葉が聞こえた気がするんだけど」

上条「そんなわけないだろ。オバさnーーー麦野」

一方「そうだぜオバさnーーー麦野」

垣根「気にするなオバさnーーー麦野」

麦野「垣根お前ちょっとこっちにこい」ズルズル

垣根「なんで俺だけなんだァァア!」ズルズル

  <ドコォォン
  <ギャァァ!



32: ケイ 2013/04/03(水) 18:22:25.45 ID:ChjxXiBY0

~~刑務所前~~

絹旗「浜面の分際で私を待たせるとは超いい度胸ですね」フンス

浜面「ごめんなさい」orz

滝壺「大丈夫。そんなどんくさい浜面も応援してる」

浜面「さすが俺の滝壺だッ!」ダキッ

滝壺「浜面・・・」ダキッ

絹旗「(あ、垣根さんの気持ちが超よくわかります)」イラッ

絹旗「ほら、浜面。ふざけてないで、今から垣根さんの喫茶店に行きますよ」

浜面「垣根?あの垣根か?」

滝壺「うん。大丈夫だよ。かきねは、もう襲ったりしないから」

絹旗「今パーテイの準備をしてくれてるんですよ」

浜面「へぇ~。あの垣根が・・・ってパーテイ?誰の?」

滝壺「はまづらのだよ」

浜面「俺の!?なんか悪いな」

絹旗「まぁ私達の好意を超受けとるんですね」

浜面「ははぁ~」orzドゲザ

:
:
:

<prrr

番外「はい。こちら梨琴。あ、滝壺さん?わかった。みんなに伝えるね。」ガチャ

一方「なンだって?」

番外「もうそろそろ到着するって」

垣根「そうか。よしッ総員クラッカー用意」ビシィ

フレ止め「「らじゃ」」ササッ

御坂「いよいよね」

麦野「まったく遅いんだから」

上条「おっ。来たぞ」

<ガチャ

全員「「「出所おめでとう!!!」」」パカァァン

浜面「」(・д・)パチクリ

滝壺「はまづら?」

絹旗「感動して超かたまってます」



33: ケイ 2013/04/03(水) 20:13:25.74 ID:ChjxXiBY0

:
:
:

浜面「み、みんなありがとう。俺のために」グスッ

麦野「キモい」

番外「ウザイ」

絹旗「ブサイク」

御坂「うるさい」

上条「黙れ」

垣根「爆ぜろ」

一方「むしろハゲろ」

浜面「うわぁあん。滝壺ォお」ダッ

滝壺「大丈夫。そんな浜面が大好きだから」ナデナデ

フレ止め「「いいことあるって」」bグッ

浜面「俺の味方は三人だけだ・・・!」グス

:
:
:

絹旗「では、気をとりなおして超乾杯しましょう」

麦野「ほら、垣根。乾杯だぞ」

垣根「え~、ごほん。浜面の「「「せーの」」」出所記念です「「「カンパーイ」」」って、うおぉい!」

浜面「プハーッ。久しぶりのビールがうまいぜ」(^q^)

上条「あっ君ビール飲めよ///」

一方「あァ(イラッ)お前もう酔ってンのかよ」

垣根「弱過ぎだろ」



番外「浜面くん」チョイチョイ

浜面「なんだ?」

番外「一気お願いしまーす」(*ー∀ー)⊃【酒】

浜面「」

フレ止め「「浜面のいいとこ見てみたい♪」」

浜面「あ~もう!わかったよ(グビ)プハーッ」

  ガヤガヤ
    ワイワイ




34: ケイ 2013/04/03(水) 20:32:16.44 ID:ChjxXiBY0

垣根「(もうそろそろだな)」ヒソヒソ

一方「(あァ)」ヒソヒソ

上条「(おkだ!)」ヒソヒソ

三人「「「ちゅーもーくッ!」」」

一方「垣根帝督主催ッ!」

全員「「「???」」」

上条「11人のッ!」

垣根「王様ゲーム大会ッ!」

上方「「イェェエエイ!!」」パチパチ

全員「「「???」」」

上条「ルールは簡単。くじ引きで王様になった人が1~10の番号の人に命令をするという定番のゲームです」

御坂「ふ~ん。面白そうね」

麦野「最初のほうは軽いものからどんどん重いものにしていくのが定石よね」

番外「説明乙」

垣根「じゃあくじをばらまくからとってくれ」バラバラ



垣根「・・・よし。みんなとったな。じゃあ・・・」

全員「「「王様だーれだ?」」」



38: ケイ 2013/04/04(木) 08:46:01.12 ID:sCQQRg1w0

麦野「あ、私だ」

垣方((なにィィイ!!))

麦野「どうしよっかにゃ~♪」

上条「ほ、ほら。さっき自分で最初は軽いものって言ってただろ」アセアセ

浜面「(ナイス!ナイスだぜ大将!)」ヒソヒソ

垣根「(麦野だったら、原子崩しの的とかいいそうだもんな)」ヒソヒソ

一方「(さすが三下ァ。雑魚の生き方を心得てるぜ)」ヒソヒソ

御坂「で、どうするの?」

麦野「じゃあ4番は原子崩しの的!」

浜面「」orz←4番

垣根「・・・浜面」ポン

浜面「・・・なんだ垣根」グス

垣根「」⊃【未元物質の盾】

麦野「おら、危ないから外で[ピーーー]ぞ」ズルズル⊃【浜面】

浜面「い、嫌だ。助けてくれよ!」ズルズル

上条「お、俺お前といて楽しかった」グス

垣根「俺はお前のこと忘れないからな!」

一方「滝壺は不幸にはさせねェからな!」

浜面「ねぇ。俺死ぬの?ヤダァァ!助けてくれェェエ!」

<ドゴオォォォォン
<イヤァァァァァァァ




40: ケイ 2013/04/04(木) 09:55:39.94 ID:sCQQRg1w0

<タダイマ

御坂「お帰り。麦野さん」

麦野「いや~。すっきりしたわぁ」⊃【浜面だったもの】

垣根「浜面ぁ!」

一方「手足は・・・あるな。よし。大丈夫だ」

:
:
:

番外「浜面くんも、かえって来たことだし再開しよっか。」

滝壺「じゃあ。二人お願いね」

フレ止め「「ハーイ。行くよ~」」バラバラ

全員「「「王様だーれだ?」」」

一方「あ、オレだ」

上垣面「「「チッ」」」

絹旗「(全然しゃべってないです)」

一方「9番の人オレを殴れ」カチッ

垣面「「「殺すきかぁぁ!」」」

打ち止め「よかった。ミサカじゃない」ホッ

上条「あれ。俺だ」9番

番外「もう。これで二人目の死者が・・・」

浜面「死んでねぇよ!」

滝壺「かみじょう。早く」wktk

一方「や、やめろ。三下ァ」gkbr

上条「王様の命令は絶対だァァア!」バキッ

一方「グハッ」

一方「」ピクピク



垣根「じゃあ。次いってみよ~」



43: ケイ 2013/04/04(木) 17:49:33.45 ID:sCQQRg1w0

上条「もう二人も犠牲者が・・・」

番外「ほらほら、次やるよ」

滝壺「くじとってね」バラバラ

絹旗「王様に超なりたいです!」

滝壺「みんな、くじ取った?」

フレ止め「「おーけー」」

番外「それじゃあ・・・」

全員「「「王様だーれだ?」」」

絹旗「超違いました・・・」シュン

打ち止め「あ、ミサカだ、ってミサカはミサカは喜んでみる」

フレメア「にゃあ。大体どうするの?」

打ち止め「う~ん。それじゃあ・・・」

打ち止め「8番と2番はハグするってミサカはミサカは提案してみたり」

垣根「なぁ、桃琴ちゃん。俺達はもうこれ以上犠牲者は出したくない。」

一方「そうだ。それが俺達の願いなンだ・・・!」

御坂「言い訳してないで早くしなさいよ」

垣方「「ちくしょォォオ!」」←8番と2番

麦野「ほら早くしろよ」ドンッ

垣方「「っ!」」抱きあっている(ように見える)二人

全員「「「」」」ササッ

垣根「全員うごくなァア!」

全員「「「チッ」」」

一方「そうだ。そのまま携帯を置きやがれ」

垣根「全く油断もすきもねぇ」

一方「まったくだ」

<オラ、サクジョダ
<エー

浜面「・・・」● REC【盗撮用小型カメラ】



45: ケイ 2013/04/04(木) 18:28:48.32 ID:sCQQRg1w0


:
:
:

全員「「「王様だーれだ?」」」

番外「あ、ミサカだ」

絹旗「超うらやましいです」グヌヌ

滝壺「どうするの?」

番外「ん~、そうだな。」

番外「そうだ!7番はメイド服を着用!」ニヤニヤ

絹旗「」←7番

絹旗「で、でもメイド服とかそんな都合よく・・・」アセアセ

垣根「ホレ」⊃【未元物質製メイド服】


(ダッ)絹旗が逃げる音

(ガシィ)御坂と麦野が捕らえる音

(バタバターートテ)絹旗が抵抗して息絶える音

垣根「連行しろ」

麦坂「「了解」」ズルズル

~~数分後~~

絹旗「」プルプル

滝壺「はまづら、鼻血出てる」

浜面「問題ない」ダラー

番外「バニーでもよかったかにゃ?」

浜面「」ブシャァァア

滝壺「はまづら本当に大丈夫?」

浜面「問題ないっ」ダラー

番外「まぁ。本当はあの人に着て欲しかったんだけど」ニヤニヤ

一方「」ブル



48: ケイ 2013/04/04(木) 18:49:34.33 ID:sCQQRg1w0

絹旗「ハア、あ、麦野超お水もらいます」ゴクッ

麦野「いや、それ酒なんだけど。って出遅れか」

絹旗「」

絹旗「フニャー///」

垣根「ん?どうしたーーって急に抱き着くな!絹旗!」ダキ

絹旗「垣根さんが超わりゅいんでしゅよ///」スリスリ

垣根「はぁ?何言ってんだ?おい!一方通行助けろ!」

一方「無理だ。こっちも出遅れ」ダキ

番外「エヘヘ///」

垣根「上条はーー」

上条「どうしたんだよ!?」

御坂「///」

浜面「滝壺さんは酔ってませんよね?」

滝壺「・・・いいの」ギュウ

フレ止め((なんか空気・・・))



49: ケイ 2013/04/04(木) 19:10:23.06 ID:sCQQRg1w0


:
:
:

垣根「はぁ。今日はお開きだな」

絹番坂「「「zzz」」」スピー

上条「あぁ。ごめんな浜面」

浜面「いやいや。ここまでしてもらって充分だぜ」

一方「じゃァ。俺は帰るぜ。オラ、いくぞ」

番外「はぁーい///」

打ち止め「フレメアじゃあねぇってミサカはミサカは手を振ってみたり」

フレメア「じゃあねぇ」

<ワーストクサイ
<ナンダトー

上条「じゃあ俺もこれで」オンブ

御坂「///」

<ジャアナー

麦野「オラ、絹旗いくぞ」

絹旗「フニャ?」

浜面「ホント今日はありがとな」

垣根「いやいや俺も楽しかったよ」

絹旗「」ムクッ

滝壺「?どうしたの?」

絹旗「垣根さん///」

垣根「?」

絹旗「」ダキッ

垣根「???」

絹旗「・・・今はまだここまでです///」ギュウ

垣根「何が?」キョトン

<キヌハターハヤクー

絹旗「はぁい」フラフラ

<バタン

垣根「絹旗。今日は何だったんだ?」



垣根「あ、」

垣根「片付け一人だ・・・」




52: ケイ 2013/04/04(木) 20:59:32.19 ID:sCQQRg1w0

~~アイテム宅~~

目覚まし時計<ピピピピピ

絹旗「」モゾモゾ

絹旗「まだちょっと眠いです」ピッ

絹旗「なんか頭が痛いです・・・」クラクラ

絹旗「やることないんで超行きますかね」トコトコ

~~喫茶店~~

一方「なァ。三下ァ」

上条「ん?」

一方「暴食シスターってどこ行ったンだァ?」

上条「インデックスのことか?あいつは仕事でイギリスに帰ったよ」

浜面「ってことはお前も美琴ちゃんと同棲か」

上条「おう。って、マスターどうした?壁パンして」

垣根「気にしないでくれ」ドンッドンッ

絹旗「あ、皆さん超いらっしゃったんですね」ガチャ

絹旗「いつもの超お願いします」

垣根「あいよ」

上条「そういや絹旗は学校とかないのか?」

絹旗「一応常磐台ですけど。今は超バイト探し中です」

一方「ワーストもそういってたなァ」

垣根「うちで雇ってもいいけど」カチャカチャ

絹旗「いいんですか!」

垣根「最近人手が足りないしな」

一方「ワーストも頼むわ」

垣根「おう」

絹旗「超ありがとうございます!それで垣根さんちょっとお願いなんですけど・・・」

垣根「ん?」

絹旗「今日来る途中で拾ったんですけど」

絹旗「ハムスターです」⊃【ハムスター】


(パシィ)浜面がフォークを持つ音

(ブンッ)浜面がハムスターを刺そうとする音

(ゴンッ)上条が思いっきり浜面を殴る音


一方「いきなり何してンだよ」

浜面「俺は刑務所でネズミ達に飯をとられまくったんだ!」ビシィ

上条「こいつはハムスターだろ」

垣根「ハムスターは別にいいけどお前が世話しろよ」

浜面「途中で飽きるんじゃないの」

上条「浜面、お母さんみたいだな」





55: ケイ 2013/04/04(木) 21:11:45.10 ID:sCQQRg1w0

絹旗「超大丈夫です!」

一方「じゃ、名前決めねェとなァ」

上条「妹達みたいに果物はどうだ」

絹旗「超いいですね。それ!」

浜面「果物・・・」ウ~ン

絹旗「」ピコーン

絹旗「超決めました!」

絹旗「お前の名前は今日から『めろん』です!」ビシィ

めろん「(*^ω^*)」b

垣根「ホレ。家な」⊃【未元物質製かご】

上条「ホレ。えさ」⊃【ビスケット】

めろん「(ω)」サクサク

浜面「あぁ。それ俺の!」



62: ケイ 2013/04/05(金) 13:42:47.52 ID:CTVdmL6W0

~~アイテム宅 夜~~


絹旗「めろんは多分ここじゃ超飼えなさそうだったので超よかったです」


携帯<ソノジョウシキハオレニハツウヨウシネェ キリッ


絹旗「む?垣根さんです」ガチャ

絹旗「もしもし。え?明日?バイト?はい。はい。超おkです。はい。おやすみなさい。」ピッ



~~喫茶店 早朝~~

絹旗「こんにちはーーーってミサワさんだけですか?」

番外「うん。垣根さんまだ来てないみたい」

絹旗「ていうかどうやって超入ったんですか?」

番外「え?」ビリビリ

絹旗「超犯罪ですよ。それ」

垣根「あれ?どうやって入ったの」ヒョコ

番外「???」

絹旗「あれ?いたんですか」

垣根「いや、ここ俺の家だし」

絹外「「」」

めろん「(・ω・)」トコトコ

絹旗「超めろんじゃないですか」ピャー

番外「あ、ミサカにちかずけないほうが・・・」

めろん「(・ω・)」?

番外「怖くないのかな?」

垣根「まぁ大丈夫なんじゃね」

番外「おぉ。初めて動物触った・・・かわいい!」

絹旗「ですよね!」

きゃっきゃっ

垣根「なんか空気だな」

:
:
:

絹旗「仕事は具体的に超何をするんですか?」

垣根「いやいや。とりあえず制服をだな」⊃【メイド服】


(ブンッ)絹旗の右ストレートの音

(サッ)垣根が避ける音

(ゴン)番外個体が股間を蹴る音


垣根「ぬおォォオ!」







63: ケイ 2013/04/05(金) 14:06:07.29 ID:CTVdmL6W0


:
:
:

番外「とりあえずはウェイターと掃除ってことね」

垣根「あぁ。キッチンはまだ俺がするから」

絹旗「超らじゃです」

~~喫茶店 OPEN~~

絹旗「っていっても超客来ないですね」

番外「めろん。ホラ、えさ」⊃【ビスケット】

めろん「(* ω *)」サクサク


<ガチャ

上条「マスターいつもの。ん?二人どうしたの?」

絹旗「超バイトです。垣根さん!上条さんのいつものです!」

番外「初めてのお客さんは知り合いか。」

絹旗「超面白くないです」

上条「ひどくね!?」

:
:
:

絹旗「ん~。もうお昼ですか」

垣根「二人共」コイコイ

番外「どうしたの?」

垣根「ミルクが切れちゃったからちょっと買って来るわ」

絹体「「へ?」」

垣根「留守よろしくな」ガチャ

絹体「「えェェエええ!」」



64: ケイ 2013/04/05(金) 14:46:31.46 ID:CTVdmL6W0

絹旗「で、超どうします?」

番外「やるしかないよ。確かミルクは断るんだよね」

<ガチャ

番外「お客さん来たよ。ミサカからいくね」トテトテ

番外「いらっしゃいませ」

番外「ご注文はどうされますか」

客A「エスプレッソをひとつ」

番外「少々お待ちください」

番外「こちらエスプレッソになります」コトッ



番外「まぁ。こんなもんかな」

絹旗「次は超私です!」

<ガチャ

絹旗「いらっちゃーーー」

客AB「「~~~っ!」」

絹旗「(必死に笑いを堪えてます・・・)」

絹旗「・・・いらっしゃいませ」

絹旗「お水をどうぞ」コトッ

絹旗「ごちゅーーー」

客AB「「」」ブパァッ

番外(水を思いっきり噴き出した・・・)

絹旗「・・・ご注文は超どうされますか」

客A「コーヒーをひとつ。頑張ってね」

客B「アイスティーをひとつ。頑張ってね」



絹旗「コーヒーとアイスティーをひとつずつと、頑張ってねを二つです・・・」

番外「ドンマイ」



66: ケイ 2013/04/05(金) 15:04:14.34 ID:CTVdmL6W0

<ガチャ

番外「また来たよ。じゃあいってきます」

絹旗「超頑張ってください」



番外「いらっしゃいませ。ご注文はどうされますか?」

客C「アイスミルクティーを」

番外「申し訳ありません。ただいまミルクを切らしておりましてアイスティーになりますがよろしいでしょうか」

客C「はい。」

番外「少々お待ちください」



絹旗「すごいですね」

番外「まあね」フンス

<ガチャ

絹旗「次は超頑張ります!」



絹旗「いらっしゃいませ。ご注文はどうされますか?」

浜面「よお。絹旗。バイトか」

滝壺「お仕事中は話しかけちゃダメ」

浜面「そっか」

滝壺「コーヒーをお願い」

浜面「俺はアイスミルク」

絹旗「申し訳ありませんがただいまミルクを切らしておりましてアイスミルクはアイスになりますがよろしいでしょうか」

浜面「それってただの氷だろ!?」

絹旗「少々お待ちください」

浜面「オイ!」



68: ケイ 2013/04/05(金) 15:27:37.33 ID:CTVdmL6W0


:
:
:

垣根「今日はお疲れ。シフトとかはあとでメールするから」

絹体「「お疲れ様でした」」

:
:
:

絹旗「超疲れました」ハァ

絹旗「さて、やっと家に着きーーー」


崩壊アイテム宅


絹旗「」

浜面「よう。お帰り、絹旗」

絹旗「なんなんですかこれ!?」

浜面「いやぁ、それがなーーー」



69: ケイ 2013/04/05(金) 15:35:03.63 ID:CTVdmL6W0

~~ちょっと前~~



<ハマヅラァ

浜面「どうした!?滝壺!」

滝壺「こ、これ・・・」

G「」←これ

浜面「なんだGか」

滝壺「は、早く・・・」

浜面「おし、任せーーー」

麦野「どうしたんだーーー」

G「」カサカサ

麦野「」


原子崩し発射


~~現在~~



74: ケイ 2013/04/06(土) 08:05:01.51 ID:0QLfv2/s0

~~現在~~


絹旗「えぇ!?じゃあ超どうするんですか!?」

浜面「一応俺と滝壺はホテルに泊まるから。ちなみに滝壺はもうあっちにいるよ」

絹旗「」

絹旗(超どうしよう。泊まるようなお金もないし)アセアセ

浜面「あ、麦野は仕事場に泊まるって言ってたぞ」

絹旗「し、仕事場!?」

浜面「あぁ。じゃあ俺はホテルいくから」

絹旗「仕事場・・・」



75: ケイ 2013/04/06(土) 08:28:42.51 ID:0QLfv2/s0


:
:
:

垣根「で、ここに来たの」

絹旗「はい」

垣根「まぁ、いいけど」

絹旗「えぇ!?いいんですか!?」

垣根「自分で言っといて何驚いてんだよ・・・」

絹旗「い、いえ。超ありがとうございます」

絹旗(ちょ、超ドキドキします・・・)



絹旗「俺はまだ片付けがあるから、そこの部屋で休んどけ」

絹旗「は、はい」トテトテ

絹旗「ん?ドアになんか書いてありますね」

【KAKINE ONLY】

絹旗「そこは超スタッフオンリーじゃないんですか・・・」ガチャ

絹旗「おぉ。男の人(浜面は奴隷なので除く)の部屋に超初めて入ります」ドキドキ

絹旗「いやいや、ただこれは家がないだけで他意はないんです」フルフル

絹旗「他意はないんです。他意はーーー」

【わりと大きいベッド】

絹旗「え?まさかあれに一緒に!?」





77: ケイ 2013/04/06(土) 09:18:50.42 ID:0QLfv2/s0

垣根「そうだけど?」

絹旗「あひゃあ!」ビクッ

垣根「いやなら床で寝るけど」

絹旗「い、いえ。超問題ありません」

絹旗(ドキドキして絶対寝れません!///)

:
:
:

絹旗「zzz」スピー

垣根「せめぇ・・・。ていうかこいつ完璧に爆睡だな」

絹旗「んふぅ」ギュウ

垣根(まさかの抱きつき攻撃だと・・・!)

絹旗「ーーーっ」

垣根(ん?寝言?)

絹旗「(白)垣根さん・・・」ギュウ

垣根「ん?」

絹旗「(目が緑で)キモいです・・・」ギュウ

垣根「テメェ!それはどういう意味だ。オラァァア!!」

絹旗「zzz」スピー

垣根「俺ってそんな思われてたのか・・・」ズーン

垣根「どうせ、俺なんて彼女のいない非リア充なんだ・・・」

垣根「・・・寝よ」モゾモゾ



79: ケイ 2013/04/06(土) 10:29:38.41 ID:0QLfv2/s0

~~KAKINE ONLY 朝~~


目覚まし時計<ppppp

絹旗「超朝ですか・・・。ん?」


抱き合う(というか抱きついた)垣根


絹旗「」

絹旗「イィィヤァァア!!!」ドゴッ

垣根「グエッ」ドンッ

垣根「げほっ。テメエは何朝っぱらから泊めてやった恩人蹴り飛ばしてんだオラァァア!」

絹旗「超うるさいです!そっちこそ何だきついてんですか!」

垣根「はぁ?お前が抱きついたんだろうが!」

絹旗「え?私が?え?/// 」アセアセ

垣根「ったく。ホントありけねぇな」ハア

絹旗「あわわ///」

垣根「当たってたんだぞ」

絹旗「超すみません!///」

垣根「ーーー肋骨が」

絹旗「」ブチッ

垣根「ブチッ?」

絹旗「忘れろォォオ!!!」

垣根「ま、まて。それは逆ギレだ、っていうか胸がないのはテメエのせいギャアァァア!」バキッ





86: ケイ 2013/04/06(土) 16:55:30.07 ID:0QLfv2/s0

番外「チッース。ん?なんで垣根さんはうずくまって倒れてんの?」

垣根「ぬぉおお・・・!」(*ノノ)

絹旗「秘技・窒素装甲式アイアンクローをしてやりました」フンス

番外「いや、それは普通死ぬよ?なんでそんなことしたの?」

絹旗「超聞いてくださいよ」

:
:
:

番外「」ゲシゲシ

垣根「ぐふっ。や、やめろ。無言で蹴るな・・・!」

番外「サイテー」ゲシゲシ

垣根「いや、そういう意味じゃなくて・・・」

番外「ん?そういやなんで二人共寝巻きなの?あ、そういう関係ですか」(ー∀ー)ゲシゲシ

絹旗「超違います!ただの下宿先です!」

番外「って、ことは一緒に寝たんだ。だいたーん☆」ゲシゲシ

絹旗「あーもう!そういうミサワさんだって一方通行と一緒に寝てるんじゃないんですか?」

番外「・・・」ゲシゲシ

絹旗「黙秘!?」

垣根「いい加減蹴るのをやめろ・・・!」



87: ケイ 2013/04/06(土) 17:13:06.02 ID:0QLfv2/s0


:
:
:

番外「じゃ、今日も張り切ってバイトガンバロー」

絹旗「おぉー。」

垣根「」チーン


~~喫茶店 開店~~


浜面「チッース」ガチャ

番外「ドンペリ入りましたー」

浜面「ちげーよ!っていうかねぇだろ!」

垣根「あいよ」

浜面「あんのかい!」

絹旗「今日は超一人ですか?」

浜面「いや、あとで上条が来るぞ。一方通行はこれないって言ってたけど、なんかあったのか?」

番外「あぁ。ちびっこにとられたよ」

垣根「桃琴ちゃんか」

番外「うん。あ、桃琴からの伝言忘れてた」

浜面「なんだ?」

番外「名前のある妹達は名前で呼んでやれってさ」

垣根「個性の確立ってやつか」

番外「うん。そゆこと」

浜面「(どういう意味?)」ヒソヒソ

絹旗「(クローンとしてではなく超一人の人間として接してやってくれって意味です)」ヒソヒソ

浜面「(・・・インテリだな)」ヒソヒソ



88: ケイ 2013/04/06(土) 17:29:35.66 ID:0QLfv2/s0


垣根「オラ、いつものだ」コトッ

浜面「さんきゅ(ズズ・・・)うぇ!?甘っ。ナニコレ!?」

垣根「モアイセットの激甘ココア」ニヤァ

浜面「どうやったらここまで甘くなるんだ・・・!?」

垣根「この世にはないレベルの甘さを実現してみた☆」バッサァ

浜面「」オェェエ

絹旗「えぇ!?あれって未元物質だったんですか!?」

垣根「うん」キッパリ

絹旗「」オェェエ

上条「こんにちは~。」

絹面「「」」オェェエ

上条「・・・説明を頼む」

番外「垣根さんがもちまえのキモさで二人をノックアウトしたの」

垣根「」バタッ ビクビク

上条「梨琴そういうことを言うんじゃない。マスターがショックで絶賛痙攣中だ」

番外「はぁーい☆」キャハ



89: ケイ 2013/04/06(土) 17:52:41.36 ID:0QLfv2/s0


:
:
:

上条「みんな起きた?」

三人「「「イエス」」」

上条「今度さ。温泉行かない?」

垣根「急にどうした」

番外「そんな金はない!・・・あなたに」

絹旗「あ、アイスぐらいなら超奢りますよ」

上条「お前ら、今度『友達』って言葉を辞書で引いてこい。そして友達とはこんな関係はおかしいと認識してくれ」

垣根「所詮そんなもんだぜ。で、急にどうしたんだ?温泉なんて」

上条「昨日さーーー」


~~上条宅~~

上条「ん?電話?非通知かよ」prrr ピッ

????「上条くんか」

上条「はい、であなたはどなた様?」

???☆「そうかそうか、疲れてるのかうん君は疲れをとりに温泉にいくといいよ。いやプランとか機嫌とりとかは関係ないんだよ?それでは後日温泉のフリーパスを送るから。それでは」プッ

上条「シカトされて切られた・・・」



91: ケイ 2013/04/06(土) 18:17:56.62 ID:0QLfv2/s0


~~現在~~

上条「と、まぁこういう訳だ」

垣根(アレイスターちっちゃ)

上条「みんな行かない?なんか何人でもいいみたいだし」

浜面「・・・俺はパスだ。垣根、お前もやめといたほうがいい。精神が崩壊するぞ」

垣根「女の体を見て死ねるなら本望だ」

絹旗(なにげに、超サイテーなこと言ってますね)

浜面「・・・違う。そういう意味じゃないんだ」

垣根「???」

浜面「女子の体の前には上条が舞台を席巻する・・・!」

垣根「ま、まさか」

浜面「そうだ。こいつがラッキースケベを持っている限り俺達に平和は訪れない」

上条「」

番外(根本的にバカなのかな)

垣根「それは違うな。浜面」

浜面「なに?」

垣根「こいつの近くにいれば最低でも体は見れる・・・!」

浜面「天才がいる・・・!」

番外(アホばっか)

垣根「これがレベル5だ」

浜面「最高だレベル5!」

<ウォォォォォォオ!

番外「・・・お姉さまに連絡しとこう」



92: ケイ 2013/04/06(土) 18:58:28.30 ID:0QLfv2/s0

~~第23学区 当日~~


垣根「え~。皆さん到着したということでメンバーを確認します」


 めんばー
俺(垣根) セロリ フラグメイカー モアイ ピンクジャージ ビリビリ(中) ビリビリ(大)

番外「一人も本名じゃないのに誰かわかるのはすごいよね」

浜面「ねぇ、今俺いた?」

御坂「あれ?しずりんは?」

絹旗「(しずりんw)今日は超仕事だそうです」

一方「ガキ二人とハムスターは黄泉川の所だァ」

上条「もうそろそろ時間じゃないかな」

滝壺「それじゃいこっか」

全員「「「おー!」」」


~~温泉施設~~

上条「へぇ。でかいゲーセンもあるな」

滝壺「結構時間あるし遊びいこ」wktk

垣根「じゃ、一時間くらい遊んどくか」



93: ケイ 2013/04/06(土) 19:38:30.52 ID:0QLfv2/s0

~~ゲーセン~~

垣根「とうとう決着をつける時がきたようだなァ!」A→B

一方「第二位のテメェがこの俺に勝てるとでも思ってンですかァ!?」↑ABA←

<オラァァァァァァァア!



<センボンザクラー

番外「あの、二人は、何、してんのっ」ドン ドンドドン

絹旗「超、学園都市の、スマブラで、す。あ、ミスった」ドドン カッ



上条「あ、浜面ちょっと手伝ってくれ」

浜面「ん?どうした。クレーンゲームか」

御坂「こ、これとって」

【ゲコ太のでっかいやつ】

上条「お前こういうの得意だろ」

浜面「任せろ!」ウィーン

浜面「よっし。とれた!」

御坂「ありがとう!」



滝壺「いろんなAIMが渦巻いてて楽しい」ポケー



99: ケイ 2013/04/07(日) 18:38:12.94 ID:ZAmISReU0


~~大浴場前~~

番外「はぁーい。男共聞け。そして復唱しろ」

男共「「「はい」」」

絹旗「温泉でのルールその一、女風呂を超覗かない」

男共「「「女風呂は超覗かない」」」

絹旗「その二、女風呂に超興味を持たない」

男共「「「女風呂に超興味を持たない」」」

垣根「はい、質問です」

番外「垣根くんどうぞ。」

垣根「女風呂に興味を持たない男は男ではないと思います」

:
:
:

垣根「」ピクピク

番外「ルールを破るとこうなるので注意してください☆」

男共「「「・・・」」」

番外「・・・返事は」

男共「「「は、はいィ!」」」

上条(なぁ今何が起きたんだ?)ヒソヒソ

一方(おそらくW御坂の電撃と滝壺の能力封じ。そして最後に絹旗のアイアンクローだ)ヒソヒソ

浜面(全盛期のお前よりひどくねぇか?)

一方(あァ。俺もじゃっかンひィてる)





100: ケイ 2013/04/07(日) 18:51:36.77 ID:ZAmISReU0


番外「よし、最後だよ」

絹旗「その三、他の女に超欲情しないこと」

垣根「おい!じゃあどうやって欲情すればいいんだよ!」

御坂「・・・欲情しないって道はないのね」

絹旗「他の男なら超おkです」

男共「「「・・・」」」

番外「そんなに露骨に嫌がらなくても」

御坂「べ、別にみたいなら家で言えばいいのに」

番壺「「」」ウンウン

垣根「チッ。こんなやつらの何がいいってんだ」

:
:
:

垣根「」ピクピク

絹旗(こわっ)←今回不参加



101: ケイ 2013/04/07(日) 19:16:06.32 ID:ZAmISReU0


~~着脱室 男部屋~~

垣根「なぁ。「やだ」みんな「却下」聞いて「間に合ってます」くれないかっておい!」

上条「・・・なぁ垣根。もうそんな幻想を見るのはやめよう」

浜面「俺達はそんなリスクなんてなくてもなぁ」

一方「頼めば見せてもらえるんだ」

上条「俺達は現実と彼女の裸を見ることに決めたんだ」

浜面「なぁやめよう?覗きなんてもうやめよう」

垣根「!?」

垣根「・・・お前ら、それでいいのかよ!夢のためなら命を賭けて戦う。それが男だろうが。どうなんだよ!ヒーロー!」

ヒーロー「「「!」」」

垣根「こっから先は一方通行だ。戦うしか道はねぇ!」

垣根「・・・俺は行くぞ。一人でも」

浜面「まて。第二位」

垣根「!?」

浜面「俺達も連れてけ」

垣根「・・・命を落とすかも知れないぞ」

一方「死ぬ時は一緒だろうがァ」

上条(え?何このテンション。乗れてない俺がおかしいの?)

垣根「フッ、流石だぜ相棒達!」

一方「あァ。行くぞ!久しぶりの戦場だァ」

垣根「絶対勝つぞ!」

バカ「「「おォー!!!」」」

上条「・・・」



店員(こいつらは全裸で何を言ってるんだ?)



102: ケイ 2013/04/07(日) 20:17:04.77 ID:ZAmISReU0

~~浴場 女風呂~~

番外「へぇ。これが温泉か。お風呂とどう違うの?」

滝壺「お風呂と違っていろんな効能があるんだよ」

番外「ふ~ん。」

御坂「っていうかさ・・・」

滝壺「?」

御坂「なんなのよそれ!?メロン!?」

滝壺「」フンス

御坂「チッ」

絹旗 (この話題になると超垣根さんに似てきますね)

御坂「あんた達も言うことないの!?」

絹旗「確かに・・・」グヌヌ

番外「心外だね。Cはあるし」

絹坂「「なにィ!?」」

滝壺「???」

番外「お姉様もミサカぐらいになれば多分こうなるよ。DNAレベルで」

御坂「」キラキラ

絹旗「超希望に満ちてるだと・・・」

番坂「「」」フンス

絹旗「超チクショー!」



103: ケイ 2013/04/07(日) 21:05:09.25 ID:ZAmISReU0


~~浴場 男風呂~~

<チクショー


浜面「で、具体的にはどんな作戦でいくんだ?」カポーン

一方「まず相手の戦力を確かめたほうがいいな」カポーン

上条(カポーンって擬音は誰が考えたんだろ)

垣根「相手の戦力はこんな感じだな」


・Wミサカの電撃

・絹旗式アイアンクロー

・滝壺による能力封じ


垣根「こんなもんか」

一方「いや、こいつをどうにかしねェことには命さえ賭けられねェ」コンコン

浜面「壁か」

一方「あァ。見たところ厚さ3m高さ5m。学園都市の外壁レベルだ」

上条(温泉気持ちぃ)

垣根「これなんだ?普通の壁じゃねぇだろ。」

一方「(超能力でもねェ。魔術か)」

浜面「これお前らで壊せねえのか」

垣根「まぁ。その辺の作戦は体洗いながら考えようぜ」

二人「「おー」」

上条「」ポケー



109: ケイ 2013/04/08(月) 20:36:07.67 ID:I1ug5SX50




~~浴場 男風呂~~

垣根「チッ。いい案がでねぇな」

一方「あァ。そもそもの壁が壊せねェからなァ」

浜面「せっかく人数分のカメラ持ってきたのに」⊃【カメラ×4】

上条「」ポケー

垣根「クソッ。なんかいい方法はねぇのか!」

上条「ちょっとのぼせたかな・・・」ピタッ


(ドゴォォン)上条が触った壁が崩壊する音

(・・・)女子が呆気にとられる音(?)

(カシャカシャ!)男共がシャッターをきる音


女子「「「・・・」」」

垣根「撤収!」ダッ

一面「「了解」」

番外「逃がすか!」

上条「(あぁ。写真に収められて怒ってるのか)」←状況についていけない

御坂「・・・みんな先行ってて。」

さんにん「「「わかった」」」

上条「え?え?」

御坂「どうなるかわかってるわよね」ニコニコ

上条(あ、死ぬんだ)

:
:
:

<ギャアアアア

垣根「ドンマイ。上条」タッタッタッ

一方「お前の死は無駄にしねェ」タッタッタッ

浜面「サンキュー。ヒーロー」タッタッタッ

番外「まてオラァァァあああ!」ビリビリ

一方「あ、」バタッ

浜面「どうした!?一方通行!」

垣根「おそらくジャミングだな」

一方「」コクコク

番外「オラァァァあああ!」

垣面「「・・・」」

垣面「「さらばだっ」」

一方「~~~っ!」バタバタ

番外「覚悟はできてんだろうなぁ!」

一方(三下いつもごめンなァ)





110: ケイ「ちなみにみんな早着替えしてるぜ」 2013/04/08(月) 20:49:02.57 ID:I1ug5SX50


~~廊下~~

絹旗「超どこにいきました?」

滝壺「多分あっち」

絹旗「よし。超行きますよ!」

滝壺「うん」

:
:
:

浜面「これ、滝壺に見つけられねえか?」

垣根「そんな時はこれだ!」⊃凸

浜面「なんだそれ?Gの奴?」

垣根「未元物質製AIMジャマーだ」

浜面「おい!健康にわりぃんじゃねえかそれ!?・・・主に滝壺の」

垣根「(絹旗は?)大丈夫とっても体に優しいタイプだ」

:
:
:

滝壺「???」

絹旗「どうしました?」

滝壺「わかんなくなっちゃった」

絹旗「えぇ!?」

滝壺「大丈夫。最終手段があるから」prrr

滝壺「もしもしーーー」



111: ケイ 2013/04/08(月) 21:02:24.80 ID:I1ug5SX50


垣根「な、テメエは・・・!」

浜面「白垣根・・・!」

白垣根『お久しぶりです』

垣根「なんでお前がここに」ギリ

滝壺「私が呼んだの」

絹旗「」フンス

浜面「」gkbr

垣根「チッ」

滝壺「浜面こんなことしちゃダメだよ」

白垣根『そうですよ。』

白垣根『なんで誘っーーーこんなことしたんですか!』

絹旗(今一瞬本音が・・・)

白垣根『自分のやったことを悔い改めてください』

絹旗「てゆーか超覚悟してくださいよ!」

垣根「クソッってあれ能力が!?」

滝壺「(*ーΑー)」ジッー

垣根「や、やめろ」gkbr

浜面「ま、まだ死にたくない」gkbr



<ギャアアアア


4人の少年達が目を覚ました時目の前にはカエル顔の医者がいた



112: ケイ 2013/04/08(月) 21:21:16.15 ID:I1ug5SX50

~~夜 上条宅~~


上条「本日は誠に申し訳ございませんでした」orz

御坂「べ、別に言えば見せてあげるんだから」ボソ

上条「ん?」

御坂「は、早く寝ましょ///」

上条「お、おう(助かったぁぁぁ!)」


~~浜面宅~~


浜面「あの、滝壺さんなぜ下着姿なのでしょうか?」

滝壺「?早く寝ようよ」

浜面「かしこまりました(わーい)」


~~一方邸~~

番外「zzz」スピー

打ち止め「zzz」スピー

一方「(助かったァァァあああああ!!!)」


~~喫茶店 KAKINE ONLY~~

絹旗「」プンスコ

垣根「」チーン

絹旗「超ありえません!人の裸を見るなんーーー」

絹旗「裸・・・」

絹旗「///」



絹旗「ん?服の上に超書き置きがあります」

垣根『パジャマが汚れたって言ってたから新しいのを作っといた!』

絹旗「垣根さん・・・超覚えてたんだ」

絹旗「・・・超ありがとうございます!」ピラッ

絹旗「・・・」(*^∀^)⊃⊃【メイド服】

絹旗「か、」

絹旗「垣根ェェェええええ!」バキッ

垣根「ぐァァァああああ!急になんだァァァあああああ!!!」

絹旗「超滅びろォォォおおおおお!!」

垣根「ギャァァァあああああ!!!」バキバキ



119: ケイ 2013/04/09(火) 19:33:48.51 ID:N+QyhlYT0


~~喫茶店~~

番外「チッース。垣根さんモアイちゃん」

垣根「おぉ、おはよう」

絹旗「だからモアイじゃないです!」ムキー

めろん『まぁ超いいじゃないですか』

番外「にゃはは。わかってるじゃないかめろん。ん?めろん?」

めろん『?』

番外「喋ったァァァああああああ!!」ビリビリ

垣根「おい、漏電してあばばばばば」ビリビリ

:
:
:

番外「で、なんでしゃべってんの?」

垣根「おい!なんか言うことあるだろ!」

番外「身長伸びた?」

垣根「おい!」

番外「早く教えてよ。なんで喋るのか」

絹旗「未元物質でなんか超作ったみたいです」

番外「趣味とかいうレベルじゃないよね、それ」

垣根「でもうまくいかねぇんだよ」

番外「何が?」

垣根「口調がめろん自身が会ったことのある人の口調になるみたいだ」

番外「あぁ。だから絹旗語なんだ」

めろん『超そうです』



120: ケイ 2013/04/09(火) 19:55:33.81 ID:N+QyhlYT0


:
:
:

ドア<ガチャ

一方「よォ。いつもの頼む」

打ち止め「ミサカはココア!ってミサカはミサカは封印した口調を出してみたり」

めろん『超いらっしゃいませ』

通行止め「「」」


~~ただいま説明中~~


番外「わりと声色も似てるよね」

打ち止め「へぇ~。すごいねぇめろん」ナデナデ

めろん『あァ。そォだろ』

一方「」

垣根「次は一方通行さんですか?」ニヤニヤ

打ち止め「ね、ねぇめろん桃琴のこと好き?」ドキドキ

一方「やめろ!」

めろん『当たり前だァ』←一方ボイス

一方「やめろォォォおおおおお!!」ガタッ

絹外「「まあまあ」」ニヤニヤ

一方「ニヤニヤすんなァァァあああああ!!」

打ち止め(きゃーってミサカはミサカはバックアップ///) ミョンミョン



絹旗「ミサワさんはいいんですか」

番外「別に。本人に言わせるし。ほら二人共早く飲みなよ」コトッ

打ち止め「はぁーい」

垣根「チッ。あ、そうだ」ニヤニヤ

垣根「おい、めろん」

めろん『ン?どォしたァ』

垣根「今日お前飯抜きな」

めろん『や、やめろよォ』ウルウル

垣根「」● REC

一方「だからやめろつってンだろォがァァァあああああ!!」



121: ケイ 2013/04/09(火) 20:14:31.46 ID:N+QyhlYT0


:
:
:

一方「オラ、帰るぞ」ガチャ

打ち止め「はぁーい。じゃーね梨琴」バイバイ

番外「じゃーね」バイバイ


ドア<ガチャ


垣根「おぉ。上条夫妻か」

御坂「夫婦って///」

上条「なぁ、さっき桃琴ちゃんにめろんが喋ったって聞いたんだけど」

絹旗「あぁ、それはですね(ry」

御坂「へぇ~。で、今は誰の口調なの?」

めろん『べ、別にアンタらに来て欲しかったわけじゃないんだからね!』

御坂「」

全員「「「(*ーАー)」」」ジッー

御坂「な、何よ!」

上条「あ、マスター。ホットコーヒーね」

めろん『アンタいっつもそればっかりね』

上条「・・・じゃあ、おすすめは何かあるんでせうか?」

めろん『お、おおおおおおすすめってわけじゃないけど、ア、アイスミルクとかどうかな・・・?』

上条「じゃあそれで」

垣根「あいよ」コトッ

めろん『べ、別に嬉しくなんかないんだからね!』



絹旗「いやぁ。それにしても超そっくりですね」

御坂「・・・ねぇ、私っていつもこんな感じなの?」

番外「うん」

御坂「oh・・・」



122: ケイ 2013/04/09(火) 20:37:51.44 ID:N+QyhlYT0

上条「あはは、面白いなって美琴どうした?」

御坂(す、素直にならなきゃ)

御坂「ううん。何でもないよ。当麻」ダキッ

上条「え?///」

垣根「死ねェェェえええええ!!」バッサァ

上条「うわぁ!何やってんだ!」

垣根「上条、生きて帰れると思うなよ・・・」

上条「だから何言ってんだよ!」

垣根「・・・もうつっちーと青ピは呼んだからな」

上条「なんで青ピ知ってんだよ!」

御坂「と、当麻ぁ」ギュウ

垣根「さっさと人生の墓場に帰りやがれェェェえええええ!!」

上条「なんだとオラァメルヘン野郎!!早く夢の国に出勤しやがれェェェえええええ!!」

<オラァァァアアアアア!!

絹旗「・・・超馬鹿ですねぇ」

番外「絹旗さんが、垣根さんを人生の墓場にひきづりこめば?」

絹旗「え?あ?ちょ、超何言ってるんですか!///」ムキー

番外(見てて飽きないなぁ)ニヤニヤ

絹旗「」ポカポカ


<オラァァァアアアアア!!

<ポカポカポカポカ


御坂「・・・私何やってたんだろ」

めろん『まぁそんなこともありますの。お姉様』

御坂「」



123: ケイ 2013/04/09(火) 21:00:38.92 ID:N+QyhlYT0

~~喫茶店 閉店後、ていうか夜~~


垣根「お前いつまでここにいるわけ?」

絹旗「い、居ちゃダメですか・・・?」

垣根「いや、別にそういうわけじゃないんだが、アイテムのメンバーはいいのか?」

絹旗「・・・どうせダメなんです」

絹旗「・・・麦野はずっと仕事してるし、滝壺さん達を邪魔するのも気が引きますし」ウルウル

垣根(・・・あれ?地雷踏んだ?)

絹旗「・・・私はどこにいこうと置き去りなんです。どうせずっと超一人ぼっちなんです!!」

垣根「・・・!」

垣根「そんなことないだろ・・・!」ダキッ

絹旗「?」ウルウル

垣根「もう俺達は家族みたいなもんだろ?」

絹旗「ふぇ?」ウルウル

垣根「俺にとってお前はなぁ・・・!」

垣根「ーーー妹みたいなもんなんだから」

絹旗「」ギュウ

絹旗「・・・バカ」ボソッ


~~KAKINE ONLY 就寝~~


垣根「zzz」スピー

絹旗(妹ですか・・・)

絹旗(今はこれ以上求めません・・・)

絹旗(だからせめてこの関係がずっと続いて欲しいです・・・)ギュウ



めろん『ずっと一緒に居たかった、かァ』



130: ケイ「あ、黒夜は出ない」 2013/04/10(水) 19:39:57.12 ID:j+gPDBua0


~~喫茶店 開店後~~


絹旗「もうそろそろ、クリスマスですねぇ」ズズズ

垣根「あぁ。あのキリスト生誕のーーー」

絹旗「現実を超見てくださいよ。ほらあの二人を見てください」ビシィ

番外通行「「あァ!?何みてんだァ!!」」

垣根(そうだ、今度一方通行のコーヒーに未元物質いれよ)

上条「どうもマスターいつものね」ガチャ

めろん『あいよ』

垣根「」イラッ

垣根「『ホラよ』って真似すんなぁ!」ムキー

めろん『あれェ?小動物に怒るなンて垣根くンは器がちいさいなァ?』ニヤニヤ

絹旗(ガラ悪!)

番外「あれ、そろそろクリスマスってことは三下さん」

上条「あぁわかってるよ」

絹旗「超どうしたんですか?」

一方「コイツの起こしたある事件のけじめだよ」

垣根「事件?」

一方「あァ。オレと梨琴だけまだ付き合ってない頃でなァーーー」



131: ケイ 2013/04/10(水) 20:34:00.92 ID:j+gPDBua0

~~一ヶ月前 大通り~~


上条「おぉ一方通行じゃねえか」ニヤニヤ

一方「よォ。なンでテメエはニヤニヤしてるンだァ?」

上条「いやぁ・・・そのですね・・・」

一方「?」

上条「彼女が出来たんですよ///」

一方「・・・」スタスタ

上条「え、なんで無言で帰っちゃうの?」

一方(めンどくせェ)スタスタ


~~黄泉川宅~~


打ち止め「あ、やっと帰ってきたってミサカはミサカは急かしてみたり」

一方「チッ。めンどくせェ」

打ち止め「そんな場合じゃないの!ってミサカはミサカは怒ってみたり」

一方「・・・どォした」



132: ケイ 2013/04/10(水) 20:54:44.68 ID:j+gPDBua0

~~番外個体 個室~~


番外「あァァァあああああ!!」ズキズキ

一方「っ!」

一方「頭痛か」

芳川「えぇ。愛穂には薬を買って来てもらってるわ」

一方「じゃあ、大丈夫だろ」

芳川「それがそうじゃないのよ」

一方「?」

打ち止め「MNWに嫉妬が充満してるからだと思うのってミサカミサカは持論を言ってみたり」

一方「嫉妬・・・?」

打ち止め「うん」

一方「嫉妬なら普通に発散できるだろ」

芳川「・・・どうやら例外のようなの」

一方「例外?」

芳川「えぇ、よく考えてみて。一万以上の大量の嫉妬がこの子を支配しているのよ」

番外「うゥゥゥうううううっ!」ジタバタ

芳川「・・・私なら耐えられないわ」

一方「・・・」

一方「そォいや、MNWの嫉妬ってどンな感じなンだ?聞けねェのか」

打ち止め「わかった。今から読むよ」

打ち止め「」スゥ

打ち止め『どうしてミサカじゃダメなのですか、とミサカは弱音を吐きます』

打ち止め『やっと・・・やっと・・・これで新しく恋ができる、とミサカは強がります』

打ち止め『よりによってどうして・・・!とミサカは鏡を見つめます』

打ち止め「こんな感じだよってミサカはミサカは報告してみる」

一方「・・・」



133: ケイ 2013/04/10(水) 21:14:38.16 ID:j+gPDBua0

~~夜 番外個体 個室~~


番外「・・・まだいたんだね」

一方「まァな」

一方「調子はどォだ」

番外「ふつー、だけどさ」

番外「・・・みんながさいっぱいいっぱいつぶやくんだ」

番外「『なんでお姉様なのですか』って」

一方「・・・」

番外「・・・多分他にもヒーローさんに思いをよせてる人はいっぱいいるんだよ」

一方「MNWから負の感情をひろはなければいいだろ・・・」

番外「・・・ダメだよ、ゴミと同じように拾わなきゃ悪意はなくならない」

番外「あんなミサカより綺麗な姉達に『嫉妬』なんて汚いもので染まって欲しくないんだ・・・!」

番外「ミサカはどうせ貧乏くじだからさ・・・」ニャハハ・・・

一方「それじゃなンの意味もねェだろ!」

番外「意味はあるよ!」

一方「お前が傷付いたらなン意味もねェだろって言ってンだよ!」

番外「だからあるって!!ミサカ以外は誰も傷付かない!」

一方「!」

一方「・・・お前それ本気で言ってンのか」

番外「本気だよ。ミサカはミサカの『悪意』と戦う。以前あなたがそうしたように・・・!」



134: ケイ 2013/04/10(水) 21:15:58.47 ID:j+gPDBua0

~~夜 番外個体 個室~~


番外「・・・まだいたんだね」

一方「まァな」

一方「調子はどォだ」

番外「ふつー、だけどさ」

番外「・・・みんながさいっぱいいっぱいつぶやくんだ」

番外「『なんでお姉様なのですか』って」

一方「・・・」

番外「・・・多分他にもヒーローさんに思いをよせてる人はいっぱいいるんだよ」

一方「MNWから負の感情をひろはなければいいだろ・・・」

番外「・・・ダメだよ、ゴミと同じように拾わなきゃ悪意はなくならない」

番外「あんなミサカより綺麗な姉達に『嫉妬』なんて汚いもので染まって欲しくないんだ・・・!」

番外「ミサカはどうせ貧乏くじだからさ・・・」ニャハハ・・・

一方「それじゃなンの意味もねェだろ!」

番外「意味はあるよ!」

一方「お前が傷付いたらなン意味もねェだろって言ってンだよ!」

番外「だからあるって!!ミサカ以外は誰も傷付かない!」

一方「!」

一方「・・・お前それ本気で言ってンのか」

番外「本気だよ。ミサカはミサカの『悪意』と戦う。以前あなたがそうしたように・・・!」



135: ケイ 2013/04/10(水) 21:41:55.81 ID:j+gPDBua0

一方「・・・!」

一方「勝手にしろ!」バタン!

番外「・・・」


~~朝~~


番外「あ、あれ?あの人は?」フラフラ

芳川「前に買ってたマンションにいるわ」

番外「・・・そっか。ありがと」

芳川「ねぇ」

番外「?」

芳川「昨日何があったかは知らない。でもあなたは彼のところにいくべきよ。」

黄泉川「送ってくじゃん」

番外「・・・」


~~一方通行邸~~


番外「・・・ねぇいる?」ガチャ

番外「開いてる・・・入れってことかな」

番外「」トコトコ

一方「・・・」

番外(ソファーで昼寝・・・いつも通りか)

番外「ねぇ」

一方「・・・なンだ」

番外「ごめんね」

一方「なンでテメエが謝るンだ」

番外「・・・ごめん」

一方「だからあやまンなって言ってンだろォが!!」バン

一方「す、すまねぇ」

番外「うんうん。こんなに怒ってくれるのはあなただけだよ」

一方「・・・」

一方「・・・俺はこの前第二位と戦った」

番外「?」

一方「その時そのスレーブが『垣根帝督』を越えて新しく『垣根帝督』となった」

一方「コイツみてェにさお前は『軍用クローン番外個体』じゃなくて新しい誰でもないお前になればいい」

番外「・・・そっか」

番外「・・・でも、ミサカはやらないといけない」

一方「それより、もっと早い方法があるンだが」

番外「?」



145: ケイ 2013/04/11(木) 13:47:27.06 ID:dh0ccfnh0

~~上条寮~~


上条「・・・そうか、そんなことが・・・。ワーストって言ったっけ。ごめんな。」

番外「うんうん。今あなたが謝ったらお姉様がかわいそうだよ」ズキズキ

打ち止め「そうだよ!ってミサカはミサカは励ましてみたり」

一方「今はそンな場合じゃねェ。三下、頼みがある。オマエにしかできねェことだ」

上条「?」

一方「まずワーストの頭を触ってくれ」

上条「わかった」ペタッ

番外「・・・あれ?頭痛が消えた・・・?」

打ち止め「ロシアのときと同じだねってミサカはミサカは思いだしてみる」

上条「これでいいのか?」

一方「いいや、まだだ。打ち止め、頼む」

打ち止め「了解ってミサカはミサカは準備中」

上条「・・・何をするんだ?」

一方「今から全『妹達』と話してもらう」

上条「?」

一方「オラ初めるぞ」



146: ケイ 2013/04/11(木) 14:08:25.85 ID:dh0ccfnh0

打ち止め「・・・」

上条「『妹達』・・・?」

一方「あァ。謝罪してもよし。開きなおってもよし。テメエで決めろ。だが、妹達の納得いく結論を出せ」

上条「・・・わかった」

打ち止め「・・・始めるよ」ボソッ

打ち止め「」スゥ


ミサカ『あ、あなたは・・・!』

上条「みんなごめんな・・・俺が気持ちをわかってやれなかったから・・・」

ミサカ『謝らないでください!と、ミサカは強がります』

上条「・・・!」

ミサカ『ミサカ達は確かにあなたのことが好きでしたと、告白します』

ミサカ『ですが決定権はあなたにあり、そしてミサカ達は選ばれませんでしたと、ミサカは涙ながらに話します』

上条「でも・・・!」

ミサカ『あなたが負い目を感じることはありませんと、やや笑みをこぼします』

ミサカ『あなたは一万以上の命を救い、そしてミサカ達に『嫉妬』という感情を教えてくれましたと、ミサカは感謝します』

ミサカ『ミサカ達は新しい道を歩いてみせますと、ミサカは無い胸を張ります』

ミサカ『あなたとはなせてよかったですと、ミサカは涙を流します』

ミサカ『それではと、ミサカは惜しみつつ別れを告げます』フッ





147: ケイ 2013/04/11(木) 14:25:48.73 ID:dh0ccfnh0

番外「・・・強いねみんな」

上条「あぁ。俺なんかよりずっと・・・!」

一方「とりあえずこれでいいだろ」

打ち止め「じゃあ帰ろっかってミサカはミサカはミサカはあなたの裾を引っ張ってみる」

一方「いいや、俺は俺の家に戻る」

打ち止め「・・・そっか」

一方「じゃあな三下。邪魔したな」

上条「あぁ。じゃあな」


~~一方通行邸~~


一方「・・・なンでテメエが俺の家にいンだよ」

番外「いいじゃん別に」

一方「」ハア

番外「・・・今日はありがと」

一方「・・・」

番外「あなたって本当は優しいんだね」

一方「人を一万人以上殺した俺が?」

番外「うん。ミサカのためにこんなに頑張ってくれた」

一方「・・・気まぐれだァ」

番外「あ、あのさ」

一方「?」

番外「あなたって恋とかしないの?」

一方「俺のことを好きになるなンて奴はただのバカだ」

番外「・・・!そっか」

番外「じゃあミサカは大バカだね」

一方「何言ってンだよ。テメエは」

番外「一方通行っ!」ダキッ

一方「おわっ!なンだ!」

番外「・・・好き」ボソッ

番外「『私』あなたのことが好き!」

一方「・・・!」

一方「・・・ホントにバカだな」ギュウ

番外「///」

番外「・・・バカ」



148: ケイ 2013/04/11(木) 14:37:10.06 ID:dh0ccfnh0

~~現在~~


一方「ってことがあったンだよ」

絹旗「超いい話しですね」

番外「あの時からミサカは梨琴って名乗ってるの」

垣根「俺にはスケールのデカイのろけにしか聞こえねぇ」

絹旗(あぁ、心が超ちっちゃいんだ)

絹旗「で、上条さんのけじめって?」

上条「あぁ、他の女の子にも謝りにいくんだ」

垣根「チッ、どいつもこいつも女、女うるせえな。俺の仲間は青ピだけか」

上条「だからなんでお前が青ピを知ってるんだ?」

めろん『ここに来たからに決まってるやないの』

上条「」





157: ケイ 2013/04/12(金) 19:35:27.04 ID:AlJs2M4u0


~~喫茶店~~


上条「しかしアイツはいきなり呼び出していったいなんなんだ?」

御坂「てゆーかなんで私も?」

上条「いや彼女も呼べって」

御坂「か、彼女///」

垣根「わざわざここを予約したんだから俺にも関係あるんだろうな」

絹旗「ここ予約制あったんですか」

垣根「あぁちなみに一方、上条、浜面は毎日予約だ」

上条「ちょっと待て。いつ俺が予約した。ていうか毎日ここに来てねぇぞ」

垣根「ちゃんと次の日キャンセル分はもらってるから」

上条「たまに高いなって思ったのはそれか!!」

番外「まあまあ」ニヤニヤ

御坂「それって犯罪じゃないの?」

垣根「犯罪者には犯罪しておkなんだよ」

上条「俺がどんな犯罪を犯したって言うんだ!」

垣根「一万人以上女たぶらかし罪」

上条「(´・ω・`)」ションボリ



159: ケイ 2013/04/12(金) 19:57:33.55 ID:AlJs2M4u0


ドア<ガチャ

垣根「おぉ来たか」

上条「いったいどうしたんだ青ピ。いきなり呼び出して」

青ピ「おぉマスター久しぶりやなあ。お!めろんやん」

めろん『こんにちはってミサカはーーー』モゴッ

御体「「」」シッー

青ピ「あぁいいんよ。もう知ってるから」

御体「「?」」

絹旗「垣根さん・・・」

垣根「俺じゃねぇよ!」

青ピ「まぁこっちから説明したほうがええな。入ってきて~」コイコイ


ドア<ガチャ


ミサカ「こ、こんにちは」

上条「は?」

御坂「え?え?」

番外「面白い展開になって来た~!(ペシ)あいた!」

絹旗「超そんな場合じゃないでしょう・・・」ハァ

垣根「それはそうとどうするんだこりゃ」

上条「二人はどういう関係?」

青ピ「まぁ・・・。カップル?」

ミサカ「///」

全員「「「」」」



161: ケイ 2013/04/12(金) 20:14:24.75 ID:AlJs2M4u0


全員「「「えェェェえええええ!!」」」

垣根「青ピテメエ!独身同盟はどうしたんだよ!!」

絹旗「なんですか。その超ネガティブな同盟」

青ピ「マスター、男はな・・・愛に生きなきゃいけないんよ!」ドン!

御坂「アンタもなんでこんなのを!」

番外(初対面の人をこんなのって。さすが私のDNA)

ミサカ「彼はあの時私を助けてくれてクローンという事実を受け止めそして私に『桜琴』<<おうき>>という名前をくれました」

垣根「・・・すげぇな青ピ」

上条「ん?助けてくれた?」

青ピ「まあね」

ミサカ「そうあの時ーーー」



162: ケイ 2013/04/12(金) 20:31:24.90 ID:AlJs2M4u0


~~回想 とある裏通り~~


ミサカ「はぁ、はぁ」タッタッタッ

ミサカ「なんなのですかあの変態はと、ミサカは息を切らしながら走ります」

白井「おーねーえーさーまー」ヒュン

ミサカ「くっ・・・追い付かれると、ミサカは諦めかけます」

白井「ん?あの方は!・・・仕方ないですの」


<ジャッジメントデスノ
<エ?ボクタダアルイテタダケヤケド


ミサカ「・・・?」

ミサカ「た、助かった・・・?」

:
:
:

ミサカ「さっきはありがとうございました(と、口調をかくします)」

青ピ「え?ぼくなんかやった?」

ミサカ(助けたことを認めない。まるであの人のようです)

ミサカ「い、いえ。」

青ピ「君第三位に似てるんやなぁ」

ミサカ「(ギク)は、はいよく言われます」

青ピ「これもなんかの縁や。そのへんでお茶でもせぇへん?もちろん奢りや」

ミサカ「(奢り・・・)はい。行きましょう」トテトテ



163: ケイ 2013/04/12(金) 20:49:54.69 ID:AlJs2M4u0


ミサカ「と、こういう訳です」

上条「思いっきり勘違いじゃねぇか!」

青ピ「出会いなんてそんなもんとちゃう?」

絹旗(今のは超キモいです)

番外「10039号、いや桜琴今すぐ悔い改めなさい」

御坂「どこの宗教よ」

ミサカ「絶対嫌です」

絹旗「そういや垣根さん全然しゃべってないですけど超何してんですか」

垣根「ん?別に」

絹旗「じゃあその手に持つ包丁を置いてくださいよ」

垣根「チッ」

:
:
:

上条「しっかしお前らが付き合ってるとはな」

垣根「上条、お前ん家で祝福しようぜ」

上条「・・・本音は?」

垣根「急性アルコール中毒で事故死に見せかける」

青ピ「そのくらいでぼくは死なないんよ!」

ミサカ「おぉー」キラキラ

番外「そこは死んどけよ。人として」



171: ケイ 2013/04/13(土) 18:05:44.98 ID:J0/Stbmy0


~~上条寮~~


上条「あっれ?つまみ全然ねぇな。連絡しとこ」ピッ


ドア<ガチャ


垣根「おぉ。上条」

上条「ん?マスターか」

垣根「お前いつまでマスターって呼ぶんだよ。と、ほれつまみ」⊃【スルメ】

上条「いや、今連絡したのに早すぎだろ」

垣根「飲み行くならつまみを持ってく。これ鉄則」

上条「未成年で鉄則も何もないし。その辺はやっぱり常識が通用しねぇな」

垣根「テメエも一緒だ」

垣根「ていうか俺が最初かよ」

上条「あぁ、もうそろそろ来るだろ」




172: ケイ 2013/04/13(土) 18:28:11.76 ID:J0/Stbmy0


~~大通り~~


一方「あァ、俺酒も持って来てンのに、つまみまで買うのかよ・・・」ハァ


<オーイ


一方「ま、仕方ねェか」

浜面「一方通行!無視すんな!」

一方「こォいうときはけっこォ焼き鳥がうめェンだよなァ」

浜面「ねぇ?聞いてる?俺の言葉は着信拒否?」

一方「よしいくか」

浜面「・・・」ピッ prrr

浜面「あ、ミサワの姐さん?今一方通行が女とーーー」

一方「おォ、浜面じゃねェか。ほら友人と話しする時は電話はやめよォな」ピッ

浜面「おぉ一方通行」ニヤニヤ

一方「」カチッ←スイッチON

:
:
:

一方「よォ。三下ァ来たぜ」

浜面「」ボロ

上条「お、来たか。ほら入れよ」

一方「お邪魔しまァす」

浜面「うぉい!俺には何もねぇのかよ!」ボロ

上条「ん?髪切った」

浜面「くそォォォおおおおお!!」


<アッハハハ
<サンシタ!


垣根「最低だなあいつら。もうしゃべってる・・・」

垣根「浜面・・・」ポン

浜面「・・・垣根」

垣根「いいことあるって☆」(*○∀ー)bグッ

浜面(俺の味方って滝壺だけなんだ・・・)



173: ケイ 2013/04/13(土) 19:53:10.09 ID:J0/Stbmy0


:
:
:

一方「ン?垣根、お前なンかつまみ持ってきたのか」

垣根「これ」⊃【スルメ】

一方「」ブハッ

垣根「テメエ、何吹き出してんだ!」

一方「い、いやスルメって・・・!」

上条「だよな、俺も、え?って思った」ケラケラ

一方「ス、スルメってオマエDOUTEーーー」

垣根「ストーーーップ!!それ以上言うな!俺も買っててなんか思ったんだよ!」

上方「「アッハハハハハ!!」」ケラケラ!

垣根「浜面お前ならわかってくれるだろ・・・」

浜面「いやDOU(以下自粛)の気持ちはちょっと」

垣根「・・・一応やったことあるもん」

一方「半世紀前にですかァ」ギャハハ

上条「」ブハッ

浜面「」プゲラ

垣根「」グス



179: ケイ 2013/04/15(月) 20:45:34.16 ID:YgLHG3ic0



ドア<コンコン ガチャ


青ピ「きたで~、ってえ?」

垣根「青ピ~!!」グス

青ピ「誰や。マスター泣かせたの」

一方「違いまァす」

上条「垣根くんを相手にしてやらない女が悪いと思います」

浜面(もうこいつら酔ってんのか)

青ピ「こら、マスターを相手にする女がいい女な訳ないやろ。そんな人と付き合うなんてマスターがかわいそうやん?」

垣根「テメエらみてぇな友達を持った俺がかわいそうとは思わねぇのかよ!」

全員「「「え?友達?」」」

垣根(明日死のうかな)ホロリ

:
:
:

一方「まァ、というわけで」

上条「青ピの幸せを願って」

浜面「かんぱーい」

全員「「「かんぱーい」」」

垣根「(ガシィ)おいおい上条。いきなり俺の腕をつかんでどうした?」

上条「そうか。じゃあ一回その手にある鈍器を置こうな?」

垣根「チッ」ガゴン



180: ケイ 2013/04/15(月) 21:02:57.52 ID:YgLHG3ic0


一方「てゆうかオマエも彼女作ればいいじゃねェか」グビグビ

浜面「」ウンウン

垣根「簡単に言うけどなぁ、そんな近くにフリーの子なんていねぇよ」グビグビ

上条(いるじゃん。主に寝る時)グビグビ

浜面「ほらあの子は?ドレスの」

垣根「あー、アイツは仕事仲間だし」

浜面「俺もだぞ」

一方「俺もまァそンなもンだな」

上条「俺は戦友かな?」

青ピ「僕は運命の出会い」

垣根「そんなもんかぁ?って流そうとしたけど運命の出会いってなんだよ!?」

青ピ「文字通りやん」

上条「こいつは本当にそうだよな」

一方「今オマエの周りにいねェのかよ」

垣根「」ウーン

上条(絹旗がんばって)

青ピ「そういやかみやん。」

上条「?」

青ピ「他の女の子ってどうしたん?」

上条「女の子?」

浜面「あぁ。自覚がないんだ」

上条「???」

一方「」ピコーン

一方「垣根」ヒソヒソ

垣根「なんだよ」ヒソヒソ

一方「」ゴニョゴニョ

垣根「わかった」ヒソヒソ

一方「三下ァ。ビール買って来てくれねェか」

上条「いきなりどうした?別にいいけど」ガタッ

垣根「おい。襟おかしいぞ」ササ

上条「サンキュー。銘柄は?」

一方「適当でいい」

上条「じゃあ10ぐらい買って来るわ」ガチャ



188: ケイ 2013/04/18(木) 19:47:03.42 ID:cZqBQmF90


浜面「なぁ、何したんだ?」

青ピ「さっきの機材は盗撮器やね」

一方「(何故一発でわかったァ?)あァそォだ。垣根の私物だがなァ」

浜面「なんで持ってたかはきかねぇよ」

垣根「この部屋に仕掛けるためだ!」キッパリ

浜面「はっきり言うなぁ!」

一方「まァまァ、本題に戻そォぜ」

青ピ「本題?」

垣根「あぁ、青ピいつも言ってたよなぁ。上条が歩けば女に当たるって」

青ピ「まぁ、まさか!?」

垣根「そう、今のカメラで上条が会う女でかけようぜ!」

浜面「!?」

一方「アイツはマジです」

垣根「どうする?やるか?」

全員「「「もちろん」」」



189: ケイ「>>187 マジで!?」 2013/04/18(木) 19:55:46.93 ID:cZqBQmF90


:
:
:

一方「じゃあ俺は10人だ」⊃【10000】

浜面「うーん。俺は12人かな」⊃【10000】

青ピ「ぼくは17人やな」⊃【10000】

垣根「俺も17で」⊃【10000】

一方「みンな出したな」

一方「よし、スイッチオンだ」ポチ



190: ケイ「出したいキャラがいたら言ってください」 2013/04/18(木) 20:10:07.70 ID:cZqBQmF90


カメラ<ジジジ・・・


上条『つっても俺酒とか詳しくねぇんだよな。さっきあったやつでいいか』

垣根「始まった」wktk

一方「最初は誰だァ?」wktk

?『あ、上条さん』

上条『ん?五和か?』

五和『はい。ご無沙汰してます』ペコリ

全員「「「誰?」」」

垣根「見たところ生徒じゃあねぇな」

一方(魔術サイドかァ?)

浜面「まぁ、とりあえず一人だな」

青ピ「始まって2分で女の子に会うなんて流石やね」

垣根「てゆうかさ、こいつも上条に惚れてたんじゃね?」

全員「「「!?」」」

一方「確かに・・・ありえるな」

青ピ「かみやんに関係ある=惚れてるやもんね」

浜面「本当すごいな、師匠」



197: ケイ 2013/04/19(金) 22:00:53.25 ID:xWs6dmqr0


五和『あ、あの上条さん・・・』

上条『ん?どうした?』


垣根「ちょっとした嫉妬とかはやっぱりあるんじゃね」

青ピ「そんな子にはみえへんけどなぁ」

一方「なンでいいきれるンだ」

青ピ「男の勘」

浜面「なんだそれ」

垣根「おら、続き。続き」


五和『上条さんは今・・・幸せですか?』

上条『?』

上条『あぁ、少なくとも不幸じゃねぇよ。』

五和『そうですか・・・』

上条『あ、そうだ。今度ウチこいよ』

五和『え?』

上条『美琴と仲良くなれると思うぜ。きっと』

五和『・・・!はい、では今度』

上条『じゃあな』ヒラヒラ

五和『失礼します』ペコリ


垣根「さすが上条。女を傷つけねぇ」

浜面「師匠の神技だな」

一方「うォ!しゃべってる間に3人いったぞ!」

青ピ「まだ買い物もしてへんのに4人なんて人類の敵やね」



198: ケイ 2013/04/19(金) 22:30:32.26 ID:xWs6dmqr0



?『ン?テメエは・・・!』

上条『えーと黒夜だっけ』

黒夜『あァ。テメエこンなとこで何してンだ?最愛ちゃンが飲み会って言ってたぞ』

上条『買い出しだよ、ってお前もそんな格好でどうしたんだ?』

黒夜『・・・聞かないでくれっ・・・!』←【メイド服】

絹旗『黒夜?超どうしたんですか?ゲッ上条さん!』←【メイド服】

上条『あ、うん。じゃあ』

絹黒『『ちょっとまてェェェええ!!』』

上条『・・・なんでせうか』

絹旗『何普通にスルーしてンですかァ!』

上条『・・・じゃあなんでそんな格好を?』

黒夜『いや、喫茶店で遊んでたら、最愛ちゃンが急に「メイド服ってどういうのがいいんですかね・・・」ってつぶやいたンだよ』

絹旗『超やめてください!』ムキー


<ギャアギャア


上条『・・・いこ』スタスタ


垣根「アイツはなんで勝手に喫茶店を使ってるんだ!」

一方「(なァ)」ヒソヒソ

浜面「(あぁメイド服って)」ヒソヒソ

青ピ「(最愛ちゃんもかわいそうやね)」



199: ケイ 2013/04/19(金) 22:39:58.20 ID:xWs6dmqr0


:
:
:

垣根「ふぅ、ようやく買いやがった」

一方「すでに9人だぜ」

浜面「なぜみんな巨乳なんだっ・・・!(メイドもどき×2メイド×2以外)」

青ピ「ここからやね」


上条『ふぅ、ようやく買えましたよ』

???『『『どうも、お久しぶりです』』』

上条『んん!?妹達!?なんでここに!?ていうか多すぎだろ!』

ミサカ『『『?』』』×20


全員「「「」」」

垣根「そう来たか・・・!」

一方「さすがだぜ、三下ァ・・・!」

浜面「あーあこれで賭けは無しか」

青ピ「まぁ、面白かったからよかったなやいの」

垣根「上条がかえって来たら飲みあかそうぜ」

全員「「「賛成」」」



206: ケイ 2013/04/20(土) 14:18:16.77 ID:KCc+cuR40


ドア<ガチャ


上条「たでーまー」

浜面「まったくやる気のない挨拶だな」グビ

一方「もォのンでンぞ」

上条「家主の俺をさしおいて・・・まぁいいけど」グビグビ

垣根「『その幻想をぶち殺す!』」キリッ

上条「ん?急になんだよ」

青ピ「いやぁ、さっきまでみんなの名言を聞いてたんよ」

浜面「お前だけ未発表だったからな」

上条「他のやつは何にしたんだ?」

垣根「俺に常識は通用しねぇ」キリッ

一方「こっから先は一方通行だ」キリッ

浜面「楽勝だ。超能力者」キリッ

上条「みんな初期のじゃん」

垣根「なあなあ青ピ、こんなかで一番どれがかっこいい?」

一方「そりゃァ俺ンだろ」

上条「いやいや上条も負けてませんよ」

青ピ「やっぱりはまやんののやつやね」グビグビ

三人「「「えぇー」」」

浜面「」フンス

一方「このまま負けるのは納得いかねェな」グビグビ

垣根「もう一回だ!一人一個な!」

:
:
:

青ピ「それではマスターからな」

垣根「なあ俺の未元物質はこの世界でどこまで通用するんだ?」キリッ

浜面「もう殺し合いなんてやめよう」キリッ

上条「歯ァ食いしばれ最強。俺の最弱はちっとばっか響くぞ」キリッ



207: ケイ 2013/04/20(土) 14:30:55.40 ID:KCc+cuR40


一方「ihbc殺wf」

上条「せこっ!」

青ピ「勝者一方」

一方「当たり前だァ」

垣根「せこくない?いまの」

浜面「そうだ!そうだ!」

一方「勝てばいいンだよ勝てば」



212: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/20(土) 21:17:47.06 ID:KCc+cuR40


:
:
:

青ピ「最後いくで」

浜面「じゃあ俺から」

浜面「」スゥ

浜面「これがアイテムだ。地獄に落ちても忘れるな」キリッ

上条(チッ結構いいな)

一方「俺もずっと一緒にいたかった」

青ピ「おぉ、いいねいいね」

垣根「くそ、俺いくぞ!」

垣根「私は未元物質を操る学園都市第二位の超能力者。垣根帝督です」

上条「うおぉい!それお前のじゃあねぇよ!」

垣根「こまけぇこたぁいいんだよ」

上条「そっちがその気なら俺だって考えがあるぜ」

青ピ「かみやん早く」

上条「わかった」

上条「」スゥ

上条「




全員「「「え?」」」

垣根「せっこー!ダメだろそれ!」

青ピ「勝者かみやん」

上条「」フンス

垣根「くそぉーーー!!」

一方「オラ敗者。」クイクイ

浜面「そうだ。そうだ」ニヤニヤ

垣根「チッ」⊃【10000】×4

青ピ(なんで一回一回賭けるんやろ)

:
:
:

上条「じゃーなー」バイバイ

全員「「「じゃーなー」」」バイバイ




213: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/20(土) 21:27:07.27 ID:KCc+cuR40


~~垣根 帰路~~

垣根「あぁ面白かった」


<prrr


垣根「ん?電話?」ピッ

絹旗『垣根さぁ~ん』グス

垣根「」ピッ


<prrr


絹旗『何きってるんですかぁ!』

垣根「いや絹旗=面倒という考えだ」

絹旗『超ヒドッ!ってそれどころじゃないんですよ。早く帰ってきてください』

垣根「うぃー。了解」ピッ

垣根「さて、コンビニいくか」



219: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/22(月) 20:11:00.35 ID:YrVA5sA10


~~喫茶店 深夜~~


絹旗「あ、やっとかえって来ましたね!」

垣根「ん。じゃあおやすみ」

絹旗「はい超おやすみーーーって違います!」

垣根「あぁ?もうねみぃんだけど」

絹旗「電話で言ったじゃないですか。超大変なことがあったって」

垣根「大変なこと?」

絹旗「めろんが超居なくなったんですよ!」

垣根「家出か?」

絹旗「いえ。ドアは開いてなかったのでこの中にいます」

垣根「プチ家出かよ!」

絹旗「超手伝ってください」

垣根「・・・寝る」

絹旗「えぇー」ガーン



めろん『ここに。いるのに。』



220: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/22(月) 20:21:52.36 ID:YrVA5sA10



~~喫茶店 早朝 開店前~~


目覚まし時計<ppp


絹旗「ふぁ~。まだ超眠いです」スリスリ

絹旗「あれ?垣根さん?超何書いてるんですか?」キョロキョロ

垣根「・・・」

垣根「・・・やっぱちょっと赤字か?」

絹旗「!?」

絹旗(赤字・・・)

絹旗「垣根さん」

垣根「お、起きたか」アセアセ

絹旗「・・・超、赤字なんですか?」

垣根「・・・!まあな」

垣根「なんかいい方法はねぇかな」ガシガシ

絹旗「・・・」



221: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/22(月) 20:37:33.04 ID:YrVA5sA10


~~昼~~


垣根「二人共ー。休憩時間だぞー」

絹外「「はぁーい」」トテトテ



絹旗「三澤さん三澤さん」コイコイ

番外「ん?なになに」

絹旗「・・・実はですね」ヒソヒソ

絹旗「ゴニョゴニョ」

番外「えぇ!?赤字!?」

絹旗「・・・はい、らしいです」

番外「私達を雇ってるからかな?」

絹旗「えぇ。でも垣根さん、超気にすんなって」

番外「いい人だね。でもどうするの?」

絹旗「それはですね・・・」

絹旗「ここの店に何か超貢献したいです!」

番外「・・・!なるほど」

番外「で、具体的にどうするの?」

絹旗「ええとですねーーー」



228: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/23(火) 18:50:09.70 ID:sDC3bu7T0


~~黒夜宅 夜~~


絹旗「超何も考えてませんっ!」キッパリ

番外「はっきり言うなぁ!」

黒夜「てゆゥかなンでここで・・・?」

絹旗「黒夜にも超手伝ってもらいますから」

黒夜「はァ!?」

絹旗「それでは超始めますよ。題して」

絹旗「『喫茶店赤字回復プロジェクト』!!」

:
:
:

絹旗「超いい案が出ませんね」

番外「いつも絹旗はメイド服の案だし」

絹旗「ギクッ!」

黒夜「初めてギクッ!って言ったやつみたぞ」

絹旗「お、お二人は何かないんですか?」



229: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/23(火) 19:11:07.99 ID:sDC3bu7T0


黒夜「そォいや、もォそろそろクリスマスーーー」

番旗「「NG」」

黒夜「ン?なンで?」

絹旗「垣根さんがーー」


垣根『クリスマスなんて消えてしまえばいいんだぁぁぁあ!!』


絹旗「だからです」

番外「そゆこと」

黒夜「はァ・・・バカ丸出しだな」

番外「!」ピコーン

番外「そうだ!」

絹旗「なんですか?」

番外「出張喫茶店はどうよ!?」

黒旗「「!」」



241: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/24(水) 18:26:38.67 ID:eO4+6jh90


~~喫茶店 開店前~~


絹旗「垣根さん。超ただいまです!」バタバタ

垣根「ん?あぁ、お帰りってお前朝帰りということは・・・」

絹旗「超そんなことはないです!」ムキー

垣根「そんな相手はいないですの間違いだろ」

絹旗「超うっさいです」

番外「もういつまでいちゃいちゃしてんの」

絹根「「(超)誰が!」」

番外「絹旗本題忘れてるよ」

絹旗「あ、超そうでした。垣根さんちょっと一ついいですか?」

垣根「何?」

絹旗「え~と、そのですね」

絹旗「出張喫茶店やりませんか!」



242: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/24(水) 18:36:02.83 ID:eO4+6jh90


垣根「!」

垣根「いいなそれ!」

絹旗「超そうでしょう!」フンス

番外「私の案だよね。それ」

垣根「で、具体的にどうするんだ?」

絹旗「出張って言っても超屋台みたいな感じに、してみたらどうですかね」

垣根「なるほど」

垣根「よし!早速準備だ」

番外「へ?」

絹旗「もうですか」

垣根「善は急げって言うだろ」

絹旗「よっしゃ。超やりますよ!」

番外「すごいやる気・・・」



243: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/24(水) 19:42:11.08 ID:eO4+6jh90


:
:
:

垣根「コーヒー、コーヒーはいらんかねー」ガラガラ

絹旗「ジュースや食べ物も超ありますよー」ガラガラ

番外「ねえねぇ二人共」チョンチョン

垣根「ん?」

絹旗「超なんですか」

番外「今ってみんな学校の時間じゃない?」

垣根「いいやがったなこの野郎!」

絹旗「私達が超目を背けていた現実を!」

番外「」ハァ

番外「じゃあ学校に乗り込んじゃおうよ」ニヤニヤ

垣旗「「」」



244: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/24(水) 19:55:22.46 ID:eO4+6jh90


~~とある高校~~


<ザワザワ


絹旗「超目立ってますね」

番外「そりゃ、こんなラーメン屋の屋台みたいなのが校門にいたら、騒ぐでしょ」

垣根「おーい。許可取れたぞー」タタタッ

絹旗「マジっすか」

番外「どうやってとったの?」

垣根「先生方にレベル5とレベル4が出張喫茶店に来ましたって言ったら通してくれた」

絹旗「さすがですね」

垣根「まぁな」フンス

:
:
:

垣根「よし。結構売れてんな」

絹旗「超珍しいんですよ」

番外「ん?あの二人って・・・?」

上条「あれ?なんで三人共ここにいんの?」

青ピ「もしかしてぼくに会いに来てくれたん?」クネクネ

絹旗「(ゴンッ)あ、上条さん買ってってくださいよ」

上条「お、おう」

番外(無言で青ピさんを殴った・・・)

青ピ「」ピクピク



250: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/25(木) 20:30:22.21 ID:bsyQZKaC0


土御門「お、かみやん。青ピ。何してるんだにゃ?」

上条「よぉ。土御門。お前もコーヒー買ってけよ」

土御門「ん?コーヒー?ちょっとまてその二人・・・」

垣旗「「?」」←元暗部

土御門「」←現暗部

土御門「なぁかみやん」コイコイ

上条「どうした」

土御門「・・・あの二人誰だ」ヒソヒソ

上条「ん?マスターと絹旗ちゃん。あと三澤ちゃん」

土御門(・・・一方通行の暗部解体の影響か)

上条「どうしたんだ?」

土御門「いや、なんでもないにゃー」

土御門「おれっちは緑茶を頼むにゃー」

垣根「(こいつの目、暗部か?)あいよ」


未元物質製冷蔵庫<ガチャ


垣根「ほい」

土御門「サンキュー」



257: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/26(金) 22:18:08.36 ID:1sN+i4P/0

土御門(とりあえず危険性はなしか・・・)ゴク

???「あんたらァァァあああああ!!」

三バカ「「「」」」ビク

吹寄「冬休みの準備できてないのに何遊んでんだァァァあああああ!!」

三バカ「「「ひィいい!」」」

上条「マスター、お代置いてくから」バン

垣根「あ、うん」

三バカ「「「さらばだっ」」」


<マテェヤァァァ!!!
<ギャァァァ!!!


三人「「「・・・」」」ポカーン

絹旗「・・・学校って超怖いんですね」

番外「・・・うん」

垣根「・・・帰ろっか」



258: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/26(金) 22:29:17.06 ID:1sN+i4P/0


~~帰り道~~


垣根「あ、梨琴ちゃん。今日はもう、あがっていいよ」

番外「え、でも片付けは?」

垣根「絹旗と二人でやるから大丈夫だ」

絹旗「超任せてください!」フンス

番外「あ、じゃあ。(ピコーン)絹旗、絹旗」コイコイ

絹旗「?」トテトテ

番外「・・・夕方の帰り道ってさ」ヒソヒソ

番外「デートコースっぽいよね」ヒソヒソ

絹旗「な、何を///」カァァ

番外「」ニヤ

番外「それじゃ。失礼しまーす」

垣根「おう。じゃあな」

垣根「・・・」

垣根「・・・どうしたの。顔を隠して」

絹旗「ちょっと待ってください。気持ちの整理だけ」

垣根「???」



259: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/26(金) 22:36:42.79 ID:1sN+i4P/0


:
:
:

絹旗「・・・」トテトテ

垣根「・・・」スタスタ

絹旗(超ヤバイです。さっきのミサワさんので超意識しちゃいます///)

絹旗(・・・あれ?一緒に寝てるって超ヤバくないですか?)

絹旗「ぬォォォおおお・・・!」orz

垣根「絹旗大丈夫かお前。さっきから変だぞ」

絹旗「い、いえ。超問題ありません」

絹旗(先は超長いです)ハァ



260: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/26(金) 22:51:20.05 ID:1sN+i4P/0


~~喫茶店 就寝前~~


絹旗「」ハァ

絹旗(今日は一応クリスマスだっていうのに・・・)

絹旗(プレゼントもあるのに)グス

垣根「絹旗?」ヒョコ

絹旗「」ビクッ

絹旗「いえ」ゴシゴシ

絹旗「超なんですか?」

垣根「はい、これ」⊃【小包】

絹旗「なんです、これ?」

垣根「プ、プレゼント」

絹旗「・・・!」

絹旗「・・・どうせ、メイド服でしょ」

垣根「違うわァ!」

垣根「こんなの女の子にやるのは初めてだったからさ」ポリポリ

絹旗「開けてもいいですか?」

垣根「おう」

絹旗「」ガサゴソ

絹旗「これって。髪飾り・・・!」

垣根「多分似合うと思うぞ」

絹旗「じゃ、じゃあ私もこれを」⊃【小包】

垣根「・・・開けるぞ」

絹旗「どうぞ」

垣根「へえ。ネックレスか」

絹旗「一応男ものですので」

垣根「ありがとな」ニカッ

絹旗「・・・はい!」



261: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/26(金) 22:59:38.38 ID:1sN+i4P/0


:
:
:

垣根「zzz」スピー

絹旗「・・・」

絹旗(超覚えてたんだ)

絹旗(ちゃんとプレゼントももらえました)

絹旗(何よりも初めて私のこと女の子って言ってくれました)

絹旗(///)カァァア

絹旗(寝ましょう)ガサササ



垣根(抱きつきになれるってどうよ)


~~喫茶店 開店前~~


番外「あれ、絹旗ちゃん。どうしたの、それ」

絹旗「超いいでしょ~♪」

番外(垣根さんもネックレス付けてる。なんかあったんだな)ニヤニヤ

絹旗「何ニヤニヤしてんですか。超キモいですよ」

番外「垣根さんよりましだよ」

垣根「ひどくねっ!」グス



267: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/27(土) 19:22:34.92 ID:1BAeoHYP0


~~空港~~


上条「ふぅ。やっと妹達と面向かって喋れたな」

上条「御坂のお礼はこれでいいかな」⊃【大量のお土産】

上条「うし。行くか」スタスタ


~~帰り道~~


上条「」スタスタ

?「・・・!当麻くん・・・?」

上条「!?」

上条「ア、アリサ・・・!?」

アリサ「久しぶりだね。当麻くん」ニコッ

上条「どうして・・・!?」

上条「アリサ、どうしてここに!?いや、なんでお前は『生きて』るんだ?」

アリサ「面倒くさい話しはあっちでしよっか」

上条「・・・わかった」





268: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/27(土) 19:32:58.58 ID:1BAeoHYP0



~~とある公園~~


上条「座ろっか」スト

アリサ「うん」スト

上条「単刀直入に言おう。アリサ、お前はどうして『生きて』るんだ」

アリサ「実はねーーー」


~~回想 シャットアウラ邸~~


シャットアウラ「ん?もう朝か」ガサゴソ

アリサ「スピー」zzz

シャットアウラ「は?」


~~現在~~


上条「つまりわかんないけど、勝手に出てきたと」

アリサ「そうゆうことだね」

アリサ「今はシャットアウラちゃんの家に、住んでるんだ」

上条「そっか」



269: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/27(土) 19:43:07.72 ID:1BAeoHYP0


アリサ「そういえばさ」

上条「ん?」

アリサ「インデックスちゃんってまだ一緒に住んでるの?」

上条「いや。インデックスはイギリスに帰ったよ」

アリサ「そっか・・・!」

上条「その代わり今は美琴と住んでるんだ」

アリサ「・・・!」

アリサ「・・・」

上条「どうした?」

アリサ「うんうん。何でもないよ」

アリサ(・・・そっか)



270: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/27(土) 19:57:11.05 ID:1BAeoHYP0


アリサ「もうそろそろ、私は帰るね」

上条「あ、ちょっと待てよ」

アリサ「?」

上条「番号交換しとこうぜ」

アリサ「!」

アリサ「うん!」

:
:
:

上条「じゃあな」

アリサ「うん。またね」

アリサ「」トテトテ

アリサ「・・・やっぱり私じゃだめか」ニャハハ

アリサ「」グス


~~シャットアウラ邸~~


アリサ「ただいま」

シャットアウラ「お帰り。どうした?目が赤いぞ」

アリサ「・・・」

アリサ「失恋しちゃつた」

シャットアウラ「!」

シャットアウラ「そうか」

アリサ「でもね」

アリサ「これでよかったのかなって」

シャットアウラ「だめだな。」

アリサ「?」

シャットアウラ「お前はその彼女からやつを、奪うぐらいじゃないとだめだ」

アリサ「!」

アリサ「・・・じゃあさ、シャットアウラちゃん」

シャットアウラ「?」

アリサ「一個だけわがまま聞いてもらっていいかな」



271: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/27(土) 20:14:48.74 ID:1BAeoHYP0


~~とある高校~~


小萌先生「ハイハイ。大事な話しがあるので、みんな席につくのですー。」

青ピ「先生ー。なんなん?大事な話しって」

小萌先生「なんと今日から、転校生がくるのですー」

青ピ「女の子ですか!?」

小萌先生「そうですー」

男共「「「ふぉぉぉおおおおお!!!(高音)」」」

上条「・・・」ボー

上条(アリサどうなったのかな。連絡こないし)

土御門「どうしたにゃー、かみやん。朝から元気ないぜい?」

上条「なんでもねぇよ」

小萌先生「それでは入って来てください」


ドア<ガラ


アリサ「こんにちは鳴護アリサです」

上条「!?」

青ピ「え?ARISA?」


ざわざわ
  ざわざわざわざわ


小萌先生「はい静かにしてくださいー。それでは上条くんの隣の席に行ってください」

アリサ「はい」トコトコ

上条「・・・アリサ」

アリサ「よろしくね。当麻くん」ニコ

姫神「またか。このやろう」





282: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/28(日) 22:54:40.81 ID:xaWuSDCd0


~~セブンスミスト~~


浜面「なぁ、滝壺」

滝壺「どうしたの?浜面」

浜面「フレメアってどこに行ったの?」

滝壺「さぁ」

浜壺「「・・・」」


~~フレメアサイド~~


フレメア「もうっ。大体二人共どこに行ったにゃあ!」プンスコ

フレメア「こういう時はお姉さんである私が探してやらないとな」トテトテ


~~セブンスミスト~~


浜面「くっそ。あいつどこいきやがった」

滝壺「そんなセイヴェルンのDNAは応援できない」

浜面「一応迷子センター行っとくか」

滝壺「そうだね」

:
:
:

浜面「すいません。ここに金髪の迷子ーーー」

黄泉川「おぉ、浜面じゃん」


(ダッ)浜面が全力疾走で逃走する音

(ダッ)黄泉川も全力疾走する音

(バタバタ!)黄泉川が浜面を取り押さえる音


黄泉川「なんで逃げるじゃん」

浜面「なんで取り押さえるんだよ」イテテ

滝壺「誰?」

浜面「犯罪者より犯罪者な警備員」

滝壺「?」

半蔵「あれ?浜面か?」

浜面「ん?半蔵じゃねぇか」

半蔵「久しぶりだな」

浜面「あぁ。元気してたか」

浜面「まあな。今はここで働いてんだ」



283: ケイ ◆ES..JXvErvQQ 2013/04/28(日) 23:08:06.90 ID:xaWuSDCd0


浜面「マジかよ」

半蔵「うるせぇよ。お前は何してんだ?」

浜面「・・・」

半蔵「黙秘!?ってことはテメエまさかw」

浜面「」シュン

半蔵「あ、うん。なんかごめん」

黄泉川「それで浜面どうしたじゃん」

浜面「あ、そうだった。」

滝壺「迷子を探して欲しいの」

半蔵「迷子?え?子供?」

浜面「フレメアだよ。フレメア」

半蔵「フレメアか。よしみんなで探すか」

:
:
:

半蔵「店全部回ったけどいねぇぞ」

浜面「はぁ!?なんだよそれ」

半蔵「わかんねえ。もしかしたら外にいるのかも」

滝壺「え~」


ケータイ<prrr


浜面「ごめん。俺だ」

浜面「はいもしもし」





284: ケイ ◆ES..JXvErvQQ 2013/04/28(日) 23:21:36.59 ID:xaWuSDCd0


めろん『オレだァ』

浜面「ん?めろん?お前電話できたのか」

めろん『そんなことはどォでもいいがフレメアがこっちにいるぞ』

浜面「へ?」

めろん『ちゃンと伝えたからな。じゃ』ピッ

浜面「」ピッ

浜面「・・・あのクソガキ」


~~喫茶店~~


浜面「垣根ここにフレメアいるか」

垣根「うん」ビシィ

フレメア「」ダラー

滝壺「」イラッ

浜面「おい!フレメア!お前俺達がどんだけ心配したと思ってんだ!」

フレメア「大体迷子になるそっちが悪い。にゃあ」

滝壺「・・・フレメア。ちょっと来なさい」

フレメア「いや」

滝壺「・・・来なさい」

フレメア「・・・はい」


ドア<ガチャ
<ニャ、ニャア・・・


番外「何?今の」

絹旗「滝壺さん。怒ったら超怖いんですよ」

垣根「浜面」コイコイ

浜面「ん?」

垣根「フレメアがここで食べた分」⊃【伝票5000】

浜面「たかっ!」



293: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 09:32:33.33 ID:q9oB5+vv0


~~一方邸~~


番外「12月23日・・・明日はクリスマスイブか」

番外「クリスマスって何すんの?」

番外「ねぇ。クリスマスって何すんの?」

一方「・・・さァな」スタスタ

番外「?」

番外「お姉さまに聞いてみるか」ヨシッ


~~上条寮~~


番外「お邪魔しまーす」

御坂「お!来たわね」

番外「あれ?ヒーローさんは?」

御坂「さぁ?どっかいったわよ」

御坂「で、相談って?」

番外「あ、そうだった」

番外「あのさ、クリスマスって何か知ってる?」

御坂「!」

御坂「クリスマスか・・・多分大切な人にプレゼントする日じゃない?」

番外「大切な人、かぁ」

番外「うし!わかった。じゃあ行ってくる!」ガチャ

御坂「がんばれよー」フリフリ

御坂「クリスマスか・・・」



295: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 10:00:52.11 ID:q9oB5+vv0



~~デパート~~


番外「で、来てみたわけだけど・・・」

番外「あの人は何がいいんだろう?」

店員「何かお探しでしょうか?」

番外「うん。プレゼントを探してるんだけど」

店員「彼氏さんでしょうか?」

番外「///あ、うん」

店員「でしたらこんなものはどうでしょうか」

番外「服?女ものじゃん」

店員「題して『プレゼントは私大作戦』です」

番外「ふざけんな!なんで私がそんなこと」

店員「では、こちらはいかがでしょうか」

番外「チョコレート?それは、えーとバレンなんとかじゃないの?」

店員「えーとですね。これをお客様の唇にお塗りして」

番外「お塗りして?」

店員「題して『プレゼントは私の唇大作戦』です」

番外「ふざけんな!もう一回言うぞ。ふざけんな!」

店員「それでしたらこちらはいかがでしょうか?」

番外「もういいわ!なんだそのゴスロリ!」

番外「じゃあね!」プンスコ



296: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 10:16:54.86 ID:q9oB5+vv0


番外「はぁ、どうしよ」

滝壺「あれ?みさわだ」

番外「ん?滝壺さん?」

滝壺「何してるの?」

番外「クリスマスプレゼントを探してるんだけど。いいのがなくてね」

滝壺「そっか」

番外「滝壺さんは何してるの?」

滝壺「私もクリスマスプレゼントだよ」

番外「もう決まった?」

滝壺「うん。ほら」

番外「服?」

滝壺「『プレゼントは私大作戦』」

番外「マジか」

滝壺「みさわは?」

番外「まだ何も」

番外「何がいいのかな?」

滝壺「何でもいいと思うよ」

番外「?」

滝壺「気持ちが伝われば何でもいいと思うよ」

番外「・・・!」

番外「なるほど!わかった。行って来る!」トタタタ

滝壺「がんばれ」(*・∀・)bグッ



297: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 10:31:58.52 ID:q9oB5+vv0



番外「気持ちか」

番外「どうしよっかな。ん?」

垣根「」キョロキョロ

番外「垣根さん?」

垣根「」ビクゥ

垣根「お、おう。梨琴ちゃんか」アセアセ

番外「何してるんですか?」

垣根「べ、別になんでもねぇよ」

番外「じゃあ何ですか。その髪飾り」ニヤニヤ

垣根「///」カァァ

垣根「うっ」

垣根「うるせェェェえええええ!!」ドタドタ

番外「」ニヤニヤ



298: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 10:36:14.19 ID:q9oB5+vv0




番外「垣根さんもすみにおけないな」

番外「って、私も探さなきゃ」

:
:
:

番外「・・・よし。これでバッチリだ!」

番外「喜んでくれるかな」wktk



305: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 13:20:50.99 ID:q9oB5+vv0


~~一方邸 クリスマスイブ~~


番外「ね、ねぇ」

一方「ン?なンだ」

番外「ちょっと出掛けない?」

一方「どこに」

番外「いいから、いいから」

一方「引っ張るな。引っ張るな」グイグイ


~~とある公園~~


番外「ふぅ。寒いねぇ」スリスリ

一方「だからって、くっつくな」

番外「まあまあ」

番外「お、雪だ。懐かしいね」

一方「ロシア以来かァ」

番外「ね、ねぇ。ホラ一応今日クリスマスじゃん?」

一方「そォだな」

番外「はい。プレゼント」

一方「なンだこりゃ」

番外「クッキー。しかも手作りだよ」

一方「ふゥン。まァ。コーヒーの肴で食ってやるか」

番外「ありがと」

番外「じゃ、帰ろっか」

一方「まて」

番外「?」

一方「俺はプレゼントってわけじゃねェけどよォ」

一方「答えを聞かせて欲しい」

番外「な、なに・・・?」

一方「俺と」

番外「」ドキドキ

一方「俺と一緒になってくれねェか」

番外「!」

番外「うぅ~っ」ウルウル

一方(しまった。泣くほどいやだったのか。クソッ、どこでしくじった・・・!)

一方「ご、ごめン」

番外「ち、違うぅ」

一方「?」

番外「」ゴシゴシ

番外「わ、私で良ければお願いしますぅ」

一方「!」

一方「」ダキッ



306: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 13:25:21.54 ID:q9oB5+vv0


一方「ありがとな。こンな俺を受け入れてくれて」ダキッ

番外「お互い様だよ」ダキッ

番外(クリスマスってこんなに暖かいんだ・・・)

一方「・・・絶対幸せにするからな」ボソッ

番外「なんか言った?」

一方「いや、なンでもねェよ」



309: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 14:11:24.19 ID:q9oB5+vv0


~~とある高校~~


アリサ「と、当麻くん。一緒に食べよ」

上条「おう、いいぞ」

アリサ(やった!)

アリサ「じゃあ、あっちで食べようよ」

上条「わかった」

:
:
:

アリサ「いただきます」

上条「いただきます」

上条「お!今日もうまそうだな。アリサのは」

アリサ「そ、そうかな///」

上条「いつも作ってんだろ。上条さんはそこまでうまく作れないからなぁ」

アリサ「あ、いる?」

上条「いいのか?」

アリサ「うん、どうぞ」アーン

上条「・・・はい?」

アリサ「いや、かな・・・?」

上条「いえいえそんなことはありませんのことよ!(モグモグ)うん!うまい!」

上条(他の男子からの視線が痛い・・・)

アリサ「当麻くんのもおいしいそうだね」

上条「美琴の料理はうまいからな」

アリサ「」ムッ

アリサ「と、当麻くん。ほら、もう一個」アーン

上条「ん?うん」モグモグ

上条(毎日この調子だな)



311: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 14:19:46.38 ID:q9oB5+vv0



~~帰り道~~


アリサ「じゃ、私はここで」

上条「じゃあな」フリフリ

アリサ「うん、じゃあね」


~~上条寮~~


上条「ーーーでアリサがさぁ」ケラケラ

御坂「」ムッ

御坂(最近アリサちゃんの話しばっかり)

上条「どうした?」

御坂「なんでもない」プイ

上条「?」



315: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 15:01:03.79 ID:q9oB5+vv0


~~とある大通り~~


御坂「アイツ、いつもアリサアリサって・・・」ブツブツ

アリサ「あ、」

御坂「あ、」


~~レストラン~~


御坂「ねぇ。アリサは、当麻と同じ学校にいるんだよね」

アリサ「うん。美琴ちゃんは当麻くんと同棲してるんだよね」

御坂「うん」

アリサ「・・・」

御坂「・・・」

アリサ「美琴ちゃんはさ、これから当麻くんとどうなりたいの?」

御坂「え?別にこれといった」アセアセ

アリサ「うかうかしてると奪っちゃうからね」

御坂「へ?」

アリサ「」ニコッ

御坂「・・・そうゆうことね」

御坂「私は負けないから」

アリサ「絶対諦めないよ」



316: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 15:17:37.95 ID:q9oB5+vv0



~~クリスマスイベント~~


上条「三人でクリスマスというのもなかなかいいですな」

アリサ「そうだね」

御坂「さぁ行きましょ」

:
:
:

アリサ「うわー」キラキラ

御坂「おっきい・・・」

上条「クリスマスツリーなんて久しぶり見るな」

上条(覚えてないけど)

アリサ「あ、なんかあっちであってるみたいだよ」ギュ

御坂「いってみよっか」ギュ

上条「なぜに手を握られるのかしら?」

御坂「人ごみに紛れたら危ないから」

アリサ「レッツゴー」



317: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 15:25:21.68 ID:q9oB5+vv0


上条「ミニスカサンタのコスプレ大会?」

係員「はい。商品は遊園地のチケットとなっております」

御坂「やります」キッパリ

上条「は?」

アリサ「私も」

上条「を?」

係員「わかりました。それではこちらに記入してください」

上条「・・・」

上条「なんでそんなにやる気なの?」



318: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 15:37:15.96 ID:q9oB5+vv0


~~会場~~


佐天「さーて始まりました。ミニスカサンタコスプレ大会!司会進行は私佐天涙子が行います」

御坂「なんで佐天さん・・・?」

佐天「それでは早速行きましょう!エントリーナンバー1番。姫神さんです」

姫神「・・・」ペコ

上条「何やってんだアイツ」

:
:
:

佐天「エントリーナンバー7番アリサさんです!」

観客「「「ふぉぉぉおおおおお!!」」」

佐天「おーとこれは、レベルが非常に高い!優勝候補かぁ!?」

上条「」ゴクリ

アリサ「ありがとうございました」ペコ

佐天「続いてエントリーナンバー8番御坂さんです!」

御坂「」モジモジ

観客「「「FUUUUUUUUU!!」」」

佐天「これもいい評価です!御坂さんありがとうございました!」

御坂「」モジモジ



320: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 15:47:31.56 ID:q9oB5+vv0


佐天「これで全員のようです。さて、優勝は誰の手に!?」

上条「がんばれ、二人共・・・!」

佐天「優勝は・・・」

佐天「御坂さんです!」

御坂「やったー!!」

佐天「優勝商品のチケットをどうぞ」

御坂「やった、やった」

アリサ「」ムゥ

:
:
:

上条「はぁ面白かったな」

御坂「うん!」

アリサ「次はどこに行く?」

?「お姉さまーーー!」

御坂「げっ」

白井「やっと見つけました!さぁわたくしとの熱い夜を」ヒュン

御坂「今はそれどころじゃーーー」ヒュン

アリサ「・・・」

上条「・・・」

アリサ(ラッキー、なのかな?)



323: ケイ ◆9/XzuiksdJWQ 2013/04/29(月) 16:21:52.38 ID:q9oB5+vv0


上条「え~と、どうする?」

アリサ「じゃ、じゃあさ。あそこ行かない?」

上条「レストラン?」

アリサ「うん」

上条「よし。いくか」

:
:
:

上条「どれにすっかな」

アリサ「私はこれ!」

上条「イチゴパフェ?じゃあ俺はバナナパフェにしとこ」

上条「すいませーん」

上条「これと、これを」

店員「今カップル限定で半額フェアをしておりますのでお値段は半額になります」

アリサ(カ、カップル///)

店員「しばらくお待ちください」

上条「ラッキーだったな」ニコッ

アリサ「う、うん」

アリサ(また無自覚でこういうことを・・・)

店員「お待たせいたしました。こちらパフェになります」

上条「おー」

アリサ「おいしそう」

上条「」モグモグ

アリサ「」ジッー

上条「・・・」

上条「食べる?」

アリサ「え?いいの?」

上条「いいっていいって。ほら」アーン

アリサ「///」モグモグ

アリサ(幸せ・・・)




326: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 16:34:29.48 ID:q9oB5+vv0


:
:
:

アリサ「今日はありがと。付き合ってくれて」

上条「いえいえ」

アリサ「あ、あのさ・・・」

上条「?」

アリサ「私と」

アリサ「私と」

アリサ「ずっと友達でいてください!」

上条「?当たり前だろ」

アリサ「えへへ」

アリサ(やっぱり当麻くんの隣は私じゃない。今日ずっと一緒にいてわかったよ)

上条「じゃ、また明日」

アリサ「うん、またね」

:
:
:

上条「なんか忘れてるような・・・?」

御坂「・・・」ビリビリ

上条「・・・」

上条「すいませんっしたぁ!」

御坂「・・・」ビリビリ!

上条「あbbbbb」

御坂(アリサ・・・)



328: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/29(月) 16:51:02.59 ID:q9oB5+vv0


~~翌日~~

御坂「ねぇ、アリサ」

アリサ「なに?」

御坂「当麻はもういいの?」

アリサ「・・・うん」

アリサ「当麻くんが幸せになれば私はそれでいいかなって」

御坂「そっか」

アリサ「美琴ちゃん」

御坂「?」

アリサ「私とずっと友達でいてね」ニコッ

御坂「うん!」



シャットアウラ「ヘタレ」

アリサ「」ガーン



339: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 20:00:36.05 ID:60VD7Ql30


~~喫茶店 正月前休み~~


絹旗「ふぅ。大掃除って超大変なんですね」

垣根「まあな」

垣根「ん?おい、これなんだ?」

絹旗「超コルクボードです。喫茶店での写真を超ためてたんですよ」

垣根「なんで?」

絹旗「思い出ですよ。思い出で」

垣根「ふ~ん。そんなもんか」

絹旗「超そんなもんです」

垣根「どれどれ、他にはどんなのがあるんだ?」ピラッ

絹旗「あ」


王様ゲームの抱き合う二人


垣根「ぬぉぉぉおおおおお!!」ビリッ

絹旗「あぁ!私の超傑作が!」

垣根「いつの間に・・・!」ハァハァ



341: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 20:08:08.06 ID:60VD7Ql30


絹旗「そんなことより垣根さん」

垣根「そんなことよりって・・・」ガーン

絹旗「お正月って休みなんですか?」

垣根「いや晦日と大晦日はまた開くよ」

絹旗「?」

垣根「晦日はみんなへのお礼。そして大晦日はまぁあいつらへのお礼かな」

絹旗「・・・!」

絹旗「超いいですねそれ!」

垣根「だろ?」



342: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 20:18:14.87 ID:60VD7Ql30


~~晦日~~


絹旗「いらしゃいませー」

垣根「常連の人もみんな来てくれてんな」ウンウン

番外「垣根さんにしては、いい考えだね」

垣根「垣根さんにしてはって、お前俺をどういう目で、見てるんだ」

番外「ゴミムシを見る目」

垣根「」ガーン

:
:
:

絹旗「こんにちはーって、あれ?」

心理「こんにちは」

垣根「よ!」





345: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 22:21:31.01 ID:60VD7Ql30


心理「本当にアナタ変わったわね・・・」

垣根「互いにな」

垣根「今日は感謝祭だからさ、なんか頼んでけよ」

心理「いえ、今日はそのために来たのではないのでね」

絹旗「?」

心理「それじゃ」

垣根「・・・」

垣根「・・・変なやつ」

絹旗(もしかして・・・)



346: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 22:37:06.50 ID:60VD7Ql30


~~翌日 感謝祭2日目前~~


絹旗「昨日はだいぶ売れましたね」

垣根「あぁ。一応買い出ししとくわ」

絹旗「手伝いましょうか?」

垣根「いや一人でいくよ」

垣根「ミサワちゃんにみんな来たら初めてていっといて」

絹旗「超了解です!」

垣根「んじゃ」ガチャ

絹旗「超いってらっしゃい」


~~スーパー~~


垣根「うぉ!卵、安!」

心理「あなた、何やってるのよ」

垣根「ん?おぉ、お前か」

心理「今日は何をしてるのかしら」クスクス

垣根「買い出しだけど」

垣根「テメエには関係ねぇことだよ」

心理「・・・」

垣根「どうした?」

心理「あなたってさぁ・・・」

心理「好きな人っているの?」

垣根「・・・まあな」

心理「意外に身近に大切なものはあるものよね」

心理「急ぎなさいよ」

垣根「?」

心理「いつまでも待たせてちゃ、幸せも彼女も逃げちゃうわよって言ってるのよ」

垣根「・・・!」

垣根「そうだよな」

心理「」コク

垣根「ちょっと用事思いだしたわ。じゃ!」バタバタ

心理「・・・我ながらなかなか長い初恋だったわね」



347: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 22:45:44.08 ID:60VD7Ql30


:
:
:

垣根「ただいま」

絹旗「超お疲れ様です」

垣根「・・・」

垣根「なぁ絹旗」

垣根「俺達って会って2ヶ月ぐらいだっけ」

絹旗「?はい、そうですけど」

垣根「ここで会ったんだよな」

絹旗「はい・・・?」

垣根「今まで生きてて、いろんなことが会った」

垣根「でもそれが一番の思い出だと思ってる」

絹旗「超何を言ってるんですか?」

垣根「」ダキッ!

絹旗「!///」

垣根「今まで待たせてごめん・・・」

垣根「俺は絹旗、・・・いや最愛が好きだ」

絹旗「!」

絹旗「私は好きじゃないですよ」

垣根「・・・」

絹旗「垣根さんのこと『超大好き』ですから・・・!」

垣根「!」

垣根「ありがと」ニコッ



348: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 22:55:03.07 ID:60VD7Ql30


絹旗「今更なんですけど、それここで言わないとダメでした?」

全員「「「」」」ニヤニヤ

垣根「あ」

一方「いやァ、いいもの見たなァ」ニヤニヤ

上条「~~~っ!」ケラケラ

浜面「絹旗いいぞ!」

青ピ「お幸せにってやつなん?」

番外「キャーだいたーん☆」

御坂「おめでと」

フレ止め「「おめでとー!」」

ミサカ「よかったですね、とミサカは二人を祝福します」

アリサ「やったね最愛ちゃん」

滝壺「おめでとう。そんな絹旗と垣根を祝福してる」

垣根「まぁ、常連公認ということで」

絹旗「」ギュウ

絹旗「超バカですね」

垣根「ま」

垣根「俺に常識は通用しねぇからな」



349: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 22:57:50.24 ID:60VD7Ql30

垣根「喫茶店でもすっか・・・」は今回をもって終了となります。

今までこんな初ssの拙い文を読んでいただき本当にありがとうございました!!!

最後にちょっとだけ後日談



352: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 23:06:31.34 ID:60VD7Ql30


目覚まし時計<ピピピ


絹旗「うわ!もうこんな時間ですよ!垣根さん!あれ?垣根さんは?」

垣根「おら、早く支度しろ」

絹旗「なんで起こしてくれなかったんですか!」

垣根「あまりにも寝顔が」

絹旗「寝顔が?」

垣根「可哀想だったから」

絹旗「そこは普通かわいかったからじゃないんですか!」

垣根「うぬぼれんな」

絹旗「キビシ!」

垣根「おら、いくぞ」

絹旗「は、はい」バタバタ

番外「今日だらけていきましょー」

絹旗「超頑張ります!」

垣根「よし」



垣根「喫茶店、開店だ」



353: ケイ ◆dRfF4ihq3U 2013/04/30(火) 23:15:37.01 ID:60VD7Ql30

正真正銘終了です。

本当に本当に今までありがとうございました!

次はオリジナルssを書こっかなと思います



356: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 23:20:56.82 ID:z40e+6wL0


良い終わり方だった



358: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 23:43:07.34 ID:2LzCZ7WE0


超面白かったです!!


元スレ
SS速報VIP:垣根「喫茶店でもすっか・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1364791127/