1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 19:14:30.00 ID:+zQaLGWb0

岡部「気でもふれたか貴様」

紅莉栖「ふれてない! いたって正常!」

岡部「ガジェットの開発も放り出して……一体なんだそれは?」

紅莉栖「これを飲んでから最初に聞いた声……その主の命令に従うようになる薬よ」

紅莉栖「まるでどこかのかわいそ~な『助手』さんみたいに」

岡部「フハハ(笑)。心当たりがない」

紅莉栖「くっ! ようやくこの鬱憤を晴らすときが来たわ」

紅莉栖「こほんっ」

紅莉栖「ひざまずきなさいっ」キリッ


ガクンッ!!


岡部「」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 19:23:37.99 ID:+zQaLGWb0

岡部「か……カラーダがカッテーニ!?」

紅莉栖「ふふん」

岡部「まさかっ、先ほど飲んだドクペは……」

紅莉栖「そのまさかよ」

紅莉栖「通常のドクペと私の薬を……すりかえておいたのさ!」

岡部「くぉのぉっ……ぎっ、ぐ、本当にアシペとやらの効力で……!?」

岡部「助手ぅ、キサマなかなかにマッドな感じではないかぁっ……」


ガクンッ!!!!


岡部「あごぉおっ! あご打ったぞぉお!」バタバタ

紅莉栖「あっ、ごめんなさっ……こほん! く、口の聞き方には気をつけなさい?」

紅莉栖「今、『助手』であるのはアンタの方なんだからな?」フフン

岡部「ぐっ……」

岡部(自分が助手なのはすっかり馴染んだなコイツ)



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 19:32:10.54 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「ここにダイヤルロックつきの解毒剤があるわ」

紅莉栖「欲しかったらしばらく私の言うことを聞くこと」

岡部(毒って言った! いま毒って!)

紅莉栖「返事は?」

キィーン!

岡部「ぬぐっ!?」

岡部「……わ」

岡部「わかりました、です、はい」

紅莉栖「…………」ニヤニヤ

岡部「くぅうううううっ……!」

紅莉栖「さぁーて、これからどんな命令をしてやろうかしら?」

紅莉栖「日頃ぞんざいに扱われてる恨みをようやく晴らせるんだから~?」ニヤニヤニヤニヤ

岡部(めっちゃニヤニヤしてる……)



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 19:39:48.42 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「ふむん、そうね……まずは呼び方」

紅莉栖「いっつも助手だのクリスティーナだのHENTAI厨二ネーミングだったし」

紅莉栖「ここはちゃんと矯正しておく必要があるわね」

岡部「…………」

紅莉栖「く……」

紅莉栖「クリス様と呼びなさい!」キィーン!

岡部「ふぬっ!? ……く」

岡部「クリス様……」

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

紅莉栖「フ、ふぅーっはっはっは! いいザマね岡部! 人がゴミのようだわ!」ビシィッ

紅莉栖「…………」

紅莉栖「なんかしっくりこない……」

岡部(明らかに向いてないなコイツ)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 19:48:08.50 ID:+zQaLGWb0

岡部「俺が言うのも変だが……」

岡部「そんな薬を作っておいて、『こうさせたい』とかは考えてなかったのか?」

紅莉栖「か、考えてたわよぅっ! その、でもっ、考えてたのは一つだけで」

紅莉栖「でもその一つをいきなりやってもらうのは急すぎるしっ」

紅莉栖「こっちがどうにかなりそうだったしっ、だから、その前に準備がいるしっ」

紅莉栖「……とか、いろいろ考えてたら、頭がカオス状態に……」

岡部「なるほど。わからん」

紅莉栖「ううう、うるさい! あんたは黙って言うこと聞いてればいいのっ!」

岡部(あちらの方が余裕がないとはこれいかに)

紅莉栖「あぁんもう……アインシュタインに文句を言いたい気分……」

岡部「アインシュタインとばっちりだろ! かわいそうではないか!」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 19:56:44.47 ID:+zQaLGWb0

岡部(……と、ここまででわかったのは)

岡部(どの発言を『命令』とするかはアイツ自身が制御可能ということだな)

岡部(催眠術か何かの要領で何かやっているのだろうが、正確には何かわからん)

紅莉栖「わかった! わかったわ!」

岡部「…………」

紅莉栖「く、くりす」

紅莉栖「って、名前で……私を、」

紅莉栖「呼び、なさい……」


キィーン!


岡部「――――」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 20:01:55.79 ID:+zQaLGWb0

岡部「紅莉栖」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「……へ?」

岡部「っぐ、だからっ……」

岡部「~~~~……」

岡部「紅莉栖……」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「………う、うん//////」

岡部「なぁっぐ! おい助手キサマ何をそんな照れる必要が!!」

紅莉栖「てれっ! 照れてなんかない、わよ……」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 20:09:51.92 ID:+zQaLGWb0

岡部(頼むから妙な空気にしてくれるなっ……)

岡部(こんな、付き合って間もない恋人のような)

紅莉栖「て、照れるとか照れないとかじゃないわっ」

紅莉栖「ただ、普段慣れてない呼び方で呼ばれたから脳の認知に揺らぎが生じたっていうか」

紅莉栖「あまりにもありえない呼び方だったから言語野のエラーかもって!」

紅莉栖「だって……初めて、名前で……」

紅莉栖「…………//////」

岡部「だぁからニヤニヤしすぎなのだ!」

紅莉栖「してないっ!///」

岡部「照れてるだろう! どこからどう見ても! 助手の分際でぇっ!」

紅莉栖「なっ!?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 20:37:23.98 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「あんた……まだ自分の立場を理解してないみたいね」

紅莉栖「私は助手じゃない、紅莉栖」

キィーン!

岡部「っぐ……紅莉栖」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「岡部」

岡部「く、紅莉栖」

紅莉栖「……おかべ」

岡部「紅莉栖」

紅莉栖「お、おかべっ///」

岡部「紅莉栖!」

紅莉栖「な、何度も呼ぶなバカ!!///」ペチーン!

岡部「へぶぅッ!?」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 20:46:38.79 ID:+zQaLGWb0

岡部「おい……理不尽すぎるだろう今の」

紅莉栖「ご、ごめんなさい……うれしすぎ――じゃない、すごく腹が立って」

紅莉栖「別にっ、う、うれしかったわけじゃないんだからな?」

岡部「何がしたいんだお前は……」

紅莉栖「…………」

岡部「?」

紅莉栖「」スゥー

紅莉栖「」ハァー

岡部「……は?」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「アー、わ、私ったら、急にスゴイコト、思いついちゃったわー?」

岡部「……」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 20:56:39.77 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「これはすぐに、可及的速やかに試すべきねっ」

紅莉栖「科学は常に、実践的であるべきだもの!」

岡部(ひどすぎる)

紅莉栖「仕方ない、科学なら仕方ないわ」

紅莉栖「……それで、なんだけど……」

紅莉栖「くりす……」

岡部「あん?」

紅莉栖「くりすが、」

紅莉栖「好きって」

紅莉栖「……い、言えばいいと思う……///」

岡部「――――」


キィーン!





44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:05:15.35 ID:+zQaLGWb0

岡部「ちょ、おまおまおまっ!」

紅莉栖「な、なによぅっ!? 何か文句でも!?」

紅莉栖「マッドサイエンティスト様は文句がございますか!?」

紅莉栖「罰ゲームっ、そうこれは罰ゲームなんだから!」

紅莉栖「心にもないこと言って悶絶して苦しめばいいのよ童貞乙!」

岡部「自分で言ってて悲しくならないのカッ――!?」

岡部「――……」

岡部「紅莉栖……」

紅莉栖「ふぇっ!?」

岡部「…………」

紅莉栖「…………」
 

岡部「好きだ」


紅莉栖「」



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:14:35.06 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「…………」

岡部「……お、おい?」


紅莉栖「」ビュゴォオッ!!


岡部「のぉわっ!?」

岡部(ものすごい勢いで向こうをむいたぞコイツ)

紅莉栖「……お」

紅莉栖「岡部、ちょっと」

紅莉栖「……向こうむいてろ」

キィーン!

岡部「ぬぐっ……」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:25:46.07 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「…………」

紅莉栖「…………」ピョーン

紅莉栖「…………」ボフッ

岡部(クッション?)

紅莉栖「…………」ムギュ

紅莉栖「…………」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「~~~~~//////」ジタバタ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:34:20.90 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「~~~っ///」ボフンッ ボフンッ

岡部(なんだっ? 何が起きているのだ!?)

紅莉栖「~~~~~」ボフボフボフゴロゴロゴロ!!

岡部(尋常じゃないぞ!?)

紅莉栖「ふふ……」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「えへへ……///」ムギューッ

岡部(薄気味悪い笑みが!)

紅莉栖「……モウ……シカタナインダカラ……///」ジタバタ

岡部(ボソボソ声までっ……、っ、命令が解けてきた!)



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:42:34.75 ID:+zQaLGWb0

岡部「おい、大丈夫か紅莉栖?」クルッ

紅莉栖「なっ!? うっさいバカこっち見んな!!」ビュンッ

岡部「ぬがッ!?」ボフーン

岡部「……っつ、なんだ……クッション?」

岡部「って待て待て! 濡れッ……このクッションよだれだらけなのだが!」

紅莉栖「気のせいよ」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「もしくは……あ、あんたのせい……///」ゴニョゴニョ

岡部「む?」

紅莉栖「っ、それより! あんたさっき、私のことが好きとかどうとかっ」

岡部「…………」

紅莉栖「……ほんと?」

岡部「お前が命じたんだろ!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 21:49:49.51 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「でっ、でもっ、義務の中にも意思ってあるじゃない?」

紅莉栖「そういうのって政治学的にも重要だと思うの!」

岡部(様子が変だな。今日の紅莉栖は)

紅莉栖「ん……」

紅莉栖「おかべ……」

岡部「……」

岡部(言えば……満足するのか?)

岡部(言ってしまうのは簡単だが)


ピッ

  『紅莉栖……好きだ』



岡部「―――!?!?!?」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:01:41.58 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「……~~~」

ピッ
  『紅莉栖……好きだ』


紅莉栖「えへへ///」

岡部「ちょぉおおおっ!? お前まさっ……録音して!?」

紅莉栖「ぁっ、か、勘違いするな!? これはあんたの弱みをにぎるため!」

紅莉栖「これがあれば薬が切れても優位に立てると思ってっ、それ以外に理由なんか」ピッ


  『紅莉栖……好きだ』


紅莉栖「はぅう///」

岡部「ぬんぐぐぐぐ……!」

岡部(コイツ、『いいこと思いついた』みたいなこと言っておきながらっ)

岡部(まるっきり計画的犯行ではないかっ!)



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:10:29.08 ID:+zQaLGWb0

岡部「これぞまさしく痴的飲料……ただでさえHENTAIの牧瀬氏が」

紅莉栖「そこぉっ! 口を慎みつつ『紅莉栖大好き』と!」キィーン!

岡部「紅莉栖大好きだ」

紅莉栖「はぅううう///」

岡部「ぬぉおおおおおおおおお!!///」

紅莉栖「……ほ、ほんとにすき?」

岡部「っ、」

岡部「ああ……好きだ」

紅莉栖「愛してる?」

岡部「……愛してる」

紅莉栖「…………」

岡部「…………」


岡部(……あれ? 今)

岡部(素だったのでは……?)



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:17:51.17 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

紅莉栖「~~~っ/////////」ボンッ!!

岡部「なっ、ぬぁっ、今のはだな!!」

紅莉栖「おっ、おかおかっ、おか、べ……///」

岡部「そのっ……つまり」

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

紅莉栖「……岡部」

岡部「っ」

紅莉栖「おかべぇ……っ」

岡部(上目づかいでこちらを~~~!!)

岡部「こォっ、こーヒーを入れてこよう!」

紅莉栖「あっ……」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:18:20.17 ID:+zQaLGWb0



スタスタ…

コポコポ



紅莉栖「…………」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「……おかべの、ばか」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:37:49.68 ID:+zQaLGWb0

岡部「たー……ただいま戻ったぞマッドサイエンティストが」

紅莉栖「…………」

岡部「……怒ってるのか?」

紅莉栖「怒ってないっ」

岡部(まあ……当然か)

岡部「ほらコーヒーだ」コトン

岡部(今のは明らかに俺が悪かったな)

岡部(だが仕方なかろう。急にあんな雰囲気になられては……)

岡部「…………」

紅莉栖「」チョコン

岡部「なぜそんなところで体育座りをしているのだ?」

紅莉栖「うるさい……やることなくなったのよぅ」

岡部(ネタ切れ早っ)



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:46:36.38 ID:+zQaLGWb0

岡部「そうか。ではもう終わりだな」

紅莉栖「っ!? だからといって終わりだなんて短絡的杉わろたっ!」ガタッ

岡部「では次は何だ」

紅莉栖「ふぇっ!? あ、えとっ……」

紅莉栖「そのっ……」

岡部「…………」

紅莉栖「ダンス!」

岡部「は?」

紅莉栖「私、ほらっ、今ものすっごく量子力的に観測しても退屈してるでしょ!?」

紅莉栖「だから岡部が楽しませるべきなのよ! はい論破!」

岡部「お前……論文とかは大丈夫なのか?」

紅莉栖「」ギロッ

岡部「なぜにらまれる……」



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:51:18.37 ID:+zQaLGWb0

岡部「…………」

紅莉栖「だ、だめ?」

岡部「いや、別にそれくらいかまわんが」

紅莉栖「」グッ

岡部「ガッツポーズ……助手お前ガッツポーズて……」

紅莉栖「くりす!」

岡部「ただまあ、俺の運動神経のほどはお前も知っているだろう」

紅莉栖「無視しやがった……ふん、最初から期待なんてしてないから平気よ」

岡部「ぬぐっ、この、人が下手に出ていれば……」

紅莉栖「ダンス、はよ」キィーン!



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 22:57:33.84 ID:+zQaLGWb0

岡部「っ、わかったやればいいのだなっ」

岡部「…………」

岡部(なんとなく、ではあるが)

岡部(紅莉栖がなぜこんな態度に出ているのか……想像がついた)

岡部「しかしダンスといってもな……」バサッ

紅莉栖「――――!!」

岡部「安請け合いしたが何から手をつければ……」

紅莉栖「待ってストップ!!」キィーン!

岡部「んのわあっつ! 身体がちぎれるぅうっ」



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:01:11.80 ID:+zQaLGWb0

岡部「お前……お前な……」

紅莉栖「ダンス、したら」

岡部「なんだっ、早く言え!」

紅莉栖「疲れるでしょ?」

岡部「そうだなっ」

紅莉栖「汗かくわよね?」

岡部「そうだなっ」

紅莉栖「白衣……邪魔よね?」

岡部「……そうか?」

紅莉栖「白衣」キィーン!

岡部「……は?」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:09:41.65 ID:+zQaLGWb0

岡部「ん? ん?ん?」ギギギ…

紅莉栖「いったん、ぬ、脱ぐべきよ」

岡部「でぇっ!?」バッサァッ!!

紅莉栖「私に預けてもいいんじゃないかしらっ?」

岡部「おぅふ!」パサッ

紅莉栖「はいご苦労さま」

紅莉栖「……岡部、ちょっと、向こうむいてろ」

岡部「この展開に俺は見覚えがあるぞ!?」

紅莉栖「向・い・て・ろ」キィーン!

岡部「だはぁっふ! どうする気だ、というかなんで奪った!?」

紅莉栖「こ、これは戦利品なんだから!」

岡部「ダンスは!?」

紅莉栖「もういいわありがとう」

岡部「グダグダではないかぁっ!」




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:16:52.94 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「…………」

紅莉栖「おかべの……」

紅莉栖「……はぅ///」

岡部「待て待て、何をしようと!?」

紅莉栖「……んっ///」

岡部「聞いているのか助手よ!!」

紅莉栖「くりふよ」

岡部「なんかくぐもって聞こえるのだが!?」

紅莉栖「ひのへいほ……」

紅莉栖「んぅう///」クンカクンカ

岡部「クソォっ、見えん! 踊るぞ俺は! お前に命令されずとも踊るからな!」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:21:34.53 ID:+zQaLGWb0

岡部「見ろぉおおこれが鳳凰院凶真の舞だぁああ!!」

紅莉栖「……んぅ、おかべ///」モフモフ

岡部「この舞に世界の支配構造のすべてが表されているのだっ」

紅莉栖「おかべ……おかべっ……」

岡部「紅莉栖見ているか俺は見えていないがあああ!」

紅莉栖「うるさい、ストップ」キィーン!

岡部「ふんぬぐっ!?」グキッ

岡部「おとっ、とっ、とととぉおお?」ヨロヨロッ 

紅莉栖「ちょっ、岡部?」

岡部「ととととぉーーとっ?」

紅莉栖「きゃぁっこっち来んなっ!」

岡部「どわぁあああああああああっ」

紅莉栖「きゃあーーーっ!!??」


ドンガラガッシャーン





90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:25:57.63 ID:+zQaLGWb0

岡部「……ぐ、おぉ」

紅莉栖「い、たた……」

岡部「……だ、大丈夫か」

紅莉栖「何なのよもう……急に荒ぶりだしたと思ったらっ」

岡部「お前のせいだろう! まったく、ロクなことがない……」



岡部「…………」

紅莉栖「…………」


岡部(お、押し倒しているだとぉおおおおおおおおおおおおおお)

紅莉栖「~~~~!!//////」ボンッ

岡部「あちょっ、ちょぉっと待ったっ! そうではなく! そうではないのだ!!」

紅莉栖「ななにゃにっ、なななななにゃ///」

岡部「勘違いするな! 繰り返す! そういうつもりではない!!」

紅莉栖「どういうつもりよこのHENTAI! はなっ、離しなさいよぅっ!」ジタバタ



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:31:15.13 ID:+zQaLGWb0

岡部「ぅおおっ助手うごくな、動くと余計にぃい!? おい聞いているのか!」

紅莉栖「じっ、自分がコケにされたからって助手の私を襲う気!? 鬼畜なの!? 死ぬの!?」

岡部「落ち着け人の話をっ」

紅莉栖「どうせこのまま私を無理やりにって魂胆なんでしょ!? 本当にありがとうございました!」

岡部「意味合いが違って聞こえるのだが!」

紅莉栖「近場の女に欲望をぶつけちゃう男の人って! なにそれこわい! あーあー、私オワタ!」 

岡部「くぅううこのアマぁあああ」

紅莉栖「お、岡部ぇっ、さっさと離れろぉっ」ジタバタ

岡部「っ、そうだ、命令しろ紅莉栖!」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:36:37.57 ID:+zQaLGWb0

―――――――――

――――――

――


紅莉栖「欲求不満なのね……このケダモノ」

岡部「次ふざけたことを言ったらここから追い出すぞ」

紅莉栖「何それ? マッドサイエンティストジョーク?」

紅莉栖「私のことがあまりにも恋しすぎて頭がおかしくなっちゃったのね」

岡部「…………」

紅莉栖「……なによっ」

岡部「夕食はまたピザか」

紅莉栖「……も、文句ある?」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:43:29.78 ID:+zQaLGWb0

岡部「…………」

紅莉栖「……やっぱり、飽きちゃった?」

岡部「まあ、こうも立て続けではな。食事の種類が限られるのはわかるが」

岡部「そろそろ和食あたりが恋しくなってくる」

紅莉栖「じゃあ、どこか外食とか」

岡部「お前がそれを許すならな」

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

岡部(……潮時か)

岡部「紅莉栖……」

岡部「話がある」

紅莉栖「っ……!」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:48:52.96 ID:+zQaLGWb0

岡部「お前もわかっているだろうが」

紅莉栖「いやっ、聞きたくない!」

岡部「…………」

紅莉栖「っ、ごめん……」

岡部「いや……」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「おかべ」

紅莉栖「あーん、して……」

キィーン!

岡部「む……」

紅莉栖「んっ……」

紅莉栖「あむ……んむ……」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:54:13.99 ID:+zQaLGWb0

紅莉栖「でも、おいしいわね、ピザ」

岡部「俺はもう飽きたと言っている」

紅莉栖「そっ……か」

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

岡部(俺も、律儀に付き合ってやる必要はないのかもしれん……)

岡部(紅莉栖の命令を聞きたくなければ耳をふさげばいい)

岡部(おそらく物理的な効果範囲もあるだろうから、ここから逃げて遠ざかってもいい)

岡部(だが……)

紅莉栖「ま、また……ダンスでもしてもらおうかしら……」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/20(金) 23:59:48.01 ID:+zQaLGWb0

岡部「紅莉栖」

紅莉栖「う……」

岡部(もうわかった。確信した)

岡部(ならばなおさら……言わねばなるまい)

岡部「話があるんだ」

紅莉栖「…………」

岡部「俺は……」

紅莉栖「っ」

岡部「俺は」


岡部「いつになったら……日本に帰れるんだ?」






107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:05:40.99 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「――――」

岡部「もう十日だ」

紅莉栖「おかべっ」

岡部「このままこのホテルで養われていたら、ヒモになってしまう」

岡部「お前が研究室に行っているあいだ、俺は主夫になった気分だぞ」

紅莉栖「…………」

岡部「いや……今のは、聞き方がいやらしかったな」

岡部「何が何でも帰りたいのなら、お前を振り切って帰ればいいのだから」



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:09:09.91 ID:sMe6fiL/0

岡部「だが、それはできない」

岡部「俺はお前の願いを断れないのだ」

岡部「お前にいてくれと言われたら、渋面を作りながら応じてしまう」

岡部「内心では嬉々として、な」

紅莉栖「……っ」

岡部「頼みがあるとか、俺にしかできない用事があるとか」

岡部「そんなありえない我がままを並べ立てられても」

岡部「やすやすと受け入れてしまうくらいには、大馬鹿だ」

紅莉栖「…………」

岡部「……紅莉栖」

岡部「さみしい、のか?」



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:14:04.52 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「…………」

紅莉栖「っ」フルフル

岡部「……ぬぅ」

岡部「なあ……紅莉栖、お前もわかっていたはずだろう?」

岡部「俺たちの……その、恋愛は」

岡部「まあいわゆる、遠距離恋愛というやつだ」

岡部「日本とアメリカ……そうそう会えるわけではないし、長い時間を過ごせるわけでもない」

岡部「限りがある」

岡部「俺が告白し、お前が受け入れてくれたときから」

岡部「それはわかっていたはずだろう?」



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:21:08.44 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「……そんなの」

紅莉栖「わかってるわよ」

岡部「ならっ……」

紅莉栖「でも、お生憎様。人間の脳ってそこまで合理的にできてるわけじゃないもの」

紅莉栖「わかってたって……求めちゃうのよ……」

岡部「あえて言うがな……」

岡部「お前らしくないぞ」

紅莉栖「っ、アンタだって……自分だけ必死で私に会いに来たくせにっ!」

紅莉栖「橋田もまゆりも差し置いて!」



117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:25:51.12 ID:sMe6fiL/0

岡部「ダルは彼女と予定があったらしくてな……薄情なヤツだ」

岡部「まゆりは、今年受験だからな。模試があるらしい」

岡部「なにぶん急だったしな」

紅莉栖「アンタはっ、どうせ、さびしかったんでしょっ?」

岡部「当然だろう。恋人だ」

紅莉栖「ふぇっ……」

紅莉栖「……~~~っ!!///」

紅莉栖「卑怯よ……こんなときだけ」

岡部「……自覚はしている」

岡部「だから、卑怯ついでに聞かせてくれ」

岡部「……何があった?」

紅莉栖「…………」



118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:28:55.21 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「…………」

岡部「…………」

紅莉栖「はぁっ……」

紅莉栖「このあいだあった学会で、ちょっとトチっちゃってね」

紅莉栖「たまたま招待された学会で、私の専門外ではあったんだけど」

岡部「トチっ……た? お前がか?」

紅莉栖「意外だった?」

岡部「当たり前だっ、そんな……」

紅莉栖「…………」

岡部「……紅莉栖?」

紅莉栖「……」


紅莉栖「……タイムマシンは……作れるのよ」






119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:34:00.87 ID:sMe6fiL/0

岡部「な……」

紅莉栖「世界線は収束する」

岡部「お前、まさかっ……」

紅莉栖「アトラクタフィールドは分岐する」

紅莉栖「リーディング・シュタイナーは存在する」

紅莉栖「物理的タイムトラベルは……不可能なんかじゃない……」

岡部「…………」

紅莉栖「だって、命を懸けてまでタイムリープを繰り返した男が」

紅莉栖「タイムトラベルまでして私を救ってくれた人が、そばにいるんだもの……」

岡部「っ、そんな」

紅莉栖「…………」

岡部「俺から、聞いた話を……?」



121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:37:58.93 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「論じていたのはほかの人よ?」

紅莉栖「でも当然……論調は否定的だった」

紅莉栖「アンタを否定されたみたいで」

紅莉栖「悔しくって、ついカーッと血がのぼっちゃって」

岡部「俺を、しんじてっ」

岡部「信じて、くれていたのか……」

紅莉栖「何よ、皮肉?」

岡部「違うっ、そうではなく!」

紅莉栖「自分でもバカだと思うわ」

紅莉栖「熱くなって口を動かしながら、頭では冷静に『あー私なにやってんだろ』って」

紅莉栖「気づいたら……終わってた」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:41:55.68 ID:sMe6fiL/0

岡部「っ!」

紅莉栖「ああいうとこって、閉鎖的な競争社会みたいなものだから、糾弾も激しかった」

紅莉栖「でも、そんな程度のマイナス、その気になればどうってことないんだけど」

紅莉栖「……初めてだったし、へこんじゃって」

紅莉栖「けっこう、つらくて」

岡部「紅莉栖……っ」

紅莉栖「真っ先に浮かんだのが、あんたの顔で」

紅莉栖「声が聞きたくて、ふれあいたくて」

紅莉栖「……キス、したくて」

岡部「…………」



125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:45:03.15 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「だからあんな、すがるみたいなメールを送っちゃったんだけど……」

紅莉栖「そうしたら、驚いた。すぐに飛んでくるんだもん」

紅莉栖「私にメロメロなのね……岡部ってば」

岡部「っ」

岡部「どうして……」

紅莉栖「…………」

岡部「何でそれを言ってくれなかった? 俺に教えてっ」

紅莉栖「言えるわけないでしょ!?」

紅莉栖「あんたは……そうやって、責任を感じちゃうじゃないっ……」

岡部「――!!」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:50:50.02 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「私は、自分のしたことは正しいと思ってる。後悔なんてしてない!」

紅莉栖「でも……結局、私もパパと同じ失敗を繰り返してっ……」

紅莉栖「それを、岡部に……」

紅莉栖「私のために苦しんで苦しんで苦しんだ岡部に言うだなんてっ……」

岡部「…………」

紅莉栖「でも………言っちゃった」

紅莉栖「ふふ、なんでだろ……全然論理的じゃない」

紅莉栖「ホント、どうしたんだろ。私らしくないわね……」

紅莉栖「私らしくないっ……!」



129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:52:37.45 ID:sMe6fiL/0

岡部「紅莉栖っ」

紅莉栖「挙句の果てに……こんな風にしてまで、道具を使ってまで、岡部を束縛してっ」

紅莉栖「自分の都合で、岡部のことも考えずにっ……!!」

紅莉栖「…………」

紅莉栖「ねえ……岡部」

紅莉栖「日本にかえって」

岡部「…………」

紅莉栖「わたしを……ひとりにして?」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:55:16.58 ID:sMe6fiL/0

岡部「…………」

岡部「それは、命令か?」

岡部「音が鳴らない。薬の効果が出ていない」

岡部「つくづく素直じゃないヤツめ」

紅莉栖「っ、茶化すなら出てってよ! もう帰って!!」

紅莉栖「自分でも自分がわからないわよ!! こんな自分見られたくないのに!!」

紅莉栖「甘えたくて……どうしようもなくてっ……」

紅莉栖「岡部……おかべっ……」

岡部「…………」

岡部「解毒剤を、渡せ」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:57:15.78 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「――――」

紅莉栖「おかべ……?」

岡部「聞こえなかったのか」

紅莉栖「…………」


カチャカチャ

カチッ


紅莉栖「……っ」

岡部「確かに受け取った」

紅莉栖「岡部っ……!!」

岡部「安心しろ紅莉栖」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 00:59:35.77 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「え……?」


ドバァッ


岡部「俺はお前を見捨てたりなどしない」

岡部「絶対にだ」

紅莉栖「――……」

紅莉栖「なん、で……」

紅莉栖「どうしてっ」

岡部「…………」

紅莉栖「解毒剤を……捨てたの?」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:01:03.04 ID:sMe6fiL/0

岡部「愚問だな。お前は天才少女だろう?」

岡部「こんなもの、なくなったのならまた作り直せばいい」

岡部「だが、今は要らない」

紅莉栖「え……」

岡部「すまなかったな……俺もいつものつまらん意地を張っていた」

岡部「そのせいでお前のことが見えていなかった」

岡部「もう迷いはしない」

岡部「今晩……今夜だけは、お前の言うことを何でも聞こう」

紅莉栖「おか、べ……」



137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:01:52.89 ID:sMe6fiL/0

岡部「お前が安心できるまで」

岡部「また歩き出せるまで」

岡部「俺が惚れこんだ……いつだって冷静で、どんな状況でもシビれるほどに冴えている」

岡部「牧瀬紅莉栖に戻れるまで」

岡部「いくらでも甘えろ」

岡部「いくらでも我が儘を言え」

岡部「俺が全部受け止める。お前を支えてやる」

紅莉栖「………っ」

岡部「まゆりもダルもすぐに来る。アイツらだっているんだ」

岡部「だからもう……そんな風に泣くな」

岡部「泣くなら、命令してからにしろよ?」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:02:48.67 ID:sMe6fiL/0

紅莉栖「っ、ふ、ふぇえっ、岡部っ」

紅莉栖「おかべっ、おかべぇっ……!!」

岡部「なんだ、紅莉栖?」

紅莉栖「おかべっ……」

紅莉栖「……胸っ……貸しなさいよっ……」

岡部「うむ。お安い御用だ」

紅莉栖「っ……ぐすっ、おかべ……」

岡部「…………」

紅莉栖「童貞が……かっこつけんなっ……」

岡部「うるさい処女。黙って抱かれていろっ」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:04:07.60 ID:sMe6fiL/0

岡部「……まあ、ただ黙ってというのも面白くないな」

岡部「先ほど言ったとおりだ。何でもねだるがいい」

岡部「当然、キスでも何でもだ」

紅莉栖「ぷっ……似合わないセリフね?」

岡部「茶化すなら出てってもらうぞっ、我が儘はそれだけか?」

紅莉栖「っ、そんなわけないじゃない……相変わらず短絡的なんだから!」

岡部「…………」

紅莉栖「ねえ……岡部」



紅莉栖「私を……もらって?」





                                      おしまい



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:06:52.18 ID:sMe6fiL/0

シュタゲSSが最近少ないので奮起した
映画が動き出せばまた増えるのかな

支援してくれた方、読んでくれた方、ありがとうございました!




148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:08:43.75 ID:3MeYJqXl0

乙ゥトゥルー



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:13:55.94 ID:N9WguxRV0

乙・プサイ・コングルゥ!



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/21(土) 01:24:01.33 ID:zi+XMwol0

乙だニャン♪


元スレ
紅莉栖「デレデレ助手化飲料……アシスタント・ペッパーよ!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334916870/