1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:23:52.32 ID:Ot0IjmJG0.net

リズ「私とセラとどっちが好き?」

セラ「ぶはッ!」

士郎「な、なんでそんなこと聞くのさ・・・」

リズ「メイド間の勢力争い」

士郎「はぁ・・・なんだそれ」

リズ「イリヤはセラが好きで~、クロは私が好きだって」

リズ「士郎はどっちが好き?」

士郎「それ俺の一票で決まる状況じゃないか・・・」

セラ「・・・」

士郎「まぁ、どっちかと言えば>>4かな?」



4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:30:05.53 ID:dRLA2zlU0.net

セラ



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:33:21.00 ID:Ot0IjmJG0.net

セラ「んなッ・・・///」ビクン

リズ「・・・」

士郎「うん、普段から家事頑張ってくれてるし、よく気が利くし・・・」

セラ「・・・///」プルプル

士郎「俺はセラみたいなタイプの方が好きだぞ?」キラキラ

セラ「なにを抜かしてるんですかぁぁ~~」ドグゥ!

士郎「なんでさッ!」

セラ「こ、このヘンタイ! 普段から私のこ、ことをそんな目で・・・」

士郎「い、いや・・・別に深い意味は・・・」ピクピク



7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:35:51.68 ID:Ot0IjmJG0.net

リズ「ふ~ん・・・士郎はセラのこと好きなんだ」

セラ「なッ・・・///」

リズ「ふ~ん・・・」ゴゴゴゴ

士郎「リズ、怒ったのか?」

リズ「怒ってないもん」プイ

士郎「怒るくらいならそんな不毛なことしなけりゃいいのに・・・」

リズ「ちなみに、他にはセラのどんなトコロが好き?」

セラ「ちょ、やめなさい!」

士郎「そうだな~~、>>9なトコとか」



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:37:31.50 ID:dRLA2zlU0.net

根は優しい



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:41:39.48 ID:Ot0IjmJG0.net

士郎「俺のことはよく殴るけど、値は優しいところが好きだな」

セラ「――ッ!! ――ッ!!///」パクパク

リズ「セラ照れすぎ」

セラ「照れてません! えぇ照れてませんとも!!」

士郎「アハハ、でもいい機会だな。いつもありがとう、セラ」

セラ「わ、わたしゅはメイドとしてその・・・当然の働きをしているまでで・・・」プルプル

リズ「じゃ、シロー」ブスー

士郎「今度はなんだリズ」

リズ「おっぱいが大きいのと、小さいの、どっちが好き?」ボイン

士郎「もちろん>>12の方だ!」



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:42:33.69 ID:4ayXXBR30.net

イリヤ



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:47:28.08 ID:Ot0IjmJG0.net

セラ「この甲斐性なしのロリコン変態男ぉぉぉ!!」ドゴゥ!

士郎「ぐはぁッ!!」

セラ「や、やっぱりイリヤさんのことをそういう目で・・・死ね! 死になさい!!」グリグリ

士郎「せ、セラ! 痛い! 冗談じゃなく痛い!!」

リズ「ふ~ん、士郎はイリヤみたいなおっぱいが好きなんだ・・・」

士郎「違う! そういう意味じゃないぞリズ! その、なんだ・・・」

リズ「よかったね。セラのおっぱいイリヤとおんなじくらいだよ?」

セラ「」シャキーン

士郎「落ち着けセラぁぁ!!」



15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:51:54.85 ID:Ot0IjmJG0.net

セラ「いい加減にしなさいこのチカンがぁぁ!!」ブンブン

士郎「やめろセラ」パシィ

セラ「!!!」

士郎「料理人の魂、包丁を玩具にするのは許さない・・・」ゴゴゴゴ

リズ「おぉ、士郎が怒ってる・・・めずらし」

セラ「す、すみません士郎さん・・・取り乱して・・・」

セラ「あの、痛いです・・・」

士郎「おっとごめん。わかってくれればいいんだ」

セラ(・・・士郎さん意外と力強い・・・)ドキドキ



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:56:44.20 ID:Ot0IjmJG0.net

リズ「セラ欲情してる?」

セラ「してません!!」

士郎「はいはいもう終わりにしよう。不毛だ」

リズ「え~~」

士郎「なんだよ・・・」

リズ「だってこのまま終わったら士郎がセラのこと好きってだけじゃん」

セラ「にゃにゃにゃにをぉ!」ビクゥ!

士郎「いや、ちゃんと俺はリズのことも好きだぞ? うん!」

セラ「・・・」

リズ「んじゃ、私のどんなトコロが好き?」

士郎「そうだな・・・>>18なところとか好きだな」



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/24(金) 23:58:30.94 ID:j9na1V8D0.net

ビッチ



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:01:42.51 ID:sdyf7KyA0.net

士郎「ビッチっぽいトコロとか好きだぞ?」キラキラ

リズ「・・・」パクパク

セラ「な、なにを行ってやがりますか!!」ゲシッ

士郎「ぐはッ!」

セラ「あなたは普段から女性をどんな目で見てるんですかいやらしい!」ゲシゲシ

士郎「い、いや! 誰とでも仲良くできるという意味で・・・」

セラ「言い訳無用~~~!!」ドゴゥ

士郎「ぐぁぁぁ!!!」

リズ「・・・」



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:04:26.02 ID:sdyf7KyA0.net

~ その夜 ~

士郎「はぁ・・・今日はひどい目にあった・・・」ボロボロ

士郎「さっさと風呂に入って寝よう・・・疲れた・・・」ガラッ

リズ「はろ~」

士郎「なんでさッ!!」ピシャン

士郎「えっ? あれ? 風呂場『入ってない』になってたよな・・・」

セラ「士郎? どうかしましたか?」

士郎「いやなんでもな・・・」

リズ「んしょ」ムギュゥ

士郎「はぅぁ!」



22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:06:32.28 ID:sdyf7KyA0.net

セラ『なんか今へんな声が・・・大丈夫ですか?』

士郎「だ、大丈夫大丈夫・・・今裸だから開けないでくれよ?」

セラ『だ、誰があけますか!!』

リズ「ふぅ~~」

士郎「あへぇ・・・」ヘナヘナ

リズ「士郎、弱すぎ」

士郎「なんのつもりだリズ・・・」

リズ「ビッチだもん」ブス

士郎「昼間のこと怒ってんのか?」



23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:10:45.80 ID:sdyf7KyA0.net

リズ「怒ってないもん」ムニムニ

士郎「お、おい・・・胸が当たって・・・」

リズ「士郎、コーフンしてる?」

士郎「いや、してない! してないから!」

リズ「ふ~ん・・・」ムニムニ

士郎「・・・っく! すっさまじいボリュームが背中に・・・」

リズ「ねぇ士郎・・・私とセラとどっちが好き?」

リズ「私って言ってくれたら、すっごいことしたげる」

士郎「・・・な、なに?」



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:14:06.86 ID:sdyf7KyA0.net

リズ「ねぇ、どっちが好き?」

士郎(落ち着け・・・落ち着けエミヤシロウ・・・冷静に現状を判断するんだ)

士郎(場所は風呂場、俺は裸、逃げ場はない・・・)

士郎(背中に当たる感触は生じゃない、リズは何かを着ているようだ・・・)

士郎(ここでまたセラを選べばリズの性格上、またすねだしてややこしいことになる)

士郎(いやリズを選んでも後々からかわれるネタに・・・)

リズ「・・・ねぇ、どっち?」

士郎(・・・どうする!! >>27



27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:16:37.27 ID:Uf4J1Wc/0.net

セラ



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:19:59.58 ID:sdyf7KyA0.net

士郎「セラだ・・・」

リズ「・・・」

士郎「リズ、済まない・・・俺は自分の言ったことを曲げるつもりはない」

リズ「セラのこと(私より)好きなの?」

士郎「ああ、俺は(リズよりは)セラが好きだ」

リズ「・・・ふ~ん、わかった」

士郎「ごめんな、リズ・・・」

~扉の前~

セラ「・・・ぇ? なに今の会話・・・え? え?///」ドキドキ



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:22:40.35 ID:sdyf7KyA0.net

セラ(さ、察するにこの中ではいまリズが士郎さんに愛の告白を・・・)

セラ(し、しかし士郎さんは私のことをス・・・え? えぇぇ///)

イリヤ「セラ~~お風呂空いた~?」トテトテ

セラ「しぃぃ!! イリヤさんしぃぃ!!」シュバッ

イリヤ「うぅぅぅ! もがもが!」

セラ(士郎さんが・・・そんな真剣に私のことを・・・)ドキドキ

イリヤ「せ、セラどうしたの? 風邪? 大丈夫?」

セラ「だ、だいじょうぶです・・・大丈夫ですともイリヤさん・・・」



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:26:54.21 ID:sdyf7KyA0.net

~ 翌日 ~

セラ「っく・・・悩みすぎて寝不足です・・・」フラフラ

セラ「ま、まさか士郎さんが私にそんな感情を・・・」

セラ「・・・」

士郎『セラ、俺はお前のことが・・・』

セラ『行けませんおぼっちゃま・・・わたしは使用人です』

士郎『そんなの関係ない。もう我慢するのは嫌なんだ』

セラ『だめです! 私への想いはどうか忘れてください!』

士郎『セラ・・・お願いだ・・・』

セラ『士郎さん・・・ダメ・・・』



33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:29:48.71 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ『あらあら、仲睦まじいコト・・・』ガラッ

セラ『お、奥様!』

アイリ『メイドの分際で雇い主の息子に手を出すなんて・・・なんてはしたない』クィ

セラ『わ、わたしはそんなつもりでは・・・』

アイリ『立場をわきまえなさいこのいやらしい雌猫! 二度とウチに近寄らないで!』

セラ『お、奥様ぁぁ!!』

セラ「・・・ひっく、ヒック・・・奥様・・・そんなぁ・・・」

士郎「朝からどしたのセラ?」

セラ「きゃぅ!」ビクゥ!



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:31:51.37 ID:sdyf7KyA0.net

士郎「泣いてるのか? 何があったんだ?」チョン

セラ「ひっぃぃぃ!!」

士郎「な、なんで逃げるの?」

セラ「わ、わたしは・・・わたしは・・・」

セラ「わたしはあくまでメイドですのでぇぇ~~~」シュタタタタ

士郎「あ、うん・・・そうだけどさ・・・」ボーゼン



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:35:40.23 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「はぁはぁ・・・いけません、士郎さんを無駄に意識してしまう・・・」

リズ「セラどしたの?」

セラ「リーゼリット!」

リズ「なに?」

セラ(昨日、失恋を経験したばかりなのに・・・こんな普段通りに・・・なんて健気な)

セラ「いいんですよリーゼリット・・・今日は無理せず休んでなさい?」キュ

リズ「・・・え? うん?」

セラ「そうだ、今日はお休みですしイリヤさんたちとお出かけして来なさい?」

セラ「部屋に引きこもるより、そちらの方が健康的でしょう」キラキラ

リズ「え? うん・・・・なんで? 行っていいなら行くけど」



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:40:12.49 ID:sdyf7KyA0.net

リズ「という訳で行ってきま~す」

クロ「私パフェ食べた~~い! リズと二人なんて初めてね!」

イリヤ「ちょっとクロ! 私も行くんだからぁ!」バタバタ

セラ「行ってらっしゃ~い」

パタム

セラ「はぁ、あの二人と一緒なら落ち込むこともないでしょう・・・」

士郎「ん? みんな出かけたのか?」

セラ「はい、士郎さん。リーゼリットなら大丈夫、彼女は強い子です」

士郎「??? そっか、じゃ、今日は俺とセラの二人だけだな・・・昼飯どうする?」

セラ「・・・」

セラ「・・・しまったぁぁぁ!!!」



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:43:18.49 ID:sdyf7KyA0.net

士郎「・・・!!! ・・・!? ・・・!!?」

セラ(し、しまった・・・あの三人がいないと家には士郎さんと二人きり・・・)

セラ(そこまで計算してなかった・・・ど、どうしよう!)

セラ「士郎さん、今日は外出の予定は・・・」

士郎「ああ、一成と約束してたんだけど、都合悪くなっちゃって」

セラ「あ、そうですか・・・そうですよね・・・」

セラ「私と二人切りのこの機を逃すまいかと・・・そういう訳ですか」ドキドキ

士郎「せ、セラ?」



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:46:12.60 ID:sdyf7KyA0.net

士郎「取りあえず、俺は部屋で筋トレしてるから・・・」トタトタ

セラ「は、はい・・・」ドキドキ

セラ(ど、どうしましょう・・・意識してしまってまともに対応できない)

セラ(士郎さんはなんであんな平然としているんですか!)

セラ「はッ!」ピーン

セラ(まさか、昨日の出来事をきっかけに士郎さんは覚悟を決めて・・・)

士郎『セラ、少しいいかな・・・』

セラ『はい、なんでしょうか・・・』



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:48:42.69 ID:sdyf7KyA0.net

士郎『俺、昨日リズに告白されてようやく気づいたんだ・・・俺は』

セラ『ま、待って下さい士郎さん! わ、わたしは・・・』

士郎『セラ・・・好きだ。もう我慢できない』

セラ『だ、ダメです・・・誰かに見られたら・・・』

士郎『今日は家に誰もいないさ・・・セラがそうしたんだろ?』

士郎『ひょっとして、こうなることを期待してたんじゃないのか?』

セラ『や、やめてください・・・士郎さ・・・』

アイリ『この泥棒猫』ガラッ

セラ『奥様!!』



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:51:04.33 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ『この発情期の雌猫! ウチの子に近寄らないで!』

セラ『奥様ぁぁ~~~!!』

セラ「・・・あ、あぁ・・・奥様・・・わたしは違うんです・・・」シクシク

士郎「だから何で泣いてるのさ」

セラ「はッ! 士郎さ・・・んな!」

セラ「なんで上半身裸なんですかぁ!!」ゲシィ!!

士郎「いやだって筋トレしてたから!! ぐふ!」



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:54:41.58 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「はぁはぁ・・・こ、こうなったら・・・」シャキン

士郎「セラ! よせ!」

セラ「わ、わたしはこの家を出ていきます・・・しかし、その前に・・・」プルプル

セラ「私の亡きあとイリヤさんとクロさんを守るため! 貴方の針を処理させて頂きます!」バッ

士郎「包丁をおもちゃにするのは許さない」パシッ!

セラ「きゃぁ!」グラッ

士郎「おっと、危な・・・」ダキッ

・・・むにょん



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 00:58:22.74 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「あっ・・・///」

士郎「い、いやこれは・・・セラが転びそうになったから抱きかかえただけで・・・」

セラ(し、士郎さんのたくましい手が胸に・・・///)

士郎「け、決してやましい心は・・・」

セラ(け、けっこう胸板厚い・・・汗の匂いも・・・///)ドキドキ

士郎「せ、セラ・・・」

セラ「・・・・・・」キュ

士郎「な、なんで抱きついて・・・」

セラ「・・・分かりました、分かりましたから・・・痛くしないでください」

士郎「なんでさ!」



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:01:04.22 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「し、士郎さんも男性ですから・・・その、身体を持て余すことはあるでしょう」

士郎「せ、セラさん?」

セラ「きっと私への好意はそういうアレコレな感じを誤解して・・・」

セラ「だから、解消すればきっと、考えも変わると思うんです」キラキラ

士郎「あ、あのお話がよくわかりませんが・・・」

セラ「女性ばかりでそういうことも出来なかったでしょうし・・・」

セラ「一度だけ許してあげますので、それですべてを忘れてください!!」

士郎「意味が分からないんですが!?」



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:04:32.11 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「士郎さん・・・いいですよ? わたしは覚悟しました」キュ

士郎「あのもしもし?」

セラ「私は、リーゼリットのような、男性好みの身体はしていませんが・・・」

士郎「お~い」

セラ「士郎さんはその方が好みだそうですし・・・恥ずかしいですが///」

士郎「ちょっと待てセラ」

セラ「や、優しくしてくださいね・・・」シュルシュル

アイリ「この泥棒猫」

セラ「奥様!!」



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:08:48.64 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「アイリママがサプライズ帰宅してみれば・・・」

アイリ「半裸の息子の前でメイドが脱ぎだしていたこの状況・・・」

セラ「お、奥様これは・・・」ダラダラ

アイリ「もちろん、説明してくれるのよね? シロー?」

士郎「お、俺ぇ!!??」

アイリ「さぁ、答えて? 二人はいったいどんな関係になってしまったの?」

士郎「そ、それは・・・」

この後どうなる? >>53



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:10:27.90 ID:zwZzbLS20.net

3P



54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:13:09.76 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「お、奥様! 私からご説明を!」

アイリ「はい、なんですか?」

セラ「じ、実は士郎さんがその・・・若い衝動を溜め込んでいたらしく・・・」

士郎「ち、違う! それは違う!」

セラ「お、及ばずながら私がお相手を努めようと・・・もちろん! それ以上の感情はありません!」

アイリ「まぁ・・・そうだったの・・・」

士郎「納得しないで!」



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:15:50.67 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「それは仕方ないわね。シローも男の子だし」

アイリ「むしろ、こんなカワイイメイドが近くにいるんだもの。自然なことよ?」

士郎「い、いやホントに納得されても困るんだけど・・・」

アイリ「今日は二人しか家にいないのね。あぁ、だからこの機を逃さず?」

セラ「はい・・・」

アイリ「ふ~ん、そっかぁ・・・」

アイリ「じゃ、私も手伝っちゃおっかな?」

セラ「お、おくさまぁ!?」



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:21:03.44 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「息子の成長をこの目で確かめておきたいし・・・」プチプチ

アイリ「正直、キリツグも相手してれないし、私も溜まってるものがあるのよね」シュルシュル

士郎「ちょっと、ちょっと待て・・・いくらなんでもこれは・・・」

アイリ「さ、セラも脱いで脱いで?」シュルシュル

セラ「ちょ、ちょっと奥様! 自分で脱ぎますから!!」

アイリ「う~ん、スクール水着とバニー衣装があるけど、セラはどっちがいい?」

セラ「なんでそんなもの持ってるんですか!」

アイリ「他にもいろいろあるのよ? 猫耳とかセーラー服とかアニメのコスプレとか」

アイリ「シローはセラにどんな格好でシて欲しい?」

士郎「いやいいから!」

アイリ「そうね、セラは>>58にしましょう!」

士郎「人の話を聞けぇ!」



58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:24:55.89 ID:4jTubTNq0.net

イリヤのブルマ



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:34:24.32 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「そーれっ!」シュババババ

セラ「いやぁぁぁ!!」

士郎「な、なんという手腕!」

セラ「こ、この格好は流石に・・・」

アイリ「まぁカワイイ」

アイリ「ピチピチのブルマがお尻にぴったりはりついてとてもセクシーよ?
    露出したお尻の割れ目が背徳感をそそるわ。
    裾が足りなくてオヘソが出てしまった体操着もグッドね。
    ペッタンコな胸が強調されてとても綺麗なラインを描いているわ。
    もちろん、ゼッケンには平仮名で「いりや」ね! これも高ポイントよ!」

セラ「///」プルプル

士郎「そ、そんな丁寧に解説しなくても・・・」

アイリ「さぁシロー、私はどんなカッコをしたらいい?」ズイズイ

士郎「っく、じょ、冗談はよしてくれ・・・」



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:39:27.42 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「冗談? シロー、それは私じゃコーフンしないってこと?」ウルウル

士郎「いやそれはそれで色々とまずいだろ!」

アイリ「やっぱり若い子の方がいいのね! セラとかイリヤちゃんとかクロちゃんとか」

士郎「いやそこまで若くなったらマズイ!!」

セラ「ま、まさかそのために私にイリヤさんのブルマを・・・」プルプル

士郎「違う! そもそもそれは俺が選んだ衣装じゃない!!」

アイリ「もう、情けない子ね・・・じゃ、私が>>63を着たら流石に逃げられないでしょ?」

士郎「なんでそうなる!?」



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:48:38.22 ID:72CRDzvx0.net

魔法少女のコスプレ



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 01:56:56.12 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「きゅ、る~ん☆」キャピ

士郎「なんでサイズピッタリのを持ってる・・・」

セラ「あぁ、これナンタラなのはとかいう・・・」

士郎「知ってるのかセラ」

セラ「イリヤさん達がよく見てます」

アイリ「さ、準備できたわよシロー」ムギュ

士郎「ひぃ!」

アイリ「今日はお姉さんたちが、すっきりさせてあげる・・・」サワサワ

士郎「ちょ、ちょっと待って・・・セラ! セラこの人を止めて!」

セラ「今日だけですからね・・・」カチャカチャ

士郎「なんでノリ気なのセラさん!」

士郎「な、なにか・・・なにか打つ手はないか!>>66



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:00:11.24 ID:cCVucpMN0.net

ABW



67: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:08:04.24 ID:sdyf7KyA0.net

士郎『I am the bone of my sword・・・』

セラ「・・・え?」

士郎『Steel is my body, and fire is my blood.』

アイリ「こ、これは・・・」

士郎『I have created over a thousand blades.』

士郎『中略』

士郎『So as I pray, unlimited blade works!!!』

 ドウぅ!!

アイリ「固有結界ですって!!」

セラ「士郎さん何を!」

士郎「こんなの間違ってる!! はぁぁぁ!!!」

セラ「ひぃぃぃ!!!」



69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:10:50.87 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「きゃぁぁ!!!」

セラ「・・・」

セラ「・・・アレ?」

アイリ「外に逃げたわ!」

士郎「」シュタタタタ

セラ「そうですか・・・士郎さん・・・」

アイリ「追うわよセラ!」ガシィ

セラ「えぇ!! ちょっと待って下さい奥様!! 私たちこんな格好でぇ!!」

セラ「きゃぁぁぁ!!!」



71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:15:22.91 ID:sdyf7KyA0.net

~ どっかの道 ~

セラ「はぁはぁ・・・し、しまった・・・奥様ともはぐれてしまいました・・・」

セラ「こ、こんで外を出歩くなんて・・・死にたい」

セラ「も、もし誰かに見られでもしたら・・・」ガクガク

セラ「と、取りあえず物陰に隠れましょう・・・」

セラ「ど、どうしましょう・・・どうしてこんなことに・・・」シクシク

>>72「ん? そ、そこにいるのはまさか・・・」

セラ「ひぃぃ!!」



72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:16:09.81 ID:cCVucpMN0.net

キリツグ



74: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:19:25.47 ID:sdyf7KyA0.net

切嗣「セラ・・・何をしているんだ?」

セラ「だ、旦那さまぁぁぁ!!!」

切嗣「いや・・・その・・・なんだ・・・アイリと一緒に帰ってきてたんだが・・・」

セラ「」ダラダラ

切嗣「・・・・・・」

セラ「・・・」

切嗣「セラ、そんなに家の仕事は苦しかったのかい?」

セラ「だ、旦那様! 違います! なにかとんでもない誤解をぉ!」

切嗣「僕に出来ることがあったら言ってくれ、できる限り力になってみせる」

セラ「とりあえず>>76して下さい!!」



76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:20:34.02 ID:ToSrqp1C0.net

士郎を探



77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:23:51.06 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「し、士郎さんを探してください!」

切嗣「!! 士郎の身になにかあったのか!?」

セラ「あったというかなかったというかものすごくあったといいますか・・・」ダラダラ

切嗣「そうか・・・何かの緊急事態でやもなくそんな格好を・・・」

切嗣「ありがとう、セラ・・・」キラキラ

セラ「い、いえ・・・」

切嗣「分かった。とにかく士郎を探しに行こう。案内してくれセラ!」ガシッ

セラ「えぇぇぇ!!!」



78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:28:11.23 ID:sdyf7KyA0.net

~ 町中 ~

ザワザワ・・・

通行人『ねぇちょっとアレ・・・』『やだー』『そういうプレイ?』『あんなオジさんと・・・』『まぁ』

切嗣「っく! どこだ士郎! どこに行ったんだ!」

セラ「あ、あははは!! あはははは!!」プルプル

切嗣「どこか心当たりはないのかセラ!」

セラ「分かりません! えぇわかりませんとも! もうなにも分かりません!」

切嗣「とにかくアイリと合流しよう・・・士郎が危ないとしたら彼女も・・・」ピポパポ

セラ「だ、旦那様! ちょっとまっ・・・」

アイリ「は~いアイリママとうじょ・・・」

セラ「奥様! 早ッ!!」

アイリ「この泥棒猫・・・」プルプル

セラ「奥様ぁ!?」



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:33:07.67 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「士郎のみならず切嗣まで・・・」ワナワナ

セラ「違います! 誤解です!」

切嗣「アイリ・・・そんな格好して遊んでる場合じゃないぞ、実は士郎が・・・」

アイリ「親子揃ってこの貧乳マニアぁぁ――!!」ドゴーン

切嗣「ぐはぁッ!!」

セラ「だ、旦那さまぁぁぁ!!!」

アイリ「うっ、ひっく・・・最近全然かまってくれないと思ったら・・・」シクシク



82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:35:58.76 ID:sdyf7KyA0.net

通行人『ねぇちょっとアレ・・・』『やだー』『修羅場?』『まぁ・・・』

セラ「あぁ・・・もうどうしたら・・・」

アイリ「ウフフ、どうしましょうねぇ? この雌猫?」

セラ「お、奥様! 違います!」

アイリ「何が違うって言うの?」

セラ「わ、私は・・・私は・・・私はただ・・・」

セラ「士郎さんに諦めて欲しかっただけなんです!!」

リズ&クロ&イリヤ「え?」

セラ「え?」

全員『・・・・・・』

セラ「きゃぁっぁぁ!!!」シュタタタタ

クロ「セラが逃げた!」

イリヤ「私の体操服で! なに! お兄ちゃんと何が!」



84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:39:48.72 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「もう嫌! なにもかもおしまいだわ!」シュタタタタ

セラ「もう家には帰れません 消えてしまいたい!!」シュタタタタ

セラ「ぁぅ・・・走るとブルマが食い込んで・・・」クィクィ

セラ「ぁぁ・・・どうして・・・どうしてこんなことに・・・」シクシク

セラ「私はどうしたらいいの・・・」

セラ「・・・はぁ・・・」

セラ「もう、いっそ、こうなったら・・・>>86



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:44:22.65 ID:kJeDqObm0.net

ハラキリ!



90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:48:58.11 ID:sdyf7KyA0.net

~ アインツベルン家 ~

セラ「・・・ふぅ、誰もいないようですね」コソコソ

セラ「遺書を・・・」サラサラサラ

セラ「包丁を」シャキーン

セラ「奥様、旦那様、イリヤさんクロさん・・・そのほかもろもろ」

セラ「お世話になりました・・・私はこの世から去ります」

セラ「つぁ!」

士郎「馬鹿なことはやめろ!」パシッ!

セラ「士郎さん!」

士郎「料理人の魂、包丁をこんなことに使うのは許さない・・・」ゴゴゴ

セラ「そっちですか!」



92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:54:00.76 ID:sdyf7KyA0.net

士郎「冗談だセラ。まったく、なんてこんなことを・・・」

セラ「もういいんです・・・いいんです士郎さん・・・」シクシク

士郎「よせセラ。今回のことは、まぁ、何かの間違いだったんだ」

士郎「セラが居なくなったら・・・みんな悲しむ・・・」

士郎「大丈夫、俺に任せろ・・・」

セラ「士郎さん・・・」キューン

クロ「セラいたぁ!」ドタドタ

イリヤ「まだ私の服着てるし!」

リズ「なにしてんの~?」

セラ「ひぃぃ!!」

士郎「聞いてくれみんな・・・」

士郎「実は>>94

イリヤ&クロ「な、なんだってぇぇぇ!!」



94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:56:14.56 ID:8ZJDRTPn0.net

全部夢



96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 02:59:48.09 ID:sdyf7KyA0.net

~~~~~~~~~~~~

チュンチュン・・・チュン

セラ「はッ!!」ガバッ

セラ「はぁはぁ・・・ここは、私の部屋・・・」

セラ「私のパジャマ・・・・」

セラ「ゆ、夢? 夢だったのですか?」



97: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 03:02:05.32 ID:sdyf7KyA0.net

セラ「・・・あ、もうこんな時間! 朝ごはんの支度をしないと・・・」トタトタ

~ キッチン ~

士郎「おはよう、セラ」

セラ「し、士郎さん!」ドキッ!

士郎「今日は俺が支度するから、ゆっくりしててくれていいよ?」キラキラ

セラ「え、でも・・・」

クロ「セラおはよ~」

イリヤ「おはようセラ・・・」

セラ「お、おはようございます・・・・」



99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 03:06:01.43 ID:sdyf7KyA0.net

イリヤ「セラ、プリン食べる? 私のだけどいいよ?」キラキラ

クロ「ほらセラ、お皿は私が運ぶから・・・座ってテレビでも見てて?」キラキラ

セラ「えっ? あの、なんですか? なんでそんな、みんな優しいんですか?」

リズ「セラ・・・これあげる・・・胸が大きく見えるブラ」キラキラ

セラ「ありがとう。でもなにか腹が立ちますわ」

アイリ「おはようみんな」キラキラ

セラ「お、奥様!! と、ということはやはり・・・」

イリヤ「おはようママよくねむれたかな!!!」



100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 03:09:20.29 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「おはようイリヤちゃん・・・うふふ、少し寝不足かしら?」キラキラ

イリヤ「え? でもママ凄くキラキラして・・・」

切嗣「・・・お、おはよう」フラフラ

士郎「お、親父! 大丈夫か! 何があったんだ?」

切嗣「・・・士郎・・・大丈夫だ」

アイリ「はぁ・・・喜んでイリヤちゃんクロちゃん、二人共お姉さんになるわよ?」キュ

イリヤ「ほえ?」

クロ「あ~~」

切嗣「・・・・・・」グッ

セラ「なんですか今のは!」



102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 03:13:14.41 ID:sdyf7KyA0.net

アイリ「さぁ、なにも無かったことだし、いつもどおりの朝が始まるわ」キラキラ

クロ「普段通りの昨日があってこそのいつもどおりの朝よね!」キラキラ

イリヤ「なんでもなかった日の翌日ならではな感じよね!」キラキラ

士郎「さぁ普通の日の次の日の普通の朝だよセラ!」キラキラ

リズ「よかったねセラ」キラキラ

セラ「・・・・・・」

セラ「・・・・・・はい!」キラキラ


ハッピーエンド



103: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/25(土) 03:14:13.30 ID:e/q6Ug6j0.net




元スレ
リズ「ねぇシロー」士郎「ん~?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1414160632/