2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:39:09 ID:7MR


P「……その略称やめないか?」

有浦柑奈「おこたで焼き肉パーティーっていうのもオツですね~」

望月聖「……お肉。 ……お肉♪」




3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:40:12 ID:7MR

4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:40:38 ID:7MR


佐久間まゆ「……通販で買った炭火焼き用の七輪ですよぉ」

P「肉も専門店で買ってきた、そこそこ良い肉だぞー。焼く前に袋でタレと一緒に揉むんだ」

イヴ「まずはタン塩ですね~。レモン絞りはお任せ下さい~」

聖「……てっちゃんは?」

イヴ「それはもっと後です~。あ。
Pさん金網温まったと思うのでそろそろのせて下さい~」

P「はい。わかりました」

イヴ「……なぜ敬語?」

まゆ「Pさん……怯えて……?
……イヴさん、もしかして焼き肉奉行さんなんですか?」

P「クリスマスイヴ生まれだしな」

イヴ「違いますよ~?
こだわりはない方ですし……ていうか誕生日は関係なくないですか~?」グシャア

P「レモン丸ごと握り潰すな。切ってから絞れ」

まゆ「ワイルドですねぇ」

イヴ「う~ん。皮をむいてミキサーにかけてきますね」

P「どんだけタン塩食うねん」

イヴ「他のに使っても美味しいですよ~?」

P「好みは人それぞれだし、別に止めんが……」




5: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:42:01 ID:7MR

6: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:42:36 ID:7MR


まゆ「レモン……10個も買ってあるんですねぇ」

P「買い過ぎだろ!」

柑奈「私は断然タレ派ですね! タレ、イズジャスティス!」

聖「牛ヒレは……塩も合う……」

P「微妙にまとまりねーな、お前達……。
ん。ネギをパラパラ……っと。
ほい、タン焼けたぞ」

イヴ・聖・柑奈『わっ!!』

P「おおっ!?」

まゆ「すごい勢いですねぇ……」

イヴ「んむんむ。程よい厚みです~」

聖「はふはふ……ペラペラじゃない」

柑奈「うーん!サッパリした味わい! そしてコリコリ!
最初はやっぱりこれ!ラブ&ミート!」

P「……喜んでくれて何よりだ。まゆもみんなの世話ばっかり焼いてないで食えよ?」

柑奈「今、肉を焼くと世話を焼くを掛ました?」

まゆ「まゆはPさんが喜んでくだされば、それだけでお腹いっぱいですよぉ」

P「掛けてねーよ! まぁまぁ、そう言わずにまゆも食えって。ほら、小皿にのせるぞ」

まゆ「ありがとうございます♪」




7: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:43:10 ID:7MR


柑奈「そういうPさんの分も焦げちゃいますよ。
よっと。レモン汁をちょんちょん……。
はい。あーん!」

P「!?」

まゆ「!?」

イヴ・聖「…………」

P「お、おま……な、何を!?」

柑奈「ラブ&ミート! ラブミですよラブミ。
Pさんの隣、四角テーブルの同じ辺を獲得したからにはこれくらいご奉仕しないと!
だから、はい。あーん!
早くとらないとおこたの布団に落ちちゃいますよ」

まゆ(Pから見て右辺)「…………」

イヴ(Pの正面)「…………」

聖(Pから見て左辺)「…………」

聖「……えいっ」パクッ!

柑奈「!? なっ!? 聖ちゃん、横取りっ??」

聖「むぐむぐ。……美味しい」

柑奈「な、なぜにPさんのお肉を!」

聖「……いけません。ダメ……です。柑奈さん」

柑奈「なにがっ!?」

聖「プロデューサーとアイドルが……同じお箸で、あーんなんて……良くないです。
どこで誰が見ているか……分かりません」

柑奈「ぐ。微妙に正論っ!」

P「自宅だけどな」




8: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:43:44 ID:7MR


イヴ「そもそも自宅にアイドルをあげてるのがおかしいんですけどね~」

まゆ「居候してるあなたが言いますか」

聖「だから柑奈さんに……あーんってして貰っていいのは……わたしだけ……。
Pさんに…….あーんってしてあげていいのはも、わたしだけ……です」

柑奈「うん? んん?」

聖「……わたし、両手に花……ですね?」

柑奈「いや聞かれても」

まゆ「3人はどういう関係なんですかねぇ……」

P「俺も花なのか……」

柑奈「相関図の予想外の矢印に戸惑ったけど……。
いや、アイドルとプロデューサー云々って話なら聖ちゃんとPもダメだよねっ!?」

聖「わたしは……ほら……まだ子どもだから……。
この中で一番歳下……。触れ合っても微笑ましい。
つまり合法……。合法……ろり?」

P「違うよ。全然違うよ」

まゆ「どちらかと言わなくても違法ですねぇ……」

聖「それはそれで……背徳感?」

P「どこでそんな言葉を覚えてくるんだか……。
ん……? おお。ほんとだ。うめーな、これ。
少し前にちひろさんに奢らされた最高級のお店のヤツよりも好みの味だ」

柑奈「あ! もう、第2陣焼けてる!」

まゆ「しかもさり気なくイヴさんが、あーんして食べさせましたねぇ……ごく自然に」

イヴ「漁夫の利です~。
ていうか~、ちひろさんと焼き肉行ったお話、初耳なんですけど~?」

P「……あ。やっべ」

イヴ「後で尋問です~」




9: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:44:11 ID:7MR


聖「この中で……一番歳下はわたし……だけど胸は……わたしが一番……ね?」チラ

P「うん。妖艶に微笑むのはやめような13歳。
周りのお姉さん達の笑顔が引き攣ってるぞ?」

まゆ・イヴ・柑奈「…………」

P「ほ、ほらみんな、子どもの言うことだから! 落ち着け~?
柑奈。次焼けたぞ、食え食え。二枚取ってもいいぞっ!」

柑奈「私が! 一番ひんそーでちんちくりんって言いたいんですか! 子どもよりも!
肉食って少しでも肉つけろって言いたいんですか!」

P「被害妄想っ!」

聖「……次焼くのは……てっちゃん?」

イヴ「次は上カルビです~」

まゆ「なるほど、その打ち筋、もとい焼き筋、関西式ですねぇ」

P「そんなんあるのっ!?」

聖「英国式だったら……得意なんだけど……」

P「何、その負けん気!?
見た目それっぽいけど、聖、英国にゆかり無いよね?」




10: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:44:32 ID:7MR


柑奈「なるほど関西式。
となると次はウインナー、その次がハラミ、そしててっちゃんの後、一度網を変えて塩ヒレ肉って所ですか……」

イヴ「……ほう、やりますね~?」

P「マジで定石あるの?」

聖「そこでウインナーは……悪手だと思う。
英国式では……一本焼きカルビを挟む」

P「英国の方に怒られるからノリで適当言うのはやめような?」

聖「……その後は、てっちゃん、上カルビ、てっちゃん、ソフトハラミ、てっちゃん、てっちゃん、てっちゃん」

P「てっちゃん多くない? 何が聖をそこまでホルモンに掻き立てるの?
それに、そういう偏ったのはこだわりのある人に怒られるんじゃ……」

イヴ「ええ、邪道ですね~……でも……」

柑奈「はい……この娘……なんて楽しそうにお肉を語るんでしょう……」

まゆ「その姿……まさに……天衣無縫の如く……!」

聖「わたし……まだ……闘える……!」

P「少年漫画かな?」




11: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:45:11 ID:7MR


イヴ「と、冗談はさておき~、次が焼けましたよ~。
焦げちゃう前にどんどん取って下さいね~」

聖「上カルビ……上カルビ♪」

柑奈「はふはふ。おおおっ! 美味しいっ!? なんですかこれっ!?」

まゆ「舌でとろけますねぇ……」

P「……もはや肉っぽくないくらい柔らかいな!」

聖「……トロトロ」

イヴ「は~い。全部取り終わったら次は……じゃーん! 一本焼きカルビです~」

P「おお、英国式」

聖「……はい?」

P「…………」

柑奈「ああ!Pさんが紳士にあるまじき形相に!」

まゆ「卵スープが出来たのでこれを飲んで落ち着いて下さいねぇ」

聖「ご、ごめんなさい……。Pさんに……構って欲しくて……」ナミダメ

P「許す!」

柑奈「ちょろっ!」

聖「……あと……Pさんの隣に……座りたいな?」ウワメヅカイ

P「よしバッチコーイ! おら、柑奈、場所交代だ!どけどけ!」

柑奈「ひどっ!? ダメですよ!
わざわざリアルじゃん拳までして席決めしたんですから!」




12: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:45:55 ID:7MR


P「なにそのリアル鬼ごっこみたいな不穏な響き」

まゆ「本物の石やハサミを使って……」

P「聞きたくない聞きたくない」

柑奈「せっかく手に入れたPさんの肉パートナーの座!
何があろうと絶対に譲りません!」

P「肩書きの語感がいかがわしい!」

聖「ふぅ…少し…暑くないですか?」チラ

柑奈「ボタンを外して誘惑するなぁっ!」

P「俺、柑奈の顔を……正面から見ながら……食べたいな?」

柑奈「遠回しに追い出しっ! 色気に食いつくなっ!
そこまでして13歳をはべらせたいのかっ!」

イヴ「正面だと私が動かなきゃならないのでNGです~。
あ。一本焼きカルビ切るので押さえてて下さい~」

まゆ「はいどうぞぉ」

イヴ「切り切り~」

P「……今でこそ慣れてきたけど、これお店でハサミ使って切るのって抵抗あったなー。
ナイフも出してくれたらいいのに」グググッ

柑奈「ぐぎぎぎ……」

聖「…………」

まゆ「柑奈さん……しがみ付いてまで……」

イヴ「ちょっとイチャつき過ぎですね~?」

P「これイチャつきに分類されるのか?」グググッ

聖「……遠慮のない関係……」

まゆ「まゆ達他のアイドルにはあまりない対応で、ちょっと羨ましいような、そうでもないような……?」

柑奈「でしょ?」ドヤ




13: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:46:25 ID:7MR


イヴ「ほどほどにして下さいね~?
はい。切り分けたの小皿にのせましたよ~。
召し上がれ~?」

P「おー。ちと手間かかるが、肉厚でいい感じだなー。いっただきまー!」

柑奈「今度はPさんがあーん、して下さいっ!あーん!」

P「離れて自分で食え。もう追い出そうとしないから」

まゆ「……はふはふ。程よく弾力があって、まさにお肉、って感じですねぇ。美味ひい」

聖「……美味しい……」

柑奈「うまっ! タン塩とは何だったのか!」

P「いやいや、食べものとして、また全然違う美味さだよなー。上カルビとも、ひと味違う」

イヴ「これもまたレモンに合います~。うまうま。
……え~っと。次は」

聖「……初手天元!」 ジュ

まゆ「あ。てっちゃん!?」

柑奈「しかも真ん中にっ!」

P「ひじりん、不意打ちとは卑怯なりっ!
ていうか……初手?」




14: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:47:01 ID:7MR


イヴ「………」

P「あ…ああ……。い、怒りのあまり、イヴの……イヴ様の……」

まゆ「イヴ様のハイライトが……!」

イヴ「オフになってませんよっ!? なんでそんなに人を焼肉奉行にしたがるんですか~!?」

P「なんとなく……」

まゆ「ノリで……」

イヴ「えぇ……」

柑奈「ともあれ!
聖ちゃんは本当にてっちゃんが好きなんですね~」

聖「好き……というか……てっちゃんは……喉にいい……」フンス

柑奈「え? そうなの?」

聖「……って余所のアイドルグループの子が言ってた……」フンス?

P「信憑性があるんだか無いんだか……」

聖「脂っこいものが……喉にいい……らしい。
だから……歌う前はいつもとんこつラーメンを食べるって……」

まゆ「初耳ですねぇ」




15: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:47:41 ID:7MR


柑奈「よし! これからライブの時はいつも焼き肉にしましょう!」

聖「……リハ前に……みんなに振る舞う」

P「焼き肉くさいアイドルだらけのライブは嫌だなぁ……」

聖「……ライブ中はお客さん……みんなでトングを振る……」

P「そんなペンライトも嫌だなぁっ!」

柑奈「スポンサー付くかもよ!
アイドル達の衣装の肩の所に、こう、大っきく『牛角』って!」

聖「……しゅーる」

P「どこのバイソン系ヒーローだっ!」

まゆ「……新作楽しみだって奈緒ちゃんが言ってましたねぇ」

柑奈「そうこう言ってる内に金網が大炎上!」

イヴ「ネット炎上です~」

聖「てっちゃんあるある……」

P「言うてる場合かっ!?」

まゆ「氷は用意済みですよぉ」

P「よし載っけろ! 取り敢えず鎮火する!」

聖「もうすぐ焼けるから……あと10秒……まって?」シンケン

P「火災報知器が鳴るんだよぉっ!?」

まゆ「動じませんねぇ……」




16: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:48:19 ID:7MR


※ ※ ※ ※ ※

P「あー。食った食った。そして疲れたー」

まゆ「やっぱりお店で食べた方が楽だったかもしれませんねぇ」

柑奈「アットホームな宅焼、気楽で好きだけどなー?」

P「だからその縁起でもない略し方やめてって……」

聖「お肉……少し残った……」

P「ちと買い過ぎたかもな。まぁ、明日焼いて食うよ。
けど、あれだな。まゆなんかはともかく、イヴが意外と少食だったな?」

イヴ「最近脂っこいものが少し苦手で~。齢のせいでしょうか~?」

P「まだ20だろうにどの口が……」

柑奈「食後のデザートが欲しいところですね!
まゆちゃん、何かある?」

P「まだ食うんかい」

聖「甘いもの……別腹……」

P「こっちも食う気まんまんだし」

まゆ「う~ん。特にないですねぇ。うっかりしてました」

P「……アイスでも買ってくるか? 少しなら出すぞ?」

柑奈「といいつつ諭吉様! Pさん太っ腹!」

聖「……ダッツか……雪見だいふく……」

柑奈「両方買いましょう! 買い占めましょう!」

P「……全部は使うなよ~?」




17: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:48:51 ID:7MR


柑奈「コンビニの冷凍庫って買い占めたらどの位ぶん入ってるんですかね?」

聖「……聞いてみる?」

P「鬼ひじりんが見えるよっ!
すまん、まゆ、お目付け役頼む!
俺は食い過ぎてしばらく動けねぇ!」

まゆ「仕方ありませんねぇ」

柑奈「よし行きましょう! まゆちゃんは何買う?」

まゆ「まゆはあの……丸いのがいいですねぇ」

柑奈「謎基準!」

聖「……お好み焼きとか?」

まゆ「アイスの話はどこに行ったんですかぁ……?」

聖「……この前、みくさんが……お好み焼きはデザートやでぇ……って……」

まゆ「あの人なら言いそうですねぇ」

柑奈「早く早く。行くよ2人とも~!」

まゆ「では行ってきますね。Pさん」

P「おーう」

イヴ「いてら~です~♪」




18: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:49:22 ID:7MR


※ ※ ※ ※ ※

多田家

前川みく「言ってないにゃっっ!!」

多田李衣菜「うわっ!? 何っ!?」

みく「なんか無性に叫びたくなったにゃ……」

李衣菜「……ストレスかな? 急に道端の草とか食べ始めないでね?」

みく「食べないよっ!?」




19: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:49:51 ID:7MR


※ ※ ※ ※ ※

イヴ「…………」

P「…………」

イヴ「…………」

P「……急に静かになったなー」

イヴ「ですね~」

P「…………」

イヴ「…………」

P「コンビニすぐそこだから、あっと言う間に帰っては来るだろうけど……たまにはこういうのもいいな。
賑やかなのも嫌いじゃないが、なんつーか……落ち着く」

イヴ「ですね~」

P「…………」

イヴ「…………」

P「…………」

イヴ「……たまにはこうやって……3人で過ごすのもいいですね~……」

P「おーう。……ん? 3人?」

イヴ「はい~。3人です~」

P「……? ああ! ブリッツェンか!
って言ってもベランダの外だけどな。
寒そうだし今日は中に入れてやるか?」

イヴ「ブリッツェンならみんなのボディーガードについて行きましたよ~?
だから今はいません~」

P「あ。そうなのか。あいつはいつも気がきくなー……」




20: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:50:24 ID:7MR


イヴ「…………」

P「…………」

イヴ「…………」

P「……ん? じゃあ3人って誰のこと……」

イヴ「…………」

イヴ「ふふっ……」

P(イヴが笑顔で……慈しむように下の方に視線を……?)

P「…………」

P「!?」

ガバッ!

乃々「…………」

P「またコタツの中で干からびてるじゃねーかっ!!」

乃々「こひゅーこひゅー。さ、さんくちゅ……あ……りぃ……こひゅー」

P「懲りねぇなっ!? 学習しろ学習っ!
ああ、もう! ポカ◯あったっけか、ポカ◯!」

イヴ「…………」

P「……うん?」

イヴ「…………」

P「どした? 目を丸くして」




21: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:51:11 ID:7MR


イヴ「いえ~。乃々ちゃん……潜んでたんですねぇ~。
今回は全然気付きませんでした~」

P「お前も気づいてなかったんかい!」

イヴ「えへ~」

乃々「もりくぼ……すてるすもぉどぉ……」

P「何がしたいんだ何が。ほら、ポカ◯あったから、飲め。飲んで蘇生しろ」

乃々「ぐびぐび」

イヴ「…………」

P「…………」

イヴ「…………」

P「…………」

イヴ「…………」

P(あれ? 乃々のことでもブリッツェンのことでもないなら、3人で、って何のことだったんだろう……)

イヴ「…………」

P「…………」

イヴ「…………」(微笑)

P「…………」

P(まさか……ね)




特にオチもなくエンド




22: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:51:47 ID:7MR

23: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:53:56 ID:7MR

24: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)04:57:44 ID:7MR

25: 名無しさん@おーぷん 2018/03/01(木)05:03:30 ID:7MR


春になってしまったっぽいので、真冬に書いたやつの供養でした。


元スレ
【デレマスSS】まゆ「Pさんのお家で」聖・柑奈・イヴ「宅焼」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1519846737/