1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 17:39:05.01 ID:dBaPjA0g0

アスカ「あん?」

シンジ「醤油って言ってよ!日本に居るんだから!!」

アスカ「じゃあ醤油取って」

シンジ「はい」

アスカ「謝れ」

シンジ「は?」

アスカ「アンタは私に謝るべき」

シンジ「なんで?」

アスカ「アンタ、私の事なんて呼んだ?」

シンジ「アスカ?」

アスカ「何たる無自覚…」

シンジ「えっ…?」

アスカ「アンタ、今この私をカスって言ったのよ」

シンジ「あれ?違ったっけ?」

アスカ「どこをどう見たらこの私がカスなのよ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 17:50:31.89 ID:dBaPjA0g0

シンジ「教えて欲しいの?」

アスカ「教えられるもんならね!」

シンジ「じゃあ説明をはじめます」

アスカ「うっ…マジ…」

シンジ「アスカが言い出したんじゃないか…」

アスカ「むっ!き…聞いてやろうじゃない!!どうせ神経か細いアンタならではのくっだらない理由なんでしょうけど!!」

シンジ「まずその品性下劣な口調」

アスカ「…なっ!?この私が!?品性下劣ぅ!!?」

シンジ「そうだよ…他人を平気で貶めるじゃないか…」

アスカ「それはアンタがバカだから悪いのよ」

シンジ「バカねぇ…アスカは僕の何を知ってるの?」

アスカ「ハァ?知らないわよ…アンタの事なんて眼中に無い!!」

シンジ「眼中に無かったら人を貶めていいんですか?」

アスカ「アンタは特別」

シンジ「あはは!おかしいや!!眼中に無い人間に対して特別?矛盾してるよ…アスカ…」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:01:58.30 ID:dBaPjA0g0

アスカ「っ…!!この…!!」

シンジ「お前こそ謝れよ」

シンジ「謝れ…」

アスカ「嫌」

シンジ「謝れって言ってるでしょ!!!!」

アスカ「…」

シンジ「醤油に謝ってよ!!!」

アスカ「!!!!!?」

シンジ「醤油は…醤油はね!!アスカ!!!」

アスカ「!!」びくっ

シンジ「日本人の心なんだ!!!」ドンッ

アスカ「私、日本人じゃないし…」

シンジ「そんなの関係無いよ…」

アスカ「関係あるわよ!!私はアメリカ国籍なの!!大体、アンタの話の方が矛盾してるじゃない!!?」

シンジ「どこが矛盾してるんだよ!!!!」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:09:36.61 ID:dBaPjA0g0

アスカ「さっきからアンタ、言ってる事が滅茶苦茶よ…!?」

シンジ「だから何が!?」

アスカ「アンタ、私の品性について文句垂れだしたわよね?」

シンジ「…」

アスカ「で、次は私がバカシンジの何を知ってるのか?って?」

シンジ「そうだよ」

アスカ「で、今の話は醤油に謝れ?」

シンジ「何がおかしいんだよ!!」

アスカ「おかしいじゃない」

シンジ「おかしくないよ…」

アスカ「アンタバカぁ!?日本人のくせに日本語もわからないの!?」

シンジ「アスカは僕の醤油に対する愛情なんて、これっぽっちも知らないだろぉ!!?」ドンッ

アスカ「ちょ…!!」びくっ

シンジ「醤油は…醤油は…!!日本人にとって生命のスープなんだ!!」ギリギリ…

アスカ「ちょ…アンタ…そんなの知る訳ないじゃない…」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:18:34.49 ID:dBaPjA0g0

シンジ「なのに…僕のこの醤油愛を…!!!」ギリギリ…

アスカ「バカ…シンジ…?ちょっと落ち着きなさい?ね?」

シンジ「落ち着いていられる訳ないでしょぉっ!!!?」

アスカ「落ち着け!!バカシンジ!!!」

シンジ「バカで良いよ!!」

アスカ「アンタ…さっきからなんなのよ…」

シンジ「僕がどう言われたって良い…」

シンジ「世界がどうなったって良い…」

シンジ「だけど…醤油は…!!」

シンジ「醤油だけは…絶対ソイソースと呼ばせない!!」

アスカ「醤油」

シンジ「!!!?」

アスカ「醤油よ…バカシンジ…」

シンジ「アスカ…ごめん…」

アスカ「いいのよ…こっちこそ悪かったわね」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:24:29.65 ID:dBaPjA0g0

アスカ「その…今度からはちゃんと…」

シンジ「?」

アスカ「最初から醤油取ってって言うから…」カァァ

シンジ「アスカ…」

ガチャ

ミサト「たっだいまぁ!!」

シンジ「ミサトさん!」

アスカ「ミサト!お帰り!!」

ミサト「あらぁ?何かいい雰囲気じゃない?どしたのぉ?」

アスカ「バカミサト…これのどこがいい雰囲気な訳…?」

ミサト「あれ?違ったぁ?まぁまぁ!喜べー?二人ともぉ!?じゃーん!!!」

アスカ「お寿司じゃない!?」

シンジ「どうしたんですか?ミサトさん!?」

ミサト「ちょっと一杯引っ掛けて来たのよん」

アスカ「道理で酒臭い訳ね…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:30:10.94 ID:dBaPjA0g0

シンジ「まぁまぁアスカ…」

ミサト「さっそく食べる?」

アスカ「いただきまーす!!」

シンジ「ありがとうございます」

ミサト「二人ともお醤油使う?」

アスカ「私、使うわ」

シンジ「…」

アスカ「バカシンジ?聞いてんの?アンタの大好きな醤油よ?…はい」

シンジ「…」プルプル

ミサト「シンジ君?お醤油…」

シンジ「感動しました!!」ガバッ

ミサト「ちょっ!?シンジ君!!!?そんなにお寿司が嬉しいの???」あせあせ

アスカ「~~~~!!!?」びくぅ

シンジ「やっぱりミサトさんは凄いや…」うるうる

ミサト「そ…そりゃどうも…ところでシンジ君…そろそろ抱きつくの止めて頂戴…?お姉さん困るわー?」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:35:22.17 ID:dBaPjA0g0

アスカ「そうよ!バカシンジ!!いきなりミサトに抱きつくなんて!!さっさと離れろーっ!!」げしっ

シンジ「あ…ごめんなさい…」ひっく

ミサト「な…泣いてる…?」

アスカ「だらしないわね!こんなキックくらいで泣くなんて…」

シンジ「あ、それは別に痛くないから」ぐすっ

アスカ「ハァァ!?それはそれでムカつくわね!!」

ミサト「じゃあなんで泣いてるのー?」

アスカ「そうよ!意味わかんない!!」

シンジ「流石ミサトさんだ…って…」

アスカ「ハァ?」

ミサト「ハァ?」

シンジ「ごめんなさい…さっきのアスカとは大違いだから…つい…」

アスカ「ちょっ…」

ミサト「何があったの?」

アスカ「あぁ…くだらない口喧嘩」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:51:53.08 ID:dBaPjA0g0

ミサト「話が見えて来ないわー…?」

アスカ「私が醤油の事をソ」

シンジ「!!」ドンッ

アスカ「あ…言い方を間違えて…」

シンジ「言わせねぇよ」

ミサト「???」

アスカ「もう…ミサトの頭の上にハテナマークが浮かんでるわよ…」

シンジ「ミサトさんは知らなくて良いんです」

ミサト「隠し事ぉー?二人の秘密ってヤツ?」

シンジ「そのままの(言い方の)ミサトさんで居てくれれば…僕は…嬉しいから…」にこっ

ミサト「」きゅん

アスカ「」イラッ

シンジ「僕も泣いたらお腹空いて来ちゃいました…頂きますね?」

ミサト「食べて食べて?なんならアスカの分も食べていいわよー?」

アスカ「チッ…ガキに色目使ってんじゃないわよ…バカミサト…」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 18:59:49.22 ID:dBaPjA0g0

ミサト「あらあらー?嫉妬ぉー?アスカもまだまだお子ちゃまね」

アスカ「バッカみたい…」

シンジ「そうですよ、アスカは僕なんて眼中に無いですから」

ミサト「ふーん…そう?」

ミサト(そうは見えないけどね)

アスカ「バ…バカシンジ…お醤油取って…」

ミサト「ぶふっ!!」

シンジ「アスカ…はい、どうぞ」にこっ

アスカ「あ…ありがと…」カァァ

アスカ(な…なによ!バカシンジが笑ってるのは醤油に対してでしょ…)

アスカ(それなのにぃーっ!)

シンジ「アスカにも日本人の魂がわかって貰えたみたいで嬉しいよ」

アスカ「べ…べっつにぃー!?」

シンジ「いつもよりアスカが上品に見えるよ」にこっ

アスカ「~~~~~!!!!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 19:06:54.00 ID:dBaPjA0g0

シンジ「あっ…ごめん…」

ミサト「アスカったら顔が真っ赤よん?」

アスカ「うるっさい!ミサト!!」

ミサト「おほほ…酔っぱらいは退散しましょうかねー」

シンジ「ミサトさん、お風呂は?」

ミサト「今日はパスー!明日起きてから入るわ…お休みー…ふぁぁーあ…」

シンジ「もう…だらしないなぁ…ミサトさんは…」

アスカ「全くね…ああはなりたくないわ…」

ペンペン「くわぁー」

シンジ「ペンペンもそう思うよね?」

ペンペン「くわぁー?」

アスカ「バカね…鳥に理解出来る訳ないじゃない…」

ペンペン「くわっ!」ひょい

アスカ「あぁああああああ!!!!?」

ペンペン「♪」ぺろん



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 19:13:40.32 ID:dBaPjA0g0

アスカ「私のお寿司ぃいいい!!?」

シンジ「あーあ…」もぐもぐ

アスカ「…」

ペンペン「くわーっ?」

アスカ「…」

ペンペン「♪」ぺろりん

シンジ「アスカったら…ぼーっとしてると全部食べられちゃうよ?」もぐもぐ

アスカ「…してやる」ブツブツ

ペンペン「♪」もしゃもしゃ

シンジ「えっ?何か言った?」もぐもぐ

アスカ「…ろしてやる」ブツブツ

ペンペン「くわぁ?」

シンジ「もう…特上3貫全部食べられちゃってるじゃないか…ごちそうさまでした」

アスカ「殺してやる」

ペンペン「!!!?」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 19:18:55.78 ID:dBaPjA0g0

シンジ「ちょっと!ダメだよアスカ!!」

アスカ「うるさい!!このクソペンギン!!特上3貫の恨みぃいい!!!」

ペンペン「…ダメ」

アスカ「!!!!?」

シンジ「!!!!!?」

ペンペン「私、ペンギンじゃないもの」ぬぎぬぎ

シンジ「は…はやなみっ!!?」

アスカ「…ハァ?」

レイ「ごちそうさま」げぷっ

シンジ「えっ…?あの…ペンペンは?」

レイ「ペンペン?知らないわ」

アスカ「ハァ?」

レイ「私、知らない」

アスカ「ハァ?」

レイ「ハァ?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 19:24:09.08 ID:dBaPjA0g0

シンジ「綾波の下に転がってる毛…皮?の…な…中身?って言ったら良いのかな?知らない?」

レイ「コレ?」ひょい

シンジ「そう、それ」

レイ「今朝食べたわ…」

シンジ「食べたの?」

レイ「そう」

アスカ「意味解んない」

レイ「今朝、碇君を観察しようと電柱の影から一佐の家を眺めていたら」

レイ「この物体が外を歩いていた」

アスカ「ほうほう」

レイ「だから捕食した」

シンジ「意味が解らないよ」

レイ「?」

アスカ「なんで食べるのよ」

レイ「お腹が空いていたから」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 19:56:22.76 ID:dBaPjA0g0

アスカ「つーか…なんでここに居るのよ…エコヒイキ」

レイ「コレに着替えて潜入すれば碇君を眺めていられると思った」

シンジ「照れるなぁ…」

アスカ「アンタバカぁ!?それってストーカーじゃない!!」

レイ「ストーカー?知らないわ」

アスカ「アンタにまともな返答を期待した私がバカだったわ…」

レイ「アンタバカぁ?」

アスカ「殺してやる!!殺してやる!!!」

シンジ「ちょっ…!落ち着いてよアスカ!?」

アスカ「ふーっ!ふーっ!!」

シンジ「どうどう」

ミサト「ちょっとぉー?喧嘩は止めてよね…うるさくて眠れないじゃないのぉ…」

ペンペン「くわー?」

シンジ「!!!?」

アスカ「!!!?」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 20:05:20.23 ID:dBaPjA0g0

ミサト「アンタ達もそろそろ寝なさいー?」ふぁあ

ペンペン「くわっ」

ミサト「ペンペンもうるさくて起きちゃったじゃない…いつもなら寝てる時間なのに…」

シンジ「あの!違うんです!ミサトさん!!」

アスカ「そうよ!コレはエコヒイキで!!」

ミサト「依怙贔屓?二人とも同じお寿司にしてたはずだけど…?」

ペンペン「クワっ!」

ミサト「ねー?ペンペン?」

シンジ「違うんです!それが綾波で…」

アスカ「そうよ!エコヒイキって言ったらファーストに決まってんでしょ!バカミサト!!」

ミサト「レイ?レイなんてどこにも居ないじゃない…?」

シンジ「だから…ペンペンが!!」

アスカ「エコヒイキなのよ!!」

ミサト「バカな事言ってないでさっさと寝なさいー?あと、大きい声出さないでよ?近所迷惑になるから…じゃ、おやすみぃー…」

ペンペン「行ったわ」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 20:20:51.65 ID:dBaPjA0g0

シンジ「綾波、どうなってるの…それ…」

アスカ「一瞬でペンペンだったモノに潜り込んだわよ…人間業じゃないわ…」

レイ「簡単、少し関節を外しただけ」メキャ

シンジ「へぇー…すごいや…」

アスカ「バカ!関心してる場合かっつーの!!」

シンジ「しっ!ミサトさんが起きるから小さな声で…」

アスカ「それもそうね…」ごにょごにょ

レイ「碇君の家は快適…弐号機の人が羨ましい」

アスカ「ハァ?」

レイ「いつも碇君を見ていられる」

アスカ「フン!羨ましがったって代わってあげないわよ…」

アスカ「…じゃなくって!!なんなのアンタ!ペンペン食べたぁ!?バカシンジを監視する為にぃ!?」

レイ「そう…あの鳥はペンペンと言うのね…碇君、これから私の事はペンペンと思って欲しい」

シンジ「うん…あやな…ゴメン、ペンペン…」

アスカ「もう!ホントにウルトラバカ!!このヤバい変質者!さっさと警察に突き出すわよ!!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 20:28:47.13 ID:dBaPjA0g0

レイ「無理」

アスカ「ハァ?」

レイ「証拠が無い」ニヤリ

アスカ「…っ!!アンタ今自供したばかりでしょうが!!」

レイ「では聞くけれど、私は鳥を食べただけ」

アスカ「ペットのペンギンをね!!」

レイ「そう…焼き鳥…」

シンジ「焼き鳥にしたの?」

レイ「そう」

アスカ「もう!動物愛護法違反!!ペットの場合は…えーっと…あれよ!!器物損壊罪!!?」

レイ「甘いわ弐号機の人…そのくらいネルフなら揉み消せるわ」

レイ「丁度、鶏肉をお醤油に浸けて揉み込む様に」

アスカ「んあぁああああ!!!アンタと話してると頭がおかしくなるぅ!!」

シンジ「アスカ!落ち着いて…綾波は大丈夫だよ…」

アスカ「何が大丈夫なのよ!!?こんなヤバいヤツ…アンタ、殺されるわよ?ペンペンみたいに!!」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 20:38:27.63 ID:dBaPjA0g0

レイ「碇君には…ペンペンと呼んで欲しい…」ポッ

シンジ「ご…ゴメン…まだ慣れなくて…ぺ…ペンペン?」

レイ「嬉しい」

アスカ「~~~~~~!!!!!」イラァッ

シンジ「アスカぁ…怖い顔しないでよ…」

アスカ「誰がイライラさせてんのよ!!」

シンジ「ゴメン…」

レイ「ところで碇君、弐号機の人…」

アスカ「アァ!?」

シンジ「何?ペンペン?」

レイ「嬉しい」カァァ

アスカ「だぁああああああああああああ!!!!!こんちくしょぉおおおおお!!!!!!」

シンジ「うわっ!」

レイ「まずいわ…錯乱している…葛城一佐を!」

シンジ「ミサトさん!!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 20:46:07.61 ID:dBaPjA0g0

ミサト「もぉー!夜更かしは美容の敵なのにぃ!!」

シンジ「アスカが!!アスカがっ!!」

アスカ「だぁあああああ!!!!バカシンジぃいい!!!!!」

ペンペン「くわっ!くわっ!!」じたばた

ミサト「こいつはちょっちヤバいわね…」

アスカ「そうよ!このペンペンに化けたファーストが!!」

ミサト「アスカ!!ゴメン!!」トン

アスカ「な…!!」ガク

アスカ「私じゃ…ない…のに…あのペンペ…」

ミサト「アスカ…どうしたのかしら…急に暴れ出して…シンジ君、何かあった?」

シンジ「ペンペンと話してたら段々アスカの様子が…」

シンジ(ふぅ…やっと綾波をペンペンって呼ぶのに慣れて来たよ…)

ペンペン「くわぁ…」

ミサト「アスカ…ペンペンと話してたの?私、もっとアスカの話し相手になってあげた方が良かったかしら…上司失格ね…」

シンジ「そんな事ないです!それよりアスカを!!」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 20:59:17.71 ID:dBaPjA0g0

ミサト「ええ…ネルフに連れて行くわ…」

シンジ「僕も行きます!!」

ペンペン「くわぁ…」

ミサト「ペンペンはお留守番ね」

ペンペン「くわぁ…?」

ミサト「よし、良い子ね」

シンジ「アスカ…」

ミサト「大丈夫、少し気を失ってるだけ…シンジ君、行くわよ…」

シンジ「…はい」

ペンペン「くわー…」

ガチャ

ペンペン「行った…」

レイ「…」ガサゴソ

レイ「……」ガサゴソ

レイ「…出来た」パンパン



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:05:52.06 ID:dBaPjA0g0

リツコ「アスカ?」

アスカ「…赤木博士?」

ミサト「アスカ…」

アスカ「ミサト!!アンタ…よくも…」

リツコ「直前の記憶はあるのね…」

アスカ「当然よ!そんな事より!ここネルフよね!!?」

リツコ「それ以外の場所であなた達に会いたくはないわね…」

アスカ「ヤバい!!早く戻らないと!!」

ミサト「ダメよ…アスカ…」

アスカ「なんで!!?」

ミサト「あなた…様子がおかしいわ…ペンペンをレイと勘違いしたり…少し調べてもらいましょう」

アスカ「チッ…!アンタ達…もう!調べるならさっさとして!!」

リツコ「いくつか質問するわね…」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:16:05.44 ID:dBaPjA0g0

リツコ「検査の結果、アスカは正常と出たわ」

ミサト「…と、言う事は」

アスカ「だから言ってるじゃない」

シンジ「ペンペンの中に綾波が居るんですよ…」

ミサト「でもシンジ君、ペンペンをペンペンって呼んでたじゃない…レイが入ってるならレイって…」

シンジ「綾波がペンペンって呼んでくれた方が嬉しいって…」

ミサト「ハァ?」

リツコ「馬鹿らしい…呆れて物も言えないわ…」

アスカ「とにかく!あの女はペンペンを焼き鳥にして!シンジをストーキングしてる異常者よ!!早く帰らないと…」

シンジ「言い過ぎだよ…アスカ…」

アスカ「あの女には優しいのね!私にはカスとか言う癖に!!」

シンジ「それはアスカが醤油をソイソースって言ったからだろぉ!!?」

ミサト「アンタ達、そんな事で喧嘩してたの…?」

リツコ「あなた達…」

リツコ「さっさと帰って頂戴」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:23:27.97 ID:dBaPjA0g0

レイ「おかえりなさい」

アスカ「アァ!?」イラッ

シンジ「ただいま」

アスカ「アァん!!!?」イラァッ

ミサト「レイ…どういう事?」

レイ「葛城一佐…お願いがあります」

アスカ「アンタバカぁ!?異常者のお願いなんて…」

ミサト「…一応、聞いておくわ」

レイ「アレを…」

ペンペンの部屋

アスカ「私の…部屋がぁあああああああ!!!!!!?」

レイ「私、ここにペンペンとして住みます」

アスカ「荷物!私の荷物は!!?」

レイ「全て燃やした」

アスカ「~~~~~!!!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:28:26.00 ID:dBaPjA0g0

レイ「葛城一佐」

ミサト「ダメよ」

アスカ「ミサトぉ!!」うるうる

レイ「一瞬お待ちを」

ゴキ…メキャ…バキ…

ペンペン「葛城一佐?」

ミサト「許可します」

アスカ「なぁああああんですってぇええええええ!!!!!?」

シンジ「ペンペンなら仕方ないよ…アスカ…」

アスカ「私はどうするのよ!!!!?私の荷物は!!?私の住む場所は!!!!?」

ミサト「そうねぇ…シンジ君と一緒にってのはダメだし…」

アスカ「あったり前よ!!」カァァ

シンジ「そうですよ!!ミサトさん!!」カァァ

ミサト「ペンペン、一緒に住んであげて?」

ペンペン「ええ」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:35:55.66 ID:dBaPjA0g0

アスカ「ちょぉおおっと待てぇええええい!!!」

ミサト「?」

アスカ「絶対おかしいわよ!!そんなの!!!」

ペンペン「何が?」

シンジ「そうだよ、全部燃やされたんだから借りなきゃいけないし…」

ミサト「私のは大き過ぎるものねー…」

アスカ「そういう問題じゃなくって…!!そもそもこの女が私の私物を燃やすから!!」

ペンペン「くわー?」

アスカ「殺してやる…殺してやる…殺してやる…殺してやる…殺してやる…殺してやる…殺してやる…殺してやる…」ブツブツ

ミサト「もう!アスカ!!同じチルドレン同士、同じ釜の飯を食う良い機会じゃない?」

アスカ「ハァアアアアア!!!!!?」

ミサト「和を持って尊しとなーす!あなたが来たばかりの時にも言ったわね?」

アスカ「それとコレとは話がちがぁあああああうっ!!!」

シンジ「もう…我が侭だなぁ…アスカは…」

ペンペン「我が侭は良くないわ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:41:41.53 ID:dBaPjA0g0

ペンペン「…」ごそごそ

アスカ「すぅ…すぅ…」

ペンペン「…」ごそごそ

アスカ「…んっ…あぁ…」

ペンペン「…」ごそごそ

アスカ「…あっ!あっ…あぁ…!!」

ペンペン「…」ごそごそ

アスカ「ん…うぅ…はぁっ…はぁっ…」

ペンペン「…」くちゅくちゅ

アスカ「~~~~~~~!!!」

ペンペン「…ふぅ」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:47:01.39 ID:dBaPjA0g0

シンジ「おはよう、ペンペン」

ペンペン「おはよう」

ミサト「おはよう…昨日は大変だったわね…」ふぁーあ

シンジ「あれ?ペンペン、アスカは?」

ペンペン「呼んで来るわ」

シンジ「うん」

ペンペン「…」ぺたぺた

アスカ「呼んだ?」

シンジ「おはよう、アスカ」

アスカ「おはよう」

ミサト「ペンペンー?洗顔持ってないー?」

アスカ「私、そういうの使わないから」

ミサト「へ?アスカは毎日使ってたでしょ?」

アスカ「そう」

ミサト「あー!レイに捨てられたからないのね?ペンペーン!?洗顔貸してぇー?」



73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:55:16.51 ID:dBaPjA0g0

アスカ「だから、ない」

ミサト「アスカ、私はレイ…いえ…ペンペンに言ってるの」

アスカ「だから、ない」

ミサト「ちょっと!アスカ、ペンペン呼んで来て?」

アスカ「わかった」

アスカ「…」メキャゴキバキャ

ペンペン「私、持ってないわ」

ミサト「へ?」

シンジ「凄いや!アスカもペンペンになれるんだ!?綾波に教えて貰ったの?」

ペンペン「碇君、私の事はペンペンって呼んで欲しい…昨日もそう言った」

シンジ「えっ…アスカでしょ?関節の外し方を教わったんじゃないの?」

ペンペン「しまった」

ミサト「ペンペン、詳しく…」

ペンペン「今朝、とてもお腹がすいたわ」

シンジ「そう言えばお寿司3貫しか食べてなかったね」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/10(土) 21:59:41.21 ID:dBaPjA0g0

ペンペン「そう…だから食べた」

ペンペン「丁度近くにあったから」

ペンペン「あまり美味しくなかったけど…」

シンジ「非常食?」

ペンペン「そう…コレ…」メキャバキゴキ

アスカ「あまり美味しくなかった」

シンジ「」

ミサト「」

シンジ「い…行ってきまーす」

ミサト「行ってらっしゃい…」

アスカ「私も…」メキャバキゴキ

レイ「行ってきます」

ミサト「行ってらっしゃい」

レイ「行ってらっしゃい…おでかけの言葉…ぽかぽかする…」

終劇


元スレ
アスカ「バカシンジ!ソイソース!!」シンジ「醤油って言えよカス」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1376123945/