SS速報VIP:幼馴染「男は、寝とられっていうのが、好きなの?」【エロ注意】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385739909/



1: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:45:10.01 ID:YRXEH4gx0

エロありです
NTR展開もあります、苦手な人は注意で

書きため投下、短いので一気に投下します


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1385739909




2: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:45:45.43 ID:YRXEH4gx0


男「は?」

幼「その……最近男のやってるのってそういうジャンル?なんでしょ?」

男「えっと……」

幼「あのね、男」

男「はい……」

幼「してあげよっか?」

男「はぁ?!」



3: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:46:13.31 ID:YRXEH4gx0


幼「あ、あの、そのっ!」

男「お前、意味わかって言ってるのか?」

幼「え、えっと……男は好きな人が他の人とエッチなことしてると……興奮しちゃうんだよね?」

男「……」

幼「それで、私たちはその、付き合ってるから、男は私のことが好きで」




4: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:46:44.65 ID:YRXEH4gx0


男「いいか、幼」

幼「はいっ?!」

男「寝とられってのはな、抜き目的だからいいんだ!」

幼「抜き?抜きって……」カアァァ

男「お前が寝とられるなんて想像したら俺は、俺は……」

幼「……興奮しちゃう?」

男「それは否定しないけど」



5: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:47:24.97 ID:YRXEH4gx0


幼「やっぱり……男が私に手を出してくれないのはそういう理由だったんだね……」

男「いやそれは違――」

幼「私、頑張るねっ!」

男「いや待てって、落ち着こう?幼」

幼「男のこと、大好きだから、男のためなら何だって出来ちゃうからっ!」

男「待って待って、これに関してはほんとに頑張られると」

幼「興奮しちゃう?」

男「はい……って違う!待って」



6: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:48:36.10 ID:YRXEH4gx0


幼「大丈夫だよ、男のために、私一肌ぬいでくるねっ!」

男「文字通りだな、ってやめろ!俺も最近になってからは見たことないのに他の人の前で脱ぐなんて」

幼「それは男が手出さないのが悪いんじゃん……」

男「くっ……じゃ、じゃあお前!」

幼「何ー?」

男「今おっぱい触らせてくれって言ったら触らせてくれるのかっ!」




7: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:49:07.86 ID:YRXEH4gx0


幼「いいよ?」

男「へっ?」

幼「ほら、おっぱいだよ」

男「目の前には二つの果実……身長に対してアンバランスな大きさのその果実はバランスを欠くことにより逆に幼の魅力を引き出し」

幼「下手な実況とかいらないから……触らないの?いいんだよ?」

男 ゴクリ

幼「……へたれ」




8: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:49:41.64 ID:YRXEH4gx0


男「あああああ!もうっ!そこまで言うなら触るぞ!触るからな!」

幼「あ、やっとその気になったね……どうぞ」ドキドキ

男 モミモミ

幼「あっ……ん……」

男「柔らかい……」モミモミ

幼 ドキドキ

男「やっぱ、でかいな」



9: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:50:46.47 ID:YRXEH4gx0


幼「男は、大きいのは嫌い?」

男「大好きです」

幼「良かった」

男「ふぅ……」

幼「もう、おしまいなの……?」

男「あぁ、満足だ」

幼「むー……」

男「?」



10: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:52:09.22 ID:YRXEH4gx0


幼「じゃあ、今日はもう帰るね?」

男「お?早いな」

幼「うん……ちょっとやる事が」

男「そうなのか?んじゃ、また明日かな?」

幼「そう、かな?」

男「?まぁお疲れ」

幼「うん、またね、男」




11: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:53:34.89 ID:YRXEH4gx0


・・・

男「幼から電話?もしもし」

幼『あ、男?』

男「幼、どうしたんだ?」

幼『んー、男ー?私、今何してると思うー?』

男「えっ、いや」

幼『あっ、ちょっと、まだ……』

男「まさか……」



12: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:55:44.08 ID:YRXEH4gx0


幼『えへへー、んんっ、今私はー、男じゃない人に、えっちなことしてもらってまーす!あんっ』

男「そんな」

幼『私、言ったよね?んっ、男のためなら、何だって出来ちゃう、あっ!って』

男「く……」

幼『どうー?男、興奮してるー?あっ、ちょっと激し……んぅっ』

男「おい、やめろ!」

幼『えー?やめちゃって、あっ、ん……いいのー?』



13: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:56:11.89 ID:YRXEH4gx0


男「そんな、誰と!いやどこいるんだよっ!」

幼『あっあっ、そんなとこ……え?男?なんか言ったー?』

男「くそっ」

幼『あー、切っちゃだめだよ?』

男「何で……」

幼『私が、男のために頑張ってるんだからぁ、あんっ、ちゃんと聞いててほしいなーって』

男「そんなの」



14: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:56:50.35 ID:YRXEH4gx0


幼『えー?おっぱい?いいよー、あっそうだ』

男「やめろって!」

幼『さっき、男は服の上からちょっと揉んだだけで満足しちゃったんだよねー?』

男「そうだけど……」

幼『じゃあ、今回は、全部脱いで、直接触ってもらいまーす!』

男「おい!おいっ!」

幼『あっ、そんないきなり……あんっ!』




15: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:57:17.50 ID:YRXEH4gx0


男「幼、もうやめてくれよ」

幼『そんなこと言ってー、興奮してるんでしょ?ってあっ、ダメ、乳首は、そんなっあっ』

男「くっ……」

幼『男ー?聞いて、んっ、るー?私、男が触ったことない、生おっぱい、触られて、喘いじゃってるのぉっんっ』

男「……」

幼『えっ、そんなとこまで、あっ、そんなの、入らないよぉ』

男「幼……」

幼『えー、これは……男のよりおっきいよぉ……ああっ』

男「俺の見たのなんてずいぶん前の話だろ!」



16: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:57:51.16 ID:YRXEH4gx0


幼『あはは、変な意地張っちゃってるよー、何言ったって男のなんてここにはなくて、今から入るのは』

男「おい……やめてくれって」

幼『ねぇっはあっ、はっ、あっ!いいっ!これすごいよっ!ねえ、男?聞いてる』

男「聞いてる……よ」

幼『あっ、イっちゃう、あっ、あっ、イキそ、あんっ、ねぇ、男、ねぇっ』

男「なんだよっ!」

幼『あのさっ、あんっ、一緒に、一緒にイこ?ねっ、あんっ、どうせ、興奮して、もう出そうなんで、しょっ?』

男「くっ……」



17: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:58:20.27 ID:YRXEH4gx0


幼『あんっ、私も、男の知らないところで、男がまだしたことないようなこと、いっっっぱいされちゃって、イっちゃうからっ、ねっ?一緒に』

男「……」

幼『あっ、そんな、あ、あっ、もう、はぁ、はぁ、あっあっあっ、イく、きちゃう、なんかきちゃ、あっイくううううんぅっんっ……はぁ、はぁ』

男「うっ……」

幼『はぁ、はぁ、イっちゃった、私……こんな激しいの、初めて、かも……はぁはぁ』

男「……」

幼『男もイけた?一緒に、はぁ、はぁ、ちょっと、待ってて、ね』

男「切れた……?なんだったんだよ……一体…………ふぅ……」




18: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:59:09.38 ID:YRXEH4gx0


・・・

幼「男ー……?」

男「お前……」

幼「うぅ……やっぱ怒って……」

男「まさかほんとにやるとは思わなかった」

幼「えっと、それなんだけど」

男「でも俺はそれでも、幼のことが好きだということもわかった」

幼「えっ?!はぅ……」



19: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 00:59:36.94 ID:YRXEH4gx0


男「というわけで襲う」

幼「何で?!」

男「初めては取られたが、そのままなんて俺は認めないっ」ガバッ

幼「あ……」

男「まずは胸から」

幼「脱がす……の?」

男「俺はまだ生で触らせてもらってないしな」




20: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:00:03.51 ID:YRXEH4gx0


幼「うぅ……恥ずかしい」

男「何をいまさらっ!」

幼「あんっ、男、強すぎ……」

男「下も脱がすからなっ」

幼「下!?」

男「もう俺以外の奴には見られてるんだろっ」

幼 カアァァァ

男「何でそんな恥ずかしがるんだよ」

幼「だって……あう……」




22: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:00:32.10 ID:YRXEH4gx0


男「挿入るからな!」

幼「待ってそんな!いきなりっ?」

男「だってお前……もうこんなびちゃびちゃじゃ」

幼「そっ、それは……!」

男「問答無用!」

幼「んっ……あっ!」

男「え……?」



23: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:00:57.96 ID:YRXEH4gx0


幼「はぁはぁ……ちょっと苦しいけど、やっぱりこれだけ濡れてたら痛くはないんだね?」

男「お前、何で……血が」

幼「えへへ……」

男「だって、さっき」

幼「男、騙された?」

男「えっ?」

幼「迫真の演技だったでしょー?」

男「演技って」



24: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:01:24.29 ID:YRXEH4gx0


幼「私が、男以外にえっちなことなんてさせるはずないじゃん」

男「なっ……」

幼「私ね、ずっと考えてたんだよ?」

男「何を?」

幼「男が手を出してくれるには、どうしたらいいかなーって」

男「それで……?」

幼「男を興奮させたら襲ってくれないかな、どうしたら男は興奮するのかな、って」

男「最近やたら抜きゲやらエロサイトチェックされてたのって……」




25: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:01:53.48 ID:YRXEH4gx0


幼「えへへ、最初はね、絶対他の人にされるのなんて嫌だ!って思ってたんだけど」

男「おう……」

幼「別に、男にそう思わせればほんとにしなくてもいいじゃんっ!って気付いて」

男「それで、電話で……?」

幼「大成功?」

男「馬鹿っ!俺がどれだけ……」

幼「興奮したと思ってるんだ?」

男「うるさい」

幼「あいたっ、ごめんってば」



26: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:02:21.46 ID:YRXEH4gx0


男「まぁでも、俺がへたれすぎたからこんなことさせちゃったんだよな」

幼「そうだよっ!」

男「だからってやりすぎだっ!」

幼「それは……ごめんなさい」

男「まぁだからその分、今から仕返しするから」

幼「えっ、あっ、だめ……」

・・・



27: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:02:54.05 ID:YRXEH4gx0


男「上機嫌だな」

幼「ちょっと予定とは違うけど、目的は果たせたからねー」

男「俺はまんまと幼の策にはまったわけか……」

幼「私だって、恥ずかしかったんだからねっ!あんなことするのっ!」

男「そりゃまぁこっちが完全に勘違いするくらいだったもんなー……」

幼「うぅ……あんな激しくイったの、ほんとに初めてだったんだからね」

男「えっ」

幼「えっ?」



28: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:03:22.29 ID:YRXEH4gx0


男「ほんとにイってたのか?」

幼「あっ、あわわ……あう……」

男「てことはあの時の喘ぎ声は全部……」

幼「うー……一人エッチの声、です」

男「まじか……」

幼 カアアアアアアア




29: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:04:06.43 ID:YRXEH4gx0


男「いつもあんな激しいのか?」

幼「違うよっ!初めてって言ったでしょ!」

男「あー、そうだった」

幼「あああああああ!今になるとほんとに恥ずかしいよぉ……私、変なこと言ってなかった?」

男「いやむしろ変なことしか言ってなかっただろ」

幼「あぅ……」



30: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:04:43.18 ID:YRXEH4gx0


男「まぁでもその迫真の演技のおかげで俺は」

幼「興奮したんだよね?」

男「はいはい確かにそうだが、もうやるなよ」

幼「大丈夫っ!もうやらなくても、ちゃんと私のこと見てくれるでしょ?」

男「別に幼のこと見てなかったわけじゃないだろ?」

幼「でも、私には手出してくれないのにああいうゲームとかばっかりっていうのは、ちょっと悔しいっていうか……」

男「……そんなんに嫉妬してたのか」




31: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:05:10.21 ID:YRXEH4gx0


幼「うぅ……男が手出してくれなかったのが悪いんだからねっ!」

男「ごめんごめん」

幼「むしろあんなに頑張ったんだからもっと感謝してほしいくらいだよっ!」

男「方向性はともかく頑張りはまぁ、ありがとう」ナデナデ

幼「えへへー、どういたしまして」

男「まさかあそこまでやるとは思わなかったけどな……」



32: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:06:02.73 ID:YRXEH4gx0


幼「言ったでしょー?」

男「ん?」

幼「男のためなら何だって出来ちゃうって!」

男「……その台詞はちょっとトラウマになりそうなんだけどな」

幼「えー」


終わり



33: ◆ARrMQ85OWk 2013/11/30(土) 01:09:34.16 ID:YRXEH4gx0

短いですがこれで
呼んでくれた方ありがとうございました



元スレ
SS速報VIP:幼馴染「男は、寝とられっていうのが、好きなの?」【エロ注意】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385739909/