1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:39:23.04 ID:PNqcZ3Bb0

シンジ「へぇー新しいジオフロントができたんですか」

ミサト「そうよ秘密裏に工事してきたからわからなかったでしょうけど昨日最後の工事が終わった所よ」

ミサト「通称ネオジオフロント。この列車は今そこに向かってる所よ」

シンジ「安直な名前ですねフフッ」

アスカ「なんだか今日は楽しめそうね~フフフ」

マリ「ワクワクするニャーにゃはははは」

レイ「こんなときどうすればいいかわからないの」

カヲル「リリンは楽しそうな雰囲気でいたら笑うものさ」

レイ「・・・」ニコリ



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:42:25.83 ID:PNqcZ3Bb0

NERV

日向「笑顔感知カメラ作動します!!」

青葉「感度良好!!チルドレン達の監視を開始!!」

マヤ「笑顔100パーセントです!!」

冬月「始まるな」

ゲンドウ「ああ」ニヤリ



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:44:14.06 ID:PNqcZ3Bb0

ミサト「ついたわよ~」

プシュー

シンジ「うわぁ~ここがそうなんだ楽しみだなぁーハハハ」

アスカ「すごおおい!!まだ入口よね!?フフフ」

マリ「早く行こうぜ~」

レイ「みんな楽しそうだとポカポカする」

カヲル「ハハハシンジくんが楽しそうだと尚更だよ」

ミサト「入る前に言っておく事があるわ」

チルドレン達「?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:45:44.18 ID:PNqcZ3Bb0

ミサト「今からみんな絶対に笑ってはいけないわ」

アスカ「はぁ?何よいきなり」

シンジ「・・・嫌な予感がする」

マリ「にゃんでにゃんでー」

ミサト「碇司令によると使徒がここ最近こなくなってチルドレン達が平和ボケしてるから根性を叩き直すって事らしいわ」

シンジ「父さんなにをわけのわからない事を・・・」

アスカ「へぇーでも面白そうじゃない!笑わなければいいんでしょー?フフフ簡単よ!」

マリ「あっ」

デデーンアスカアウト



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:47:13.68 ID:PNqcZ3Bb0

黒服「・・・」ダダダダ

アスカ「えちょなによあんたた

黒服「・・!!!」ブン

スパァン

アスカ「いったぁい!!!」

シンジ「うわぁ・・・」

レイ「・・・」

マリ「いったそー」

カヲル「これはこれはリリンは恐ろしいねぇ」

ミサト「こういう事になるから気をつけて」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:49:00.99 ID:PNqcZ3Bb0

ミサト「では碇司令がお呼びだからみんな行くわよ」

シンジ「今から笑っちゃダメなんだよね?」

レイ「そうみたい」

アスカ「ちょっとこれエコヒイキずるくない?」

レイ「なぜ?」

アスカ「あんた人形のくせに笑ったりとかするの!?しないでしょ!」

レイ「・・・」ジッ

アスカ「何よ・・・」

レイ「・・・」

アスカ「何よその目・・・」

ちなみに前にもやって投げた



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:50:36.94 ID:PNqcZ3Bb0

レイ「・・・」ジッ

アスカ「なっ何か言いなさいよ・・・」

レイ「」

アスカ「」

アスカ「ふふふふふふふ」

デデーン アスカ アウト

スパァン

アスカ「いたぁ!!!!」

シンジ「と・・・とにかく行こうよ・・・」

マリ「にゃー」

カヲル「楽しくなりそうな日だ」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:51:29.69 ID:PNqcZ3Bb0

ミサト「ここよさっそく入るわよ!」

ウィーン

マダオ「・・・」


シンジ「・・・」

マリ「・・・」

カヲル「・・・」

レイ「・・・」

アスカ「・・・」

ミサト「えっ誰」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:52:53.65 ID:PNqcZ3Bb0

ミサト「あれ?碇司令?」

マダオ「私がNERVの司令である碇ゲンド

ガチャ

ゲンドウ「すまない遅くなっ

ゲンドウ「」

マダオ「」

ゲンドウ「誰だ貴様」

シンジ「ブフっ」

デデーン シンジアウト



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:55:47.32 ID:PNqcZ3Bb0

スパァン!!!!

シンジ「ああっ!!!」

ゲンドウ「貴様は誰だと言っている」

マダオ「えっ?ちょっ話違くないすか?なんか俺ここで座ってるだけで金もら



ゲンドウ「つまみだせ」

黒服「・・・」

マダオ「おい!!ちょっとおお!??金・・・!!!」

ゲンドウ「ふぅ・・・」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 23:57:59.43 ID:PNqcZ3Bb0

ゲンドウ「私がNERV司令長官碇ゲンドウだよろしく言っておこう」

ゲンドウ「みんなには改めて自己紹介してもらおう」

シンジ(ええ?みんな知ってるのに・・・)

ゲンドウ「貴様からだ」

アスカ「私!?し・・・式波アスカラングレーです・・・」

レイ「綾波レイです」

マリ「マリだにゃー」

カヲル「渚カヲルです」

ゲンドウ「よし下がれ」




シンジ「」

シンジ「えっ」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:00:38.05 ID:PNqcZ3Bb0

ゲンドウ「チルドレン達には控室が設けてある」

シンジ「あれ父さん」

ゲンドウ「今からそこに葛城一佐に案内してもらう」

シンジ「お父さん?お父さーん」チラッ

アスカ「」

シンジ「」

アスカ「ふっ


デデーン アスカ アウト

アスカ「ちょっとまってこれ

スパァン!!!!



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:02:57.93 ID:9imtiUgv0

ミサト「行くわよー」

シンジ(父さんのスルー危なかったなー)

トテトテ

マリ「ホモさー」

カヲル「なんだい?」

マリ「語尾にベイビーつけたら花輪くんだよねー」

ピタッ

シンジ(笑っちゃダメだ笑っちゃダメだ)

アスカ「」プルプルプル

レイ「・・・」

カヲル「葛城一佐に置いてかれるよベイビー」

アスカ「卑怯よ・・・卑ふっ・・・」
デデーン アスカ アウト



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:05:53.34 ID:9imtiUgv0

ミサト「ついたわよ~」

ミサト「ここが控室よ。今日の見学はプログラムに乗っとってやるから時間が来るまで待っててね~」


シンジ「ふぅようやく落ち着いた」

アスカ「さっきから私ばっかり・・・」

レイ「笑うからよ」

マリ「しっかし粗末な控え室だねー机と画面とかだけじゃん」

カヲル「引き出しはなんかあるのかいベイビー」

ガラッ



30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:07:57.76 ID:9imtiUgv0

つDVD

カヲル「こんなのが出てきたよベイベェ」

マリ「ホモそれ語尾やめてにゃ」

レイ「そのプレーヤーの中に入れるのだと思う」

シンジ「入れよっか・・・リモコンで・・・」ピッ

ヴォン

アスカ「NERV機密情報?1~3まであるわ」

チルドレン達「・・・」

シンジ「1からみよう・・・」

ピッ

シンジ「なんか嫌な予感する・・・」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:09:11.80 ID:9imtiUgv0

3・・・2・・・1

ゲンドウ『なんだ?これは?ペヤング超大盛りだと?』

ゲンドウ『何?これを作ってみろだと?』

ゲンドウ『バカにするな冬月。いくら家事をしない私でもこれくらいの事はできる』

マリ「」ピクピク

シンジ「ダメだってこんなのふふふふ

デデーン シンジ マリ アウトー

スパスパァン!!!!

シンジ「あ"あ"!!!」

マリ「いってええ!!!」

カヲル「」←口抑えてる



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:11:52.37 ID:9imtiUgv0

ゲンドウ『まずどうすればいいのだ』

ゲンドウ『このかやくを入れればいいのだな?』

ザーッ

ゲンドウ『何だと!?ソースは後入れだと!?それを早く言え!!』

アスカ「ぶふぉ

デデーン アスカアウトー

スパァン!!!!

アスカ「いやぁん!!!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:14:01.39 ID:9imtiUgv0

ゲンドウ『・・・仕方が無い後からブルドックソースを入れる・・・』

ゲンドウ『何々?お湯を注いで三分・・・』

・・・・

ゲンドウ『3分たったぞ冬月』

冬月『楽しそうだな』

ゲンドウ『何?湯きりをするのか?このシンクにか?・・・焼かないのなら焼きそばでらないな・・・」ドボドボ

ボコん!!

ゲンドウ『ウワァッツ!!!』

デデーンシンジアウト

スパァン!!!!

シンジ「いたい!!!」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:15:56.08 ID:9imtiUgv0

ゲンドウ『なんだこれは!?』

冬月『よくある事だ』

シンジ「お父さんのあんなところ見たことない・・・」

アスカ(危ない危ない)

ゲンドウ『それにしても量が多いな私一人では

ダバァ

ゲンドウ『うおおお!!麺がこぼれたぞ!!』

ジュルルルー←シンクに吸い込まれる音

ゲンドウ『待て!まだ私は食べてないぞ!笑うな冬月!』

ピッ



シンジ「ふう・・・意外とお父さんお茶目なんだね・・・」

マリ「あのヒゲ可愛くみえてきたにゃ・・・」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:17:50.87 ID:9imtiUgv0

レイ「映像はあと2つ」

カヲル「3番をいってみようよ」

ピッ

3・・・2・・1

ヴォン

アスカ「?・・・研究室?」

『ウィーン』

リツコ『・・・』コツコツ

シンジ「リツコさんだ」

リツコ『ふー・・・』

マリ「座った」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:20:11.37 ID:9imtiUgv0

リツコ『・・・』ガサゴソ

リツコ『・・・///』

カヲル「バッグから木の棒二つ?なんだいアレは」

リツコ『・・・』ガタッ

マリ「立ったよ」

リツコ『・・・ッハッ!!』

ブンブンブンブン

アスカ「えひぇひぇひぇひぇ

カヲル「」ブッー

シンジ「太鼓だ・・・エアー太鼓の練習だ・・・ふぇっ

マリ「見ない絶対見ない絶対見ない」

デデーン シンジ アスカ カヲル アウトー

スパスパスパァン!!!!

元ネタがわからない人は
リツコ 太鼓でググってくれ
http://i.imgur.com/JCMGziL.jpg



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:24:26.45 ID:9imtiUgv0

レイ「あとは2番だけね」

アスカ「ちょっとあんた強すぎじゃない?」

シンジ「待ってこのDVDって別に見なくてもいいんじゃない?」

カヲル「僕は碇くんの意見に賛成だよ」

レイ「でも用意されたものなのだから見るのは義務だと思うわ」

マリ「ちょっと君楽しそうだよねー」

レイ「・・・」ピッ

3・・・2・・・1

アスカ「あんた勝手に!!!」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:26:52.07 ID:9imtiUgv0

NERV内廊下

レイ『・・・』 トテトテトテ

レイ「!!!!」

マヤ『パターン青!!レイです!!』

レイ「??????」

デデーン レイ タイキックー

レイ「」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:30:18.30 ID:9imtiUgv0

ヒャララーピーヒャララー

キックボクサー「・・・」ズカズカ

レイ「まって」

ズバァン!!!!

シンジ「うっわ・・・」

アスカ「当然の報いね」

マリ「うわぁ・・・」

レイ「痛い・・・痛い・・・」
ウィーン

ミサト「お待たせーこれからあなた達の新プラグスーツの試着しに行くから用意してー」

チルドレン「はーい」

レイ「痛い・・・」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:34:56.12 ID:9imtiUgv0

~廊下~

マリ「なんか見てるとあんま変わり映えしないねここー」トテトテ

アスカ「あっロン毛の人」

青葉「ん?」
ガシャン
青葉「おおっ!どうだいネオジオフrーっ・・・・
ガシャン

カヲル「・・・今床が」

シンジ「落ちたね・・・」

カヲル「かわいそうに・・・・」

レイ「ご愁傷さま」

全員セーフ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:37:43.44 ID:9imtiUgv0

ミサト「ついたわよーここが更衣室だから着替えてね!外で待ってるから」

マリ「じゃ女の子はこっちにゃー」

アスカ「覗くんじゃないわよエロシンジ!!」

シンジ「覗かないよ!!」

マリ「私は見て欲しいけどねー」

アスカ「はぁ!?」

レイ「早く行きましょう」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:39:46.63 ID:9imtiUgv0

男子更衣室

シンジ「お尻叩かれるの凄く痛いね」ヌギヌギ

カヲル「そうだねでも僕も意外と笑える事に気づいたよ」ヌギヌギ

シンジ「ハハッ!そうだねカヲルくんがそうい

デデーン シンジアウトー


シンジ「えっ!?今のもだめなの!?えっ!?

スパァン!!!!


女子更衣室

レイ「メガネの人胸大きい」

マリ「でっしょ~?ワンコくんの視線をひしひしと感じるもんね~」

アスカ「エコヒイキも中々・・・

デデーン シンジアウト

マリ「えっ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:43:14.82 ID:9imtiUgv0

シンジ「いったいなぁ・・・」

カヲル「まさかアレまでダメとはね」

シンジ「油断できな・・・いね・・・」

カヲル「どうしたんだい?」プイーンプイーン

シンジ「なんだよそれ・・・」

カヲル「どうやら新型プラグスーツのようだね股間に着いてる白鳥が洒落てるね」

シンジ「ふぃひ

女子更衣室

アスカ「新型プラグスーツって何が変わったのかしら?」

レイ「少し密着感がなくなったみたい」

マリ「動きやすい気がするー」
デデーン イカリアウトー

アスカ「また?」



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:45:57.54 ID:9imtiUgv0

※股間の白鳥のイメージ
http://i.imgur.com/NBAsUot.jpg

ミサト「みんなそろったわねー?」

マリ「」
アスカ「」
レイ「はい」
シンジ「カヲルくん・・・」
カヲル「次にする事は?」プイーンプイーン
アスカ「なっ・・・」

カヲル「・・・」ユラユラ

アスカ「何よそれふふふふ


デデーン アスカ アウトー

スッパァン!!!!



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:48:51.21 ID:9imtiUgv0

ミサト「その新型プラグスーツでのシンクロテストをおこなうわ!」

ミサト「じゃぁ出発よ!」

トテトテトテ

マリ「・・・」

カヲル「ふんふんふーん♫」プイーンプイーン

レイ(メガネの人、フィフスの白鳥に釘付け・・・)

マリ「にゃっ!」ガシッ←白鳥の首をつかんだ

カヲル「あぁっ!////」ピクン

レイ「」フヒュ

デデーン レイ アウトー

シンジ アスカ「えっ」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:50:53.47 ID:9imtiUgv0

ズバァン!!!!!!

レイ「あ"っ!!!!」

マリ「うあっ!!今のはエグいよぉ・・・」

アスカ「うわぁ・・痛そうね・・・」

レイ「いっ今のはメガネの人卑怯だわ」

マリ「ごみーん揺れてるもの見るとつい」

カヲル「今のは不意打ちだったよ////」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 00:56:29.26 ID:9imtiUgv0

アスカ「どうしたのよエコヒイキ」

シンジ「知らない方が良いことじゃないかな?・・・」

アスカ「そっそうね」

シンジ「うん?」

マヤ「ああんもう!どこなのよー!」

シンジ「マヤさん?どうかしたんですか?」

マヤ「ああみんなこんにちわ、えっとね私が大事にしてたアクセサリーが見つからないのよーシンジくん知らない?」

シンジ「ええ?僕は見てないですね」

マヤ「そっかー・・・じゃああそこかな?」スタスタ

シンジ「何だったんだろ?」

レイ「さあ?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:04:27.16 ID:9imtiUgv0

ミサト「着いたわよ~!じゃあさっそく行うわ!!用意して!!」

シンジ「ようやくちゃんとした雰囲気になって来たね」

アスカ「全くよ・・・」

マリ「楽しみ楽しみ~」

カヲル「そうだね」ユラユラ



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:08:38.15 ID:9imtiUgv0

~シンクロテスト終了~

男子更衣室

シンジ「何かあるのかと思ったけど何もなかったね」ヌギヌギ

カヲル「そこらへんは真剣なのが可笑しいね」

ピンポンパンポーン

『NERV職員たち及びチルドレンは大至急第一広場にお集まりください繰り返します・・・』

シンジ「?なんかあるのかな?よき着替え完了」

カヲル「なんだろうね」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:11:24.04 ID:9imtiUgv0

ゾロゾロガヤガヤ

マヤ「・・・」

シンジ「あれ?マヤさんだ」

マリ「さっきのアクセサリーの件じゃないかにゃ?」

シンジ「えー?この為だけに?」

冬月「・・・」スタスタ

ザワザワ



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:15:47.12 ID:9imtiUgv0

冬月「君たちに集まってもらったのは他でも無い」

チルドレン&NERV職員達「?」

冬月「今ここにいる職員、伊吹マヤ君が大切にしていたアクセサリーが盗まれた」

シンジ「あーやっぱりかー」

冬月「どうやらそのアクセサリーは親の大切な大切な形見らしい」

冬月「盗んだ者は正直に名乗り出ろ」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:18:51.54 ID:9imtiUgv0

ガヤガヤ ザワザワ

冬月「居ないのか往生際の悪い奴だ」

冬月「では全員!!ポケットを改めろ!!」

アスカ「何よめんどくさいわねー・・・」ガサゴソ

マリ「あるわけないのにー」ガサゴソ

レイ「・・・」ガサゴソ

シンジ「一応見ておk ガサゴソ

ジャラ

シンジ「」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:23:24.86 ID:9imtiUgv0

カヲル「シンジくん・・・まさか君が・・・」

シンジ「えっ?違うよ!僕じゃない!!」

冬月「どうやら犯人が見つかったようだな・・・」

マヤ「ああ!!返して!!」バッ

マヤ「人のものを盗むなんて最低よ!!シンジくん!!」

冬月「碇の子息・・・こっちへ来い・・・」

シンジ「違うよ!!信じてよ!!そうだ!!シンクロテストの時に入れられたんだよ!!」

冬月「往生際が悪いないいからこっちへ来い・・・」ズカズカ

シンジ「うわぁ!!来ないで!!」

アスカ「ぷくくくく



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:28:17.72 ID:9imtiUgv0

冬月「来いっ!!」ガシ

シンジ「うわぁぁぁ!!怖いよぉ!!」ズルズル

冬月「いくら司令の息子であってもやって良い事と悪い事がある」スッ

シンジ「えええ!?だから僕じゃない!!本当だよ!!」

冬月「フン!!」ビュ

ビシャーン!!!!!

シンジ「・・・・」

アスカ「ひぇひぇひぇひぇ

レイ「可哀想・・・」

シンジ「控室に戻ろう・・・」

デデーンアスカアウトー

スパァン



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:33:06.49 ID:9imtiUgv0

~控室~

シンジ「とんだ災難だ・・・」

マリ「まぁまぁ」

カヲル「・・・引き出しってまだまだ色々あるんじゃないのかい?」

レイ「ええそんな気がするわ」

アスカ「私の机からいってみる?」ガラッ

アスカ「・・・」

つボタン



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:41:28.16 ID:9imtiUgv0

アスカ「ボタンね・・・」

マリ「押してみなよ姫~」

アスカ「嫌よ!絶対私がアウトになるに決まってるわ!!」

マリ「そんなのわかんないジャーン」

カヲル「そうだよ男は度胸さ」

アスカ「私は女よ!!」

シンジ「男勝りじゃないか・・・」

アスカ「うるさいわね!!!!・・・」

アスカ「・・・」ポチッ

デデーンアスカアウトー



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:50:04.58 ID:9imtiUgv0

ミサト「何やら楽しそうね~さぁこれからエバーを使った戦闘訓練を行うわよ~」

アスカ「楽しくない!!」

スパァン!!!

アスカ「痛い!!!」

シンジ「なんか一日に色々詰め込みますね」

ミサト「ちなみに今日はここで寝てもらうから」


チルドレン「ええええ」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:53:09.61 ID:9imtiUgv0

マリ「お泊まり会だ~!楽しみ~!」

シンジ「そんな・・・じゃあ一日中笑っちゃ

ミサト「ダメよ」

シンジ「そんなぁ・・・」

カヲル「ちょっとそれはキツイね」

レイ「私は平気」

ミサト「ふふふふまぁご飯とかは好きなものをだs

デデーン カツラギ アウトー

ミサト「えっ」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:57:59.10 ID:9imtiUgv0

ミサト「なによこれぇ!私は関係・・・

スパァン!!!!

・・・・
・・・
・・


シンジ「で戦闘訓練は良いんだけどさ」

初号機『この三人だけなんだね』

弐号機『理不尽ね』

零号機『何が起こるかわからない』



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 01:59:56.25 ID:9imtiUgv0

初号機『思ったんだけどさ』

弐号機『何よ』

初号機『この状態で笑ったらどうなるんだろう?』

弐号機『・・・・』

零号機『・・・・』

弐号機『エコヒイキ笑ってみなさいよ』

零号機『嫌』



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:13:50.51 ID:9imtiUgv0

弐号機『でもエヴァに乗ってる限りお尻を叩かれるのは無いんじゃないの?』

初号機『そうだよ!戦闘訓練だからみんな真剣にやってるんだしさ』

零号機『・・・・』

初号機『多分大丈夫だって!』

零号機『・・・』

レイ「・・・フフ」

デデーン レイ アウトー



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 02:24:55.72 ID:9imtiUgv0

初号機『うわ!・・・どうなるんだろ・・・」

弐号機『ん?あれは・・・』

参号機「」ガションガション

零号機『』ビク

参号機「」つ鉄パイプ

ブン

バギィッ!!!!!

零号機「ぁ"!!!!!」

参号機「」ガションガション

弐号機『去って行くわね・・・』



139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 08:53:46.42 ID:9imtiUgv0

初号機『どう?綾波?』

零号機『痛い・・・・』

弐号機『やっぱり痛いのね・・・』

零号機『なぜ私だけ威力かわ高い奴なの』

弐号機『なぜって・・・あんたあまり笑わないからじゃない』

零号機『なぜ笑ってはいけないの?』

弐号機『私に言わないでよ・・・笑ってはいけないって向こうが決めたんじゃない・・・』ニヤ

零号機『私にも感情はある、私は人形なんかじゃない』

弐号機『急にどうしたのyふふふふふふ

デデーンアスカアウトー

零号機『よし』



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 08:58:25.78 ID:9imtiUgv0

初号機『嬉しそうだね』

零号機『今の私、すごくぽかぽかしてる』

参号機「」ガションガション つ鉄パイプ

弐号機『いやあああ!!!!』

ビュン ズギャァン

弐号機「ぬ"っっ!!!!!」

初号機『ぶふぅ』

デデーンシンジアウトー

初号機『違う!!クシャミだよ!!』

参号機「」ガションガション つ鉄パイプ

ビュッ バギャァ

初号機「も"っ!!!!!」



141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:03:45.98 ID:9imtiUgv0

~NERV内モニター~

カヲル「エヴァがお尻さすりながらうずくまってるのは面白いね」

マリ「」

カヲル「君さっきから5回くらい叩かれてるじゃないか」

マリ「だってだって・・・」

デデーンシンジアウトー

チガウヨ!!! クシャミダヨ!!!

モ"ッ!!!!!

カヲル「お尻をさすってうずくまってるのが二体に増えたよ」

マリ「・・・にゃふふふふふ

デデーンマリアウトー



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:10:07.33 ID:9imtiUgv0

スパァン!!!!

マリ「に"ゃっ!!」

マリ「いってえええ」

カヲル「もはや戦闘訓練ではないね」

マリ「ホモも何気に強いよね~」

カヲル「暇だね」

マリ「引き出し開けてみよ~」ガラ

マリ「またボタンだにゃ」



144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:13:17.39 ID:9imtiUgv0

つボタン

カヲル「・・・僕が押してみても良いかい?」

マリ「いいよぉ?」

ポチ デデーン アスカ アウトー

マリ「おっかわいそ」

・・・
・・


デデーンアスカアウトー

弐号機『』


初号機『・・・・』プルプル

零号機『よし』グッ



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:16:59.39 ID:9imtiUgv0

弐号機『誰よ!!!!』

参号機「」ガションガション

初号機『控室に待機してるカヲルくん達じゃないかな?』

弐号機『あいつらああああ!!!』

~控室~

バギィッ ぁぁ" !!!!

マリ「うわぁいったそー」

カヲル「・・・これもう一回押してみるとどうなるんだい?」

マリ「さぁ?もうならないんじゃないかにゃ?」

カヲル「・・・」ポチ

デデーンアスカアウトー



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:20:35.56 ID:9imtiUgv0

弐号機『いったあい・・・』

零号機『今のは痛そう』

デデーンアスカアウトー

弐『』

初号機『笑っちゃダメだ笑っちゃダメだ笑っちゃ

弐『うがあああ!!!!』

参「」ガションガション



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:24:15.72 ID:9imtiUgv0

~控室~

カヲル「」プルプル

マリ「」プルプル

カヲル「あっアレだねぇ、他人事だと凄く面白いね」

マリ「ふっ・・・もっかい押してみる?」

カヲル「ぐっ///・・・」ポチ

ポチポチポチポチポチポチ

マリ「ひゃひゃひゃひゃひゃ

デデーンアスカ 7回 アウトー



152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:26:17.17 ID:9imtiUgv0

弐『痛い・・・痛い・・・やめて』

デデーンアスカ

弐『』

7回アウトー

弐『??????』

初『』コヒュ

シンジアウトー

参「」ガションガション



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:30:13.11 ID:9imtiUgv0

~戦闘訓練終了~

マリ「おかえり~」

カヲル「やぁ」

アスカ「あんた達」ゴゴゴゴ

マリ「にゃっ・・・」

アスカ「めっちゃ痛かったから・・・」

カヲル「災難だったねぇ」

アスカ「フン!!!!」バギィッ

カヲル「ブベラ

アスカ「ふぅスッキリした」

カヲル「酷い・・・」

マリ「まぁ犯人こいつだから自業自得だにゃ」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:35:08.94 ID:9imtiUgv0

ミサト「はいみんなお疲れ様~朝早くから疲れたでしょうからこれから食事休憩にするわよ~」

チルドレン「やったー」

ミサト「食事は食堂でとるから今すぐいくわよー!」

チルドレン「はーい」

トテトテトテ

シンジ「ミサトさん?食堂ってどんな感じですか?」

ミサト「うん?普通よ!食券買っておばさんに渡して取るって形よ」

アスカ「なーんだ極上のステーキとか食べられるんじゃないのね~」

シンジ「なんか嫌な予感がするなー」



156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:40:33.15 ID:9imtiUgv0

~NERV内食堂~

ミサト「着いたわよー!じゃあ適当に食券買ってー!」

シンジ「何食べようかな」

マリ「うん?これ良いんじゃないワンコくん」

シンジ「うん?」

【司令碇ゲンドウの愛情たっぷりオムライス】

シンジ「フヒュ

デデーン シンジ アウトー



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:44:09.93 ID:9imtiUgv0

スパァン!!!!

アスカ「何よこれ・・・」

レイ「絶対に頼まない」

カヲル「先に行ってるよ」

マリ「リツコの厚化粧ハヤシライスってのもあるにゃ」

アスカ「つまんない上に食べる気無くすわね」



158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:47:27.25 ID:9imtiUgv0

シンジ「カヲルくん何したの?」

カヲル「サバの味噌煮定食だよ」

シンジ「あっ一緒だね!」

カヲル「それは奇遇だね嬉しいよ」

シンジ「そこのおばさんに渡すのか・・・な?・・・

ゲンドウ「・・・」



160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 09:54:30.80 ID:9imtiUgv0

シンジ「父さん何してるの」

ゲンドウ「父さんではない食堂スタッフのおっさんださっさと食券を渡せ」

食堂のおばさん「碇さん!?次の注文なに!?早くして!!?」

ゲンドウ「あっえっとサバの味噌煮定食を二つだ」

食堂のおばさん「えっ!?サバ味噌ね!!?ホラホラ早く準備の手伝いして!!」

ゲンドウ「えっいやっ

食堂のおばさん「司令だかなんだか知らないけど突っ立ってるだけじゃ邪魔なんだから!!!早く!!!」

ゲンドウ「あっはい待ってくれ

シンジ「」プルプル

カヲル「大変だねぇ」



162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:00:00.63 ID:9imtiUgv0

食堂のおばさん「ほらご飯ご飯よそって!!!」

ゲンドウ「しゃもじが無いぞ」

食堂のおばさん「ここよ!!!ここ!!!」

ゲンドウ「ああ」

食堂のおばさん「それ味噌汁の茶碗!!!」

ゲンドウ「おっと」オロオロ

食堂のおばさん「ああー!!もうそれはカレー用の器よ!!!!」

ゲンドウ「あれっ」オロオロ

カヲル&シンジ「ふひっ

デデーン シンジカヲルアウトー



164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:09:08.07 ID:9imtiUgv0

シンジ「ちょっと可哀想だったね」

カヲル「そうだね」

マリ「ふー!!ごはんごはーん!!」

アアーチガウ!!!!!
モンダイナイ
アナタナメテルノ!!!!?スパァン!!!!
アダッ スマナイ

シンジ「アスカ何にした?」

アスカ「ハンバーグ定食よ!エコヒイキはラーメン・・・」

レイ「お肉は食べられない」

シレイ!!!?シラナイワヨ!!!!スパァン!!!!
タタカナイデクレ



167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:14:12.20 ID:9imtiUgv0

パクパクモグモグ

アスカ「ん?」

青葉「ふう災難だった・・・」

マリ「あっさっき落ちたロン毛ー!」

青葉「ようやく飯にーーっ ガシャン

ガシャン

シンジ「・・・また床が開いて落ちたね」

カヲル「可哀想に」モグモグ

レイ「ご愁傷さま」ズルズルー

全員セーフ



168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:19:26.88 ID:9imtiUgv0

チルドレン「ごちそうさまでした」

ミサト「少し食休みを取るわよー!」

ミサト「次は新型MAGIの見学に行くからね~」

チルドレン「はーい」

マリ「MAGIってあれ?あのなんでも質問とか計算とか答えてくれる」

アスカ「マギー審司じゃない?」

マリ「えっ」

シンジ「えっ」

カヲル「うわっ」

レイ「・・・」

アスカ「えっいやそのね



169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:22:08.27 ID:9imtiUgv0

アスカ「えっとMAGIとマギー審司を掛けたのよ!!!」

シンジ「そんなのわかるよ・・・問題はものすごくつまら

シンジ「僕もシンジじゃないか」

シンジ「ふっ

デデーン シンジアウトー

スパァン!!!!

マリ「」プルプル

カヲル「まさか自分で笑うとはね」

レイ「私も危なかった」



171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:26:30.72 ID:9imtiUgv0

アスカ「ほらね!!?面白いから笑ったんでしょ!!?」

シンジ「違うよ・・・油断しただけでつまらないよ」

アスカ「じゃああんた面白い事やってみなさいよ」

シンジ「えええ」

カヲル「ちょっと興味あるよ」

レイ「碇くんポカポカしたい」



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:29:17.94 ID:9imtiUgv0

シンジ「ええ・・・じゃぁ」

シンジ「とっとこハム太郎のこうしくんの真似するよ・・・」

周り「・・・」


シンジ「ハムタロサァンwww」

アスカ「・・・」

カヲル「・・・」

マリ「・・・」



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:37:19.33 ID:9imtiUgv0

ミサト「みんないくわよ~」

アスカ「さっさと行きましょ~」

カヲル「そんな落ち込まないでシンジくん」

シンジ「」ズーン

マリ「新型のMAGIってどんな機能がついたの?」

ミサト「喋れるようになったみたいよ?今日私も初めてみるからよくわからないわ」

マリ「へー」

イカリサン!!!? カレーニフクジンヅケ イレスギ!!!!

ワタシハコレクライイレルゾ

スパァン!!!!

タタカナイデクレ



178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:47:17.37 ID:9imtiUgv0

リツコ「いらっしゃい」

シンジ「これが新型MAGI」

リツコ「そうよ直接話し掛けるだけでなんでも答えてくれるわ」

マリ「へー」

リツコ「見学なら丁度いいわ質問してみなさい」

マリ「赤木博士がよく着ける下着の色は!?」

MELCHIOR「紫」

BALTHASAR「紫」

CASPER「紫」

リツコ「ちょっ!

デデーン アスカ レイ マリ アウトー



183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:51:49.85 ID:9imtiUgv0

スパァン!!!!

マリ「にゃはははは」

シンジ「・・・」

カヲル「凄いね・・・」

リツコ「いやちょっと引かないで欲しいわ」

リツコ「ほらほら!質問してみなさいって!」

マリ「赤木博士が今着けてる下着の色は!?」

MELCHIOR 「赤黒」

BALTHASAR「赤黒」

CASPER「赤黒 Tバック」

リツコ「待って


デデーン全員アウトー

ミサト「あんた誰と勝負するのよ・・・」



185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 10:57:06.69 ID:9imtiUgv0

スパスパスパァン!!!!!

リツコ「」ピクピク

マリ「ごめんごめんもう質問しないよー!」

リツコ「他に質問は・・・」


シンジ「あの・・・このギャグが面白いか判断してください!!」

シンジ「とっとこハム太郎のこうしくんの真似!」

シンジ「ハムタロサァンwwww」

MELCHIOR「却下」

BALTHASAR「却下」

CASPER「アウトオブ論外」



188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 11:03:07.86 ID:9imtiUgv0

シンジ「」ズーン

カヲル「完成度は高いと思うよシンジくん」ポン

アスカ「アウトオブ論外って・・・」

マリ「私は嫌いじゃないよワンこくん」


ミサト「誰と勝負するのよ?」

リツコ「あなたしつこいわよ」

ミサト「MAGI!?リツコは誰と勝負するの?」

MELCHIOR「加

BALTHASAR「加

CASPER「加

ブチン プシューン

レイ「電源を切った」



199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 11:41:08.86 ID:9imtiUgv0

マリ「ああーなーんだもっと質問したかったのにー」

リツコ「あなた達は戻りなさい」

シンジ「そうしますね・・・」

リツコ「引かないでね?・・・」

ソソクサー

ミサト「何よ教えてくれてもいいのにーいくわよみんなー」プクー

チルドレン「はーい」



201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 11:46:34.07 ID:9imtiUgv0

ミサト「次はみんなあまり見たこと無いだろうからエバーの整備してるところを見学するわよー」

アスカ「ミサト?」

ミサト「うんどしたの?」

アスカ「私達が乗ってるのは?」

ミサト「?エバー」

アスカ「エヴァよね」

ミサト「エバーよ?」

シンジ「うっ」

アスカ「エ ' ' ヴァ''よね?」

ミサト「エ " バー" よ?」

シンジ「ふ

デデーン シンジアウト




217: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:05:33.65 ID:9imtiUgv0

~控室~

シンジ「はぁ・・・叩かれ過ぎてお尻痛い・・・」

レイ「私も一発が重い」

マリ「そういえばなんで姫だけミサトに連れていかれたのかにゃ?」

カヲル「ん?モニターがついたよ」

ブォン

アスカ『・・・』

シンジ「アスカだ」

~♩ アスカのドイツ語教室ー!!



222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:10:30.40 ID:9imtiUgv0

シンジ「ぐっ・・・」プルプル

マリ「ああ~そういえば姫はドイツとの混血だったにゃ」

レイ「上手かどうかは別」

『今日はエヴァンゲリオンパイロット!式波アスカ


ラングレー

さんと一緒に一流のドイツ語を勉強しましょー!!』

ドイツ人女講師「Guter Morgen」



アスカ『グーテンモーゲン!』

マリ「モロ日本語発音じゃんひひひひ

デデーンマリアウト



225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:13:29.10 ID:9imtiUgv0

講師『Wie geht es Ihnen? (ご機嫌いかがですか?)

アスカ『えっ?・・・グーテンモーゲン!』

カヲル「それはないだろぶぶっ

デデーン カヲルアウトー

シンジ「ダメだってこんなのwww

デデーン シンジアウトー

スパスパスパァン!!!!!



226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:19:46.23 ID:9imtiUgv0

講師『ist es deutsches Verständnis..? (ドイツ語はわかりますか?)

アスカ『わかるわよ!!舐めないで!!』

マリ「おっやっぱりわかるのかな」

アスカ『ぬる!あいん!つばい!どらい!ふぃあ!ふんふ!』


マリ「数数えてるだけにゃはははは


レイ「・・・・くっ」

デデーン全員アウトー



228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:25:15.25 ID:9imtiUgv0

スパスパスパァン!!!!!

シンジ「いったい!!もうやめて!!」

アスカ『ふぃあつぇーん!!つぼるふ!!どうよ!!』

講師『wunderbar (素晴らしい)

アスカ『やったー!!』

シンジ「なんで喜ぶんだよぉふふふ

デデーンシンジアウトー



229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:30:31.98 ID:9imtiUgv0

~♩

カヲル「アレは酷いね」

シンジ「日本語発音ばっかだったもん・・・」

ガラッ

アスカ「ふぅー」

マリ「おっ!グーテンモーゲン!」

アスカ「グーテンモーゲン!何よさっきの!」

レイ「さすがね」

アスカ「当たり前よ!ドイツ語なんてちょちょいのちょいなんだから!」



232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:34:26.48 ID:9imtiUgv0

ミサト「ふぅー!はーいみんなー!次で今日最後の見学になるわよー!」

シンジ「やっとか・・・エヴァの整備でしたっけ?」

ミサト「そうよー!後は寝るだけだからねー!」

チルドレン「はーい」



233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:37:32.34 ID:9imtiUgv0

~NERV廊下~

トテトテトテ

シンジ「あっ加持さんだ」

加持「やぁマヤくんどうだい?き

マヤ「不潔!!」ビュッ

ピシャァン

マヤ「不潔!!」

ピシャァン!!!!

加持「ちょっつやりすg

マヤ「不潔!!」

ピシャァン!!!!!

デデーン シンジアウトー

シンジ「反則だよ!!ビンタ連発なんて!!」

スパァン!!!



234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:41:32.17 ID:9imtiUgv0

~ネオジオフロント エヴァ格納庫~


マリ「うわぁ~こうしてみるとエヴァもでっかいニャー」

レイ「誰か怒られてるわ」

ギャーギャー

整備士隊長「なんでてめえら何回も遅刻してくるんだ!!!!」

整備士1「すいません」

整備士2「すいません」

トウジ「すんまへん」

シンジ「えっ?ぶふ

デデーン シンジアウトー



236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 13:43:56.86 ID:9imtiUgv0

整備士隊長「なんで遅刻したか言ってみろ!!」

整備士1「寝坊です」

整備士2「僕も寝坊です」

トウジ「妹が病気やったもんで・・・」

整備士隊長「嘘をつくな!!」バシン!!!


シンジ「本当なのに・・・ふ

デデーンシンジアウトー



251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:31:20.14 ID:9imtiUgv0

整備士隊長「大体お前ら!!昨日の夜間整備も遅れて来ただろ!!!理由は!!?」

整備士1「家でゲームしてました」

整備士2「カラオケ行ってたら遅れました」

トウジ「妹の夕飯を用意してたんですわ・・・」

整備士隊長「言い訳をするな!!!」バシン!!!!


マリ「理不尽だにゃwww


デデーンマリアウトー



255: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:36:29.28 ID:9imtiUgv0

整備士隊長「根性が足りない!!こい!!」バシン!!!! ガシ!!ズルズル

トウジ「なんでやああああ」


アスカ「大体なんで三馬鹿がいるのよ」

シンジ「よく呼んだよね・・・」



256: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:40:41.61 ID:9imtiUgv0

~NERV宿舎~

シンジ「ふぅようやく落ち着いた・・・」

カヲル「さっきの子はかわいそうだったね」

シンジ「妹の事全部本当なのにね・・・」

マリ「姫ーお風呂で洗いっこしよー」

アスカ「はぁ!?自分でやるわよ!!」

レイ「お風呂・・・」



257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:47:57.33 ID:9imtiUgv0

男子風呂更衣室

シンジ「はぁ・・・またなんか仕掛けられるのかなぁ・・・」ヌギヌギ

カヲル「はははそれはあるかm

カヲル「あ




女子更衣室

マリ「おっふろー!」

デデーンカヲルアウトー

アスカ「あのホモなんかやったのかしら」



259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:51:47.83 ID:9imtiUgv0

男子風呂更衣室

カヲル「待ってくれないかい今の僕のお尻には何も守るもの

スパァン!!!!!

カヲル「ああああ!!!!」

シンジ「うわぁ~・・・直に・・・」

カヲル「空笑いもダメなんて・・・」

シンジ「プラグスーツを着てるとき僕もやったじゃないか・・・」

カヲル「少し癖に・・・」

シンジ「えっ?」

カヲル「ハハハ冗談だ

カヲル「あっ

女子更衣室

アスカ「さっ!はいりま

デデーンカヲルアウトー

レイ「また?」



260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:54:50.11 ID:9imtiUgv0

~男子風呂~

カヲル「ぐぅあああ・・・お尻にしみるねぇ・・・」

シンジ「本当に痛そうだね」

ガラッ

日向「やぁ!君たち!」

シンジ「日向さんでしたっけ?」

日向「はははそうだよ!あまり話さないからn

デデーンヒュウガアウトー

日向「えっ?なんだ?」

黒服「」ダダダダ

スッパァァァァン

日向「ぉ"ぉ"ぉ"



263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:57:36.34 ID:9imtiUgv0

シンジ「とばっちりだね・・・」

カヲル「ひど過ぎる・・・」


ガラ

フルチンゲンドウ「・・・・・」プランプラン




カヲル&シンジ「ぶひゅっ


デデーン カヲルシンジアウトー

スッパァァァァン!!!!!

女子風呂

マリ「うわー男子は大変な事になってるだにゃー」

アスカ「今ほど女の子で良かったって思ったことないわね・・・」

レイ「同感」



264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 14:59:48.51 ID:9imtiUgv0

フルチンゲンドウ「・・・」プランプラン ズカズカ

シンジ「いてて・・・うわぁこっち来るよ」

カヲル「痛いねぇ・・・」

フルチンゲンドウ「入るぞ」スッ

フルチンゲンドウ「熱っ」

シンジ&カヲル「ふひっ


デデーンシンジカヲルアウトー



267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:06:11.49 ID:9imtiUgv0

フルチンゲンドウ「あちっ・・・」

フルチンゲンドウ「あちぃっ・・・」

フルチンゲンドウ「・・・こんな風呂入る価値も無いな・・・」

スタスタ

ガラ

シンジ「入らないの!?」

カヲル「ははははは

デデーンカヲルアウトー

女子風呂

レイ「向こうはにぎやかね」

アスカ「想像つくから嫌ね」


スパスパスパァン!!!!!

グァァァァァァ



271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:11:28.94 ID:9imtiUgv0

マリ「あー!きもちよかったぁ!!」

シンジ カヲル 「」ゲソッ

アスカ「どうしたのよあんた達・・・」


シンジ「思い出させないで・・・」

カヲル「笑いそうになってしまうよ・・・」

レイ「さぁ後は寝て明日を待つだけね」



273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:20:53.17 ID:9imtiUgv0

~宿舎~

アスカ「ぁぁ・・・お尻がヒリヒリする・・・」

マリ「結構叩かれたもんねー」

シンジ「寝よう・・・せめて寝るときくらい・・・」

レイ「・・・」

『進路オールグリーン!!エバンゲリオン!!発信!!』

チルドレン「・・・」

カヲル「寝させてもらえないようだね・・・」

『進路オールグrrrrrrリーン!!!!エバンゲリオン!!発信!!』

シンジ「なんで巻き舌なんだよふふふふ

デデーンシンジアウトー



276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:24:20.64 ID:9imtiUgv0

『進路!!オール


グrrrrrrrrrrrリーン!!!
エバ(ry


アスカ「もおおおお!!!!みさとおおおおお!!!!」

『進路!?オールグリーン?エバン(ry


『進路!!グリーングリーン!!

デデーン全員アウトー


スパスパスパァン



277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:29:30.51 ID:9imtiUgv0

チルドレン「zzzzzz」

『パターン青!!使徒です!!』

シンジ「うぅんうるさいなぁ・・・zzzz」

『パターン青!!使徒です!!』

シンジ「zzzzzz」

『パターンヒゲ!!ゲンドウです!!』


シンジ「うぇっ!!!」

ゲンドウ「」

シンジ「うわあああああ!!!!!」

アスカ「zzzzzz」



278: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:30:35.33 ID:9imtiUgv0

シンジ「みんな!?みんな!?」

ゲンドウ「ようやく二人きりに・・・」ギュッ

シンジ「うわあああああああ」


・・・・・
・・・・
・・・
・・


そして朝



281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:35:54.92 ID:9imtiUgv0

シンジ「」ゲソッ

カヲル「おはようみんなシンジくん?眠れなかったのかい」

シンジ「昨日父さんが僕の布団に入ってきた・・・・・」

アスカ「笑えないわね・・・・」

ミサト「ふわぁーあおはよー!昨日の私のコールアナウンスどうだったー!?」


マリ「なかなか面白かったにゃ」

ミサト「でしょー!じゃあ用意して最後に碇司令の挨拶を受けてから終わりよー!!」

チルドレン「はーい」



283: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:42:04.39 ID:9imtiUgv0

司令室

ゲンドウ「皆ご苦労」

アスカ「全くよなんのためにこんな事」

ゲンドウ「言ったとおり貴様らの平和ボケを叩き直す為だ」

マリ「まぁ楽しかったよー」

カヲル「でも僕たちは平和ボケなんかしてるつもりはないんだけどね」

シンジ「全くだよ・・・」



285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:44:21.00 ID:9imtiUgv0

シンジ「まさかこのネオジオフロントってこの為だけに作ったとかじゃないよね?」

冬月「まさかちゃんと目的を持って建造したものだな?碇?」

ゲンドウ「・・・・」

冬月「まさかお前・・・」

ゲンドウ「問題ない・・・」ニヤリ






デデーン ゲンドウ アウトー

ゲンドウ「・・・・!!!?」ガタッ



293: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:52:41.22 ID:9imtiUgv0

ゾロゾロ
ミサト「はーいみんな一列にならんでこの仕置き棒持ってー」

冬月「まったく・・・国の予算を何だと思ってるんだ・・・」ブンブン

ゲンドウ「やめろ貴様ら離せ私は司令だぞ」

黒服達「」ガシッ

NERV職員「楽しみですねー」ブンブン

アスカ「うわぁ・・・NERV職員みんなからお尻をシバかれるのね・・・」

レイ「絶対に笑ってはいけないNERVね」

シンジ「疲れたね・・・」

マリ「面白そー最後までみてよー」

カヲル「無様だ」

スパスパスパァン

ゲンドウ「グァァァァァァ!!!!」

ゲンドウ「あっ少し癖になるかm

参号機「」ガションガション つ鉄パイプ

終劇



294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:53:21.27 ID:GEn1jsmZ0


めっちゃ笑ったわ



295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/28(水) 15:53:49.35 ID:Q6ftErB00

育成計画のゲンドウな気がしてならない


元スレ
レイ「絶対に笑ってはいけないNERV」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377614363/