1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/17(日) 17:02:00 ID:SR1KZSas

男「確かに宿題手伝う代わりに何でもするといったが・・・・」

幼「じゃあいいでしょ」

男「でも俺が執事をやったところで、お前は嬉しいのか?」

幼「別にお手伝いさんが欲しかっただけだしっ」

あとは任せた!



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 23:02:33 ID:gMsY8lmc


男「なら最初から、執事じゃなくお手伝いさんって言えよ」

幼馴染「なんかお手伝いさんって言うと女の人っぽいじゃない?」

男「あー、まあ…そうかな?」

幼馴染「で、やってくれるの?」

男「…何でもって言っちゃったしな。ただ、どの位の期間だ?今日だけか?」

幼馴染「私が宿題を手伝う限り、ずっとに決まってるじゃない。嫌ならその日は自分だけで宿題やればいいのよ?」

男「なるほど、一日ずつのギブ&テイクか…妥当…なのかな?」

幼馴染「とりあえず今日はもう宿題手伝ったんだから、拒否権は無いよね。さあて…どうして貰おうかしら」

男「しゃーねえ、何なりと言えよ」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 23:10:42 ID:gMsY8lmc


幼馴染「そうね…とりあえず暫く机に向かってたから、肩が凝ったなあ…?」

男「へいへい…揉みましょーとも」

幼馴染「ストップ!…そんな執事、いないでしょ?」

男「あん?」

幼馴染「執事って、どんな家庭でどんな人に従うイメージ?」

男「そりゃ…ハンパない金持ちの家で、お嬢様の世話をする感じだろ」

幼馴染「解ってるんじゃない。じゃあテイク2ね!」

男「やれやれ…」

幼馴染「あー、肩が凝ったなあ…?」

男「…よろしければマッサージをさせて頂きましょうか……お嬢様…」

幼馴染「あら、気が利くわね。じゃあ少しお願いできるかしら…」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/29(金) 23:33:35 ID:gMsY8lmc


男「…いかがでしょうか、お嬢様」モミモミ

幼馴染「いい感じね、でももう少し強くてもいいわ」

男「承知いたしました」グイグイ

幼馴染(…これは……いいわ…)

幼馴染(…男が私をお姫様扱いしてくれてる!…癖になりそう!)

男「痛ければお教え下さい…お嬢様」グイグイ

幼馴染(どこまで言う事をきいてくれるのかな……)

男「………」モミモミ

幼馴染「あ、あの…横になるから背中もお願いできるかしら…?」

男「…承知いたしました。何なりとお申し付け下さい、お嬢様」

幼馴染(やばいやばい!キュンキュンしちゃうっ!)



こうですかわかりません



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 00:02:15 ID:wU22avDY


男(えーと、背中をマッサージしてるだけなんだけど…)グッグッ

幼馴染「…んっ、…ぅ…」

男(…それなりに、エロい)グイグイ

幼馴染「…もう少し、下を」

男「承知いたしました」

男(ここ背中じゃない!ほぼ、尻だろ…!)

幼馴染「あっ…!ま、待って…!」ピクッ

男「…はい、お嬢様」

幼馴染(やばかった…少し感じた…)ドキドキ

幼馴染「マッサージはもういいわ。えーと…温かい飲み物を頂けるかしら?」

男「番茶でよろしいでしょうか」

幼馴染「…もうちょっとお嬢様っぽい飲み物、無いの?」

男「お嬢様っぽい飲み物って何だよ?ココアか紅茶くらいしか無いぞ。お前、コーヒー飲まねーもんな」

幼馴染「素に戻ってるわよ、執事さん?…ココアでいいわ」

男「…ちぇ、承知いたしました」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:31:17 ID:t9Z4SmcU


男「お待たせしました…どうぞ」カチャッ

幼馴染「ありがとう、執事さん」

男「…あのさ」

幼馴染「ん?」

男「これ、何か指示を出されてる時以外も執事らしくしてなきゃダメか?」

幼馴染「んー、まあ…その方が嬉しいかな?」

男「欲しかったのはお手伝いさんじゃねーのかよ」

幼馴染「でももう執事って事にしちゃったし、その方向でよろしくー」

男(面倒くせえ…)

幼馴染「それと『執事さん』って言い方も変だから、私は普通に『男』って呼ぶよ。私の事は『お嬢様』か『幼馴染お嬢様』ね?」

男「幼馴染お嬢様なんて長過ぎんだろ。…もう、お嬢様でいいや」

幼馴染「さあ…執事らしくして頂戴、男…?」

男「…かしこまりました、お嬢様」ハァ…



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:39:09 ID:.aO4BKGw


*****

(翌朝)

男(昨日は散々こき使われたなあ、今日は宿題、一人でやろ…)

幼馴染「おっはよーう」

男「おー、おはよ。行くかぁ…」

幼馴染「ノンノン」チッチッ

男「あ?」

幼馴染「執事でしょ?」

男「ざけんな、昨日やっただろ」

幼馴染「もう、今日の宿題を自分一人でやるまでは有効に決まってるじゃん」

男「まじかよ…学校でもか」

幼馴染「当然です」

幼馴染(学校で男に寄りつく悪い虫に、この関係を見せつけてやらなきゃ!)

幼馴染「さあ、行くわよ」

男「…はい、お嬢様…」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 12:48:44 ID:9VwhVT0c


*****

(教室)

幼馴染「みんな、おはよー」

幼友「あ、おはよー幼馴染ちゃん…と男君」

男「おう、おはよ」

幼馴染「違います。自分の友達にはともかくとして、幼友ちゃんは私の友人よ?」

男「…オハヨウゴザイマス」

幼友「ど、どうしちゃったの?なんか幼馴染ちゃんのカバン持ってるし…」

幼馴染「男は望んで私の一日執事として仕える事になったの」

男「望んでねぇ…」ボソッ

幼馴染「何か言ったかしら?」

男「いいえ、お嬢様」

幼友「ほえぇ…いいなぁ」

幼馴染「えへへー」



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 13:04:16 ID:opBsMlM6


男友「…聞いたぜ、一日執事だって?」

男「宿題手伝ってもらった引き換えなんだけどさ…昨夜だけだと思ってたんだけどなあ」

男友「いいじゃん、お遊びだろ?イメージプレイだと思って楽しんじゃえよ」

男「ばっかやろ、人の身だと思って」

男友「お?じゃあ俺が代わろうか?」

男「……断る」

男(腹立つけど、それは嫌だ)

男友「へっへーん、そーだろそーだろ」ニヤニヤ

幼馴染「男ー、ちょっと来なさーい」

男友「お嬢様がお呼びだぜ?早く行かないとエロいお仕置きされるぞ?」

男「からかうなよ…」

幼馴染「男ー?」

男「はいはい…ただいま参りますよー」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:45:53 ID:IuSAqJ.c


*****

(昼休み)

幼馴染「男、一緒にお昼食べるわよ」

男「え、おま…お嬢様はいつも通り学食で食べるのでは?」

幼馴染「そうよ?男も付き合いなさい」

男「…パン代くらいしか持ってない…」

幼馴染「情けないわねー。いいの、執事の食事は仕える家で出されるものでしょ。…今日は奢ったげる」

男「まじ…本当ですか、お嬢様!喜んでお供致しますっ!」キラーン

男友「あれ?パン買いに行かねーの?」

男「うるさい下賤の者め、私はお嬢様につき従うまでだ!」

男友「調子のいい奴だなー」ケラケラ

幼馴染「行くよー」

男「はい、お嬢様!」ヒャッホーイ



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:47:07 ID:IuSAqJ.c


*****

(学食)

幼友「ね?本当に男君、執事さんになっちゃってるのよ」

モブ女A「すごい、羨ましい…憧れるわ…」

モブ女B「男君、今日の宿題は私がやるよ!ね、そうしよう!」

モブ女C「宿題を人にさせるのも、それを弱みに人につけこむのも褒められた事じゃないわ。…男君、必要なら教えてあげるのに」

幼馴染「おぉっと、引き抜きはご遠慮下さいねー」フフン

幼馴染(…そもそも貴女達に見せつけるのが目的なんだから)

男「私はカツ丼…じゃなかったお嬢様に雇われた身、主はただ一人でございます」モグモグ

幼馴染「解ってるじゃない、さすが私の執事ね!」

ABC「ぐぬぬ…」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:47:58 ID:IuSAqJ.c


*****

(放課後)

幼馴染「男、買い物に付き合って」

男「え、帰って宿題…」

幼馴染「私の命令、きけないのかしら…?」

男「はい、お嬢様…喜んで」

幼馴染「じゃあ最初は雑貨屋さん、次にレンタル屋と本屋さんね!」

男「お、お嬢様は本屋に入ったら長い…」

幼馴染「んー?」ニッコリ

男「…かしこまりました」ゲッソリ

男(ま、カツ丼食ったしな…)



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 15:48:51 ID:IuSAqJ.c


*****

(自宅前)

男「もうこんな時間かよ…」

幼馴染「ちょっと立ち読みが過ぎたかな」

男「まあ、俺…私も雑誌を読んでたからいいです。でもこれから宿題か…」

幼馴染「…仕方がないなぁ」ニヤリ

男「へ?」

幼馴染「私が手伝ってあ・げ・る!」

男「ちょ…!?それじゃまた…!」

幼馴染「明日は唐揚げ定食とハンバーグカレーどっちがいいか考えといてね?」

男「…承知いたしました、お嬢様!」

幼馴染「ふふん」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:26:44 ID:Cy4rHtmI


*****

(金曜日、帰宅途中)

男(同じようなやりとりを繰り返し、執事を続けること五日目…)

男(でも明日は土曜日、学校は休みだ!)

幼馴染「また遅くなっちゃったねー。宿題、手伝ってあげなきゃねー」ニコニコ

男「…いいえ、お嬢様」

幼馴染「へ?」

男「明日は学校も休みですので、宿題をする間は充分にあります」ニヤリ

幼馴染「で、でも…今日の内にパパッとやっちゃった方が…!」オロオロ

男「真に残念でありますが……これにて契約終了だっ!世話んなったな、オジョーサマ!」

男(学食のメニューの内、値が張るものはだいたい食ったし!思い残す事は無いぜ!)



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:35:34 ID:R1YSH9Rg


幼馴染「だ…だめだよ!せっかく楽しかったのに…!」

男「お前は楽しかっただろうがな、俺は…まあ俺も楽しんでたけど。でも、たまには解放されたいし」

幼馴染「じゃ、じゃあまた宿題手伝うから、執事やってくれる…?」

男「んー、考えとく」

幼馴染「やるって言ってよう…」グスン

男「しかし何でそんなに気に入ってんだよ、お嬢様になりたかったのか?」

幼馴染「ううん…どっちかというと、執事って存在に憧れてたの」

男「そりゃまたどうして」

幼馴染「…前に男の部屋で読んだ漫画で、格好良い執事キャラが出てきたから」

男「なんだ、そんな理由か。…まあ深い理由があっても困るけど」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 18:47:31 ID:L6Tc61ko


幼馴染「月曜日は宿題、手伝うからね!絶対だよ!?」

男「なんかおかしくないかそれ。…さて、家に着いた。今日はこれで、バイバイだな」

幼馴染「うぅ…五日間の執事役、ご苦労さまでした…」ペコッ

男「お、おぅ…」

幼馴染「…ばいばい……」トボトボ

男(…あれ?)

男「……おーい、幼馴染」

幼馴染(…!!)

幼馴染「やっぱり宿題、手伝う…!?」クルッ

男「い、いや…あの…おやすみ」

幼馴染「あ…う、うん…おやすみ…」

男(…なんで俺、少し寂しいと思ったんだろ)



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 21:07:36 ID:wU22avDY


*****

(土曜日、午後、近所の川)

男(………)

男(…釣れねえな)

男(ずっとアイツにかかりきりだったから、気分転換に一人で釣りにきたけど)

男(アタリすらありゃしねえ)

男(…お嬢様は、どうしてんのかな)

…ピッ

《プルルルル……プルルルル……》

《プツッ…もしもし?》



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 21:16:08 ID:wU22avDY


男「よう、何してる?」

《…買い物してた、どうしたの?》

男「ん…いや、どうしてるかなと思っただけだ。買い物、どの辺でしてるんだよ」

《…えと、駅の西口…新しいお店できたって聞いたから》

男「西口?…その辺はガラの悪い高校があるから、あんまり一人で行くなよな…」

《うん…でも、もう来ちゃったから》

男「それこそ執事がついて行きゃいいようなもんだろが。…まあ、気をつけろよ?」

《…うん》



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 21:17:45 ID:wU22avDY


*****

(駅の西口)

幼馴染(…心配されちゃった)

幼馴染(ちょっと軽率だったかな)

幼馴染(でも、男…もう執事やってくれないかもしれないもの)

幼馴染(買い物なんか誘ったら、今はお前の執事じゃねえ!…って怒られそうだし)

幼馴染(たぶん昨日まですごく疲れさせちゃったから、今は解放してあげなきゃ)

幼馴染(面倒くさいなんて思われて、嫌われるのがいちばん怖いもんね…)

幼馴染(明日、謝ろう。独りでこんな所に来ちゃった事…それと、執事なんかさせちゃった事)

幼馴染(…あ、お店…あれかな)



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 22:52:50 ID:wU22avDY


*****

(二時間後)

幼馴染(けっこう見るのに時間かけちゃった)

幼馴染(もう外、暗くなってる…)

幼馴染(早く駅、行こう)

幼馴染(表通り、怖そうな人いたからなぁ…)

幼馴染(ここは最短ルートで、素早く駅を目指そう!たしかこの路地が近道のはず!)

幼馴染(…よかった、誰もいない。早足で抜けようっと)

幼馴染(この角を曲がれば、駅はもうすぐそこ…)

幼馴染(…!!)



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 22:53:35 ID:wU22avDY


金髪男「あれー?キミ、ここ通りたいのー?」ニヤニヤ

幼馴染(引き返そう…)クルッ

幼馴染(あ…)

茶髪男「だめだよー?こんな時間に女のコが独りで、人通りの無い道なんか歩いちゃ」ニヤニヤ

幼馴染「あの、通して…下さい」

金髪男「なんでだめなのか…」

茶髪男「教えてあげなきゃねー?」

幼馴染「…結構です」

幼馴染(こわい…よ、男…)



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 22:54:09 ID:wU22avDY


金髪男「いいねー、スレて無くて。教えてあげる甲斐がありそうだわー」ガシッ

幼馴染「…離してっ」

茶髪男「今、キミが曲がったところを反対に曲がった先、どうなってるか知ってる?」

幼馴染「知らないっ!離してよ!」

金髪男「廃ビルの裏の…」ニタァ

茶髪男「…行き止まりなんだわ」ニヤァ

幼馴染「やだ!引っ張らないで!大声出すよ…!?」

金髪男「んん…?茶髪、大声で人が来た事あったけー?」グイッ

幼馴染(…おと…こ…助けて…)

茶髪男「無いねえー、試してみる?…たーすけてぇー!ってさぁ」ケラケラ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/11/30(土) 22:56:04 ID:wU22avDY


幼馴染「…男……」

金髪男「あぁ?」

幼馴染「たす…け…て…」

茶髪男「はぁ?」

幼馴染「男…!!!助けてぇっ…!!!」







「かしこまりました…お嬢様」


.



34: ◆M7hSLIKnTI 2013/12/01(日) 11:06:16 ID:7Feh4NbE


キュルルルッ、フワッ…

金髪男「は?なんだ?おま…えはァッ!?」ビシィッ!ギュウウウッ!

茶髪男「痛てええっ!?てめえ…汚ねえぞ…後ろからっ!何仕掛けやがった…!」キリキリキリッ

男「不意打ち上等、逃げ足迅速…!」

幼馴染「なんで…ここに…」

男「腕力貧弱、度胸皆無っ!…でもお嬢様の味方!執事『男』見参っ!」

幼馴染「…男っ…!」

金髪男「痛ててて!なんだこれ…ワイヤーかよっ!」ギュウウウッ…

男「あまり抵抗するな…ウナギ用の6号ナイロンだ、切れるわけが無いぜ」フッ



35: ◆M7hSLIKnTI 2013/12/01(日) 11:07:38 ID:7Feh4NbE


茶髪男「く…そっ…首に食い込んで…!息…がっ!」

男「大袈裟な、気道塞ぐほど締めちゃねえよ。さあ、お嬢様…命令を」

幼馴染「え…」

男「漫画で読んだんだろ…?手を汚すのは私、だがこの者達を葬るのは貴女の意思だ…!」ニヤリ

幼馴染「……さ…」

幼馴染「サーチ・アンド・デストロイッ!!サーチ・アンド・デストロイだ…!私は命令したぞっ!」

男「…素晴らしい!やはり貴女は私が仕えるに相応しい御方だった!」ギュウウウッ!!

金髪&茶髪「ぐえええぇぇぇ!」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:30:55 ID:kfUimo8w


男「…って、まあ殺しはしないけどな。電柱にユニノットで結んでおいた…引けば引くほど締まるぞ?」

金髪男「く…そ…!」

茶髪男「解け!…切れ…よっ!」

男「アホか、誰か来るまでそうしてろ。…お嬢様、どうぞ一発殴っておいては」

幼馴染「う、うん…!」キラーン

金髪男「ちょ…!?」

茶髪男「それ…投げ竿…!」

幼馴染「てーーーい!!!」ボカッ!ボカッ!

金髪&茶髪「………」キュー



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:31:36 ID:kfUimo8w

……………
………


…地元、家の近く


幼馴染「…ありがとう、男」

男「いいよ、もう。何回も聞いた」

幼馴染「…格好良かったよ」

男「まともにやったら勝てないからな、姑息な手段だけど」

幼馴染「ううん…すごく格好良かった。…随分、探した?」

男「そりゃもう。幼友ちゃんに電話して、どこの店を教えたのか聞いてさ」

幼馴染「本当、ごめん…」

男「…いいってば。お嬢様をお護りするのが、執事の仕事だろ?」



39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:32:56 ID:kfUimo8w


幼馴染「あの、もう…執事やれなんて言わないから」

男「ん?」

幼馴染「…面倒くさいとか、嫌いとか…思わないで」ウルウル

男「思わねえよ、別に。…執事ごっこなら、また気が向いたら付き合ってやっから。…だから、俺以外には頼むなよ」

幼馴染「た、頼まないよっ!そんなの最初から…!」

男「おけー。それでいいよ、お嬢様」

幼馴染「あの…それと、今度は私が何でも言う事きくよ!」

男「あー、それも…いいか」

幼馴染「ど、どうすればいい…?また学食奢ろうか…?」ドキドキ

男「そうだな…じゃあ、俺のメイドになってもらおうか」

幼馴染「男専用のメイド?」

男「そう」


(おしまい)



40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/01(日) 11:33:50 ID:kfUimo8w

ごめん、どうせ乗っ取りだと思って好き放題やった。深く反省してます。



46: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/12/03(火) 22:32:07 ID:71J5gHik


良かった


元スレ
SS深夜VIP:男「お前専用の執事?」幼「そう」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1384675320/