SS速報VIP:千早「初めてよね、私の家に来るのは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400853484/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 22:58:04.80 ID:kPGcyFclo


玄関の扉が締まる無機質な音に合わせるように

後ろに続く来客に言葉を向ける

「そうね……」

「……………」

彼女はそのことを喜ぶ素振りもなく

素っ気なく答える

いつもとは少し違う彼女の空気

でも思えば

彼女は裕福な家の子

人の家で礼儀を欠くことはないのかもしれない

「いつもの調子で居て欲しいわ」

「別にあんたに言われるまでもないわよ……ただ、ちょっと空気に馴染めないだけ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400853484




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:11:05.84 ID:kPGcyFclo


彼女は少し顔を顰めて

備えつけの下駄箱を見つめる

「あんた、靴は買わないの?」

「別に沢山はいらないでしょう? 普段履く靴とその予備。あとは一応ビジネスシューズくらいで良いと思うのだけど」

「……千早、あんた一応アイドルなんでしょ?」

呆れた溜息とともに

彼女は自分が履いていた靴を

下駄箱の中の私の靴の隣に並べる

それでもやっぱり

空気が9割近くを占めていた

「寂しい下駄箱ね」

「……私しかいないから」



3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:17:55.31 ID:kPGcyFclo


思わず呟いたその一言

それに対する言葉を

彼女は少し躊躇う

馬鹿言ってんじゃないわよ。なんて

いつもの彼女なら言うはずなのに

「……悪かったわ」

「どうして謝るの?」

「あんたのことを知ってるからよ」

「…………………」

弟が他界していて

両親は離婚していて

その両方とも殆ど絶縁しているような状態

そんな私が一人暮らしなのは当たり前と言えば当たり前で

その家が寂しいものなのもまた

当たり前と言えば当たり前だったのだ



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:31:43.06 ID:kPGcyFclo


「………………」

「………………」

玄関での気不味い沈黙

このままでは帰ると言い出してもおかしくない

でも

彼女は私の横を通って

リビングへと向かって行く

「何してるのよ」

呆然と見ていた私に向かって

彼女は不思議そうに呟く

「……意外と強引よね。水瀬さん」

「そんなの解りきってる事じゃないの?」

「それもそうね」

彼女の笑みに向かって微笑みを返し

私もリビングへと向かった



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/23(金) 23:45:54.75 ID:kPGcyFclo


下駄箱よりも遥かに広いリビング兼私の部屋

必要最低限しかないその場所は

下駄箱以上に物寂しい場所だった

「……音楽機器とかあまり買わないの?」

「そうね……買わないわ」

機械はあまり得意ではないし

たとえ扱えたとしても

それを家に置いたところで意味はない

「調理器具も最低限なのね」

「あなたにもそういうこと判るのね」

「……私だって調理器具の種類くらい解るわよ」

彼女は少しだけ私を睨む

けれど

その知識は高槻さんからのものであって

彼女が初めから持っていたものではない……とは

言わないでおいた



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:01:08.94 ID:jHv+MiYwo


「……ねぇ、千早」

「なにかしら?」

彼女は廊下の方を見つめ

私に対しての言葉を紡ぐ

「お手洗いとお風呂以外にも部屋があるわよね」

「ええ」

「……使ってるの?」

誰か。とは言わない

それが彼女なりの優しさ

それに対して私は首を振る

「そう……じゃぁ私が使っても良いわよね」

そして、彼女は私に対してそう言った



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:13:52.65 ID:jHv+MiYwo


「何を言ってるの?」

「無駄にしてるなら私が使ったっていいじゃない」

彼女はいつものように

にやっと笑う

「どうして?」

「勿体無いでしょ?」

彼女はさっきまでの静かな空気を投げ捨てて

いつもの高飛車な空気を醸し出す

でも、

その高飛車な言動の中にも

彼女の優しさがあると私は知っていて

だからこそ

私も微笑みを返した



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:19:06.68 ID:jHv+MiYwo


「な、なによ」

「私のためだったりするのかしら」

「あ……あんたがそう思うんならそうなんじゃないの?」

彼女は少し呆れたため息をつきながらも

頬を赤く染めていて

それが図星だったことは明白だった

「あんた……本当は初めから誰かを求めてたんでしょ?」

「……え?」

「周りを突き放してる頃から、ずっと……誰かを求めてたんでしょ?」

彼女は同じ言葉を繰り返す

私ではなく

両手で掴むカップから目を外し

僅かばかりの哀愁を漂わせる瞳で私を見つめる



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:24:51.41 ID:jHv+MiYwo


「どうしてそう言えるの?」

「あんたがこんな部屋に住んでるからよ」

彼女は言い切って紅茶を一口啜る

その仕草はやはり気品があって

お嬢様であることを再認識させる

「探せば一人暮らし用の場所なんていくらでもある」

「……………………」

「なのにあんたは無駄部屋ができるここに来た……どうして?」

彼女は珍しく……というのは少し失礼かもしれないけれど

私の内側に潜む本心へと

彼女は真面目な声色で問う

「それはいつか誰かが自分の隣に来てくれることを望んでいたから……違う?」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:38:14.88 ID:jHv+MiYwo


私の内面的な思いは生活に現れていた

彼女はそう言っていて

そして、それは間違いじゃない

この家に帰るたびに

事務所の喧騒との差異に

胸が締め付けられるような痛みを覚えていたのだから

「…………………」

彼女は少し照れくさそうに髪をいじりながら

黙り込む私を見つめる

「春香だってそうだけど、私もあんたのこと……見てるんだから」

「……水瀬さん」

「もう、そんな寂しい思いしなくていいようにしてあげるわよ」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:50:59.37 ID:jHv+MiYwo


言うやいなや

彼女はフイッと顔を背ける

いつもの照れ隠しのように怒鳴ったりしないのは

そんな余裕がないくらいに

緊張しているから……なのかしら

私は手元にある冷めてしまった紅茶を一口啜りながら

彼女のことを見ず、紅茶だけを見つめて答える

「……ありがとう」

「っ……ばか」

小さな小さな悪態をつく同居人

だけど、彼女は恥ずかしさに頬を染めながらも笑っていて

私もまた

彼女のその歳相応な反応に

思わず笑みをこぼしていた



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 00:51:27.31 ID:jHv+MiYwo


終わり


千早と伊織



17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 02:23:40.29 ID:Iod7vuh00

素直じゃないんだからまったくもうおつ



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/24(土) 09:46:42.40 ID:ELkGPhSho

ちはいおいいね


元スレ
SS速報VIP:千早「初めてよね、私の家に来るのは」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400853484/