◆U.8lOt6xMsuG様の過去作はこちら



前作
和久井留美「不退」



SS速報R:相葉夕美「宿花」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1520431845/



1: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/07(水) 23:10:45.90 ID:KUguIUDb0


性描写有りです



2: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/07(水) 23:11:49.71 ID:KUguIUDb0


柔らかな暖かさの中、私は目を覚ました。

服はベッドの縁に脱ぎ捨てられたままで、下着だけを着けている状態。肌に直接触れる毛布がちくちくする。

左手が繋がれていることに気がついて、その方へ目をやると、指を絡ませ握られた私の手と私のプロデューサーさんの寝顔が目に入った。彼はまだ目を覚ましていない。

彼を起こさないように毛布を持ち上げ中をのぞき込むと、白いシーツにぽつんと赤黒い染みがある。この染みと、さっきからしている下腹部の痛み、そして隣で寝ているプロデューサーさん。これらの要素が、昨晩のアレは夢や幻ではなく、事実であることを私に突きつける。

ああ、私、プロデューサーさんとセックスしたんだ。

今さらになって自覚した事実が、私の心にのしかかる。呼吸をする度に体に入り込む空気は、少しじめっとしていた。





8: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/16(金) 22:43:31.79 ID:UHuL5gE80


プロデューサーさんが私に触発されたとかで、自宅のベランダでガーデニングを始めた、という話が事の発端だった。プロデューサーさんは「ガーデニングの先輩」として、私にアドバイスを頼んだり、成長過程の写真を見せてくれたり、育った花を事務所に持ってきたりした。

手伝えることは何でもやった。だって、プロデューサーさんがガーデニングに興味を持ってくれたことが嬉しくて仕方なかったから。…ううん、それだけじゃないね。プロデューサーさんだから、っていうのもあった。

好きな人に、自分の好きなことを知ってもらいたかったしね。だから、必要以上に色々と。

そのうち、プロデューサーさんの家に訪れるようになった。いつかはPさんの家に行ってみたいって思ってたし、直接見てみたい、何てもっともらしい理由をつけて、家に上がり込んで。

で、ただ観察してアドバイスして終わり、じゃなくて、家事を手伝ったりご飯を作ったり、持ち込んだDVDを一緒に見たり…なんて、そんなことを繰り返して。いつからか、半同棲状態になって、この部屋に入り浸って。

そして、昨日、いつもより距離が近くて、そういう雰囲気になって、で……。

「…………」

昨晩のことは、今思い返しても顔から火が出そう。




9: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/16(金) 22:45:24.21 ID:UHuL5gE80


ああ、ヤっちゃったんだ。私、本当にPさんと……。

…夢中というか必死というか、そもそも初めてでそういうのは全然知らなかったけど、私変じゃなかったよね?

あのときは何か吹っ切れていたけど、今思い返してみれば、恥ずかしいことを言ったり恥ずかしいところを見られたり…触られたり…。

自分でも触れたことのないところにアレが入るなんて、本当はちょっと怖かったけど、Pさんがゆっくりと、優しくシてくれたおかげか、痛みも聞いたほどはなかった。

うん、優しくキスされたり、ゆっくりとおっぱいをいじられたり、いっぱい「好き」って言われたり、言ったり…

「…何でニヤけているの?」

「っ!」

急にした声に体をびくっとさせる。薄く開いた目をPさんが私に向けている。起きちゃったみたい。

それから、私は布団を引っ張っておっぱいを隠した。下着を着けているけれども、明るいところで見られるのはまだ慣れない。




13: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/20(火) 23:34:32.86 ID:JakH57ow0


Pさんのシャツを借りて、私はキッチンに立つ。私が昨晩まで来ていたものは、洗濯機の中放り込んだ。動く度に近くから香る彼の匂いが安心感をもたらしてくれる。彼シャツ、ってやつかな? 私には大きくて、着心地が良いとは言えないけど、とても良い気分だ。

「いただきます」

「いただきます」

冷蔵庫に入れておいたエディブルフラワーのサラダ、半熟の目玉焼き、フレンチトースト。これがPさんに初めて振る舞う朝食のメニュー。シンプルだけど、Pさんの冷蔵庫にある材料じゃこれくらいしか作れなかった。晩ご飯とかだと材料を持ってこれるからいいんだけどね。

「美味しいよ、ありがとう夕美」

Pさんはそんなことを言いながら、私の料理を食べる。やりとりが新婚さんみたいで何か好きだ私。




14: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/20(火) 23:35:07.33 ID:JakH57ow0


ご飯の後は、二人でいっぱいおしゃべりした。ベランダの植物のこととか、私がPさんの事をどう思っていたのかとか、Pさんが私のことをどう思っていたのかとか、色々と。

「ずっと我慢してたの?」

「うん…担当アイドルに手を出すわけにはいかないって、ずっと」

Pさんは私にそう言った。ずっと好きだったんだ、ってそれから私に言ってくれた。

好きだ、って昨晩いっぱい言ってもらえたけど、やっぱり何度言われても良い。それに、Pさんが前からずっと私のことが好きだったなんて。好きな人に、ずっと好かれていたなんて。そう思うと、とっても嬉しい気分になった。

私もお返しに、じゃないけれど、前から今までPさんのことがずっと好きだって伝えた。Pさんは照れて顔を伏せた。あまり見ない、Pさんの新鮮な反応になんでかこっちも照れちゃった。




15: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/20(火) 23:35:56.59 ID:JakH57ow0


「…そろそろ、洗濯が終わった頃かな」

Pさんが立ち上がって、洗濯機の方へ体に向きを変えた。私も手伝おうと、立ち上がって後について歩く。あそこの痛みは、もうほとんど無かった。

洗濯機から取り出して、籠に入れて運んで、ベランダまで持って行く。ベランダに咲いた花たちを見ながら、洗濯物の皺を伸ばして干していく。途中、花を見つめすぎて固まっちゃうと、Pさんにからかわれちゃった。

シーツに付いていた血の跡は、洗われてもう薄くなっている。私もPさんも、それに関しては何も言わなかった。





16: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/20(火) 23:36:31.51 ID:JakH57ow0

私とPさんは、今日も明日もお休み。時間はたっぷりある。だから二人でのんびりと、何もせずに過ごした。会話も動きもないけど、この静かな空気が心地良い。

「どこかに行く?」

「ううん、このままで」

Pさんは私が退屈して無いか気にかけてくれたけど、私は今のままで十分満たされていることを伝える代わりに、手を握った。Pさんの隣で暖かさを感じながら、窓の外を眺める。春の日差しが、部屋に入り込む。ぬるま湯に浸かってるような気分だった。

「暖かいね」

「春だからな」

「それだけじゃないよ」

握っていた手の指を絡ませて、肩により掛かるように体を預ける。ああ、やっぱり暖かい。




20: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:03:52.59 ID:52+vmhuu0


何もしない時間を、ただただ過ごす。ソファーのずっと座ってる部分は、熱を持ちだしていた。Pさんはいつの間にかぐっすりと寝てしまっている。まだ寝足り無かったのかな、なんて思いながら、私はじっと顔をのぞき込んだ。

寝足り無いだけじゃない、日々の疲れも眠ってしまった要因のようだ。目の下にあるクマの濃さが、Pさんの疲れを表しているようで。きっと、私がアイドルとして輝くために頑張ってくれているのだろう。その証の様なクマの濃さが、私は嬉しかった。

けれど同時に、好きな人がここまで疲れていると言うことに、一種もどかしさを覚える。Pさんがこうなっていることに、私から何か出来ないのだろうかと考える。

……でも、いつもよりクマが濃いような、いつもより疲れの色が深いような? 何でだろう、と考えてすぐに答えを得た。昨晩のことがあったじゃないか。

そういうことについて右も左も分からない私はPさんに全てを委ねて、Pさんは私に気遣って、まあぐだぐだなところもあるにはあったけれど、記憶にずっと残り続けるであろう夜になった昨晩。もしかしたら、Pさんはそれでいつもより疲れているのかもしれない。ううん、きっとそうなのだろう。

普段の業務に加え、一線を越え、私に気遣った、そのときの疲労が、今彼を眠りに就かせているのだろう。

そう思うと、ことさらにもどかしくなった。

Pさんの寝顔に、私の顔を寄せる。Pさんが疲れている原因が、私だとしたら。昨日はしてもらうばかりだったのが、Pさんを眠らせているのだとしたら。

今度は私からしてやろうと思った。





21: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:05:16.44 ID:52+vmhuu0


握っていた手を離し、Pさんの頬へ添える。私が触れても、Pさんは寝息を乱さない。

まずは頬へ。それから唇へ。

二度の、啄むようなキス。唇と唇が触れる音、感触が、昨晩のことを思い起こさせ、私の体を内側から熱くする。

もっとしたくなって、啄むくらいじゃ足りなくなって、唇の間から舌を入れ込む。中のぬるさは昨日のままだった。唾液に味ってあるのかな? わからないけれど、Pさんの口の中はとっても美味しい。

柔らかな日差しの中、私の吐息と水音が部屋の中で反響する。それが私を、更にいやらしい気分にさせるようで。

Pさんのズボンから、張り詰めたような突起が起き上がっているのが見えた。唇を離した私は、布の上から右手でそれを撫でる。それは、手を動かす度にピクピク痙攣して、どんどん大きくなる。

昨日、私の中に入り込んできたもの。私の初めてになったもの。これがそうだっていうのが、未だに信じられない。

……フェラ、だっけ? オチンチ…男の人のあれを、舐めて気持ちよくさせるの。

昨日は、私の恥ずかしいところをPさんにいっぱい舐められちゃったし、お返しと言うことで。私もしてみたかったとか、興味があるとか、そういうことじゃなくて、あくまでお返し。だって恥ずかしかったけど、いっぱい気持ちよくさせられたし。なら、Pさんにも気持ちよくなってもらわないとダメだよね?

ベルトに手をかけて、硬くなっているそれを外に出そうとする。おぼつかない手でそれを外していると、頭をくしゃりと撫でられた。それに体をびくっとさせて、顔を上げる。

「夕美?」

「Pさ…え、いつ起きて」

「今」

薄く目を開けたPさんは、口元のヨダレを拭いながら私を見る。

「で…何をしようとしてたの?」

当然の疑問を投げかけられる。混乱している頭の中で、「この状況で取り乱していないPさんもすごい」と、どこか他人事のように思った。いや、Pさんも混乱しているのかもだけど。

私は、ベルトから手を離して、正座するような姿勢で、Pさんに答える

「昨日は…私がシてもらって、ばかりだったから」

「から?」

「今度は、私からPさんに、シようと…」

包み隠さずに言う。どうせ隠しても、すぐにバレそうだし。その間にずっと問い詰められて、もっと気まずい気分になるのは嫌だし。でも、最後の方はごにょごにょしてちゃんと言えなかったな。

顔を伏せていると、ぐいっと体を持ち上げられた。そのまま、ソファーに座るPさんに向き合うようにして座らせられる。

頭をまた撫でられながら、今度はPさんから近づいてきて、キスをされた。舌のざらざらした感触。唾液のぬめるような甘さ。感じたばかりのものを、不意に味わわせられる。

「…………可愛い」

Pさんはボソリと、聞こえるか聞こえないかくらいでそう零して、また私の口を塞ぐ。可愛いって、ただその一言だけで、私の頭は沸騰するくらい熱くなった。もう何も考えられない。

Pさんの出した舌を受け入れて、口の中でにゅるにゅると絡ませ合う。力一杯Pさんを抱き締めて、ぎゅっとくっつく。Pさんのあれが、私のあそこに触れてる。とても熱い。

「……ベッドに行く?」

唇を離したPさんに訊かれた。私は、ただうなずいた。




22: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:06:06.68 ID:52+vmhuu0


いいのかな、こんなお昼から、こんなコトして。でも、私もPさんも、もう止まれなかったと思う。

私のあそこは、もうべとべとに濡れていて、パンツのクロッチ部分に大きな染みを作っていた。

換えられたばかりのシーツには、Pさんの匂いしかなかった。

「私からしよう」と思っていたのに、いざこうなったらそうはできなくて。私はまた、Pさんにシてもらうのだろう。仰向けになった私の上へ、Pさんが覆い被さるようにくる。あそこをいじられながらキスされて、もっともっと濡らしてしまう。

パンツを下ろされて、上体を起こしたPさんのあれを、私のあそこにあてがわれる。先端が触れるだけで熱いそれを、Pさんがどんどん中へ侵入させてくる。私の中でアレが進む度に、「あっ」とか「んぅ」って声が漏れちゃう。

昨日みたいな痛みはなかった。昨日よりも気持ちよかった。

全部入ったところで、Pさんは体を倒して、覆い被さるように私へキスをする。私はただ口を開いてそれを受け入れる。

腰をパンパン打ち付けられながら、じゅるじゅるキスされて、ビクビクと体を震えさせちゃう。Pさんが何かをする度に、あそこがきゅうきゅう締め付けてしまうのを止められない。

「夕美っ…痛くない?」

心配そうにしたPさんが、私の瞳をじっと見つめながら尋ねる。

痛くないよ、気持いいよ、もっと激しくして。

しどろもどろになりながら、私はこう言った。ちゃんと言えた自信は無い。

Pさんは、一層強く激しく私に腰を押しつける。口の中でいっぱい舌を絡ませてくる。いつの間にか、空いた手でおっぱいも触っている。硬くなった乳首を、指先でつままれる。くすぐったさと気持ち良さが同時に襲ってきた。

まだ2回目なのに、こんなに感じるなんて、私って変態だったのかな。でも、こんなに変態でも、Pさんに求められるならいいや。





23: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:06:32.50 ID:52+vmhuu0


もうどれくらい時間が経ったのだろう。体に力が入らない。Pさんにあそこを突かれる度に、意識がどこかに吹き飛ぶ感覚がする。

「夕美…!もう…!」

Pさんは、もうイっちゃいそうらしい。私なんて、さっきからずっとイキっぱなしなのに。

このまま中に出すのかな。昨日みたいに。そうしてほしいな。Pさんは私がお薬飲んでいることも知ってるはずだし、それに昨日も中に出してくれたし。もし出来ちゃっても、Pさんなら責任とってくれるよね?

Pさんの腰裏へ足を回して、蟹挟みのようにして抱きつく。全然力が入らないけど、これはどうしてかすんなり出来た。

足の中で、Pさんの体が震える。私の中で、Pさんのアレが、熱いものを吐き出している。ビクビクと熱い液体を吐き出すそれを、私のあそこは一切逃さないように締め付けていく。

全部出し終わっても、私はPさんを離せなかった。ずっと繋がっていたかった。Pさんも、ずっと私から離れなかった。





24: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:07:12.43 ID:52+vmhuu0


「いや、多かれ少なかれ疲れるでしょ」

終わった後。ベッドでイチャイチャして、シャワーを浴びて、シーツをまた洗って、ソファーに座ってテレビを見ながら。

私は昨晩のアレでPさんが疲労困憊になっているんじゃと思って…と、一連の行動について説明した。

Pさん曰く、「セックスは体力を使うもの」ということで、全く疲れていない私の方が不思議らしい。

「…そういうものなの?」

「そういうもんなの」

テレビの内容なんか他所に、私達はおしゃべりをする。もうそろそろお昼ご飯時だって言うのに、お腹はあんまり空いていない。

Pさんに寄り添って、テレビを眺める。ああ、やっぱりこの暖かさが、一番心地良い。今度は、Pさんだけじゃなくって、私も一緒に居眠りしちゃった。

ベランダの花からする微かな香りと、隣の人の香りが、私の心に入り込む。夢のような心地よさの中、私は彼とのまどろみを楽しんだ。




25: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:09:52.52 ID:52+vmhuu0

ここまでです、ありがとうございました

弟が地獄の番犬ことケルベロスに噛み殺されて三年が経ちました。今でもケルベロスのペニスは三本なのか、それとも一本なのか疑問です。弟を噛み殺したのはメスでしたから。



26: ◆U.8lOt6xMsuG 2018/03/23(金) 01:12:24.48 ID:52+vmhuu0

また、完全に私事ですが、3月11日のシンデレラステージではお世話になりました
おかげさまで完売致しました、本当にありがとうございました


元スレ
SS速報R:相葉夕美「宿花」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1520431845/