SS速報VIP:雫「しあわせいっぱい、あなたに届け」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401767471/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:51:11.82 ID:uZOdNUuE0

注意事項
・モバマス
・雫ちゃん誕生日おめでとう
・ご奉仕(意味深)? ないです

OKならどうぞ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401767471




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/03(火) 12:52:34.64 ID:uZOdNUuE0


P「ただ今戻りました…」

ちひろ「お疲れ様ですプロデューサーさん…本当にお疲れみたいですね」

P「ええ…最近どうも疲れが取れなくて」

ちひろ「プロデューサーさん、ここの所働き詰めですもんね。休みを取っても罰は当たりませんよ?」

P「もうすぐライブですからね…ここで踏ん張ってあとでまとめてとりますよ」

ちひろ「でも…大丈夫ですか?」

P「大丈夫ですよ! 丈夫な体が取り柄なんですから…あれっ」ガクッ





3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:53:09.04 ID:uZOdNUuE0


ちひろ「大丈夫ですかプロデューサーさん!」

P「あれ…力が入らない」

ちひろ「…やっぱりプロデューサーさん。今日はもう早退して明日も有給を使いましょう」

P「そ、そんな! 今休んだら…」

ちひろ「だめです! そんな状態で仕事して、もし現場で倒れてしまったらどうするんですか? アイドルの子たちも心配しますよ?」

P「うっ…」

ちひろ「それにライブの資料の方は留美さんや社長にも手伝ってもらいますから大丈夫です。プロデューサーさんは体を休めてください」

P「はい…わかりました。では今日のところは失礼します」

ちひろ「お疲れ様です♪」





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:54:15.66 ID:uZOdNUuE0


―翌日

ちひろ(とは言ったものの、あの仕事人間がまともに言うことを聞くかしら…誰か見張りをつけた方がいいのだけど…)



<ガチャ

雫「おはようございますー」

ちひろ「あら雫ちゃん? 今日は何も予定はないはずだけど…」

雫「寮に居てもすることがないので、Pさんに会いに来たんですけどー」

ちひろ「あぁ…プロデューサーさんは今日お休みなの。最近疲れてたから今日は有給使ってて事務所にいないのよ」

雫「そうなんですかー? やっぱり疲れてたんですね…」

ちひろ「わざわざ来てくれたのにごめんね」

ちひろ(ん? どうせなら雫ちゃんに監視役を頼めば…?)





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:55:41.67 ID:uZOdNUuE0


ちひろ「雫ちゃん、ちょっと頼みごとをしてもいいかしら?」

雫「いいですよー。何ですか?」

ちひろ「プロデューサーさんがちゃんと家で休んでるか見張ってほしいの」

雫「家でお仕事してないか、って心配ですかー?」

ちひろ「そう。あの人、誰かが見張ってないとパソコンで資料作成してるんじゃないかって心配で心配で…」

雫「わかりましたー! Pさんを監視してきますねー」

ちひろ「お願いね。あ、これがプロデューサーさんの家の住所よ」スッ

雫(できれば合鍵ゲットしたかったんですけど…よしとしましょうかー)





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:57:16.31 ID:uZOdNUuE0

―――――――――

――――――

――――

P「休みをもらったとはいえ…何をすればいいんだ」

P(ちひろさんから口酸っぱく言われたから今日は起きてから仕事に関するものには何も触っていない。そうすると途端に暇になる…)

P「どうするかな…?」



<ピンポーン

P「ん?」

P(宅急便はこないはずだけど…なんだろ?)

<ガチャ

P「はい……って、雫!?」

雫「こんにちはーPさん」





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:58:11.27 ID:uZOdNUuE0


P「どうしてここに?」

雫「ちひろさんに頼まれてPさんの監視に来ましたー」

P「そんなことしなくても流石に今日は仕事はしないよ…」

雫「そうですかー?」

P「そうだよ。だから雫もわざわざ来なくてもよかったんだぞ?」



雫「んー…じゃあ今日はPさんの疲れを癒しちゃいますー!」

P「はい!?」





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 12:59:24.92 ID:uZOdNUuE0


P(つ、つ、疲れを癒す!? そ、それはどういう意味で…!?)

P「え、いいのか? 雫だって今日はオフなんだろ?」

雫「そうですー。でもPさんと一緒に居たいんです―。ダメですか?」

P「そう言われたら断れないな…いいよ、上がっていってくれ」

雫「ありがとうございますー! おじゃまします」パァァ

P(やっぱかわいいなぁ)





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:01:38.87 ID:uZOdNUuE0


雫「あらー? お部屋の方は綺麗なんですねー」

P「趣味が特ににあるわけじゃないし…それに最近は事務所で過ごす時間の方が長いからなぁ」

雫「もぉー、そんな生活してるから倒れかけちゃうんですよー?」

P「ううっ…面目ない。というかそれちひろさんから聞いたのか」

雫「ちひろさん、すごく心配してたんですよ? 倒れる寸前まで頑張っちゃダメですよー?」

P「今後はそういうことがないように気を付けるよ」





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:03:38.69 ID:uZOdNUuE0


雫「Pさんお昼はまだ食べてませんか―?」

P「まだだな。これから買いに行こうかと思ってたんだ」

雫「…ひょっとして、自炊してないんですかー?」ジトー

P「どうも料理は苦手で…つい買ってきちゃうんだ」

雫「だめです! それでは栄養バランスが偏っちゃいますよー?」

P「ごもっともです…」

雫「なので私が作りますよ!」

P「えっ?」

P(雫の手料理…? そういえば雫が料理するところって見たことないな)

P「じゃあお願いしていいかな?」

雫「わかりました! 頑張っちゃいますよー」モォー!

P(え、エプロンまで持参…これはそそるものがある)





11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:04:35.38 ID:uZOdNUuE0


雫「ふんふんふふーん♪」ジャー

P(自宅に女の子を連れ込み料理させてる…これ結構ヤバくないか?)

雫「それー!」パッパッ

P(でもなんかこう…背徳感を感じるというよりは、ほっこりするなぁ)

雫「できあがりー♪」

P「ん? できたのか?」

雫「はい。オムライスとサラダですよー!」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:06:13.71 ID:uZOdNUuE0


P「おおおおお…」

雫「どうぞ召し上がってください」

P「いただきます…あむっ」

P(卵が半熟でチキンライスと絡み合って…それとこれは生クリームだろうか。凄く優しい味だ…)



ぽろぽろ…

P「………あれ?」ポロポロ

雫「ど、どうしましたPさん? どこか痛い所でも?」

P「ち、ちが……あれ、涙が止まらなくて…」ポロポロ

雫「…Pさん、まずはご飯たべちゃいましょう」

P「う、うん…」グスッ

雫(きっとPさんはずっと温かいご飯を食べてなかったんですね…こうやってゆっくり食事をとることも…)





13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:07:31.52 ID:uZOdNUuE0


P「ふう…ごちそうさま。おいしかったよ」

雫「きれいに食べちゃいましたね。ちょっと多すぎたかなーって思ったんですけど」

P「不思議と食べれたな。こんなにゆっくりした食事は久しぶりだったな」

雫「それじゃ、食後のリラックスタイムですねー」

P「リラックスタイム…?」



雫「私の膝枕でゆっくり休んでくださいー♪」

P「………はい!?」





14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:10:05.37 ID:uZOdNUuE0


P「いやいやいや! 流石にそれはマズイでしょ!」

雫「もー、今更ですよPさん。担当アイドルを自宅に連れ込んだ時点でどうあがいても無駄ですよ?」

P「うっ! そ、それは…」

雫「それに、Pさんも『癒す』って言葉にちょっと期待していたんじゃないんですかー?」

P「そ、それは…ソウデス」ボソッ

雫「はい、こっちへどうぞ♪」ポンポン

P「あっはい、失礼します…」

雫「あ、私の膝に水平になるように頭を置いてくださいねー」

P「ん? ということはこうか………っ!」ヨイショ

P(こ、このアングルは…顔が見えない…これほどなのか、雫のおっぱいは)





15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:11:50.05 ID:uZOdNUuE0


雫「どうですー? 私の膝枕は」

P「すごく落ち着くな…」

雫「ふふ。でもこれだけで終わりじゃないですよー?」

P「えっ?」

雫「それっ♪」ムギュッ

P「!?」

P(ち、乳と太ももでサンドイッチ…!)



雫「どうですかー? 視界が程よく奪われて力抜けてきませんか―?」

P「そう言われてみれば…なんだか全身が重くなったような…」

雫「もっと力を抜いて―…リラックスリラックス…」

P「あ、あぁぁぁぁ…」

P(力を抜くたびに雫の太ももの熱を強く感じる…それがたまらなく心地いい)





16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:13:50.02 ID:uZOdNUuE0


雫「Pさん? 私の幸せ、伝わってますか―?」

P「……えっ?」

雫「私はPさんにいっぱい幸せをもらいました。でもその陰でPさんはいっぱい苦労してたんですよねー」

P「………」

雫「だからこうやって、Pさんに私の幸せを分けてあげたいんですー」

P(し、雫…)





17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:14:44.93 ID:uZOdNUuE0




ポロポロ…

P「あ、あれ? また涙が…」ポロポロ

雫「泣きたいときにはいっぱい泣いた方がいいんですよー? 辛いこと、悲しいことをため込みすぎたら大変ですからー」

P「で、でもっ、しずくのシャツが」ポロポロ

雫「私のシャツなら気にしなくていいんですよー。だからPさん?」

P「あ、あ、ああああああ…」ポロポロ

雫「ほら、鼻水かみましょうねー」

雫(Pさんはずっと頑張ってたんですね…この痩せ細った体で。せめて今だけでもゆっくり休んでくださいね?)





18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:15:59.74 ID:uZOdNUuE0

――――――――――

―――――――

――――

カーカー…


むくっ

P「ん…? あれ、いつの間にベッドに?」

雫「あ、起きましたー?」

P「うん。もしかして雫がベッドに運んでくれたの?」

雫「はいー。Pさん軽いから私でも運べましたよー?」

P「うっ…俺そんなに痩せちゃったのか」

雫「ちょっと心配になる痩せ方ですからねー。私のご飯でしっかり栄養つけてくださいねー」

P「うん…ありがとう、雫」





19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:17:54.73 ID:uZOdNUuE0

――――――――――

―――――――

――――

P「今日はありがとな雫」

雫「もしお仕事で疲れちゃったら、いつでも私に言ってくださいねー?」

P「うん、そうするよ。あ…外も暗くなっちゃったな。送っていこうか?」

雫「…Pさん。今日は泊めさせてもらってもいいですか?」

P「えっ!? そ、それは…」

雫「今日だけは、Pさんと一緒にいたいんですー」

P「う、うーん…」

P(ここで突っぱねるの雫が可哀そうだし…それにもう連れ込んだ時点でアウトだからなぁ…)





20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:20:29.15 ID:uZOdNUuE0


P「よしわかった。泊まっていっていいぞ」

雫「ありがとうございます! 私頑張っちゃいますよー!」モォー!

P「寮の方には俺が伝えておくからな」

P(何を頑張るのかは聞かないでおこう)

雫「Pさーん!」ムギュ

P「わっ! きゅ、急に抱き着いてきてどうした?」



雫「いっぱいシアワセ、分け合いましょうねー♪」





21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:21:24.07 ID:uZOdNUuE0


―数週間後

ちひろ(あれからプロデューサーさんは以前の活力を取り戻し、元気に仕事している)

ちひろ(これも全部雫ちゃんのおかげね、ホント感謝しなきゃ。でも…)





雫「ここがいいんですか、Pさん?」カリカリ

P「あっ! そこ気持ちいい…」ビクッ

雫「ふふ。もっと深くまでしてあげますからねー」

P「お、奥深くまでズッポリ…っ!」





22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:22:15.78 ID:uZOdNUuE0


ちひろ「何やってるんですか二人とも! ここは事務所ですよ!」

雫「なにって、Pさんに耳かきしてあげてるんですよー」カリカリ

P「あっ、そこいい…」

ちひろ「見ればわかります! でも事務所でいちゃつくのはやめてもらえますか!?」

雫「もぉーちひろさん、怒ったら幸せが逃げちゃいますよー?」

P「大丈夫だ雫…ちひろさんの幸せはお金以外にないから…」

ちひろ「こ、この…言わせておけばベラベラと…」ワナワナ





23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/03(火) 13:23:40.53 ID:uZOdNUuE0


ちひろ「アンタら二人とももうすぐ収録でしょうが! さっさと準備しなさい!」

雫「はーい、わかりましたー」

P「うーん、スッキリ! それじゃ行こうか、雫」

雫「はーい! 頑張りますよー!」モォー!

P「あ、ちひろさんもいい相手見つかるといいですね!」

ちひろ「さっさと行けやゴラアアアアアア!」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/03(火) 13:24:40.17 ID:uZOdNUuE0




<バタン

ちひろ「はぁ…やっと行ってくれたわね」

ちひろ(全く…雫ちゃんがPさんとくっついたせいでイロイロと大変なのに)



凛「あはは…これは夢なんだ! 悪い夢以外の何物でもないんだ!」

奈緒「凛…現実を見よう!」ナデナデ

留美「ふふ…年下がいいのね…年下が…」ズーン

拓海「あ、姉御…大丈夫ですかい?」

ちひろ(おかげで事務所内がカオスなんですよー! 何とかしてくださいプロデューサーさん!)


おわり!




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/03(火) 13:27:30.26 ID:uZOdNUuE0


本拠地、東京ドームで迎えた横浜戦
先発姫川が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった
会場に響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は渋谷凛だな」の声
無言で帰り始めるアイドル達の中、昨年の総選挙22位前川は独り楽屋で泣いていた
CDデビューで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるメンバー…
それを今のユニットで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいのにゃ…」前川は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、前川ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいパイプ椅子の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってレッスンをしなきゃにゃ」前川は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、前川はふと気付いた

「あれ…?お客さんがいる…?」
ステージ脇から飛び出した前川が目にしたのは、三階席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのような歓声が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする前川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「みく、リハーサルよ、早く行くわよ」声の方に振り返った前川は目を疑った
「の…のあにゃん?」  「どうしたのみくちゃん、居眠りでもしてたのかしら?」
「る…るみにゃん? 引退したはずじゃ…」  「シトーズヴァーミ、どうしたのですかみく? 勝手にルミを引退させて」
「あ、アーニャン…」  前川は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:神崎 2番:高峯 3番:島村 4番:及川 5番:城ヶ崎姉 6番:アーニャ 7番:横山 8番:双葉 9番: 緒方 P:前川
暫時、唖然としていた前川だったが、全てを理解した時、もはや彼女の心には雲ひとつ無かった
「勝てる…勝てるんだにゃ!」
和久井からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する前川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった…

翌日、事務所で冷たくなっている前川が発見され、高峯とアナスタシアは静かにフリートレードで移籍した




26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/03(火) 13:38:13.93 ID:uZOdNUuE0

雫の誕生日を高森藍子with貧乳オールスターズが呪うSS書いてたらこうなりました。
なんということでしょう。雫ちゃんの成せる業ですね。雫誕生日おめでとう。

前作
モバP「いぬのきもち?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401416764/


読んでくれた人ありがとう。ではまた。




元スレ
SS速報VIP:雫「しあわせいっぱい、あなたに届け」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401767471/