SS速報VIP:【モバマス】乃々「透明デスク」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521992551/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:42:32.20 ID:vPkjSXlF0

見えるのは私の足だけです。

目は開いているのに。

視界は狭いです。

目を開けているのに。

閉じてなんかいません。

生きていますから。起きていますから。

ーーーーーーー。

私は生まれています。

母のお腹の中から。

私は生きています。

今もなお、虫の息ですが生きています。

この世に、この地球という惑星に、

このアイドル事務所に、生きています。

この事務所のデスクの下に、ですが。

存在しています。生息してます。

もりくぼです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521992551




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:43:38.85 ID:vPkjSXlF0

生まれたての動物さんではありませんので…目は開いています。

(以前、美玲ちゃんに「ノノは生まれたての子鹿みたいだな」と言われましたけど。そのくらい私は震えていたそうです)

目は、開いています。ぱっちりと。

でも。でも見えるのはもりくぼの足だけです。もっというと、スカートで隠れた太ももと膝だけです。

なんででしょうか。

体育座りしているからででしょうか。

踞って、下を向いているからでしょうか。

あっ…それが理由でした。

そうでした。

顔をあげれば、また違う景色が見えます。

でも私は顔をあげません。

あげられません。

逃げに逃げて、大舞台からも逃げ出して。

今さら顔をあげられますか。

いぢめですか。



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:44:51.15 ID:vPkjSXlF0

顔をあげないといけない、というか、今からでもライブ会場に行かないといけないんですけど…。

もりくぼにはむりです。

むーりぃー。

出来るわけがないんです。

もりくぼにファン(いるかどうかも怪しいですが)を楽しませるなんて、出来るわけがないんです。

きっと失敗してしまう。

失望させてしまう。

ファンを、プロデューサーさんを。

…輝子ちゃんを、美玲ちゃんを。

それだけは嫌です。

それだけは…、、、、、、。

ーーーー。こうして逃げて、デスクの下で1人うずくまっていることで、失望させてしまっているんじゃーーーー。



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:46:15.62 ID:vPkjSXlF0

瞬間。

汗が背中をつたる感覚を覚えました。

子どものころ、大型ショッピングモールで親とはぐれたことを思い出しました。

みな出払っているのか、静かな事務所に
もりくぼの心臓の音だけが響いています。

どくん、どくん。どくどくどくどく…。

誰かの呼吸音が聞こえます。

もりくぼの呼吸音でした。

焦燥感、と言うものでしょうか。

おかしな感覚です。

焦がっているもりくぼを、
どこか遠くから見ているような、そんな気持ちです。

デスクの下にいるもりくぼは、透けて見えました。

透明なデスクです。

もりくぼは隠れもできないんですか…。

恥ずかしい。どこか遠くの森へ逃げてしまいたいんですけど…。

い、行かないと。でも、でも行ったって…。

チラと目をやれば、もりくぼの腕時計は
開演30分前を指していました。

メイクも終わって、本番直前の最終確認も終わっている時間です。

あうぅ…。そんな情けない声が出ました。




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:47:19.99 ID:vPkjSXlF0

もう、無理です。

初めから、わかっていました。

プロデューサーさんにも言ってました。

「もりくぼなんかに、アイドルは出来っこない」

むしろ、ここまでよく続けてこれました。

何度も逃げてしまったけれど、もりくぼにしては頑張りました。

もう辞めましょう。アイドルなんて。

失望させてしまったのなら、逃げます。

会いたくありません。怖いです。

置き手紙をして、森に逃げましょう。

そう思って、肌身離さず持っているポエム帳の空きページをちぎりました。

ちぎり…。

上手くちぎれません。

手が震えています。

やっとの思いでちぎったときには、紙はぐしゃぐしゃの状態でした。



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:49:12.59 ID:vPkjSXlF0

しかも手汗でべたべたでした。

すごい手汗です。ポエム帳がぐちょぐちょです。

いや、手汗だけじゃこうなりません。

ぽたぽた、ぽたぽた。

デスクの下に小さな雨雲があるみたいです。

雨が頬を伝っていきます。

暖かい雨です。

ぽたぽた、ぽたぽた。

雨が邪魔で、上手く手紙をかけません。

視界が狭いです。目は閉じていないのに。

視界がボヤけます。目は開けているのに。

書きにくい。置き手紙なんて書こうとするんじゃありませんでした。

思考がまわりません。どうしてもりくぼはどこにいたんですか。

書きなぐった形になった置き手紙。

読むに耐えません。

書いた手紙はポケットにいれました。

書いたことは後悔の念でした。



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:50:16.32 ID:vPkjSXlF0

なんでもりくぼは逃げたのでしょう。

どうしてもりくぼはこんなにだめだめなんでしょう。

アイドルの仕事は、みんなとするきついレッスンは、嫌いじゃなかったのに。

斜面を転がりだした岩はとまりません。

重い岩は転がり続けます。

雨は止みません。

後悔の念は出続けます。

どうして、どうして、どうして…。

ーーーーーー。

少し、寝てしまっていました。

いつの間にか、雨は止んでいました。

ーーーーーー。

私はどうしてもりくぼなんでしょう。

もりくぼってなんでしょう。

デスクの下に隠れているもりくぼは、なんなのでしょう。

どうしてもりくぼはデスクの下にいるのでしょう。

時計の針は、公演時間を指していました。

死んでしまいたい。

そう思いました。

でも死ぬ勇気すら、もりくぼにはありません。

このまま。せめてこのまま、誰にも見つからずにデスクの下にいたい。




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:51:16.25 ID:vPkjSXlF0

そんなことをかんがえていたら、誰かが私を呼ぶ声が聞こえました。

この部屋にいるのは私1人のはずですが。

ノノッ!!

もりくぼは置物です。

だから呼びかけにも応えません。

ぼ、ボノノちゃん…。

もりくぼは1人、いや1つです。

デスクの下の、おきものーーーーー

「ノノッ!!」

「ヒィッ!?」

「ウオッ」

突然の美玲ちゃんの呼びかけに心臓が跳ねました。つい声が出ます 。その声に輝子ちゃんが隣で肩を震わせていました。

え、あ、と、となり?



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:52:03.67 ID:vPkjSXlF0

「あっ、ショーコ!? ショーコまで机の下に行ってどうするんだッ!」

いつの間にかデスクの下にきた輝子ちゃんを見て、美玲ちゃんは声を荒らげていました。

でも当の輝子ちゃんは何処吹く風で

「フヒ。ここはマイフェーバリットプレイスだからな…。いつもと位置は違うが。自然と体が…」

と言ってキノコを触っています。

どこからキノコを持ってきたのでしょう。

え、というかお二人ともライブは…。

なんでここが。



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:53:11.83 ID:vPkjSXlF0

「な、なんでここがわかったんですか…?
それに、2人ともライブは…」

聞かざるを得ません。気になって仕方ありません。

てっきり、2人でライブをしてるのかと…。

美玲ちゃんが、輝子ちゃんを引きずり出しながら答えました。

「2人ともライブは?じゃない!
3人のライブなのに、ノノがいなくてどうするんだッ!」

「さ、探しに来たに、決まってる…」

輝子ちゃんが引きずられながら続けました。

「きっとデスクの下に居るって、目星がついてたさ…。まさか、ちひろさんのデスクの方にいるとは、思わなかったが…。この部屋に入って、なんとなく、ちひろさんのほうだなって…わかった」

なんとなく、ですか。




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:54:11.40 ID:vPkjSXlF0

なんとなく。

その言葉を咀嚼していると、

輝子ちゃんを引きずり終わった美玲ちゃんが、もりくぼを見ているのに気づきました。

申し訳なさから、思わず目を逸らします。

「ノノ、行こう。
ウチだけじゃ、ショーコだけじゃ、ノノだけじゃ作れないものを、作ろう。
この3人でしか作れないライブがあるんだ」

美玲ちゃんは、手をもりくぼの前に出しました。

いつの間にか、輝子ちゃんも心配そうにこっちを見ていました。

これも、申し訳なさから思わず目を逸らします。

「乃々は…アイドルがい、嫌なのか?
確かに辛いことも多いけど…。
私は、この3人でやるレッスン、楽しかった。乃々は、どうなんだ?」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:55:31.87 ID:vPkjSXlF0

そういう風に思わせてしまっていたことに、今更ながら私は気づきました。

そんなことはありません。

「い、嫌じゃ、ありませんけど…」

嫌じゃない。失望されるのが怖かっただけ。

それだけでこんなに迷惑をかけてしまいました。

そんな迷惑をかけたもりくぼに、2人は嬉しそうな顔を見せてくれます。

「そっか。なら安心だ…。頼りないかもしれないけど、私も、美玲ちゃんもいる。…だから、行こう」

輝子ちゃんも、手を伸ばしてきました。




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:57:34.96 ID:vPkjSXlF0

また雨が降りそうです。

でも我慢です。

自分勝手なもりくぼに、ここまでしてくれて逃げるわけにはいきません。

ライブはやっぱりキツいですけど。

この3人なら、頑張れる。

2人の手を掴みました。

とても暖かいです。

引っ張り挙げられると同時に、無意識に口が開きました。

「ご、ごめんなさい…。本当にごめんなさい」

「謝るなノノ。最高のライブをするだけだッ!」

「そうそう…。この3人で、な」

左手の美玲ちゃん。右手の輝子ちゃん。

2人にずっと謝りながら事務所を出ました。

ただ、その前に。

事務所を出る前に、振り返ってデスクの下を見ました。

もちろん、誰もいません。

でもなんとなく。

なんとなく、誰かが恥ずかしそうに手を振っているように見えました。

今日は晴れ。

透き通った青い空が、私たちを笑っていました。




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 00:58:03.82 ID:vPkjSXlF0

終わりです。



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/26(月) 01:05:35.23 ID:vPkjSXlF0

あ、見てくれた人がいたかどうかはわかりませんが、最後まで見ていただきありがとうございました。

総選挙はindividualsの3人をどうぞよろしくお願いします


元スレ
SS速報VIP:【モバマス】乃々「透明デスク」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521992551/