SS速報VIP:P「階段から落ちたら」春香「春香と入れ替わってしまった…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401881388/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/04(水) 20:29:48.30 ID:Kr1dSw1G0


・入れ替わりものです

・名前の表記は「精神」ではなく「体」のほうでいきます

・某漫画の設定を借りています

・知ってる人はネタバレ厳禁でお願いします


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401881388




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:30:48.06 ID:Kr1dSw1G0


千早「…ごめん春香、意味がわからないわ」

P「だから、私が事務所の階段で転んで、それにプロデューサーさんが巻き込まれて…」

春香「気が付いたら体が入れ替わってたんだ」

千早「……ドッキリ?」

P「千早ちゃん…この間盛大に騙されたからって神経質になりすぎだよぉ…」

春香「最近は響でもドッキリを警戒するようになったからな…」

P「まあ響ちゃんはアイドル芸人だから…」

春香・千早「お前が言うな」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:32:16.07 ID:Kr1dSw1G0


千早「と、とにかくっ!ホントに入れ替わったのなら証拠を示してください」

春香「証拠…?」

千早「そうですね…私が質問しますから、それに答えてください」

P「じゃあ、私からいくよ!!」

千早「ふむ…今日の春香のパンツは?」

P「白のレースパンツ!もちろんトレードマークの赤いリボン付きだよ!!」

千早「私はタンポン派である。YESかNOか」

P「NO!!千早ちゃんはナプキン派だったはず!!」

千早「最近の私の趣味は?」

P「写真撮影……に見せかけたやよいの盗撮だね!!」





6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:35:09.20 ID:Kr1dSw1G0


千早「むむむ…合格よ」

春香「おい!!これって周りから見たらオレ変態じゃねーか!!」

P「みんなにπタッチしてる人が何をいまさら…」

春香「違う、オレは変態じゃない!
オレはみんなの胸に手を当てると何か興奮することに気付いただけなんだ。
仮に変態だとしても、変態という名の紳士だよ!!」

千早「黙れクズ」ドゲシッ!!

春香「ありがとうございます!!」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:39:04.33 ID:Kr1dSw1G0


千早「しかし、入れ替わりを認めざるを得ないようね…」

P「どうしよう千早ちゃん…このまま戻れなかったら…」

春香「というか、午後からの仕事はどうする!?まさか休むわけにもいかないし…」


千早「…どうしてこんなことが起きたのか、理由は知らない。
   けど、元に戻る方法ならわかるわ」

P・春香「へ?」

千早「だってどう考えたって、こうなった原因は2人が階段から落ちたこと。
   だからもう一度同じことをすればいいだけじゃない」

春香「それは……その通りだな」

P「よ、よし!!すぐ階段に行きましょう!」

春香「え…オレとしてはもう少し春香の体を堪能したいんだが」

千早「言い方がいやらしい!!」ゴスッ

春香「ち、ちーちゃんの腹パンまじアルカディア…」ゴスッゴスッ

P「ちょっ、やめてください!!なんか私まで変態みたいじゃないですか!!
  ていうか千早ちゃん、それ私の体!!」




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:42:33.93 ID:Kr1dSw1G0


春香「しかし…階段から落ちるのって普通に危険だよな…」

千早「春香はどんなに激しく転んでも大丈夫そうですが、
   プロデューサーはケガするかもしれませんね…」

P「大丈夫じゃないよ!?千早ちゃんは私を何だと思ってるの!?」

千早「し、親友よ…///」

P「いや、この流れでデレられても!!」

千早「私はいつでもデレデレよ、春香と高槻さんに!!」

P「まさかの二股だよ!!いや知ってたけど!!」


春香「こうして見るとオレと千早の夫婦漫才みたいだなー」

千早「死ね」





10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:46:22.80 ID:Kr1dSw1G0


春香「さて…安全のため、階段の下にマットを敷いたぞ」

P「は、早く元に戻りましょう!!」

春香「なあ、やっぱりあと1日くらい…」

千早「早くしろカス」


P・春香「せ、せーの!」

どんがらがっしゃーん!!


P「あいたたた……ん?」

春香「いてて……あれ?」



P・春香「も、戻ってない…」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:51:11.04 ID:Kr1dSw1G0


春香「な、何でだ!?春香、お前何か間違った落ち方しただろ!?」

P「プロデューサーさんこそ、雑念とか抱いて落ちたでしょう!?」

千早「と、とにかくもう一度よ!!
   入れ替わることができたなら、必ず元に戻る方法があるハズなんだから!!」


~30分後~


春香「ダメだ…」ズーン

P「わ、私たち一生元に戻れないんでしょうか…」ズズーン


千早「2人とも、そろそろ仕事に行かないと…!!」ストーン

春香「もうそんな時間か…、仕方ない、このままで行くぞ!!」

P「ま、マジですか…」




14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:55:26.70 ID:Kr1dSw1G0


P「ええっと、確か今日の予定は…」

春香「まず千早とのラジオ、その後1人でグラビア撮影だな」

千早「両方とも死ぬほど不安なんですが…」

P「ま、まあドラマとか番組出演じゃないだけマシだったかも…」

千早「プロデューサー、ラジオで失言したら東京湾に沈めますからね、萩原組の力で」

春香「えっ、なにそれこわい」

P「ヤのつく職業ですね、わかります」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 20:59:20.45 ID:Kr1dSw1G0


・・・・

春香「みなさん、こんにちはー!」

春香「765プロトークのお時間です!」

春香「パーソナリティはこの私、天海春香ですよ、天海春香!!」


千早(ここまでは順調ね…)


春香「今日のゲストは、胸囲の歌唱力を誇る歌姫、如月千早ちゃんです!!」

千早「は、春香…?なんだか誤植があるような気がするのだけれど…」イライラ

春香「72を言ってるの、千早ちゃん?これはラジオだよ?」

千早(後でぶん殴る!!)

春香(ありがとうございます!!)

千早(こいつ直接脳内に…!)


P「だ、大丈夫かなぁ…」ハラハラ




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:04:17.96 ID:Kr1dSw1G0


春香「リクエストコーナーだよ!」

春香「えっと、ラジオネームむちぽよさんからです!!“こんにちは”
   はいこんにちはー」

千早「こんにちは…くっ」

春香「“千早ちゃんと言えばこの曲!『おはよう!!朝ご飯』をリクエストさせて頂きます”」

千早「いやそれ高槻さんの持ち歌!!」

春香「“まるで機械のような独特な歌い方ですねー。いつも勇気付けられます、ふふっ”」

千早「絶対私をバカにしてるよ、その人!!」

春香「早速流しますねー」


マブタヲアケテ サワヤカオメザメ

(ララララアサダ ララララオキヨウ)

キラキラアサヒ チキュウニオハヨウ


千早「やめてえええええ!!それは私の黒歴史ぃ!!」


・・・・・

P(その後もプロデューサーさんによる愛ある千早ちゃんいじめは続いたのでした…)




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:09:35.10 ID:Kr1dSw1G0


~放送終了後~


千早「春香、そこどいて!!プロデューサーを殺せない!!」

P「いやいや、なに私の体殺害しようとしてるの!?
  殺すなら元に戻ってからにしてよ!!」

千早「まあ、それもそうね」

春香「殺すのは確定なのかよ!!」

P「どーせリクエストの手紙を選んだのもプロデューサーさんなんでしょう?」

春香「まあそうなんだけど…あっ、やめて、関節技はちょっと、ああああああああああ!!」


P(次はグラビアか、大丈夫かなぁ…あのカメラマンさんだし…)




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:15:12.88 ID:Kr1dSw1G0


春香「今日はよろしくお願いしまーす!」(ビューティミズギ着用)

カメラマン「よろしくねー春香ちゃん」


パシャパシャ…


カメラマン「んー、もうちょっとこういう姿勢で…」ムニ

春香「は、はい!!」


パシャパシャ


カメラマン「違う違う、もっとこう!!」ムニムニ

春香「わ、わかりました!!」


パシャパシャ


カメラマン「いいよー、だけど…」ムニムニムニ

春香(おいこいつワザとさわってるだろ!!)






19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:20:47.15 ID:Kr1dSw1G0


春香(どうする…!?ここで反抗すると仕事が減ってしまう…?)


カメラマン「もっとねー、こう、大胆にねー、…!!???」ガッ

春香(…なんて考えるわけねえだろうが!!
   春香のプロデューサーとして、することは1つだ!!)

春香「すいませんが、うちのアイドルに手を出さないでくれませんかねぇ…」

カメラマン「いたたたたた…は、春香ちゃん!?」ギリギリギリ

春香「いいか、よーく覚えとけ、
   春香の体に手ェ出していいのはオレだけだ、このやろおおおおお!!」

カメラマン「す、すいません!わかったから!ギブ!ギブ!!」ギリギリギリ




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:25:18.54 ID:Kr1dSw1G0


・・・・・

春香「ようし!帰るぞ、春香!!」

P「い、いいんですか!?あんなことしちゃって…」

春香「いいんだよ、多分」

P「適当ですね……でも、ありがとうございました」

春香「かっかっか、プロデューサーとして当たり前のことだ」

P「ふふっ…」

春香「…なあ春香、もしかしてオレのセク…スキンシップも嫌だったりするのか?」

P「そうですねー、はい、嫌です」ニコッ

春香「えっ」ガーン


P「でも…たまになら、いいですよ?プロデューサーさん///」

春香「ふ……ふふふ、覚悟しておけよ?」


P「さあ、事務所に戻りましょう!」




21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:29:47.13 ID:Kr1dSw1G0


~事務所の階段下~


どんがらがっしゃーん!


P「ま、またダメですね」

春香「もう疲れたぜ…」

P「どうしましょう、プロデューサーさん…」

春香「うーむ、そもそもこの方法で合ってるのか?」


P「………プロデューサーさん、ひとつだけ、試してないことがあります」

春香「!! な、なんだよそれ!?言ってくれ!!」


P「じ、実はその、今朝、私たち階段から落ちたとき…

  『キス』しました…」




22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:34:43.15 ID:Kr1dSw1G0


春香「……はあああああああああ!?」

P「は、恥ずかしいから言いたくなかったんですよー/////」

春香「おっ、お前なぁ…」

P「…プロデューサーさん、試しに『して』みましょう//」

春香「え」

P「だってこうしていても時間の無駄ですし…//」スッ

春香「いや、ちょ、え…」

春香(マジかよ…)



チュッ




23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:38:55.70 ID:Kr1dSw1G0


P「……」

春香「……」


P「これは、オレの体…!!」

春香「ほら、戻れたでしょう?」ニコッ

P「あ、ああ…!!」

春香「じゃあ私、電車の時間があるので帰りますねー。また明日!!」スタスタ

P「ええ!?おいッ!!」


P「クソッ、春香め……やられたぜ」




24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:41:17.73 ID:Kr1dSw1G0


~次の日~


千早「つまり、春香とキスをしたら元に戻った、と」

P「ああ、そうだ」

千早「失礼ですが、ファーストキスはいつです?」

P「ああ!?なんでそんなこと…」

千早「いいから答えてください」

P「……は、春香が初めてだ」

千早「なるほど、ならば可能性はありますね…」ニヤリ

P「?」

千早「プロデューサー、私とキスしてください」




25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:44:22.91 ID:Kr1dSw1G0


P「はああああああああ!?」

千早「いいから!!いきますよ!!」ガッ

P「えええ…ちょ、ま、ウムッ!?」ズキュウウウン


・・・・・・


千早「ぷはっ!おい、お前いきなり何しやがる!!…あれ?」

P「ほほう…これがプロデューサーの体ですか」

千早「ウソ…だろ…!?なんでまた入れ替わってるんだ!?」

P「プロデューサー、股間についてるの邪魔なんで切り落としていいですか?」

千早「やめろおおおおおお!!おじさんの金の玉は貴重なんだぞ!!」




27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:47:04.24 ID:Kr1dSw1G0


千早「というか、どういうことなんだ、これは!!」

P「これはですね、つまり…」ガッ


チュッ


千早「プロデューサーはキスで相手と体を入れ替える能力を持っている、ってことですよ!!」バーン


P「な、なんてこったい…」



これがオレの、長きに渡る受難の始まりだった…

続く。




28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/06/04(水) 21:48:37.38 ID:Kr1dSw1G0


くぅ疲

マガジンの「山田くんと7人の魔女」の設定をお借りしました。

キスが入り乱れる、百合豚的にも腐女子的にもノンケ的にも素晴らしい漫画です。(ステマ)

あと、「続く」とか書いておいて、続きはまだ全然書いていません。

「続いたらいいなー」くらいに考えといてください。

それでは、最後までお付き合いくださってありがとうございました。



元スレ
SS速報VIP:P「階段から落ちたら」春香「春香と入れ替わってしまった…」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401881388/