SS速報VIP:翔太「罰ゲーム……」冬馬「マジかよ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402305164/



1: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:12:44.14 ID:3bfWhHrSO

※超短編・やっつけ・P ENDです




P「おいおい、文句言うなよ。お前達が提案したんだからな」

翔太「えー、でも~」

冬馬「頼む!もう一回!」

北斗「往生際が悪いぞ、二人とも☆」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402305164




2: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:15:02.05 ID:3bfWhHrSO

冬馬「ぐっ……だいたいお前ら、いつの間にこのゲームそんなに上手くなったんだよ!この前やったときは下手くそだったじゃねえか!!」

P「訓練したんだよ、お前らに勝つために」

北斗「音無さんに感謝ですね」

翔太「音無さんって……765プロの事務員さん?」

P「ああ、音無さんがこのゲームやり込んでるのは知ってたからな。鍛えてもらったのさ」

冬馬「卑怯くせぇ……」

P「勝てば官軍、だよ。さ、早く好きなほうの紙を選べ」

北斗「片方が俺の書いた罰ゲーム、もう片方がプロデューサーさんの書いた罰ゲームだよ」



3: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:16:02.49 ID:3bfWhHrSO

翔太「……僕、左の」

冬馬「じゃあ俺は右だな」

翔太・冬馬「」ピラッ

翔太「『女装して765プロの楽屋に挨拶』……」

北斗「お、俺が書いたのは翔太にいったか」

P「つまり……」

冬馬「……『765プロの事務員、音無小鳥(2X)に全力でプロポーズする』……」

P「頑張れよ、冬馬」

冬馬「頼む!翔太!交換してくれ!!」

翔太「い、嫌だよ!そっちのほうが大変なことになるじゃん!!」

冬馬「お前の歳なら本気にはされねえって!!」



4: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:17:31.15 ID:3bfWhHrSO

P「おいおい、見苦しいぞ」

北斗「潔く腹を決めなよ、冬馬☆」

冬馬「勘弁してくれ!土下座でもなんでもするから!!」

冬馬「せめて!せめて翔太のと同じやつにさせてくれ……!!」ポロポロ

P「ううむ……」

北斗「プロデューサーさん」

P「……仕方ない、それでいいよ」

冬馬「すまねえ……すまねえ……!!」ポロポロ

北斗「それじゃあ、さっさと準備しなきゃいけませんね」

翔太「はぁ……」



5: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:19:49.42 ID:3bfWhHrSO


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


P「なんだかんだ言いつつも、似合ってるじゃないか二人とも」

北斗「可愛いですね」

冬馬「メイクとスタイリストまで用意しやがって……」

翔太「賭けなんてするんじゃなかったなぁ……」グスン

P「翔太はそのままでも大丈夫そうだけど……」

北斗「冬馬は声をなんとかしないと一発でバレますね」

P「ま、別にバレてもいいんじゃないか?」

北斗「そうですね☆」

冬馬「おい!!」



6: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:20:49.33 ID:3bfWhHrSO

P「安心しろって。バレても問題なさそうな面子が揃ってるからさ」

北斗「二人とも、武運を祈ってるよ」

翔太「うぅ…………」

P「はい、これ名刺」

翔太「……『801プロ所属』?」

冬馬「『ヘヴン冬美』と『トイレット翔子』……って何だよこれ!!」

P「お前らの偽造名刺だよ」

北斗「二人は今、801プロダクションの新星・お笑いコンビ『プルート』なのさ☆」

翔太「こんなものまで作ってたなんて……」

P「さ、早く行ってこい!」

冬馬「覚えてろよ……」



7: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:22:34.00 ID:3bfWhHrSO

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


翔子「冬美ちゃん、行くよ~」

冬美「はぁい☆(裏声)」

コンコン

「どうぞー!」

翔子「失礼しまーす!」ガチャ

やよい「うぇ……?」

千早「あなた達は……?」

冬馬(天海に如月、四条、萩原、そして高槻か……)

翔太(確かにバレても、むしろこっちを気遣ってくれそうな人が揃ってるね……)

翔子「ご休憩中に突然すいません!」

冬美「わたしたち~、765プロさんの大ファンなので、是非ご挨拶したくって!(裏声)」



8: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:23:42.34 ID:3bfWhHrSO

春香「わぁ、ありがとうございます!えっと……」

翔子「ご紹介が遅れました!私、トイレット翔子です!」

冬美「ヘヴン冬美でぇす☆(裏声)」

翔子・冬美「「二人合わせて!『プルート』でーす!!」」

貴音「何やら面妖な名前ですね……」

やよい「息ピッタリですぅ~!」

翔太(すでにキツい……!)

冬馬(これを5分間も続けなきゃならねえのかよ……!!)

雪歩「よ、よろしくお願いします」

翔子「よ、よろしくです!あ、良かったら名刺どうぞー」

春香「わざわざありがとうございます!」



9: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:24:44.54 ID:3bfWhHrSO

千早「801プロ……?そんな事務所あったかしら?」

冬美「さっ、最近できた事務所なんです~☆まだ皆この業界に慣れてなくてぇ(裏声)」

翔子「私達が事務所を引っ張っていかないと~って頑張ってます!」

貴音「素晴らしい意気込みですね……。これからも精進してください」

冬美「あ、ありがとうございまぁす(裏声)」

天海「そうだ!どうせだし、私達も自己紹介しよっか」

翔太(やった!時間が稼げる!)

冬馬(ナイスだぜ天海!!)



10: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:27:27.92 ID:3bfWhHrSO

春香「私は天海春香っていいます!お互いに頑張りましょうね!」

翔子「よ、よろしくお願いします」

千早「如月千早です。……ところで」

翔子「な、何か?」ドキッ

千早「二人は……女性なのよね?」

春香「もう!千早ちゃん、失礼だよ!確かに千早ちゃんと同じくらいぺったんこだけど、ぺったんこはぺったんこなりにちゃんと胸なんだから!」

千早「くっ……ごめんなさい」

翔子「い、いえいえ……」

翔太(危なかった……)

冬馬(さすがだぜ!天海、お前はできるやつだと思ってたぜ!!)



11: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:28:17.21 ID:3bfWhHrSO

貴音「四条貴音と申します」

雪歩「萩原雪歩ですぅ」

やよい「うっうー!高槻やよいっていいます!」

冬美「皆さんよろしくお願いしますねぇ(裏声)」

冬馬(後1、2分ってとこか……?)

翔子「あのー、良かったらサインもらえませんか?」

春香「いいですよー!」

冬馬(よし、いいぞ翔太!)

翔太(これでサイン受け取ったらさっさと退却だね)



12: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:29:11.66 ID:3bfWhHrSO

春香「はい、これでいいですか?」

翔子「わぁー、感激です!」

冬美「ありがとうございましたぁ(ダミ声)」

冬馬(やべっ)

千早「え?……今声が」

翔太「それじゃあ失礼しましたー!!」ダッ

冬美「」ダッ

春香「あっ、ちょっと…………行っちゃった」



13: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:30:02.60 ID:3bfWhHrSO

………………


冬馬「はぁ……はぁ……」

翔太「ふぅ…………危なかったね」

冬馬「ああ、あれ以上あの場にいたら間違いなくバレてた」

翔太「だね……」

冬馬「…………なんかよ」

翔太「……うん」

冬馬「天海のことを応援したくなった」

翔太「僕もだよ……」



14: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:32:37.84 ID:3bfWhHrSO

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


プルルルル ガチャッ

『皆おつかれ~』

「いえいえ、私達は何もしてませんから」

「二人とも頑張ってたわね……」

「だね~。でも冬馬君のあのキャラ付けはなんだったんだろ?」

「さぁ……?あ、でも私、あの状態の二人なら近づいても大丈夫でした!」

「ふふ、それは良かったですね……」

「写真撮りたかったですー……」

『安心しろ、ちゃんと部屋の様子を録画してある』

「やったー!事務所に帰ったら皆でもう一回見よ!」

「ええ」


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



15: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:33:40.63 ID:3bfWhHrSO

数日後


冬馬「どうもあの時の女装のことが765の連中の間で噂になってるらしいんだけど」

P「それは気の毒に」

冬馬「気の毒に、じゃねえ!あんたの仕業だろ!!」

P「おいおい、俺のせいか?」

北斗「冬馬。仮にそうだとしても、あれは罰ゲームなんだからその程度のリスクがあって然るべきだろ?」

冬馬「それはそうかもしれねえけどよ……」

翔太「冬馬くん……さっさと忘れたほうが幸せになれると思うよ」

冬馬「いーや、俺は絶対に忘れねえ!お前達を同じ目に合わせるまではな!!」



16: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:34:24.88 ID:3bfWhHrSO

P「……おい、まさかまだやる気か?」

冬馬「たりめーだろ!」

北斗「やめたほうがいいと思うぞ」

冬馬「うるせー!やるっつったらやる!今度は四人で対戦だ!」





P「で、無事冬馬が一人負けしたわけだが……」

冬馬「……」

北斗「今回は単純に運が悪かったですね」

冬馬「ふっ、ふざけんな!寄ってたかって俺一人を狙いやがって!」

翔太「それだって作戦のうちだよ」

冬馬「くそっ……!!」



17: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:35:37.69 ID:3bfWhHrSO

P「ま、とりあえず、罰ゲーム選ぼうぜ。な?

北斗「三枚あるけど、どれにするんだい?」

冬馬「…………真ん中のやつにする」

冬馬「」ピラッ

『音無小鳥にプロポーズ』

冬馬「……」

冬馬「……」ウルウル

翔太(冬馬くん泣きそう……)

P「……冬馬。どうしても嫌なら、他二つを実行するって条件で、それを取り下げてもいいぞ?」

冬馬「…………」

冬馬「」ピラピラッ

『音無小鳥さんに結婚前提の交際を申し込む』

『音無小鳥さんに「キスしていいか?』と聞いて、了承されたらそのままキス』

冬馬「…………………………」



21: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:45:42.31 ID:3bfWhHrSO

P(……ここまですれば、さすがにもういいだろ)

北斗(そうですね)

P「冬馬、罰ゲームなんて誰も幸せにならないってことが分かっただろ?だからもう…………冬馬?」

冬馬「………………は」

冬馬「…………は、はは」

北斗「冬馬?」

翔太「冬馬くん?」

冬馬「あははははははははは!!いいぜ!!やってやるよ!!」

P「へ?と、冬馬?」

冬馬「この程度楽勝だっつーの!見てやがれ!!」ダッ

翔太「冬馬くんが壊れた!」

北斗「おい冬馬!どこに行くんだ!」

P「冬馬ああああああああああ!!」



25: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 18:55:04.28 ID:3bfWhHrSO

765プロ事務所


冬馬「邪魔するぜ!!」ガチャッ

亜美「は?」

真美「ひ?」

亜美「ふ?」

真美「へ?」

響「ほ。冬馬?うちに何の用……」

冬馬「音無小鳥はどこだ!」

小鳥「わ、わたし?」

冬馬「いたな……音無小鳥、いや、小鳥!!」

小鳥「は、はい……?」

冬馬「あんたのことが好きだ!結婚を前提に付き合ってくれ!!」

小鳥「ピヨッ!?」



26: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 19:05:22.02 ID:3bfWhHrSO

亜美「……」

真美「……」

響「と、冬馬がピヨ子を…………」

亜・真・響「ええええええええええええええええええええええええ!?」

冬馬「返事は?」

小鳥「へ、い、いや、あの、へ、返事とか、それ以前に、あの、え?」

冬馬「……なぁ」

小鳥「あ、あの、えっと、な、なんですか?」

冬馬「キスしていいか?」

亜美「ど、どゆことどゆこと!?なんであまとうが!?」

真美「何が起きてるのひびきん!!」

響「うがー!!自分だって分からないぞ!!ハム蔵!!」

ハム蔵「私にも分からないことはあるぞ」



27: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 19:10:58.12 ID:3bfWhHrSO

小鳥「ちょ、ちょっと待って!整理させて!あ、あの、あなたジュピターの冬馬くんよね?ど、どうして、いきなり」

冬馬「なぁ、小鳥」ガシッ

小鳥「い、いやだからね!な、なんで名前……というかわ、私達会ったことすら」

冬馬「キスしたい」キリッ

小鳥「!!!!」ドキューン

小鳥「は、はい……//////」



二人は幸せなキスをして終了。


Piyo END



29: ◆aU2gxYbeBY 2014/06/09(月) 19:13:45.28 ID:3bfWhHrSO

名有りキャラなのにPより動かしやすくて、メインキャラの亜美真美ちゃんと同じくらい書きやすい冬馬くん。大好きです。



読んでくださった方、ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:翔太「罰ゲーム……」冬馬「マジかよ……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402305164/