1: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:20:58.74 ID:apACy9pF.net

山へ行くバスへ乗っている一行


海未「今日は4人で山を上りにいきますよ」


穂乃果「なんで私、山に上りにいかなくちゃならないのしかも四人で?」


海未「言わなくてもわかるとおもいますが、最近また太って来たでしょうそのせいですよ」


海未「それに今日は予定が合ったのがこの四人なので」



2: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:21:47.90 ID:apACy9pF.net

穂乃果「でもわざわざ山に上りにいかなくても、近所をはしればいいんじゃないの?」


海未「確かにそうなのですが、私の歌詞作りが行き詰まってしまってその息抜き兼ねてということです」


穂乃果「でも私までそれに巻き込まないでほしいなー、海未ちゃんと山登りするの疲れるもん」


真姫「そうよ私もなんで行かなくちゃならないのよ」


凛「そうにゃそうにゃ」


海未「大丈夫です安心してください、今回は比較的易しい山に登るつもりですし、今回は先に私一人で登らせてもらいます。」


海未「ですので今回はあまり心配しなくてもよろしいですよ」



3: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:22:14.06 ID:apACy9pF.net

凛「なんで海未ちゃんだけ先にのぼるの?」


海未「歌詞作りがまだ結構残っているので、山の山頂でゆっくり

歌詞作りしたいからです」


真姫「ていうか私も登る理由はぐらかさないでよ」


山についた一行


海未「着きましたよ」


凛「やっぱり自然はいいなー」


穂乃果「山、キター」


海未「さて私は先に行ってますので3人はお好きに登ってきてください」



4: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:23:18.13 ID:apACy9pF.net

真姫(ちゃんと登れるといいけど)


凛「海未ちゃんやっぱり早いね」


穂乃果「もう見えなくなりそう」


真姫「本当に早いわね」


穂乃果「それじゃ私たちもいこ!」


凛「いっくにゃー」


真姫「そうね」



5: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:23:43.74 ID:apACy9pF.net

山を登り始める3人


穂乃果「山を上っているとだんだん気持ちよくなってくるね」


凛「凛は運動大好きだからその気持ちよくわかるー」


真姫「山上っていて気持ちよくならない人なんていないわ」


穂乃果「真姫ちゃんそんな事言うなんて意外だね」


凛「どこか頭でもぶつけたの?」


真姫「違うわよ、人は正常な状態ならエンドルフィンという多幸感をもたらすものが運動中は分泌されるのよ」



8: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:24:12.01 ID:apACy9pF.net

真姫「私たちのような年頃の子が正常じゃないわけないじゃない」


真姫「まして、この私よ」


穂乃果「さすが真姫ちゃんよくしってるね」


凛「あっこっちに脇道があるにゃ」


真姫「凛、私の話聞いてよ」


凛「ほら、あっち」ユビサシー


穂乃果「あっ探検したら面白そう、行ってみようよ」


凛「行ってみたいなー」


真姫「でも大丈夫?結構険しそうだけど、私はいきたくないわ」



9: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:24:49.73 ID:apACy9pF.net

凛「えー、いこうよー」


穂乃果「でもさ、なんにも張り紙とかしてないから、ここ通っても大丈夫なんじゃない?」


真姫「そうかしら?」


凛「道も続いてそうだし、大丈夫なんじゃない?」


真姫「うーん、でも」


穂乃果「真姫ちゃん気にしすぎだよ」


凛「もしかしてあの道行くの怖い?」


穂乃果「真姫ちゃん意外と怖がりだったりするの?」



11: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:27:31.04 ID:apACy9pF.net

真姫「そんなわけないじゃない、ただ道が今までの道と違って管理が緩そうだったら、その、心配しただけよ」


凛「心配って怖いってこと?」


穂乃果「やっぱりそうだったんだー」


真姫「違うわよ、いいわ行ってあげる、私に怖いものなんてないんだから」フン


凛(ちょろい)

穂乃果(ちょろい)


穂乃果「それじゃいこうか」


凛「たのしみだにゃー」


真姫「いきましょ」



12: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:28:24.73 ID:apACy9pF.net

穂乃果「こういう道を通るときってわくわくするねー」


真姫「どうして?」


凛「この先になにがあるのかって興味がわいてくるからだよ。ねっ穂乃果ちゃん」


穂乃果「うんっ、真姫ちゃんもだんだんわかってくるとおもうよ」


真姫「そうかしら」


凛「あっ川の音が聞こえる」


穂乃果「近くに川があるんだね」



13: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:29:45.15 ID:apACy9pF.net

真姫「ここからは見えないわね」


凛「すすんだらきっと見えるよ」


穂乃果「はやくみたいなー、んっ?あれって洞窟?」


凛「えっどれどれ?あーっ確かに洞窟っぽい」


真姫「近くに行ってみましょう」


穂乃果「近くによって見たら岩が重なってるだけじゃん」


穂乃果「ちょっとふかい鎌倉くらいのおおきさだね。一回休憩しようか」



14: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:30:34.43 ID:apACy9pF.net

凛「はいってみるにゃー」


真姫「怪我しないようにね」


穂乃果「でも熊がこういうとこにいたりするのかなー?」


凛「そうなのかな?真姫ちゃん熊いると思う?」


真姫「この山にくまはいないって聞いたし居ないんじゃないの?」


穂乃果「あー何かおちつく」


凛「いいかんじにゃ」


真姫「入ってみると意外といいものね」


数分後


凛「しゅっぱーつ」


穂乃果「おー」



17: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:37:06.28 ID:apACy9pF.net

穂乃果「今、山の真ん中くらいかな?」


真姫「順調ね」


真姫「脇道だから途中で道がなくなるかと思っていたけど意外と大丈夫かしら」


真姫「あっあれって川じゃない?」


凛「すんでてきれいー、おいしいみずかな」


穂乃果「飲んでみようよ」


真姫「冗談よね?だめよ飲んじゃ」


穂乃果「えーなんでー?」


真姫「だめに決まってるじゃない、いくら澄んでてきれいでも水のなかにどんな細菌や微生物がいるかわからないでしょ?」



18: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:37:43.48 ID:apACy9pF.net

凛「でもテレビで飲んでるところをみたことあるにゃ」


真姫「それはきちんと調査されて安全だとわかってるから飲んでるだけよ」


真姫「ここは脇道で獣道なんだからだめよ。」


凛「はーい」


穂乃果「はーい」


凛「じゃあ川のなか見てみよう、おー蟹とかいるー」バシャ


穂乃果「小さい魚もいるねー」バシャバシャ


真姫「こっちに水飛ばさないでよね」



19: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:38:18.41 ID:apACy9pF.net

凛「気を付けるにゃー」


数分後


凛「そろそろ進まないー?」


真姫「そうね行こうかしら…ってあれ?道の続きが無いじゃない」エッ


穂乃果「えっ、本当に?引き返した方がいいかな?」



20: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:38:43.96 ID:apACy9pF.net

凛「でも結構進んだし、今から引き返すのも」


凛「このまま進んでもいけそうだし、行ってみようよ」


穂乃果「そうだね、まだ太陽そこまで沈んでないし、いけるよね!」


真姫「私は引き返した方がいいと思うわ、無闇に進んでいって帰れなくなったらどうするのよ」


真姫「確実に帰るには引きかえした方がいいわ」


穂乃果「確かに真姫ちゃんの言うことはすごくわかるけど、海未ちゃん先に登ってるし。」


穂乃果「それに川沿いにすすめばたぶんどこかにでるよ。」


凛「そうにゃそうにゃ」



21: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:39:50.07 ID:apACy9pF.net

真姫「まあいいわ、一人で下山するのも危ないしついていくわ」


穂乃果「意外とあっさり引いてくれたね」コショコショ


凛「真姫ちゃんも山の探検したらはまっちゃったのかな?」コショコショ


穂乃果「そうかもね」



凛「それじゃあ川沿いに進もう」


真姫「日がくれないうちにね」


穂乃果「そうだね」



22: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:40:18.10 ID:apACy9pF.net

30分後

穂乃果「思ったよりたのしいね」


凛「道がない分自分で木をつかんだりして、いくおかげで冒険感がましてくるにゃー」


真姫「あれって洞窟かしら?」


穂乃果「また?ちょっと見てみようよ」


凛「あっでもあれって木っぽい」


真姫「どういうこと?」


真姫「えっ木?すごい、大木が倒れてその中がくりぬかれてる。」



23: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:40:44.48 ID:apACy9pF.net

穂乃果「ほんとだー、きの中が上からしたまで空いてる」


凛「傾いてるし木の中、滑ったら面白そう」


真姫「滑ったら服が汚くなるわよ」


凛「それはいやにゃー」


真姫「そんなこと言ってないでいくわよ」


穂乃果「川沿いに進んできたけど、結局道にでないね」


凛「しかも川の続きが、山頂とは違う方向になってきてる」


真姫「川からそれて進むしかないわね」


穂乃果「少し急ごうか、段々日が落ちてきたし」



24: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:41:10.04 ID:apACy9pF.net

真姫「いきましょう」


穂乃果「こっちに行こうか」


凛「この方向なら行けそうだね」


穂乃果「木を掴んで登っていこう」


数分後

真姫(だんだんきつくなってきたわ、二人とも体力有りそうだし置いてかれないようにしないと)


穂乃果「ここらへん段々木が増えてきたね」


凛「少し登りやすくなってきたかにゃ?」


穂乃果「この調子で行こう!」



25: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:41:35.87 ID:apACy9pF.net

数分後

凛「あれ木がなくなってきた」


穂乃果「しかもなんか先に竹っぽい雑草が生えてる」


真姫「あれは笹ね、あんなに映えてたら進むのは難しいかもね」


穂乃果「でもどうするの?ここ意外進めそうにないよ」


真姫「うかいすればいいじゃない」


凛「木に登ってまわり見てみるね」ノボリノボリ



26: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:42:01.31 ID:apACy9pF.net

凛「やばいにゃ、ここからは見える範囲先は全部笹だらけだよ~」


穂乃果「ここをのぼっていくしかないね」


真姫「不本意ながらね、少し暗くなってきたし」


凛「じゃあ草のなか進んでいくってこと?」


穂乃果「そうだね、私が先頭で草を踏み潰していくから二人は一列で付いてきて」


凛「結構急そうだから気を付けてね」


真姫「笹が刺さらないようにね」


凛「真姫ちゃん寒いにゃー」


真姫「私は真面目に言ってるのよ?」



27: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:42:26.84 ID:apACy9pF.net

真姫「穂乃果、気をつけなさいよ」


穂乃果「真姫ちゃんやさしいね」


真姫「あんたが先頭なんだし怪我されたら遅くなっちゃうでしょ」


穂乃果「そうだね、暮れちゃう前に行こっか」


凛「ついてくよ」



28: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:42:52.52 ID:apACy9pF.net

進んでいく3人  順番 先頭 穂乃果 2凛 3真姫


真姫(今までの道のりで一番険しいわね、おまけに薄暗い)


穂乃果「笹おおすぎるよー」


凛「鬱陶しいにゃ」


真姫「日没何時ごろかしら、太陽の位置的にもそろそろ…」


穂乃果「まだ大丈夫だよ」


進む一行

穂乃果「進んでも笹だらけだよー」


凛「パンダとかいないかな」



29: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:43:18.07 ID:apACy9pF.net

真姫「いるわけないでしょ」


凛「言ってみただけにゃー」


真姫(かなりまずいわね、本格的に暗い)


真姫「穂乃果、後どのくらいでつきそう?」


穂乃果「まわり見渡すと、そろそろ山頂につく気がするんだけど」


凛「遭難しちゃった?」


穂乃果「いや違うとおもうよ」


真姫「遭難する人はバカだと思ってたけどこうやって遭難するのね」


穂乃果「まだ遭難してないよー、だってどっち進めばいいかわかるし、

もうつきそうだもん」



30: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:43:59.23 ID:apACy9pF.net

凛「すすむしかないにゃ!」


真姫「そうね」


真姫(もし私たち着けなかったら家に連絡すればいいわよね)


真姫(でも今は私たちが大怪我しちゃったらすぐに助けはこれない)


真姫(怪我するとしたら急斜面で転んでしたに転がっていくとかかしら)


真姫(前の二人は私が何とかすれば手当てぐらいできるかも)


真姫(でもあれっ?私は誰が助けられるの?)


真姫(二人とも医療についての知識はあまり無さそうだし)


真姫(私が転落しても前の二人は早いから気付かないかもしれない)


真姫(二人とも距離が段々離れてきたし)グスッ



31: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:44:25.40 ID:apACy9pF.net

凛「おーい真姫ちゃんどこー?」


真姫「ここよー」


穂乃果「よかったー後ろ振り返ったら凛ちゃんしかいなくて」


凛「どのくらい進んでいるか見てみよっか」


凛「少し木上ってみるから待ってて」ヨイショ


凛「結構登ってきたみたい、あとちょっとだと思うよ」ミワタシー


真姫「それならよかったわ」



32: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:44:51.11 ID:apACy9pF.net

進む一行

穂乃果「あっよかったー細い道に出たよ」ヤッター


真姫「これでひと安心ね」ホッ


凛「辿ってけばすぐ、山頂につくとおもうにゃ」


真姫「まだ辛うじて周りが見えるわね」


穂乃果「ほんと間に合ってよかったよー」


凛「あれが山頂かな?」


真姫「気力が湧いてきたわ」



33: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:45:18.97 ID:apACy9pF.net

進む一行

穂乃果「あっ海未ちゃんだー」


海未「かなり遅いではないですか、心配しましたよ」


穂乃果「途中で道がわかんなくなっちゃって」ナハハ


海未「気を付けてくださいよ」


真姫「本当に無事にこれてよかったわ」


凛「凛はたのしかったにゃー」



真姫「凛は楽観的すぎるのよ」マッタク


穂乃果「もう完全に暗いね」


海未「ほら上を見てください」



34: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:45:45.13 ID:apACy9pF.net

凛「あっきれいー」


真姫「悪くないわね」


穂乃果「星がきれいだね」


海未「少し休憩しましょうか」


その後

海未「下山しましょうか」


海未「私ががいくつかライトはを持っているので皆さん持ってください」


穂乃果「海未ちゃん一人で下山していいよ」



35: 名無しで叶える物語 2018/04/06(金) 20:46:10.67 ID:apACy9pF.net

凛「もう少し休憩したいにゃー」


真姫「私も同感」


海未「段々気温が下がってきますし、なにが出るか分からないのでそろそろいきましょう」


穂乃果「じゃあ私たち3人で今から返るけど海未ちゃんもっと早く行っていいよ」


海未「夜の山の下山は危険です、私が先導しないということはできません」


凛「えーすごい疲れたのに、さらにつかれちゃうよー」


真姫「行くしかないのかしら」


海未「それでは行きますよ、麓アタックです」


穂乃果、凛、真姫「えーーーーーーー」



終  誤字失礼しました


元スレ
穂乃果「山頂アタック」
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1523013658/