SS速報VIP:【ミリマスSS】グリP「アイドルの裏好感度が分かる機械?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402912797/



1: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 18:59:57.83 ID:aWYYuzWcO

グリP「っていうのが欲しいんだけど」

亜利沙「いきなりなんですか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402912797




2: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:04:42.86 ID:aWYYuzWcO

グリP「よくさ、『できたぞ○○!□□だ!』っていうネタあるじゃん」

亜利沙「知らないです」

グリP「まああるんだよ、そういうのが。そのネタ俺もやってみたいんだよ」

亜利沙「はぁ、そうですか」

グリP「そこでアイドルに詳しい亜利沙に相談が」

亜利沙「いないと思いますよ?」

グリP「まだ聞いてないじゃないか」



3: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:11:05.89 ID:aWYYuzWcO

亜利沙「どうせ、そういうのが作れるアイドルが事務所にいないかって聞きたいんですよね?いないに決まってるじゃないですか!」

グリP「いるかもしれないだろ!」

亜利沙「そんな超人がいる事務所なんて……亜利沙が知る限り一つだけありました」

グリP「ウチも結構超人いる気がするんだが。そっかー、そっち方面の超人はいないかー…」



4: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:18:10.91 ID:aWYYuzWcO

ガチャ
茜「プッロちゃーん!超プリティーキュートハートキャッチ茜ちゃんの登場だよー!はい拍手!パチパチパチ!実は最近天才的な茜ちゃん発明にハマってこんなの作ってみたよ!じゃーん!名づけて『アイドルの裏好感度が分かる機械!』あえてそのまんまの名前にしてみました!驚いちゃいましたー?茜ちゃんの発明品に驚いちゃいましたかー?」

グリP「」

亜利沙「」

グリP「まさかの茜か。最高のタイミングで来たな」

亜利沙「予想外でした、しかもピンポイントですね」

茜「???」



5: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:24:03.46 ID:aWYYuzWcO

グリP「ところでそれ、どんな機械なんだ?見た感じただのメガネだが」

茜「流石プロちゃん、目の付け所がシャープだね!」

グリP「いや見れば分かることだろ」

茜「この『アイドルの裏好感度がわかる機械』略してアイ裏はその名の通りアイドルのプロちゃんへの裏好感度が分かっちゃうマシーンなんです!いやぁ、長いから略せって言われる前に略してあげる茜ちゃん、なんて優しいんだろうなぁ」

グリP「その裏好感度とは」

茜「簡単に言えば、どれだけプロちゃんのことを独占したいか、かな?それを付けてアイドルを見るとなんと!名前とハートが表示されちゃうのだ!ハートなんてプリチーな発想、同じくプリチーな茜ちゃんにしかできないね…」

グリP「結構安直な考えだよなそれ」



7: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:32:31.19 ID:/ECzCDnHO

グリP「よーし、プロちゃん早速かけちゃうぞー」メガネソウチャク

茜(︎)「どうどう?付け心地も追求したから普通のメガネとしても中々いいと思うよ?」

グリP「あの、茜にハートが一個あるんですけど…」ドンビキ

茜「そのハートが多いほどプロちゃんを独占したいってことだよ!二個までは少し気になる程度だから全然大丈夫!あ、気になるって言っても色んな意味でだから勘違いはいけませんよー、ドゥーユーアンダスタン?」



8: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:35:07.28 ID:/ECzCDnHO

グリP「オッケーオッケー。しかしこんなものを作れちゃうなんて茜は天才だなぁ」ナデナデ

茜(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「キャー!もっとなでていいんだよプロちゃんっ」

グリP「!?」ナデナデヤメ

茜(♥︎)「ん?どったのプロちゃん?」

グリP「い、いやなんでもない(撫でられてる時だけハート増えるってどういうことだ)」

茜「それじゃあ茜ちゃんはレッスンに行ってくるのだ!じゃね、プロちゃん亜利沙ちゃん!」

茜(こんなこともあろうかと茜ちゃんを見る時だけハートが一つしか表示されないようにしといてよかったー…)



11: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 19:54:22.61 ID:JpK2GTvRO

グリP「さて、お次は…」

亜利沙(♥︎)「な、なんですかぁ?」

グリP「亜利沙は…普通だな。これでハートが多かったら気まずくなってたよ」

亜利沙「亜利沙も聞いてましたからね。プロデューサー、くれぐれも悪用しないようにしてくださいね!くぅ~、一度言ってみたかったんですよ!」

グリP「お前さっき何の話か知らないって」

亜利沙「あ、亜利沙は今からアイドルちゃんたちの着替えを脳内メモリーに保存してきますのでそれでは!」

グリP「あ、逃げやがった。そもそもこれをどうすれば悪用できるんだ」



12: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 20:02:08.18 ID:EVvYm3iIO

グリP「さてと、早く誰か来ないかなー」

ガチャ
ひなた「プロデューサー、おはよぉ」

グリP「おおひなたか、おはよう」

ひなた(♥︎)「他の人はいないのかい?」

グリP「ああ、みんなレッスンとか仕事行ってるよ。音無さんは仕事サボって妄想してたから律子に説教受けてる(よかった、ひなたがハート多かったら俺どう接したらいいか分からなくなってたよ)」

ひなた「小鳥さんも大変だねぇ」

グリP「いや、自業自得だし」




15: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 20:55:43.28 ID:GnCISZvk0

ひなた「それじゃあ今プロデューサーと二人きりだねぇ」

グリP「そうだな」

ひなた「ねぇプロデューサー。ちょこっとだけ、膝の上に座ってもいいかい?」

グリP「え?まあ、他に人がいないからいいけど…」

ひなた「えへへ…それじゃ失礼するよぉ」チョコン

グリP(おうふ…お日様の匂いが…俺がひなた独占したくなるわ)

ひなた(♥︎♥︎)「あの、宿題で分からないところがあるべさ。勉強教えてくれるかい?」

グリP「ああいいぞ。どこが分からないんだ?(あ、増えた。このままでいたいのかな)」

ひなた「んと、ここなんだけんども…」




16: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:07:26.17 ID:GnCISZvk0

ひなた「あ、もう時間…。プロデューサー、ありがとねぇ。大分分かったから自分でもやってみるんだわ」

グリP「そういえばそろそろレッスンの時間か。頑張ってこいよ」

ひなた「はぁい」


グリP「…癒されたし、もっと一緒にいたかったな。途中ハートが増えたのがまたかわいかった、掛け値なしに」



17: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:11:57.71 ID:GnCISZvk0

グリP「さて次は誰だろうな、オラワクワクすっぞ」

ガチャ
志保「おはようございます。ってプロデューサーだけですか」

静香「おはようございます。ってなんだ、プロデューサーだけじゃない」

グリP「お前ら、俺だけかってひどくな」

志保(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「そんなことありません、普通ですよ」

静香(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「そうですよ」

グリP「!?」ゴシゴシ

志保(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「どうしたんですか?目にゴミでも?」

静香(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「既に目が悪いんですから、気をつけてくださいよ」

グリP(俺の目がおかしいわけじゃないよな…なんだこのハートは…)



19: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:20:05.83 ID:GnCISZvk0

志保「…そういえば静香、前すごく美味しいうどん屋見つけたんだけど、今から食べに行ったらどう?」

静香「っ…結構よ、今あまりお腹空いてないし。それよりも志保、あなたが前欲しがってた絵本、隣町の本屋に売ってたわよ。買ってきたら?」

志保「……いいわよ、今お金ないし。ネットで買おうと思えば買えるわ」

静香「…………」

志保「…………」

グリP(ふえぇ…この沈黙怖いよぉ…ひなた帰ってきてくれ…この際誰でもいいからぁ…)



23: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:31:53.48 ID:GnCISZvk0

グリP「そ、そうだ!ちょっと喉渇いたから飲み物でも買ってくるわ!」

静香「あ、私もついていきます。お金がない人はここで待ってて頂戴」

志保「流石にそこまでないわけじゃないし。お腹空いてないなら無理して買いに行かなくてもいいのよ?私も喉渇いたから」

静香「…………」

志保「…………」

グリP(ああ、逃れられない!)



26: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:37:27.49 ID:GnCISZvk0

ガチャ
未来(♥︎♥︎)「おっはようございまーす!」

可奈(♥︎)「おはようございまー…はれ?なんか雰囲気が…」

グリP(天使×2来たー!この状況をどうにかして)

志保「……」

静香「……」

グリP(逆にこの二人、不機嫌になってる気が…)




27: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:43:02.90 ID:GnCISZvk0

未来「静香ちゃんも志保もそんなにムスっとしてどうしたの?」

可奈「二人ともスマイルが一番ですよ!さいしんっトッキッメッキで~♪」

静香「……」

志保「……」

未来「うう…プロデューサーさん、二人が怖いですぅ…」

可奈「こんな睨まれると泣きそうですぅ…」

グリP(俺も泣きたいですぅ…)



29: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:50:44.74 ID:GnCISZvk0

未来「ってそうだった!静香ちゃんも志保も早く来て!」

志保「はぁ…一体なによ」

可奈「律子さんが今度のライブに向けてレッスンしてあげるって言ってくれたんです!二人だけでするのは勿体無いかなーって思って呼んできたんだよ」

グリP「音無さんの説教終わってたのか。なんで戻って来ないんだ?」

未来「さっき社長に話があるって言われてました」

グリP「南無三」



31: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 21:58:37.38 ID:GnCISZvk0

静香「律子さん直々でレッスンしてくれるなんて…滅多にないことじゃない。もちろん行くわ!」

志保「そうね。次のライブは失敗したくないし、私も行こうかな」

未来「それじゃあ早く行こう!律子さんずーっと待ってるから!あ、あとでプロデューサーさんも見に来ますか?」

グリP「ああ、仕事がある程度片付いたら見に行くよ」

未来(♥︎♥︎♥︎♥︎)「了解です!それじゃあみんな、行こう!」
バタン


グリP「…よくやってくれた未来、可奈。…ただ最後に未来のハートが増えたのが気になったけど」



32: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:04:29.90 ID:GnCISZvk0

ガチャ
琴葉「おはようございます」

恵美「プロデューサーおっはよ~」

エレナ「オハヨ~ダヨー!」

グリP「おはよう。三人一緒に来るなんて珍しいな」

琴葉(♥︎♥︎)「たまたま恵美とエレナと電車でバッタリ会って。というか、二人とも今日オフじゃなかったの?」

恵美(♥︎)「今日何も予定ないからさ~、家でゴロゴロしてるより劇場来た方が面白いじゃん?」

エレナ(♥︎♥︎)「そうそう♪こうやって、プロデューサーにも会えるしネ!」

グリP(おお、この三人はあまり独占欲がないのか。なんか嬉しいような悲しいような…まあさっきのよりはマシか)



35: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:14:39.19 ID:GnCISZvk0

エレナ「プロデューサー♪今からアイス買いに行こーヨー♪今日熱いからネ!」ギュッ

恵美「おお、いいじゃん!プロデューサー奢ってよ~!」ギュッ

グリP「お、お前ら腕に抱きつくんじゃない!(豊満な胸の感触が…たまらん!)」

琴葉(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「アイスですか!いいですね、私も買いに行こうかな」

グリP(ひえぇ、琴葉のハートが一気に…しかも表に出してない辺り抑えてるだろ)



37: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:20:01.94 ID:GnCISZvk0

グリP「そういえば、琴葉は今度の仕事の打ち合わせで来たんだっけか」

琴葉「そうですよ。って忘れてたんですか?まったく…」

グリP「すまんすまん、ちょっと待っててくれ、今資料取ってくるから。ほらお前ら離れろ」

エレナ「えー、アイスはー?」

グリP「あとで買ってやるから、今は打ち合わせさせてくれ」

恵美「やったー!話の分かるプロデューサー好きだよ!」

グリP「はいはい…(メガネ…はいつものに変えとくか。一々名前とハートが写るのは嫌だし)」



39: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:28:30.62 ID:GnCISZvk0

琴葉「それじゃあ先に別部屋行ってますね。ここだと他の子が来たりしますし、今も二人がいるし」

恵美「ちょっと~、まるで私たちが邪魔者みたいじゃん~」

琴葉「邪魔じゃないけど、人がいると集中できなくて…」

エレナ「コトハは真面目さんだネ~。ワタシも見習わなきゃ」

グリP「おう、俺もすぐ行くから」



40: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:32:47.20 ID:GnCISZvk0

グリP「悪い、待たせたな」

琴葉「いえ、そこまで待ってませんから。少し小鳥さんから借りた本読んでました」

グリP「琴葉、それよくない本だからペッしなさい」

琴葉「?? 普通の恋愛小説ですけど…あっ、恋愛小説読んでることは他の人には内緒にしててくださいね!」

グリP「別に変じゃないと思うが…さてと、今度の仕事なんだが…」



42: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:38:26.35 ID:GnCISZvk0

---
グリP「ってな感じだけど、何か聞きたいことはあるか?」

琴葉「大丈夫です、全部頭に叩き込みましたから」

グリP「流石琴葉、記憶力はいいな。それじゃあこれで打ち合わせ終わり、お疲れさん」

琴葉「お疲れ様でした!」

グリP(さてと、終わったことだしアイ裏アイ裏っと)メガネソウチャク

琴葉(♥︎♥︎♥︎)「それにしても、やはり周りに誰もいないと集中できますね」

グリP「確かにそうだな(ハートが三つか…まあさっき恋愛小説のこと言ってたし少し意識してるのかな)」



43: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:42:51.62 ID:GnCISZvk0

琴葉(♥︎♥︎♥︎♥︎)「それに今は二人きりだし……」

グリP(…え?今増える要素あった?)

琴葉(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「ここなら誰も来ませんよね…」

グリP(なんかどんどん増えていくんだけど…)

琴葉(♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎♥︎)「私とプロデューサーだけしかいない……」

グリP(ムムッwww今なんとwwwあっ増えたwww一秒に一つ以上ハートが増えているんですwww絶好調www)

グリP(じゃねえよ、なんだこのハートの数。よく分からないけど怖くなってきたぞ)



45: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:49:05.57 ID:GnCISZvk0

ピーーーー
琴葉「…?この音なんですか?」

グリP「へ?あ、多分このメガn

ボンッ!

グリP「へぇあ!?目がぁ!」

琴葉「きゃあ!プロデューサーのメガネがいきなり爆発した!?プロデューサー、大丈夫ですか!?」

グリP「あー……目が痛い…スカウターが壊れるとこんな感じになるのか…」

琴葉「何冷静に分析してるんですか!とりあえず医者行きましょう!」



50: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:54:57.18 ID:GnCISZvk0

グリP(どうしてアイ裏が爆発したのか俺には分からなかった。ただ、爆発する寸前に見えた『測定不能』の文字が気になった)

グリP(あのあと、眼科に行ったが特に目に異常はなかった。医者に事情を話したら「なんでそれで目に何もないの。君ある意味すごいよ」と言われた。のだが…)


琴葉「プロデューサー、分からない問題があるんですけども…」

グリP「ん、どれどれ。…何だこの問題、交点の座標書いてないじゃないか。問題作成者のミスか?」

琴葉「えっと…ここに書いてあるんですけれど…」

グリP「えっ?あっ、ほんとうだ…」


グリP(あれ以来、俺はちょくちょく文字が見えなくなってしまった)


おわり



52: ◆.FhXW5/s/s 2014/06/16(月) 22:56:59.03 ID:GnCISZvk0

ここまで読んでいただきありがとうございました。茜ちゃん天才だしこれくらいできても不思議じゃないですね

グリPの目を悪くできたので満足しました
これからも誠心誠意こめてグリPの目を悪くしていくので応援ください

それとミリマスの琴葉ちゃんはヤンデレじゃないです、ただほんの少しだけ想いが重いだけなんです。不快に思った方すいませんでした


元スレ
SS速報VIP:【ミリマスSS】グリP「アイドルの裏好感度が分かる機械?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402912797/