SS速報VIP:千早「雨塊を破らず」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403011546/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:25:46.69 ID:eRVTPGuR0


ふと窓の外を見る
雨が降ってきたようだ

「夕立か、最近多いな」

プロデューサーが言う

「梅雨ですから仕方ないかと」

「それもそうだな」

「・・・」

「・・・」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403011546




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:29:30.77 ID:eRVTPGuR0


雨の音が大きくなる
どうやら小雨ではないようだ

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

私は、自分の新曲の楽譜を読む
プロデューサーは、書類を処理しているようだ

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

互い、何も喋らない




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:31:16.55 ID:eRVTPGuR0


「そうだ、千早」

プロデューサーは突然私の名を読んだ

「はい、何ですか?」

「明後日春香が出る歌番組あるだろ、あの番組に一つ空きが出来たらしくてな」
「それでその枠をうちに譲ってくれたんだ」

「それに出て欲しいと?大丈夫ですよ」

「助かる、本決定したら資料を渡す」

「了解です」

私は、楽譜を読む
プロデューサーは、電話をかける





4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:34:09.24 ID:eRVTPGuR0


雨が次第に勢いを増し、アスファルトを打ち鳴らす
最近、大雨というのが多いように感じる

「・・・」ペラ…

「はい・・・はい、その方向でよろしくお願いします、では」
「・・・ふぅ」

私は、楽譜を読む
プロデューサーは、電話を切る

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

互い、必要以上は喋らない





5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:37:05.91 ID:eRVTPGuR0


雨は勢いを保ちながら降り続ける
雨車軸の如しとはよく言ったものだ

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

私は、歌い方に悩む所を見つける
プロデューサーは、書類を処理する

「あの、プロデューサー」

「何だ?」

「少し、どう歌えばいいか分からない所があって」

「ふむ、何処だ?」

私は、楽譜を覗き込む
プロデューサーは、楽譜を覗き込む

暫しの、沈黙



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:38:59.83 ID:eRVTPGuR0


「・・・って感じでいいんじゃないかな、これなら千早の持ち味も活かしやすいだろう」

「成る程・・・ありがとうございます」

「新曲、楽しみにしてるぞ」

プロデューサーは的確なアドバイスをして椅子へと戻った

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

私は、楽譜を読む
プロデューサーは、書類を処理する

互い、喋らない





7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:40:18.24 ID:eRVTPGuR0


耳を突く音が柔らかくなった
雨の強さは峠を越したようだ

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

日本人は、無言であることに不安を覚える動物らしい
かく言う私もそうだ

「・・・」ペラ…

「・・・」カリカリ

しかし、今のこの時間は嫌いじゃない





8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:42:44.62 ID:eRVTPGuR0


雨が止んだ
最近、通り雨というのも多いように感じる

「・・・よし」

「・・・こんな所か」

私は、楽譜を読み終える
プロデューサーは、仕事をひと段落つけたようだ

「・・・雨も止んだようですし、私はそろそろ帰りますね」

「送っていこうか?」

「良いのですか?」

「お安い御用さ」
「それにどうせ今日も出来合い夕食なんだろ?ついでにたるき亭で飯でも食っていこう」

「夕食が出来合いなことについてはプロデューサーにあまり言われたくないのですが」

「それもそうか。さて、行こうか」

「ええ」

私は、事務所の扉を開ける
プロデューサーは、事務所の鍵をかける

互い、階段を降りる





9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:45:12.14 ID:eRVTPGuR0


雨上がりの匂いが鼻腔をかすめる
この匂いは、嫌いじゃない

「そういえば、私もう16歳なんですよ」

「知ってるが、それが?」

「青田買いがお得ですよ」

私は、冗談めかしてそう言った
プロデューサーは、顔を歪めた

「千早がそういう冗談を言うとは思わなかったよ」

「私もこういう冗談を言うとは思いませんでしたよ」

「・・・まあ千早と結婚しても、どうせ今日みたいな時間を過ごすだけだろうがな」

「プロデューサーは、それは嫌ですか?」

「まあ、嫌いじゃないさ」




10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:48:18.72 ID:eRVTPGuR0


私は、それを聞き口を閉じた
プロデューサーは、それを言い口を閉じた

互い、建物を出る


私は、朱く染まった空を見上げる
プロデューサーは、朱く染まった空を見上げる

互い、何も喋らない


彼の隣は、嫌いじゃない



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 22:51:33.51 ID:eRVTPGuR0

おしまい
やはり即興で書くものじゃないですね

HTML化申請してきます



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/17(火) 23:14:58.71 ID:08yTo+Iso

こういう雰囲気好きだわ


元スレ
SS速報VIP:千早「雨塊を破らず」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403011546/