2: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:24:15.80 ID:UfFcvWVC0

P「おぉ、総攻撃を原作再現してくるとは……ただ最後の決めポーズの再現度はちょっと微妙だなぁ」

ちひろ「仕事中にアニメ見ないでくださいよ。また怒られますよ?」

P「まぁまぁいいじゃないですか、ちょっと休憩するくらい。そっちこそ、仕事中に今月のアガリを数えるのやめた方がいいですよ、世紀末覇者先輩」


ちひろ「ヨハンナッ!」ブチィッ

P「サトリナっ!」ドサッ

ちひろ「数えてませんよもう!まったく、私のことを悪徳金融の社長か何かだと思ってるんですかねこの人は……あら、何か落ちましたよ」ヒョイ




3: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:25:37.86 ID:UfFcvWVC0

ちひろ「何ですかこれ、まるでお見合い写真みたいな……」

P「いってぇ……ただの物理攻撃じゃねぇか……あっ、ちょ、何見てるんですか!」

ちひろ「ふーん、随分と美人さんですけど……あれ、この方って……え!?お見合いするんですか!?」

P「……………まぁ」

ちひろ「え!?誰が!?プロデューサーさんが!?」

P「……………俺が」

ちひろ「ぷっ……え、ちょ、ほ、本気ですか……?くくっ……ろ、ロリコンなのに?こ、こういう時、どんな顔すればいいのか……ぶふっ……わ、分からないんですけど……」プルプル

P「笑えばいいと思うよ!」




4: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:27:21.72 ID:UfFcvWVC0

ちひろ「はひー笑った笑った……で、どうしてお見合いなんか?っていうかいいんですか?お見合いなんかして」

P「……………」ムスー

ちひろ「わ、笑い過ぎたのは謝りますから教えてくださいよー。ねぇってばー」

P「……ふーんだ、別に俺が誰とお見合いしようと千川には関係ないでしょー」カタカタ



ドサッ


P「え?」

桃華「ぷ、Pちゃま……お見合いってどういうことですの……?」

P「も、桃華!?」

桃華「うっ……グスッ わ、私とは遊びだったんですのね……」ポロポロ

P「ご、誤解だ!っていうかどこでそんな言葉覚えてくるんだ!!」

ちひろ「えっ……プロデューサーさん、まさかついに手を出して……」

P「出してねぇよ!?」




5: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:28:59.39 ID:UfFcvWVC0

~以下回想~



常務「キミ、あとで常務室に来なさい」

P「は、はい」



P「コンコンコン 失礼します」ガチャ

常務「あぁ、来たか」

P「な、何かご用でしょうか」

常務「……前々から思っていたんだが、どうもキミはアイドルとの距離感が近過ぎるような気がしてな」

P「そ、そうでしょうか……しかし担当アイドル達とのコミュニケーションは重要なことです」

常務「キミの言うことは分かる。そしてキミがアイドル達としっかりとした関係性を築き、キチンと成果を挙げていることも理解しているつもりだ」




6: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:29:57.07 ID:UfFcvWVC0

常務「しかし、管理職の立場から言わせてもらうと、いつスキャンダルが出るかと肝を冷やしているところでもあってな」

P「そ、そのような事は……」

こずえ「(うそつくなぁ……)」

P「(くっ、確かに無いとは言い切れねえ……!ていうか心当たりがありすぎる……!)」

常務「そこでだ。それそろ身を固めてみるつもりはないか?」

P「お、お言葉ですが常務!私は常務の事を異性としては……」

常務「私を嫁に取れと言っているのではない!な、何を言い出すんだキミは!馬鹿者!」

P「なんだ……よかった」ホッ

常務「失礼なやつだなキミは!」




7: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:31:12.76 ID:UfFcvWVC0

常務「この方なんだが、今度の週末、一緒に食事にでもどうだろう」スッ

P「……えっ、この方って」

常務「あぁ、うちのプロダクションとも懇意にしていただいている事務所の事務員さんだ」

常務「もちろん経費は出す。先方には私から話を通しておくからな」

P「えぇ……でも……」

常務「いいから行ってこい。もしかしたらキミの病気も治るかもしれないだろう」

P「余計なお世話ですよ!!!」




8: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:32:47.74 ID:UfFcvWVC0

P「……というわけです」

ちひろ「なーんだ、てことはお仕事じゃないですか」

P「まぁそういう事ですな。桃華、分かったろ?」

桃華「………」

P「なー桃華ー、許してくれよー。上司命令なんだよー、ただの社畜には断る権限なんてないんだよー」ナデナデ

桃華「……でも、会ってみたら意外と気が合ってっていうことも……」

P「そんなわけないだろー?会社の金でうまいメシ食って帰るだけだって。今月はアナスタシアに課金し過ぎててピンチだったし丁度いいわ」ナデナデ


ちひろ「あら、スタージュエルのお買い上げありがとうございました」

P「バサランテはいっぱい出たんですけどねぇ」

ちひろ「そっちかよ!」




10: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:34:00.31 ID:UfFcvWVC0

桃華「でも……」

P「大丈夫だって。あ、そうだ。どうせならめっちゃ高い店行ってやろ」

桃華「……分かりましたわ。でもPちゃま?本当に浮気をしてはめっですわよ?」

P「するかよこいつめー」ワシャワシャ

桃華「きゃー♡」

ちひろ「(ていうか12歳の女の子に相手にお見合いの言い訳をするおっさんの図ってどうなんでしょう)」




11: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:35:03.63 ID:UfFcvWVC0

週末


P「さて、そろそろ時間ですし、すみませんけど早上がりさせてもらいます」

ちひろ「あ、そういえば今日でしたっけ」

P「えぇ。後お願いしますね」

ちひろ「そのまま行くんですか??」

P「いつもよりちゃんとしたスーツ着て来てますし、構わないでしょう。それにお見合いっていってもそんな堅苦しい感じじゃなくて、ただの食事会みたいなもんですよ」


ちひろ「ふーん、そうなんですか。それじゃ、いい報告期待してますね~」フリフリ~

P「うっせぇ!」バタン




12: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:36:29.97 ID:UfFcvWVC0

みく「……え、なにPチャン、お見合いするの……?」

ちひろ「あら、みくちゃん。聞いてたんですか?まぁ言ってたとおりお食事会みたいなものらしいですけど」

みく「……も、桃華ちゃん!!!」

桃華「はい?なんですの?」

みく「い、いいの!?」

桃華「な、何がですの?」

みく「お見合い!!」

桃華「あぁ、そのことですの。えぇ、構いませんわ。お仕事の一環なんですもの。信じて待つのが大人のレディというものですのよ?」


ちひろ「(こないだ駄々こねてたのは誰でしたっけ……)」




13: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:38:09.86 ID:UfFcvWVC0

みく「で、でも万が一ってこともあるかもしれないにゃ!」

桃華「だ、大丈夫ですわよ。Pちゃまに限ってそんな……」

みく「……ねぇ桃華ちゃん、こっそり見に行ってみない?」

桃華「行きましょう」ガタッ

ちひろ「(こ、こいつら……)」

みく「あ、でも、夜遅くなりそうだし、お酒を出すようなところ行かれたらアウトニャ……」

桃華「そ、そうですわね……誰か大人の方も一緒に……」



佐藤「おっつかれー☆」ガチャ

みく「ちょうどいいのが来たにゃ」

佐藤「いきなりご挨拶だな☆」




14: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:39:26.10 ID:UfFcvWVC0

佐藤「えー?だーいじょぶだって、お見合いって言ったって会社命令で行ってるんだしぃ」

みく「そ、そうかにゃ……でもにゃあ……」

佐藤「そんな気になんの?あ、もしかして……」

みく「ち、違うにゃあ!それだけは絶対に無いにゃ!」

佐藤「大丈夫だって、ロリコンだし、みくちゃんが心配してるような事は無いって」

みく「う、うん……そう……なんだけどさ……」

桃華「……」シュン

佐藤「……もーっ!しょうがないな!んじゃ準備して!行くよっ!」

みく「ほ、ほんとっ?いいの?」

桃華「心さん!」

佐藤「そんな顔されちゃ断れないっしょー?ちひろさん、場所聞いてる?」

ちひろ「とかいって、本当は気になってたんでしょう?はい、ここらしいですよ」スッ

佐藤「なわけないっつーの!……わーお、高級店。やっぱやめていい?」




15: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:40:29.39 ID:UfFcvWVC0

佐藤「……というわけで、件のお店に着いたわけだけど、普段着だし、お高ーいお店なので……向かいにあるミスドでターゲットが出てくるのを待ちますか☆」


みく「えー?入らないのー?」

佐藤「こんなとこそうそう入れるかぁ!入ったとしても向こうにバレるわぁ!」

桃華「心さんっ!ミスドってあのミスドですわよねっ?はやくっ!はやく行きましょう!」グイグイ

佐藤「こっちはもうミスドに興味全開だし!あーん、引っ張るなってぇ



17: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:43:56.99 ID:UfFcvWVC0

桃華「こ、これがミスタードーナツ……法子さんが夢中になるわけですわ……」モグモグ

佐藤「もー、そんなにたくさん買っちゃって。ほっぺたついてるし」フキフキ

桃華「だ、だって……どれも美味しそうで……」

三村「おいしいけど大丈夫じゃねぇよ!?」

佐藤「寮に帰って、ご飯食べられなくなっても知らないからね?」

桃華「! きょ、響子さんに怒られてしまいますわ……残りはお土産にしましょう……」ガクガク

みく「今、三村さんいなかった?」






18: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:45:33.89 ID:UfFcvWVC0

みく「ねぇ心さん」

佐藤「はぁとのことは、はぁとって呼べよ☆ あ、はぁとお姉ちゃんでもいいゾ☆」

みく「んじゃはぁとチャン」

佐藤「……まぁいいや。なに?」

みく「はぁとチャンって、あのお店行ったことあるの?なんか知ってる風だったけど」

佐藤「んー、一回だけねー。めっちゃ高かったし、そうそう入れるお店じゃないよ」

みく「誰と?」

佐藤「え?プ……なっ菜々パイセンと!」

みく「……ふーん、Pチャンと行ったんだぁ」

桃華「……へぇ、そうなんですの?」

佐藤「め、目が怖いゾ2人とも☆」




19: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:46:35.48 ID:UfFcvWVC0

みく「なぁんだ、去年のアニバーサリーの時かぁ」

佐藤「は、ハイ……そうです……パイセンも居たのでさっきの発言は嘘じゃないです……ハイ……」

みく「……そういえば去年、菜々チャンがすごく微妙な顔して事務所に来た日があったけど」

佐藤「あーっと!出てきたよ!プロデューサー!」

桃華「あっ本当ですわ!」

みく「うっわ、相手の人めっちゃ美人にゃあ……ん?どっかで見たことあるような……」

桃華「どこかの事務所の事務員さんだと仰っていましたけれど」

みく「…………あーっ!えー!?あの人!?何であの人とPチャンがお見合いしてんの!?」

佐藤「言ってやるな……2○歳の女にはいろいろあんのさ……」




20: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:47:49.26 ID:UfFcvWVC0

P「今日はありがとうございました。すみません、俺のせいでこんな事に付き合わせちゃって」

小鳥「いえいえ、お互い様ですよ。私も社長から言われちゃって……」

P「余計なお世話ですよねぇ。まだお若いのに」

小鳥「うっ、そ、そうですね……まぁありがたい事ではあるんですけど……」

P「じゃ、帰りますか。駅まで送りますよ」

小鳥「それじゃあお言葉に甘えて、お願いしちゃいますね」


コソコソ

佐藤「(ほら、だから大丈夫っつったじゃん!)」ヒソヒソ

桃華「(よ、よかったですわ)」ヒソヒソ

みく「(ま、まぁみくは大丈夫だと思ってたけどね!一応ね!)」ヒソヒソ




21: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:48:57.11 ID:UfFcvWVC0

小鳥「(あら?あの子達って346の……)」

小鳥「(ははーん……)」

小鳥「プロデューサーさん?ちょっとお耳を」

P「えっ、は、はい」

小鳥「ゴニョゴニョ」

P「(はぁん!耳が幸せ……)」

P「……え?マジです?」



みく「(あっ!な、何かしてるにゃ!)」

桃華「(ほ、本当ですわ!)」

佐藤「(えぇ!ちょ、見えないって!)」




22: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:50:15.89 ID:UfFcvWVC0

小鳥「ねぇプロデューサーさん、私、行きたいところがあるんですけど……」ギュッ

P「(おわぁ役得!)そ、そうですか?それでは、どこへでもお供しますとも」

みく「(えぇっ!?な、なんか急に良い雰囲気になっちゃったにゃあ!)」

桃華「(ぷ、Pちゃま……)」

佐藤「(あっ、曲がるよ!急いで!)」


ダダダッ ドンッ!


みく「いたぁ!」

佐藤「いてぇ!」

桃華「お、お二人とも!待ってくださいまし!」


みく「いたた……なんにゃあ」

P「よーうお前ら」

佐藤「あ」

みく「やば」

桃華「……」ダラダラ



この後めちゃくちゃ説教した。




23: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:51:14.49 ID:UfFcvWVC0

P「まったく面白半分についてきやがって……」

みく「ご、ごめんにゃ~」

佐藤「チッ……反省してまーす」

桃華「ご、ごめんなさい、Pちゃま……」

小鳥「ふふっ、モテるんですねぇプロデューサーさん?」

P「こいつらはそんなんじゃないですよ。あ、桃華は別ですけど」

みく「……」ゲシッ

佐藤「……」ゲシッ

P「いてぇ!」




24: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:52:27.77 ID:UfFcvWVC0

小鳥「こんばんは、桃華ちゃん。ねぇ、ちょっとこっちに来てくれる?」

桃華「は、はい。なんでしょう……?」トコトコ

小鳥「(あのね、プロデューサーさん、8年後まで結婚するつもり無いんだって。だから安心していいわよ?)」ヒソヒソ

桃華「(は、8年後ですの?えぇと、8年後って、その頃私は12+8は20で………あっ)」ヒソヒソ

小鳥「(成人するまで待ってくれるみたいね?)」ヒソヒソ

桃華「ーーー!!///」カーッ




25: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:55:07.10 ID:UfFcvWVC0

小鳥「あははっ、桃華ちゃんかわいいわねぇ」

P「あっちょっと、音無さん、何か変なこと言ったんじゃ無いでしょうね?」

小鳥「さぁ、何でしょう?あ、私はここでいいですから、プロデューサーさんはみんなを送ってってあげてください。もういい時間ですし」


P「あー、なんかすみません……今日はお疲れ様でした。また今後も事務所共々よろしくお願いします」

小鳥「はーい、それじゃあ失礼します」



P「おら、お前ら帰るぞ。さっさと車乗りやがれ」

桃華「はい!Pちゃまっ!」ギュッ

P「きゅ、急に元気になったな。何言われたんだ?」

桃華「ふふっ、何でもありませんわよ?」スリスリ

P「オアァァァーーーーッッッ!!」

みく「……」ゲシッ

佐藤「……」ゲシッ

P「なんなのなの!」




26: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:57:08.28 ID:UfFcvWVC0

後日


ちひろ「ふーん、結局何もなしですか。まぁだろうなとは思ってましたけど」

P「うっせぇ!」

P「……そういえば千川、あんた場所教えたろ」

ちひろ「な、なんのことでしょう」

P「ははは、ネタは上がってんだ。それポチっとな」ガシャンガシャン

ちひろ「な、なんですか!椅子から手枷と足枷が出てきて身動きが取れなくなったんですけど!?」

P「説明ご苦労。ちなみにその椅子は池袋博士の作品です」




27: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 20:58:36.57 ID:UfFcvWVC0

ちひろ「こ、この展開はまさか!エ○同人みたいに!?」

P「するかぁ!!」

P「クックック……今から残業中の千川の目の前で焼肉をして、それを俺が淡々と食う様を見せ続けてやるからな」ジュー

ちひろ「お、お腹が空いてきたこの時間にそんな悪魔的所業を!?ひどいっ!鬼!悪魔!ロリコン!」






おわり





小鳥「プロデューサーさぁん、また振られちゃいました~……」

P(765)「はいはい、飲みに付き合えばいいんでしょう?」

律子「(さ、策士だわ……)」




28: ◆zwSnMoL.0I 2018/04/22(日) 21:00:56.85 ID:UfFcvWVC0

アイマス勢では小鳥さんとお姫ちんが好きです
HTML依頼出してきます


元スレ
SS速報VIP:桃華「Pちゃま、お見合いってどういうことですの?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524396189/