1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:01:14.15 ID:/Yi648Bb0

全員「ッ!!!」ガタッ!

P「ん? どうしたんだよ、皆」

律子「……いや、それはこっちの台詞ですよ。いきなり何言い出すんですか」

P「ああ、俺、昨日休んだだろ? 実はさ、実家に帰ってたんだよ」

小鳥「そッ、そそそそそそ、それでぇえっ! ご両親に結婚しろとぉっ!!?」

P「何ヒートアップしてるんですか。まぁ、親にも言われたんですけど」

律子「それだけじゃないんですか?」

P「うん、元々さ、友達の結婚式に出るために帰ったんだ」

小鳥「あ~、なるほど~」

あずさ「あらあら~」

他全員「?」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:08:33.78 ID:/Yi648Bb0

P「まだ先のことだと思ってたんですけど、同学年だった奴が結婚すると、どうも……」

小鳥「ですよね~」

あずさ「わかります~」

亜美「ねぇ、りっちゃん。兄ちゃん達はなんの話してるの?」

律子「えっと、それは……」

伊織「にひひ、行き遅れについての話よね?」

律子「ちょっと、伊織!」

やよい「行き遅れですか~?」

律子「やよい!? しょ、詳細は春香に!」

春香「え゛、私ですか!? う~、千早ちゃんタッチ♪」

千早「ちょ、ちょっと春香!」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:13:48.96 ID:/Yi648Bb0

P「恋人すらいないってのに……」

小鳥「………そ、そうなんですか?」

P「はい。なんで、常時募集中です!なんちゃって、あははっ!」

あずさ「あ、あの!プロデューサーさん、その、えっとぉ……///」モジモジ

美希「あふぅ、ハニーたちなんのお話してるの~」

あずさ「みっ、美希ちゃんっ!?」

P「あ、やっと起きたか、ちょっと寝過ぎじゃないのか?」

美希「貴音の膝枕が気持ち良すぎるのがいけないの。だから、ミキは悪くないって思うな」

P「とんでもない言い草だな。というか、そんなに気持ち良いのか?」

美希「うん、もちもちなの♪」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:20:15.09 ID:/Yi648Bb0

P「もちもちか……ゴクッ」

貴音「あの、何やら悪しき気配を感じたのですが……」

P「た、貴音っ!? 気のせいじゃないか?」

貴音「はぁ、そうでしょうか……。ところで、皆は何をされているのですか?」

小鳥「プロデューサーさんの結婚について話し合っているのよ!」

貴音「な、なんと!」

美希「えーっ!そうなのハニー!?」

P「あれ、そんな話だったかな?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:25:16.27 ID:/Yi648Bb0

小鳥「で、プロデューサーさんは結婚するんですか!?しないんですかっ!?」

P「いや、そんな具体的な話では……でも俺、結婚にメリットって感じられないんですよね~」

あずさ「はぅっ!? こ、困りますぅ~!」

P「ど、どうしたんですか、あずささん……涙目になってますよ?」

律子「あずささん、自重してください」

あずさ「はいぃ……」シュン…

P「?」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:31:34.58 ID:/Yi648Bb0

美希「ハニーは結婚がヤなの?」

P「いや、嫌いって言うか……」

美希「うー、そんなの困るの!ミキ、ウエディングドレス着たい!」

P「? 着れば良いじゃないか」

美希「え、いいの!? やったー、ハニー大好きなの~!」

真美「ねぇねぇ、兄ちゃんは……結婚しないの?」

P「いや、いずれはするんだろうけど、結婚生活に希望が持てないというか~」

真美「ぁ、あのね!兄ちゃんは、あと三年くらいして結婚した方がいいよ?」

伊織「そ、そうかしら?べ、べべ、別にっ、あと一年でもいいと思うけど?」

亜美「え→、なんでなんで→!なんで三年とか一年なの→?」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:37:09.07 ID:/Yi648Bb0

P「ははっ、亜美は鈍いなぁ~」

亜美「えぇ~、兄ちゃんにはわかるのぉ~?」ジトー

P「おいおい、そんな疑わしそうな目で……当然、分かるに決まってるだろ?」チラッ

真美「っ!……///」ドキッ

伊織「ッ!~~///」ドキッ

P「二人はな、俺の……結婚適齢期のことを言ってるんだよ」

真美「………」

伊織「………」

亜美「あー、テキレイキか~………うん、いいよね☆ テキレイキ!」

P(やれやれ、亜美の奴、絶対分かってないな)



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:40:55.29 ID:/Yi648Bb0

やよい「うっうー!プロデューサーは行き遅れじゃないですよ!」

P「ええ!?俺も違うと信じたいっ!というか、なんだよいきなり」

やよい「千早さんに教えてもらったんです!」

千早「た、高槻さん!?」

P「まったく、どんな話をしてるんだよ、千早は……」

真「もう、千早ったら、プロデューサーはまだ若いんだから」

雪歩「ふふっ、行き遅れは言い過ぎですよぉ」

千早「そんなっ、違うんです!」アセアセ

春香「んも~ぅ、千早ちゃんたらぁ~♪」

千早「は、春香! 元はといえばあなたがっ!!」

春香(くふふ、ムキになっちゃって、千早ちゃんは可愛いなぁ♪)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:45:27.74 ID:/Yi648Bb0

響「なんの話してるんだ~?」

小鳥「プロデューサーさんの結婚についてよ!」

響「ええーっ!?プロデューサー結婚しちゃうの!?」

小鳥「そうなの……それで、あたし達を見捨てて……」ヨヨヨ…

P「何言ってんですか、音無さん」

真「そんなぁ!そういう話だったんですかっ!?」ガタッ

雪歩「聞いてないですよぉ……」ウルウル

P「な、泣くな雪歩。嘘に決まってるだろ?」

響「うぁあ~んっ、ぷろでゅーさぁ~っ!」メソメソ

P「うわっ、響!?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:50:16.76 ID:/Yi648Bb0

響「じ、自分がっ、毎日ゴーヤチャンプルー作るからぁっ!行くんじゃないぞぉ~っ!」ヨジヨジ

P「おまっ、こら!よじ登ってくるなっ……あ、あぶなっ」

亜美「あ→、なにそれぇ→!超おもしろそうじゃん! 亜美も亜美もっ!」ヨジヨジ

P「いでででっ!髪掴むな!」

美希「むぅ、みんなズルイの!」ダキッ

春香「チィッ、千早ちゃんの所為で出遅れた!」

千早「わ、私の所為!?」

春香「プロデューサーさん、私も私も~♪」ガシッ

P「ギャァァアアアアッ!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:55:44.83 ID:/Yi648Bb0

律子「ちょっとあんた達っ!」ガミガミ

貴音「あなた様、よろしければわたくしの膝に頭を……」

P「ああ、すまない……」

あずさ「あらあら、ここにも傷が、消毒しますね」チョンチョン

P「(嗚呼、癒される)」ボソ…

貴音「あなた様、何かおっしゃいましたか?」

P「え、いや、なんでも……ぉおおっ!!?」

貴音「あの、申し訳ありません。この体勢ですと、声が聞こえ辛いもので……お恥ずかしい限りです」

P「イヤ、ナンデモナインダ。ハハハ」

P(む、胸で貴音の顔が見えないっ!)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 19:59:57.62 ID:/Yi648Bb0

P(一瞬、女性不信になりかけたけど、おっp……貴音達のお陰で事無きを得た)

小鳥「(チッ、出遅れたか)」ボソ…

P「え、なんか言いましたか音無さん?」

小鳥「な、何でもないですっ! それよりも、結婚が良いものだって分かりましたか?」

P「いえ、余計分からなくなりました」

律子「というか、ここまでのやり取りにそんな要素ありましたっけ?」

あずさ「まぁまぁ、律子さん」

小鳥「はぁ……だめだめですよ!プロデューサーさんっ!」

P「だめだめですか~」

小鳥「でも安心してください。そんなプロデューサーさんのために、こんな企画を考えました!」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:07:21.20 ID:/Yi648Bb0

小鳥「〝美人事務員が、プロデューサーさんの結婚生活をプロデュース!〟」

P「おお~!」パチパチ

全員「………」シラ~

P「で、なんですか、その企画?」

小鳥「はい、ずばり言ってしまうと、私がプロデューサーさんに結婚生活を体験させてあげる企画です」

P「マジっすか!?」

小鳥「ええ!マジもマジ、大マジで 亜美「カンチョ→!」ぎゃああああっ!!」

亜美「もうっ、なにピヨちゃんだけで面白そうなこと始めようとしてんの!」

伊織「事務員の分際で出過ぎた真似すんじゃないわよ!」

美希「でこちゃんの言う通りなの!ハニーの相手はミキに決まってるの!」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:15:30.27 ID:/Yi648Bb0

小鳥(ぉ、お尻が……)ジンジン…

小鳥「オーケイ、わかりました……じゃあ、皆でやりましょう」

真美「え→!それって、兄ちゃんといっしょに暮らすってこと!? こ、困るよぉ……ね、亜美?」

亜美「ふぇ、どうして?ちょ→おもしろそうじゃん!」

やよい「あうぅ~、プロデューサーと結婚生活ですか~」

雪歩「は、恥ずかしいよぅ……ね、真ちゃん」

真「え!?ボクは別に……///」

律子「ちょっとちょっと皆!そんなことダメに決まってるでしょ!」

P「だよなぁ~、アハハ~………くっ」

小鳥「ピピィーッ(笛)! はい、律子さんアウトー」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:19:19.94 ID:/Yi648Bb0

律子「はい!?」

小鳥「律子さんはこの企画に反対のようなので、出場資格がなくなりました」

あずさ「あらあら~」

亜美「あーあ、りっちゃんカワイソォ→♪」

伊織「にひひ、私はプロデューサーのことはどうでもいいけど、悔しそうね律子♪」

春香「小鳥さん!提案があります!」シュビッ

小鳥「はい!春香ちゃん!」ビッ

春香「律子さんが企画に反対している以上、竜宮小町も不参加にするべきです」キリッ

小鳥「なるほど……じゃあ――」

あずさ「小鳥さんだめぇえ!春香ちゃんも言って良いことと悪いことがあるわよぉ~!」ウルウル



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:25:56.85 ID:/Yi648Bb0

春香「ご、ごめんなしゃい……」スゴスゴ

小鳥「じゃ、じゃあ、全員参加で……」アセアセ

P(二人とも弱っ!)

律子「でも、アイドルがプロデューサーと生活してるところなんか撮られたら……」

貴音「ならば、わたくし共は何名かに分かれて行ってはいかがでしょう?」

真「そっか、それなら仕事の打ち合わせとか言えるよね!」

美希「さすが貴音なの!伊達に美希よりおっきな胸してないの!」

亜美「よっ、お姫ちんの安産型っ!」

貴音「うふふ」

P(今のは褒め言葉なのか?)

――。



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:31:48.74 ID:/Yi648Bb0

翌日(P自宅前)。

P「一発目は春香達か………なんか不安だ」

――ガチャ。

P「ただいま~」

春香「おかえりなさぁい☆」

真「お鞄お持ちしまーす♪」

P「ああ、悪いな……って、真はエプロンで、春香は制服?」

真「はい、みんなで話し合って決めたんです!」

春香「プロデューサーさん、女子高生ですよ、女子高生!」クルリ

P「うお、まぶしいっ!……そうだよな、仕事のパートナーといえ、皆まだ学生なんだよなぁ」シミジミ

真「もう、黄昏てないで早く入ってくださいよ」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:35:12.18 ID:/Yi648Bb0

P「ただいま~」

千早「お、おかえり………にゃん///」

雪歩「お待ちしてました……わん///」

P「え、『ネコミミ』に『イヌミミ』……?」

春香「うふふっ、二人とも可愛いですよね!」

真「あーあ、ボクもそっちの方が良かったかなぁ~」

P「いやいやいや、何で二人はそんなの着けてるんだ?」

雪歩「うぅ、恥ずかしいですぅ~」

千早「じ、自分から着けたわけじゃ……」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:37:18.07 ID:/Yi648Bb0

春香「今回は『結婚生活』ということなので、みんなで配役を決めたんですよ」

真「ボクはプロデューサーの……ぉ、奥さんです///」

雪歩「はぅ~、犬ですぅ……」

千早「ね、猫です……」

春香「そして私が娘です! おとぉーさんっ♪」ピト

P「フヒw」

真「あ、ちょっと春香ぁ!」

雪歩「犬は、犬はどうすれば良いでしょう」オロオロ

千早「ね、猫は……くっ///」プイッ



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:39:27.64 ID:/Yi648Bb0

春香「ん~♪」スリスリ

P「フヒヒw……って、違う違う。なんで千早と雪歩は動物なんだ?」

春香「え、はい、本当は千早ちゃんは『赤ちゃん役』だったんですよ」

P「赤ちゃん!?」

春香「はい。前掛けにオムツにおしゃぶり………千早ちゃんの趣味です」

P「そ、そうなのか……」チラッ

千早「ち、ちがっ…春香っ!プロデューサーもそんな目で見ないで下さい!違いますからっ!!」

P「ハハ、分かってるヨ?」

春香「千早ちゃんったら、裸なのと『ばぶぅ』しか言えないのがイヤだって言って……」

P「裸なのか!?」



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:42:13.48 ID:/Yi648Bb0


千早「そうなんです……。裸に前掛けとオムツだけなんて……まるで変態ですっ」

春香「え~、絶対可愛いのにぃ~」

千早「そういう問題じゃないでしょ!」

春香「プロデューサーさんも、千早ちゃんでオムツ変えの練習したかったですよね?」

P「オムツ変え……だと……?」

千早「プロデューサー?」ジトー

P「えっ!や、やだなっ、ハハッ! そんなこと思ってる訳がないだろう?」

春香「えぇ~」

P「うん、でもどうだろう? 歌の表現力を養うためにも、ちょっとやってみるのも……」

千早「プロデューサー。そうやって言えば、私が何でもやるって思ってませんか?」

……。



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:50:46.57 ID:/Yi648Bb0

真「ご飯ですよー!って、一度言ってみたかったんですよね♪」

P「おお、すごいじゃないか!」

春香「私も手伝ったんですよ」

真「というか、ほとんど春香がやってくれたんですけどね」

P「こんなちゃんとしたご飯は久しぶりだよ」

雪歩「プロデューサーは、普段どんなご飯を食べてるんですか?」

P「ああ、片栗粉をお湯で溶いて、砂糖を混ぜた物とか食べてるよ」

真「え……なんですかソレ」

春香「もしかして、いつもそんな物を食べてるんですか……」

千早(あ、春香も引いてる)

雪歩「死んじゃいますよぅ!」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:52:36.47 ID:/Yi648Bb0

P「おいおい、いつもじゃないぞ? 給料日前の三日間ぐらいだ」

春香「そんなにですか!?」

雪歩「思ったよりも長いですぅ!」

千早「はぁ……ちゃんとした物食べてください」

P「結構美味いんだぞ?」

真「と、とにかく、今日はたくさん食べてくださいね! はい、ご飯です」

P「お、ありがとう」

春香「じゃあ、千早ちゃんと雪歩もご飯にしようね~……はい!」

千早「……なにかしら、これは」

雪歩「こ、これ、ねこまんまですよぉ!?」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 20:58:01.79 ID:/Yi648Bb0

食後。

P「いやぁ~、ほんと美味かったよ!」

真「あははっ、プロデューサーったらさっきからそればっかですね」

春香「えへへ、お口に合って良かったです」

千早「………」

雪歩「………」

春香「あれ、二人ともどうしたの?」

千早「あの、春香……」

春香「ん、なぁに?」

千早「さっきのアレ、本当にキャットフードじゃないのよね……?」

春香「あはは!やだなぁ、確かに見た目はそっくりだけど、美味しかったでしょ?」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:05:33.78 ID:/Yi648Bb0

千早「ええ、美味しかったけど……その、見た目が猫缶にそっくり過ぎて……」

春香「うん!我ながら渾身のできだったよ!」

雪歩「あのっ、私のおかずも、ドックフードじゃないよね……?」

春香「まさか~、コンビーフとかグリンピースとか………その他いろいろだよ~」

千早(その他がこわい……)

P「と、とにかく、今日はありがとう。お陰で結婚に対する考えが少し改まったよ」

春香「へ? ああ、そういえばそんな企画でしたよね」

P「おいおい……それじゃあ、もう晩いし、駅まで送って行くよ」

春香「なに言ってるんですか、プロデューサーさん」

P「え、何って」

春香「今日は泊まりですよ?」

P「え゙……」



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:05:51.55 ID:/Yi648Bb0

その後は大変だった。

お風呂。

春香「プロデューサーさん、お風呂ですよ、お風呂!」

P「うわっ! 本当に入ってくるなってっ!!」

お布団。

春香「お父さん、今日はいっしょに寝て良い日だよね?」

P「お父……ああ、娘っていう設定だったな……って、本当に入ってくるなよ!」

春香「おやすみのご挨拶、します?」ペロリ…

P「ゴクッ……い、いや、しますん……」

――




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:10:43.72 ID:/Yi648Bb0

翌日(P自宅前)。

P「はぁ……昨日は全く寝れなかった」

P「でもまぁ、今日はやよい達だしゆっくり休めそうだな」

――ガチャ。

P「ただいま~」

真美「お、おかえり、兄ちゃん」ササッ…

伊織「ったく、おそいのよ!」ズイッ

やよい「えへへ、お風呂になさいますかぁ~?ご飯になさいますかぁ~?」

亜美「それとも、あ・た・し?」

P「あははは!」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:11:23.51 ID:/Yi648Bb0

亜美「なんで笑うんだYO→!」

P「悪い悪い、ついほっとしてな」ナデナデ

伊織「わわっ、ちょっ、あにすんのよっ///」

亜美(あれ、なんでいおりん?)

やよい「うっうー、伊織ちゃんよかったね!」

P「ほんとほんと、よかったなぁ~」ナデナテ

伊織「良くないわよっ!」

真美(いいなぁ……)



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:16:39.73 ID:/Yi648Bb0

P「あれ、今気付いたけど、部屋が綺麗になってる?」

伊織「きっちゃないから掃除してやったのよ、ありがたく思いなさいよね」

P「そうだったのか、ありがとな~」グシャグシャ

伊織「ちょ、こら、髪が乱れるでしょ!」

亜美「むぅ、亜美達も掃除したよ兄ちゃん!」

P「ああ、皆ありがとな」ナデナデ

亜美「へへぇ~♪」

やよい「あう~」

真美「あ……ま、真美はいいよ」ススッ…

亜美「え→!なんでなんでぇ→!?」



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:20:02.60 ID:/Yi648Bb0

真美「(だ、だって、真美汗臭いかもしれないし……)」ヒソヒソ

亜美「あ、そっか。真美は買出し行くからって、練習の後にシャワー浴びれなかったもんね~」

真美「(亜美!声大きいよっ!)」カァ~///

P(なるほど、それでさっきから遠くにいたのか……)

亜美「え→、そんなの気にすることないじゃん」

真美「気にするよっ!」

P(ははっ、やっぱり真美の方がお姉さんだ、亜美はまだまだ子供だな)

亜美「その臭いがいいんじゃん!乙女の生汗に、兄ちゃん大興奮♪」

P(…………いや、亜美の方が大人?なのか?)



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:29:59.96 ID:/Yi648Bb0

やよい「ごはんですよ~」

P「おー、おかずがたくさんだなー」

やよい「はい。いつももやし祭りのときにしか来てもらえないから、他のおかずも作ってみました!」

P「どれも美味しそうだ」

伊織「ふふん、美味しいに決まってるじゃない!」

真美「さすがはやよいっち!」

亜美「って、なぜいおりんが胸を張る?」

やよい「うっうー!それじゃあ、いただきまーす!」

『いただきま~す』



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:30:15.79 ID:/Yi648Bb0

カチャカチャ

やよい「味はどうですか?」

P「ん~まいっ!やよいは料理が上手だな」

やよい「えへへ、嬉しいです~」

P「春香達のときも感じたけど、料理スキルって大事だよな」

亜美「ほほぅ、兄ちゃんは家庭的な女子がいいわけですな?」

真美「……」ピクッ

伊織「……」ピクッ

P「え、いや、独り身でも料理スキルは大j亜美「じゃあ、やよいっちは?」……聞けよ」

やよい「わ、私ですかぁ!?」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:36:57.81 ID:/Yi648Bb0

亜美「うん、やよいっちどーよ。兄ちゃん?」

P「やよいは、料理はもちろん家事全般できるし、家庭的で良いお嫁さんになると思う」

やよい「えへ、えへへ、そんなことないですよぉ」テレ~

P「面倒見も良いし、元気で明るいし、やよいと結婚する奴は幸せだな」

真美(むむむっ……)

伊織(ぐぐぐっ……)

やよい「えぅ~///」プシュ~

亜美「うわあ!やよいっちが発熱してる!?」

P「ちょっ、落ち着けやよい!」



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:37:22.46 ID:/Yi648Bb0

その後、皆慣れないことをして疲れたのか、お風呂後、即就寝する運びとなった。

P(まだ10時なんだけどなー)

真美「スヤスヤ…」

やよい「スゥスゥ…」

P(それにしても、暑い……なんでこんなにくっ付いて寝るんだ?)

亜美「クカ~」

伊織「スピー…」

P(娘とかできたらこんな感じなんだろうか?)

P「(う~む、どの子が娘でも、大変そうだなぁ~)」

――




97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:48:23.76 ID:/Yi648Bb0

翌日(P自宅前)

P(昨日は早く寝たし、まずまずのコンディションだぞ!)

――ガチャ。

P「ただいま~」

美希「ハニー!」ダキッ

響「おそいぞ、プロデューサー!」

貴音「お帰りなさいませ、あなた様」

P「美希、いきなり飛び付くなって。遅くなってごめん響。あ、これはご丁寧に……って、貴音?」

貴音「うふふっ、あなた様は三つ指をつく必要はありません」

P「そ、そう?」

響「そんなことより早く入るさー、ご飯もできてるぞ!」



98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:49:12.51 ID:/Yi648Bb0

美希「はい、ハニー、あ~んなの」

P「え?え?」

美希「あ~んっ」

P「あ、あ~……あむ」モグモグ…

美希「あはっ☆ 美味しい?」

P「あ、ああ、うん、美味いよ」

P(チクショウ、なんだこれっ! 結構恥ずかしいぞ!?)

美希「あ、ハニーってば赤くなってるの! かわいーの♪」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:49:45.18 ID:/Yi648Bb0

貴音「うふふ、あなた様、こちらも……」

P「ええっ、貴音まで!?」

貴音「あーん」

P「あ、あ~~~むっ」ムグムグ…

貴音「お味はいかがでしょうか?」

P「た、大変美味しゅうございます……」

貴音「うふふふっ」


響「じ、自分は!」

P「ひ、響?」

響「しないもん!」カァ~///



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:53:19.50 ID:/Yi648Bb0

お風呂。

P(くっ……強烈なプロポーションだ、さすがはアイドルっ!)

美希「あん、ハニィ~♪」

P(普通の水着姿なのに、ほとんどR指定物じゃないか!)

貴音「あなた様、お背中を流させていただきます」

P(まさか、こんな形で担当アイドルの実力を知ることになるとは……)

美希「響なにしてるの? 早く入れば良いのに」

響「む、無理さー! プロデューサーとお風呂だなんてっ!」

P「そ、そうだぞ。こんなことで無理しなくていいんだからな」

P(というか、そもそも何で一緒に入ってるんだ……)



105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:54:59.13 ID:/Yi648Bb0

響「むむっ」プルプル…

P「響……?」

響「無理じゃないさー!自分は完璧なんだからなっ!」

P「ちょっ、おまっ!」

響「貴音っ、スポンジ貸して! 見てるがいいさプロデューサーっ!」ズンズン

P「あ、バカ!そんな大股で入ってきたら!」

つる~ん。

響「うわわぁ!?」コケッ

ドン!――ぷにゅん♪



108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:59:24.36 ID:/Yi648Bb0

美希「ああーっ!響ってば、転んだ拍子にハニーに抱き付いたの!」

貴音「ふ、二人とも大丈夫ですか?」

響「うぅ~、びっくりしたさ~。プロデューサー、大丈夫かぁ?」

P「お、おかげさまで」

響「って、前屈みになってるぞ!?どこか痛いのか!?」アセアセ

P「ああ、痛いくらいに……って、いやいやいや」

響「しっかりするさプロデューサー!」ムギュ~

P(ウヒw 背中にやわらかい感触が……!)

美希「響!ハニーから離れてぇ~!」グイグイ



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 21:59:46.11 ID:/Yi648Bb0

お布団。

美希「スピー…」

響「クカ~…」

貴音「スゥスゥ…」

P「はは、疲れちゃったのかな、もう寝てるよ」

P(しかし、風呂ではえらい目にあったなぁ)

P(でも、奥さんができれば、水着なしの混浴もOKなんだよな……ゴクリ)

P「ね、寝よ寝よっ!」

――




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:01:38.56 ID:/Yi648Bb0

翌日(P自宅前)

P(はぁ、昨日はいろいろ大変だった……)

P「でもっ、今日は良識ある大人組みだから大丈夫!……な筈」

――ガチャ。

P「ただいま~」

あずさ「おかえりなさい~」

P「ただいまです。あ、可愛いエプロンですね」

あずさ「うふふ、猫のプリントがお気に入りなんです」クルッ

P(う~ん、あずささんのエプロン姿だけで幸せな気持ちになれる)



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:01:59.94 ID:/Yi648Bb0

律子「あ、帰ったんですか、もう直ぐご飯できますよ」

小鳥「お仕事お疲れ様でした、プロデューサーさん」

P「はは、そう言ってもらえると、なんだか気が抜けますね」

あずさ「あらあら~」

律子「ふふっ、なんだかおじさんっぽいですよ」

小鳥「鞄と上着ください。掛けておきますから」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:21:04.98 ID:/Yi648Bb0

夕食。

P「お、和食ですね」

あずさ「はい。きっと皆は揚げ物とかを作っていると思ったので」

律子「そろそろ、煮物とか恋しいんじゃないですか?」

P「ああ、確かに和食は無かったからな、嬉しいよ」

小鳥「はい、ご飯ですよ~」

P「ありがとうございます。というか皆料理とか家事全般できるんですね」

小鳥「そりゃあもう、“一人暮らし”が長いですから!……ぐすん」

あずさ「うふふ、私もですぅ~……ぐすん」

律子「お給料の問題で自炊してますから……ぐすん」

P「給料……ぐすん」



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:21:57.33 ID:/Yi648Bb0

お風呂後。

あずさ「りつこしゃ~ん、のんでまひゅかぁ~?」

律子「いえ、私は未成年なので……」

小鳥「あ~っ、ヒック! 今、若さをあぴーるしましたよぉ~!」

あずさ「ひどいですぅ~~」

律子「はぁ……プロデューサー、何とかして下さいよぉ」グイグイ

P(か、関わりたくないでござる……)

小鳥「あ~っ、ヒック! 今、プロデューサーさんに甘えましたよぉ~!」

あずさ「ずるいですぅ~~」

――。



131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:25:07.94 ID:/Yi648Bb0

就寝。

P(や、やっと寝てくれた)

あずさ「スヤスヤ……」

P(下手したら、ここ数日で一番手が掛かったんじゃないか……?)

律子「スゥスゥ……」

P(お風呂は別々だったし、そこまでは完璧だったのに……)

小鳥「………」

P「ちょっと、夜風にでも当たろう」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:28:49.02 ID:/Yi648Bb0

ベランダ。

P「ふぅ……」


『夜も、だいぶ暖かくなってきましたね』


P「え? あ、音無さん、起きてたんですか」

小鳥「はい。ここ数日はどうでしたか?」

P「疲れました」

小鳥「うふふっ、でも、家で誰かが待っていてくれるのって、良くなかったですか?」

P「そうですね、『ただいま』なんて、久しぶりに言いましたよ。ありがとうございます」

小鳥「いえいえ、私達も、お料理やお掃除をしながら誰かの帰りを待つなんて、貴重な体験でした」



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:31:06.29 ID:/Yi648Bb0

P「誰かのところに帰るのって良いですね」

小鳥「待っている人が帰って来てくれるのも、良いですよ?」

P「あははっ」

小鳥「うふふっ」

P「……よし、俺、決めました」

小鳥「え、何をですか?」

P「俺、皆のおかげで考えが改まりましたから」

小鳥「え、そ、それって……」ドキッ

P「音無さん」ガシッ

小鳥「ひゃ、ひゃいっ!」ドキドキ…

P「明日、皆の前で俺の気持ちを言います。いいですよね、音無さん」

小鳥「ひゃいぃ~」プシュ~///

――




140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:45:09.74 ID:/Yi648Bb0

翌日。

P「皆が結婚生活を体験させてくれたおかげで、結婚に対する偏見がなくなったよ!俺、結婚する!」

全員「えっ///」ドキッ

P「俺……実家に帰ってお見合いを受けてみることにするよ!」


し~ん・・・。


P「あれ?」

春香「プロデューサーさん、わかってない……わかってないですよ……」

律子「正直、ここまでだと手の施しようが……」



145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:49:19.76 ID:/Yi648Bb0

小鳥「プロデューサーさん?」ゴゴゴ…

P「お、音無さん?なんか只ならぬオーラが……」

小鳥「ふぅ……もう分かりました。あたし決めちゃいました」ニッコリ

P「な、何をですか……?」

小鳥「プロデューサーさんには、身体の方に教えてあげないとダメみたいですね」スルスル

P「ええっ!ちょっと!」

あずさ「仕方がないですね~」

P「あずささん!?皆もなに脱ぎ始めてるんだよ!?」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:49:41.72 ID:/Yi648Bb0

美希「もぅ、ハニーってばわかってる癖に~♪」ヌギヌギ

亜美「よいではないか、よいではないか~♪」スポポーン

春香「だ、だだ、大丈夫ですよ痛くないですよ直ぐ済みますよ!」ガシッ

P「くっ、春香っ……な、なんて力だ……っ!!」

貴音「あなた様……これも全て、ご自分の不明が招いたこと、覚悟を決めて下さい」プルルン

あずさ「うふふ、プロデューサーさん♪」タプン

P「ウヒw やわらかい感触が……」

真「雪歩、ボク達も///」

雪歩「うぅ、恥ずかしいけど頑張りますぅ///」



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:49:56.24 ID:/Yi648Bb0

亜美「ほら、真美も脱ぎなYO→」

真美「ま、真美は……」

亜美「兄ちゃん取られちゃうよ?」

真美「っ……わ、わかった、真美もするっ」ヌギヌギ

やよい「ぬ、脱げば良いんですよね!」スルスル

伊織「ちょっ、やよい!?……あ~もぉ~///」バサッ

響「よ、よく分かんないけど、自分だって負けないさー」ヌギヌギ

千早「み、皆………って、私もう脱がされてる!?」

春香「はいは~い、改行が多くなっちゃうから千早ちゃんはチャッチャと脱いでね~」

千早「そ、そんなぁ!」スポポーン



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:50:53.92 ID:/Yi648Bb0

P「って、ちょっと待て!本当にシャレになってないぞ!?」

小鳥「プロデューサーさんこそ、シャレじゃ済まないんですよ?」

P「お、音無さん……」

小鳥「うふふ、えい☆」ギュ…

P「オヒw」

――。



151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/01(金) 22:51:29.01 ID:/Yi648Bb0

完 結

皆さま、お疲れさまでした。
結局、最後までいちゃいちゃするだけでしたね、はい。
元ネタはいくつかあります。
キミキスだったりアマガミだったり……これに関しては完全に趣味なのであしからず。
初めて即興で書きました、地味に。
普段書き溜めでゆっくりするから、即興だと投稿ペースが遅くて、人が絶えることが不安で不安で。
しかし、予想以上の支援いただけたので、この場で感謝を述べようかと。
支援、保守の方々、誠にありがとうございました。
……疲れた。寝よう。
ではではノシ


元スレ
P「はぁ……結婚か……」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338544874/