SS速報VIP:【ミリマス】瑞希「お帰りなさい、あ・な・た(はぁと)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403445081/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:51:21.76 ID:h2yG67nxo

http://i.imgur.com/88chXiA.jpg


P「ただいま~」


パタパタパタ

瑞希「お帰りなさい、あ・な・た(はぁと)」

P「ただいま瑞希…」

瑞希「お風呂になさいますか?それともお食事ですか?」

P「ああ、汗かいちゃたから風呂にする
よ」

瑞希「わかりました。それではご用意できてますのでどうぞ。」

P「ははは。さすが瑞希…気が利いてるなぁ…」









P「なんで真壁くんが俺の家に居るの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403445081




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 22:57:36.32 ID:h2yG67nxo

瑞希「…わかりました。それではお夕食にします。」

P「わかって無いだろ。何ヒトのウチに侵入してるんだよ…」

瑞希「語ると長くなりますよ…」

P「説明する義務がお前にはある!」

瑞希「…冷めてしまいますよ。せっかく作った料理。食べて貰えませんか?」

P「…わかった、わかった!泣きそうな目で見るな…夕食食べながら聞くよ…」

瑞希「ありがとうございます。今日のお夕食は冷やし中華です。」

P「冷めてるよ!…冷やし中華はもともと冷めてるよ!」



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:04:08.82 ID:h2yG67nxo

P「モグモク、美味しい…」

瑞希「喜んでもらえて、嬉しいです」

P「で、なんで勝手に上がったの?」

瑞希「こうクイッと」

P「開錠方法を聞いてるのではないですが?」

瑞希「冗談です」

P「さいですか…」

瑞希「そうですね。『おっぱいを大きくするため』です。」

P「ふーん」











P「…なんやて?」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:09:21.00 ID:h2yG67nxo

~今日のお昼~

瑞希「うーん…」

莉緒「どうしたの?瑞希ちゃん…」

瑞希「あ、莉緒さん。実は悩み事があるのです。聞いてもらえますか?」

莉緒「ふっふっふ…お姉さんに任せなさい!さあ、なんでも聞いてあげるわ!」

瑞希「実は『おっぱい』を大きくしたいのですが、どうすればよいでしょうか?」

莉緒「…え?お、おっぱい?」

瑞希「男の人はみんな『おっぱい』が好きだそうです…なので人気上昇の為、大きくしたいのです。」



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:14:03.91 ID:h2yG67nxo

瑞希「莉緒さんなら、大きくする方法知ってると思うのですが…いかがでしょうか?」

莉緒「ふっふっふ…なんて簡単な質問…、それはズバリ!『恋人』を作ることよ!」

瑞希「おー、恋人ですか?」





瑞希「何故、恋人ができるとおっぱいが大きくなるのでしょうか?」










莉緒「…さあ?」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:19:38.14 ID:h2yG67nxo

~再び現在、Pのアパート~

瑞希「以上です」

P「突っ込むのに困るくらいうっすーい回想だったな」

瑞希「なので恋人気分を味わうため、家で待機していました…」

P「なるほど…」

瑞希「御理解いただけましたでしょうか?」

P「なあ、とりあえず言っとくけどな」

瑞希「何でしょうか?」

P「自宅に待機して、料理と風呂の支度するのは『新婚気分』であって、『恋人気分』では無いきがするのだが?」














瑞希「…あっ」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:28:57.87 ID:h2yG67nxo

P「気付くの遅いなぁ…」

瑞希「失礼いたしました…ではどうすればよろしかったでしょうか?」

P「恋人ったらまず、デートだろうな」

瑞希「デートですか?」

P「無難な所なら映画館だが…映画が失敗だと目も当てられないな。オススメは水族館だな」

瑞希「なるほど」メモメモ

P「そのあと食事して、ブラブラショッピング。最後に夜景を見て…」

瑞希「それからどうしますか?ベッドインですか?」

P「はえーよ!まぁ、ある程度付き合いある仲ならそういう流れになるが…普通は適当にイチャイチャして終わるもんだな」

瑞希「ところでプロデューサー。」

P「何だ?」

瑞希「ベッドインって何ですか?」

P「知らないのに使うんじゃない!」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:33:09.98 ID:h2yG67nxo

瑞希「わかりました」

P「とにかく、今日はもう遅いから、後で送るから帰れ」

瑞希「プロデューサーは明日、休みですよね?」

P「ああ、久々にゆっくりできるよ…」

瑞希「では、明日10時に駅前でお願いします」

P「ああ、わかった…」












P「あれ?」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:40:15.17 ID:h2yG67nxo

~次の日~

P「遅い!待ち合わせにもう30分も遅れてやがる!来たらお説教だ!」

タタタタタタタ

瑞希「ご、ごめ~ん。まった~。(真壁的棒読)」

P「あ!遅いぞ!何してるん…」
ギュ

瑞希「お、おめかししてたら、お、おけしょうにじかんが、かかっちゃったー(真壁的棒読)」

P「…桃子か?」

瑞希「凄いです、プロデューサー。なぜ分かったのでしょうか?」

P「なんとなーく、演技が古臭いから」

ナンデスッテー!! モモコチャンオチツイテ!!






13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/22(日) 23:46:51.36 ID:h2yG67nxo

瑞希「ではプロデューサー、よろしくお願いします」ギュ

P「あのー真壁さん…そんなに抱きつかれたら歩きにくいのですが?」

瑞希「そうですか?」パッ

タタタタタタタ






P「…今度は離れすぎですがー!?」







瑞希「そうですか?」
タタタタタタタ






ギュー!!
P「ぐ、ぐるぢい…」

瑞希「なんだか加減が難しいみたいです…」

P「そうですか…」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:00:43.60 ID:ZnoilVulo

春香「エヘヘヘ、千早ちゃん!」デレデレ

千早「もう!春香ったら…」ベタベタ

春香「千早ちゃん千早ちゃん…」デレデレ

イチャイチャラブラブ




P「瑞希、あれくらいがベターな恋人の距離感だ…」

瑞希「なる程、勉強になります。」

P「…さて、映画にするか?それとも水族館?」

瑞希「プロデューサー、あそこに行ってみたいです」

P「あそこって…『浅草花やしき』だと!」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:08:57.52 ID:ZnoilVulo

グワングワングワングワングワングワン プシュー!!


瑞希「面白かったですね。プロデューサー。」

P「いや、まぁ、面白かったが、何で花やしきまできて『ビックリハウス』に3回も乗らなきゃならんのだ!」

瑞希「プロデューサーが好きなのを選べと仰ったので…」

P「他にも乗るものあるだろ?ローラーコースターとか…ってまた『ビックリハウス』に並ぶんじゃない!」

瑞希「駄目でしょうか?」

P「なら次は俺に選ばせてくれるか?」

瑞希「わかりました」

P(コイツ、どんだけビックリハウスが好きなんだよ!)



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:22:51.57 ID:ZnoilVulo

P「花やしきと言えばヤッパリこれだよな!…って、瑞希?何してるんだ?」

瑞希「ぷ、プロデューサー。ここは?」ブルブル

P「何って、花やしき名物『お化け屋敷~桜の怨霊~』だ!いや~、前から入ってみたかったんだよ!…て、どうした?」

瑞希「…いや、なんでもあらません。だいじょうびです」

P「カミカミやないか!ははーんさては怖いんだな!俺に任せろ、いざとなったら守ってやる!さあ行くぞ!」

瑞希「プロデューサー」パアア
















~15分後~

P「うっぐ!ひっぐ!うええ~ん!」

瑞希「よしよし…」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:28:38.45 ID:ZnoilVulo

P「き、気を取り直して…次は」

瑞希「プロデューサー、私、気付いてしまったんですが…」

P「何だね?」

瑞希「もしかしたら、デートしてもおっぱいは大きくならないのではないでしょうか?」










P「ええ?今更!?」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:32:31.67 ID:ZnoilVulo

瑞希「プロデューサー…そろそろおっぱいを大きくしてください。」

P「いや、そんな方法が有るなら千早に使ってるって!」

瑞希「そ、そんな…」ガーン












瑞希「なるほど」

千早「!?」ガーン



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:41:06.48 ID:ZnoilVulo

瑞希「ひどいです、プロデューサー…私の気持ちを弄んだのですね」タタタタタタタ

P「あ、瑞希!待ってくれ!」

タタタタタタタ ピタッ

瑞希「はい、待ちました」

P「え?」

瑞希「あ、待っては意味が無いのでした。では」タタタタタタタ

P「あ、瑞希!待ってくれ!」

タタタタタタタ ピタッ

瑞希「はい、あっ!」タタタタタタタ

P「瑞希…待って」

タタタタタタタ ピタッ

瑞希「あ!」タタタタタタタ

P(…面白い!)



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:51:12.74 ID:ZnoilVulo

瑞希「結局、おっぱいは大きくなりませんでした」

P「なぁ?なんで大きくしたいんだ?」

瑞希「はい、劇場のアイドル達は私よりも胸が大きく、かわいい人ばかりです。私も胸が大きくなれば、かわいいアイドルになれると思いました。」

P「ふーん、そうだったのか。でも瑞希は今のままでも凄くかわいいと思うけどな…」











P「どうした?顔が赤いぞ」

瑞希「プロデューサー…今のは卑怯です。」



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 00:54:51.08 ID:ZnoilVulo

~2年後~


P「ただいま~」


パタパタパタ

瑞希「お帰りなさい、あ・な・た(はぁと)」

P「ただいま瑞希!」

瑞希「お風呂になさいますか?それともお食事ですか?」

P「ああ、汗かいちゃたから風呂にする
よ」

瑞希「わかりました。それではご用意できてますのでどうぞ。」

P「ははは。さすが瑞希…気が利いてるなぁ…」









P「さすがは俺の嫁さんだな…」




瑞希ルート おしまい


元スレ
SS速報VIP:【ミリマス】瑞希「お帰りなさい、あ・な・た(はぁと)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403445081/