SS速報VIP:真美「首筋にキスマークを付けて事務所に行ってみるよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524671723/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 00:55:23.71 ID:raoBhJ2C0


真美「というわけで亜美カモン!」

亜美「なにが というわけでなのさ真美……」

真美「パッと舞ってガッとやって真美の首筋をチュっと吸うの!」

亜美「誰が?」

真美「亜美が」

亜美「なんで?」

真美「真美の首筋にキスマークを付けたいから!」

亜美「どうして付けたいのさ?」

真美「そりゃドッキリだよ!キスマークを付けた真美を、事務所の皆が見たらどう反応するか?ってね」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524671723




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 00:56:17.28 ID:raoBhJ2C0


亜美「………はあ~?」

真美「んふふふ~、面白いと思わない?」

亜美「……ねえ……真美?」

真美「ん?どったの?」

亜美「一言、言わせてもらうけどさ」

真美「う、うん」


亜美「むっちゃ面白そうじゃん!」

真美「でしょでしょ!」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 00:58:01.85 ID:raoBhJ2C0


亜美「事務所最年少の真美の首筋にキスマーク!」

真美「事案どころの騒ぎじゃないっしょこれは!」

亜美「これは久々に歯ごたえのあるイタズラですなぁ~」

真美「皆のリアクションが楽しみでしょうがないよ」

亜美「んふふふ~、りっちゃんとか慌てふためいて相手を聞きに来るだろうね」

真美「焦らすよ~、簡単には教えないよ~」

亜美「あ、でも仕事とか学校ではどうするの?」

真美「事務所以外の場所では首元が見えない格好をすれば大丈夫っしょ」

亜美「そだねー」




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 00:58:45.86 ID:raoBhJ2C0


真美「さ、亜美くん。チューっとやってくれい!」

亜美「あいよ!」バッ

真美「………」

亜美「………」フリフリ~

真美「………」

亜美「………」ヒラヒラ~

真美「……亜美、何やってるのさ?」

亜美「え?いや、バッと舞っているんだけど……次はガッといって……」

真美「そういうの別にいいから早く吸ってよ」

亜美「あっ……はい」チュ~~

真美「はあぁぁぁぁぁぁぁん」

亜美「真美も、そういうのいいからね?」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 00:59:51.72 ID:raoBhJ2C0



次の日 事務所


<ガチャ


真美「おはよ~」

亜美「おっは~」

貴音「亜美真美おはようございます」

やよい「おはよう亜美真美」

真美(事務所内にはお姫ちんとやよいっちの二人だね、二人とも本を読んでるよ)

亜美(くっくっく…これから騙されるとも知らずにのんきなもんだね……)

やよい「わあ~このラーメンとっても美味しそうです」

貴音「ええ、真美味しそうですね」ペラ

真美(それじゃあ行ってくるよ)

亜美(いってら~)




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:00:29.79 ID:raoBhJ2C0


真美「やよいっち~なに読んでるの?」

やよい「えへへ、ラーメン雑誌だよ。真美も一緒に見よ」

真美「ほうほう、おお~美味しそうだね~」

貴音「はい、とても美味しそうです。今度是非行かねばなりません」

真美「本当に美味しそうだよね~、特にこの……」

真美「スープの喉越しが良さそうなラーメンとかさ」




7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:01:13.68 ID:raoBhJ2C0


貴音「塩ですね、確かに喉越しが良さそうです」

真美「だよね、真美はスープの喉越しが良いラーメンが大好きだからね」

やよい「へえ~そうなんだ……」

真美「うん、やっぱり喉だよ、喉越しだよ」

貴音「ふむ……私は喉に絡みつくような二十郎のすぅぷも好きなのですが」

真美「とりあえず喉、喉、喉だって!」チラチラ

やよい「……ねえ、真美?」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:02:10.81 ID:raoBhJ2C0


真美「ん?んん、どうしたのかなやよいっち!」

やよい「一つ気付いたんだけどね」

真美「え?気付かれちゃった?いや~まいった」

やよい「ラーメンのスープはあんまり飲みすぎない方がいいよ」

真美「………」

やよい「塩分が高いって聞くし、飲みすぎには気を付けよう、ね?」

真美「………はい」

貴音「ふふ、やよいはしっかりしていますね」

やよい「貴音さんもですよ、ね?」

貴音「………はい」




9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:03:30.34 ID:raoBhJ2C0


同日 夜 双海家


真美「失敗した失敗した失敗した!普通に注意された!!それも本筋とは無関係な部分を!!!」

亜美「やよいっちのお姉ちゃん力は偉大ですなあ」

真美「くぅ~やよいっちめぇ……今度油そばをごちそうしてやる~」

亜美「それ普通に喜ぶだけだよ」

真美「そしてお姫ちんには春雨ヌードルをごちそうしてやる~」

亜美「真美が何をしたいのか今の亜美には理解できないよ……」




10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:04:23.69 ID:raoBhJ2C0


真美「それでね、敗因を考えたんだけど……」

亜美「混乱するから急に話を本筋に戻さないでよ」

真美「過剰なまでに喉を推してたのが原因だと思うんだよね」

亜美「真美必死に喉をアピールしてたけど、本来は喉じゃなくて首筋だからね。確かにわかりにくいかも」

真美「うん、だから次はちゃんと首筋をアピールしてみるよ」



次の日 事務所


真美「ねーねーゆきぴょん、真美の首筋見てみて~」

亜美「アピールがド直球すぎる!もう少しひねろうよ!!」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:05:24.39 ID:raoBhJ2C0


雪歩「え?首筋?ど、どうかしたの?」

真美「うん、なんか痒くてさ……」ポリポリ

雪歩「あ、本当だ。少し赤くなってるね」

真美「え?やっぱり赤くなってる?いや~まいったなぁ~」ニヤリ

雪歩「虫にでも刺されたのかな?」

真美「そうかもね、悪い虫にでも吸われたかもしれないね」フッフッフ

雪歩「赤みが引く塗り薬を持ってるから塗ってあげるね」ヌリヌリ

真美「………」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:06:07.08 ID:raoBhJ2C0



同日 夜 双海家


亜美「うわ~……本当に赤みが引いてるよ」

真美「………」

亜美「赤みが引いて良かったね真美」

真美「なんでやねん」

亜美「なんでって…よっぽど効き目がある薬だったんでしょ?」

真美「そういう意味やないわ」

亜美「えせ関西弁はやめなよ……」

真美「んっもぉぉぉぉ!ちょっとはだまされてよ!ゆきぴょんにはガッカリだよぉ!!」バンバン

亜美「ああ、そういやドッキリだったねコレ」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:06:45.28 ID:raoBhJ2C0


真美「もう!亜美も!!忘れないでよね!!」バンバン

亜美「ご、ごめん」

真美「うきぃぃぃーーーー!!」バンバンバン

亜美「無駄に机を叩かなくても……」

真美「それで、今回の敗因…なんだけど……」

亜美「急にテンションを下げてきたね」

真美「思うにキスマークが薄かったんじゃないかと思うんだよね」

亜美「薄いって、赤みが少なかったってこと?」

真美「そうその通り!虫刺されと勘違いする程度の赤みだったんだよ!」

亜美「ん~、単純にキスマークって ゆきぴょんが思い至らなかっただけじゃないかな?」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:07:43.65 ID:raoBhJ2C0


真美「というわけで亜美くん!」

亜美「うっす」

真美「遠慮はいらない真美の首筋をブチューっと吸ってくれたまへ」

亜美「りょーかい!」チュ~

真美「うむうむ」

亜美「………」チュ~

真美「ふひっ…」

亜美「………」チュ~

真美「…く、くすぐったいよ亜美~……てか、ゆるい!もっと真剣に吸っちゃって!!」

亜美「………ふぁい」


亜美「ヂュルゥゥゥ!!」

真美「おほぅ!」ビビクン




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:08:22.87 ID:raoBhJ2C0


亜美「ヂュウウゥゥゥ!!」

真美「いい!いいよ!」

亜美「ヂュルルゥゥ!ヂュウウゥゥゥ!!」

真美「吸われてる!真美すっごく吸われてるよぉぉぉ!!」

亜美「ヂュルルルルウウゥゥゥ!!!」

真美「イエス!オオイエス!!!」

亜美「ズルルルッルルチロチロズボボボボボボボボ!!!」

真美「って痛い!!やめろ……やめろぉ!!!」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:09:31.78 ID:raoBhJ2C0


亜美「はあはあ……ちかれた……」

真美「バカ!亜美のバカァ!!どんだけ吸い付くのさ!?ヒル?ヒルなの亜美は!?」ヒリヒリ

亜美「ごめんごめん、なんか思った以上に興奮しちゃって……」

真美「あとなんで舐めたの!?なんか舌でチロチロしたっしょ!?」

亜美「そうだっけ?よく覚えてないなぁ」

真美「もうバカッ!亜美のチュバカブラ!」

亜美「まあまあ、次はもっとうまくやるよ」

真美「もういいよ!うう……首筋がむちゃくちゃ痛い……」

亜美「明日が楽しみだNE!」

真美「全然楽しみじゃないよ!!」




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:10:25.19 ID:raoBhJ2C0



次の日 事務所


律子「ま、真美!その首の怪我はどうしたの!!?」

真美「………あ、うん……え~っと……」

小鳥「ひ、酷い……どす黒く変色しているわ……どうやったらこんな痕が……」

真美「いや……まあ……な、内緒?」

律子「内緒って……言いたくないってこと?………あっ」

小鳥「まさか……」

亜美「チュパカブラにでも吸われたんじゃない?」ピュ~

律子「亜美、こんな時に冗談を言わないの!」

亜美「ひゃい!」




18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:10:56.05 ID:raoBhJ2C0


小鳥「真美ちゃん、その怪我のこと…言いたくないなら無理には聞かないけど……これだけは覚えておいて」

律子「私たちは、貴女の味方だからね」

真美「………」



同日 夜 双海家


真美「アレ絶対、真美がイジメられてるとか思ってるよね?」

亜美「だね。あの二人あの後、真美の学校での様子を亜美にしつこいほど聞いてきたし」ヌリヌリ

真美「……そっか」

亜美「………」ヌリヌリ

真美「怒られるのはいつものことだけどさ……」

亜美「うん……」ヌリヌリ

真美「心配をかけるのは……ダメだよね」

亜美「そだねー」ヌリヌリ




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:11:28.73 ID:raoBhJ2C0


亜美「はい、薬塗りおわったよ」

真美「あんがと」

亜美「ん」

真美「……ねえ、亜美?」

亜美「うん?」

真美「明日さ……」

亜美「うん」

真美「二人に……謝ろうか……」

亜美「……そうだね」




20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:12:20.55 ID:raoBhJ2C0



次の日 事務所


真美「うひ~~」カキカキ

亜美「む~~~」カキカキ

あずさ「あらあら~、2人とも事務所でお勉強~?」

真美「ちがいますぅ~」カキカキ

亜美「反省文書いてるんですぅ~」カキカキ

あずさ「反省文?ふふ、また悪戯でもしたのね?」

真美「うん……」カキカキ

亜美「ちょっと悪ノリしすぎたYO」カキカキ

あずさ「あらあら~」




21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:12:57.31 ID:raoBhJ2C0


真美「よし!」

亜美「書き終わった~」

あずさ「お疲れ様、2人ともあまり律子さんを困らせちゃダメよ?」

真美「は~……い?」

亜美「ゼンショしま~……す?」

あずさ「ふふ、じゃあ頑張ってね」トコトコトコ

真美「………」

亜美「………」


真美「ねえ……亜美、見た?」

亜美「うん。あずさお姉ちゃんの……」

真美亜美「首筋にキスマークがあったよね!!」




22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:14:05.71 ID:raoBhJ2C0


真美「さすがあずさお姉ちゃん!おっとな~!」

亜美「うあーうあー!亜美なんだかドキドキしてる!うあー!」

真美「なんか首筋にキスマークがあると色気?が3割くらい増すよね!」

亜美「いいな~色気いいな~ほしいな~」

真美「よし!亜美くん、真美にチューっとやってくれい!」

亜美「よしきた!後で亜美にもやってね!」チュ~~

真美「はあぁぁぁぁぁぁぁん」



このあと2人は律っちゃんに再び反省文を書かされまちたとさ






春香「あれ?あずささん首筋赤くなってますよ?」

あずさ「そうなの~昨日蚊に刺されちゃって~」



おわり






23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/26(木) 01:14:53.30 ID:raoBhJ2C0

終わりです
ありがとうございました



元スレ
SS速報VIP:真美「首筋にキスマークを付けて事務所に行ってみるよ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524671723/