14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 20:40:24.62 ID:kCwm+dfA0

P「うはwwwww主何歳wwwwwwwマジおもすれーwwww888888888wwwwww」

ピンポーン

P「チッ、折角の休日に誰だよ」

ガチャ

響「は…はいさい」

P「えっ」

響「あがって…いいかな?」

P「えっちょっ」

P「なにこれは(困惑)」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 20:42:40.45 ID:kCwm+dfA0

P「いきなりどうしたんだ響」

響「うぅ…」

響「うわぁあああああああああああん!」

P「ちょっまっ」

響「ゔあああああああああああ」

P「何泣いてんの!?」

響「うぐっうぐっ…」

P「と、とりあえずあがって」

響「うぅ…はい」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 20:47:04.05 ID:kCwm+dfA0

P「ほらジャスミン茶でも呑んでおちつけ」

響「うぐぐ…」ゴクゴク

響「ふぅ…ごめんプロデューサー。自分ちょっと取り乱したぞ」

P(ちょっと?)

P「ていうかなんだ急に?今日は響もオフだったろ?」

P「休日はいつもペットと過ごしてるんじゃないのか?」

響「…」

P「それともアレか!俺と休日デートがしたくなったのか!?いや~参っちゃうな~///でも俺たちはアイドルとプr」

響「ペットが!」

P「え」

響「ペットが…皆逃げちゃったんだ…」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 20:51:46.35 ID:kCwm+dfA0

P「なんでまた急に」

響「わかんない…わかんないぞ」

響「自分たち…ずっと仲良く楽しくやってきたのに」

響「なんで…なんで急に…!」

響「うぐっ…うぅううう」

P「あぁ、泣くなって」

P(やっべ泣いてる響超そそるわ)

P「勃ってきた」

響「みんなほんとうは自分の扱いに腹が立ってたのかな…?」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 20:55:43.58 ID:kCwm+dfA0

P「さっき仲良く楽しくって言ったばかりで何故その答えに辿り着くのだ」

響「だってプロデューサー立ってきたっていうから…実はそうなのかなって」

P「オゥ、口に出してしまったか」

響「?」

P「なんでもないよ、響」

響「プロデューサー、自分どうしたらいいのかな?」

P「う~ん…逃げたペットでも探すか?」

響「探しても…逃げた理由がわからなきゃ同じことの繰り返しだぞ…」

P(響のくせに理屈いいやがって…かわいい!)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 20:58:20.04 ID:kCwm+dfA0

P「じゃあもうペットの気持ちになって考えるしかないな!」

響「えっ」

P(何アホ言ってんの俺)

響「…」

P(はよツッコめや)

響「そうだ…」

響「自分…みんなの気持ち…よく考えてなかったかも」

響「もっとみんなの立場になって考えるべきだったんだ」

響「そうすればみんなが何を不満に思っていたかもわかるかも!」

響「あははー!プロデューサーあたまいいなー!」

P(アホの子…)



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:02:47.25 ID:kCwm+dfA0

P「というわけで」

P「響を飼ってみた」

響「みんなはいさい!」

春香「どういうワケですかぁ!」

P「俺が響をペットとして扱うから…響にペットの気持ちをわからせようと思ってな」

伊織「ペ…ペットってことはその…アレよね?」

P「アレってなんだよ、ウチのおかんか」

P「ちゃんと単語を言え」

伊織「い、一緒に暮らすのよね!?」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:05:55.86 ID:kCwm+dfA0

P「そうだな。放し飼いできる牧場なんて俺は持ってないからな」

伊織「」

P「昨日はとりあえず帰らせて…今日から響を飼い始める」

春香「じゃ、じゃあ!今日は仕事終わったら一緒に帰るんですか!?」

P「いや、響は午前中にグラビア撮影だけで終わるから」

P「響は先に帰らせるよ。俺の部屋の鍵も持たせてる」

春香「」

美希「頭が頭痛なの…」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:09:58.54 ID:kCwm+dfA0

雪歩「うわぁ…プロデューサーと響ちゃん同棲しちゃうんですかぁ…///」

P「同棲ってなんだよ、俺がアイドルに手を出したみたいな言い方して」

P「ペットを飼うってだけだよ」

春香「わんわん!」

雪歩「!?」

春香「春香犬だわん!プロデューサーのペットになるわん!おうちの鍵欲しいなー…なん…て…」

春香「…」

春香「…」

春香「わ、忘れてください!!」



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:16:04.29 ID:kCwm+dfA0

美希(春香…いくらなんでも混乱しすぎなの…)

真「あいたた…今のは中々キョーレツだったよ春香。滅多にないよああいうのは」

千早(あなたがそれを言うの…?)

春香「うぅ~///」

P「ほら!はるわんもしょげてないで仕事行ってこいや!キリキリ稼いでこい!」

春香「や、やめてください><」

律子「ほら~竜宮小町と春香、雪歩はバラエティの収録よ~!車乗って~」

亜美「出発(デッパツ)すっぞォおめーら!」

雪歩「!?」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:21:07.69 ID:kCwm+dfA0

P「今日は昼からレッスンスタジオ清掃業者来るみたいだから、早めに切り上げろよー」

千早「はい」

P「えーっと…俺らもそろそろ行くぞ響」

響「うん!」



千早「行ったわね…」

真「行ったね」

千早「私も我那覇さん飼いたい…」

真「なにっ」



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:25:26.43 ID:kCwm+dfA0

ひるー!

P「ただいま戻りましたー」

小鳥「おつかれさまです」

響「やっぱり写真撮影は何度やっても恥ずかしいな…///」

P「写真撮影は美少女アイドルの宿命だ、受け入れろ」

響「うぅ」

P「そうそう、響」

響「なに?」

P「俺はまだ仕事だから。先帰っててくれ」チャリ

響「はーい、わかったぞ」

響「プロデューサー、ことりー!お疲れさまー!」

ガチャ バタン

小鳥「…」

小鳥「え?」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:27:39.87 ID:kCwm+dfA0

小鳥「あの」

P「はい」

小鳥「今その、なんかすんごい自然にキー渡してましたけど」

P「あー」

小鳥「えっ二人ってそういう関係だったんですか…?えっ」

P「あーいや、同棲してるとかじゃないですよ」

小鳥「で、ですよね。アイドリュとプロデューサーですもんね」

小鳥「でもその、先に帰れっていうのはあのその」



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:32:45.80 ID:kCwm+dfA0

P「そういや小鳥さん朝いませんでしたね」

小鳥「午前中は貴音ちゃんのお見舞いに行ってたので」

P「調子はどうでした?」

小鳥「良好ですよ。明日には退院できるそうです」

P「よかった。貴音が元気になれば響も喜ぶだろ」

小鳥「そ、そうだ!響ちゃんの話をしてるんでした!」

小鳥「なんで響茶んがプロデューサーさんの部屋の鍵をッ!?」

P「俺のペットなんスよ(笑)」

小鳥「」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:36:47.76 ID:kCwm+dfA0

P「おっと…そろそろVipレコードとの打ち合わせに行かなきゃ」

小鳥「」

P「行ってきます」

小鳥「」

小鳥「はッ!?」

小鳥「プロデューサーさん!?ペットってどういう…」

小鳥「あれ?いない」

小鳥「響ちゃんがペット…」

小鳥「どういうことなの…」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:41:30.08 ID:kCwm+dfA0

よるー!

P「ただいまー」

響「おかえり!プロデューサー!」トテトテ

P「響ぃ!いい子にしてたかぁ~!?」ナデナデナデ

響「うぁ!?いきなりなにさ!?」

P「つい、な。実家で飼ってた犬を思い出して」

響「プロデューサーも犬飼ってたのか?」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:44:13.67 ID:kCwm+dfA0

P「いぬ美みたいにデカくはないけどな」

P「アホ面が可愛いコーギーだったよ」

P「懐かしいな」

響「プロデューサー…」

P「なんだぁ~他のペットの話したからしょげてんのかぁ~?」ナデナデナデナデ

P「かわいい!響かわいい!」ナデナデナデナデナデ

響「うあー!ちがうー!」バッ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:47:57.77 ID:kCwm+dfA0

響「プロデューサーはさぁ」

バチン!

響「え…」

P「プロデューサーじゃない」

P「家ではご主人さまと呼べェ!」

響「な、なに言ってるんさプロデュ」

バシン!

P「家ではご主人さまと呼べェ!」

響「わかった!わかったからお尻ぶたないで!」



60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:51:21.35 ID:kCwm+dfA0

P(勢いで叩いてしまったが…なんていいケツだ)

P「撫で回してェ…」

響「さっきさんざん撫でたじゃないか」

P「あ、ああ。そうだな」

響「プロ…ご主人さまはやっぱどっかおかしいぞ」

P「!?」

響「どうしたの?ご主人さま?」

P「アカン…!」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:55:26.98 ID:kCwm+dfA0

P「響」

響「?」

P「お前はどうしてそんなに素直なんだ…」

P「悪いおっさんに騙されないか俺は不安でならないよ」

響「えー」

響「でもでも!そんなときはご主人さまが守ってくれるんでしょ?」

P「えっ」

響「ペットを守るのも飼い主の役目さー!」ニカッ



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 21:58:43.39 ID:kCwm+dfA0

P「…」

響「あの…どうしたの?」

P「いや…飯でも食うか」

響「いいぞー!ご主人さまは何食べたい?」

P「えっ」

響「自分調理得意だからなー!なんでも作っちゃうぞ!」

P「編み物も得意だし響は意外と女子力高いよなー」

響「意外とってなにさー!」



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:01:54.08 ID:kCwm+dfA0

P「でも食材ないしな…買いにいかないと」

響「じゃあ買いに行こうよ!ご主人さま!」

P「そうだな」


そとー!

P「ほら響、手」

響「え?」

P「首輪つけて歩くわけにもいかんからな。せめて手くらい繋がないと。ペットなんだし」

響「あ、そうか」ギュ

P(手ェ柔らけぇ)

P(…あれ?)



77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:05:30.96 ID:kCwm+dfA0

響「~♪」

P(手ェ繋いで一緒に晩飯の食材買いに行って…)

P(買ったらまた手繋いで帰って手料理食って同じひとつ屋根の下寝て…)

P(よく考えたらこれマズいんじゃね!?)

響「あっごしゅ…外だしプロデューサーの方がいい?」

P「いかん!!」

響「ご、ごめん!怒らないでご主人さま!」

P(アイドルが担当プロデューサーとデキてるみたいじゃないか!)



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:10:33.57 ID:kCwm+dfA0

P(何故こんなことに気付かなかったんだ)

響「ご主人さま!あのスーパーだよね?」

P(普通気づくだろ…ていうかみんなも指摘してくれよ)

響「ご主人さまは何食べたい?自分なんでも作っちゃうぞ。料理得意だからな!」

響「春香みたいなお菓子作りは得意じゃないけど…事務所のみんなも自分の料理褒めてくれてたぞ!」

P「…いや、散々言われてたわ」

響「えっ!?」

響「そ…そうなのか…ハハ…」

響「みんな…自分に気を使って美味しいって言ってくれたのか…はは…」



83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:15:49.98 ID:kCwm+dfA0

P「響」

響「え?なに」

P「ちゃっちゃと買って帰ろう」

響「う、うん」

P(徒歩じゃなくて車でこれば良かったな)

響「…お惣菜でいい?」

P「えっ」



86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:18:17.56 ID:kCwm+dfA0

imas-004000-086
 



P(響が手料理をふるまってくれるんじゃなかったのか?)

響「…」モグモグ



87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:23:13.18 ID:kCwm+dfA0

P「響」

響「ん?」

P「明日はちゃんと料理作ってほしいなーなんて」

響「ご主人さま…」

P「いや!仕事で疲れてるならいいんだ。すまない」

響「優しいんだな、ご主人さまは」

P「えっ」

響「うん!自分頑張るから…料理上手になるから!」グスッ

P「なんで泣いてんの」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:26:03.85 ID:kCwm+dfA0

響「泣いてないぞ!」バッ

P「そ、そうか」

響「シャワー借りるね、ご主人さま」

P「えっ!?おおう!」


P(ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ)

P「どうしてこうなったうあああああ」

P「落ち着け俺」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:35:52.67 ID:kCwm+dfA0

P「そうだ」

P「響は俺のペットなんだ」

P「落ち着け」

P「ペットにこんな混乱してどうする」

P「そうペットなんだから…」


響「おさきー」ホカホカ


P「何をしても俺の勝手だよなァ…!(ゲス顔)」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:44:08.67 ID:kCwm+dfA0

響「ご主人さまー?」ホカホカ

P(神よ…俺に響ちゃんをくれてありがとう!)

神「獣姦は動物虐待で立派な犯罪なんやで(ニッコリ 」

P「ハッ…!?俺は一体何を」

響「?」

P「なななんでもないよ響。明日に備えてもう寝なさい」

響「はーい」

P(神よ…!ありがとうございます…ありがとうございます…!)

P(私はこの世で最も清く美しいものを汚してしまうところでした…!)



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:50:20.43 ID:kCwm+dfA0

響「ご主人さまー」

P「えっなに」

響「自分…どこで寝ればいいの?」

P「俺の布団で寝ればいいでしょ。ペットとは言え雑魚寝なんてさせんよ」

響「ご主人さまはどこで寝るんさー?」

P「はぅあ!?」

P(しまった…そこまで考えてなかったぞ)



111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 22:52:54.55 ID:kCwm+dfA0

P「く、車で寝る…」ボソボソ

響「え?声ちっちゃい…」ズイッ

P(密着ッ!響ちゃん密着ッッ!)

P「添い寝だッッ!」

響「そっかーペットだもんね」

響「自分もよくペットと添い寝するぞ…」

響「ってええええええええええええええええええええ!?」



120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:01:11.70 ID:kCwm+dfA0

P「なにその反応」

響「だ、だって一緒に寝るとか…恥ずかしいし…///」

P(なにその反応!)

響「そ、そういうのはその…好きな人とやるものだって…ゴニョゴニョ」

P「こらこら、勘違いしちゃいかんぞ響」

P「これは飼い主がペットと一緒に寝るってだけの話だ」

P「さっき響も言ってたろ?よくやるって」

響「そ、そうだけど…」



122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:03:03.00 ID:kCwm+dfA0

響「でもでも!やっぱり自分とプロデューサーはその…女と男だし…」

響「やっぱり恥ずかしいよ…」

P「おいおい…そんなこと言ったらさっきの買い物なんてどうするんだ」

P「まるっきり夕飯の買い出しに行くカップルだったろ」

響「え」

響「…」

響「うわあああああああああああああああああああああああ///」

P(気づいてなかったのかよ…)



127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:05:47.76 ID:kCwm+dfA0

響「でもそれはその」

響「あの…その」

響「あうあうあー///」

響「でも寝るのはその!」

響「ご主人さまだって自分なんかと一緒に寝たくないだろ!」

響「男女で一緒に寝るのはその…好きな人同士じゃないと…///」

P「好きだ!」

P「響ちゃん大好き!」

響「!?」



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:09:37.23 ID:kCwm+dfA0

P「響は俺のこと嫌いか?」

響「き、きらいじゃないさー///」

響「で、でもそのあのうのうのう…///」

響「アレだろ!そんなこと言って…!プロデューサー自分のことちょろい女だって思ってないか?」

響「ふらーだと思って適当な言葉で誘って…自分そんな悪い男にはひっかからないぞ!」

P「ほざけー!」

バシン!

響「いたっ!」

P「お前は俺をそんなナンパチンコ野郎だと思っていたのか!?」

バシン!

響「ちん…!?///」



132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:11:34.69 ID:kCwm+dfA0

P「ヤりたいだけの女を誘うためだけに生活を犠牲にするわきゃねぇだろ!」

バシン!

響「わかった!わかったからぁ!」

P「いーやわかってないね!」

バシン!

P「これはわかってない女の尻の音だぜ…!?」

バシン!

響「うぎゃああああああああああああ」



135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:16:24.48 ID:kCwm+dfA0

P「すまん響…興奮してしまった」

響「ひどいぞ…」ヒリヒリ

P「ここがいたいのか?」ナデナデ

響「うぎゃー!?何尻触ってるんさ!」

P「痛そうだったからつい」

響「ヘンタイさー!プロデューサーはヘンタイさー!」

P「響。それはとんだ誤解だ」

P「変態なのは…お前のご主人さまさ」

響「」



138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:20:28.53 ID:kCwm+dfA0

響「うう…もうわけわかんなくなってきた」

P「なんでなんで?落ち着けよ響」

P「深呼吸せいッ」

響「ふぅー」

響「はぁー」

響「うん…落ち着いたぞ」

P「響、好きだ」

響「うぎゃーっ!落ち着かせる気ないだろー!」



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:23:58.37 ID:kCwm+dfA0

P「真面目な話だよ」

響「え」

P「ここをハッキリさせないとな」

P「俺は響が好きなんだ」

P「担当アイドルとして、とかじゃなくて一人の女の子として」

響「…」

P「別にエロいことしたくてこんなこと言ってるんじゃない」

P「俺は仕事以外でだって響といたい。添い寝に関しても響が隣にいてくれるだけで俺は幸せなんだ」

響「…」



147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:28:32.23 ID:kCwm+dfA0

P「いい歳した社会人が担当アイドルにこんなこと言うのは間違っているのかもしれない」

P「でも…響に勘違いされたままでいるのだけは嫌だったんだ」

P「それだけはわかってくれ」

響「うん…」

響「その…」

響「ごめんなさい…プロデューサー」

P「…!」

P(駄目だったか…いや、これでいいんだ)

P「謝らないでくれ響。迷惑かけたのは俺なんだから」



148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:29:55.99 ID:kCwm+dfA0

響「そうじゃないんだ」

P「えっ」

響「ほんとは…みんな家出なんてしてないんだ」

P「なにっ」

響「ごめん…!」

P「なにどういうこと」



149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:33:50.90 ID:kCwm+dfA0

響「プロデューサーの家に転がり込む理由がほしくて…」

響「ウソついちゃったんだ…」

響「ごめんなさい…!」

響「自分の都合でプロデューサーに迷惑かけて…」

響「そんな言葉…自分には勿体ないんだよプロデューサー!」

バシーン!

響「痛ーッ!?」

P「家ではご主人さまつってんだろ!」

響「」



154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:42:46.47 ID:kCwm+dfA0

響「あいたた…空気読んで欲しいぞ」

P「読んだろ、むしろ」

P「そんな風に自分を悪く言うなよ。世界一魅力的な笑顔を俺に見せてくれよ」

響「うぐぐ///ペット扱いするのか女の子扱いするのかどっちかにしてほしいぞ」

P「両方だよ」

P「響は俺のアイドルで、俺だけのペットなんだ」

響「ワケわかんないさー…」



155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:46:23.71 ID:kCwm+dfA0

翌朝

亜美「おはよーゆきぴょん!」

雪歩「おはよう亜美ちゃん。元気だね」

亜美「気合いブリバリだあ!!バカヤロウ!!」

雪歩「!?」

ガチャ

P「おはよーございまーす」

響「うみきそーちー!」

春香「うわぁ…同伴出勤だぁ…」



157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:53:51.67 ID:kCwm+dfA0

千早「ペットの気持ちはわかったの?我那覇さん?」

響「いやーそれが…あはは」

P「これからわからせるさ」

響「えっ」

P「じっくりとわからせるさ。イチからな」

P「俺だけのペットなんだからな」

響「…うにげーさびら///」


終わる



161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/02(水) 23:56:46.58 ID:kCwm+dfA0

ヤってないよ!
添い寝だよ!
響ちゃんかわいい!



172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 00:18:59.88 ID:lHMtqOiw0


いい響だった



173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/03(木) 00:23:15.81 ID:4TDmKKFR0


最高だった


元スレ
P「響を飼ってみた」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1335955942/