SS速報VIP:律子「だまし続けて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403534596/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:43:17.12 ID:THosNBEqo


P「お疲れ様、律子。最高のステージだったよ」

律子「……どこがですか」

P「可愛かった。お客さんを魅了してたな」

律子「プロデューサー殿には、そう見えたんですか?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1403534596




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:45:14.49 ID:THosNBEqo


P「俺だけじゃない、あの場にいた全員がそう思ったよ」

律子「……ダメダメでしたよ、今日の私は」

P「ダメダメ?」

律子「『livE』は2回踊りを間違えたし、『魔法をかけて』なんて歌詞を間違えてます」

P「ああ、そうだった」




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:48:12.08 ID:THosNBEqo


律子「あれ、気づいてたんですか」

P「そりゃあ、律子の練習はずっと見てきたし」

律子「それで良く『最高のステージ』なんてお世辞、吐けますよね」

P「お世辞なんか言わないよ、俺は本当にそう思ったんだ」




4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:51:45.31 ID:THosNBEqo


律子「それじゃあ。教えてください、プロデューサー殿」

P「え?」

律子「あんなに失敗を重ねた今日のライブが、
   どうして貴方にとって『最高のステージ』なのか」

P「律子なら分かると思うけどな」




5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:52:49.32 ID:THosNBEqo


律子「私なら?」

P「だって自己分析、得意だろ」

律子「得意というか、自己分析は趣味なんです。
   どんな人達が私のファンになってくれているのか」

P「分析データを元に、パフォーマンスも変えてる。努力してるよ」




6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:55:58.83 ID:THosNBEqo


律子「無理ですよ、『なぜ私は私なんだろう』って歌うぐらいですから」

P「えらいネガティブだな」

律子「教えてください、プロデューサー」

P「仕方ないな。そんじゃ、隣、座るぞ」

律子「……そういえば、ステージに座ってて、邪魔じゃないですかね?」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/23(月) 23:59:30.62 ID:THosNBEqo


P「鍵はもらったから気にすんな」

律子「分かりました。じゃあ、聞いていいですか」

P「おう。1曲目、『livE』はかなり盛り上がったろ」

律子「踊りは散々でしたけどね」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:02:26.07 ID:FcrMvziRo


P「律子のミスに気づいたのは、律子自身だけじゃなかったんだよ」

律子「私自身だけじゃない、って?」

P「ファンは熱心に、ステージに立つ律子を見ていた」

律子「……ごまかせたと思ったのに」

P「律子は『ごまかした方が良い』って、そう思ったのか」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:03:39.61 ID:FcrMvziRo


律子「当たり前ですよ。ファンに見せなきゃいけないのは完璧なステージなんですから」

P「それは、自己分析をした結果か?」

律子「ええ、そうです。私のファンはアングラなモノを好む、完成品を見たい人達だ、って思ってます」

P「うーん、そっか。そういう考え方もありだと思う」

律子「違いました……?」



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:05:12.00 ID:FcrMvziRo


P「ファンってさ、もちろん完璧なモノを見たいって気持ちがあるけど、
 基本的にはそのアイドルやアーティストが好きで、応援したいから見に来るんだよな」

律子「応援」

P「そう。普段滅多に失敗しない律子がダンスを間違えたら、ファンは異変に気づくだろ?」

律子「そう、ですね」

P「律子を支えてやりたい、応援したい、って思って、精一杯の歓声を送る」





12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:07:42.43 ID:FcrMvziRo


律子「……確かに、どの曲も、失敗した後に声が大きくなったような、そんな気がします」

P「声援だよ。みんな律子が好きだから、頑張ってやり切って欲しいんだ」

律子「歌詞を間違えたあとは、歌ってくれてました」

P「『魔法をかけて』の大合唱、楽しそうだったよな」

律子「お客さんも、後私も……楽しかったです」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:08:47.39 ID:FcrMvziRo


P「なあ、律子」

律子「はい」

P「お前は本当に、今日のステージが失敗だって思ってたのか?」

律子「……え?」

P「なんだか無理に『ダメダメだった』って言ったような、そんな気がしたんだよ」



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:10:39.95 ID:FcrMvziRo


律子「……褒められたものじゃないのは、事実ですよ」

P「そうかな」

律子「プロデューサー殿に求められたクオリティの7割ぐらいしか、出しきれていませんでした」

P「確かにクオリティで言えば、それぐらいかな」

律子「正直に言うと」




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:13:05.74 ID:FcrMvziRo


P「ああ」

律子「楽しかったですけど、失敗続きのステージを『楽しかった』なんて言ったら、
   プロデューサー殿を不快にさせてしまうかな、って思ったんです」

P「不快になんかなるわけないだろ」

律子「そうですか?」

P「完成度、確かに大事だよ。
 でもそれ以上に大切なのは、お客さんも自分も楽しめるようなステージを創りあげること」




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:14:24.90 ID:FcrMvziRo


律子「……ですね」

P「だから俺は言ったんだ、『最高のステージ』だって」

律子「……ありがとうございます、プロデューサー殿」

P「律子は自分に自信をもっと持ったほうが良いな」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:16:05.03 ID:FcrMvziRo


律子「自信ですか?」

P「うん、いまの律子に加えるエッセンスとして」

律子「エッセンス……」

P「自分はこのホールに集まったお客さんを魅了できる、それだけの力がある、って」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:17:14.79 ID:FcrMvziRo


律子「そういえば私、あんまり自分のこと、信頼してないです」

P「だろ。勿体無いと思うよ、俺は」

律子「……あなたが私を褒めてくれるから」

P「ん?」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:20:37.78 ID:FcrMvziRo


律子「プロデューサー殿が私を褒めてくれるから、
   私は自分に自信が無いことを、忘れられるのかもしれません」

P「……」

律子「これからも、私に魔法をかけてください」

P「俺、律子に魔法をかけられるかな、ずっと」

律子「信頼してます。だから」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:21:05.30 ID:FcrMvziRo


「これからも私のことを、だまし続けてくださいね!」



21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 00:22:47.67 ID:FcrMvziRo


http://i.imgur.com/O1chBXn.png
律子、お誕生日おめでとう。ありがとうございました。



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/06/24(火) 03:39:02.12 ID:Gv3XJBOoo

可愛い過ぎる


元スレ
SS速報VIP:律子「だまし続けて」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1403534596/