11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:10:15.69 ID:snt1IFoJ0

美琴「ね!二人もそう思うでしょ?」

初春「……」

美琴「佐天さんなんか、最終話で取ってつけたように肩を貸したらしいじゃない!」

佐天「……っ」

美琴「初春さんだって嫌いなこと見透かされているわよ?」

初春「な……」

美琴「やっぱそうよねえ!私だけじゃなかったんだ!あーよかった!あはは!じゃあどうする?これから白井撲滅委員会とか作っちゃう?」

佐天「……御坂さん」

美琴「あ、それとも白井撲殺委員会がいいかなあっ?」

佐天「確かに、私たち自身白井さんのことを疎ましく思う気持ちも少しありました」

佐天「でも、そのことを陰で楽しそうに話す御坂さんは、もっと疎ましくて、嫌いです」

美琴「あはは……え?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:15:31.11 ID:snt1IFoJ0

美琴「ちょ……え?」

初春「御坂さん、私もよくないと思います。陰で……こういうのって」

美琴「や、ちょっと……やめてよ。私が悪いみたいじゃないっ」

佐天「御坂さんが悪いんですよ、この場合」

美琴「は?え、なに?みんな黒……白井の仲間なワケ?私だけ一人ぼっち?」

佐天「仲間とか、一人とか、そういうことじゃなくて……」

初春「私たちはただ、今の御坂さんの行動が、どうかと思うだけですよ」

美琴「あ、ええ?なに言ってんだあこの花飾りィ?」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:19:53.82 ID:snt1IFoJ0

初春「花っ……私のことも、陰でそう呼んでたんですか?」

美琴「ち、違うわよ!つい口が滑って……!」

佐天「御坂さん!いくらなんでもそれはヒドイですよ!」

美琴「アンタは黙ってなさいよ凡人ッ!」

佐天「ぼ、凡人って……私のことですか……?」

美琴「ち、ちが!ちがうわよ!別に佐天さんのことそんなふうに!」

初春「御坂さん……正直、見損ないました」

美琴「ふざけんなって花飾り!今こっちと話しているでしょう?花だから分かんないの?!」

佐天「御坂さん!!」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:28:08.66 ID:snt1IFoJ0

美琴「わ、わわわ!ほんと違うの!違うんだって!」

佐天「御坂さん……分かりました。せっかくだから、今日この場ではっきりさせましょう。初春、白井さんを呼んで」

初春「わかりました」

美琴「ちょ、なに!?黒子呼んでどうする気よ!てか私の誤解を解かさせて!」

佐天「たとえ誤解が解けても、今あった事実は消えません。どうせなら、すべて認めて受け入れるべきです」

美琴(わけわかんねッて、こいつ!ああ、これだから無能力者と話すのは嫌なのよねえ!)

美琴「そ、そうね……。分かったわ。それで、黒子を呼んでどうするの?」

佐天「今あったことを話すんです」

美琴「ああ!?何言ってんだこの無能力者!」

美琴「っと、いけない。口に出すところだった……」

佐天「…………」



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:31:45.02 ID:snt1IFoJ0

初春「白井さん、すぐに来てくれるそうです」

佐天「そう、よかった」

美琴「そう、じゃあ私帰るわね」

初春「え?」

美琴「え?」

佐天「なんで御坂さんが帰っちゃうんですか?」

美琴「あ、いや、別に逃げるとかそんなんじゃなくて。ただアレじゃん?私こういう空気苦手だし、重い空気あんま好きじゃないっていうか、」

美琴「ガラじゃない?みたいな」

初春「逃げるのは良くないですよ」

美琴「逃げてねーよ!」

佐天「逃げてますよ、御坂さん」

美琴「逃げてない……し……」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:36:27.69 ID:snt1IFoJ0

美琴「そもそも逃げるとか、え、なに?私レベル5だよ?第三位だよ?」

美琴「逃げるわけないじゃん。この私が背中を見せるとか、現実的に考えてありえないでしょ」

佐天「ならお金を置いて行こうとしないでください」

美琴「ち、違うわよ!これは何て言うのかな、先に払っといた方が後で忘れないし!そう、私忘れっぽいから!」

初春「私たちが覚えているので大丈夫です」

美琴「ちょ……お前が言うかよ、花頭」

佐天「御坂さん。初春を傷つけるくらいなら私を傷つけてください」

美琴「傷つけてないって……もう、やだなあ。冗談きついな佐天さん。何か悪いことでもあった?」

黒子「お待たせしましたわ」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:40:31.07 ID:snt1IFoJ0

黒子「一体どういうことですの?」

美琴「あっ、あ、黒子ー!どうしたのこんなとこで、偶然じゃない!」

黒子「初春にお姉さまもいると伺っておりましたが……」

美琴「え、あ、そうなの?あっはは、でも残念!今から私帰るところなんだぁー!」

佐天「白井さんはそこへ。御坂さんも座ってください」

美琴「いや、だから私は帰るって」

佐天「御坂さん、座ってください」

美琴「…………」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:45:55.29 ID:snt1IFoJ0

黒子「いまいち状況が掴めませんの。初春からは今後のことについて話し合おうって聞きましたけれど」

美琴「なにそれ、最近のジョークじゃない?今後について話すことなんか何も、さあ」

初春「御坂さんは白井さんのことが嫌いらしいです」

黒子「え?」

美琴「!!」

美琴「おい、ちょ……ま、待ってよ。そんなこと一言も言ってない」

黒子「それは本当ですの……?お姉さまが……」

佐天「本当です、白井さん。泣かないで。私たちも嫌われているらしいし」

美琴「嫌ってなんかいないって。凡人は凡人で私好きだよ?」

初春「御坂さんは少し黙っていてください」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:50:16.24 ID:snt1IFoJ0

美琴「じゃあ言わせてもらうけど!この二人だって黒子のこと嫌ってたし!」

黒子「えっ?」

佐天「……そうですね。否定しません。正直、白井さんの行動についていけないことは度々ありました」

黒子「そう、でしたの……」

美琴「なにオブラートに包んでるのよ!正直に言えばいいじゃない、嫌いッて!」

初春「御坂さん。今一番傷ついているのは白井さんですよ……!?」

美琴「え?な、なにその、私状況分かってますよアピール……私も分かってるし……」

佐天「それで、本題に移ります。今回集まったのは、みんなで直して欲しい部分を言い合って、より仲を深めようというわけです」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 22:55:48.16 ID:snt1IFoJ0

美琴「!そういうことだったの!?」

佐天「え?御坂さん、何だと思っていたんですか?」

美琴「いや、別に……」

美琴(てっきり縁切られるのかと思って、ヒヤヒヤしちゃった。なーんだ、まだこの子たち、私と遊びたいんじゃーん!)

初春「では誰からいきますか?今白井さんは無理だろうし……」

美琴「はいはい!じゃあ私からね!どんどん来てよ、受け止めるから!」

美琴(どうせさっきから具体的なこと言っていないこの子たちのこと。大したことは言えやしない)

美琴(加えて初回なだけあって、どこまで言っていいのかも分からない。そして私がそんな言葉を甘んじて受け入れれば、評価もアップ!認められる!)

美琴「さあ、何でも言ってきなさい!」

佐天「いい加減レベル高いからって見下すの止めてもらえますか?」



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:04:28.27 ID:snt1IFoJ0

美琴「え……?」

佐天「友達の間で、そういう位みたいなのはいらないと思うんです。それに御坂さんただでさえ年齢が違うのに、そういう態度を取ると余計絡みづらくなります」

美琴「そ、そう?わ、私はそんなつもりなかったけど……」

佐天「確かに私はレベル0ですが、だからって凡人とか、木偶の坊とか……そういうのはやめてほしいです」

美琴「え?あれ?私そこまで言ったかな?」

佐天「私が御坂さんより劣っているのは認めます。御坂さんは中の下とはいえ、割りと綺麗な方だし、スタイルだって胸を除けば悪くないし」

美琴「それ本当に認めてるのかな……」

佐天「でも、それより前に私たちは友達なんです!友達は、そんな理由で見下したりしない!平等であるべきなんです!」

美琴「え、ええ」

佐天「だから平気で自販蹴ったりロボ壊したり人に危害加えたり超電磁砲ぶっ放したり、そんな常識知らずな人でも私は平等に見ます!」

佐天「なので御坂さんも、私を認めてください……っ!」

美琴「え、うん……ごめん……」

初春「次私いいですか?」

美琴「ごめん、ちょっと待って……思ったよりきたから……」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:09:13.26 ID:snt1IFoJ0

佐天「……みんな、ゴメン。ちょっと待って」

美琴「え?」

佐天「やっぱり、こんなのおかしいと思うんです。言いたいこと言ったって、お互いを傷つけるだけだし……」

佐天「何より完璧な人間なんて、この世に存在するはずないんだから。互いを疎ましく思って当然だと思う」

佐天「確かに認め合うことは大切だけど、それよりもまず、思いやることが大事だと思うんです」

初春「そうですね……こんなこと、もう止めたほうがいいのかもしれません」

美琴「え……あ、あれ?」

黒子「そうですの……これでは、何も生まれませんわ」

美琴「ちょ、ちょっと待ってよ。あれっ、あれー?」



72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:16:49.84 ID:snt1IFoJ0

佐天「どうかしましたか?御坂さん」

美琴「いやどうかしたとかじゃないでしょ。これ、明らかに私だけ傷ついてない?」

黒子「大丈夫ですの、わたくしも心を痛めましたわ」

美琴「私は比べ物にならないくらい傷ついているんだけど」

美琴「っていうか、ちょっと待ちなさいよ!大体あなたたち何で苗字で呼び合っているわけ?」

美琴「私のことは年上だからまだ分かるけど、三人は同い年なくせに!おかしくないっ?」

美琴「これって仲が悪い証拠なんじゃないかなー!」

黒子「そうですわね……。これを機に、変えてみるのも悪くありませんの」

美琴「え?」

佐天「分かりました。しばらくは慣れないかもしれないですけど、善処します」

初春「私も、ちょっと恥ずかしいけど頑張ってみます」

美琴「え、や、ちがう……そういうことじゃ……」

佐天「御坂さんは残念です。年齢が一個上だから名前で呼べなくて」

美琴「…………」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:21:21.49 ID:snt1IFoJ0

美琴「…………」

初春「え、えっと、黒子さん」

黒子「なんですのういは……飾利」

佐天「ちょっと、飾利に黒子、二人ともよそよそしすぎー」

初春「そういう涙子さんこそ……ふふっ、やっぱ照れますね」

美琴「……あの、」

佐天「どうかしましたか?御坂さん」

初春「何か問題がありますか?御坂さん」

美琴「べ、別にないわよ……うん……」

佐天「なんだか一気に仲が深まった気がしますねー!」

上条「……おい、ちょっと」



85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:25:38.84 ID:snt1IFoJ0

佐天「え?」

上条「さっきから話を聞いてりゃ……少しひどいんじゃねーの?」

初春「あなたは……」

黒子「……いつかの類人猿ですの」

上条「俺は深い理由を知らねーから、それらしいことは言えねえけどさ」

上条「今のは、明らかに御坂を虐げての発言じゃねーか」

美琴「えっ……」

上条「そういうのは、よくないと思う。友達なら尚更だ」

美琴(こいつ……私のことを思って……)

上条「もしアンタらがこれ以上御坂に何か言うってんなら……まずはその、」

佐天「ちょっといいですか?」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:30:49.06 ID:snt1IFoJ0

上条「えっ?」

佐天「さっき深い理由を知らないって言いましたよね?それらしいことも言えないって言いましたよね?」

佐天「思いっきり言っているんですけど。よくないと思う、とか。事情を知らないなら入ってこないでもらえますか?」

上条「いや俺は、」

佐天「大体中学生の話し合いに高校生が入ってくるって、どういうことですか?殴り合いをしているならまだしも、平和に話してましたよ?」

佐天「あなたよくおせっかいって言われるでしょう。それで自分の正義を押し付けて無理やり相手を黙らすタイプだ」

佐天「知ってますか?そういうのが一番『迷惑』なんですよ」

上条「…………」

禁書「とーま!デザートもう30個頼んでいいかな!?」

上条「インデックス、帰ろう。俺ちょっと、自分を見直した方がいいみたいだ……」

禁書「と、とうま?わわっ、まだイチゴパフェ食べてないんだよ、とーまー!」

美琴「…………」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:36:15.57 ID:snt1IFoJ0

初春「……行っちゃいましたね」

佐天「あー、ほんと迷惑だった。たまにいるんだよね、ああいう自分正義タイプ」

美琴「…………」

佐天「自分の言い分がすべて正しいと思ってんの。相手のこと考えたふりして、実際はどう言い返そうか考えているだけ」

美琴「……」

佐天「ほんっと、おせっかいってあの人のためにある言葉なんだろうなー」

美琴「佐天さん」

佐天「え?なんです、御坂さん」

美琴「あのバカは……確かにおせっかいで、後先考えずに行動するけど、」

美琴「でも今は、私のためを思って言ってくれたのよ。それを否定するのは、いくら佐天さんでも許せない」

佐天「…………」

美琴「謝ってもらわなきゃ、気が済まな――」

佐天「すみませんでした。御坂さん」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:40:15.26 ID:snt1IFoJ0

美琴「……え?」

佐天「ひどいこと言ってすみません。後であの高校生にも謝っておきます」

美琴「ど、どういう……」

佐天「分かりませんか?今御坂さんが抱いた感情こそが、思いやりなんですよ」

美琴「思いやり……?」

佐天「私があの高校生にひどいことを言って、御坂さんはあの人のために怒った」

佐天「それが、思いやりなんです」

美琴「佐天、さん……」

佐天「逆にさっき高校生が去ってから私が口にしたようなのが陰口。最初に御坂さんが言っていたことです」

佐天「自分のことじゃなくても気分が悪くなりましたよね?なら、自分ならもっと痛いはずです」

美琴「私……あんなひどいこと、してたんだ」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:45:52.55 ID:snt1IFoJ0

佐天「分かってくれたならいいんです。もう言わないって、約束してもらえますか?」

美琴「うん、約束する。私……もう人を傷つけるようなこと、言いたくない」

初春「御坂さん……」

佐天「よかった。じゃあ御坂さん、私をぶっ叩いてください」

美琴「えっ?」

佐天「御坂さんにひどいこと言ったじゃないですか。それは痛みを分かってもらおうと思って言ったんですけど……正直、私や初春のことを言われて怒っていた部分もあります」

佐天「それは私が言った悪口ですから、御坂さんが成敗してくださいっ」

美琴「そんな……できないわよ。私だって、佐天さんや初春さんにたくさんひどいこと言っちゃった」

美琴「それに、黒子も……ごめんね」

黒子「いいんですの。事の発端は私がお姉さまの下着を夜中盗んでいたからでしょうし……」

初春「……」



114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:52:27.46 ID:snt1IFoJ0

佐天「それじゃっ、気分変えて遊びに行きますか!」

初春「ええ、そうですね!あ、私駅前のクレープ食べたいです!」

黒子「もう、また食べ歩きですの?」

美琴「はは……あははっ!」

佐天「ほら、笑ってないで行きますよ、御坂さん!」

美琴「うん、佐天さんっ!」

初春「あ、財布家に忘れてきちゃいました!」

黒子「もう、ほんとドジですの……」

美琴「ありがとう。みんな――本当に、ありがとう」

佐天「え、何か言いました?美琴さん」

美琴「いや……ってみこと?え?」

佐天「ほら、早くしないと置いてきますよー!」

美琴「ちょっ、待ってよ――涙子さんっ!!」


~Fin~


元スレ
美琴「白井ってウザいよね~www」初春「」佐天「」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343998090/