SS速報VIP:堀裕子「透視するさいきっくですか」【モバマス】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525604405/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:00:07.96 ID:afWGgdYo0

初投稿です
一部キャラが崩壊してます
新田美波の弟が出てきます

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1525604405




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:03:04.96 ID:afWGgdYo0

裕子「さいきっくパワーの高まりを感じる……」

裕子「ドアに向かって、ムムムーン、ほいやー!」

杏「おはよー」ガチャ

杏「あばばばばばばばば!!!」

裕子「杏ちゃん!?」

杏「」プシュー

裕子「だ、大丈夫ですか?」

杏「な、なんとか……杏何されたの?」

裕子「ドアにむかって、こうムムムーンとさいきっくパワーを放出したらちょうど杏ちゃんがやってきたんですよ」

杏「さ、サイキックパワーか……ちなみに杏はどんなサイキック浴びせられたの?」

裕子「わかりません!」

杏「えっ」

裕子「わかりません!」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:13:09.04 ID:afWGgdYo0

杏「そうか……あれ? なんか変な力が湧いてくるんだけど」

裕子「!? 杏ちゃん、それはさいきっくパワーですよ!」

杏「は?」

裕子「ユッコの力によって杏ちゃんがサイキッカーとして覚醒したんですよ! ドアに向かってその力を解放してみてください!」

杏「おぉ……むむむーん」ピー

ドアの向こう側の廊下にいる美波が映る

杏「!?」

裕子「こ、これは……」

美波「おはようございます」ガチャ

杏・裕子「透視能力だーーーー!!!」

美波「???」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:25:48.31 ID:afWGgdYo0

美波「なるほど、つまりユッコちゃんのサイキックによって杏ちゃんが透視能力に目覚めた訳ね」

杏「そうそう。こんなふうに杏の手から光が出て当たったところが透けるの」ピー

美波「でも私が廊下にいるときはドアが透けてみえなかったよ」

杏「ということはこっちが透視しても相手には気づかれないのか、これは悪用できそう」

裕子「ダメですよ杏ちゃん! 超能力はシシリーニューヨークのために使うものではないんですから!」

美波「ユッコちゃん、もしかして私利私欲って言いたいのかな?」

裕子「そうですそれ! さすが美波さん!」

杏「ユッコはまじめだなー」ピー

美波「ちょっ杏ちゃん!」

杏「ほうほう美波ちゃんの今日の下着は水色ですか」

裕子「えっちですね!」

美波「えっちょっやめ」

杏「ほらユッコ、写真撮って。永久保存版だよ」

裕子「いえす、さー。さいきっく念写!」パシャパシャ

美波「おい双葉、堀」

杏・裕子「」ビクッ

美波「座れ」

杏・裕子「はい……」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:34:22.80 ID:afWGgdYo0

美波「なあ堀、あんたさっき言うたやろ。超能力は私利私欲のために使うもんじゃないって。それともなにか? ほんまにシシリーニューヨークのために使うんか?」

裕子「ちがいます……」

杏(なぜに関西弁……美波ちゃん広島でしょ)

美波「双葉」

杏「は、はい」

美波「お前なに人の服透かしとんねん。セクハラやぞ」

杏「すんません……やっぱ透視といったら服かなって……」

美波「まあ今回は魔が差したっちゅう訳で許したるわ」

杏・裕子「ありがとうございます」

美波「そのかわりにってわけじゃないんだけど2人ともお願い聞いてくれるかな?」

杏「急にキャラもどすね……この後予定もないしいいけど」

裕子「美波さんの頼みならなんでも!」

美波「ふふ、ありがとう。じゃあ私の家に来てくれる?」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:45:34.86 ID:afWGgdYo0

~美波家~

杏・裕子「おじゃましまーす」

美波「いらっしゃい、私の部屋に招待するね」

裕子「ここが美波さんの部屋ですか~、とても整理されててすっきりしてますね!」

杏「ユッコの部屋は汚そうだよね」

裕子「杏ちゃんにだけは言われたくありませんよ! 汚いですけど!」

美波「汚いんだ……」

杏「それで美波ちゃんのお願いってなに?」

美波「それは……」

美波「隣の弟の部屋を透視して欲しいの!」

杏・裕子「は?」

美波「隣の弟の部屋を透視して欲しいの!」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 20:57:11.37 ID:afWGgdYo0

杏「2回言わなくていいよ! え、なに? 弟の部屋?」

美波「うん」

裕子「り、理由を聞いてもいいですか?」

美波「うん、うちの弟はね。高校生でスポーツ万能で成績優秀でとにかくすごいの。昔は本当私にべったりで転んだときはお姉ちゃんっていって泣きついてきたり
将来はお姉ちゃんと結婚するって言ったりしてたの。あと私が部屋で勉強してたときに夜食を差し入れてくれたりするの。なんでも私を応援したいからってママに料理を
教わったらしいの私嬉しくて思わず頭なでちゃってそしたら顔真っ赤にして猛ダッシュで逃げられちゃってもうかわいいったらなんの。私がアイドルになったことを
学校で自慢してるらしくて恥ずかしいけどうれしいというかCDも買ってくれるしLIVEも見に来てくれるし感想もいってくれるしもうこいつかわいすぎるでしょっていうか
かわいすぎて私がつらいっていうか……」

杏「美波ちゃんストップストップ!」

美波「もう、まだ全然話したりないのに……」

裕子「美波さんは弟さんのことが大好きなんですね!」

杏「大好きの域を超えてるよ……それで短くまとめると?」

美波「弟が思春期なのか私と全然話さないで部屋に引きこもるから何してるか覗いてやりたい」

杏「これはひどい」

裕子「思いっきり私利私欲じゃないですか!」

美波「だ、だって気になるんだもん!」

杏「まあ杏も美波ちゃんの下着盗撮しちゃったしやるけど……」

裕子「もちろんデータは消しましたよ!」

美波「ありがとう2人とも、じゃあお願いね」

杏「はいはい、むむむーん!」ピー



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 21:15:08.91 ID:afWGgdYo0

弟の部屋が映る

美波「おお!」

裕子「映りました!」

杏「へー、きれいにまとまってるね。さすが兄弟」

裕子「あ! 壁にラブライカのポスターがありますよ!」

美波「あら本当、それもあんなに。ふふ、嬉しいなあ」

裕子「弟さんも美波さんのことが大好きみたいですね!」

美波「あらやだユッコちゃんたら~///」クネクネ

杏「結構アイドルグッズ持ってるね。ラブライカ以外にも『プロジェクト・クローネ』とか『にゃん・にゃん・にゃん』とか『NEX-US』と……か……」

杏(あれ?これってもしかして……)



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 21:22:55.66 ID:afWGgdYo0

タダイマー

美波「あ、弟が帰ってきたわ」

裕子「すごい嬉しそう」

杏「部屋に入ったね」

弟『ふー疲れた~』

裕子「しかし本当に向こうからは私達のこと見えてないようですね」

美波「なんかイケないことしてるみたい」

杏「してるんだよ」

裕子「お、DVDを見るみたいですね」

杏「あれは……ラブライカのライブ?」

美波「も~弟ったら私のことが好きすぎなのね」クネクネ

弟『あ~いいなあ』

美波「あんなに集中しちゃって……今度ファンサービスで投げキッスしちゃお」

弟『かわいいなあ』

裕子「弟さんは思春期で恥ずかしいだけで美波さんのこと嫌いになったわけではないんですよ!」

美波「そうみたいね。相変わらず姉にべったりなんだから」

弟『アーニャちゃんまじ天使』



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 21:34:02.02 ID:afWGgdYo0

美波「……」

裕子「……」

杏(やっぱり……)

弟『かわいすぎでしょ。これでおなじ15歳なんだよな。やばいよ天使かよ』

杏「語彙力が低下してるね」

美波「」

裕子「弟さんは美波さんじゃなくてアーニャちゃんのことが好きだったんですか!」

美波「」

杏「まあアーニャちゃんは本当に15歳に見えないくらいの美人さんだからね。美波ちゃんもぼーっとしてないで元気だしなよ」

美波「」スクッ

裕子「美波さん? 急に立ち上がってどうしたんですか?」

美波「」ガチャ

杏「出て行っちゃった……」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 21:41:58.44 ID:afWGgdYo0

バーン!!

杏・裕子「!?」

弟『ね、姉ちゃん!? 鍵かかってたはずなのに!』

美波『蹴破ったわ』

弟『蹴破んなよ! 入ってくんなよ!』

美波『アーニャちゃんは確かに天使よね』

弟『!? まさか聞こえてたのか!』

美波『女神の良さも教えてあげるわ』

弟『意味わかんねえよ! や、やめ、ヤメロー!!』

杏・裕子「……」

杏「ユッコ」

裕子「はい」

杏「帰ろうか」

裕子「はい」

杏・裕子「お邪魔しましたー」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 21:49:45.23 ID:afWGgdYo0

~事務所~

裕子「なんてことがあったんですよ~」

アーニャ「アー、ミナミの弟はアーニャのファンですか?」

杏「そうみたいだね、貼ってあるポスターは全部アーニャがいたよ」

アーニャ「それは、うれしいです」

アーニャ「ところで、私のпожалуйста、おねがい、きいてもらえますか?」

杏「お、いいよ~。そのかわり今度杏の仕事の代役頼むよ」

アーニャ「ダー」

裕子「それでそのお願いって何ですか?」

アーニャ「ミナミの下着がみたいです」

杏・裕子「は?」

アーニャ「ミナミの下着がみたいです」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 21:57:23.55 ID:afWGgdYo0

杏「2回言わなくていいよ!」

裕子「なんか見たことある流れですね!」

アーニャ「最近ミナミとの仕事減りました。 アーニャ悲しいです。 ミナミの下着姿、もう一度みたいです」

杏「意味わかんないよ! アーニャちゃんには悪いけど一回美波ちゃんの下着透視してこっぴどく怒られたから無理」

アーニャ「大丈夫です、絶対に成功するстратегия、作戦あります」

杏「フラグにしか聞こえない」

アーニャ「飴もありますから」

杏「うーん……じゃあやってみようかな……」

裕子「杏ちゃんチョロすぎませんか?」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 22:09:55.47 ID:afWGgdYo0

アーニャ「作戦は、こうです」

アーニャ「アーニャとミナミが、更衣室で着がえます」

アーニャ「杏は外から透視します」

アーニャ「それをユッコが撮影します」

杏「思ったより単純だった」

裕子「でもこれなら成功しそうですね!」

杏「というか一緒に着替えてるならアーニャ美波ちゃんの下着見れるじゃん」

アーニャ「アー、盗撮なんで、はいとくかん、あります」

杏「誰だよ、アーニャに変なこと教えたの!」

アーニャ「ミナミです」

杏「よし、罪悪感なくなった。下着盗撮するぞ!決行は今日の午後だ。裕子、アーニャ!」

裕子「おー!」

アーニャ「ダー!」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 22:33:13.42 ID:afWGgdYo0

~午後~

裕子「というわけで更衣室前にやってきました。中で美波さんとアーニャちゃんが着替えてます!」

杏「よし、むむむーん」ピー

アーニャ『今日は久しぶりにミナミと一緒のレッスンでしたね』

美波『そうね、アーニャちゃん元気にしてた?』

アーニャ『ダー』ヌギヌギ

美波『それはよかった』ヌギヌギ

アーニャ『そういえば、ミナミの弟がアーニャのファンだと聞きました』

美波『え、う、うん。そうみたい』

アーニャ『うれしいです。今度ミナミの家に行って会ってみたいです?』

美波『え、そ、それは……』

美波(生のアーニャちゃんと接したらますます弟がアーニャちゃんラブになっちゃう!)

アーニャ『ダメですか?』ウルウル

美波『う……もちろんいいわよ!』



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 22:40:02.85 ID:afWGgdYo0

杏「アーニャちゃん涙目で上目遣いはずるいよ……」

裕子「美波さんたじたじですね!」

杏「そういえば前から思ったんだけど」

裕子「なんですか?」

杏「透視するときユッコ別にいらなくない?」

裕子「」

杏「いや透視って杏がするじゃん。んでユッコは横で眺めてるだけで、今回もばれたら美波ちゃんにお仕置きされるのにわざわざいる必要あるかなって」

裕子「いやいりますよ! 杏ちゃんの透視能力が暴走しないのは隣でユッコがさいきっくパワーで抑えているからで……」

杏「いや杏家で1人でいるときも結構透視能力使ってるけど、暴走したことないし」

裕子「」

杏「あっでも今回はカメラマンとしての役割あるか。いやでも透視って片手でもできるからスマホ片手に録画できるし……」

裕子「私いらない……透視は杏ちゃんの能力でユッコの力じゃない……いらない子……ふぇぇ」ウルッ

杏「あ、やべ」

裕子「うわああああああん!!」ビエーン




19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 22:53:57.79 ID:afWGgdYo0


杏「ああああ、ユッコ泣かないで! ゴメン言い過ぎた、ユッコのおかげで杏が透視能力使えるようになったんだからこれはユッコの力だよ! まあユッコ自身は使えないみたいだけど」

裕子「びえええええええええん!!!」ワンワン

杏「なにいってんだ杏うううう! あれ、透視能力が切れてる!」

アーニャ「どうしたんですか?」

美波「ユッコちゃん泣いてるじゃない! 杏ちゃんなにがあったの?」

杏「いや更衣室を透視してるときユッコいる必要あるかなっていったら泣いちゃって……」

アーニャ「ユッコ……泣き止んでください。ユッコはこの作戦にнужно、必要ですから」

裕子「アーニャちゃん……」グスッ

美波「更衣室を……透視?」

杏「あ、やべ」

美波「杏ちゃん、こういうことしないでって言ったわよね」

杏「そ、そういえばユッコが泣いたら透視能力が使えなくなっちゃったんだ」ムムムーン

美波「へー、そうなんだ」

杏「……」

美波「……」

杏「逃げるが勝ち!」ダッシュ

美波「待てこら!」

杏「超能力なんてもうこりごりだ~!」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/06(日) 22:54:45.54 ID:afWGgdYo0

終わりです、ありがとうございました


元スレ
SS速報VIP:堀裕子「透視するさいきっくですか」【モバマス】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525604405/