1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:28:34 ID:7sQ2Rmd2

モバP「明日は俺休みですよ~」

ちひろ「仕事持ち帰らなくていいですから、今晩からゆっくり休んでください」

モバP「美優さんでも誘って飲み明かしましょうかね」

ちひろ「うわぁ、羨ましいです!飲むなら私も誘ってくださいよ!」

凛「プロデューサー、奇遇だね。私も明日休みなんだけど」

モバP「お~、凛もゆっくり休めよ。普段忙しいんだからな」

凛「……そうじゃなくて…私も休みだからさ」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:29:28 ID:7sQ2Rmd2

モバP「うん?どこか連れてけってことか?」

凛「今日飲み会するんだよね?」

モバP「まだ誘ってないけどな」ハハッ

凛「プロデューサー、私と飲まない?」ギュッ

モバP「はぁ!?」

凛「年長組ばっかズルいよ。私、お酌するからさ」

モバP「いやいや待てよ、お前未成年だろ!美優さんたちは大人だし、何かあっても自己責任なの」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:30:10 ID:7sQ2Rmd2

凛「何かあってもって、何かあるの?」

モバP「ないって。酔い潰れたら隣で寝てたり…そんなのはたまにあるけどさ」

ちひろ「あ~、ありますね。朝起きたらプロデューサーさんの腕を枕にしてて焦りましたよ。酔った勢いで関係持ったかと」

モバP「盛り上がるとそれが怖いんですよね」

凛「……私はソフトドリンクでいいから」

モバP「珍しいな、凛がそこまで食いつくなんて」

凛(いつ寝取られるかわからないからね……)



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:30:50 ID:7sQ2Rmd2

凛「一緒にお酒飲めるグループとは仲良くできて、飲めない私とはできないのかな?」

モバP「いや、だってさ。未成年と飲み会とか社会人としてどうよ?」

凛「人は人、プロデューサーはプロデューサー、だよ」

モバP「それ絶対間違ってるぞ」

ちひろ「たまにはいいじゃないですか。片方素面なら間違いも起きないでしょうし」

モバP「うーん」

ちひろ「寮側には仕事関連の外泊って伝えときますから」



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:31:43 ID:7sQ2Rmd2

凛「一度でいいからさ。プロデューサーと一緒に飲みたいんだ」

モバP「いや飲めないだろ」

凛「気分を味わいたいの」

モバP「まあ……凛がここまで粘るのも珍しいし……いいか」

ちひろ「よかったわね、凛ちゃん」

凛「ありがとう、ちひろ」

モバP「他の奴に言うなよ?未成年連れ込むとか社会的に死ぬわ」

凛「……言わないよ」

凛(邪魔はさせない)



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:34:04 ID:7sQ2Rmd2



モバP「俺の部屋でいいか?」

凛「いいよ」

モバP「変装は完璧だな。このマンションだ」

凛「大きいね」

モバP「有名プロダクションのプロデューサーが、おかしな所に住むわけにはいかないからさ」ハハッ

凛「成人アイドルを連れ込むんだね」

モバP「人聞きの悪いこと言うな」

凛「……最上階なんだ」

モバP「人がゴミのようだ!とかやらないからな?」

凛「私、プロデューサーのプライベートなんて何も知らないんだね……」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:34:45 ID:7sQ2Rmd2

モバP「つまみは一通り用意したな。あとは冷奴と納豆と胡瓜の漬物と……」

凛「こんなに食べれないよ」

モバP「いいんだって。飲んで愚痴って絡まれて潰れるまでが俺たちの飲み会なの。明日が休みだからできる贅沢」

凛「身体壊すよ?」

モバP「なら凛に体調管理は任せるぜ」

凛「いいの?」

モバP「ああ」

凛「なら任せて」

モバP「まずはビールだな!」

凛「はい」

モバP「おっ!サンキュサンキュ」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:35:53 ID:7sQ2Rmd2

モバP「ではこちらもぉ~ノンアルコールビール!」

凛「ありがと」

モバP「それではぁ!未成年と二人っきりで飲むダメ男の俺に、乾杯!」

凛「プロデューサーはダメ男じゃないよ」

モバP「そこは乾杯!だって凛!」

凛「あ、ごめん」

モバP「くぁぁぁっ!ンマァイ!」

凛「う…まず……」

モバP「無理すんな。ほら、マンゴージュースだ」

凛「冷蔵庫からマンゴージュースが出てくるって凄いよね」

モバP「さっぱりすんだよ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:36:39 ID:7sQ2Rmd2

凛「今のプロデューサーいつもと別人みたい」

モバP「プライベートだからな」

凛「そっか。今私たちプライベートの付き合いしてるんだね。そっかそっか」

モバP「なんか嬉しそうだな」

凛「そうでもないって。あ、コップ空だよ」

モバP「お次は焼酎っと」

凛「え?ビールは?」

モバP「俺は最初の一杯しか飲まんからな。もっぱら焼酎とウイスキーばかりだよ」

凛「おっさん臭いね」

モバP「そうか?美優さんも留美さんも大体同じだぞ」

凛「へぇ、そうなんだ」グビグビ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:37:35 ID:7sQ2Rmd2

モバP「そういえば楓さんが持ってきたジャッ〇ダニエルがあったな」

凛(プロデューサーが一人で盛り上がってる)

モバP「これはグイグイいけますね」

凛「プロデューサーは恋人とかいる?」

モバP「いたら女の子連れ込んで酒なんか飲まねえって」

凛「まあ…そうだね」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:40:25 ID:7sQ2Rmd2

モバP「ほら、こっちこいよ」

凛「えっ?」

モバP「……凛はいい匂いがする」

凛「プロデューサー?」

モバP「ちょっと抱き着かせろ。やっぱ若いから抱き心地いいなぁ」

凛「くすぐったいって……プロデューサーこれセクハラだよ?」

モバP「アイドルを片手に抱きながら一杯。最高ですわ」

凛「胸触ってる」

モバ「嫌か?」

凛「…別に」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:41:10 ID:7sQ2Rmd2

モバP「酒は美味いし、女の子も可愛いし。いつ死んでもいいぜ」

凛「……んっ……」

モバP「凛は、俺に、お持ち帰りされたんだよ」

凛「そんな……」

モバP「俺は草食系男子じゃないからさ。アイドルでも食えるチャンスがあるなら食いますよ?」

凛(まゆ、悪いね。先に女になるよ。ふふっ)

モバP「凛も俺の女に加えてやるからな」

モバP(そう、ちひろさんは既に俺の肉便器。凛を食うための自然な流れを作り出す手助けをさせていたのさ)

モバP(美優たちとの乱パの噂を凛だけの耳に入れ、それを信じない凛は必ず俺を試そうとするだろう)



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:41:56 ID:7sQ2Rmd2

凛(と、プロデューサーは考えているかもしれないが、それは罠だ。プロデューサーが私を食いたいと洩らしていたことを私は耳に入れていた。ちひろは私の味方なのだ)

凛(全てはプロデューサーを寝取るため。セックス自慢していたあの女たちへの報復だ)

モバP(俺の肉便器についに未成年が加わる。仕事中はとても真面目なプロデューサー。だがしかし!プライベートの俺は乾杯戦士アフターP!女を食うためならどんな苦難をも乗り越える勇者!)

凛(プロデューサーは私の若い身体の虜になるの。私無しでは生きられない身体に)

モバP(くっ!俺の聖剣が疼く)

モバP(凛を貫けと轟き叫ぶっ!)



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:42:32 ID:7sQ2Rmd2

凛(これでプロデューサーは私のもの)


モバP?(これで凛は俺のもの)



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:44:53 ID:7sQ2Rmd2

凛「…………あれ?」

モバP「あ、起きたか。悪いな。凛さっき間違えて酒飲んじゃったんだよ」

凛「え?いつ…?」

モバP「焼酎飲んでたときかな」

凛「乱パは?肉便器は!?」

モバP「ブフゥゥ!」

凛「…汚い」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:45:30 ID:7sQ2Rmd2

モバP「おま…なんてこと口にしてんだ!」

凛「ちひろを肉便器にして私とセックスしようとしたんじゃ?」

モバP「すまん、意味わからん」


凛(意味がわからない。どうしてこうなった)



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:55:53 ID:7sQ2Rmd2

モバP「大丈夫か?お前がお茶だと思って一気飲みしたのはウイスキーだぞ?」

凛「あ~なんかフラフラするよ」

モバP「まったく……。普段はクールで大人びてるくせに、こういうときドジなんだもんなぁ」

凛「うるひゃい」

モバP「ベッド貸してやるからもう休め」

凛「よし!セックスするよ!」

モバP「なんでだよ!」

凛「してくれないとぉ!ちひろたちと乱交パーチーしてゆって未央に言ってやるんだから」

モバP「謂われなき風評被害!待て!俺は無実だ!」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:56:35 ID:7sQ2Rmd2

凛「プロデューサーは私を抱けないって言うの……?私魅力ないかな」グスッ

モバP「なんて面倒くせぇ酔い方だ」

凛「ねぇ、セックス!セックスしよ?ね?」

モバP「録画してあとで凛に見せたら発狂しそうだな」●REC

凛「セックスしてぇ……プロデューサーのおちんちんほしいのぉ……」

モバP「末恐ろしいやつだ」

凛「なんでもするからぁ……私プロデューサーのペットになる……肉便器でもいい……」

モバP「お前、成人迎えても金輪際アルコール禁止な」

凛「プロデューサーとセックスしたい」

モバP(一晩これに耐えろと言うのか……神よ……)



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:57:14 ID:7sQ2Rmd2

モバP「ほら、凛!口直しだぞぉ」

凛「ありがと!」グビグビ

モバP(もう強い酒飲ませて意識飛ばしちゃおう)

凛「……ぅう……おげぇぇぇ」

モバP「ぎゃあああああああああ」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 10:58:08 ID:7sQ2Rmd2

翌日

凛「……頭痛い……大人はこれを毎回味わってるのね……」

モバP「いや、むしろお前ほど強烈なのは少数派だと思う」

凛「そっか……これで私もプロデューサーの飲み友達だね……」

モバP「あ……ああ……そうだな……」

モバP「ほら、凛は……的衝動が強いみたいだからその…な?不満というか、アレだよ」

凛「?」

モバP「現状で満足できないようならさ……一人でその……な?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:00:27 ID:7sQ2Rmd2

凛「何?」

モバP「一人でするのも気分転換になるんじゃないかな~みたいな」

凛「何が?」

モバP「凛の強すぎる性欲だよ」

凛「!?」

モバP「あれだけ激しく求められるのは嬉しいよそりゃあな?でも凛のはちょっと……」

凛「ちょっと待ってプロデューサー。性欲って何の話?」

モバP「覚えてないならいい。忘れよう」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:00:59 ID:7sQ2Rmd2

凛「言って」

モバP「昨日の録画みたい?たぶん死にたくなるよ?」

凛「見る」

凛『セックスしてぇ……プロデューサーのおちんちんほしいのぉ……』

凛『なんでもするからぁ……私プロデューサーのペットになる……肉便器でもいい……』

凛『プロデューサーとセックスしたい』

凛「」

モバP「……欲求不満で悩みがあったら相談しろよ?最近疲れてるみたいだし」


凛(どんな私を見せても心配してくれるプロデューサーの愛が重い)



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:03:20 ID:7sQ2Rmd2

それから数日後


凛「プロデューサー、私妊娠したみたい」

モバP「はあ!?相手は!?」

凛「おかしいよね。だって私、まだ処女だし……」

モバP「どういうことだ?」

凛「毎晩プロデューサーとさ、その…シてるとこ想像して一人でオナニーしてたんだ」

凛「そしたら昨日……急にお腹がふくらんできてさ……妊娠検査薬使ったら反応が……」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:04:05 ID:7sQ2Rmd2

モバP「ちょっと待て!わけわからんぞ?え?なに?自慰してたら妊娠したってことか!?」

凛「うん。これはもう愛だと思うんだ」

モバP「一日でこの腹のふくらみ方とか絶対何かの病気だろ……」

凛「とりあえず朝一で産婦人科行ったらデキてるって。10ヶ月目って言われた」

モバP「おかしいだろ!昨日まで普通だったじゃないか!」

凛「愛だと思う」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:04:46 ID:7sQ2Rmd2

モバP「父親は誰なんだ?」

凛「は?プロデューサーに決まってんじゃん」


渋谷凛の処女懐妊は話題となり、同時に、後世まで語られる新たな歴史の始まりでもあった。

その後、事務所のアイドルたちが次々と妊娠。

世界を恐怖が支配していった。



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:05:21 ID:7sQ2Rmd2





生まれてきたベイビーたちの名は……



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:06:01 ID:7sQ2Rmd2

まゆ2「Pさん、母体の代わりに娘の私が必ずトップアイドルになってみせますねぇ?」

まゆ34「頑張りましょう!100人の私」


まゆ87「うふふふふ」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:08:09 ID:7sQ2Rmd2

三ヶ月後


凛「彼氏ができた」

モバP(……っ!)

卯月「え?だって凛ちゃん私たち、その…恋愛禁止…だよ?」

加蓮「アイドルだって人間だもんね。始まっちゃった恋は止められないよ」

凛「……うん、自分に嘘はつけないからさ。こんなこと誰にも言えないけどね。卯月たちには言っておきたかったんだ」

卯月「凛ちゃん……。私、応援するよ!」

凛「ありがとう、卯月」

加蓮「私は最初から応援してるって」

凛「知ってる」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:08:49 ID:7sQ2Rmd2

卯月「相手はどんな人なのかな?」

凛「歳上だね。普段は優しいんだけどさ、ここぞって時はキメるカッコイイ人だよ」

加蓮「ん?(……まさかね)」

卯月「へぇ~。凛ちゃんがそこまで褒める男の人って、私も会ってみたいなぁ」

凛「卯月たちにもいつか紹介できたらって思う」

卯月「楽しみだよ」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:09:37 ID:7sQ2Rmd2

加蓮「名前は?出会ったのはいつ?なにしてる人?学生?初デートの感想は?キスはもう済ませた?」

凛「加蓮落ち着きなって……質問多すぎ。名前はまだ言えないよ。出会いは秘密、芸能関係の人としか。初デートは…………一日中エッチしてた」


卯月「エ…エッ……///」

加蓮「はぁ?それ凛の身体目当てじゃないの?」

凛「違うって。お互いちゃんと好き合ってるから問題ないよ」

加蓮「ほんとに?騙されてない?」

凛「絶対。あの人を信じられなくなるくらいなら…私アイドル辞めるよ」

卯月「本当に好きなんだね」

凛「うん。愛してるの。あの人以外あり得ない」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:10:23 ID:7sQ2Rmd2

モバP(とんでもない話を盗み聞きしてしまった……。凛……)

卯月「あっ、プロデューサーさん」

モバP(見つかった!)

モバP「よぉ、何話してたんだ?」

凛(聞かれた///)

加蓮(凛に彼氏なんて言っちゃまずいよね)

卯月(凛ちゃんの秘めた恋は隠さないと)

モバP「まさか彼氏でもできたとか?」

加蓮「!?」

卯月「!?」

凛「…………」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:11:14 ID:7sQ2Rmd2

モバP「そんなわけないか。ははっ、冗談だって!なぁ、凛?」

凛「そ…う…だね」

モバP「お前たち、未成年なんだから問題は起こすなよ?」

加蓮「わかってるって」

卯月「はい!」

凛「……うん」

モバP「じゃあ、今日もお仕事頑張ろう!」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:14:19 ID:7sQ2Rmd2

その夜

凛「……はぁ…だめっ……」

彼氏「お前は誰のものだ?」パンパン

凛「ご…主人様の……肉便器…です…!」

彼氏「そうだよ。お前は俺専用の穴だ。忘れるな」パンパン

凛「は…い……」

彼氏「最高だよ、お前は……ぅっ…」パンパン

凛「…んっ……あっ……」

彼氏「なあ?今朝のことだけどさ」パンパン

凛「ごめん…なさい……」

彼氏「未成年とヤってるのバレたら俺も終わりなんだって」パンパン

凛「軽率でした……ぁん!」

彼氏「いやいや、凛は俺にいつでも股を開いてくれる最高の便器だよ?」パンパン

凛「嬉しい…です…」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:15:06 ID:7sQ2Rmd2

彼氏「俺たちの関係はこれからも口外無用だ。わかったな?」パンパン

凛「はい」

彼氏「気絶するまでイカせてやるからな。お前はもう、俺のチンポなしじゃ生きられないってことわからせないと」パンパン

凛「はぁん!チンポしゅき!もっとぉ!もっとほしいのぉ!」

彼氏「それとさ……」

モバP「俺も愛してる」

凛「あ///」

モバP「たとえ凛が、俺に肉便器呼ばわりされて感じる変態でもな」パンパン

凛「嬉しい……」

モバP「お前は俺の世界一大切な肉便器だよ」パンパン

凛「うん!」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:16:02 ID:7sQ2Rmd2

凛「っていう夢を見たんだけど」

モバP「凛は俺に肉便器呼ばわりされて嬉しいか?」パンパン

凛「嬉しいよ。ぁぁ……いいこれ……最高のチンポだね。プロデューサー専用オマンコにチンポがズボズボ刺さってるよ?」

モバP「ヤりすぎだろ俺たち」パンパン

凛「このオマンコはプロデューサーが駐車する車庫なんだからさ。ずっと居てくれないと」

モバP「そろそろ発車します。エンジン始動」パンパン

凛「待って!まだダメっ!んっ!あっ!あっ!くぅぅぅ……」

モバP「出社しま~す」ドピュ

凛「っ~~!」

モバP「やっぱりあと5回くらい駐車してから事務所イクわ」パンパン



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:17:17 ID:7sQ2Rmd2

凛「うん!うん!朝までオチンポ回送車…んんっ…は…っしゃあああ」プシャアア

モバP「ブルン!ブルン!ブルルル!」パンパン

凛「信号は赤ぁぁ……」ビクンビクン

モバP「レッツ!ぅっ…貢献!」ビュルルル


モバP「今日も俺の股間のタクシーは盛況だ」

凛「セックスさいこ……ハァハァ……」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:18:12 ID:7sQ2Rmd2

モバP「一つだけ俺には悩みがある」



モバP「彼女が変態で困っています」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 11:19:22 ID:7sQ2Rmd2

凛「さて、今日の日記はこれでいいね」パタン


凛「最近プロデューサーの愛が重くて大変」

ここで質問です

あなたの彼氏
実在しますか?

モバP「……最近誰かの視線を感じる。……凛、仕事行くぞ」

凛「わかった。ふふっ…プロデューサー、ネクタイ曲がってる」

モバP「おっ、いつもサンキュー」

凛「いいよ、このくらい」ニタァ


おしまい



42: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/03(木) 17:00:43 ID:Tzpowsjw

凛「プロデューサーの愛が重い」×

P「凛の変態&愛が重い」○

だな…乙


元スレ
SS深夜VIP:凛「プロデューサーの愛が重い」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1404350914/