SS速報VIP:律子「事務所にまた幽霊が出たぁ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405145189/



1: いおりんのおでこをペチペチしたい 2014/07/12(土) 15:06:29.23 ID:9JKWDsn80

前作
律子「事務所に幽霊が出たぁ!?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1405145189




2: お姫ちんのお尻もペチペチしたい 2014/07/12(土) 15:07:25.70 ID:9JKWDsn80

律子「そんな……とうとうあなた達まで……」

真「何言ってるんだよ律子」

あずさ「どうしたんですか?律子さん」

亜美「どっか悪いの?」

真美「大丈夫?」

律子「はぁ……で、あなた達は何をしたの?」

真「いや、ボク達がどうとかじゃなくて……」

あずさ「そうですよぉー、このままだと……」

亜美「りっちゃんがヤバイんだYO!」

律子「……は?私が?」



3: ひびきんのつむじやうなじをクンカクンカしたい 2014/07/12(土) 15:17:17.89 ID:9JKWDsn80

律子「……どういう事?」

真「ボク達、それぞれ違う日に事務所で幽霊を見てるんだけど」

あずさ「その幽霊が全部」

真美「りっちゃんの机の近くにいたんだYO!」

律子「……わかったわ、詳しく聞かせてもらえる?」

真「じゃあ、ボクから話すね」



4: 名前で遊ぶのちょっと面白いね 2014/07/12(土) 15:22:05.42 ID:9JKWDsn80

真「ボクは4日前に、深夜の事務所に一人で、雪歩のスコップを使って自分の穴を掘りに行ったんだけど――」

律子「ストップ」

真「え?」

律子「ストップ」



5: 鬱陶しかったら止めますすみません 2014/07/12(土) 15:29:51.05 ID:9JKWDsn80

真「どうしたんだよ?律子」

律子「……自分の穴を掘るって、何?」

真「え?いや、今はボクの事はどうでも良くて、律子の――」

律子「いいから」

真「まぁ、良いけどさ……そんなのそのままの意味だよ?」

律子「それは雪歩みたいに、自分が入るための穴を掘るって事で良いのよね?」

真「違うよ!勿論、ボクのアソコを雪歩のスコップでズポズポと――」

律子「ストップ!」

真「え?」

律子「……やっぱり、もういいわ」



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 15:40:01.48 ID:9JKWDsn80

真「なんなんだよ……まぁ良いや、続き話すね」

律子「……えぇ、お願い」

真「それで、事務所で自分の穴を掘ろうと思って行ったんだけど……」

真「それで事務所に入ろうとしたら、奧の方から『律子おぉ……律子おぉ……』って声が聞こえてきたんだ」

真「こんな時間に誰か居るのかと思って、中をそっと覗いてみたら――」

真「律子の机に置いてある予備のヘアゴムで、腰から生えた爪楊枝みたいな物を縛って必死にしごいてる、頭がPの形をした男の幽霊が――」

律子「ひいいいぃぃぃぃ!?」ブチィッ!!!バサッ



7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 15:49:23.32 ID:9JKWDsn80

真「うわっ!?急にヘアゴム引きちぎってどうしたんだよ、律子!!」

あずさ「あらあらー、髪をおろしたのも素敵ですねー律子さん」

律子「はぁはぁ……な、何でもないわ」ゼェゼェ

亜美「でも、顔色悪いっぽいよ?」

真美「まさか、幽霊のしわざ……!?」

律子「大丈夫!大丈夫だから!次は誰が見たのかしらっ?」

あずさ「私ですー」

律子「じゃぁ、話したもらえますか?」

あずさ「はーい」



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 15:55:33.64 ID:9JKWDsn80

あずさ「私は3日前、どうしても寂しくなってしまいまして……」

あずさ「律子さんの机に置いてある、予備のメガネを使って自分を慰めようと思って、事務所に行ったんですけど――」

律子「待って下さい」

あずさ「あら?」

律子「待って下さい」



9: 酉どうしようか悩み中 2014/07/12(土) 16:18:52.65 ID:9JKWDsn80

律子「……自分を慰めるって、なんですか?」

あずさ「あの、今は私の事じゃなくて律子さんの――」

律子「いいですから」

あずさ「……そのぉ、それって……話さないと駄目、ですか……?」カアァァ

律子「えっ」

あずさ「うぅー……」ウルッ

律子「……いえ、別に……」

あずさ「そうですかー」ホッ



10: ミキミキの抱き枕になりたい 2014/07/12(土) 16:23:45.75 ID:9JKWDsn80

律子「じゃ、どうして私のメガネを使おうと思ったんですか?」

あずさ「えっ」

律子「えっ」

あずさ「そ、そんな……恥ずかしいこと、言わせないで下さい……」カアァァッ

律子「……わかりました、続きを話して下さい」

あずさ「そうですかー」ホッ

律子「はぁ……」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 16:30:44.46 ID:9JKWDsn80

あずさ「それで、律子さんのメガネで自分を慰めようと事務所に行ったんですけど……」

あずさ「そうしたら奧の方から『律子おぉ……律子おぉ……』って声が聞こえてきたんです」

あずさ「こんな時間に誰か居るのかと思って、中をそっと覗いてみたら――」

あずさ「律子さんの予備のメガネをお尻の穴に出し入れしながら、腰から生えた爪楊枝みたいな物を必死でしごく、頭がPの形をした男の人の幽霊が――」

律子「ぎやああぁぁっっっ!?」グシャァ!!



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 16:37:14.17 ID:9JKWDsn80

亜美「りっちゃん!?急にメガネをへし折ってどうしたの!?」

あずさ「あらあらー、メガネを外したのも素敵ですねー律子さん」

律子「だ、大丈夫よ……大丈夫」ゼェゼェ

真「でも、すごい汗だよ!?」

真美「やっぱり幽霊の……」

律子「本当に平気だから、次の話をきかせてもらえる?」

亜美「次は亜美と」

真美「真美だよ」

律子「二人一緒なのね」



18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 19:05:18.43 ID:9JKWDsn80

亜美「そーだよ」

真美「真美たちね、おととい深夜の事務所で亜美と一緒にお医者さんごっこを――」

律子「待ちなさい」

亜美真美「えっ?」

律子「待ちなさい」



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 19:09:29.33 ID:9JKWDsn80

律子「なんで、深夜の事務所でお医者さんごっこをしようと思ったの?」

亜美「だって家でやると」

真美「パパとママが怒るんだよ」

律子「それは怒られるような事をしてるからでしょ?」

亜美「違うもん!」

真美「真美も亜美も楽しくて好きだから、やってるだけだもん!」

律子「……もう良いわ、それで?」



20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 19:14:59.14 ID:9JKWDsn80

亜美「それでね、事務所に行ったら奧から『律子おぉ……律子おぉ……』って声が聞こえてきたから」

真美「こんな時間に誰か居るのかと思って、中をそっと覗いてみたら」

亜美「りっちゃんのパソコンのキーボードを舐めながら」

真美「腰から生えたエンピツみたいな物を必死でしごく頭がPの形をした男の幽霊が――」

律子「いやぁぁぁぁ!!!」バキィッ!!



23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 20:05:07.13 ID:9JKWDsn80

真美「りっちゃん!?キーボード壊したちゃって、大丈夫なの!?」

あずさ「あらあらー、逞しい律子さんも素敵ですねー」

真「律子、大丈夫!?」

律子「もう嫌……この事務所にまともな人間ははいないの……?」

 ガチャッ バターン!

やよい「律子さーん!!」

律子「ハッ!そうよ、やよい!あなたなら――」

やよい「大変ですー!昨日、深夜の事務所に幽霊が出たんですー!」

律子「」



27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 20:42:17.57 ID:9JKWDsn80

律子「そん、な……やよいまで……」

やよい「昨日、深夜に事務所の休憩室に居たら『律子姉ちゃぁん……律子姉ちゃぁん……』て声が聞こえてきて」

やよい「こんな時間に誰かいるのかと思って覗いてみたら」

やよい「律子さんのイスの匂いをかぎながら、腰から生えた大根みたいなものを手でこする女の子の幽霊がいたんですー!」

律子「」



30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 20:58:01.90 ID:9JKWDsn80

真「女の子の幽霊!?ボク達が見たのと違うじゃないか!」

亜美「でも、やっぱり狙われてるのはりっちゃんだよ!」

真美「ヤバイよ、りっちゃーん!」

律子「そうね、どうしようもないくらいヤバイわね」

あずさ「ところで、昨日やよいちゃんは何で深夜に事務所にいたの?」

やよい「プロデューサーに保健体育の実技を教わってましたー」

律子「…………」

律子「は?」



35: やよいは天使 2014/07/12(土) 21:14:13.31 ID:9JKWDsn80

 ガチャッ バターン!

P「律子ー、大変だ!昨日、深夜に事務所でやよいと夜のマット運動をしていたら」

P「強い獣臭を放つ、壁みたいに薄くて、オデコが妖しく光る、中年ババアの幽霊が、血涙を流しながら恨めしそうに俺を睨んで――」

律子「プロデューサー」

P「ん?どうした律子、なんか目がヤバイぞ……おい待て!なんか怖いぞ!?待て!近付くな!!律子!律子おおおぉぉぉーーーー!!!」



36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 21:21:53.53 ID:9JKWDsn80

――――――――――

善沢「どうしたんだ、高木?急に呼び出したりして……」

高木「……私の事務所は……765プロは……もう駄目かも知れん……」

善沢「……一体どうしたんだ?」

高木「……出たんだ」

善沢「出た?何が?……幽霊でも見たっていうのか?」

高木「幽霊なんかだったら、どれだけ良かったか……」

高木「アレはそんな易しいものじゃない……アレは……」

高木「……鬼だ」





37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 21:38:28.33 ID:9JKWDsn80

善沢「鬼だって!?」

高木「そうだ……私は昨日の深夜、プロデューサーである彼のお気に入りの万年筆を使って」

高木「自分の菊門を開通させようと思い、事務所に入ろうとした所で、とてつもない悲鳴が聞こえてきてな」

高木「何事かと思い、事務所をそっと覗いて見たら……そこに居たんだ」

善沢「…………」

高木「頭がPの形をした何かを、目を覆いたくなるような残虐非道の限り尽くしていたぶる」

高木「頭から、パイナップルのヘタの様な形の無数の角を生やした、見るも恐ろしい姿の鬼が……」

高木「そこに居たんだ……」











終わり



38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/12(土) 21:40:43.98 ID:9JKWDsn80

前回は全員出せなかったから、残りの人を出したくて書いた

やよいは天使

読んでくれた人達、ありがとう


元スレ
SS速報VIP:律子「事務所にまた幽霊が出たぁ!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1405145189/