SS速報VIP:ゼロツー「ダーリン、一緒に寝ようよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526639610/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:33:30.63 ID:b2BjbvAWo

ヒロ「だ、駄目だよゼロツー!」

ゼロツー「えー? どうしてー?」

ヒロ「どうしてって……とにかく、駄目だってば!」

ゼロツー「むう……」ムスッ

ヒロ「お願いだから、言うことを聞いてくれよ、なっ?」

ゼロツー「……せっかく、二人っきりの夜なのに」



ゴロー「違うぞ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526639610




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:36:24.74 ID:b2BjbvAWo

ヒロ「そうだよ! ここは男子の部屋だよ!?」

ゼロツー「ボクはそんなの気にしないもんねー」

ヒロ「ちょっとは気にしてくれよ!」

ゼロツー「ダーリンと一緒に寝たいなぁー」

すりすりっ

ヒロ「ちょ、ちょっと! は、離れてゼロツー!」



ゴロー「そうだ、その通りだ」



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:38:57.50 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「ダーリン、ボクにこうされるの嫌なの?」

ヒロ「い、嫌とかそういう問題じゃ……!」

ゼロツー「だったら良いんじゃない?」

ヒロ「良くないって言ってるの!」

ゼロツー「何が? 理由をハッキリ言ってよ、ダーリン」

ヒロ「そ、それは……!?」



ゴロー「俺に気を遣ってくれ」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:41:36.19 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「ねえ、どうしてなのダーリン?」

ヒロ「そ、それは……ゴローだって居るし……!」

ゼロツー「だから、ボクは気にしないって」


ゴロー「俺は気にする」


ヒロ「ほら! ゴローが嫌がってるじゃないか!」

ゼロツー「だから?」

ヒロ「だ、だから……!?」


ゴロー「ゼロツー、部屋に戻ってくれ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:45:45.20 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「……さっきからうるさいなぁ」

ヒロ「ご、ゴメンよゴロー! 悪気は無いんだ!」


ゴロー「ああ」


ゼロツー「ボクは気にしないんだから、キミも気にしないでよ」

ヒロ「ゼロツー、言ってる事が無茶苦茶だ!」

ゼロツー「良いでしょ? お互い、一切気にしない事にしてさ」

ゼロツー「それとも、ボクとやろうっての?」


ゴロー「……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:48:50.46 ID:b2BjbvAWo

ヒロ「本当にゴメンよ、ゴロー!」

ゼロツー「ねえ、答えを言いなよ」

ヒロ「ゼロツー! いい加減に――」


ゴロー「ああ、その条件なら飲もうじゃないか」


ヒロ・ゼロツー「えっ?」


ゴロー「お互い、何を言おうが、何を聞こうが気にしない」

ゴロー「……これが守れるなら、良いぞ」


ゼロツー「勿論オッケーさ!」

ヒロ「……ご、ゴロー……?」


ゴロー「……」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:52:50.63 ID:b2BjbvAWo

ヒロ「ゴロー……もしかして、怒ってる?」

ゼロツー「ダーリンっ!」

ぎゅっ!

ヒロ「うわっ!? ぜ、ゼロツー!?」

ゼロツー「これで、朝まで一緒に居られるね!」ニコニコ

ヒロ「う……うん」

ゼロツー「あっ、チラッと見る位なら、ボクは気にしないよ?」ニンマリ

ヒロ「こら、ゼロツー! 変に煽るなって!」

ゼロツー「はーい」



ゴロー「……」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 19:57:50.09 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「……んふふ」ニンマリ

ゼロツー「ダーァリンッ♪」

ぎゅっ!

ヒロ「……ふぅ、ゼロツーは、しょうがない奴だな」

ゼロツー「へへへ♪」


ゴロー「ゴーロウッ♪」


ヒロ・ゼロツー「!?」


ゴロー「……ふぅ、俺は、しょうがない奴だな」


ヒロ・ゼロツー「!!?」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:02:40.28 ID:b2BjbvAWo

ヒロ「ご、ゴロー!? どうしたの、急に!?」

ゼロツー「……ねえ、今のってさ、ボク達の真似?」

ヒロ「……多分」


ゴロー「……」


ヒロ「ゴロー……ねえ、やっぱり怒ってるよね?」

ゼロツー「ダーリン、待って」

ヒロ「ゼロツー?」

ゼロツー「質問するのは、約束を破ることになっちゃう」

ヒロ「いや……だけど……!?」


ゴロー「……」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:06:24.69 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「面白いじゃん……そう思わない?」

ヒロ「えっ、何が?」

ゼロツー「ボク達の絆を見せつけてやるんだよ、ダーリン!」

ヒロ「だけど……」


ゴロー「……」


ヒロ「……やっぱり、一緒に寝るのはやめよう」

ゼロツー「あ゙?」

ヒロ「俺達だったら、きっと出来るさ! な、ゼロツー!」

ゼロツー「うんっ! ダーリン!」


ゴロー「……」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:11:11.95 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「……ダーリン」

ヒロ「……ゼロツー」


ゴロー「……ゴロー」


ヒロ・ゼロツー「……」

ヒロ「と、とりあえず……どうしようか」

ゼロツー「……キスしよっか」


ゴロー「俺はメガネをかけたぞ」


ヒロ・ゼロツー「……」

ヒロ「……っくく……寝る前なのに、なんで……」

ゼロツー「笑っちゃ駄目、ダーリン。耐えて」

ヒロ「う……うん」


ゴロー「……」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:17:59.14 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「アイツの言葉に耳を傾けないで」

ゼロツー「ダーリンは、ボクの言葉だけ聞いてれば良い」

ヒロ「わ……わかった」

ゼロツー「……んー! 素直が一番だよ、ダーr」


ゴロー「ダァリィィィン」


ヒロ・ゼロツー「!?」


ゴロー「イィィィン……ザッ!」


ヒロ「……どうして、『ザ』を元気よく」

ゼロツー「ダーリン、聞いちゃ駄目だ!」

ヒロ「あ……ああ」


ゴロー「……フランキィィィス」ボソボソ


ヒロ「っぶふうっ!? 小声!?」

ゼロツー「ダーリン!!」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:24:07.57 ID:b2BjbvAWo

ヒロ「ごっ、ごめん! だけど……ぷふっ、小声って!」

ゼロツー「……っ!」

ゼロツー「タイム! おい、ちょっとこっち向け!」


ゴロー「……良いぞ」

ゴロー「ただし、タイム中はベタベタするのは無しだからな」


ゼロツー「どうしてダーリンはそっちの言葉ばっかり聞くんだ!」

ゼロツー「おかしいじゃないか、ボクのダーリンなのに!」


ゴロー「ゼロツー、確かにお前とヒロの仲は相当なものだ」

ゴロー「でもな、俺だって伊達に付き合いが長いわけじゃない」

ゴロー「ヒロが何を言えば笑うかなんて、知り尽くしてるのさ」


ゼロツー「……そうなの、ダーリン?」

ヒロ「……うん、そうみたい」

ゼロツー「……」



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:30:15.89 ID:b2BjbvAWo

ゴロー「もう良いか?」


ゼロツー「……良いよ。タイム終了で」

ヒロ「……ごめん、ゼロツー」

ゼロツー「ダーリンがあやまる事ないよ」

ゼロツー「全部、アイツが――」


ゴロー「俺は、コード056! ゴローって呼んでくれ! よろしくな!」


ヒロ「っは! こっ、このタイミングで元気に自己紹介!? は、はははっ!」

ゼロツー「ダーリン? ボク、そういうの好きじゃないよ?」

ガシッ!

ヒロ「……ふみまへん」

ゼロツー「……!」


ゴロー「……」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:35:25.21 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「……良いよ、今日の所は大人しく帰ってあげる」

ヒロ「ぜ、ゼロツー?」

ゼロツー「このままだと、ずっと邪魔され続けそうだからさ」


ゴロー「フ……フラ……フ……フ……」


ヒロ・ゼロツー「……」


ゴロー「……」


ヒロ「……なんで何も言わn」


ゴロー「フランキィィィス」ボソボソ


ヒロ「っ!? ゴホッ! あっ、あはははは! あっはははっ!」

ゼロツー「……こんな風に」


ゴロー「……」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:41:58.40 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「……だけど、覚えておくんだね」

ゼロツー「明日は、邪魔したら許さないから」


ゴロー「……」


ヒロ「……はぁ……! はぁ……! ツボに入って……く、苦しい……!」

ゼロツー「……というわけで、今日は自分の部屋で寝るよ」

ヒロ「ぜ、ゼロツー? 本当に……?」

ゼロツー「うん。だから、おやすみのキs」


ゴロー「フランキィィィス?」ボソボソ


ヒロ「っ、あははははっ! あっははははっ!」


ゼロツー「……――クソがっ!」

ガチャッ! バタンッ!


ゴロー「……」

ゴロー「よし、寝るか」



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:55:36.50 ID:b2BjbvAWo

   ・  ・  ・

翌晩


フトシ「――ゴローに、寝る時だけ部屋を変わってくれって言われたんだ!」


ヒロ「ご、ゴロー……そんなに怒ってたの!?」

ゼロツー「へぇー? アイツ、逃げたんだ」


フトシ「怒ってたというか……うーん、なんて言えば良いんだろ」

フトシ「目の前で二人がくっついてるの見るとさ、なんか胸がムカムカするんだよね」

フトシ「それに、男子の部屋に女子が、ってのも問題だし……」


ゼロツー「……じゃあ、今日はキミがボク達の邪魔をするのかな?」ギロッ!

ヒロ「こっ、こらゼロツー! フトシを睨むなよ!」


フトシ「安心して! 君達の邪魔をするつもりは無いよ!」


ヒロ・ゼロツー「……」

ヒロ・ゼロツー「えっ?」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 20:59:52.21 ID:b2BjbvAWo

フトシ「……確かに、見てると嫌な気分にもなるけどさ」

フトシ「二人を見てると、応援もしたくなっちゃうんだよね、へへっ!」


ヒロ「……フトシ」

ゼロツー「……丸いの」


フトシ「おっと、応援する気が少し減ったぞ」

フトシ「ま、まあ! 寝ちゃえば関係ないからさ!」

フトシ「だから、寝るまでは何もせずに我慢しててよね!」


ゼロツー「――うんっ! キミ、良いやつだね!」


フトシ「……ゴローには、やめさせてくれ、って言われたんだけどさ」

フトシ「絶対、そんな事はしないから!」グッ!


ヒロ・ゼロツー「……!」グッ!



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 21:03:18.31 ID:b2BjbvAWo

   ・  ・  ・

フトシ「ぐがああああっ! ぐおがああああっ!」


ゼロツー「イビキ……うるさっ……!?」

ヒロ「で、でも……フトシは寝てるから……!」


フトシ「ごがっ!……ココロちゃ~~ん……ココロちゃ~~ん……」

フトシ「約束したのに~~……ココロちゃ~~ん……」


ゼロツー「……物凄く、気分が盛り下がるんだけど」

ヒロ「……うん」


フトシ「ミツル~~……コノヤロ~~……」

ブッ!


ヒロ・ゼロツー「……」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 21:07:36.04 ID:b2BjbvAWo

ゼロツー「……ダーリン、ボク……部屋に戻るね」

ヒロ「ああ……うん」


フトシ「待って~~……待ってよ~~……」


ヒロ「……やっぱりさ、一緒に寝るのはやめよう」

ゼロツー「……そうだね」


フトシ「……ぐごおおおおっ! ごがああああっ!」


ヒロ・ゼロツー「……」

ヒロ「……ねえ、俺もゼロツーの部屋で寝てもいいかな」

ゼロツー「……ごめん、なんかそんな気分じゃないや」

ヒロ「……だよね……そう、だよね」

ゼロツー「ダーリンには悪いんだけど、さ」



ゼロツー「ボク、一人で寝るよ」




おわり



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/18(金) 21:08:15.58 ID:b2BjbvAWo

こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう
HTML化依頼出しときます


元スレ
SS速報VIP:ゼロツー「ダーリン、一緒に寝ようよ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526639610/