1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:03:14 ID:ZviSq3wY


男「人参アナニー?」

友「ああ!人参で快楽を得る…なんて斬新な発想なんだ!」

男「また変なもんに興味を持ちやがって…」

幼馴染「あのね…一応私は女なんだからそっち系の話はやめてよ」

友「バカ野郎!探究心にそっちもあっちもあるか!」

幼馴染「イカれてるね」

男「これで100年に1人の天才っていうんだから世も末だよなぁ…」

友「人参アナニー…あぁ、一体どんな快楽を得られるのだろうか?想像も出来ない…」

友「と、いうことで二人とも頼んだぞ」

男「…はあ?」

幼馴染「わ、私達がやるの!?」

友「当たり前だろ」

男「当たり前じゃねぇよ!!」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:03:49 ID:ZviSq3wY


男「自分でやれよ!」

友「もちろん後でやるつもりだけど、今はまだ人参が育ってないんだ」

幼馴染「人参ぐらい買えばいいじゃん!」

男「無駄だ…コイツんちは異常で、全て自給自足で生活しているんだ」

幼馴染「そういえばそうだった…物凄いお金持ちなのにほとんど貯金に費やしてるんだっけ」

男「なぁ、人参ぐらいならあげるから頼むから自分でやってくれないか?」

友「いや、うち施しは受けない主義なんだ」

男「施しじゃねぇ!懇願してるんだよ!」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:04:43 ID:ZviSq3wY


友「おっと、もうこんな時間か。夕飯(虫等)を拾ってこないといけないから俺帰るわ」

幼馴染「虫を食べてるの!?」

友「うん。カブトムシの幼虫とか意外とおいしいぞ」

男「ワイルド過ぎる」

友「じゃあ二人とも頼んだぞ!」ダッ

男「……やる?」

幼馴染「や、やるわけないでしょ!」

男「だよなー…じゃ、俺らも帰るか」

男「少し腹減ったからマ○ク行こうぜ。俺が奢るからさ」

幼馴染「う、うん!」



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:05:13 ID:ZviSq3wY


____________________


男「じゃあまた明日な」

幼馴染「うん!また明日ね!」

幼馴染(久々に男と二人きりで下校しちゃった///暗いからって家まで送ってくれたし…男は優しいなぁ~)

幼馴染(それに比べ…)

幼馴染「まったく…友は何を考えてるのよ。人参アナニーって…」

幼馴染(…私アナニー派だし少しだけ興味あるのは内緒だけど///)

ガチャ

幼馴染「ただいまー」



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:05:47 ID:ZviSq3wY


母「おかえりなさい。ついさっきまで友くんが来てたわよ」

幼馴染「えっ!?友が!?」

母「あなたにこれを渡してだってさ」

幼馴染「これは…今度のテストの対策ノート!?」

母「これで鬼に金棒ね」

幼馴染(前金ってことか…や、やるわね)

母「あとカブトムシの幼虫も置いていったけど…どうすればいいのかしら?これ」

幼馴染「今すぐ捨てて!!」



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:06:36 ID:ZviSq3wY


____________________


【幼馴染の部屋】


幼馴染「…何で私のベッドの上に人参が置いてあるのよ。しかもアレの形にカットしてあるし…」

幼馴染「あっ、メモがある。なになに…」


『野菜室から取り出して常温に戻しておきました。これを使ってください』


幼馴染「勝手に人んちの冷蔵庫漁らないでよ!」

幼馴染「ん?まだ他にも何個かメモが隠して置いてある。これは…」


『男のアレの大きさは…』


幼馴染「お、大きさは…?///」


『人参アナニーの感想を教えてくれたら教えます』


幼馴染「悪魔め!!」



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:07:10 ID:ZviSq3wY


『というのは冗談で、寸分違わず男サイズでカットしておきました。お楽しみくださいませ』


幼馴染「あ、悪魔め!こ…これじゃやりたくなっちゃうじゃない///」

つニンジン(フォルム:男)

幼馴染「こ、これが男のアレとまったく同じ大きさ、形状の人参…」

幼馴染(どうしよう…めっちゃ挿れたい///)

幼馴染(でも友の思惑通りになるのは嫌だしなぁ……取っといておこうかな)

幼馴染「ん?こんなとこにもメモが…」ペラ


『大事に保管するのもいいですが…いつか腐ってしまいますし、何より男もきっと使って欲しいと思ってますよ』


幼馴染「し、思考が完璧に読まれてる…!」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:07:51 ID:ZviSq3wY


幼馴染「携帯を持ってないからって先読みしないでよね。ていうかメモが一々敬語なのがムカつく…ん?」ペラ


『ごめんね。敬語はもうやめるよ』


幼馴染「最早超能力じゃん」

幼馴染「でも…たしかに取っておいても腐っちゃう。だからといってそのまま食べたり捨てたりするのは勿体無い」

幼馴染「……しよ///」

幼馴染「いつものアナニー用のローションを準備してっと…」ゴソゴソ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:08:22 ID:ZviSq3wY


____________________


【友の家】

友父「おーい友。外の蓄電池が調子悪いんだ。ちょっと見てきてくれないか?」

友「ラジャー」

友「昨日の台風の影響かな?…ん?」

『計画通り(ニヤリ)』

友「あっ、一つだけメモを置き忘れてた。俺もまだまだだな」

友「今頃励んでるんだろうなぁ…あー俺も人参アナニーやりてー!」

友父「親の前で変なこと叫ぶな」



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:09:09 ID:ZviSq3wY


____________________


【幼馴染の部屋】


幼馴染「んっ!…ぁっ…」ズボッ ズボッ

幼馴染(や、やばい!気持ち良すぎてハマっちゃう!!)

幼馴染(人参アナニー恐るべし)

幼馴染(…いえ、こんなに感じるのはきっと人参の形が男のおチンチンと同じだからね///)

幼馴染「お…おとこぉ…///」ズボッ ズボッ

ヴー ヴー

幼馴染「け…携帯マナーモードにしたままだった」

幼馴染(……この振動を当てながらしたら気持ち良さそう///)

ヴー ヴー

幼馴染「あっ、出ないと…ていうか私のアナニーの邪魔をするのは誰よ」



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:09:55 ID:ZviSq3wY


幼馴染「まったくもう……えっ!?男から!?は、早く出ないと!」ピッ!

幼馴染「も、もしもし!」

男『あっ、俺だけど…』

幼馴染「な…何か、っ…用ぅっ?」ズボッ ズボッ

幼馴染(だ、駄目だとわかってるのに…男の声を聞きながらの人参アナニー止められない!)

男『…何か声がおかしくないか?』

幼馴染「そ、そんなことないよ!」ビクッ

男『本当か?ならいいけど…何か悩み事とかあるんだったら俺を頼れよ。必ず力になるからさ』

幼馴染(男優し過ぎるよぉ~~!!///)ジタバタ


ピシッ…



この時、幼馴染は人参をアナルに挿れたままベッドで悶えていた

この行為が後に悲劇をもたらすとは誰も知るよしもしなかった…



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:11:03 ID:ZviSq3wY


男『それで俺もお前のことを頼りたいんだけど……いいか?お前だけが頼りなんだ…』

幼馴染「う、うん!」

幼馴染(男に頼りにされてるよぉ~~!!嬉しすぎ!!)ズボズボッ! ズボズボッ!

幼馴染「…わ、私もイッていい?///」

男『あっ、やっぱりお前も悩み事があったのか。いいぞ、お前から先に言って』

幼馴染「うんっ!わ、私が先にイッ―ポキッ!

幼馴染(…ん?今変な音が……)チラ

      
つニン   )*( 

※アナルを鏡越しに見た図


幼馴染「」

男『おーい幼馴染ー聞いてるかー?』



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:12:00 ID:ZviSq3wY


幼馴染(ど、どうして男のおチンチンが半分無いの!?どこに行っちゃったの!?)

幼馴染(ま、まさか…)チラ


つニン   )ジ*(


幼馴染(やっぱり折れてたーーー!?少しだけ顔出してるしーーー!!)

男『電波が悪いのかな?聞こえないみたいだから切るな……また明日、相談に乗ってくれな』

プツンッ

幼馴染(落ち着くのよ私…まだ少しだけ見えている部分(ジ)を掴んで取ればいいだけよ)


     つジ*(


幼馴染「ゆっくり…そーっと抜けば取れるはず…」


つジ…   )*(


幼馴染「」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:13:24 ID:ZviSq3wY


幼馴染「ま、まさかの二段回折れーー!?亀頭部分(ン)が完璧に中に入っちゃってるよぉーー!」

幼馴染「ど、どうしよう……そうだ!ウンコと一緒に出せばいいだけよ!」

幼馴染「そう…普通に出てくれるはず!」


____________________

翌日

【学校】


幼馴染(結局一日経っても出なかった…)シクシク



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:14:40 ID:ZviSq3wY


幼馴染(でもアナル開発済みで良かった。おかげで少し違和感があるぐらいで普通に過ごせるし)

幼馴染(でも…このまま人参がアナルに入ったまま生活することになるのかなぁ)

幼馴染(…そ、そんなの嫌!本物の男のおチンチンを挿れてもらえないなんて嫌!!)

幼馴染(どうにかして出さないと…)

男「よっ、昨日はごめんな。途中で電話切っちゃって」

幼馴染「お、男!?」

男「な、何だよ…俺が居ちゃ悪いのか?」

幼馴染「わ……私に近づかないで!!」ダッ

男「お、おい!」

幼馴染(男にだけはバレたくない!嫌われたくない!)タタタタタタッ

男「幼馴染…」



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:15:29 ID:ZviSq3wY


友「ウィース!今日も朝からお熱いね~!って…あれ?幼っちは?」

男「よくわからんが…逃げた」

友「えっ?」

男「俺、何か嫌われるようなことしたのかな?」ズーン

友「ふむ……1分俺に時間をくれ。何で幼っちが男から逃げたのか、昨日の行動をシュミレートして答えを導き出す!」

友「…………よし、わかった!」

男「まだ10秒しか経ってないぞ」

友「ふっふっふ……アッハッハッハ!」

男「おい、何がそんなにおかしいんだ?」

友「いや、さすがは二人だなーって思ってね。男と幼っちは俺の予測を軽々超えてくるから一緒にいて楽しいんだ」フフフ

男「どういう意味だ?」

友「それはまだ内緒かな。とりあえず幼っちの居場所はわかったよ」

男「ほ、本当か!?どこだ!?」

友「それは…―」



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:16:14 ID:ZviSq3wY


____________________


【保健室】


幼馴染(今日は男に会わない為にもずっと保健室に隠れてよ…幸い今日は保険の先生出張で居ないし)

幼馴染(このままずっと人参が取れなかったらどうしよう…ずっと男を避けて生きていかなくちゃ駄目なのかなぁ)

幼馴染(そんなの……耐えられるわけない)

幼馴染「男……会いたいよ」

ガラガラガラ

男「幼馴染!」

幼馴染「ふぇえ!?」ビクッ

幼馴染(あっ…今ちょっと奥に入っちゃった)

幼馴染「(そ、そんなことより…)お、男!?何で入れるのよ!?鍵掛けといたのに!」

男「友が消しゴムで合鍵を作ってくれたんだ」

幼馴染「友より折れない消しゴムの方が凄い!」



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:16:55 ID:ZviSq3wY


男「幼馴染…何で俺を避けるんだ?俺何か嫌われるようなことしちゃったのか?」

幼馴染「し、してないよ!嫌われるようなことしたのは…私の方だよ」

男「嫌われること?何だよそれ」

幼馴染「い、言えない!男にだけは絶対に言えない!」

幼馴染「男には…嫌われたくないもん」

男「…馬鹿だなお前。俺がお前のことを嫌うと思うか?」

男「例えお前が俺のことを嫌いになったとしても俺はお前を嫌いにならない…絶対にな」

幼馴染「な、何で言い切れるの?」

男「……お前のことが好きだからに決まってんだろ」

幼馴染「…ええっ!?」

男「幼稚園の頃からずっとお前一筋だったんだぞ」

幼馴染「う、嬉しい……私もずっと好きだったよ、男」

男「本当か?ハハッ、ならもっと早く告白すれば良かったな」

幼馴染「そうよ。何で今なのよ…何でこのタイミングなのよ」

幼馴染(今告白されても私は…すぐに男に捨てられちゃうかもしれないのに…)



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:17:46 ID:ZviSq3wY


男「…お前に頼みたいことがあってな。それを言う前に告白しておきたかったんだ」

男「てかそういう関係じゃないと頼めないお願い事と言うか…」

幼馴染「えっ?」

男「今は俺のことなんかよりお前の悩みを解決する方が先だ」

男「ほら、話してみろよ。絶対にお前を嫌いにならないからさ」

幼馴染「……う、うん。わかった…話すよ」

幼馴染(男ならきっと…私を見捨てたりしない!男を信じて言うのよ私!)

幼馴染「じ、実は……」

幼馴染「人参アナニーしてたら……折れちゃった」

男「ワロエナイ」

幼馴染「……やっぱりアナルに人参が入ってる女なんて嫌だよね」ジワ…

男「あっ…そ、そんなこと無いぞ!人間、アナルに人参が入ってた方が好まれるって!」アセアセ

幼馴染「落ち着いて。めちゃくちゃなこと言ってるよ」



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:18:40 ID:ZviSq3wY


男「ふぅ…さすがに予想外だったな。まさかお前も人参アナニーをしてたとは…」

幼馴染「ごめん……ん?も?」

男「ああ。実は俺も昨日人参アナニーしたんだ。そして挿れたままコケて……折れた」

幼馴染「たしかにワロエナイ」

友「マジワロスwwwww」

男「あっ、友」

友「二人とも人参アナニー中に人参を折っちゃうなんて…そ、そんなの誰も予想出来ないしwww」

幼馴染「元はといえば友のせいでしょ!」

友「でも二人が結ばれたのも俺のおかげだよ?」

幼馴染「そ、そうだけど…」

友「それより二人ともまだ人参がお尻の穴に入ったままなんでしょ?」

男「おう。それで幼馴染に頼んで取ってもらおうと思ってたんだけど…」

幼馴染「告白してすぐにアナルの人参を取ってもらうつもりだったの!?」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:19:33 ID:ZviSq3wY


男「割と俺も切羽詰まっててな。親に言うのもあれだし、頼れるのがお前ぐらいしかいなかったんだよ」

男「それに夢だったんだ。大好きな幼馴染にアナルをイジッてもらうのが…」

幼馴染「お、男……私もずっと男にアナルをイジッて欲しいと思ってたの///」

友(さすがは男と幼っちだ。俺はこの二人に追いつくことすら出来てない…それほどこの二人はズバ抜けた変態なんだ!)

友「…で、結局どうするの?二人でお尻向けてピンセットで取り合うの?」

男「バカ野郎!そんな危険なこと出来るか!!」

幼馴染「そうよ!素人がアナルにピンセットを入れるなんて…包丁を口に入れるぐらい危険なのよ!」

友「そ、そうなの?知らなかった…勉強になるなぁ」

男「アナルはデリケートなんだ。存外に扱っては駄目だ」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:20:15 ID:ZviSq3wY


幼馴染「ゆっくり肛門の周りを舐め解してから口で吸えば取れるかな?」

男「俺もそうするしかないと思ってたんだ!やっぱ俺達は以心伝心だな!」

幼馴染「う、うん///」

男「じゃあ今日は早退して家で取り合いっこするか」

幼馴染「あっ!今日うちの親が両方とも帰りが遅いの。だからうちで…いっぱいしよ?///」

男「お、おう///」

友「…待って。今頭の中で二人のアナルの中にある人参(以下アナジン)が取れるのかちょっとシュミレートしてみたんだけど…幼っちのは口じゃキツイかも」

幼馴染「えっ?」

友「幼っちの人参は男のチンコを完璧に再現したもので、アナジンは亀頭部分でしょ?」

幼馴染「うん」

男「おい待てこら。勝手に人のチンコの形にすんな」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:21:03 ID:ZviSq3wY


幼馴染「…そういえば男の人参もアレの形なの?」

友「ううん。幼っちの指三本まとめた形だよ」

男「ちなみに第一関節のとこで折れた」

幼馴染「つまり私の指でアナニーしてくれたんだ………嬉しい///」

男「…俺は少し腹が立ったな。幼馴染の処女が奪われたみたいで…」

幼馴染「あっ、人参に焼き餅焼いてる」クスッ

幼馴染「安心して。もう人参アナニーはしないから。私のアナルは…男専用だよ///」

男「お、おう///」

友「はーい。イチャイチャしないで本題に入るよー」



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:21:58 ID:ZviSq3wY


友「それで幼っちのアナジン(亀頭)は人間の吸引力じゃちょっと無理かもしれないんだ」

幼馴染「じゃあどうすればいいの!?」

友「一週間ぐらいすればウンコと一緒に排出されると思うけど…」

幼馴染「そ、そんなに待てない!一週間もアナニーやアナルセックス出来ないなんて嫌!」

友「そういうと思ったよ。一応解決策はあるけど…試してみる?」

幼馴染「もちろん!」

友「じゃあまずはうちに来て。秘密兵器を渡すよ」


____________________


【友の家】


男「…何かしばらく来ない間に随分と変わったな」

友「まあね。さすがに電気無しじゃ生活が不便だから一年に一個だけ家電を買おうってことになってね」

友「それで一年目が太陽光発電機、二年目が風力発電機」

幼馴染「それは家電って呼べるの?」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:22:42 ID:ZviSq3wY


男「てか家電を買う前に発電設備が充実しても無意味だろ」

友「ちなみに買ったのは部品だけで全部俺の自作だけどね」

男「パネェなお前」

友「そして…三年目に俺が作った家電がこれだ!」

男「こ、これは…!」

友「友ソン…吸引力が変わりまくるただ一つの掃除機さ」

幼馴染「と、友ソン!?」

友「ああ。名前はダ○ソンをパクってるが機能はまったく違う」

友「なんと100m先のアフリカゾウすらも吸い寄せてしまうぐらい吸引力が強いのさ!」

友「あまりの強さに一回家が全壊したのは内緒だよ」

男「そんなの使えるわけないだろ」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:23:22 ID:ZviSq3wY


友「さすがに父さん達に半殺しにされて、普通の掃除機の5倍の吸引力まで落としたから安心して」

幼馴染「そ、それでもちょっと強くない?」

友「吸引力が変わるって言ったでしょ?徐々に強めていけばいいし、何より……」

友「君達は試してみたいだろ?未知の快楽が味わえるかもしれないよ?」ニヤリ

男「た…たしかに…」

幼馴染「アナルを乱暴に扱うのは駄目だけど……ヤ、ヤッてみたい!」

友「フッ、決まりだね。じゃあ使用後の感想を後で報告書として提出してね。俺もヤッみたいし」

友「あっ、すっかり忘れてた!人参アナニーの感想も聞いてなかった!」

友「そっちの報告書も一緒でいいとして…人参アナニーの感想は?」

男・幼馴染「最高」

友「ほ、本当かい!?俺も早く人参アナニーして~!そうすれば二人にも追いつける気がするし!」

友「でも…一昨日の台風のせいで俺んちの人参は全部駄目になっちゃったし当分は無理だな」ズーン

男「…友、ほら人参だ」つニンジン

友「えっ?」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:23:54 ID:ZviSq3wY


幼馴染「さっきスーパーに寄ったでしょ?友にあげようと思って買ったの」

友「でも俺は施しを受けない主義で…」

男「施しなんかじゃないさ。これは俺達二人の感謝の気持ちなんだ」

幼馴染「さっき自分で言ってたじゃん。私達が付き合えるようになったのは友のおかげだって」

幼馴染「だから友…ありがと」

男「この人参で存分にアナニーしてくれ」

幼馴染「ローションはさすがにスーパーじゃ売ってなかったから、このオリーブオイルで代用してね」

男「俺が常備してる新品の浣腸器もプレゼントだ。忘れずに使えよ」

友「男、幼っち…俺は本当に良い友達を持ったよ」ウルウル

男「それは俺達の台詞だ」

幼馴染「じゃあ私達はもう行くね。お互いに楽しもうね!」

友「おう!さあ…レッツ・パーリィーだ!!ひゃっほぉ~~~!!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:24:43 ID:ZviSq3wY


____________________


【幼馴染の家 お風呂場】


幼馴染「今頃友は楽しんでるのかなぁ」

男「きっと人参アナニーの虜になってるさ」

幼馴染「………」

男「………」

幼馴染「じゃ、じゃあ私達もそろそろしよっか!///」

男「お、おう!///」

幼馴染「じゃあ脱ぐね…」シュル…ファサ

幼馴染「ど、どう?変じゃない?///」

男「変じゃないさ…綺麗なアナルだ」

幼馴染「ありがと///」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:25:25 ID:ZviSq3wY


男「じゃあ俺も…」カチャカチャ

男「ど、どうかな?結構自信があるんだけど…」

幼馴染「うん…とても素敵。見てると吸い込まれそうだよ」

男「そ、そうかな///」

幼馴染「………」


ちゅっ


男「んぁっ!?」

幼馴染(夢にまでみた男のアナル美味し過ぎ~❤)チュウゥゥゥゥ

男「ちょっ、待っ!!」


ちゅぽんっ!


幼馴染「あっ」

男「ア、アナジンが取れた…あれだけやっても取れなかったのに…」ハァ ハァ

男「てかいきなり吸うのはマナー違反だろ!まだ浣腸もしてないんだし!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:26:02 ID:ZviSq3wY


幼馴染「ご、ごめん…男のアナルが美味しそうだったからつい…」モグモグ

男「まったく……後で俺にもお前のアナル吸わせろよ」

幼馴染「う、うん///」

男「じゃあ俺のアナジンが取れたことだし…この友ソンを使ってお前のアナジンを吸い出すぞ」

幼馴染「じょ、徐々にお願いね」

男「わかってるよ。大事なアナルだ。壊したりしないさ」

男「…いくぞ」カチッ


キュイィィィン


幼馴染「…んっ……」ビクッ

男「痛いか?」

幼馴染「ううん…少し気持ちイイけど物足りない感じ…」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:27:05 ID:ZviSq3wY


男「じゃあ強めていくぞ」カチッ


ギュイィィィン


幼馴染「ぁぁあっ!」ビクビクッ


ちゅぽんっ!


男「おっ、アナジンが取れたぞ!じゃあ止めるぞ」

幼馴染「ま、待って!こ、このまま強めてっ!」

男「そんなに気持ちイイのか?」

幼馴染「う、うんぁっ!」

男「…じゃあ強めていくぞ」カチッ


ギィイィィィィン!


幼馴染「んぁぁああああ!!」ビクンッ!



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:27:42 ID:ZviSq3wY


男「………」カチカチッ


ズゴゴゴゴゴゴゴッ!!


幼馴染「んほぉぉおおおお!!しゅわれちゃってるよぉぉおおおお❤」プシャァァァ

男「…イッたか」カチッ

幼馴染「や、やばいよぉ…これぇ❤」ピクピク

男「……お、おい!次は俺にやってくれよ!」

幼馴染「ま、まって…もう少し休まちてぇ…」ピクピク

男「くぅ~~~っ!早く俺も掃除機で吸われたい!」


10分後


男「ま…まだか?そろそろアナルすら触れずにトコロテンするぞ」ゼェ ゼェ



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:28:29 ID:ZviSq3wY


幼馴染「ふぅ…ごめんね、待たせちゃって」

幼馴染「じゃあ…いくね」カチッ


キュイィィィン


男「おお…最初はこんなもんか」ビクッ


ギュイィィィン


男「うおっ!?気持ちイイっ!でも…まだ物足りないな」ビクビクッ


ギュイィィィィン!


男「んぁぁああああ!気持ちイイぃぃ!!」ビクンッ!



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:29:16 ID:ZviSq3wY


ズゴゴゴゴゴゴゴゴッ!!


男「にゃはんっ!?らめぇぇぇぇええ❤これヤバしゅぎるよぉぉぉおおおお!!」ビュルルルルル

幼馴染「はい。イッたからお終いね」カチッ

男「ら、らめ……気持ち良すぎぃ❤」ピクピク

幼馴染「…じゃあ今度は普通のアナルセックスしてからもう一度掃除機アナニーしよっか」

男「…しょ、しょれを3セットしよ…」ピクピク


____________________


【学校】


幼馴染「結局昨日はお母さん達が帰ってこなかったから一日中しちゃったね」

男「友ソンはハンパなかったな」



37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:30:23 ID:ZviSq3wY


幼馴染「うん、想像以上だったね!腸が飛び出すかと思ったよ」

幼馴染「でも…同じぐらい男とのアナルセックスも気持ち良かったよ///」

男「お、俺もだ!挿れる側も挿れられる側も両方気持ち良かったよ///」

幼馴染「ペニパン(極太)買っておいて正解だったね」

男「それより友の奴遅いな」

幼馴染「報告書ちゃんと書いたのに……人参アナニーが気持ち良過ぎてまだお楽しみ中なのかな?」

男「アハハ!そうかもな!」

先生「おっ、居た居た。男、幼馴染、ちょっといいか?」

男「あっ、はい」

幼馴染「私達に何か用ですか?」

先生「実はな……友が昨日、救急車で病院に運ばれたんだ」

男「えっ!?」

先生「なんでもお尻に人参が刺さりそのまま折れたらしい…そしてあまりの激痛で気絶したところを父親が見つけたそうだ」

男「」

幼馴染「」



38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/01(金) 23:31:14 ID:ZviSq3wY


先生「それで倒れてたあいつがこのメモを持ってたんだ。どういう意味かわかるか?」


『やっぱり男と幼っちには追いつけませんでした』


幼馴染「………いえ、よくわかりません」

先生「そうか…わかった。じゃあ放課後見舞いに行ってやれ」

男「はい。人参を持ってお見舞いに行ってきます」

男「………」

幼馴染「………」





男・幼馴染「普通の人は絶対にマネしないでね」


Fin


元スレ
SS深夜VIP:幼馴染「人参ア○ニーしてたら折れちゃった」男「ワロエナイ」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1406901794/