1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 18:09:47.55 ID:zeA2ivd20

岡部「あ、あへぇ・・・///」ピュッピュッ

まゆしぃ☆「お尻の穴でしかイくのが大好きな淫乱肉便器にしてあげるねぇ」

Mr.ブラウン「次俺な」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 18:20:24.66 ID:zeA2ivd20

まゆしぃ☆「オカリンすっごく気持ちよさそうだねぇ~」

まゆしぃ☆「オカリーン、こっち向いてピースだよぉ」

岡部「あひぃ///」パシャ

まゆしぃ☆「綺麗なアヘ顔ダブルピースだねぇ~かわいいよオカリーン」

まゆしぃ☆「オカリン店長さんの極太おちんぽどう?」

岡部「はひっ!気持ちいいですっ!もっと!もっとくだしゃいいいい///」

まゆしぃ☆「むふー」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 18:28:26.55 ID:zeA2ivd20

Mr.ブラウン「あーそろそろイくぞー」パンパン

まゆしぃ☆「中に全部だしちゃってねぇ~」

岡部「中はっ!中は駄目だっ!中はやめてぇぇぇぇ///」ピュルルルルル

まゆしぃ☆「えへへ~、嫌々言いながらえっちな汁が沢山でてるよぉ~?」

Mr.ブラウン「イくっ」ピュルルルルル

岡部「んほおおおおおおっ!中で出てるっ!出てるっ!妊娠しちゃうのおおおおお///」

まゆしぃ☆「むふー」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 18:35:51.59 ID:zeA2ivd20

岡部「はひ・・・へへ・・・///」

まゆしぃ☆「男のちんぽでイッちゃうなんてオカリンは変態さんだねぇ」

岡部「もっと・・・もっとちんぽください・・・///」

まゆしぃ☆「イッたばっかりなのにオカリンはゼツリンだねぇ」

まゆしぃ☆「そんなゼツリンに追加おちんぽのご到着~」

るか「あの・・・凶真さん」

岡部「る、ルカ子」

るか「天国、見せてあげますね・・・」ボロン

岡部「!!」ギンギン



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 18:45:00.87 ID:zeA2ivd20

るか「うわぁ・・・もうぬるぬるですね・・・これなら直ぐに挿れられますね・・・」

岡部「る、ルカ子よっ、貴様、師にこの様な事をしてただで済むとでも」ハァハァ

るか「何言ってるんですか・・・凶真さん・・・」

るか「そんな物欲しそうな目で僕のちんぽ見てたら・・・説得力ないですよ・・・」

るか「言ってください・・・欲しいですか?僕の・・・」

岡部「・・・欲しいです」

岡部「ルカ子のデカマラを僕のシュタインズゲートに収束させてくださいいいいいいいい///」

るか「凶真さんっ///」ブスッ

岡部「んあっ!///」

まゆしぃ☆「むふー」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 18:55:56.31 ID:zeA2ivd20

るか「凶真っ、さんっ、気持ちいいですかっ?僕のちんぽっ!」パンッ!パンッ!

岡部「あっ、・・・あぁああぁぁあぇぁあへへへへぁ」

まゆしぃ☆「オカリン気持ちよすぎて呂律がまわってないねぇ」

岡部「ルカ子のっ、極太ちんぽっ、デカすぎるっ、やばぃぃぃぃっ!!Mr.ブラウンのサイリウムセイバーが霞むぅぅぅぅっ!!!」

Mr.ブラウン「・・・」

岡部「妖刀五月雨がシュタインズゲートの中で暴れてるぅぅっ!!シュタインズゲート粛清されるぅぅぅっ!!」

るか「毎日の凶真さんの鍛錬のお陰でっ、僕の妖刀五月雨がここまで逞しくなれましたっ!!」

るか「感謝しきれてもしきませんっ///」パンッ!パンッ!

岡部「んんんんんんんんんんんんっ!!/////」ビュクビュクビュク

まゆしぃ☆「本日三回目だねぇ」

まゆしぃ☆「むふー」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 19:03:08.38 ID:zeA2ivd20

るか「凶真さんっ、そろそろイきますよっ、うっ、っ!」

岡部「ルカ子の全部っ、くれっ!下さいっ!お願いしますうううっ!!!」

るか「僕の子供っ、孕んでっ、!!あっ、っっ!!」ビュクビュクビュク

岡部「また入ってきたっ、!!っ!!あえおえおあえあおぁぁぁっ!!!///」ビュッ

まゆしぃ☆「おほっるかくん凄い量だねぇ、溢れてでてきたよぉ」

るか「はぁ・・・はぁ・・・凶真っ、いえ、岡部さん・・・」

るか「子供・・・産んで下さいね・・・///」

岡部「はぁひ・・・/////」トロー

まゆしぃ☆「むふー」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 19:08:16.26 ID:zeA2ivd20

まゆしぃ☆「種壺リン、もっと雄種欲しい?」

岡部「全然足りないれす・・・もっと・・・もっと・・・」

まゆしぃ☆「うーんこまったなー、ダルくんは昨日種付けしてくれたけど今日はお出かけしてるし」

まゆしぃ☆「フェリスちゃんパパとるかくんのパパは今日はお仕事だしねぇ・・・」

岡部「んっ、あっ、ひぐぅっ!」

まゆしぃ☆「オカリン、セルフフィスト始めちゃったよぉ」

まゆしぃ☆「完全に壊れちゃったねぇ」

まゆしぃ☆「むふー」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 19:12:19.37 ID:zeA2ivd20

まゆしぃ☆「ここでまゆしぃからお願いがあるのです」

まゆしぃ☆「オカリンのえっちな画像をまゆしぃは希望しまーす!」

まゆしぃ☆「お願いします!今夜のオカズにどうしてもオカリンのえっちな画像が必要なんです!」

まゆしぃ☆「たのむ!」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:15:24.58 ID:oYiWFgRfO

ぺろぺろしてないで>>1はさっさと続き書くのニャン



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:19:42.84 ID:zeA2ivd20

>>89
えー続きですかー
今更SS書いたところで誰が見るわけでもないと思うのでいかにオカリンがかわいいかを力説したほうがいいとまゆしぃは思うのです
ちなみに腐女子と勘違いされても困るので言うが俺は男



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:35:20.51 ID:zeA2ivd20

岡部「これよりDメール実験を執り行う!」

紅莉栖「で、どうするの?内容は」

岡部「ふっふふ、それは内緒だ」

岡部(ハーレムになれるような内容の為にな!)

ダル「わーおオカリン独善的ぃ」

紅莉栖「ちょ、そんなの許さないわよ!」

岡部「何とでも言うがいいさ!フゥーハハハ!!あ、ポチッとな」

岡部「・・・うっ」



2.140803



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:38:24.42 ID:zeA2ivd20

岡部「・・・ここは」

岡部「ラボか、本当に世界は変わったのか?」

岡部「まだ誰もいないようだな・・・」

岡部「くくく・・・」

岡部(マッドサイエンティストに似合うのはそれに蔓延る数多の女!!)

岡部「フゥーハハハハハハ!!!!」

ガチャッ

まゆり「あ、オカリーン!トゥットゥルー☆」



97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:42:47.90 ID:zeA2ivd20

岡部「まゆりか」

まゆり「オカリン、ジューシーからあげ買ってきてくれた?」

岡部「からあげ?」

岡部(この世界の俺に頼んだのか・・・)

まゆり「あぁ、机の上に置いててくれたんだねぇ」

まゆり「ありがとうねぇオカリン」

まゆり「よしよし」

岡部「むぅ」

岡部(今のところ特に変わった変化は見られんな)



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:49:09.54 ID:zeA2ivd20

岡部「む、そういえばダルと助手は?」

まゆり「ダルくんはメイクイーンだよ、クリスちゃんは道具を買いに行ったみたい」

岡部「道具?電話レンジのか」

まゆり「違うよ~?分かってる癖にぃ」

岡部「・・・?」

岡部「まあいい、少し外の様子を見てくる」

まゆり「いってらっしゃーい」

まゆり「逃げちゃだめだよ~?」

岡部「?」



102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 21:55:55.76 ID:zeA2ivd20

岡部「お、バイト戦士ではないか」

鈴羽「おーっす岡部倫太郎!元気そうじゃん」

岡部「ふっ、狂気のマッドサイエンティストに休んでいる暇などないのだ」

鈴羽「またそれ?好きだねー岡部倫太郎も」

鈴羽「昨日あれだけされてピンピンしてるってのも凄いけどね!今日もやるの?」

岡部「昨日?昨日ラボで何かやったのか?」

鈴羽「何それ、誘ってんの?それとも、あれだけされてもまだ足りないとか?」

岡部「・・・?」

鈴羽「ま、いいや!じゃ、また今夜ね!」

岡部「あ、あぁ・・・」



103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:02:07.69 ID:zeA2ivd20

岡部(この世界、微妙に違和感がある)

岡部「そして鈴羽の反応からして別にハーレムではなさそうだしな」

岡部「そう簡単にはいかないという事か」

紅莉栖「あ、岡部!!」

岡部「お、助手か。買い物に行っていたらしいが」

紅莉栖「助手?はぁ?何言ってんの?とにかく、すぐ帰るわよ!!」

岡部「あ、おい!手をひっぱるな!!」

紅莉栖「何言ってんのよ犬の癖に、全くまゆりは甘いんだから・・・」ブツブツ

岡部「い、犬ゥ!?」

るか「あ、お二人ともこんにちは」

紅莉栖「あ、はろー漆原さん。今から帰るところだから一緒に行きましょ」

るか「はい!」

岡部「??」



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:08:52.17 ID:zeA2ivd20

まゆり「あ、みんな~!トゥットゥルー☆」

るか「こんにちはまゆりちゃん」

紅莉栖「さて、早速買ってきたしつけてみますか」

つ 首輪

まゆり「おほー!」

岡部「首輪?・・・ま、まさか犬でも飼うというのか!?」

岡部「いかんいかん、ここはペット禁止なのだ!!Mr.ブラウンに殺される!!」

紅莉栖「・・・あんた、さっきから何言ってんの?」

ガチャッ

岡部「へっ?」


紅莉栖「犬はあんたよ」

まゆり「わぁ~、オカリンとっても似合ってるよぉ!」

るか「凶真さん、凄く可愛いです・・・///」

岡部「へ???」



110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:18:13.31 ID:zeA2ivd20

岡部「な、何をするのだクリスティーナ!!外せ、外してくれー!!」

紅莉栖「よく吠えるわね」

まゆり「慌てるオカリンもかわいいねぇ」

ツネッ

岡部「あっふううぅぅんっ!!///」ヘタッ

岡部(な、何だ!?乳首をつねられただけなのに、腰が・・・)

まゆり「オカリンオカリン、ほらほら、どうして乳首つねられただけなのにおちんちん勃ってるのかなぁ?」ギュー

岡部「んっ、な、何!?」ギンギン

岡部(俺の体がなんかおかしいー!!??)



113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:22:28.61 ID:zeA2ivd20

紅莉栖「・・・岡部、あんたの様子がおかしいと思ったけど、もしかしてあんた」

紅莉栖「Dメール送った?」

岡部「!!さ、さすがは天才HENTAI少女」

紅莉栖「どうりでこの状況が理解できないわけだ・・・ちなみに」

紅莉栖「昨日起こった出来事はこのスレの>>1から書いてあるわ、読んでおきなさい」

岡部「何々・・・な、何だこれは・・・」

紅莉栖「ま、いいわ!またあんたを調教しなおせるんだから」

まゆら「よくわかんないけど覚悟してねオカリン」

岡部「ふぉええっ!?」



119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:30:36.44 ID:zeA2ivd20

紅莉栖「とりあえず、犬が服着てるのはおかしいわね」

るか「脱ぎ脱ぎしましょうね、凶真さん」

岡部「や、やめ、やめてくれぇ」

まゆり「えっへへー、オカリンの乳首かわいいねぇ」ペロペロ

岡部「んあっ、あぁ///」


紅莉栖「全裸に首輪・・・い、いいわね・・・」

るか「凶真さんっ、素敵ですっ!」

岡部「や、やめろ・・・見ないでくれ・・・頼む・・・」

まゆり「オカリン、わんこなんだし尻尾もつけよっかー」ヴヴヴヴヴヴ

岡部「ひぃっ!?」



124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:40:29.95 ID:zeA2ivd20

岡部「無理に決まってる!!そんなもの入るわけなかろう!!」

まゆり「大丈夫だよーオカリン、さぁお尻開きましょうねー」グイッ

岡部「ひあぁっ!?」

まゆり「オカリンのシュタインズゲートもうガバガバだねぇ~」

岡部「そんな事にシュタインズゲートを使うな!!」

まゆり「オカリンが言ったのに・・・そーれ」ズブズブ

岡部「ーーっ!!!」

岡部「な、なんだごれわぁ・・・///」

紅莉栖「おーい駄犬ー、アヘってるぞー」

岡部「あ"・・・あ"・・・///」

まゆり「オカリン気持ちよさそうだねぇ」ウィンウィンウィン

るか「クス」

岡部「あ"・・・///」



岡部「はあああああああああぁぁぁんんっ!!///」ビュルルルルルルル



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:48:35.06 ID:zeA2ivd20

紅莉栖「うわっ、きたねーw」

まゆり「うんうん、気持ちよかったんだねぇ、よしよし」ナデナデ

るか「凶真さん、大丈夫です?」

岡部「ばい"・・・ぎも"ぢいでず・・・」ビュルッ


鈴羽「おっはー!ってもう始まってんの?ずるいよ牧瀬紅莉栖!」

紅莉栖「あ、ごめんね阿万音さん。お詫びとしてこれを使わせてあげるわ」

鈴羽「ん、何これ、ペニパン?」

紅莉栖「岡部ガジェット研究品3号、リアルバナーナよ!」

紅莉栖「熱や精液など、男性のペニスとほぼ同じなのに加えて女性器も刺激する事が出来るスグレモノよ、さっき完成したの」

鈴羽「へぇーっ、じゃあさっそく使っていい?」

紅莉栖「ええ」

鈴羽「岡部倫太郎ー!悪いけどさっそく挿れさせてもらうね!」

岡部「へへ・・・へ・・・」ズブゥ



133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 22:57:56.18 ID:zeA2ivd20

鈴羽「おおっ、これはなかなか・・・」パンッパンッパンッパンッ

岡部「もっとっ、激しく、おねっ、お願いしますっ、んんっ!!!///」

るか「凶真さん、僕の妖刀五月雨も、咥えて下さい・・・///」ボロン

岡部「ちんぽぉっ!!むぐっ、んんんっ、んんんんんんん!!!///」

紅莉栖「あんた、女の子とか男の娘に犯されて興奮してるの?救い様のない豚ね、いや、豚以下だわ」

紅莉栖「それとも、何?もしかして今の言葉にすらも興奮してんの?うわっ、もうキモすぎっ」

岡部「んもんっ、んむぅっ!、っ!///」


まゆり「あ、フェリスちゃーん!トゥットゥルー☆」

フェイリス「おーまたーせニャーンニャーン!さっそくだけどフェイリスも混ざっていいかニャ?」

まゆり「うんうん!」

岡部「むぇみみむ、!?」



136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 23:06:08.16 ID:zeA2ivd20

フェイリス「凶真、お待たせしたニャン!フェイリスがたっぷり気持ちよくしてあげるからニャン」

岡部「むぐっ、むっ、んっんんっ、!?」

フェイリス「とりあえずまずは・・・これだニャ!」

フェイリス「テーレッテレー☆ロウソク~」ポタポタ

岡部「~~~っ!?!?!?!?!?」

フェイリス「昨日はSM用の火力の弱いロウソクだったけど、今日は普通のロウソクだニャ!物足りなそうだったしニャ!」

岡部「ごぼぉっ、あっアッ、!!ガァッ!!!!!」ビュルルルルルルル

フェイリス「ニャニャっ、もしかして今のでイっちゃったのニャ!?とんだドMの豚野郎なのニャ☆」

岡部「ゴポォ・・・ゴァッ・・・///」

まゆり「むふー」



140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 23:12:34.76 ID:zeA2ivd20

フェイリス「今日は凶真の体に傷付けたりしたかったケド~、凶真が精液欲しそうだしまず先にそっちをしてあげるのニャ!」

フェイリス「ダールニャーン!」

岡部「・・・」

ダル「フェイリスたんに虐めてもらうため・・・フェイリスたんに虐めてもらうため・・・」

鈴羽「お、橋田至交代しようか!」

ダル「オカリン、ごめんお・・・」ツプゥ

岡部「・・・ヘェ・・・」カクカク

るか「きょ、凶真さんイきます!飲んで下さいっ///」ピュッピュッ

岡部「グッ・・・ゴポォ・・・」ゴクゴク



143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 23:21:38.01 ID:zeA2ivd20

まゆり「オカリーン、意識あるー?」

岡部「・・・ぁぅっ、んんっ、んんっ、んっ、」

まゆり「みんなねぇ、オカリンのことが大好きなんだよぉ」

まゆり「ここにいるみんなはもちろん、フェイスちゃんのパパさん、よんどしーさん、なえちゃん、店長さん、」

まゆり「みーんなオカリンのこと好きだから虐めたいんだよぉ」

岡部(何だ、Dメールは成功してたのではないか)

岡部(マッドサイエンティストにはハーレムがよく似合う)

岡部(どんな文面だっただろうか)

岡部(・・・もうどうでもいい)

まゆり「あれー?」





まゆり「まゆしぃのかいちゅ~止まっちゃってる・・・さっきネジ回したばっかりなのに・・・」



150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 23:30:49.73 ID:zeA2ivd20

ドドドドドド

ガチャッ

フェイリス「ニャっ!?」

ダル「うっ!!・・・ふぅ・・・ってなんぞこれー!!」

るか「だ、誰なんですかこの男の人達!?」

紅莉栖「・・・き、桐生さん!?」

萌郁「・・・」

岡部「中ででてるぅぅぅぅっ、んんっ!!///」



まゆり「トゥットゥルー☆萌郁さん、ありがとー」

萌郁「・・・例には、及ばない」

ダル「まゆ氏、どゆこと?」

まゆり「萌郁さんにおちんぽの増援を頼んでおいたのです!男がダルくんだけだとオカリンもかわいそうなのです」

ラウンダー「」ギンギン

岡部「またイくぅっ、イっちゃううううううううっ!!!///」ビュルルルルルルル



153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/06/30(木) 23:34:35.83 ID:zeA2ivd20

まゆり「よかったねぇオカリン、オカリンの大好きなおちんぽがいっぱいだよぉ」

岡部「えへ・・・へへへへへへへへへへ」

紅莉栖「で、結局このSSは何が言いたかったわけ?」

まゆり「虐められて犯されてるオカリンは最高に可愛いということなのです!」

まゆり「トゥットゥルー☆」


~HAPPY END☆~



170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/01(金) 00:09:49.50 ID:LTVfquIoi

>>153

傑作だった


元スレ
まゆしぃ「オカリンのシュタインズゲートもうガバガバだねぇ~」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1309424987/