SS速報VIP:ゼロツー「味はミクが一番かな!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526731188/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 20:59:49.02 ID:iznu4Skao

ミク「ちょっ、ちょっとゼロツー!?」

ゼロツー「ってことでぇ……それっ!」

ガバッ!

ミク「きゃあっ!? な、何するのよ!」

ゼロツー「食後のデザート、いっただっきま~す!」

ミク「ミクはデザートじゃな……くっ、くすぐったいってばぁ、あははっ!」

ゼロツー「んー! 甘ーい!」


一同「……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526731188




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:03:27.68 ID:iznu4Skao

ゼロツー「ダーリンの味も刺激的だけど……んーっ」

ミク「ひょえっ!?///」

ゼロツー「食後には、やっぱり甘いのだよね!」

イチゴ「はーい、そこまで! 二人共、お行儀悪いよ!」

ゼロツー「……ちぇっ」

ミク「ちぇっ、じゃないでしょアンタって子は~!」

ゼロツー「あっはは! ゴメンゴメン!」


ココロ・イクノ「……」

男子達「……」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:06:11.96 ID:iznu4Skao

ゼロツー「物足りないけど、ありがとミク」

ミク「……お礼を言われても、複雑なんだけど」

イチゴ「でも……確かに、甘いものは欲しいよね」

ゼロツー「そうそう! なんだ、話がわかるじゃん!」

イチゴ「だからって、人を舐めるのは禁止!」

ゼロツー「えーっ!?」

ミク「えーっ、じゃない! 舐められる方の身にもなってよね!」


ココロ・イクノ「……」

男子達「……」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:10:41.51 ID:iznu4Skao

ゼロツー「それじゃあ……はいっ、どうぞ」

ミク「どうぞって……は、はあっ!?」

ゼロツー「舐められる方の身にならないと、気持ちがわからないな~」ニンマリ

ミク「ぜ、ゼロツー……アンタねぇ!?」

イチゴ「アンタ達ねぇ、仲が良いにしても、さすがに――」


イクノ「それじゃあ、私が舐めるね」


ゼロツー・ミク・イチゴ「……」

ゼロツー・ミク・イチゴ「えっ?」


ココロ「……」

男子達「……」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:13:33.50 ID:iznu4Skao

イクノ「どうしたの、驚いた顔して」

ゼロツー「あ、いや……うん」

ミク「イクノ!? アンタ、本気!?」

イクノ「本気だよ」

イチゴ「……はぁ、どうしてこんな事に」


イクノ「ほら、イチゴ。舐めるからこっち向いて」


イチゴ「……」

イチゴ「へっ!?」


ココロ「……」

男子達「……」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:17:47.19 ID:iznu4Skao

イチゴ「いっ、イクノ!? 何言ってるの!?」

イクノ「? ゼロツーは、ミクが舐めるでしょ?」

ミク「ちょっと!? 勝手に決めないでよ!」

イクノ「そうしたら、私はイチゴを舐めるしか無いじゃないの」

イチゴ「どうしてそうなるの!?」


イクノ「ほら、私って、甘酸っぱいのも嫌いじゃないし」


ゼロツー「あー! 名前の通り、イチゴ味かも知れないもんね!」

イチゴ「そんな事、あるはずないじゃないの!」

イクノ「それは、舐めてみないとわからない。ほら、イチゴ」

イチゴ「……!?」


ココロ「……」

男子達「……」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:21:25.79 ID:iznu4Skao

ゴロー「……俺達って、こういう時に無力だよな」

フトシ「……うん。なんだか、話に入って行きにくいよね」

ゾロメ「おい、ヒロ……お前が何とかしてこいよ」

ヒロ「無理だよ……俺、ああいう時のゼロツー、止められないよ……」


ココロ「……あ、あのっ!」


男子達「……えっ?」


ココロ「ヒロくんは……刺激的な味、なんだよね?」

ココロ「だ、だったら……ミツルくんは、どんな味なのかな!?」


ミツル「……」

ミツル「えっ?」



10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:26:37.97 ID:iznu4Skao

ミツル「こっ、ココロさん!? 何を言ってるんですか!?」

ココロ「私、気になるの! ミツルくんの味が!」

ココロ「だ、だってその……ゆっくり味わう余裕なんて、なかったから……///」

ミツル「そ、それは……///」

ミツル・ココロ「……///」


フトシ「ミツルううう~~っ!」

ガシッ!


ミツル「なっ、何を!? は、離してください!」

フトシ「ココロちゃんが! ココロちゃんがミツルを味わう位なら……!」


フトシ「俺が、お前を舐めて、その味をココロちゃんに伝える!」


ミツル「はあっ!?」

ココロ「ええっ!?」



11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:30:41.71 ID:iznu4Skao

ミツル「やめてください! 何を考えてるんですか!」

フトシ「待っててココロちゃん! 俺、舌は確かだから!」

ミツル「や、やめ……! ココロさんが見てる前で、そんな……!」


ココロ「みっ、ミツルくん!」


ミツル「こ、ココロさ――」


ヒロ「……」


ミツル「――ヒロ――ッ! 見ないでください! お願いです!」

ミツル「こんな姿を……アナタだけには見られたくありませ――んっ!」


ココロ「……」

ココロ「ミツルくん?」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:35:03.64 ID:iznu4Skao

ココロ「ねえ、私には見られても良いの?」

ココロ「ヒロくんには、見られたくないのに?」


ミツル「ち、違っ……今のは……!」

フトシ「んー……」

ぺろっ!

ミツル「うあっ!?」ビクンッ!

フトシ「……あんまり、味がしないや」


ヒロ「……」


ミツル「やめてくださ――いっ! ヒロ、見ないで!」

ミツル「こんな僕を見ないでください! ヒロ――ッ!」


ヒロ「……あ、うん」


ミツル「……ありがとう、ございます」


ココロ「……」



13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:43:04.07 ID:iznu4Skao

  ・  ・  ・

ゴロー「……なんか、すげえ怒ってたな」

ヒロ「……笑ってるのに、迫力があったよね」

ゾロメ「……俺、あんなココロちゃん初めて見た」

ゴロー「二人してどっか行っちまったし……」チラッ

ヒロ「ちょっとゴロー、俺を見るのやめてよ」


フトシ「うっ……! うぇっ!」ポロポロッ

フトシ「ココロちゃん……! そんなにミツルの薄味が良いの……!?」ポロポロッ


ゾロメ「――元気出せよ。顔がグチャグチャじゃねえか」

…ポンッ

フトシ「……ゾロメ」ポロポロッ

ゾロメ「濃厚なスープも良いけど、背脂凄いぞ。つか、痩せろデブ」

フトシ「うわああああっ!」ポロポロッ!


ヒロ・ゴロー「……ひでえな」



14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:50:04.68 ID:iznu4Skao

ヒロ・ゴロー「……」

ヒロ「……とっ、とりあえず! 女子達は!?」

ゴロー「……おっ、おう! こっちばかりに気を取られてたぜ!」


イクノ「イチゴ……ちょっとペロッとするだけだから」チュバッ! チュバッ!

イチゴ「絶対ウソ! その唇の動き、ペロッって感じじゃない!」

イクノ「大丈夫。イチゴ、私を信じて」チュバッ! チュバッ!

グググッ…!

ミク「凄い力……! ゼロツー、アンタ真面目にやってんの!?」

ゼロツー「やってるよ! やってるけど、止まらないんだって!」


ヒロ・ゴロー「……!?」



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 21:58:11.04 ID:iznu4Skao

イチゴ「もっ、もうやめよ!? ねっ!?」

イクノ「そうだね、イチゴがそこまで言うなら……」チュバッ! チュバッ!

イチゴ「聞く耳持たず!」

ゼロツー・ミク「んがぎぎぎっ……!」


ヒロ・ゴロー「……」

ゾロメ「……うっわ、なんだかやべえ感じになってるじゃん」

ヒロ「……ゾロメ」

ゴロー「フトシは?」

ゾロメ「なんか、ミツルとココロちゃんの様子を見に行くって出てった」

ヒロ・ゴロー「……なあ、それ、まずいんじゃ――」


ゼロツー・イチゴ・ミク「――ちょっと男子! 手を貸して!」


ヒロ・ゴロー・ゾロメ「……はっ?」


イクノ「イチゴ……! イチゴ……!」チュバッ! チュバッ!



16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:03:42.90 ID:iznu4Skao

ゼロツー「ダーリンっ! 止めるの、手伝って!」

ヒロ「お、俺がっ!?」

イチゴ「た、助けてヒロっ! ゴロー!」

ゴロー「助けろったって……」

ミク「こういう時くらい役に立ちなさいよね、ガキンチョ!」

ゾロメ「あぁ!? んだとコラァ!」


イクノ「――邪魔する気?」チュバッ! チュバッ!


男子達「ひっ!?」

男子達「……あの、その」


女子達「男子っ!」


男子達「……」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:10:22.98 ID:iznu4Skao

ゴロー「……うん。そもそも、女子が始めたことだしな」

ヒロ「……ああ。俺も、ゼロツーが皆と仲良くなれたみたいで嬉しいよ」

ゾロメ「……だな。アイツも俺様のパートナーだけど、満更でも無さそうだったしよ」


女子達「……」

女子達「はっ?」


ゴロー「女子同士のコミュニケーションに、男子が入っていくもんじゃないな!」

ヒロ「そうだね! 本当、ゴローの言う通りだと、俺も思う!」

ゾロメ「おう! っつーわけで、俺たちは部屋に戻るとするか!」

男子達「そうしよう!」


女子達「……」



18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:14:39.61 ID:iznu4Skao

男子達「――それじゃっ!」


…ガシッ!


ゼロツー「……ダーリン? ボクは、手を貸してって言ったんだけどなぁ?」

ヒロ「ぜ、ゼロツー……いや、その……ははは」


ミク「……あのさぁ。パートナーがお願いしてるのに、逃げるって何?」

ゾロメ「それは、その、あれだよ……にっ、逃げたわけじゃねーし!」


ゼロツー・ミク「あ゙ぁ!?」


ヒロ・ゾロメ「……すみませんでした」

ヒロ「……ねえ、ゴローは?」

ゾロメ「……チクショウ、アイツ一人で逃げやがった」



19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:21:09.11 ID:iznu4Skao

ゼロツー「ダーリン? これは、お仕置きが必要かな?」

ヒロ「おっ、お仕置き!?」

ミク「今日という今日は……覚悟しないさいよね」

ゾロメ「かっ、覚悟!?」

ゼロツー「思いっきりやろうね、ミク♪」ニコッ

ミク「そうだね、ゼロツー♪」ニコッ

ヒロ・ゾロメ「……!?」

ヒロ・ゾロメ「や、やめ――」


イチゴ「やめてええええっ! だ、誰かっ! 誰かああああっ!」

イクノ「ふーっ! ここの味は!? ここは!? ここは!?」チュバッ! チュバッ!

イチゴ「あいたたたいたたた! 助けっ、助けてええええっ!」


ヒロ・ゼロツー・ゾロメ・ミク「……」

ヒロ・ゼロツー・ゾロメ・ミク「あっ」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:24:53.59 ID:iznu4Skao

  ・  ・  ・

ゴロー「……――と、こういった事がありまして」


ハチ「報告ご苦労だったな」

ナナ「ねえ……ホッペタ真っ赤だけど……痛くないの?」


ゴロー「はは、もう感覚が無い程叩かれたので大丈夫ですよ」


ナナ「……そ、そう」

ハチ「しかし、博士……本当に、何もしなくて良かったのですか?」


博士「子供がじゃれとるのに、一々付き合っとれるか」

博士「それにまあ、中々興味深いデータも取れた」


ナナ・ハチ「……はあ」



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:32:36.94 ID:iznu4Skao

ナナ「でも……」

ハチ「何人かは、虚ろな目で――おそらきれい――しか言わなくなり……」

ナナ「何人かは、非常に満足した様子で……」

ハチ「一人は、濁った目で、見ているだけなのも、それはそれで――と……」


一同「……」


博士「……あのじゃじゃ馬はどうしておる?」

ゴロー「ミクと、ちょっと仲良くなったみたいです」

博士「ほう! 今度は、友情を深めようというのか、アヤツは!」

博士「善き哉、善き哉! はっはっは!」


ゴロー・ナナ・ハチ「……」



23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:39:49.99 ID:iznu4Skao

  ・  ・  ・

ミク「――ほーんとっ! 男子って、肝心な時に役に立たないんだから!」

ゼロツー「ダーリンには、今度からしっかりして貰わないと」

ミク「大丈夫じゃない? あれだけ言って聞かせたんだし」

ゼロツー「……うん、そうだね」

ミク「パートナーの躾は、しっかりしないとね!」

ゼロツー「躾かぁ……ダーリンにそういう真似するなんて、考えもしなかった」

ミク「そんなんじゃ駄目だよ、ゼロツー!」

ゼロツー「……うーん」

ミク「……そういう事をヒロにするのって、抵抗ある?」

ゼロツー「……ううん、楽しみかも」ニンマリ

ミク「そうそう、その意気!」


ミク「舐めた真似したら、ガツンといかないと!」



おわり



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/19(土) 22:43:22.85 ID:iznu4Skao

こんなくだらないもん最後まで読んでくれてありがとう
HTML化依頼出しときます


元スレ
SS速報VIP:ゼロツー「味はミクが一番かな!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526731188/