1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 11:28:03.97 ID:gefyZyz10

幼馴染「おはよー」

男「おはよ」

幼馴染「そういえばボク昨日一日中オナニーしてたら眠れなくて…」

男「えっ?」

幼馴染「あっ、大丈夫だよ!全部男のこと思ってしたから…すっごい気持ち良かったの」

男「えっ?え?」

幼馴染「それでもボクこんなに元気なんだよ!ほら、ほら!」クチュクチュ

男「一体なにが、あれ?えっ?」

幼馴染「んぁっ、おとこが見てる…だめ、もう…もう」ヒクヒク

男「いや、あの…ちょっと…」

幼馴染「ふぁあああああっ!」ビクッビクン

男「」


俺「キチガイの痴女だこれ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 11:44:41.76 ID:gefyZyz10

女「巨乳巨乳…ふむふむ、天然、アホの子と相性良しか」

男「とりあえず触っただけでビクンビクンして動けそうに無かったから保健室に運んでおいたけど」

女「あの…男君?」

男「あ、おはよう女さん」

女さん「その、昨日男君にハンカチ貰ってからね…」

男「お茶こぼしたから貸してあげてたんだっけ」

女「止めようと思ったんだけど…ハンカチの匂い嗅ぐの止められなくて…」

男「え?」

女「そしたら…その、お、ぉ股が…じんじんしてきて」

女「何か出てきたからハンカチつかっちゃったんだけと…拭けば拭くほど出てきちゃって…」

女「よく分からないけど、男君にさわってほしくて…おねがい…おかしくなっちゃいそぉで…」ハァハァ

男「」


俺「また痴女だこれ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 11:54:36.43 ID:gefyZyz10

女「ぁ、ぁ…」テクテク

男「え?なに?いきなり近づいてきて…何するの」ビクビク

女「んっ」ギュッ

男「いたっ、女さん…ちょ、強い」

女「んふーっ!くんかくんか」スリスリ

男「そんな、匂い嗅がないで、柔らかいの当たってる」

女「温かくて…良いにおいで…」

女「はぅ…やばぃ…た、立てない…」キュンキュン

男「またか、保健室行かないと」



男「すいませーん」

幼馴染「おとこっ!朝はごめんn

幼馴染「…なんで女さんをおんぶしてるのかな…?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 12:02:21.19 ID:gefyZyz10

男「いや、なんか…風邪なのかな?ははは…倒れちゃって」

幼馴染「女ちゃんはそんな風に見えないけど?」

女「おとこぉ…背中おっきぃ、ちゅっちゅ」

男「ゆ、夢でも見てるのかな…?」

幼馴染「へぇー、男の背中で顔赤らめて息荒くして腰をカクカクしながらとろんとした目で首筋にキスするのは夢見てるときなんだ…」ジトー

男「えっ?」チラッ

女「ふーっ、ふーっ!んちゅ…ふあああん!」ビクビク

幼馴染「ていうか、目開いてるし完全に発情してるから」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 13:55:11.90 ID:iTvN3b8y0

男「そ、そんなことないよ…ちょっと病気っぽくて」

女「んぁ…、はぁん…」

幼馴染「違うでしょ明らかに発情してるから、盛りのついたメス猫もそこまでいかないから」

男「ははは…それじゃ幼馴染、女さんの事よろしく」

女「はぁ…はぁ…」クタ

幼馴染「いや、ボクもう大丈夫だから…」

男「寝不足なんでしょ?ゆっくり休めよー」タタタッ

幼馴染「あ…」

女「…」スースー

幼馴染「どうしよ…」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:00:17.64 ID:iTvN3b8y0

委員長「委員長委員長…なるほど、ツンデレ、メガネ、ツンデレつんでれ…」

男「今日は疲れる一日だな…」

委員長「えぇ!?これだけっ!?ほかにっ、他にはないの!?」

男「?」

委員長「つ、ツンデレってどうすればいいんだろ…メガネなんて持ってないし…」

男「委員長どうしたの?」

委員長「う、うるさいわねっ!誰も貴方に好かれようなんて考えてないわよっ!」

男「!…そ、そうだよね、あはは…ごめんいきなり」

委員長「まったくもう…これだから男は…かわいいんだから」ボソッ

男「え?」

委員長「聞こえないわよね、分かってるわ…それじゃ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:05:23.13 ID:iTvN3b8y0

男「あ、待って!」ガシッ

委員長「ぇ?」

男「先生が呼んでたよ、文化祭のことでどうのこうのって」

委員長「て…手は握らなくてもいいんじゃない…?」

男「あっ」バッ

委員長「まったく…これじゃまた手を洗ゴニョゴニョ」

男「ご、ごめんね…勝手に手なんかにぎっちゃって…」シュン

委員長(あぁ…もう可愛い…)フルフル

委員長「だめ……もう…かわいいっ!」ギュー

男「い、いいんちょ…くるし……ぁ」

男「」

委員長「あれ、動かなく…保健室に運んであげましょう…」ギュッ



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:11:02.16 ID:iTvN3b8y0

委員長「すいませーん」

男「」

幼馴染「あれ?いんちょ…

幼馴染「どうして男が背負われてるのかな…?」

女「ぁ…委員長良いなぁ私も男君背中乗せたい…」

委員長「いや、あの…いきなり倒れちゃって」

幼馴染「泡吹いて白目向いてるけどまたやったの…?」

委員長「…」コクン

委員長「シュンてした男が…あまりにも可愛くて…」

女「うん…うん、分かるよ委員長」ガシッ

女「だから私にも一回抱かs

幼馴染「やめろーっ!まだボクだって抱きしめてないんだぞっ!」

幼馴染「それなのに委員長はもう二回も…」

幼馴染「女ちゃんだって今日男に抱きついて保健室来たじゃないか!」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:18:35.48 ID:iTvN3b8y0

幼馴染「だいたい幼馴染のアドバンテージは誰にも負けないんだから!」

委員長「幼馴染ってえてしてただの友達にしか見られてなかったり」

女「それなら私のこのムネのほうが文字通り大きなアドバンテージ…」

委員長「男がみんな巨乳好きとは思わない方がいいわよ」

幼馴染「委員長って何もないよね」

女「堅物の黒髪ロングメガネで、ツンデレも度を超すとうざいし」

委員長「ぐぬぬ…」

委員長「わかったわ!処女ビッチ、茶髪ショートのコンタクト、素直ヒートでどう!?」

女「詰め合わせ過ぎ」

男「ビッチはちょっと」



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:22:13.58 ID:iTvN3b8y0

委員長「おとこ!?」

幼馴染「いつから起きてたの?」

女「おとこぉ…」ハァハァ

男「ぐぬぬ…のあたりから」

幼馴染「なるほど、期待を裏切らないよね」

委員長「だろうと思ってたわ」

女「ふぁん…」スリスリ

男「なにが?」

女「あ、ぁっ、ぁ…」スリスリ

幼馴染「おんなぁ!うるさいな!は、離れろよ!ボクが許さないぞ!」ガシッ

女「いやぁ…もうちょっとだったのに…」

委員長「ビッチがいますよ、ここにいますよ」




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:28:58.80 ID:iTvN3b8y0

男「ビッチなの?」

女「ううん、違うのぉ…なんでだろ、男じゃなきゃいや」

男「あははっ不思議だね、新しい病気かも」

幼馴染(この鉄壁)

委員長(これだけ属性つけても落ちないとは…)

女(これだけ言ってもだめなの!?)

キーンコーンカーンコーン

男「あ、昼休み終わるから教室もどろっか」

女「ぁ、だめ…まだ腰が、男おぶって」

幼馴染「さっき元気に腰振ってただろうが」

委員長「ぁ、わたしも」

女「委員長は男絞め落としただけでしょ」

幼馴染「ぁ、ボク昨日からの余韻でまだ足たたなぃ…」

委員長「しらねえよ自業自得だろ」

男「早く行かないと遅れちゃうよー」スタスタ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:47:59.37 ID:iTvN3b8y0

翌日

ザワザワ

イインチョードウシタンダ

ザワザワ

委員長「おとこっ!今日も可愛いね」

男「大分変ったね!」

委員長「髪切って染めてみたの…ど、どうかな?」

男「こういう委員長もありだと思う」

委員長「え?そ、そうかな…ありがと///」

委員長「男に気にいってもらえるかなっておもって…」

男「そうなの?ありがと」ニコッ

委員長「はうぅ…」キュン

幼馴染「おいおい…本気でやってきちゃったよ…どうしよ女ちゃん」

女「おとこ…今日も良いなぁ…」

幼馴染「だめだコイツ、見えてねえ」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 14:57:41.56 ID:iTvN3b8y0

委員長「おとこ…好きだよ」

男「うん、僕も委員長の事好きだよ」ニコニコ

委員長「いや、多分そういう意味ではなくて…」

男「?」

委員長「あぁ…はぅ…もうなんでもいいかも…」ギュッ

男「委員長体冷たいね」ギュッ

委員長「そんなぁ…男から抱きしめてくれるなんて…」

委員長「今夜のおかずは決まったわ…」スリスリ

男「むーむーっ」

幼馴染「あのビッチ…うらやましい…」

女「委員長いいなぁ…昨日から何度も…」

幼馴染「ボクももっと素直に…」

女「んっ!おとこの体…意外と大きくて…ぁ、胸の中で…イくっ」クチュクチュ

幼馴染「妄想やめろ」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 15:04:41.48 ID:iTvN3b8y0

委員長「むふふ…今日は素晴らしい日になりそう」ツヤツヤ

幼馴染「いい加減にしなさいメス猫」

女「だ、だめだよ?男に抱きつくのは皆そろえようって話し合ったじゃない…」ヒクヒク

幼馴染「ごめんなさい、メス猫はこっちだった」

委員長「そんなこと言って幼馴染が全然やらないから皆できないんでしょ!」

女「そうそう!私だって我慢してるんだから!」

幼馴染「ぐぬぬ…」

幼馴染「だってボクみたいなツルペタが抱きついてもきっと悲しくなるだけで…」

女「ツル?ペタは一目瞭然だけどツルなの?」

委員長「なるほど…なかなかやるわね」ニヤニヤ

幼馴染「う、うるさい!だまれっ!」

委員長「否定はしないのね」

女「なるほど」

幼馴染「くそぉ…いいじゃん!これから生えてくるもん!そしたら胸も大きくなるもん!」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 15:08:53.23 ID:iTvN3b8y0

女「それにしても早く抱きつきたいなぁ…」

委員長「私も…あ、思いだしたら我慢できないかも…」

女「良いにおいで…すっごく落ち着く」

委員長「温かくてキュンキュンするのよね」

幼馴染「……」ドキドキ

幼馴染「ちょ、ちょっとトイレ」



委員長「ようやく行った?」

女「もー、もどかしすぎてハラハラしちゃうよね!」

幼馴染「え?なに?背中押してくれたの?」

委、女「まだいたの…」

幼馴染「ねぇねぇ!」

女「ううん、違うよ」

委員長「私たちだってもっと抱きしめ合いたいんだから」



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 15:24:08.31 ID:iTvN3b8y0

委員長「それにしても…」

委員長「キャラかえて正解だったなー!」

女「…」

委員長「男…意外としっかりした体で…」

女「いいなぁいいなぁ…」

委員長「胸に顔うずめちゃった…」

女「わ、わたしも…巨乳には…どうすれば」

委員長「そうね、巨乳といったr

性活指導「委員長、すぐに職員室に来なさい」

委員長「え?」

女「そっか…茶髪はだめだよね」



67: ちょっとまってホライゾン12話面白い 2011/12/20(火) 15:32:38.28 ID:iTvN3b8y0

女「ここで私もキャラ変えに行ったらきっと委員長もろとも幼馴染に食われる…」

委員長「黒髪ショートになってしまった…」

女「変に小細工せずに巨乳痴女で押していくべき!」

幼馴染「自覚あったのかよ」

委員長「運動もできない短髪なんて…」

女「これでロングは私だけ…サラサラロングは大きな武器になる」

幼馴染「良く考えたらボクも痴女だった…」

幼馴染「いきなり男の前でイジって達しちゃうなんて…」

委員長「カラーリングのお金…あぁ…」

幼馴染「ボク…すっごい恥ずかしいことしちゃって」カァァ

女「そうときまれば色々と開発しておかないと…んっ」


モブ1「なんだあそこ…すっげえ悶々してる…」

モブ2「近寄るな!食われるぞ…」



72: 福山さんセリフ長ぇすげぇ 2011/12/20(火) 16:08:08.75 ID:iTvN3b8y0

幼馴染「おとこ…あの、昨日の朝のは…全部嘘だから!」

男「昨日の朝?」

幼馴染「その…一晩中、あれしちゃったって…」

男「うん、そうだよね何となく分かってた」ニコッ

幼馴染「あうぅ…ご、ごめんね?」

幼馴染「あのときは、ちょっと…風邪でげふんげふん」

男「まだ治ってないんじゃない?保健室行く?」

幼馴染「え?いや…う、うん!行く行く!」

男「それじゃいこうか」

幼馴染「あ!まって!…ちょっとだるくて、歩くのもしんどいっていうか…」

男「ん、じゃあはい、おぶってくよ」

幼馴染「っ!やった!」





74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 16:15:48.90 ID:iTvN3b8y0

幼馴染「はぁん…」ギュ

男「大丈夫?顔赤いけど」

幼馴染「あぁ…ホントだ」

男「」テクテク

幼馴染「温かくて…良いにおいで…」キュン

幼馴染「ふぁ…んっ」スリスリ

男「もうちょっとだから頑張ってね」

幼馴染「ぅんっ…あっ、あ…」カクカク

男「すいませーん」

ガラッ

委員長「腰振ってるぞ、見たか?」

女「確かにこの目で」

委員長「痴女だな」

女「うん、間違いない」

幼馴染「!?」



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 16:20:54.81 ID:iTvN3b8y0

男「じゃあベッドでゆっくりしてね」ガラッ

幼馴染「ぅん…///」

女「恥じらってる」

委員長「あざといな」

女「これはひどい」

委員長「あの反省会はなんだったのか」

幼馴染「う、うるさいなぁ!女だっておんなじことしてたくせに!」

幼馴染「しかもしかもっ、女はびくんびくんしてた!ボクはしてない!」

女「だってわたし痴女ですし」

幼馴染「」

委員長「正直になっちゃえyo」

委員長「男の背中で欲情してこすりつけてたっていえyo」

幼馴染「…うん」コクン



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 16:29:57.66 ID:iTvN3b8y0

女「それじゃあ私も1回抱きしめられる…」ジュン

委員長「ジュン…じゃねえよ」

幼馴染「ジュン…じゃねえよ、じゃねえよ」

幼馴染「まだ私が1回でしょうが!」

幼馴染「女ちゃんもう2回してる!委員長も2回!!!!!」

幼馴染「まだボクの番なの!」ハァハァ

女「あれ、息荒くしてまだ発情してるのかな」

委員長「そうとみてまず間違いないでしょう」

幼馴染「違ぁう!!!!!!」

男「さっきから大きい声出してどうしたの?」

全員「!?…ま、いっかどうせ聞いてないだろうし…」

委員長「ちなみにどの辺から聞いてたの?」

男「番なの!のあたりから」

女「ですよね」



80: また間違えてるよなんなの?バカなの? 2011/12/20(火) 16:35:41.46 ID:iTvN3b8y0

幼馴染「うわああああああん!」ダキッ

男「ど、どうしたの?」

幼馴染「皆がいじめてくるよおおおおお」スリスリ

男「落ち着いて落ち着いて」ナデナデ

幼馴染「ん…もっとなでて…」ウルウル

女「な…なでなで…?」

委員長「抱擁からのナデナデ…不覚、盲点だったわ…」

女「んっ…おとこぉ、そんな優しくお腹なでられたら…」

委員長「やめろ、妄想やめろ、私も下腹部がキュンキュンしてきた」

男「どう?落ち着いた?」ナデナデ

幼馴染「うん、ボクもう大丈夫…ありがと」ギュッ

委員長「…///」サスサス



87: Fate/zero見てたゴメン面白かった 2011/12/20(火) 17:16:33.17 ID:iTvN3b8y0

男「…」ギュ

幼馴染「え?…」

女「?」

委員長「?」

男「…」

幼馴染「あ…あ、あの…」ギュッ

男「それじゃ、ゆっくり休んでねー」

女「はぁい…んっ」ビクンビクン

委員長「おい……おい」

幼馴染「…」ドキドキ

委員長「あれ乙女だよ…やばいよ」

女「ふぁ?…ん、そうだねぇ」

委員長「」



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:22:39.96 ID:iTvN3b8y0

委員長「落ち着いたところで」

委員長「第二回男君会議を始めます」

幼馴染「お、お願いします」

女「…」ポーッ

委員長「これで全員2回で並んだわけですが」

女「次、私ね」

幼馴染「いや、このままボクがもう一回」

委員長「そろそろ私の番です、みなさん下がりなさい」

女「えーっ!えー!やだやだー私も擦りつけたいー」

委員長「もう少し恥じらいを持ちなさい」

委員長「それに擦りつけるのが目的じゃないから」

委員長「オカズを手に入れるのが目的だから」

幼馴染「へ、変態だー!」

委員長「あんたもでしょうが!」



91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:34:15.16 ID:iTvN3b8y0

女「どうせならんでるんだから早い者勝ちで良いんじゃない?」

幼馴染「そ、そうね…でも1回だけよ!2回はダメだからね」

委員長「そうだな…フライングは許さない」

全員「それでは」

ダダダッ

女「おとこぉー!」ダキッ

幼馴染「!?」

女「おとこー…大好き、大好きだよぉ」スリスリ

委員長「早い!…しかもあのアプローチ」

男「ど、どうしたの?僕も女さんの事好きだよ」

女「じゃあちゅー!ちゅーしよ」

男「はいはい」チュッ

女「ぇ?」

幼、委「うわああああああ!!!!!」



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:37:30.32 ID:iTvN3b8y0

幼馴染「…口、男の唇が」

委員長「ふぁ…ふぁふぁ…」

男「これでいいの?」

女「もういっかい…ぎゅって抱きしめながら…」

男「ちゅっ」ギュ

女「ふぁあ…」ガクガク

幼馴染「お、男!ボクもっボクもちゅーする!」

男「え?幼馴染も?」

幼馴染「女ちゃんとやったみたいに!」

男「えーいいよ」チュ

幼馴染「はうぅん!…」

委員長「」



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:40:39.27 ID:iTvN3b8y0

委員長「おとこ!」

男「いいんちょ」

委員長「ちゅ…れろ、ん」

男「ちょ、いんちょ…」プハッ

委員長「が、我慢できなくて…私の事好きって言ったよね?」

委員長「そんなつもりじゃなかったんだろうけど…」

委員長「あんなこと言ったら…男の方がわるいんだからぁ」

男「ううん、そういうつもりで言ったよ」

委員長「え?」

男「女の子として委員長の事好きだよ」

委員長「え?」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:44:21.58 ID:iTvN3b8y0

男「黒髪ロングのツンデレ委員長も好きだったけど」

男「ショートにした素直な委員長も可愛くて大好き」

男「欲を言えばメガネかけて欲しかったかな」

委員長「えっ?え?」

女「わっ!私の事は!?さっき言ったのは?」

男「嘘じゃないよ」

女「え?」

男「女の子として女さんの事が好きだから言ったの」

女「…」キュン

幼馴染「…」



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:47:51.06 ID:iTvN3b8y0

男「巨乳を生かして胸押しつけてるときとか」

男「僕の背中で興奮してるのすっごいドキドキした」

男「もっと天然なとこが見たかったけどね」ニコ

女「おとこぉ…」ギュ

委員長「ちょ、ちょっと!私にも片方よこしなさい!」

幼馴染「お、おとこ…」

男「どうしたの?泣きそうな顔しないで…」

幼馴染「ぼ、ボクの事は…その…ど、どう思ってるのかなって」

男「大好き」

女、委「」

幼馴染「えっ?あれ??」

男「昔からずっと好き」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:53:38.39 ID:iTvN3b8y0

男「いきなり僕の目の前でイジりだしたときはビックリしたけど」

男「ボクっ娘で素直な貧乳の子とか凄い、幼馴染でよかった」

男「天真爛漫さをもっと前に押し出してきたら完璧だったよ」

幼馴染「ボクも大好きだよ!」ダキッ

男「ありがとう」ニコッ

男「一人に決められない優柔不断な僕だけどいいの?」

女「なんでもいいよぉ…ずっと頑張ってきたんだから」

委員長「もう、気にしないで抱きついていいんだよねっ!?」

幼馴染「ボクもう離さないからね…みんな同じように相手してよねっ!」

男「もちろん、みんな大好きだからね」

女、委、幼「はぁ…んっ」キュン



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 17:59:32.19 ID:iTvN3b8y0

3日前



……

男「ハーレム男ハーレム男…なるほど、鈍感、聴覚障害、朴念仁が一番か」

男「よし、がんばるぞ!」

男「みんな可愛くて決められないからなあ…」

男「それに、今週末クリスマスだし!」

男「一人で過ごすのはちょっと…ないよね」





おわり
ちなみに俺はクリスマスりせちーと過ごしたいと思う
サンタさんに二次元への片道切符頼んだんだ…
カップルはしね
クリスマスはしね



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/20(火) 18:07:29.65 ID:9wQdxuvq0

落ちまですっきり



元スレ
幼馴染「貧乳貧乳…なるほど、素直、元気、ボクっ娘と相性良しか」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324348083/