2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 09:05:14.10 ID:DadRUlbx0

岡部「な、何を言っているのだダル!」

岡部(どういうことだ?Dメールを送った途端)

岡部(ダルに絡まれるとは……しかもスケベだと?)

ダル「何って、いつもしてることだお」

岡部「な……なんだと……」

岡部(いつも!?この世界線の俺はいったい……)

岡部「じ、冗談だよな?そうだと言ってくれ」

ダル「もう、今日のオカリンはほんとにおかしいお。オカリンは」

①女。ダルの彼女。
②男。ダルの彼氏。

>>4



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 09:35:50.07 ID:dsibGmTs0

2



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 09:45:07.41 ID:DadRUlbx0

ダル「オカリンは僕の彼氏だからこのくらいいつもやってるじゃん」

岡部「」

岡部「いつも?」

ダル「うん」

岡部(な、なんだこの世界線!!!)

ダル「だから、ほら、オカリン」

ダル「やらないか?」

岡部「まてまてまて!!」

岡部「こ、これは機関の陰謀に違いない!でなければ俺がダルと」

岡部「お、俺がダルと」

岡部「おえええええええ」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 09:59:33.58 ID:DadRUlbx0

ダル「もう、オカリンってば照れちゃって」

岡部「や、やめ……」

「やめなさい!!」

ダル「だ、誰だお」

岡部「お、お前は……」

岡部「クリスティ……な?」

紅莉栖「ティーナゆーな!!」

岡部「いや、どうしたのだ……その格好……」

岡部(なんて露出の高い服を!)

紅莉栖「え!」

紅莉栖「岡部あんたまさか……」

岡部(ん?もしや改変したのがバレ)

紅莉栖「ついに私の魅力に!?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 10:03:02.51 ID:DadRUlbx0

岡部「は?」

紅莉栖「やった!やったわ!これで岡部は!!」

ダル「ぐぬぬ……そ、そんなオカリンまさか」

岡部「えーと、事情が飲み込めないのだが……」

紅莉栖「あんたが言ったんでしょ!一度でも俺を欲情させられたら」

紅莉栖「そいつのものになってやるるって!!」

岡部「」

紅莉栖「忘れたとは言わせないわよ!!」

岡部(なんということだ……)

岡部(ダメだ……この世界線はダメだ……)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 10:07:49.49 ID:DadRUlbx0

紅莉栖「さ、岡部。あんたはもう私のものなんだから」

紅莉栖「私のホテルに行くわよ」

ダル「ちょっとまったああああああ」

紅莉栖「何よ橋田。さっさとその汚い手を岡部から離しなさい」

ダル「オカリンは……オカリンは僕のものだお!!」

ダル「だいたい、オカリンがまだ欲情したとは決まってないお!」

岡部(ああ……このまま引っ張られ俺は、真っ二つに避けてしまうのだろうか)

岡部(それもいいかもしれん……)

まゆしぃ「とぅっとぅるー」



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 10:14:07.45 ID:DadRUlbx0

まゆしぃ「あれー?みんななにしてるのー?」

紅莉栖「て、手伝いなさい!まゆり!」

岡部(まゆり……?まさかまゆりも)

まゆしぃ「え、え?」

岡部(良かった……いつも通りだ)

紅莉栖「今日こそ岡部を真人間に戻すのよ!!」

ダル「ひ、卑怯だお!二対一なんて!」

まゆしぃ「ええと、ええと」

紅莉栖「早く!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 10:20:59.07 ID:DadRUlbx0

まゆしぃ「う、うん!」

ダル「う……」

まゆしぃ「とぅるっとぅー!」

岡部「ぎゃあああああ!!」

紅莉栖「や、やったー」

紅莉栖「見たか橋田!!」

ダル「うう……」

紅莉栖「まゆりもよく……あれ?」

紅莉栖「まゆり?……岡部!?」

紅莉栖「や、やられらた……」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 10:24:23.96 ID:DadRUlbx0

岡部「はぁ……はぁ……」

岡部「いったいなんなのだこの世界線は」

まゆしぃ「大丈夫ぅ?オカリン」

岡部「あ、ああ、大丈夫だ」

まゆしぃ「えへへー、なら良かったのです」

岡部「まゆり……」

岡部「まゆり!」

まゆしぃ「きゃ、どうしたのオカリン」

岡部「済まない、しばらくこのままで……」

まゆしぃ「もう、みんな見てるよー」

岡部「まゆり……」

まゆしぃ「オカリン……」

紅莉栖「あー!!」

岡部「み、見つかっ」

まゆしぃ「チッ」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 10:35:51.55 ID:DadRUlbx0

紅莉栖「ちょっと!何やってんのよ岡部!」

岡部「い、いや、これはだな」

紅莉栖「あんたは私のものなんだから、勝手にそういうことを」

まゆしぃ「紅莉栖ちゃん」

紅莉栖「え?」

まゆしぃ「間違ってるよー」

岡部「ん?」

まゆしぃ「オカリンはー」

まゆしぃ「まゆしぃのものなのです☆」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:00:25.36 ID:DadRUlbx0

岡部「え?」

紅莉栖「な、何言ってるのよ、岡部は」

まゆしぃ「紅莉栖ちゃんはぁ、目が見えないのかなぁ?」

まゆしぃ「さっきまでオカリンとまゆしぃがラブラブしてたの、見たでしょぉ?」

紅莉栖「あ、あんなのまゆりが!」

まゆしぃ「違うよぉ。オカリンから抱きついてきたんだよぉ」

まゆしぃ「ね、オカリン?」

岡部「あ、ああ」

岡部「だ、だがあr」

まゆしぃ「どう、紅莉栖ちゃん。これでわかってくれたでしょう?」

紅莉栖「う……うう……お、岡部ぇ……」

岡部「え、えっと……」

まゆしぃ「ダメだよオカリン。紅莉栖ちゃんは泣き真似が上手なんだから」



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:18:13.10 ID:DadRUlbx0

岡部(ま、まゆりが恐い!)

岡部(どうするべきだ?紅莉栖やダルに相談しようにも、あの調子では……)

まゆしぃ「オカリン、まゆしぃは嬉しいのです」

まゆしぃ「オカリン、いつの間にか男の人とばかり仲良くなって」

まゆしぃ「まゆしぃのことなんて見てくれないのかと思ってたけど」

まゆしぃ「これからはずーっと一緒にいようね」

岡部(……)

岡部(このままでもいいかもしれん……)

紅莉栖「岡部!」

岡部「ん?助s

紅莉栖「ねぇ、岡部ぇ……わ、わた、私のものになってくれたら」

紅莉栖「な、なんでもするからぁ……」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:20:40.68 ID:DadRUlbx0

まゆしぃ「はぁ……」

まゆしぃ「まゆしぃは悲しいのです」

まゆしぃ「そんな小さなおっぱいを押し付けたくらいじゃオカリンは」

岡部「」

岡部(あばばばばば)

まゆしぃ「オカリン!」

紅莉栖「ふん、どうやら効き目があったみたいね!」グリグリ

まゆしぃ「な、ならまゆしぃも!」

岡部「」

紅莉栖「ちょ、まゆり!」

岡部(……)

岡部(このままでもいいかもしれん)



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:26:04.70 ID:DadRUlbx0

ダル「ならダルしぃもおおおおお!!」

紅莉栖「な」サッ

まゆしぃ「……」サッ

岡部「え?」フラフラ

岡部「ええええええ」ドッシーン

紅莉栖「お、岡部!?」

まゆしぃ「オカリーン!」

ダル「オカリンは渡さないお!!」

紅莉栖「なによ!どけ橋田!捨てられた癖に!」

まゆしぃ「オカリン!オカリン!」

岡部「うう……」

「こっち!」

岡部(こ、この手は……)

誰がいい?
>>47



47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:27:10.43 ID:Tbs0S2Gf0

くりす



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:46:37.06 ID:WfZwY+5B0

岡部(誰だかわからんが、今は)ギュッ

紅莉栖「さ、行くわよ!」

岡部(げ)

まゆしぃ「あ、オカリン!」

ダル「捨てないでぇ!!」

紅莉栖「早く!」

――――
――


紅莉栖「はぁはぁ、ここまでくれば……」

岡部「……」

紅莉栖「じゃあ、岡部ぇ……」

岡部「ま、待て助手よ!!」

紅莉栖「なぁに、とっとと覚悟決めなさい」



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:53:09.26 ID:WfZwY+5B0

岡部「俺はお前が知っている俺ではない!」

紅莉栖「はぁ?また中二病?」

岡部「違う!またDメールをだな……」

岡部「かくかくしかじかというわけだ」

紅莉栖「へー、じゃあ今の岡部は別の世界線の岡部だと?」

岡部「そういうことだ!」

岡部「だから悪いが、約束と言われても困る」

紅莉栖「ふぅん、でも岡部なのよね?」

岡部「いや……俺は狂気のマッドさ」

紅莉栖「はいはい中二病中二病」

紅莉栖「ふぅん、なるほど……」

岡部「ま、まあそういうわけだから」

紅莉栖「だが断る」

岡部「は?」

紅莉栖「むしろ好都合」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:57:09.40 ID:WfZwY+5B0

岡部「い、いや、待て!クリスティーナ?紅莉栖?」

紅莉栖「ふふふ、今の岡部はストレート……」

紅莉栖「しかも童貞なのよね……」

岡部「い」

岡部「いやあああああああああ」

①頭のいいマッドサイエンティストは上手いこと逃げ出す
②岡部の貞操は儚く散った
③助けが入る、人物名も

>>56



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 12:57:54.74 ID:mhZeRedC0

③萌郁



62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:04:30.65 ID:WfZwY+5B0

萌郁「だめ……」

岡部「お、お前は!」

岡部「指圧師!」

紅莉栖「萌郁さん!?」

萌郁「……」

紅莉栖「なんで……なんでなんでなんでなんで」

萌郁「……」スッ

岡部「?」

萌郁「逃げ……て……」

岡部「!恩に着る!」

紅莉栖「岡部ぇ!」

萌郁「行かせない……」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:07:01.41 ID:WfZwY+5B0

岡部「はぁはぁ」

岡部「ん?」

岡部「メールか。閃光の指圧師からだな」

萌郁「やったぁ!うまく巻いたよ!合流したいから場所教えて??」

岡部「ふむ……」

岡部(閃光の指圧師もおかしくなっている可能性もあるが……)

岡部(まあ、助けられたわけだしな)



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:10:03.54 ID:WfZwY+5B0

岡部「……」キョロキョロ

岡部(またメール……)

萌郁「ついたよー!どこー?早く会いたい!!」

岡部(……)

岡部(嫌な予感がするのは気のせいだろうか……?)

岡部(やはり……ん?)

岡部(またメールか)

萌郁「みーつけた」

岡部「」

ゴゴゴゴゴ

萌郁「見つ……けた……」




65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:12:54.33 ID:WfZwY+5B0

岡部「お、おお。ご苦労だったな、閃光の指圧師y」

ガチャン

岡部「え?」

岡部(手錠?)

岡部「お前もか!!」

萌郁「……」クスリッ

①今度こそオカリンの貞操が!
②残念、そのような玩具俺にはきかん!
③またも助けが

>>67



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:13:39.32 ID:CiEZnWYZ0

ここでMrブラウンが颯爽と登場!



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:19:50.27 ID:WfZwY+5B0

萌郁「……」

岡部(さっきから携帯が鳴りっぱなしだ……)

岡部(興奮しているようだな……)

岡部(く、どうする?逃げようにも手錠されていては……)

「岡部ぇ!!」

岡部「ん?」

萌郁「……!」

ブラウン「助けに来たぜ」

岡部「おお、ミスターブラウン!!」

ブラウン「へ、ここは俺に任せな」

萌郁「……」

ブラウン「喰らえやあああああ!!」

萌郁「くっ……」ダッ

ブラウン「ちっ、逃げたか」



74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:22:33.04 ID:WfZwY+5B0

岡部「済まない、ミスターブラウン。おかげで」

岡部「え」

ブラウン「岡部……」

岡部(え?抱きつかれてる?え?)

ブラウン「良かったよ、お前が無事で……」

岡部「み、ミスターブラウン……」

ブラウン「だがもう大丈夫だ。お前は俺が守る」

岡部「……」キュン

岡部(な、今のは!?)



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:24:37.26 ID:WfZwY+5B0

岡部(ち、違う!今のは気の迷い気の迷い気の迷い)

ブラウン「さて、じゃあ帰るか」

①ついていく
②別れる

>>80



80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:25:39.89 ID:xIqkn/6m0

2



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:31:02.69 ID:WfZwY+5B0

岡部「い、いや、ミスターブラウン……折角だが」

岡部(このまま一緒にいるとおかしなことになりそうだからな……)

ブラウン「そうかぁ?大丈夫か、お前だけで?」

岡部「ああ」

ブラウン「ふっ、だが、何かあったらすぐ呼んでくれよ」

ブラウン「俺はいつでも駆けつける」

岡部「……」キュン



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:33:58.22 ID:WfZwY+5B0

ミスターブラウンと別れました

岡部「さて」

岡部(ラボに戻るのは危険すぎる……)

岡部(しかし、この狂った世界を戻さなければいけないし)

岡部(どうするか……)

「私(俺)に任せろ!」

誰?
>>92



92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:34:50.22 ID:zFpcKIWuO





96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:39:31.72 ID:WfZwY+5B0

「私に任せて!!」

岡部「お、お前は……」

岡部「シスターブラウン!!」

岡部「な、なぜここに……」

綯「私が抜け道を案内してあげる!」

岡部(ここは信じてみるか?)

岡部(ミスターブラウンも唯一まともだった……)

岡部(ならこのシスターブラウンも……)

岡部「よし!任せたぞシスターブラウン!」

――――
――


岡部「これは……どういうことだシスターブラウン……」



99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:41:51.34 ID:WfZwY+5B0

綯「ふふふ」

岡部「く、痺れ薬が……」

①犯すため
②誰かに命令されて、人物名も

>>101



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:42:49.09 ID:0zma/sIE0

1



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/13(水) 13:46:20.50 ID:WfZwY+5B0

綯「聞いたよ、おじさん?女の子も好きになったって」

岡部「いや、むしろもともと男には興味なかったのだが……」

綯「いっつもお父さんのことばかり見てて、くやしかった……」

綯「でも、今日からオカリンおじさんは綯のものだから!」


こうして、オカリンは綯の奴隷になりましたとさ



元スレ
ダル「オカリン...スケベしようや...」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1310514377/