1: 次は落さないようにいくぞ 2013/09/30(月) 19:55:15.40 ID:r5c3yMBV0

キョン「…実際は?」

長門「ジョーク」

キョン「だろうな…帰るか」



3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 19:56:41.37 ID:r5c3yMBV0

朝倉「長門さん、本当に彼に言っちゃったの?」

長門「……」コクリ

朝倉「もう、勝手に言うなんて……でも、それで……えっと、キョンくんは、どんな感じだったの?」

長門「残念そうにしていた」

朝倉「え」



6: 次は落さないようにいくぞ 2013/09/30(月) 19:58:28.75 ID:r5c3yMBV0

朝倉「そ、そう…」

長門「そう」
長門「気になるのであれば、明日本人に聞いてみればいい」

朝倉「き、聞くって・・・・?」

長門「それはあなたが考えること」

朝倉「ええ…なんて聞こうかしら…」

朝倉「いきなり私のことどう思って聞くのはちょっとアレだし…そうだわ、まずは…」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 19:59:01.66 ID:r5c3yMBV0

―次の日―
谷口[ふぅ~ようやく昼飯の時間だぜ!」

国木田「谷口ホントこの時間好きだよね」

谷口「これで傍らに女がいれば最高なんだけどな~、キョン」

キョン「そうかもな、確かに隣に朝比奈先輩でもいれば…」

朝倉「キョン君」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 19:59:53.46 ID:r5c3yMBV0

キョン「?どうした朝倉」

朝倉「ちょっと話があるんだけど屋上までいいかな?」

谷口「何ィ!?」

国木田「ちょっと谷口」

キョン「ここじゃダメなのか?」

朝倉「うん、それ無理(国木田君もいるし・・・)」チラッ

国木田「?」

キョン「…分かった。じゃあいくか」ガタッ

朝倉「ありがと♪じゃあ行こうか」


谷口「恨むぞキョオオオオオオオオオオオン!!!!」

国木田「谷口ちょっとうるさいよ



11: >>10間違えた…すまぬ・・・ 2013/09/30(月) 20:00:40.58 ID:r5c3yMBV0

―屋上―

キョン「で、話ってなんだ?なるべく早く帰らなきゃならんのだが」

朝倉「うん…あのね…」
―屋上への扉前―
国木田「谷口、やめたほうがいいって…」

谷口「い~や許せん!なんであの朝倉がキョンみたいな凡庸な男に!」

谷口「第一アイツには涼宮がいるだろう!まさか2股か!?」

国木田「ハア…」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:02:40.19 ID:r5c3yMBV0

朝倉「国木田君についてどう思ってる?」

キョン「え?」
―屋上への扉前―
国木田・谷口「!?!?!?!?!?」
―屋上―
朝倉「だから国木田君についてどう思ってる?(まずはさりげなく友達のことを聞いて、それから…)」

キョン「いや、あいつは…」

ガタッ!!ガタッドーン!!

キョン・朝倉「!?」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:03:10.72 ID:r5c3yMBV0

谷口「キョンだと思ったらお前か国木田あああああああ!」ユッサユッサ

国木田「いやっ僕は何が何だか」

谷口「とぼけるな!お前はキョンと違って3年間ずっと仲間でいてくれると思ったのに!」

キョン「誰かいるのか?」

谷口・国木田「!」

ガチャ

キョン「…だれもいない、今の音は何だったんだ…」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:03:53.11 ID:r5c3yMBV0

朝倉「誰かいた?キョン君」

キョン「いや、誰もいなかったよ」

谷口(あぶねえ・・・とっさに扉の陰に隠れてよかったぜ…)

国木田(もうホント何が何だか…)

朝倉「もう一度聴くわよキョン君、国木田君についてどう思ってる?」

キョン「…いい奴だと思ってるよ、頭もいいし、なんで俺や谷口とつるんでるかわからないくらいだし、顔もいい」

キョン「それだけだ」

朝倉「…そう、なんだ」

谷口・国木田(……)



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:04:33.40 ID:r5c3yMBV0

キョン「…それだけか?じゃあおれはそろそろ」

朝倉「私のことはどう思ってる?」ずいっ

キョン「っ!?…おい、ちょっと近いぞ」

朝倉「だから私のことはどう思ってくれてるの?」

キョン「い、いや・・・・それはだな」

朝倉「答えられないの?…もしかしてキョン君国木田君のことが好きなの?」ニヤニヤ

キョン「なっ!そんなわけないだろう」かああ

朝倉「ふふっ、顔真っ赤にしちゃって…可愛い♪」

キョン「~~~!」

国木田(…それはそれで心外だな……)ムカッ

谷口「なんであいつばっかり・・・なんであいつばっかり・・・!」ギリリ



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:05:15.18 ID:r5c3yMBV0

キョン「お前もいい奴だとは思ってるよ、委員長としてクラスをよくまとめてるし」

朝倉「・・・それだけ?」シュン

キョン「(可愛い…)あ、あとはだな、その、そう!凄く魅力的だ、例えばその眉毛!」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:05:45.40 ID:r5c3yMBV0

朝倉「や、やめてよ!…ここコンプレックスなんだから…」

キョン「何を言っている!ええい1から説明してやるそこに座れ!」

朝倉「え、ええ…(なにこれ怖い)」

国木田(なんか朝倉さんがしゃがんだよ谷口、何するつもりなんだろう)

谷口「きっとあれだ、朝倉の顔をキョンの股間に無理やりうずめさせて、それから…」

国木田(谷口はもうだめみたいだね…説教みたいだけど…)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:06:32.81 ID:r5c3yMBV0

キョン「まずはその形!細いとは言えないが決して太いとも言えない絶妙の厚さ!」

キョン「次に毛並!綺麗に整ってて、毎日こまめに手入れされているのがよくわかる!」

朝倉「毛並みって…私は馬じゃn」

キョン「今この場でお前に発言権はない!!」

朝倉「(ええ~…)」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:13:16.33 ID:r5c3yMBV0

キョン「極めつけはそのアンバランスさだ!非の付け所がないその体の唯一ともいえるその欠点が逆に凄くかわいらしい!」

朝倉「か…可愛い…?これが?」

キョン「まさに『むっちり系太眉委員長キャラ』の理想といえる!これでポニテだったら…いや惜しい」

谷口(分かる!そこには完全同意だぞキョン!やはり俺とお前の友情は永遠だ!)

国木田(キョンああいう話好きそうだしなぁ…)



25: >>20いいえ朝倉涼子です、>>23すまない 2013/09/30(月) 20:17:08.86 ID:r5c3yMBV0

キョン「……というわけだ朝倉、もうたっていいぞ」

朝倉「……」スクッ

キョン「なんというかその・・・誰にだってコンプレックスはあるんだ、気にするな…おい朝倉どうした?」

朝倉「可愛い…可愛い…フフッ」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:23:51.40 ID:r5c3yMBV0

キョン「おい…朝倉?おい」

朝倉「可愛い…可愛い…」

キョン「朝倉!!」

朝倉「えっ」ビクッ

キョン「大丈夫かお前…俺はもう行くぞ?」

朝倉「…ちょっと待ってキョン君!」

キョン「なんだ?・・・さすがにもう」

チュッ



32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:29:18.41 ID:r5c3yMBV0

キョン「!?」

朝倉「フフッ♪可愛いっていってくれたお礼…ってところかな」

朝倉「じゃあ戻りましょうか、付き合わせてごめんね」

キョン「あ、ああ…」





谷口「あ・・・・・あ・・・・ああああああああ」
国木田「谷口!気をしっかり!」

ガチャ
キョン「あっ」
朝倉「あっ」
国木田「あっ」
谷口「ああああああああああああああああああああああ」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:34:32.77 ID:r5c3yMBV0

キョン「さっきの音はお前らだったのか…」

朝倉「大方谷口君が国木田君を誘ったのね」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

キョン「戻ろう国木田、このままここにいると大変なことになる」

国木田「あ、ああ…(谷口…自業自得だよ…)」

谷口「すっすいませんでしたあ!ど、どうか命だけは…」←復活した

朝倉「うん、それ無理♪」

谷口「あっぎゃあああああああああああああああああああああああああ」

この時の谷口の断末魔は学校中に響き渡ったという・・・・



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:39:28.70 ID:r5c3yMBV0

―長門宅―
朝倉「…ということがあったんですよ~、フフ」コトコトトントン

長門「……そう」ペラッ

朝倉「明日はポニーテールで学校に行って、キョン君を驚かせるんだから!」コトコトトントン

長門「(……)」

朝倉「夕食出来ましたよ、食べましょうか長門さん」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:45:05.63 ID:r5c3yMBV0

長門(…この日の翌日から、彼と朝倉涼子は急接近していった…)
長門(ある日は、朝倉涼子が彼のために弁当を作り…)
長門(ある日は、彼の方から朝倉涼子の学級委員長としての仕事を手伝うこともあった…)


長門(最近はSOS団にもあまり顔を見せなくなった・・・・)

長門(これは非常にまずい状態…なぜなら・・・)


ハルヒ「………」イライラ



42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:51:43.28 ID:r5c3yMBV0

ハルヒ「全く…あのバカキョン…」

みくる・古泉「………」

ハルヒ「この前は休日の不思議探索もサボって、何様よアイツ、バカキョンのくせに!」

みくる「ま、まあ、キョン君にも何かしらのの事情があるんでしょうし」

ハルヒ「みくるちゃんはだまってて!」

みくる「はいぃ!」ビクッ

ハルヒ「ったく・・・・」イライラ

古泉・長門「………」



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:54:55.52 ID:r5c3yMBV0

―帰路―

古泉「最近は、毎日のように大規模な閉鎖空間が発生しています」

長門「………」

古泉「理由は恐らく一つでしょうが……」

長門「……朝倉涼子、彼女の存在が、この世界に重大な悪影響を及ぼしている」

古泉「ということは……その…」

長門「……」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 20:57:58.97 ID:r5c3yMBV0

朝倉「~♪」

朝倉「今日もキョン君とたくさん話しちゃったなぁ」ガチャッ

長門「……」

朝倉「あ、先に帰ってたんですか長門さん、早速夕食作り―――」

長門「…話…」

朝倉「え?」

長門「話がある…・ここに座って…」



51: 次から3dsでかくのであしからずお願いします 2013/09/30(月) 21:01:16.39 ID:r5c3yMBV0

朝倉「……え?」

長門「以上が今回の話の概要、あなたが彼に好意を示すということは、この世界を危機に陥れる」

朝倉「そ…そんな…いや…」

長門「つまり…」

長門「今後一切、彼とは関わりを持つことを禁止する」



55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:10:32.39 ID:r5c3yMBV0

長門「・・・・・これは情報統合思念体が出した結論」
朝倉「あ・・・・ああ・・・・」
朝倉「いやああああああああ!!!」ダッ
長門「!?ーーーーー」


長門「・・・・朝倉涼子・・・・」



58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:16:35.28 ID:r5c3yMBV0

ーーーーキョン宅ーーーーー

ブーブーブー

キョン「・・・・メール?誰だこんな時間に・・・・涼子から?」

ーーー今から○▲公園に来てーーー

キョン「・・・・・?」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:21:52.85 ID:r5c3yMBV0

ーーー○▲公園ーーー

キョン「涼子・・・・・?」

朝倉「キョン君・・・・・来てくれたんだ・・・・・」

キョン「当たり前だろう、それにしてもなんでこんな時間に・・・・」

朝倉「うん・・・・実はね」

朝倉は全てを彼に告げた



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:27:45.42 ID:r5c3yMBV0

キョン「・・・・・そうか・・・・・・」

朝倉「・・・・・・」

キョン「またあいつのせいでか・・・・やれやれ」

朝倉「ホント迷惑な子よね・・・・」

キョン「全くだ」

キョン・朝倉「はぁ・・・・」

朝倉「・・・キョン君・・・・・私・・・・私・・・」
キョン「涼子・・・・・?」



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:31:55.06 ID:r5c3yMBV0

朝倉「いやだよお・・・・・・・ずっと一緒に・・・・・ひっぐ・・・・うぅ・・・・」

キョン「涼子・・・・・俺も一緒に・・・・・」



朝倉「・・・・・決めた・・・・・・」



69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:36:29.17 ID:r5c3yMBV0

キョン「涼子・・・・・?」

朝倉「そうよ・・・・・最初からこうすれば・・・・・」

キョン「おい・・・・・どうした?」


朝倉「貴方を殺して・・・・涼宮ハルヒも殺す。」

キョン「!?」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:44:35.21 ID:r5c3yMBV0

キョン「お、おいなにいってんだ涼子」

朝倉「簡単なことよ・・・・貴方を誰にもわたさない、ただそれだけのことよ」

朝倉がキョンの首にナイフをつきつける
朝倉「私もあの女を殺ったあとにすぐいくわ・・・・それまでお別れ」

キョン(ぐっ・・・・抱きつかれてるせいで身動きがっ・・・)



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:52:09.62 ID:r5c3yMBV0

長門「ーーーパーソナルネーム朝倉涼子を敵性と判定。当該対象の有機情報連結を解除する。」


キョン「長門!?」

朝倉「あなたどこからーーーー」

長門「ーーーあなたは彼にしか目がいっていなかった。
敗因はそれによる空間改変を怠ったこと」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 21:59:57.96 ID:r5c3yMBV0

朝倉の体が光の結晶となっていく

朝倉「フフフ・・・・どうやら本当にお別れみたい・・・・」

キョン「そんな・・・・どうにかならんのか長門!?」

長門「これは情報統合思念体がだした結論、私にはどうすることもできない」

長門「私と言う個体としては・・・・非常に残念」

朝倉「キョン君・・・・・」

キョン「 なんだ!?」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 22:04:21.93 ID:r5c3yMBV0

朝倉「次に会った時は・・・・あの子のいない世界で・・・・・・ーーーー」
ーーー朝倉は音もなく、小さな砂となったーーー

キョン「おお・・・・おおおお・・・・」

長門「・・・・」



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 22:07:31.63 ID:r5c3yMBV0

翌日、担任の岡部から、朝倉が転校したと言う話を受けた。
恐らく、長門が操作したものだろう

谷口「そんな・・・・・そんな・・・・」

・・・あいつはあのとき何をされたのだろう



88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 22:14:36.65 ID:r5c3yMBV0

今日もSOS団の活動は始まる

あいつがいなくなっても世界は止まることなく動いている

キョン「さてと、今日も団長様の御機嫌伺いといきますかね」
俺がSOS団のドアの取っ手をにぎつたその時


「キョーン君♪」

キョン「!?」

しかしそこには誰もいない

キョン「・・・・気のせいか・・・」

俺はドアを開けた






90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 22:18:16.01 ID:r5c3yMBV0

おしまいです
駄文と初ssに付き合ってくれてありがとう!
朝倉かわいいよ朝倉



93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 22:23:08.74 ID:CmyDAb8b0


今度は朝倉さんとイチャイチャするのが読みたいな


元スレ
キョン「朝倉が俺のことを好き?」長門「そう」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380538515/