SS速報VIP:響「アイドルを目指して」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408358251/



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 19:37:31.75 ID:NfgptrlEO

・ 書き溜めありです
・ 処女作なので、多少変なとこがあっても温かい目で見てください

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408358251




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 19:38:06.73 ID:NfgptrlEO

夢を見た。

にぃにとあんまーと、まだ沖縄で暮らしてた時の夢だ。

ターリーは自分がまだ小さい時に死んだ。顔も良く覚えてない。

ターリーがいないから、寂しかったかと言うと、そんなことはなかった。

友達は多い方だったし、あんまーもにぃにも陽気な人だった。

自分は、友達とは体を動かして遊ぶのが好きだった。

でも、暑いのは嫌だったから、インドアスポーツを好んでやった。

部活では卓球部の部長をしたこともある。

帰りが遅くなって、よくあんまーやにぃにに怒られたりもした。

夜には、編み物や料理もした。

実家が民宿だったから、自分の作った料理がお客さんに褒められると、とっても嬉しかったのを覚えてる。

あの頃は、何も考えず毎日楽しいことだけをしてれば良かった。

ー--------

響「夢か...」

枕は濡れていた



4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 19:39:59.14 ID:NfgptrlEO

自宅から事務所までは、40分程かかる。

15分で駅まで着いて、15分電車に揺られて、10分で事務所に着く。

その間にも、故郷のことを思い出してしまう。

今朝見ていた、夢のせいだ。



5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 19:42:35.47 ID:NfgptrlEO

アリサとは大親友だった。

沖縄では、アリサも自分もアイドルを目指してて、二人で切磋琢磨してた。

親友であると同時にライバルだった。







...あんなことになるまでは。



6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 19:49:36.52 ID:NfgptrlEO

響「はいさーい!」

真「あ、響!おっはよ」

亜美「ひびきんハロハロー!」

響「...何やってんの?」

貴音「せくしぃなぽぉずと言うものを、研究していたのです」

真美「あ、お姫ちん違うよ!もっとここは、こう!」

貴音「こう...ですか...?」

亜美「ちーがーうーよー!ここがこうで、ここがこう!」

貴音「はて、難しいものですね」

真美「あ、そうだ!ひびきんもやってみてよ!お胸おっきいからサマになると思うよ!」

亜美「でも我らが我那覇さん、背がちっこいですからなぁー」

亜美・真美「「んっふっふ→」」

響「うがー!頭に手をのーせーるーなー!」




7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 19:56:17.34 ID:NfgptrlEO

アリサとは、小学校で知り合った。

小学5年生の時、アリサが本州から自分の住む島へ越してきたんだ。

そこから話し始めて、仲良くなった。

ダンススクールに誘われたのは、それから間も無くだった。

「響ちゃん、一緒にダンスやらない!?」

通学中、出会い頭に開口一番そう言われたのを覚えてる。

なんでも、二人同時に入学すると、トレーニングウェアがタダで貰えるらしかった。

インドアスポーツが好きな自分としても興味は沸いたし、あんまーを説得して、通わせてもらった。



8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:00:40.91 ID:NfgptrlEO

P「響ー、もうすぐ時間だが準備出来てるかー?」

響「もう少しだけ待ってー!」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:05:43.46 ID:NfgptrlEO

6年生の夏だったと思う。
テレビで見るアイドルの1人が、自分のスクール出身だと、先生に聞いた。

そこから、自分とアリサはアイドルを目指し始めた。

自分も、先輩みたいにキラキラしたかったから。

明確な、かつ具体的な目標が出来たのは、多分それが始めてだと思う。




夢が、始めて出来た。




アリサと二人で、夢を目指し始めた。



10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:11:00.42 ID:NfgptrlEO

撮影スタジオ

カメラマン「はーい響ちゃん、視線こっちに頂戴~」

カメラマン「そうそう!今日の響ちゃん、憂いのある表情でいいねー!」

カメラマン「いつもより大人っぽいよー!」

今日はグラビアの撮影だ。

もっと笑顔にならないといけないのに、どうしても故郷のことを考えてしまう。

故郷のことを考えると、気分も沈んでしまう。

うぅ...もっと笑顔にならないといけないのに...



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:16:47.29 ID:NfgptrlEO

アイドルとして本格的な活動を始めるには、本州に行かないといけないことは分かってた。

特に事務所や局が集中してる東京に行かないことには、話にならないと思ってた。

だからいつかは東京に出て、何処かの事務所に所属したいと思ってた。

中学に入ると、アリサと本気で事務所を探し始めた。

いつ何処でどの事務所がオーディションをしてるか。
その事務所ではどのようは人を輩出しているのか。
その事務所では何が出来るのか。

ネットで、先生のつてで、使えるものはなんでも使って調べた。




そんな時、アリサがネットで765プロを見つけてきた。




なんでも、半年前に出来たばかりの事務所で、アイドルはまだ2人しか所属してないらしかった。

当然、実績も何もあったもんじゃない。

でも、そこのオーディションを受けてみようと思った。

まだ何もないなら、何でも出来るということだ。

先輩に縛られず、自分達で作れるということだ。

そう思った。



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:22:08.30 ID:NfgptrlEO

帰り/車内

P「響、今日はどうしたんだ?撮影でも様子がおかしかったぞ?」

響「なんでもないぞ。ごめんね、ちゃんとお仕事出来なくて」

P「いや、カメラマンさんの反応は良かったから、そこは問題ないんだけどな...」

P「珍しく響に元気がなかったから...」

響「はんとに大丈夫だから。今日はちょっと調子が悪かっただけ。明日には元どうり。なんくるないさ」

P「ならいいんだけど...」

P「...沖縄でのライブ、やめておくか?」

響「ごめん、もう少しだけ考えさせて?」




13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:29:26.82 ID:NfgptrlEO

プロデューサーが、沖縄でのライブの話を持って来てくれたのは、一昨日のことだった。

なんでも、生っすかサンデーの響チャレンジで沖縄ロケをするから、それに合わせてライブも開いたらどうか、という話だった。

プロデューサーがこの話を持って来てくれた時、自分は即答できなかった。

...まだ、沖縄に帰るのは怖かったから。





......まだ、アリサと会うのは怖かったから。



14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:30:59.98 ID:NfgptrlEO

事務所

響「ただいまー」

貴音「おかえりなさい、響。...ぷろでゅうさぁ殿は?」

響「雪歩と春香を迎えに行くってさー」

貴音「そうでしたか」



15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:36:51.46 ID:NfgptrlEO

あんまーは説得した。
にぃにには、トップアイドルになるまで帰ってくんなって言われちゃった。

...でも、あれはにぃになりの励ましだって、自分はちゃんと気付いてる。

--------

東京では、765プロを始めいろんな事務所のオーディションを受けるつもりだった。

オーディションを受けて、事務所に所属して、バイト代で生活費を稼ぎながらアイドルを目指そうって決めてた。

東京に経つ、1ヶ月前のことだった。
アリサが交通事故にあった。

幸いにも、3ヶ月あれば後遺症もなく回復出来ると言われた。

--------

東京には、自分一人で発った。
アリサはメールで行ってらっしゃいと送ってくれた。

あんまーもにぃにも、学校の友達も、空港まで見送りにきてくれた。

東京についた半月後、765プロに所属した。




16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:39:29.31 ID:NfgptrlEO

貴音「...響、どうしましたか?今日は元気がありませんよ?」

事務所に帰って、10分くらいたった時、貴音にそう言われた。

響「そ、かな?そんなつもり全然ないよ!自分は元気いっぱいさー」

......嘘。
貴音を心配させないために、
自分にそう思い込ませるために、
そのためについた安直な、嘘。

貴音「響、嘘をつかないで下さい。私の目はそれくらいでは誤魔化せませんよ。」

でも、バレちゃった。

貴音「私で良ければ、話してみてくれませんか?それとも、私では頼りないですか?」

響「そんなこと...!そんなこと、ないぞ...」




17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:42:28.60 ID:NfgptrlEO

貴音と知り合ったのは、オーディションを受けるため765プロを訪れたときだった。

一応、その日は軽い面接だけで、しばらくの後にオーディションとなっていたのだが、「ティンときた」とかいう理由で、その日付で入社した。

アリサには、1番にメールした。




でも、その返信は「ごめん」の、たった一言だった。




訳が分からなかった。何があったのかと思って、色々メールを送ったけど、「もうやめて」っていうメールが届いてからは、もう送るのをやめた。




18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:44:48.12 ID:NfgptrlEO

響「ちょっと、故郷の友達のこと、思い出しちゃって」

貴音「友達...ですか?」

響「うん。自分と夢を追いかけた、大事な大事な友達」



25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 23:43:58.65 ID:FfwFBxMQO

後からあんまーに聞いたんだけど、事故のショックで声が出なくなっていたらしい。

歌えないアイドルなんて、聞いたことがない。

彼女は、夢を諦めるしかなかった。



...でも、自分はそれを知っても、アリサにメールすることが出来なかった。

あまりにも、酷だったから。

自分は卑怯にも、苦しんでる友達から、目を背けてしまった。

逃げてしまった。



19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:47:51.81 ID:NfgptrlEO

響「だから、沖縄に帰るのが怖いんだ。アリサに会うのが...怖いんだ」

響「ほんとは、謝らないといけないのに」

響「ほんとは、お礼を言わなきゃいけないのに」


貴音「...ありさ殿は、それを許してくれないほど酷い人なのですか?」

貴音「友達の成功を喜べない人なのですか?」

響「っ!そんなことない!アリサはいつまでも最高の友達だぞ!」




貴音「...ならば、やることは決まってるのではないですか?」

貴音「響、あなたは自分が何をすべきか分かっています。なら、後は行動するだけです」

貴音「怖いというのなら、手を握りましょう。震えるのなら、肩を持ちましょう。背を押して欲しいなら、押してあげましょう」

貴音「でも、行動するのはあなた自身です。きっと大丈夫です。それだけ仲の良い友達だったのなら、また話も出来るはずです」

貴音「応援しますよ、響」

響「た、たかねぇ...」

響「ありがとう。やっぱり沖縄、行くよ。それで、ちゃんとアリサと話をしてくる。」

貴音「頑張りなさい、響」




20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:49:53.81 ID:NfgptrlEO



......






21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:52:20.74 ID:NfgptrlEO

貴音「それからの話をしましょう」

貴音「沖縄でのろけは、響が海でさめを捕まえるいうどっきりもありましたが、成功したようです」

貴音「らいぶでは、島中の人が集まり、大盛り上がりだったそうです」

貴音「その後、ありさ殿と話してきたようですが...」

貴音「ふふっ、これについては言うまでもないでしょう」

貴音「響の様子を見れば、何があったのか一目瞭然なのですから」

響「貴音ーっ、アリサからまたメール来たぞ!」

響「これからバックダンサーとしてステージに出るんだって!」

響「声も少しずつ出るようになって来たって言ってたし、自分も負けないように、頑張るさー!!」

響「目指す夢は!トップアイドル!!」



おわり



22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/18(月) 20:52:55.33 ID:NfgptrlEO

後半、超絶駆け足ですが終わりです。
ありがとうございました。


元スレ
SS速報VIP:響「アイドルを目指して」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408358251/