SS速報VIP:雪乃「紅茶が入ったわ」 結衣「ありがとうわきのん」 雪乃「待って」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527950741/



1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:45:41.45 ID:2I4g12Qz0


結衣「ア、シマ……」


雪乃「由比ヶ浜さん、今なんて言ったかしら?」


結衣「ん……何が?」


雪乃「……」


結衣「……」


雪乃「脇ノ下脇乃」


結衣「ブフッ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527950741




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:48:26.48 ID:2I4g12Qz0


結衣「雪のん、いきなり言うのは卑怯じゃないかな……」


雪乃「由比ヶ浜さん。あなたが私のことをどう思っているのかよく分かったわ」


八幡「おいーす……て何この空気」


雪乃「別に何でもないわ」


結衣「じ、じつはわきのんが


八幡「ブフッ!」


雪乃「……」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:51:14.56 ID:2I4g12Qz0


八幡「こ、こら由比ヶ浜……」プルプル


結衣「アマタ……やば、なんか笑えてきちゃった……ww」


八幡「おいおい、いくらなんでも雪ノ下がかわいそうだぞ……ww」


雪乃「腋ノ下の腋の下」ボソッ


八幡「ブフォッ!」


結衣「ひ~!もうダメ、あははははは!」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:53:17.37 ID:2I4g12Qz0


雪乃「ふたりとも酷いわ!そうやって私のことを影で笑いものにしてたのね!」


結衣「べ、別にそういうつもりじゃ…・・・・」


雪乃「言いたいことがあるならはっきり言えばいいじゃない!」


八幡「そうか。じゃあ言ってもいいんだな」


雪乃「……どうぞ」


八幡「雪ノ下、はっきり言うぞ。お前はめちゃくちゃ脇が臭い」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 23:56:16.28 ID:2I4g12Qz0


雪乃「私の脇が臭い……?だから脇ノ下なのかしら。下らないわね」


八幡「いや、裏でそう呼んでたのは謝る。でも、それとは別にマジで臭いんだよ」


雪乃「そうかしら?」クンクン


八幡「……」


雪乃「私は何も感じないのだけど」


結衣「雪のん……」


雪乃「え、ちょっと待ってなにこの空気」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 00:02:26.78 ID:FS2mY3ag0


雪乃「もしかして、私だけが気づいてなかったの……?」


結衣「それどころか、学校中で有名だよ。雪のんの脇の臭い。」


八幡「俺ですらあーしさんに心配されたからな。一緒の教室で過ごして大丈夫なのかって」


雪乃「じゃあ、私が廊下を歩くと皆が私のことを見てくるのは……」


八幡「強烈な匂いの発散限だからな」


雪乃「私が深窓の令嬢的な扱いを受けているのは……」


結衣「皆雪のんを傷つけないように気を使ってるんだよ。ていうか雪のん、そういう自覚あったんだね……」



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 00:07:19.03 ID:FS2mY3ag0


陽乃「やっはろ~……て、どしたの雪乃ちゃん?酷い顔してるよ?」


八幡「実は……」


陽乃「あ~なるほど。雪乃ちゃんに言っちゃんたんだ~」


雪乃「っ……姉さんも、私のことを影で笑っていたの?」


陽乃「影で?」


雪乃「あ、イヤ……」


陽乃「……脇ノ下脇乃?」


八幡、結衣「ブフッ!」


陽乃「まぁ、こういうあだ名付くよね。名前的に」


雪乃「……」



8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 00:12:02.60 ID:FS2mY3ag0


陽乃「ていうか、気づいてないのは雪乃ちゃんくらいだよ。昔から、雪乃ちゃんの周りの人はみ~んな、雪乃ちゃんの
   臭いに悩まされてきたんだから」


雪乃「そ、そうだったの……?」


陽乃「雪乃ちゃんがいじめられそうになるたびに、私が手を回して雪乃ちゃんを守ってあげたんだけどなあ。
   でも途中から限界来ちゃってさ」


雪乃「限界……?」


陽乃「雪乃ちゃんの脇が臭すぎて、さすがの私でも擁護しきれなくなったわけ。雪乃ちゃん、全然脇の処理しようとしないだもん」


雪乃「」


陽乃「雪乃ちゃんの一人暮らしを母さんが許したのも、あまりの臭いに私たちが我慢できなくなったからだよ」


雪乃「」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 00:16:33.24 ID:FS2mY3ag0


陽乃「最近暑くなってきたからいよいよ臭いも……」


八幡「陽乃さん、これくらいにしないと雪ノ下が……」


陽乃「それもそっか。雪乃ちゃん、これ使ってみて」


雪乃「これは……?」


陽乃「除毛クリームだよ。まずわき毛の処理から始めよう。あとこれも」


雪乃「これは?」


陽乃「消臭スプレー。登校前に必ず付けること」


雪乃「……分かったわ」


陽乃「それから……」


雪乃「まだあるの?」


陽乃「脇用濡れティッシュ。汗をかいたらこれで脇を拭くこと」







10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 00:21:03.23 ID:FS2mY3ag0


雪乃「いいわ……やってやるわ」



1週間後


雪乃「由比ヶ浜さん、紅茶でいいかしら?」


結衣「ありがとう、雪のん」


雪乃「あの、私の脇の臭いのことなんだけど……」


結衣「あ、うん。全然臭わなくなったよ。ね、ヒッキー?」


八幡「そうだな。教室が魔界から人間界に変わったぞ」


雪乃「酷い言い方ね……でも、それなら良かったわ」


結衣「あはは……」


雪乃「どうぞ、紅茶よ」


結衣「あ、ありがとうあしのん」


八幡「ブフッ!」


雪乃「待って」






11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/03(日) 00:33:16.32 ID:e64TNaBXo

オチで草


元スレ
SS速報VIP:雪乃「紅茶が入ったわ」 結衣「ありがとうわきのん」 雪乃「待って」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527950741/