6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:18:20.84 ID:8RsqYpK60

御坂「そうなんだよ、さっきこの短髪とぶつかった時に入れ替わっちゃったみたいなんだよ。おかげでこんなペチャパイに・・・」

イン「はぁ?ペ、ペ、ペチャパイじゃないわよ。あんたのほうがペチャパイでしょうが」

御坂「む!それはひどいかも、少なくとも短髪なんかよりは胸あるんだよ。ね、とうま」

イン「そんなことないわよね?」

上条「えっと・・・はは・・・・なんつーか不幸だぁぁぁぁぁぁーーーーーー」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:30:21.00 ID:8RsqYpK60

上条「それじゃあ俺はこれから御坂の姿をしたインデックスと生活するのか?」

御坂「そうなっちゃうんだよ、はやくもとにもどりたいかも」

イン「そうなっちゃうってなによ!私だって早く戻りたいわよ。まったく黒子になんて説明したらいいのか・・・」

~~~御坂の寮~~~

イン「ただいま~」

黒子「おかえりなさいませ、おねいさmってあなたはいつかのシスターさんじゃありませんか?」

イン「あぁ違うの私よ私」

黒子「ですからシスターさんですよね?どうしてこんなところにいらっしゃるのですか?」

イン「だ~か~ら~私は御坂美琴よ。いろいろあってこんなすがたになちゃったのよ。はぁ~・・・」

黒子「本当においさまですの?」

イン「私が言ってることが信じられないって言うの?」

黒子「それでは質問です。御坂美琴はきょう何色のパンツをはいていたでしょうか?」

イン「白と青の絹でしょ?これで私が本物って証明できたでしょ?」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:35:49.90 ID:8RsqYpK60

黒子「驚きましたわ、正解ですの。まさか本当におねいさまなのですか?」

イン「だから本当だってさっきからいって・・・・ってなんであんたが私のパンツの事なんてしってるのよーーーー!」

黒子「もちろん把握しておりますわ、おねい様の事ですもの」

イン「ったく、まぁこれで信じてもらえたならよかったわ」

黒子「まったく不思議なことがあるものですわね」

黒子(と驚きつつも実は私も白井さんじゃないんだよな~。あ、ちなみに私は佐天です。実は今日しらいさんとぶつかった時にいれかわちゃったんですよね。でもみさかさんまで誰かと入れ替わってたとは・・・)



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 10:41:28.18 ID:8RsqYpK60

イン(シスターさんと入れ替わった御坂さん演じるの楽しい♪ちなみに私は初春飾です。実は今日御坂さんとぶつかって入れ替わってしまったんですよ。そのあとシスターさんとぶつかってまた入れ替わっちゃいました♪)

黒子「今日はもうお疲れのようですからもうご就寝なさってはどうですか?」

イン「え、あぁそうねそうさせてもらうわ」

黒子「おやすみなさいませ、おねいさま」

黒子(わぁ~私って演技力すごいかも!このまま永遠にばれる気がしない!)

イン(なんか面白いからこの状況をもっと楽しんじゃおうと思います♪)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:02:49.91 ID:G0WcKcrOO

イン(あ、そうだ!)

イン「黒子…寝た?」

黒子「まだ起きてますの」

イン「そっち、行っても良い……?」

黒子「ふぉお!?」

黒子(ちょ、御坂さんなんで?!まさか白井さんと既にそういう関係に…?)

イン(ふっふっふっ、さあどうします白井さん?)

イン「不安なのよ…ちょっとだけで良いから…」モゾモゾ

黒子(ああ、そっか、そうですよね)

黒子「……」

黒子(いくらレベル5でも不安にならないわけないですよね…)

黒子「分かりましたの」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:04:51.05 ID:G0WcKcrOO

黒子「お姉様、今夜は手を繋いでいましょう」ギュッ

イン「ありがと…」ギュッ

イン「でも変な事したら噛むからね?」

黒子「もう一人の被害者であるシスターの肉体を傷つけたり不安なお姉さまを拐かすほど、黒子は落ちぶれてはいませんの」

黒子(ですよね、白井さん……?)


佐天宅

佐天「へくしゅっ!」

佐天「うー、何故だか今とてつもない損をした気がしますの」



26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:15:31.61 ID:G0WcKcrOO

上条宅

御坂「とうま、大変な事に気付いたんだよ!」

上条「みっ!? あ、ああ…そっか、どうしたインデックス?」

御坂「いい加減慣れて欲しいかも」

上条「でも声が御坂だから違和感がな…で、大変な事って?」

上条(危ない危ない、ハイハイして近寄って来る御坂って意外とクるものがある…!)

御坂「明日中に元に戻れないと私が学校に通う必要が生まれるんだよ!」

上条(うわあ良い匂い、お嬢様のシャンプーってこんな感じなんだ)

御坂「授業はどうにか出来ても、もし超能力を使う場面になったら確実にバレるんだよ」

上条(そんな不安そうなうるうるした目で見ないで下さい)

御坂「とうま聞いてる?」

上条「トリアエズ、ツチミカドニソウダンシヨウ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:18:01.66 ID:G0WcKcrOO

上条(それに中身はインデックスだぞ、欲情なんて以ての外…いや中学生の御坂にもダメだけどさ)

上条(でもそもそも噛み付きが無いインデックスや電撃が無い御坂って、危険性0の単なる美少女だからなあ)

上条(ちょっとくらい…)

上条(ってダメだ!ダメダメダメダメ!)

上条(ペドには、ペドにだけはなるわけにはいかない!)

御坂「とうま、ねえとうま?」

上条「うっ…」バタッ

御坂「ええっ!? 鼻血出しながら気絶した!?」

御坂「とうま―!」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:20:23.76 ID:G0WcKcrOO

初春宅

初春「うーん」パチッパチッ

初春「やっぱりダメね」

初春「LEVEL1相当の電気しか出せなくなってる」

初春「ソフトが御坂美琴だから電撃使いではあるけれど、ハードの脳容量は低能力者だから演算は出来ないか」

初春「『ファイルが大きすぎてこの端末では再生出来ません』みたいな状態ってのはもどかしいわね」



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:23:56.43 ID:G0WcKcrOO

初春「私の意思は――それこそ魂とも呼ぶべきものは――肉体や脳に存在するわけじゃなく、意思そのものとして独立していて」

初春「自分だけの現実はその意思に依存するわけで、その意思の力を放つに足る肉体によって学園都市の能力は現実世界へ干渉する……?」

初春「そんな非科学的な…」

初春「というか元に戻るにはどうしたら良いんだろう」

初春「往年のパターンとして坂道転げ落ちる、とか?」

初春「あー!頭痛くなってきた!」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:32:38.93 ID:G0WcKcrOO

初春「決めた、明日みんなを集めよう」

初春「黒子と佐天さんにも協力して貰って、何としても明日中に戻らなきゃ!」


to 御坂美琴
 佐天涙子
 白井黒子

sub 大事な話があります

本文 夜遅くごめんなさい
突然ですが明日の12:00、いつものファミレスに、来てください
忙しいでしょうがお願いします

初春「これで良し」

初春「記憶を覗いた限りじゃ風紀委員の仕事は無いし」

初春「というか持ち主の脳を覗けるって倫理的にアウトよね、そもそも何故見れるのかしら?魂が視聴者で記憶は録画番組みたいなもの?」

初春「いや……考えるの止めとこ、無駄に疲れるし」



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:45:35.56 ID:G0WcKcrOO

ファミレス

初春(御坂)「……で?」

イン(初春)「ごめんなさい」
黒子(佐天)「調子に乗りました」

御坂(イン)「自分の土下座姿って新鮮かも」
佐天(黒子)「生涯見ないままでいたかったですの」

上条(……なんだこれ)

イン(初春)「使ってしまったお小遣いはちゃんと返しますので!」

初春(御坂)「どうすりゃ朝昼合わせて2万円も食べれるのよ…」

イン(初春)「なんかこの身体、お腹減っちゃって」テヘヘ

上条「……」チラッ

御坂(イン)「なにかなとうま?」

上条「イヤベツニ」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 12:55:38.02 ID:G0WcKcrOO

黒子(佐天)「破ってしまった下着は必ず弁償しますから!」

佐天(黒子)「下着一枚くらい、大丈夫ですの」

佐天(黒子)(云万円した秘蔵の勝負下着じゃないでしょうし)

黒子(佐天)(タンスの二重底を突破した先になった、なんかキラキラしたエっロい穴空き下着だったのに……心が広いなあ)

御坂(イン)「ねえ短髪、パフェ食べて良い?」

初春(御坂)「ダメ、三杯目でしょ?それ私の身体なんだからね」

上条(暇だし紙ナプキンで名札でも作るか)

店員(なんだあのウニ頭、ハーレムかよ死ねよ)

店員(二組もハーレム居たらこちとらストレスマッハなんだよ)



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 13:04:30.25 ID:G0WcKcrOO

上条「言いたい事は色々あるだろうけど、とりあえず名札出来たからさ、着けてくれよ」

御坂(イン)「それは…流石に…」

佐天(黒子)「見分けくらいつきませんの?」

上条「つくけどややこしいから嫌なの」

イン(初春)「まあややこしいのは同意です、今だけでもやりましょう」

初春(御坂)「えーっと、じゃあ現状の把握からね?」

黒子(佐天)(みんな切り替え早いなあ…)



38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 13:13:54.91 ID:G0WcKcrOO

イン(初春)「昨日の15時頃に私と御坂が入れ替わって」

御坂(イン)「16時22分に私と短髪が入れ替わったんだよ」

佐天(黒子)「私達は昼ご飯の後だから、12時半くらい入れ替わった筈です」

黒子(佐天)「いずれもぶつかった衝撃でこうなりましたの」

上条「じゃあもっかいぶつかりあってみる?」

御坂(イン)「結構痛かったから気が進まないんだよ…」

初春(御坂)「慣れてない肉体だから最適な出力が出せるとも限らないしね」

上条「出力?」

佐天(黒子)「時速5kmで接触した時に限り入れ替わると仮定した場合、己本来の肉体ですらそんな都合よく勢いの調整は出来ませんわ」

イン(初春)「反復横飛びで毎回同じ場所に足をつけられる、ってんなら別でしょうけどね」

上条(さっぱり分からん)



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 13:20:09.67 ID:G0WcKcrOO

初春(御坂)「操作が慣れてない上に友達の肉体を不用意に危険には晒せない、ぶつかるのは最後にやりましょう」

黒子(佐天)「でも他に何か確かめる事なんてあるかなぁ?ういは――御坂さん」

初春(御坂)「そうね、たとえば黒子」

佐天(黒子)「黒子はこっちですの」

初春(御坂)「あ、ごめん」

初春(御坂)「あんた入れ替わってから、テレポート出来た?」

佐天(黒子)「いいえ、上手く演算が出来ませんの」

黒子(佐天)「それは私の肉体が空力使いだからじゃ?」

初春(御坂)「それも考えたけど、私は電撃は出せるから違うわ」パチッ

イン(初春)(お腹空きました…この子の身体って燃費悪いんですね…)



41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 13:31:43.82 ID:G0WcKcrOO

初春(御坂)「当たり前だけど初春さんの能力も私は使えなかった」

黒子(佐天)「開発されたのは確かなのに、多重能力が不可能という証明…?」

初春(御坂)「一番のポイントは、ソフトとハードが違うせいよ」

初春(御坂)「御坂美琴というソフトは電撃使い、でもこの身体は超能力者の脳と身体ではない」

初春(御坂)「だから私はレベル1相当の電撃しか出せないし、黒子は空間が曲がりきらずテレポート出来ないんだと思うわ」

イン(初春)「じゃあ何故、私や佐天さんが高レベルの能力を使えないんでしょう?演算力は上がってる筈なのに」

佐天(黒子)「脳の使い方でしょう、AT免許でMT車を乗るように、やり方が分かって無いから上手くいかないという」

黒子(佐天)「もしかして遠回しに、バカって言われてる?」

上条(あ―…こうやって見てると、みんな可愛いなあ…)



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 13:45:59.09 ID:G0WcKcrOO

初春(御坂)「以上から、私達の――便宜上魂と呼ぶけど――魂が自分だけの現実を持ち、能力を保持している」

初春(御坂)「肉体はそれを現実世界へ発現させる為の門で、演算が出来る程門を大きく開けられる」

黒子(佐天)「やっぱりバカって事じゃないですか……」

イン(初春)「待ってください、その仮説が正しければ私や佐天さんも――いやそもそも全ての能力者が保持する力に大差はなく」

イン(初春)「使い方が分かっていないだけ、つまり誰でも超能力者になれるという事になりますよ」

御坂(イン)(魔術のせいでは無いけど、ややこしいから考えたくないんだよ)

上条(どうしょう、キャッハウフフにしか見えないからさっきから息子が静まらない)



44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 13:54:06.28 ID:G0WcKcrOO

黒子(佐天)「………私でも、大能力者や超能力者になれるってこと?」

初春(御坂)「えぇ、勉強さえ頑張れば必ずね」

黒子(佐天)(あれ、でもちょっと待てよ……?)

御坂(イン)「で、結局どうすれば戻れるのかな?」

イン(初春)「そりゃあやっぱり……ごっつんこ?」

初春(御坂)「その前にドラマの方法を試しましょうよ、抱き合ってゴロゴロって坂を下りるやつ」

御坂(イン)「転校生、おれがあいつであいつがおれで、どっちがどっちのあれをやるの?」

初春(御坂)「試す価値はあるはずよ」

上条(落ち着け、両親が俺を製造した時の事を妄想して鎮めるんだ!)

佐天(黒子)(この類人猿はさっきから……多分パニックで誰が誰か分かってませんのね)



46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:04:57.15 ID:G0WcKcrOO

黒子(佐天)(このまま白井さんの身体でも、脳の使い方さえ分かったら私もレベル4の空力使いになれるよね?)

黒子(佐天)「すいません、ちょっとお手洗いに」

イン(初春)「すいません私も」

初春(御坂)「そうね、少し休憩しましょうか」



御坂(イン)「ねえ短髪、さっきの魂の話だけど」

御坂(イン)「脳と魂が別なら、脳は記憶の保管庫の筈だよね?なんで私は自分の記憶があるのかな?」

佐天(黒子)「意味消失も無く魂に記憶が刻まれているのなら、脳はただの…」

初春(御坂)「魂が私自身で、脳はそこにあるだけなのかも」

初春(御坂)「脳はただのDVDか何かで、魂が読み込んで覚えない限りはただの円盤なのかもしれないわ」

佐天(黒子)「では何故私達は此処にいますの?そんなの、まるで私達がゲームか何かのキャラクターに過ぎないのと同義ですの」

御坂(イン)(ディーブイディー?家庭内暴力の親戚か何かかな?)

上条(しまった、記憶喪失のせいで両親が単なるカップルに見える、全く萎えやしねえ)



48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:12:37.87 ID:G0WcKcrOO

佐天(黒子)「そんなの、認めたくありませんの」

御坂(イン)「私達が何者かなのは哲学がやるべき事で些末な問題なんだよ、今必要なのは元に戻る事で――」

初春(御坂)「――ねえ、私の記憶、絶対に見ちゃダメよ?」

御坂(イン)「!?」

初春(御坂)「魂は肉体の記憶を見れるわ、事故とは言え私は見てしまったから」

初春「訳は言えない、言いたくないけど、絶対に見ないでね?」

御坂(イン)「……当然なんだよ」

上条「ふう………」

上条(もし頭の中を見られたら、俺は死んでたな)

上条「インデックスの言うとおりだ、議論はどうでもいい」

上条「一刻も早く魂と肉体を元通りにしよう」

上条(インデックスの脳内を覗いて廃人化とか、シャレにならないしな)

佐天(黒子)「……」

佐天(黒子)(今お姉様の肉体に頭突きをすればもしかして…と思ってしまうダメな私)



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:25:58.81 ID:G0WcKcrOO

ファミレス前

食蜂「あら御坂さん達じゃない」

食蜂「……ちょーっとからかってみようかな」クスッ

トイレ

イン(初春)「っとと、手足が縮んでるからトイレも一苦労ですね」

黒子(佐天)「ごめんみんな…」ボソッ

初春が個室に消えたのを確認し、佐天涙子は飛び出した
いつ開花するか分からない自分の才能を、いち早く使える可能性が今の白井黒子の脳であると気付いてしまったから

だから、

店員「あ、お客様危な」

ウィーン

食蜂「えっ」
黒子(佐天)「あっ」



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:33:50.80 ID:G0WcKcrOO

黒子(食蜂)「だいたいの事情は分かったわ」

初春(御坂)「よりにもよって……またややこしくなったわね」

食蜂(佐天)「本当にごめんなさい」グスン

初春(御坂)「怒ってないから、ただ…」

食蜂(佐天)「ただ?」

初春(御坂)「ムービー撮るから私の言うとおりに」

黒子(食蜂)「ちょっとぉ!? 私の肉体で何やらす気よ!」

初春(御坂)「土下座とか靴舐めとかボランティア活動とか」

黒子(食蜂)「はあああ?何考えてんのよ!」

初春(御坂)「さあ?読んでみれば?」ププッ

黒子(食蜂)「この子の脳は私と形が違うから上手く行かないって説明したでしょ!」

御坂(イン)「二人ともウルサいんだよ」

上条(あのけしからん身体に佐天って子の魂が……シオニーを彷彿させるな)ムクムクッ

店員(ハーレムメンバーが増えやがった…くそっくそっ!)ドンッ



53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:41:59.18 ID:G0WcKcrOO

上条「……ふう」

上条「佐天さん、だっけか?」

上条「友達の脳を利用して得た能力が、君の望みかい?」

食蜂(佐天)「いいえ」グスン

上条「じゃあもうバカな事は考えちゃダメだよ」

食蜂(佐天)「はい」グズッ

佐天(黒子)(お姉様達が喧嘩してる間に録画開始したのは黙っておきましょう)

イン(初春)「しかし、脳が違うと能力の演算も変わるって不思議ですね」

初春(御坂)「銃のライフリングみたいなものかもね、弾丸(のうりょく)は同じ分類でも線上痕(アウトプット)には違いがあるんだと思う」

上条「とにかく移動しよう、河原かどこかで抱き合ってゴロゴロ―っとやるんだろ?」

御坂(イン)「とうまが言うとイヤらしく聞こえるんだよ」

上条「ハッハッハ、紳士の上条さんは悟りを開いているので邪心もなければ怒りも沸きませんよ」



56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:51:18.05 ID:G0WcKcrOO

河原

イン(初春)「じゃあまずは、私とインデックスちゃんで」

御坂(イン)「うん」

初春(御坂)「次に私が、私の身体に入った初春さんと入れ替わって完了ね」

黒子(食蜂)「同時に私が、私の身体とやるわよ」

初春(御坂)「戻った途端に能力使われちゃたまんないからあんたは最後よ」

上条「いや、上条さんが頭にタッチしておきますのでそこは安心して下さい」

初春(御坂)「でも…」

黒子(食蜂)「信じて欲しいんたゾ☆」

初春(御坂)「黒子の身体じゃなきゃ殴り飛ばしてたわ」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 14:57:13.65 ID:G0WcKcrOO

黒子(食蜂)「あら?今気づいたけど白井さん、御坂さんの下着を被るのが趣味なの?」

佐天(黒子)「はいぃ!?根も葉もない嘘は止めて下さいな!」

黒子(食蜂)「記憶を覗くのは得意分野の私が、間違えるわけな――うぼああああ!」

イン(初春)「うわあ…綺麗な右ストレート…」

御坂(イン)「見てるだけで横隔膜の辺りがヒリヒリするんだよ…」

初春(御坂)「黒子、後で話し合いましょうか」

佐天(黒子)「ひいいっ!」

上条「落ち着け御坂!今はそんなことしてる場合じゃ――」ズルッ

上条「あっ」
初春(御坂)「あっ」
黒子(食蜂)「!?」
佐天(黒子)「ちょっと!」
御坂(イン)「待っ」
イン(初春)「きゃあっ」
食蜂(佐天)「…私が言うのもなんですが」

食蜂(佐天)「コレって最悪のパターンですね」



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 15:11:51.70 ID:G0WcKcrOO

凝縮されたほんの一瞬の中で、食蜂の声で涙子が呟く
それが全員の耳に届いたのは、七人が転げ落ちた後だった


上条(?)「……どうなりました?」
イン(?)「いやあああ!ちょっと私の身体から降りなさい類人猿!」
御坂(?)「あははぁ…記憶も魂もごっちゃになったみたいだゾ……☆」
黒子(?)「なんですかこの実験…おえっ!」
食蜂(?)「つうか食蜂、あんた派閥の子に何やらせてんのよ…」
初春(?)「…女子は誰でもあそこがグロいだなんて知りたくなかった…」
佐天(?)「もうどうにでもなればいいんだよ……」



七人『『『不幸だー――!!』』』



終わり



61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/22(月) 15:18:07.35 ID:G0WcKcrOO

同じファミレスでアイテムメンバーも入れ替わってたりとか考えたけど無理に決まってんじゃん

つうか俺だってややこしいし読みにくいよ、魂とか意味わかんねえよ
どうせこれも全部ワタミのせいだよ
お前らもこんなの読んでないで有意義な時間過ごせ
俺は新聞配達行ってくるから、じゃあな


元スレ
上条「御坂とインデックスの中身が入れ替わった!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1374454905/