1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 22:42:15.83 ID:RJhPQQzv0

岡部「これより、オペレーション・ウルドを開始する!」

岡部「今日はお前たちにDメールによって過去を変えてもらう」

岡部「好きなように過去を変えろ。だが分かりやすい形でだ!」

助手「……私は送らない。過去を変えるなんて卑怯な感じがするから」

岡部「では誰か居ないか?」

ダル「僕が送るお」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 22:48:55.66 ID:RJhPQQzv0

岡部「ほう、ダルがか。どういう内容のメールを送るんだ?」

ダル「それは秘密だお」

岡部「はぁ?」

岡部「ダルよ。この作戦の趣旨は知っているな?」

ダル「知ってるお」

岡部「なのに内容は教えられないと?」

ダル「乙女には秘密の一つや二つあるもんなのだぜ。キリッ!」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 22:58:43.91 ID:RJhPQQzv0

岡部「ふざけるな。エロゲやってはぁはぁしてるお前が乙女の訳無いだろ」

ダル「乙女もはぁはぁするだろ常考」

ダル「まあ、でもわかったお。じゃあ送信する直前になったら教えるお」

岡部「それでも構わないが……ちゃんと教えろよ?」

ダル「任せるのだぜ。キリッ!」


ダル「オーケー。終わったお」

助手「誰になんて送るの?」

ダル「僕のママのポケベルに」

岡部「は?」

ダル「僕をおにゃのこにしてください!」

岡部「おい待て、ダル……」

 くっ、この感じはまさか……!!




18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 23:08:13.51 ID:RJhPQQzv0

岡部(くっ……この感覚は集団消失現象と同じだ……)

岡部(ここはラボか……。一体今のは……。いや、それより)

岡部「なぁ、ダル」

ダル子「何、オカリン」

岡部「なっ……」

岡部(何だよ、そのスカートは……。まさか、Dメールによって過去が?)

ダル子「どしたの、オカリン」

岡部「いや……何でもない。忘れてくれ」

ダル子「変なオカリン」

 言って、ダルは……ダル子は再びPCに画面を向けた。

岡部(……少し、風にあたって考えよう)



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 23:19:05.24 ID:RJhPQQzv0

 ブラウン管工房の前にあるベンチに腰を降ろし、空を見上げる。

岡部(……まさか、あんな内容だったとはな……。それにしても一体何で……)

鈴羽「ちぃーす。岡部倫太郎、一体何してんの?」

岡部「ああ、バイト戦士か……って、誰だお前は」

 ブラウン管工房から鈴羽が……いや、鈴羽に似た誰かが出てくる。

鈴羽「えーっ、酷いなー。忘れちゃったの? 鈴羽だってば」

岡部「……一体何なんだそのメイド服は。いつもはジャージでは無いか」
 
鈴羽「えーっ、どうしたの? 私、いつもこのメイド服じゃん。母さんがよく着てた服だから着てるって説明しなかったっけ?」

岡部「聞いたこと無いぞそんなの……」

岡部(まさかDメールの過去改変による影響か……?)



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 23:30:33.54 ID:RJhPQQzv0

鈴羽「それでどうしたの? 岡部倫太郎」

岡部「いや、何でもない。心配するな。俺はいつも通りだ。フゥーハハハ!」

鈴羽「そっか。でも、何か悩みごととかあったら言ってね。一応これでも戦士なんだから!」

 そう言って鈴羽はブラウン管工房入っていった。

岡部「そのメイド服で言われても説得力皆無だがな……」

岡部(さて、思考を戻そう)

岡部(ダルのあの様子からして、Dメール実験は成功したのだろう。……変な形で、ではあるが)

岡部(しかし、これはどうする……?)

岡部(ダルは俺の頼れるスーパーハカーだ。それなのに……)

岡部(というかあの服装は……)

岡部「……ドクペでも飲んで落ち着くか」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 23:50:58.15 ID:RJhPQQzv0

まゆしぃ「オカリンオカリン。急に外に出てどうしたの?」

 ラボに入るなり、まゆりが俺に疑問の声を投げかける。

岡部「いや、何でもない」

 冷蔵庫からドクペを取り出し、それを喉に流し込む。

岡部(一体どうする。このままダルが女の状態で過ごすのか。しかしそれは……)

岡部「どうした、ダル。俺をそんなに見つめて」

ダル子「ううん。何でもない//」

岡部(何なんだ一体……)

助手「ねぇ、岡部。少し外で話さない?」

岡部「え?」



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/29(金) 23:58:08.54 ID:RJhPQQzv0

 助手はブラウン管工房の前にあるベンチに腰を降ろし、言った。

助手「ダル子が最近痩せてきてること、分かる?」

岡部「え?」

岡部(確かにDメール送信前よりかは痩せていたような……)

岡部(まあ、それでも太ってるんだけどな)

岡部「それがどうかしたのか?」

助手「誰の為に痩せてるか……知ってる?」

岡部「え?」



51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 00:15:18.89 ID:o4mYktGD0

助手「あんた……まさかダル子の気持ち知らなかったの?」

岡部「何の話だ?」

助手「ダル子は、あんたに好かれたいが為に痩せてんのよ?」

岡部「え……」

助手「あんた、もしかして本当に?」

岡部「……」

岡部(そんな馬鹿な……。ダルが俺を? 確かにそれならDメールの件についても……)



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 00:21:40.58 ID:o4mYktGD0

助手「……ダル子、泣いてたわ。痩せたのに全然オカリンが振り向いてくれないって。ダル子の気持ちに答えないといけないんじゃない?」

岡部「……」

助手「私はラボに戻るから。ちゃんと答えてあげなさいよ」

岡部「……」

 あまりの衝撃に……おれはクリスが去った後も、その場を動けずにいた。

 五分後には実家に戻るため電車に向かっていたが。



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 00:32:23.51 ID:o4mYktGD0

 次の日の朝、俺はラボに足を運んでいた。

 ラボに入る。ラボの中ではダル子がPCを……。

岡部「ってダル! どうしたんだその体型は!」

ダル子「あ、オカリン。……気づいた?」

岡部「当たり前だろう! そんなに痩せてしまってどうしたんだ?」

ダル子「実は未来ガジェット四号機を使ったんだお」

岡部「四号機? モアッド・スネークか?」

ダル子「何いってんのオカリン。四号機は『ぷよぷよダンディーくん』だろ。上手く作用するか分からなかったけど使ってよかったお」

岡部(そうか……過去改変のせいか)



66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 00:39:03.23 ID:o4mYktGD0

ダル子「それでさ、オカリン」

岡部「どうした、ダル」

岡部(嫌な予感がするな……)

ダル子「僕と付き合ってほしいお!」

岡部(やっぱりか。助手の言うこともたまには当てになるな)

岡部(だが、どうする。ダルは確かに大切なラボメンでスーパーハカーだが……)

岡部「しかしこうして見ると、鈴羽にも見えなく……」

岡部「ああ……実は俺もだ」

ダル「本当、オカリン!?」

岡部「ああ。本当だ」

岡部(仕方がないよな……)

岡部「大事なスーパーハカーなんだし」

ダル子「もぅ、ハカーじゃなくてオカリンの彼女だろ常考//」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 00:47:53.82 ID:o4mYktGD0

 こうして、俺たちは付き合い始めた。

 最初は少し戸惑った感じもあったが、数日経った今ではすっかりちゃんとした恋人同士になっていた。

 ラボメンも全員知っている。まゆりとクリスは嬉しそうだった。

ダル子「オカリン……」

 ダル子と俺以外誰もいない夜のラボ。ダル子は俺に甘えた声で言った。

岡部「何だ、ダル子」

ダル子「そろそろ、子作りしたいなーって//」

岡部「ダル子……」

 上目遣いで見てくるその可愛さに……俺は思わずダル子のことを押し倒していた。



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 00:54:47.21 ID:o4mYktGD0

ダル子「あっ、オカリン……そこは//」

岡部「こんなに濡らして何言ってるんだ。ゲル化したみたいになってるぞ」

ダル子「あっいやっ//イッちゃうぅぅぅ!」

ダル子「はぁ……はぁ……」

岡部「もうイッたのか。だが……」

ダル子「オカリンのサイリウム・セーバー……凄い大きい//」

岡部「え?」

岡部(馬鹿な。過去改変したせいでその未来ガジェットは存在していない筈……)



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:01:05.88 ID:o4mYktGD0

岡部(だが……今はそんな事どうでも良い!)

ダル子「あっ、サイリウム・セーバーが奥に// あん、そんな突かないで//」

岡部「どうだ、気持ち良いか?」

ダル子「痛いけど……良い//」

岡部「くっ、シュタインズゲートが小さく……もう駄目だ、イくぞ!」

ダル子「私もぉ……イク!」

岡部「エル!」

ダル子「プサイ!」

ダル子&岡部「コングルゥゥゥゥ!」



95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:10:26.99 ID:o4mYktGD0

 その後も俺たちは何度も交わり続けた。

 ダル子は今、シャワーを浴びている。

岡部「ん、メールだ」

 全裸でドクペを堪能していた時、携帯電話が鳴った。

岡部「助手からか」

助手メール:
『ダル子の思いに答えたんだよね、岡部は。
 私も色々と言ったけど、何だろう、素直に喜べない。
 ラボでイチャイチャしてるのを見ても、何だかせつなくなっちゃう。
 今だから分かる。やっぱり私はあんたの事が好きなんだって。
 でも、もう無理だよね。ダル子にはかなわないもん。
 何かごめんね。もう付き合って数日も経つのに』

岡部「クリス……」



101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:24:36.51 ID:o4mYktGD0

岡部(そうだったのか……。どうして俺は気付けなかったんだ……)

ダル子「ふぅーさっぱりした」

岡部「ダル!」

ダル子「どうしたの、オカリン。そんなに慌てて」

岡部「お前、母親のポケベルの番号は知っているか?」

ダル子「え、まあ一応。それがどうかした?」

岡部「その番号、教えてくれ!」

ダル子「え、良いけど……」
 
 ダルから番号を聞いた俺は電話レンジに向かった。

岡部(このままで良いわけがない。クリスの気持ちがどうこうではなく、俺はDメールを送ったせいで沢山の思いを踏みにじってしまっただろう。それで良いはずが無い)

岡部(変えた過去は、戻すべきなんだ)

 電話レンジにポケベル語の番号で『さっきのはうそ』を打ち込み、送る日付を設定する。どんな内容を送ったかは知らないがこれで良いだろう。送った日付だけは最後に確認していた。

岡部(エル・プサイ・コングルゥ!)
 
 俺は携帯のボタンを押した。



107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:35:29.96 ID:o4mYktGD0

岡部「ここは……」

 周囲を見回す。リーディング・シュタイナーは作動したのだから改変が……。

ダル「オカリンどしたん?」

岡部「ダル!」

 PCを使いエロゲをしているダルを見て、思わず叫んでいた。

ダル「どしたん?」

 答えようともせず、俺はラボを飛び出していた。

 確かクリスのホテルは近くにあった筈だ。会いにいかなくては。思いに答えなくては。

 ダル、すまない。お前の気持ちはしっている。

 だが、俺はクリスに好きだという気持ちを伝える。

 ……これがサイリウム・セーバーの選択なんだ。

 END



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:38:29.83 ID:o4mYktGD0

いやー、最後が何かな。
とにかく支援してくれた人には感謝です。
ありがとう。



112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:39:35.09 ID:hV5bg4oB0

おつ

ダル子がなぜサイリウム・セーバーを
知ってたのか…



115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:42:48.17 ID:o4mYktGD0

>>112
いや、本当は改変前に戻ってもダルのことを求め
「さすがスーパーハカー」
「だからハカーじゃなくてオカリンの彼女……え?」
みたいなトゥルーエンドみたいな感じにしたかったんだけど
自重したw



128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:54:54.17 ID:o4mYktGD0

ちょっとすまん
未練があって寝れん
>>115のルートも書いて良いか?



130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 01:55:55.39 ID:xfFDXKv90

>>128
続けたまえ



134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/07/30(土) 02:02:32.15 ID:o4mYktGD0

岡部「ここは……」

 リーディングシュタイナーは発動したから改変が……。

岡部「ダル!」

ダル「どうしたんオカリン?」

 PCの前でエロゲをしているダルを見て、思わず叫んでいた。

 良かった。ちゃんと男になっている。

 だが俺はクリスの元には行かず、続ける。

岡部「ダル。実は俺、お前のことが好きだったんだ」

ダル「え?」

 俺はダルの思いに答えなくてはいけない。



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:08:59.76 ID:o4mYktGD0

岡部「だから付き合ってくれ」

ダル「……実はは僕もだお」

岡部「さすがスーパーハカー。俺の気持ちに答えてくれるか」

ダル「だからハカーじゃなくてオカリンの彼女だと……え?」

岡部「え?」

 その一言で確信する。リーディングシュタイナーは誰にでもあると。

 あの数日間の記憶はダルにはないけれど、取り戻せると。

岡部「これがサイリウム・セーバーの選択だよ」

 俺はダルの手を握り、優しく言った。

 END



136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:11:31.28 ID:o4mYktGD0

いやーありがとう。
これで未練無く寝れるわ。
ノシ
ありがとな



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/30(土) 02:16:26.57 ID:UCeOq7Wj0

あっさり終わったなwwwwww




元スレ
ダル子「オカリン……愛してるお」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1311946935/