1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 19:42:45 ID:Ula1zN2k



幼馴染「いちいちうるさいわね!だからあんたいつまでも・・・・・・・・・って、え?」



男「は?」


幼馴染「いや、は?今なんて言った?」




みたいなのを一つお願い



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 20:26:49 ID:Ula1zN2k


男「そういうの別にお前に関係なくない?」


幼馴染「いやぁ私実は君の事が好きだったからさ・・・・・・お互い初めては一緒だと思ってたわけですよ恥ずかしすぎて死にたい」


男「それは・・・ごめん・・・そういう風には見れなかったから」


幼馴染「いいんだよ、素直になれなかった自分が一番悪いからさー・・・・・・」


男「あ、そう」


幼馴染「でも二番目に悪いのはお前だ、一緒に死のう」

グサッ!





27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:02:46 ID:Ula1zN2k


幼馴染「やっぱりその・・・き、気持ちy・・・・・・やっぱなんでもない」


男「う~ん、何て言うか衝撃的だった。それなりに気持ち良かったけど」


幼馴染「えぇぇ言うなよぉぉ・・・途中で聞くのやめたじゃん」


男「ごめん」


幼馴染「もういいよ、なんかもうふっ切れたよその女がうらやましいよ、ああもう!私と今すぐしよ!ほらはよはよ!!」


男「嫌だよ」


幼馴染「チクショー!」



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:08:24 ID:Ula1zN2k

幼「どこぞの女?いや雌豚だ、豚。その雌豚私も知ってる?」

男「うん」


幼「はぁ~マジでか~向こうはこれから私見るなりほくそ笑むんだろうな~・・・豚め」


男「悪口やめてね」


幼「ハハッ!私のものにならないならお前も死ね!!」

男「・・・・・・」


幼「・・・・・・」


幼「嘘だよぉ~無視しないでよぉ~、言い過ぎたよ」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:16:26 ID:Ula1zN2k

幼「死にたいのはこっちさね、とほほ」


男「だからごめんって」


幼「うるせぇ。小さい時から一緒に居たから『ああ、大人になってもずっと一緒一緒なんだろうな~』って思ってたのに。そしたらなんですか?これですよ、まだ付き合ってすらいないのに浮気ですよ、ええ??」


男「それ浮気って言わないじゃん」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:25:24 ID:Ula1zN2k

幼「ねぇもし私がさ~DQNに処女捧げたらどう思う?」


男「別に。男を見る目ないな~としか」


幼「おっしゃる通りですよこんな甲斐性なしに惚れた自分がばかみたいですよ、そしてもっと心配してくださいよぉ~・・・」


男「もし本当に好きでしたならとめる権利ないじゃん」


幼「確かに」



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:29:10 ID:Ula1zN2k


幼「しかしねぇ~~~~・・・・・・」


男「・・・・・・・・・」

幼「はぁ~~~~~~・・・・・・」


男「・・・・・・」


幼「・・・・・・・・・・・・いやいやマジでないわ」


男「あのさぁまだ続けんの?」


幼「はぁ!!??お黙り!なに?なんなのその余裕はァァ!?経験者の余裕ってやつなの?!」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:34:26 ID:Ula1zN2k

幼「ああもういいわよ!男が中古になっても抱いてあげるわよ!うぉぉぉぉぉ」
ムギュー


男「・・・・・・・・・」

幼「・・・・・・・・・」

幼「あの・・・・・・」


男「・・・・・・・・・」

幼「・・・・・・たった~?」


男「いや別に」


幼「うぉぉぉぉぉ!これでもかー!!」

ムギュー!!


男「そういう問題じゃない」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:46:54 ID:Ula1zN2k

幼「こんなはずじゃなかったのに!男は私と結婚して幸せな家庭を築くはずだったのに!!このヤリチn・・・・・・恥ずかしいわ言わすなボケェ!///」


男(今一瞬恥じらう姿がかわいいと思ってしまった)


男「っていうか待って。もしかして覚えてないだけで昔実は『大人になったら結婚しよう』的な約束したとか・・・・・・」


幼「いや、ないな」


男「そう」



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 22:51:31 ID:Ula1zN2k


幼「もういいわ、帰る」


男「お休み」


幼「引き止めないの?」


男「お休み~」


幼「やはり少し調教が必要なようだな・・・・・・」

男「いいから早く帰れよ・・・」


幼「ええ~もっとお話しようよぉ~~」


男「わかったよもう・・・」


幼「で、どんなシチュだったの!!??」


男「だからまだ引きずるのかよそれ」



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 23:10:22 ID:Ula1zN2k


幼「だってさぁ気になるじゃん」


男「言わないけど」


幼「はぁ・・・もうなんで・・・・・・ん?まさか・・・」


幼「実は非童貞が嘘だとか~?(笑)おやおやこれはいけませんね~、大人になりたくて背伸びしちゃったか~、でも嘘はいけませんよ嘘は」


男「・・・・・・あのさ・・・」


幼「嘘だと言って、言ってください・・・・・・」


男「・・・・・・」



幼「・・・そっか」



36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 23:18:13 ID:Ula1zN2k


幼「そろそろ本当に帰るよ」


男「あっ、実は全部嘘なんだわ」


幼「うんわかってるよ・・・・・・・・・・・・って、は?」


男「ん?」


幼「いやいや、はぁ???お前今なんつった???」

男「だから全部嘘だよ~」


幼「やっぱり一辺ヤったろかーーーーーー!!!!!!//」








37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/26(火) 23:44:41 ID:3ed1nKrA

おつwwwww


元スレ
SS深夜VIP:幼馴染「うるさいわね!この童貞!」 男「いや違うけど」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1340707365/