1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:16:19 ID:4xIHNNhs

 
シンジ「え?アスカ食べたこと無いの?」

アスカ「無いわよ、ねぇ、それって美味しいの?」

シンジ「僕もあんまり食べたこと無いけど、美味しいと思うよ」

アスカ「食べたい、作ってよ」

シンジ「ええっ?無理だよ、できっこないよ…」

アスカ「やだー!食べたい食べたい食べたい!」バタバタ

シンジ(子供かよ…)

アスカ「今夜はつけめんで決まりよ!わかった!?」ビッ!

シンジ「わ、わかったよ…なんとか考えてみるよ…」

アスカ「期待してるからね、バカシンジ!」


シンジ(はぁ~、めんどくさいなぁ~)

シンジ「またネットで調べるか…」



2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:17:31 ID:4xIHNNhs

 
某スーパー

シンジ「なんか良いもの無いかな…」

シンジ「あっ、あの極太麺は冷凍うどんで代用出来るかも…」

シンジ「問題はスープだな~」

シンジ「鶏ガラか…鶏白湯スープなら豚骨より早く作れるかな…」

シンジ「タレは袋入りのタレをアレンジしよう…」


シンジ「よし!やってみるか」



3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:19:03 ID:4xIHNNhs

 
ミサト宅

シンジ「まずはスープだな、お湯沸かして沸騰した所に鶏ガラ投入…」ボチャボチャ

シンジ「灰汁を取りながらガンガン煮込む…」

シンジ「かき混ぜればかき混ぜるほど乳化が進むっと…」グルグル

シンジ「水量に注意して、たまに水を差す…」チョロロッ


アスカ「なにしてんの~?」

シンジ「スープ作りだよ、これが一番大変なんだ…」グルグル

アスカ「ふ~ん、じゃあ出来たら呼んでね」スタスタ

シンジ「」グルグル



4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:22:41 ID:4xIHNNhs


数時間後

シンジ「ふぅ…かなり出来てきたよ、後は別の鍋に濾して入れて…」

シンジ「なかなか落ちないな、こりゃ大変だよ…」


数十分後

シンジ「やっと濾し終わった…」

シンジ「これを火に掛けてっと…」ガチン ボッ

シンジ「次はこれにジャガイモとニンニクをすりおろして入れよう…」スリスリ…

シンジ「お、とろみが付いて来たぞ」グルグル…

シンジ「一煮立ちしたらOKだよ、これでスープは完成だ♪」

シンジ「お椀にタレと砂糖を少々入れる…」

シンジ「そして決め手に鰹節の粉末を入れて…」パサッパサッ…

シンジ「スープを注いで混ぜる…」マゼマゼ



5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:24:33 ID:4xIHNNhs

 
シンジ「どれどれ…」ズズッ…

シンジ「わっ、良い感じだ!」


シンジ「うどんを湯がいて水締めして…」ジャブジャブ

シンジ「よく水を切って出来上がり!」


シンジ「アスカ~!出来たよ~!」

アスカ「やっと出来たの~?待ちくたびれちゃったわよ!」


シンジ「さあ、食べてみてよ!」

アスカ「いただくわ、これにつけて食べれば良いのね?」ツケツケ



6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:25:44 ID:4xIHNNhs

ズルルッ…

アスカ「……」モグモグ

シンジ「どうだろ?」

アスカ「……」

シンジ「?」


アスカ「うまい!!!」ダンッ!

シンジ「うわっ!!」ビクッ!

アスカ「何よ?ビックリすること無いでしょ…」ズルルッ… モグモグ

シンジ「急に大きな声出さないでよ…」ドキドキ



7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:27:00 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「ねぇ、これネギ以外の具って無いの?」

シンジ「あ、ごめん…具の事すっかり頭に無かったよ…」

アスカ「あんたバカぁ?チャーシューとかメンマ無かったら魅力半減じゃない!」

シンジ「ご、ごめん…」

アスカ「でも良いわ、メインはスープと麺だもんね」ズルルッ… モグモグ

シンジ「僕も食べようかな…」ツケツケ

ズルルッ…

アスカ「美味しいわよね…」ズルルッ…

シンジ「うん」ズルルッ… モグモグ

シンジ「今度は具もちゃんと用意するよ」ズルルッ… モグモグ

アスカ「そうして」ズルルッ… モグモグ



8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:28:03 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「でも作るの大変よね」

シンジ「うん、スープがね…やっぱり時間掛かるよ…」

アスカ「じゃあ今度の休みに、つけめん屋さん行きましょ」

シンジ「え?」

アスカ「つけめんが美味しいって分かったし、他のお店のも食べてみたくなったわ」

シンジ「そっか、うん…行こうよ」

アスカ「ええ」



9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:28:54 ID:4xIHNNhs

 
ミサト「た~だいま~!」

シンジ「お帰りなさい、ミサトさん」

アスカ「お帰り、ミサト」

ミサト「はぁ~しんど~」ドサッ

シンジ「お疲れさまでした、ビール飲みます?」

ミサト「いえ、先にお風呂入るわ」

シンジ「じゃあ食事とおつまみ用意しますね」

ミサト「お願いね♪」スタスタ



10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:30:47 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「それ何?」

シンジ「これは鰹のタタキだよ、解凍品だけどね」

アスカ「ふ~ん、それ表面焼いてあるのね」

シンジ「うん、香ばしくて美味しいよ」スッ スッ スッ…

シンジ「これをお皿に並べて、塩を振って味付けするんだ…」フリフリパラパラ

アスカ「へぇ~」

シンジ「そして叩いて味を馴染ませる…」ペチペチ

シンジ「そしてラップを掛けて冷蔵庫で少し寝かすんだ」ピッ…   ガチャ

シンジ「その間に、薬味を切るよ」

アスカ「薬味って?」

シンジ「玉ねぎスライスとニンニクスライス、ミョウガと大葉にしよう」トントントン…

シンジ「とどめにベビーリーフを散らすと、サラダっぽくなって美味しくなるよ」

シンジ「ちゃんと洗って水気切らなきゃね」バシャバシャ  ピッピッ…



11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:32:00 ID:4xIHNNhs

 
ガチャ スタスタ

ミサト「ふ~、さっぱりしたわ♪」

シンジ「ミサトさん、今おつまみ出来ましたから」

ミサト「ありがと♪」

シンジ「どうぞ」コトッ

ミサト「うほ~、豪華ね~♪」

シンジ「鰹の塩タタキのサラダ仕立てです、薬味とベビーリーフをもりっと乗せて食べてください」

ミサト「いっただきま~す」モリッ



12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:33:27 ID:4xIHNNhs

 
モリモリ…

ミサト「!!」

ミサト「ビールビール!!」プシュ!

グビッ グビッ グビッ……

ミサト「ぷっはあああああ!くぅぅぅぅぅ!風呂上がりにこんなに美味しいおつまみで飲むビールは最高ねえええ!」グイッ

アスカ「あたしも一切れ…」モリッ

モリモリ…

アスカ「美味しいわねこれ、ご飯食べたくなるわ」

シンジ「さっきつけめん食べたじゃないか」

アスカ「例えばの話よ!いくらなんでもそんなに食べれないわよ!」

ミサト「あたしもつけめん食べたいわ、シンちゃんお願いね♪」

シンジ「わかりました、すぐ用意しますね」



13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:35:27 ID:4xIHNNhs

 
ズルルッ… モグモグ

ミサト「へぇ~美味しいわねこれ、初めて食べたわ」ズルルッ…

シンジ「極太麺が手に入らなかったので、冷凍うどんで代用したんです」

ミサト「悪くないわよ?」ズルルッ… モグモグ

シンジ「ありがとうございます」ニコッ


ペンペン「ギャーギャー!クワワッ!」ガツガツ!

シンジ「いてて!ごめんペンペン!ペンペンの分もあるから!」

ペンペン「クワッ!」


アスカ「お風呂入って来るわね~」

シンジ「あ、うん!」


ペンペン「クワワッ♪」ズルルッ!



14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:38:41 ID:4xIHNNhs

 
ミサト「ねぇシンちゃん、ちょっち聞いていい?」

シンジ「なんですか?」

ミサト「アスカとどこまで行ってんの~?」ニヨッ

シンジ「えっ?ど、どこまでって…アスカとは、そんなんじゃ…無いですよ…///」

ミサト「ま~たまた~、アスカはまんざらじゃ無いっぽいわよ?」

シンジ「ええっ!?そんな、あり得ないですよ!」

シンジ「だって、いつも怒られるし、叩かれるし蹴られるし…」



15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:39:44 ID:4xIHNNhs

 
ミサト「それって、好きの裏返しなんじゃないかな~って、思うけど?」ニョニョ


シンジ「そ、そんな…そんなのあるわけ無いよ…///」

ミサト「シンちゃんはどうなわけ?好きなの?それとも嫌い?」

シンジ「え、えと…そりゃアスカは頭良いし、エヴァの操縦も上手いし、綺麗で可愛いし…///」


シンジ「どちらかと言えば…す、好きな方になりますけど…///」

ミサト「ふ~ん…分かったわ、来週の休みにはデートして来なさい」

シンジ「えっ!?」

ミサト「おこづかいは多めに渡すから、思いっきり楽しんで来なさい♪」ニコニコ

シンジ「は、はい…ありがとう、ございます…///」



16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:40:59 ID:4xIHNNhs

 
次の日曜日

アスカ「シンジ!行くわよ!」

シンジ「う、うん」


アスカ「ミサトも粋な真似するわね~、懐が暖かいわ♪」

シンジ「そうだね♪」


アスカ「あ、あそこにしましょ!」

シンジ「○○軒か…」

アスカ「ガイドブックによれば、つけめんの大御所、創始者って書いてるわよ?」

シンジ「でも支店だよ?本店は閉めちゃったはずだし…」

アスカ「良いじゃない、ものは試しよ!」

シンジ「わかったよ…」


アスカ「食べ歩きたいから、麺少なめにしてもらうわ」

シンジ「そうだね」



17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:42:22 ID:4xIHNNhs

 
ヘイオマチ!

アスカ「いただきまーす!」ズルルッ…

シンジ「いただきます」ズルルッ…

アスカ「」モグモグ…

シンジ「」モグモグ…

アスカ「………」

シンジ「………」

アスカ「なんかイメージと違う…」

シンジ「うん…なんか違う…」

アスカ「何、この甘酸っぱ辛いの?」

シンジ「これはこれで有りなんだろうけど、僕たちが食べたいのはこれじゃないよね…」

アスカ「悪いけど残すわ、あんた食べなさいよ」

シンジ「ええっ!」

アスカ「何よ?何か文句あるの?」ジロッ

シンジ「わ、わかったよ…食べるよ…」ズルルッ ズルルッ



18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:44:12 ID:4xIHNNhs

 
アリャンシタ~!


シンジ「ゲプッ…くるしい…」

アスカ「なっさけ無いわね~、あの程度の量食べたくらいで」

シンジ「むちゃ言わないでよ…小盛りって言っても、二人分食べたら多いだろ…」

アスカ「少し歩けばお腹もこなれるでしょ!次行くわよ!」テクテク

シンジ「はぁ…」テクテク


アスカ「~♪」テクテク

シンジ「」テクテク

アスカ「…」チラッ

シンジ「ん?」

アスカ「…///」クルッ!

シンジ「??」テクテク

アスカ「~~♪///」テクテク



19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:45:29 ID:4xIHNNhs

 
シンジ「ふぅ、結構歩いたね」

アスカ「あ、ほらあれじゃない?」

シンジ「中華蕎麦○○○か…」

アスカ「濃厚ドロ系スープが特徴みたいよ?」

シンジ「うん、入ってみようか」


アスカ「げっ…結構並んでるじゃん…」

シンジ「仕方無いよ、並ぼうよ」

アスカ「む~」シブシブ…

シンジ(消化の時間が稼げる♪)



20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:46:32 ID:4xIHNNhs

 
小一時間後

アスカ「や~っとあたしたちの番ね!」

シンジ「僕は少なめでお願いします」


オマタセシマシタ!

アスカ「来た来た!いただきまーす!」パキッ

シンジ「いただきます」パキッ


アスカ「」ズボボッ!ズボッ! モグモグ…

シンジ「」ズボッ!ズボッ! モグモグ…


アスカ「……」

シンジ「?」



21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:47:47 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「うまい!!!」ダンッ!!

シンジ「ちょっ…アスカ、みんな見てるよ…」

アスカ「いいから、ほっときなさいよ…」ズボボッ!ズボッ! モグモグ…

シンジ「はぁ…」ズボッ!ズボッ! モグモグ…


アスカ「この特濃スープが堪らないわね」

シンジ「麺に凄くコシがあって美味しいよ」

アスカ「なんか柑橘系の風味がするわよ?」ズボボッ!

シンジ「たぶん柚子だと思う」

アスカ「ふ~ん、意外とマッチするのね」ズボボッ!



22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:49:37 ID:4xIHNNhs


シンジ「ふぅ…」

アスカ「ん?あんた食べないの?」

シンジ「さすがにお腹苦しいよ…味も僕には濃すぎるし、美味しいことは美味しいんだけど…」

アスカ「じゃあ、あたしにちょうだい」

シンジ「うん、いいよ食べてよ」



アスカ「はぁ~食べた食べた!もうお腹いっぱいよ!」

シンジ「凄いなアスカ、スープまで完食だよ…」

アスカ「だって気に入ったんだもん」

シンジ「夜は食べなくても良さそうだね」

アスカ「そうね」


アスカ「あ、おみやげがあるわよ」

シンジ「ミサトさんにも食べさせてあげようか」

アスカ「そうしましょ」



23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:52:08 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「あ、そうだ、ちょっと行きたい店が有るから付き合いなさいよ」

シンジ「服でしょ?」

アスカ「そうよ、良くわかったわね」

シンジ「なんとなく、そう思った」

アスカ「気になってるのが有るのよね~」

シンジ「いいよ、行こうよ」



24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:53:16 ID:4xIHNNhs

 
某ブティック

アスカ「有った有った!売れないでいて良かった~♪」

シンジ「早く買って帰ろうよ、落ち着かないよ…」ソワソワ

アスカ「ダメよ!一応試着しなきゃ買えないわ!」

シンジ「も~…」



アスカ「じゃーん!どうシンジ、似合ってる?」クルッ♪

シンジ「……」

アスカ「?」

シンジ「……」

アスカ「ちょっとバカシンジ、何ボーっとしてるのよ!」

シンジ「えっ?ああ…ごめん…//」

アスカ「似合ってるかどうか、聞いてんの!」

シンジ「う、うん…良く似合ってると思うよ!」

アスカ「そ、そう//?じゃあ買うわ♪」



25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:55:12 ID:4xIHNNhs

 
アリガトウゴザイマシタ~

アスカ「結局、おこづかい全~部使っちゃったわ!」

シンジ「もう少し計画的に使おうよ」

アスカ「うるさいわね~、あたし達はエヴァンゲリオンのパイロットなのよ!」

アスカ「このくらい使ったってバチは当たらないわ!」

シンジ「そりゃそうだけど…」

アスカ「あんたも少しはファッションに気を使いなさいよね~、あたしに釣り合わないじゃない!」


シンジ「え?」

アスカ「あ…///」

アスカ「ふ、ふん!とっとと帰るわよ!///」

アスカ「荷物持ちなさいよね!」ドサッ!

シンジ「うわっ!わ、わかったよ…」


アスカ「~♪」ズカズカ

シンジ「……」テクテク



26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:56:40 ID:4xIHNNhs

 
ミサト宅

アスカ「ただいま!」

シンジ「ただいま…」

ミサト「お帰り~」


アスカ「ふ~」ガタッ

シンジ「よっ…」ドサッ

ミサト「あらあら、ずいぶん買い込んだわね~、これ全部アスカの?」

アスカ「そ~よ、ここぞとばかりに服を買ったの」

ミサト「良いわね~、着て見せてよ♪」

アスカ「いいわよ」



27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 16:58:44 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「じゃーん、どうよ?(やば…なんかキツく感じる…)」クルリン♪

ミサト「可愛いじゃな~い」ニコニコ

アスカ「でしょ~?それなのにバカシンジったら、ボーっとしてるんだもん」

ミサト「見とれてたのよね~、シ ン ちゃん?」ニョニョ

シンジ「えっ?ま、まぁ…はぁ…///」

アスカ「見とれてたの…?」

シンジ「う、うん…///」

アスカ「……///」


アスカ「ねぇ…シンジも可愛いって思う…?///」

シンジ「……ウン///」

アスカ「声が小さいわよ…」

シンジ「お、思い…ます…///」

アスカ「///」ニヘラ


ミサト(あらあら、しっかりラブコメしちゃって…)ニコニコ



28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:00:02 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「の、喉が渇いちゃったわ!ジュース出して!///」ガタッ…ギシッ

ビリッ!

アスカ「ええっ!?」

シンジ「どうしたの?」

ミサト(ぶーーーっ!)


アスカ「や、破れた…」ワナワナ

シンジ「ええっ?」

アスカ「どうして!?サイズちゃんと見たのに?」



29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:01:18 ID:4xIHNNhs

 
シンジ「食べ過ぎて太ったんじゃないの?」

アスカ「な、なんですってぇ!!」クワッ!

シンジ「だって僕の分も食べたじゃないか」

アスカ「バ、バカシンジ!!あんたがあたしに食べさせたからこうなったのよ!!」ドカッ!

シンジ「うわあああ!何すんだよ!」ガタタッ

アスカ「シンジが悪い!!シンジが悪い!!」ゲシッ!ゲシッ!

シンジ「いてて!止めろよアスカぁ!」

ミサト「ちょっ!アスカ止めなさい!」



30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:03:54 ID:4xIHNNhs


アスカ「うわあああん!お気に入りなのにいいい!」


シンジ「あたた…」ヨロッ…


アスカ「うう…ひっく…」メソメソ


シンジ「……」


アスカ「ひっく…」メソメソ


シンジ(…まだ間に合うかな…)チラッ

シンジ「ちょっと出掛けてきます!」ダダッ!

ミサト「え?シンちゃんどこ行くの?」

アスカ「……?」グスッ…



31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:07:40 ID:4xIHNNhs

 
ミサト「もう8時過ぎちゃったわよ…」

アスカ「……知らないわよ…あんなデリカシーの無いヤツ…」ムスッ…

ミサト「お腹すいたな~」

アスカ「スルメでもかじってたらぁ…」

ミサト「」



32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:09:05 ID:4xIHNNhs

 
ミサト「じゃ、あたし先にお風呂入るからね」

アスカ「ええ…」


カチカチカチ…

アスカ(遅いわね…あのバカ…)


プシュー

シンジ「た、ただいま!」


アスカ「どこ行ってたのよ…」ムスッ…


シンジ「アスカ、これ」ガサッ

アスカ「何よ?あの店の袋じゃない…」ガサガサ

アスカ「あ…」


シンジ「ギリギリで間に合ったよ、同じのもう一着あるの見てたんだ」



33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:10:57 ID:4xIHNNhs

 
アスカ「……」

アスカ「良くサイズ分かったじゃん…」

シンジ「洗濯者の僕に隙は無いよ」ニコ…

アスカ「そっか…」ニコ…


シンジ「さっきは無神経な事言ってごめん…」

アスカ「いいわよ…許したげる…」


シンジ「また来週、二人で出掛けようよ」ニコッ


アスカ「うん…///」ニコッ



34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:13:20 ID:4xIHNNhs

 
シンジ「今度は食べ過ぎないようにね」

アスカ「!!?」

アスカ「あ、あんたバカぁ!?」バシッ!

シンジ「いてっ!!」

アスカ「あんたって何でそうデリカシーが無いのよ!?」

シンジ「ご、ごめん…」

アスカ「ほんっとにバカなんだから!///」フンッ!

シンジ「ごめん…」

アスカ「も~、すぐ謝るのやめなさいよ!」ガシッ



35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/05/29(水) 17:15:05 ID:4xIHNNhs

 
チュ~!

シンジ「!?///」

アスカ「ふ、服のお礼よ!///」フン!

シンジ「あああ、ありがと…///」


脱衣場

ミサト(ふ~ん、シンちゃんもアスカもやるわね~♪)

ミサト(おかげで出にくくなったじゃない…)クシュッ!

ペンペン「アホ~アホ~」パタパタ



おしまい


元スレ
SS深夜VIP:アスカ「シンジ~、つけめんって何?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read_archive.cgi/internet/14562/1369811779/