1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:33:53.13 ID:A/7tdhPS0

響「もう昼かー」

響「暇だなぁ…」

響「おなかすいた…」

響「千早まだかなー…」

響「なんか、最近千早とばっかり一緒にいるなー…」

響「他のみんなは仕事あるもんなー…」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:37:50.90 ID:A/7tdhPS0

ガチャッ

千早「ただいまー」

響「おう!千早!遅かったじゃん!」

千早「よいしょっと。少し、遠くまで行ってしまったわ。」

響「えー?お昼買いにいくだけなのにか?」

千早「なかなかいいのが無くって」

響「で、何買ってきたんだー?」

千早「はい。我那覇さんの分」ゴトッ

響「え…」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:40:51.54 ID:A/7tdhPS0

響「バ、バナナ…?」

千早「バナナマンよ」

響「え?」

千早「いえ、バナナよ」

響「う、うん。で、他には?あるんだよな?」

千早「え?お昼ご飯よね?」

響「そうだよ?」

千早「だから、バナナよ。」

響「バナナだけなのか?」

千早「だめだったかしら?」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:43:14.79 ID:A/7tdhPS0

響「いやー。ダメかって言われると、そうでもないんだけど…」

千早「じゃ、いいじゃない。栄養満点よ。」

響「うーん。なんかなー」

千早「じゃ、食べましょう。」ゴソゴソ

響「ん?なんだそれ?」

千早「私のご飯よ」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:46:41.13 ID:A/7tdhPS0

響「え?」

千早「から揚げ弁当。いいでしょ?」

響「う、うん。すごくおいしそうだな。」

千早「二つも買って来ちゃった!食べ切れるかしら?」

響「一人でたべるつもりなのか?」

千早「ええ、だって我那覇さんはバナナあるでしょ?」

響「うぅ…」



12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:50:33.88 ID:A/7tdhPS0

千早ハフハフ「いただきまーす!」

響「…」ジー

千早「あら?我那覇さん。食べないの?」

響「…自分も、食べたいぞ」

千早「あ!そうだったのね!いいわ。食べさせてあげる」

千早「はい、あーん」

響「あーん。」パクゴク

響「って、バナナじゃないよ!」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 11:57:20.11 ID:A/7tdhPS0

千早「あら?もっと星井の?あーん」

響「あーん。ってちがうよ!」

千早「美味しくないの?」

響「お、美味しいけどさ…」

響「か、から揚げも食べたいぞ…」

千早「あら、そう?助かるわ。残しそうだったの」

響「…わざとなのかな?」

千早「はい、あーん」

響「あーん。まぁ、美味いし。いっか」

千早「あ、じゃあ。バナナもらうわね」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:01:29.35 ID:A/7tdhPS0

響「いいよー。さすがに一房丸ごとはおおいぞ…」

千早「あ、そうだわ!いいこと思いついたの!」

響「お?なんだー?」

千早「うふふっ。まあ見てなさいっ」

響「なんか楽しそうだなっ」

千早「昨日ね、うふふっ、マンガで読んだんだけど、」

響「ふふっ、なんだよっ、笑いすぎだぞっ」

千早「すっごく、すっごくおもしろいの!うふふっ」ムキムキ

ぽいっ

響「…?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:03:32.33 ID:A/7tdhPS0

千早「こうやってね、ふふっ、バナナの皮を置いておくとね、」

千早「誰かがね!すべって、ころぶの!」

響「…」

千早「うふふっ楽しみだわっ」

響「千早を笑わせるのはカンタンそうだなー」



17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:12:32.49 ID:A/7tdhPS0

響「いっとくけど、春香は今日北海道だからなー」

千早「いいのよ、ふふっ、普段転ばない人が転ぶのがおもしろいんだから」

響「これは空気を読んで転んであげるべきなのか…」

響「あ、それよりさ、そっちの袋、何買ってきたんだ?」

千早「あ、これね。我那覇さん開けてみて?」

響「いいのか?」ガサゴソ



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:22:55.50 ID:A/7tdhPS0

響「なんだこれ?」

千早「じゃーん!袋の中に袋ー!」

響「え…」

千早「我那覇さん、うふふっ、袋を開けても袋って、ふふっ、あんなにわくわくしてたのにっ」

響「な、何を笑ってるんだ…?」

千早「だ、だって、ふふっ無意味すぎるわっ、ふふっ」

響「相変わらず千早のセンスはわからないぞ…」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:30:37.73 ID:A/7tdhPS0

響「って、え?!これ、2000円もするのか?!」

千早「え、ええ、そうよ、ふふっ」

響「いつまで笑ってるんだよ…いや、高すぎるだろ!」

千早「ええ、このギャグのために隣り街の袋屋さんまで行ったわ」

響「袋屋さんなんてあるのか?!…あ、だから遅かったんだな」

千早「でもこれ、すごいのよ!強化ファイバーで出来てるから、絶対に破れないし、完全に光を遮断するの!」

響「でもこれ、そんなに大きくないし、スイカぐらいのものしか入んないぞ…」

千早「どうしても守りたいスイカがある時に、つかえるわね」

響「ねーよ!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:38:37.98 ID:A/7tdhPS0

響「あ、そうそう。あれは買ってきてくれた?」

千早「あーあれね。もちろんよ」

響「今日だけの限定メニューだからな!」

千早「はい」ゴト

響「…え?なに、これ?」

千早「催涙スプレーよ」

響「催涙スプレー?」

千早「ええ」

響「いやいやいや、なんでだ?!自分の話、ちゃんと聞いてたのか?!」

千早「ええ。三丁目の新しく出来たお店の、」

響「そうそう、今評判の、

千早「限定メニューの」

響「一日十個の」

千早「催涙スプレー」

響「なんでだよ!」



23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:45:49.61 ID:A/7tdhPS0

響「なんで催涙スプレーを限定発売するんだよ!そういうの限定しちゃだめだろ!」

千早「え?でもシューってするやつって」

響「シュークリームだよ!どんな間違いだよ!」

千早「あっ…えーっと、私、間違えたのかしら?」

響「間違えたとかいうレベルじゃないぞ!なんで食べ物と防犯グッズ間違えるんだよ!」

響「ていうかシューするやつって聞いてなんですぐ催涙スプレーなんだ?!いろいろあるだろ!」

千早「ふふっ、我那覇さんったら、楽しいわ」

響「楽しくないよ!何笑ってるんだ!」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 12:56:09.13 ID:A/7tdhPS0

響「もういいよ、千早に頼んだ自分が悪かった」

千早「あ、あの、もしかして、怒ってる?」

響「怒ってるって言ったら?」

千早「えっと、ね…」ゴソゴソ

千早「へ、ヘビよ!ヘビー!!」

響「うわぁ!な、なんだよそれ!」

千早「ヘビ…」

響「ゴ、ゴムホースじゃないかー」

千早「ごめんなさい…笑わせようと思って…」

響「だいたい。自分、ヘビ飼ってるのにヘビで驚くわけないよ」

千早「ごめんなさい…」

響「うぅ…そんなにしょんぼりするなよー。もういいぞ!シュークリームぐらいどこでもうってるしな!」

千早「許してくれるの?」

響「うん!千早だって頑張って買ってきてくれたんだ!ありがとう」ギュッ

千早「えへへっ」



27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 13:00:22.57 ID:A/7tdhPS0

千早「このホース買って来てよかったわね」

響「え?!それも買ったやつなのか?!」

千早「そうよ!帰りにホームセンターの人に話しかけられて」

響「げ?!これ3000円もするのか?!」

千早「で、でもこれすごいのよ!水道水を、アルプスの水に変えてくれるの!」

響「千早…次買い物行く時は自分も呼んでくれよ?」



31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 13:06:31.51 ID:A/7tdhPS0

響「げ?!まだなにかあるぞ?!」ゴソゴソ

千早「それは…」

響「お?かわいい手袋じゃないか!ヒモで繋がってる奴だな?!」

千早「ちがうの、聞いて」

響「って、ヒモ短かっ!なんだこれ!」

千早「そ、それはね!」

響「こんなのつけたら、まえにならえぐらいしかできないぞっ」

千早「名付けて、真剣白羽どり手袋!」



33: >>28あってる 2013/01/29(火) 13:12:18.30 ID:A/7tdhPS0

響「は?」

千早「説明しよう!真剣白羽どり手袋とは!その手袋を付けていると、誰でも真剣白羽どりが出来るというスグレモノなのだ!」

千早「お値段なんと!両手セットで、7200円!」

響「高いよ!」

千早「そのホームセンターで売ってたの」

千早「一目惚れしてしまったわ」

響「もういいよ…千早が何買おうと自由だもんな…」

響「しっかし、誰がこんなの作るんだろうな…」



34: >>28あってる 2013/01/29(火) 13:22:05.06 ID:A/7tdhPS0

ピンポーン

響「あれ?誰だろう?」

バキッドーン

響「な、なんだ?!」



35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 13:22:49.07 ID:A/7tdhPS0

不審者「ここかあ!俺の星井美希ちゃんがいる事務所は!」

千早「ふ、不審者よ!」

響「ナイフ持ってるぞ!」

不審者「おらあ!俺のミキちゃんをだせ!
」ドカドカ



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 13:23:29.31 ID:A/7tdhPS0

千早「あっ!そこは!」

不審者「うおっ!」ツルッ

響「ナイスバナナ!」

千早「くらいなさい!催涙スプレー!」シュー

不審者「うおあ!」

千早「響!あいつの頭を覆って!」

響「2000円ぶくろー!」

不審者「うおおおお!」

響「ナ、ナイフを振り回してるぞ!」

千早「秘儀!真剣白羽どりぃ!」

千早「さあ!今のうちにゴムホースで!」

響「観念しろい!」ギュッ

不審者「ま、参りました…」

千早「やーりぃ!」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 13:24:33.23 ID:A/7tdhPS0

こうして、無事不審者は逮捕され、765プロには平和が戻りましたとさ


めでたしめでたし



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 13:26:37.32 ID:A/7tdhPS0

バナナマンをイメージしましたがオリジナルです。

設楽=千早

日村=響


元スレ
P「千早と響」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359426833/