関連
P「千早と響」



1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 17:52:32.54 ID:OxE81L3v0

千早「~♪」

ババン
「97.2点」

響「おおー!さっすが千早だぞ!」

千早「まあ、こんなものかしら」

千早「あら、我那覇さん。次の曲、入れないの?」

響「んー。もう、飽きちゃったよー」

千早「たしかに、私も疲れて来たわ」

響「でもいいなー千早の家、カラオケセットなんてあるんだな」



2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 17:58:04.51 ID:OxE81L3v0

千早「ええ、いつでも練習できて便利よ」

響「うちもほしーなー」

千早「いつでも貸してあげるわよ」

響「お、いいのか?ありがとうー」

千早「ふぅ…喉、乾かない?」ゴトッ

響「お、いただきまーす」

千早「あまり急いで飲むと喉に悪いわよ」

響「くーっ!うまいぜっ」



4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:02:59.33 ID:OxE81L3v0

千早「ふぅ…なんだかだれてきたわね」

響「んー、なんか他に面白いもんないかー?」

千早「残念ながらここは私の家よ」

響「そーだよなー…」

千早「暇ねー」

響「なんかさ!面白い話してよ!」

千早「またそれ?もう何もないわよ」

響「んー、じゃあさ、怖い話ってのは?」

千早「私が怖い話下手なの知ってるでしょ?」

響「別に、怖がらせなくてもいいんだよ?不思議な体験、とか」

千早「んー」

響「ちっちゃいころのやつとかさ」



5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:06:41.33 ID:OxE81L3v0

千早「あ、あるっちゃあるわね」

響「お!聞かせて聞かせて?!」

千早「ちょっとした事なんだけどね?」

響「うんうん」

千早「私が、まだ実家ぐらしのころね」

響「けっこう昔だな」

千早「私の父、すこし変わった人なんだけど」

響「うん、前も言ってたな」

千早「ある日、私が夜中にふと目を覚ましたの…」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:10:14.94 ID:OxE81L3v0

響「お、なんかホラーっぽい?」

千早「そういうのじゃないんだけどね?」

千早「リビングに、水を飲みに行ったのよ」

響「うんうん」

千早「そしたら、なぜか父が、テレビを見ていたのよ」

響「千早と同じて眠れなかったのかな?」

千早「でもね?夜中の3時ぐらいだったから、テレビは何もやってないのに、父はずっと、砂嵐を眺めていたらしいの…」

響「…そ、それは」



8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:12:39.42 ID:OxE81L3v0

千早「ちょうどそのころ、その、息子が死んだばかりで、すこしおかしくなってたのかしら?」

響「千早、それはちがうぞ。」

千早「でも、砂嵐をずっと眺めてるなんて…」

響「うん、まぁ男の人には、色々あるんだよ」

千早「そうなの…?」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:16:38.84 ID:OxE81L3v0

響「うん。ほら、カラオケでもしてたんじゃないか?それで、恥ずかしいからとっさに消した?みたいな」

千早「いえ、このカラオケは、そのころ無かったわ。それに、カラオケしてたら音が聞こえるはずよ」

響「た、たしかに」

千早「このカラオケはね、私が一人暮らし始める時にもらったの」

響「ふーん、誰から?」

千早「それがね…誰からかわからないのよ」

響「どういう意味だ?」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:22:47.28 ID:OxE81L3v0

千早「そう。これも、不思議な話なんどけど、私がね、新居に引っ越してすぐ、「如月千早さんへ」って家の前に置いてあったの」

響「差出人は?」

千早「わからない、どこにも書いて無かったわ」

響「ほー。なんか、そっちの方がよっぽど不思議な話だな!」

千早「そうかしら?」

響「そうだよー。お父さんのは、むしろすべらない話だな!」

千早「それより、次は我那覇さんの番よ?不思議な話」

響「うーん…やっぱりそうくるよなー」

千早「自分だけ話さないなんて、ズルい事はさせないわ」



12: >>10先読みすんなよ! 2013/01/31(木) 18:32:36.18 ID:OxE81L3v0

響「えっとね、自分のは、上京してすぐの話なんだけど。」

響「ある日、けっこう夜遅くにね、工事現場の近くを通ったんだ」

千早「なんだか不気味ね…」



14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:40:38.07 ID:OxE81L3v0

響「近くにね、けっこう深めの穴があったんだけど、その穴からね」

響「タスケテー、タスケテーって声が聞こえるんだ。」

千早「怖いわね…」

響「誰が、工事の人が落ちてるのかと思って覗いたんだけど、中にいたのはね」

響「背広を来た、髪の青い男だったの!」

千早「幽霊かしら…」

響「もう怖くなっちゃってね。急いで家にかえったんだ」

千早「何だったのかしら?」

響「気になってね、次の日覗いたんだ。でも誰もいなかったから、やっぱりオバケだったのかな?」



15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:45:44.35 ID:OxE81L3v0

千早「うーん…何とも言えないわね」

響「だろー?まぁ、不思議かどうかって言われたらそうでもないんだけどな」

千早「あ、そうそう工事現場で思い出したんだけど」

響「ん?何だ?」

千早「私も工事現場の近くで、見たの」

響「なにを」

千早「ドッペルゲンガー」

響「ドッペルゲンガー?」



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:50:51.86 ID:OxE81L3v0

千早「そう、弟が、事故にあってすぐのころなんだけど。」

響「うんうん。」

千早「両親がケンカして、私の父、すこし浮気していたらしいの。」

響「そうなのかー?」

千早「ええ、毎晩、おそくまで帰ってこないし。休日も、朝からいなくなってしまうの」

響「大変だなー」

千早「それでね、その晩も、父は浮気をしに、どこかへ出掛けていったの」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 18:57:33.79 ID:OxE81L3v0

千早「七時ぐらいかしら。すこしコンビニに様があって、出掛けたのね」

響「うんうん。」

千早「そしたら、そう。コンビニの横の工事現場で、父が立っていたの」

響「ほう」

千早「ちょうど大工さんが上がる時間で、人が邪魔であまり見えなかったのだけど」

千早「あれはたしかに、父だったわ」

響「話しかけなかったのか?」

千早「それがね、私と目が合うと、スーって消えてったの」

響「こ、こわいなー」



19: なかなかほのぼのにもって行けない 2013/01/31(木) 19:02:52.82 ID:OxE81L3v0

千早「その夜も、父は夜中に帰って来たわ。お酒のにおいといっしょにね」

響「うーん…となると別人かなぁ」

千早「父とは、あまり喋ることもなかったから。結局真相はわからないわ」

響「中悪かったのか?」

千早「というより、私に興味が無い感じだったわ。歌手になりたい、って告白しても」

千早「そうか…千早は歌が好きだっのか…」

千早「って、そこで初めて私が歌が好きだって知ったのよ」



20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:07:08.10 ID:OxE81L3v0

響「そっか…千早も色々あるんだな…」

千早「ごめんなさい、なんだか変な事言ってしまって」

響「大丈夫だよ!ほら、千早がそんな事も話してくれるって事は、自分を信用してくれてるって事でしよ?!」

千早「ええ、こんな事、我那覇さんにしか言えないわ」

響「えへへ…だから、嬉しいんだ!」

千早「うふふ、ありがとう、優しいのね」

響「そんなー、褒めても何もでないぞ!」



21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:10:33.52 ID:OxE81L3v0

千早「もう一回歌いましょうか」

響「そうだなー。あ、これ。ゲームもあるぞ!」

千早「本当?しらなかったわ」

響「もー、これ千早のだろ?しっかりしてよ」

千早「あら、なかなか面白そうなゲームね」

響「みてなよー。自分けっこう上手いんだから!」



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:13:38.96 ID:OxE81L3v0

響「それ!えい!やー!」

千早「ねぇ、私にも代わってよ」

響「ち、ちょっとまってよ!いまいいところだから!」

千早「もう、早くしなさいよー」

響「あ、ちょっと!脇くすぐるのはずるいぞ!」

千早「じゃあ代わりなさいよっ」

ピッ

響「あ」

千早「え?」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:16:49.95 ID:OxE81L3v0

響「な、なんか。変なところ押しちゃったぞ」

千早「これは…VHS?」

響「なんか、このカラオケ、ビデオも再生できるみたいだな」

千早「しかも、既に何か入ってるわね」

響「千早、なにか入れた?」

千早「覚えてないわ…もしかして、最初から入ってた?」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:19:10.43 ID:OxE81L3v0

響「こ、怖いな…」

千早「再生、してみる?」

響「お、お任せするぞ!」

千早「いくわ」

響「」ゴクッ

ザーザー

響「砂嵐、だな」

千早「あ、始まった」



28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:28:41.42 ID:OxE81L3v0

ザーザー『千早。765プロダクション、合格、
おめでとう!』

響「これは…」

千早「…父さん!」

『父さん、千早が、歌が好きだなんて、全然知らなかったよ。しかもまさか、アイドル事務所だなんてね。』

千早「じ、実家のリビングね」

『と、いう事で。お祝いに、カラオケセットのプレゼントです!パチパチパチパチ』

『いやー、カラオケセットって、けっこうするんだな。母さんにナイショで、バイトしたんだぞ!居酒屋の店員から、大工さんまでやっちゃったよ』

『えーと、父さんはいつまでも、千早を応援してます。だから、思いっきり、自分の夢に向かって、羽ばたいてください。』

千早「父さん…」

『おっと、千早が起きてきちゃったよ。じゃ、これで』



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 19:33:44.07 ID:OxE81L3v0

響「お、終わったぞ…」

千早「…っ!」

響「千早…」

千早「私、今までずっと…!」

響「良かったじゃないか。いいお父さんで」

千早「うっ…」

響「たまには、実家に顔出してあげるんだぞ?」

千早「ええ…が、我那覇さんもついてきてね?」

響「え?いいけど」

千早「紹介するの!私の自慢の父に、自慢の親友を!」



おわり


元スレ
P「今日も千早と響」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359622352/