1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 20:51:21.00 ID:SR6MqXaC0

禁書「とうま、ごはんまだ?」

上条「あぁ、もう少し待ってくれないか?」

禁書「早くしてくれないと、もう限界かも」

プツン

禁書「?」

上条「・・・待たせたなインデックス、ほらご飯だ」

禁書「え?このパスタ、ソースがかかってないかも」

上条「限界なんだろ?なら文句言わないでくれ」



6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 20:54:09.80 ID:SR6MqXaC0

禁書「味がないと食べられないかも」

上条「じゃあそこにトマト缶やら塩やら胡椒やらいっぱいあるから
   好きに使って食べてくれ」

禁書「私料理できないかも」

上条「たまには自分でやればいいだろうが」

禁書「・・・とうま?」

上条「・・・少し外に出てくる」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 20:57:49.64 ID:SR6MqXaC0

禁書「え?私のご飯h・・・ちょっととうま!」

ガチャン

上条「・・・はぁ、なんなんだよ本当に」

上条「少し甘やかし過ぎたのかな、俺」

上条「でも約束したもんな、守るって」

上条「・・・少し散歩でもしてこようかな」



11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:03:00.26 ID:SR6MqXaC0

とある公園

上条「ふー、不味いなこのジュース」

上条「毎日毎日ご飯ご飯ってよ、俺は一体インデックスの
   何なんだろうか・・・」

上条「ご飯作るだけなら、きっと俺じゃなくてもできるだろ」

上条「大体お金だって本当にやばいんだよな」

上条「インデックス、気づいてんのかな、俺がしばらく飯食って 
   ないこと」

上条「気づいててアレだったらアイツは俺のことなんだと思って
   るんだろうか」

上条「はぁ・・・」

御坂「あ!アンタ!」



13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:07:30.53 ID:SR6MqXaC0

禁書「とうま、行っちゃったんだよ・・・」

禁書「ご飯どうしようかな、なんでスフィンクスのはちゃんと
   あるのに私のは作ってくれないんだろ」

スフィンクス「ミャッ!?」(おい、それマジでわかってねぇのか?)

禁書「とりあえずお腹が減って死にそうなんだよ」

禁書「とうまのバカ!もう勝手に食材全部使っちゃうかも!」

禁書「とうまは多分外で美味しいもの食べてるに違いないかも!」

スフィンクス「ミャーッ・・・」(おいおい、何言ってんだよこの穀潰しはよ・・・)



19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:11:59.45 ID:SR6MqXaC0

上条「ん?・・・おう、御坂か・・・」

御坂「だからビリビリ言うn・・・あれ?」

上条「なんだ?今日はお前と遊ぶほどの気力がないんだ
   そのつもりならこのジュースやるからどっかいってくれ」

御坂「なによ!その態度は!せっかく話しかけてあげてるのに」

上条「頼んでない、お願いだから独りにさせてくれよ」

御坂「・・・なんかあったの?アンタ」

上条「いや・・・別にお前に話すようなことじゃないさ」

御坂「人の問題にはすぐ首突っ込んでくるくせにそういうこと言うの?」

上条「今回ばかりはな」

御坂「・・・」



24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:17:24.55 ID:SR6MqXaC0

禁書「うぅ・・・お料理とか全然わかんないかも」

禁書「10万3000冊の魔道書の中に料理のやりかたは載ってないし」

禁書「!それなら料理のつくり方が書いてある本を読めばいいかも!」

禁書「そうすればとうまの料理より何倍も美味しいのが作れるかも!」

禁書「そうと決まれば早速」ゴソゴソ

禁書「あった、えーっとなになに?『激安!まんぷく料理』?」

禁書「これを読めば、ふふふ」ニコニコ



29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:22:37.82 ID:SR6MqXaC0

上条「なんだよ、とっととどっかn」

御坂「行かないわよ」

上条「そうか」スクッ

御坂「あ・・・どこ行くのよ」

上条「どこも行かないんだろ?なら俺が移動するまでさ」スタスタ

御坂「なんでそうなるのよ!ちょっと相談すればいいじゃない!」

上条「それじゃあお前に相談したら全てが解決すんのかよ」

御坂「・・・ッ、わかんないけど・・・」

上条「だろ?それにこれは喧嘩とか戦争とか、そう言う話じゃないんだ
   つーかお前もそろそろ聞き分けてくれ、お姉さまよ」

御坂「うぅ・・・」

上条「それじゃぁな」



34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:28:53.21 ID:SR6MqXaC0

禁書「なんでだろ?この本の通りにやってんのに全然うまくいかないかも・・・」

禁書「それに食材ももうなくなってきちゃったし」

禁書「なんなのもう!こうなったのも全部とうまのせいかも!」

スフィンクス「ミャー」(彼をそうさせたのは誰なんだろうな)

禁書「・・・もういいよ、このカチカチになったパスタ食べるから」

モグモグ

禁書「おいしくない、全然おいしくないよ・・・」

禁書「・・・とうま、どこ行っちゃったんだろ」



37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:34:33.60 ID:SR6MqXaC0

とあるコンビニ

一方「ン?」

上条「・・・」トボトボ

一方「おィ」

上条「ん?あぁ、一方通行か」

一方「よォ、・・・ってなんかシケた面してンなァお前」

上条「ちょっと、色々あってな」

一方「そォかよ・・・これ」つカンコーヒー

上条「・・・?」

一方「ダセェ面してんじゃねェよ、見てらンねェんだよ、テメェのその面をよ」

上条「あ、アクセr」

一方「いいからヨ、少し話そうや」



40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:38:54.12 ID:SR6MqXaC0

禁書「もうとうまが出て行って一時間近く経つかも」

禁書「一応お腹は膨れたけど、なんか幸せじゃなかったんだよ・・・」

禁書「五和とかオルソラの料理より全然美味しくないけど」

禁書「・・・今はとうまのご飯が食べたいかも」

禁書「ねぇ、スフィンクス」

スフィンクス「?」(なんぞ?)

禁書「とうまのご飯、おいしかった?」

スフィンクス「ニャー」(そうだな、いつもどうりだったぞ)

禁書「・・・なんて言ったかわかんないかも」



43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:44:05.65 ID:SR6MqXaC0

上条「・・・」

一方(だんまりか)

一方「・・・打ち止めがよォ」

上条「?」

一方「ン、ウチのクソガキがよォ、最近うるせェんだわ」

上条「・・・うん」

一方「それでなァ?あんまりうるせェから『何をよこしたら黙るンだよ?テメェは』
   って聞いたンだよ」

上条「・・・それで?打ち止めはなんて?」

一方「ご飯・・・だとよ」

上条「・・・は?ウチのインデックスじゃあるまいし」



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:49:14.67 ID:SR6MqXaC0

一方「まァ最後まで聞けや」

上条「・・・おう」

一方「そンでよォ、『じゃぁそこの弁当くれてやるからどれでも好きなモン食え』
   って言ったんだけどよ」

一方「・・・どォやらちげェらしンだよ」

上条「・・・は?」

一方「クソガキはよォ、なぜか食ったこともねェ、ファミレスの冷凍チルド
   よりクソマジィかもしれねェ俺の手料理が食いてェとかヌかしやがったんだ」

上条「・・・」



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 21:55:14.53 ID:SR6MqXaC0

一方「そしたらよォ、そばに居た黄泉川や芳川まで調子コキ始めてよォ」

一方「三人してあンまりにもうるせェからよ、黙らせるために作ってやったんだわ」

上条「お前が料理か・・・似合わないにも程があるだろ」ハハハ

一方「うるせェ、シメンぞ」キュイィーン

上条「す、すまん」

一方「・・・まァいいわ」シューン



52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:01:41.02 ID:SR6MqXaC0

一方「まぁ挽き肉になんも混ぜねェで真っ黒に焼いたハンバーグを
   出してやったんだよ」

上条「お・・・おう」

一方「さすがに誰も食わねェと思うだろ?」

上条「うん」

一方「だがよォ、ちげェんだわ」

上条「?」

一方「奴ら黙ってよ、ソースも付けねェでそのゴミ食いやがったンだ」

上条「・・・」

一方「まァ黄泉川と芳川は一口食って『不味い』とか言って捨ててんだけどなァ」

一方「・・・あのクソガキは・・・打ち止めは最後まで、文句一つ言わねェで
   最後まで食ったンだよ」

上条「・・・は?」



57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:08:27.88 ID:SR6MqXaC0

一方「笑っちまうだろォ?そんなんよォ」

上条「・・・」

一方「その上よ、箸置いて『おいしかった』とかヌカしやがってよォ」

一方「俺ァよ、思わず『どこがうめェんだよこのクソガキが!あんなゴミなんて
   うめェわけがねェだろうが!!』って怒鳴っちまったンだよなァ」

上条「・・・」

一方「そしたらよ、なんつーか・・・うまかったのは味じゃァねェんだとよ」

上条「じゃあ何が美味かったんだ?味以外に使う言葉じゃねえだろ」

一方「さァなァ・・・ただ、うまかったんだとよ」



63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:21:05.29 ID:SR6MqXaC0

『初めてあなたが作った料理がおいしくないわけがない!って
 ミサカはミサカは満面の笑みでここに宣言してみる!』

一方「・・・これで、俺の話は終りだァ」

上条「・・・で、何が言いたかったんだよ?」

一方「別にィ、でもよ、俺にはよくわかンねェがお前には飯作ってやってる
   相手がいるんだろ?」

上条「・・・それ誰から」

一方「そンなもンはどうでもいいンだよ」

上条「・・・」

一方「でもよ、多分ソイツも、少なからずウチのクソガキと同じこと思って
   ンじゃねェか?」

上条「!?」

一方「それによォ、多分テメェが作ってんのは俺が出したゴミみてェなモンじゃねェ
   んだろ?」

上条「黒焦げの肉よりは・・・いいと思いたい」

一方「ンなら尚更だァ、テメェはお人好しだからよォ、毎日毎日やってンだろ?
   人間てねァ近くにある幸せほど気づかねェし、なくした時に初めて気づ
   くモンだァ、お前が世話やいてやってるソイツはきっと、今頃テメェが
   いなくてくたばってんじゃねェか?」



67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:25:51.66 ID:SR6MqXaC0

上条「・・・一方通行」

一方「話は終りっつったろうがよォ、わかったらとっとと消えろや
   この根性なしがよォ」

上条「・・・ありがとう」

タッタッタッ

一方「・・・なに小っ恥ずかしいこと人前でベラベラ語ってんだァ?俺はよォ
   クソ、ムカつくぜ・・・」



70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:30:43.66 ID:SR6MqXaC0

禁書「あんなに大変なんて、全然知らなかったかも・・・」

禁書「とうまの、とうまのご飯が食べたいよぉ・・・」シクシク

禁書「早く帰って来てよ・・・とうまぁ」ウワーン

スフィンクス「…」(・・・そろそろ帰ってきてやってもいいんじゃない?
          ご主人様)

ガチャッ

禁書「!?」

上条「た・・・ただいま」

禁書「とうま!」



75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:35:25.75 ID:SR6MqXaC0

禁書「どこ行ってたの!?とうま!寂しくて死んじゃうトコだったかも!!」

上条「・・・?寂しくて?」

禁書「そうだよ!お腹減るよりも全然辛かったんだからね!」

上条「・・・目」

禁書「ッ!?別に赤くなんてないかも!」

上条「・・・ごめんなインデックス、約束したのに、二度と寂しい思い
   させないって約束したのにな」

禁書「・・・こ、今回だけは許してあげるかも、だから・・・えっと、その」



78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:41:28.13 ID:SR6MqXaC0

上条「・・・ご飯、食べるか?」

禁書「!・・・うん!」

上条「それじゃあ少し待っててくれな、今度こそしっかり作るから」

上条(・・・インデックスも俺が作る料理に味以外のモノも求めているんだろうか)

禁書「・・・あのね、とうま」

上条「ん?」

禁書「私も、少し手伝うかも」

上条「・・・へ?」



82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:48:18.46 ID:SR6MqXaC0

禁書「だから、たまにはとうまの為に働いてあげてもいいかもって」

上条「そうか、ならお願いしようかな」

禁書「へへ///」

スフィンクス「ニャー」(それはいいんだがよ、姉御、確かさっき冷蔵庫の中身わ・・・)



84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:48:51.69 ID:SR6MqXaC0

カチャッ

上条「・・・見事にすっからかんだな、そして・・・」

禁書「うっ・・・」

上条「実験でもしたのか?台所で」

禁書「・・・ごめんかも」

上条「・・・まぁいいや、あとで片付けようか」

禁書「?」

上条「料理するためにはまずは食材を買ってこないとな、手伝ってくれるんだろ?」

禁書「う・・・うん!」

上条「そいじゃ行くか、早くしないとスーパー閉まっちまう」

禁書「・・・とうま」

上条「ん?」

禁書「・・・いつもありがとうね」

おどり



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 22:56:40.82 ID:SR6MqXaC0

終わりです
なんか鬱条さん、いつもDVに走ったり性犯罪に走ったりするイメージが
あったんでなんとか平和に救ってあげたくて書きました
ただ終わりがあっけないですね
それと、>>77の言うとおり、美琴が可愛そうですね、嫌いじゃないんですけどね
まあみなさん、こんなモンに付き合って頂きありがとうございます
お疲れ様でした



92: さくらcc ◆sakuracCOk 2013/06/23(日) 22:58:18.23 ID:bzsBZS1o0

乙乙


元スレ
上条「もう本当に嫌だ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371988281/