日菜子「むふふ……むふぅ」

ガチャ

モバP(以下P)「おはよう……おや?日菜子だけか?」

日菜子「あ、おはようございます。Pさん……むふぅ」

P「……はぁ。その様子だとまた妄想していたな」

日菜子「もう、そうなんです」



P「……」

日菜子「……」

P「……」

日菜子「……これが焦らしプレイなんですねぇ」

P「まってちがう」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1529074813




2: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 00:16:58.55 ID:KbOzR6+DO

日菜子の妄想をネタにしたお話です

一話完結型です。よろしかったらどうぞ

少しずつ投下しますのでお付き合い願います



3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 00:19:55.74 ID:KbOzR6+DO

ぷちまの「むんっ!」

ぷちうづき「がんばっ!」

ぷちみらい「やー!」



日菜子「最近はぷちどるが流行っているんですね」

P「……間違っても持って帰るなよ」

日菜子「むふふ……日菜子もPさんに持ち帰りされるんですね」

P「そうじゃない」

日菜子「じゃあ、主におっぱいの部分を」

P「その盛るでもない!」



4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 00:24:34.67 ID:KbOzR6+DO

早苗「いやぁ!やっぱり缶より生よ、生!」

楓「日本酒はパックより瓶ですよねぇ」



日菜子「……」

瑞樹「どうしたの?日菜子ちゃん?」

日菜子「瓶と缶でビンカン……むふふぅ」

瑞樹「……わからないわ」



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 00:29:49.91 ID:KbOzR6+DO

由愛「小春ちゃん……」コンワク

日菜子「どうしたのですか?悩み事でも?」

由愛「いえ……小春ちゃんが私を」

小春『ヒョウくんと一緒にペロペロしたいアイドルです~』

由愛「って……日菜子さん?」



日菜子「そんな……小春ちゃんが由愛ちゃんをペロペロって……むふふ、むふふふふふふふ」ジタバタ

由愛「わわわ、日菜子さーんっ!」



6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 00:34:13.41 ID:KbOzR6+DO

美優「ほーら、仁奈ちゃん。兎さんですよ、ぴょんぴょん」

仁奈「美優おねーさんはすげーです。兎の気持ちになったでごぜーますか?」



P「あの二人の仲のいいところを見てると親子みたいでほっこりするなぁ」

日菜子「親子……美優さんが高校生の時に禁じられた愛で繋がって、望まれない出産を……むふふ」

P「……そっちか」

P(兎の性欲じゃなくてよかったよ)

日菜子(なるほど、そちらもありましたねぇ)

P(こいつ……頭の中を)



7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 00:45:34.85 ID:KbOzR6+DO

愛梨「なんだか暑いから脱いでもいいですかぁ?」

日菜子「ダメですよ、愛梨さん!」ズイッ

愛梨「ふえっ?日菜子ちゃん?」

日菜子「男性の前で脱いでいいのは、結婚式の誓いの時のベールと、新婚初夜での……むふふぅ」





愛梨「……そっかあ。Pさんとの……うふふふふ」



P「っ!?」ゾクゾク



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 10:36:11.03 ID:KbOzR6+DO

さくら「イズミン、亜子ちゃん待ってぇ~」

泉「ほら、さくら!急いで!」

亜子「ならウチが先に行ってトレーナーさんに話つけてくるわ!」



日菜子「むふふ……あの三人がPと結婚したら」

日菜子「さくらちゃんは炊事洗濯担当、泉ちゃんはお外でお仕事、亜子ちゃんは金銭管理ですかねぇ」

泉「ちょっと待って。それだと二人がPと接する時間が多くない?」

日菜子「ふぇ?ええ?」

さくら「さ、さくらチャンはそれでもいいよぅ~」テレテレ

泉「いや、だから私がPに……二人よりも甘えられる時間がなくなるじゃない」モジモジ

亜子「なんかしょーもない話をしてる思うたら、そういうことか」

泉「あ、亜子?!……聞いてた?」

亜子「……安心せえ。この三人、みんな抜け駆け禁止やからな」フフッ

さくら「えー!でも~」



日菜子「……思っていたより、三人は現実的でした」



10: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 10:47:12.99 ID:KbOzR6+DO

LiPPS『きすみーちゅちゅちゅーりっぷ』



日菜子「むふふ……キスした後に咲く花はどんな花なんでしょうか……むふふ」

志希「そりゃクリの花だね。子作りの……むがむがむが」ジタバタ

周子「はーい、18歳未満に聞かせる話じゃないので撤収~」フリフリ

フレデリカ「ワーオ!美嘉ちゃんと奏ちゃんが真っ赤な花を咲かせているね」



美嘉「ここここ、子作りだななななんて、わたわたわた、私には早すぎりゅう」プシュー

奏「キスのつつつ、次の過程って……おおお、落ち着いて。そうよ、そういう時はサメの数を数えるのよ……サメが一匹(ry



日菜子「テレビのベッドシーンですらまともに見られない人には、色恋の世界は早かったということですか」

フレデリカ「そゆこと。それじゃあチャオ~」



11: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 11:07:21.08 ID:KbOzR6+DO

日菜子「むふ……むふふふ」



あずき「あ、日菜子ちゃん。また妄想大作戦ですか?」

穂乃香「ぴにゃこら太と暮らす日常……素敵です」ポヤポヤ

忍「あー、こっちもスイッチが入っちゃったよ」

柚「で、日菜子チャンはどんなことを考えていたのかナ?」

日菜子「むふふ、フリスクの皆さんがPをみんなで取り合って最終的には……え?」



あずき「……Pは」ビシッ

柚「……渡さないから」ピシピシッ

忍・穂乃香「あわあわ」オロオロ



日菜子「日菜子の世界を先取りするとは……さすがはフリスクといったところですか?」コソコソ

ガシッ

忍「焚き付けるだけ焚き付けて、一人だけ帰ろうだなんて」

ガシッ

穂乃香「私は許してもぴにゃこら太は許しませんよ」

日菜子「ゆ、許して~」



12: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 11:17:35.08 ID:KbOzR6+DO

日菜子「ふぅ……ひどい目に遭いました。まさか女の戦いが日常にあったとは」

日菜子「とりあえずレッスンの時間も近いですし、帰りましょう」

トコトコ

ありす「あ、日菜子さん。おはようございます」バッタリ

日菜子「あ、おはようございます、ありすちゃん……その手に持ったお皿の上に乗っているのは……えと」シドロモドロ

ありす「はいっ!新作のいちごパスタです!で、プロデューサーを探しているんですが、どこにいったかご存知ないですか?」

日菜子(ほっ)「ええと、プロデューサーならたしか資料室で探し物をしていたような」

ありす「今あからさまに安堵したような……まぁいいです。で、資料室ですか……さすがにあそこでの飲食は遠慮した方がよさそうですね」

日菜子(なるべくなら、そのいちごパスタさんもですけどね……)

日菜子「そうですね。では…」

ムンズ

ありす「せっかくですから、日菜子さんも食べてみませんか?プロデューサーを待っていたら冷めてしまいますし」

日菜子「わー、ありがとー」(棒)



15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:08:37.17 ID:KbOzR6+DO

………………
…………
……

日菜子「日菜子は悪いことをしたのです……」ガクリ

ありす「おや、あまりの美味しさのあまりまた気絶者が出てしまったのですね」

ありす「自分の料理の才能が憎いです」

ありす「でもこれなら……プロデューサーさんと一緒になっても料理には困りませんね」



16: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 22:13:42.09 ID:KbOzR6+DO

ポヤポヤ

カチャリ

P『ごちそうさまでした』

ありす『あ、あの……私の料理、どうでしたか?』

P『うむ、今日も美味しかったよ。まさに愛妻料理だからな』

ありす『なっ!』カァァァ

ありす『な!何を!恥ずかしいことを!目の前で!いうんですか!』ポカポカポカ

P『痛い痛い!お盆で叩くなって』

ありす『もう……プロデューサーさんが悪いんですからね』

P『おいおい』

フワッ

ありす『あ……』



P『二人のときは「あなた」だろ?』

ありす『……はい(///)』



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:21:06.37 ID:KbOzR6+DO

チュウウウ

ありす『あ(///)』

P『ありす……』

ありす『ん……』

チュバッチュバッ

P『リボン取るよ……髪の毛が引っ張られるだろ?』

ありす『はい……』

ファサ

P『……綺麗だよ』

ありす『(///)わ、私よりあなたも……その脱いでください』

ありす『私だけ裸だなんて……恥ずかしいです』

P『わかった……じゃあ』

スルスル

ありす『わ……男の人って……すご…い……です』

P『ありす……今ならまだ戻れ』

チュッ

ありす『愛してます……あなた』

P『ありす……』



18: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 22:31:56.39 ID:KbOzR6+DO

ありす『はぁっ……はぁっ』

チュッ

P『ありす……俺を好きになってくれてありがとう』

ありす『Pさん……え?何故御礼を?』

P『まだこんな身体なのに……受け入れてくれて。辛かっただろう』

ありす『……せっかく大人にしていただいたのに野暮ですよ。こういう時はもっと余韻に……痛たたた』

P『お、おい。大丈夫か?』

ありす『……少し休ませてください。Pさんのがまだお腹の中に……』

P『もう生理とか来ているんだったな……すまん。中に出してしまって』

ありす『はい……まだ熱いです……でも嬉しいです』

P『ありす……』

ダキッ

ありす『きゃっ……もう、大人にしたと思ったら子供扱いですか?少し痛いですよ……』

P『すまん……だが、今はこうしてありすを独り占めしていたい』

ありす『……嬉しいです。Pさんなら……温かい……このまま……』

P『あぁ、このままゆっくりしなさい』

ありす『お休みなさい……あと』

P『ん?』

ありす『私も大好きです……スゥスゥ』



P『……ありがとう。いつか一緒になろうな』



19: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 22:35:46.71 ID:KbOzR6+DO

…………
……

ありす「えへへ……なーんて、なーんて!!」ブンブンッ



コソコソ

?「千枝さん、ありすさんはあんなこと言ってらっしゃいますわ」

?「断固阻止しないといけないね。じゃあ桃華ちゃんは、あっちからありすちゃんを捕まえて」

?「承知しましたわ」

コソコソ

ありす「今誰か……」

ガサガサッ

ありす「っ!!」

ギャーギャー

ワーワー

ピー



20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:45:22.14 ID:KbOzR6+DO

…………
……

日菜子「……ということがありまして」

P「食堂で、日菜子とありすが倒れていたのはそういうわけだったのか」

P「……まったくもう」

日菜子「日菜子が倒れるのは、Pさんとベッドの上だけって決めていたんですが……むふふ」

P「おいおい」



P「まだ5年は先の話だろ」



21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:53:56.02 ID:KbOzR6+DO

日菜子「Pさん……その」

日菜子「改めて本人の口から言われると恥ずかしいですね。まだ日菜子の中では想像すらできないぐらい、実感が湧きませんし」

P「まぁ、その時はさすがにアイドルは続けられなくなってるがな」

日菜子「それは仕方がありませんよ」



なんででしょう



あなたのことを思うといつもの妄想が出てきません



でも、それはきっと



日菜子「その代わり、Pさんの……あなたの横を常に歩き続けられるんですからねっ」



すでに約束された未来だからなんですよね



でも



自分でも気付かなかったけど



私、けっこうヤキモチ焼き屋さんですから



浮気は許しませんからね



22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/16(土) 22:54:52.87 ID:KbOzR6+DO

(o・▽・o)&(●・▽・●)おわりだよー



23: ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/06/16(土) 22:57:45.22 ID:KbOzR6+DO

はい、ありがとうございました。

薬の飲み合わせが悪かったみたいで、昼頃すごい血圧になっていました

なので、早めに終わらせるため予定(オールネタ話)と少し違う終わり方をしました……今読み返したら、今後の書く予定の話をかいてしまっていますし



皆さんも風邪には注意をしましょう


元スレ
SS速報VIP:【デレマス】日菜子「等身大の妄想」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529074813/