6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:32:54.76 ID:Xv4vUshy0

小鳥「いきなり、とうしたんですか?」

P「女性の胸というのはですね、その女性の価値にも等しいんですよ」

P「貧乳は希少価値だ!などという阿呆も多いようですが、今ここに宣言します!」

P 「巨乳にあらずは人にあらず!!!」



9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:41:36.86 ID:Xv4vUshy0

P「というわけで、小鳥さん その書類、僕が片づけますよ」

P「あ、その前に喉乾いてませんか? 今、お茶いれてきますね!」ダッ

小鳥「行ってしまったピヨ……」

………

……



P「さあ、どうぞ 小鳥さんはゆっくりしていてくださいね」

小鳥「あ、ありがとうございます」

P「さあて、事務仕事片付けるか」

ガチャ

小鳥「あ、>>10ちゃん おはよう」



10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:42:21.73 ID:3doa3rxJ0

やよい



16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:48:17.15 ID:Xv4vUshy0

やよい「おはようございまーす! 小鳥さん!」

やよい「プロデューサーもハイ、ターッチ!」

P「ああ、やよいか今忙しいんだ邪魔だから向こうに行っててくれ」シッシ

やよい「す、すみません……」トボトボ

小鳥「うぅ、心が痛むわ」

ガチャ

>>17「おはようございます」



18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:48:27.30 ID:oj36M7aHO

社長はゴミ扱いだな



22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:57:41.96 ID:Xv4vUshy0

社長「おはよう、諸君」

P・小鳥「社長 おはようございます」

小鳥「あれ?社長には普通なんですね」

P「さっき言ったでしょう? 『女性』の価値はって」

社長「どうしたんだねやよい君、元気がないが」

やよい「なんでもないですよ 元気一杯です!」

社長「そうかね、なら良いが何かあったらP君に直ぐに相談したまえ」

社長「では、私は少し用事があるのでね 出かけるとするよ」

やよい「……」

ガチャ

小鳥「また誰かきたわねこの時間だと >>25ちゃんかしら」



25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 11:59:12.78 ID:3doa3rxJ0

律子



33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:11:20.34 ID:Xv4vUshy0

P「おお、律子 おはよう! 今日もかわいいなぁ 今日の予定は竜宮小町のTV収録だけだったよな」

律子「な、プロデューサー殿いきなりなんなんですか!?」

P「何って朝の挨拶だけど」

律子「なんで、朝の挨拶でその‥か、かわいいなんて」//

P「可愛いものは可愛いんだからいいじゃないか、ほら律子 そこに座って」

律子「ふざけてないで早く仕事してください もう!」

律子「ほら、そろそろ>>36->>38のこと迎えに行ってそのまま撮影でしょう」



36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:15:21.87 ID:hN2eAqVp0





38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:15:43.68 ID:wBesMIEDO

千早



39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:15:58.49 ID:i9fZ0sSb0

いおりん



45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:28:00.13 ID:Xv4vUshy0

P「ああ、もうそんな時間か ええと、メンバーは伊織と」

P「真に…千早かよ」チッ

P「はぁ~、仕方ない、仕事だし行ってくるか」

ブロロロロ

伊織「遅かったじゃない 何やってたのよ」

伊織「このスーパーアイドル伊織ちゃんを待たせるんじゃないわよ!」

P「道が混んでたんだ ほら早く乗れって」イライラ

真「プロデューサー おはようございまっす!」

千早「おはようございます、プロデューサー」

P「喋ってる暇があったら早く乗れよ」

P「こっちは急いでるんだよ」ドンッ



49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:36:21.99 ID:Xv4vUshy0

伊織「何よ いきなり怒りだして」

真「今日のプロデューサー何か変ですよ」

P「俺が変だぁ? 何いってんだお前ら」

P「事務所で楽しく律子と話してたと思ったら、こんなちんちくりん共の迎えをさせられる身になってみろってんだ」

P「そりゃ機嫌のひとつも悪くなるだろうよ!」

P「いいか、よく聞いておけよ」

P「貧乳はゴミクズにも劣る クソどもだ」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:41:39.50 ID:Xv4vUshy0

千早「」ブツブツ

伊織「なによ!? 胸だけで人を判断するなんて最っっ低!!」

伊織「ほら真、千早 もうついたわ、行くわよ」

真「う、うん ほら千早立って」

千早「」ブツブツ

伊織「事務所に帰ったらただじゃおかないから待ってなさい!」



P「ふう、やっと行ったか」

P「さて、事務所に戻って>>54に癒してもらうか」



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:43:11.15 ID:3JFTF2hD0

あずさ



59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 12:56:14.51 ID:Xv4vUshy0

P「あずささーん!」

あずさ「プロデューサーさん~ どうしたんですかそんなに急いで?」

P「一秒でも早くあずささんに会いたくて! そうだ、あずささんに似合うと思って赤い薔薇を用意してきたんです」

あずさ「うふふ、そんな照れちゃいますね ありがとうございますぅ」

P「ダメだ!」

あずさ「やっぱり私なんかじゃ綺麗なお花は似合いませんか……」ショボーン

P「違います! どんな花でもあなたも前には霞んで見えてしまいます」

あずさ「プロデューサーさん」//



65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:02:23.13 ID:Xv4vUshy0

P「さて、外にいては冷えてしまう その美しい体を壊してしまっては大変です」

P「さあ事務所の中に戻りましょう あずささん」

あずさ「は、はいっ」///

P「なんだ>>68-.>>69じゃないか」



68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:03:05.86 ID:sKyKgO9E0

雪歩



71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:04:00.71 ID:a42GfxLM0

はるか



76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:16:13.71 ID:Xv4vUshy0

P「雪歩と春香じゃないか」

春香「お帰りなさいプロデューサーさんっ!」

雪歩「お疲れ様です、プロデューサー 今、お茶淹れますね」テテテッ

春香「どうですか、この衣装? 今日の収録で着るんですよ」

P「ははっ、よく似合ってるよ 春香らしくて良い感じだ」

春香「えへへっ ありがとうございますっ」

雪歩「はい、どうぞ」コトッ

P「ありがとう、雪歩」

春香「そういえば、さっき千早ちゃんから電話があったんですけど……」

P「それがどうかしたのか? よく電話してるだろ?」

春香「それが3分くらい無言で切れちゃって、いくら話しかけても返事がなかったんです」

雪歩「あ、あの真ちゃんからも空メールが何通か……」

P「それは心配だな」

P「あとで俺からも連絡入れてみるよ」ニコッ



79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:23:41.85 ID:Xv4vUshy0

P(どうやったらあの胸を揉みしだけるか 事故を装って?いや、ここは堂々と…?)

P「うーん どうすれば……」

あずさ(プロデューサーさん 皆のことを心配して悩んでいるんだわ……) 

小鳥「ピヨッ プロデューサーさん>>81さんから電話です」



81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:24:40.95 ID:EgBtuLqn0





88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:42:03.20 ID:Xv4vUshy0

貴音『あなた様、今日の写真撮影なのですがすたっふの方の手違いで場所の確保が出来ず延期となってしまったようなのです』

P『なに?そうか、すぐに迎えに行くから!』

貴音『分かりました お待ちしております』


P「すみません、貴音のことを迎えに行ってきますんで」

春香「行ってらっしゃいプロデューサーさん あの、千早ちゃんのこと……」

P「分かってる 俺に任せとけ」

P「じゃあ行ってきます」



89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 13:47:47.87 ID:Xv4vUshy0

P「貴音っ!」ダキッ

貴音「あ、あなた様いきなりどうされたのですか?」

P「いや、すまん ついな」

P「そうだ、お昼まだだろう? 一緒に食べていかないか?」

貴音「それは真によき提案ですね」

貴音「では、らぁめん二十郎へと」

P「に、二十郎か 貴音が行きたいなら……」

………

……



ガラッ
イラッシャーセー

貴音「おや、>>92が」



92: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/11/17(土) 13:49:20.34 ID:xS5bW2vK0

美希



96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 14:01:13.05 ID:Xv4vUshy0

美希「ハニーーッ!!!」ダッ

P「わっ、なんで美希がここに 今日はオフだろ!?」

美希「そうなんだけど、ハニーを見かけたから来ちゃったの」

P「そうか、仕方ない奴だな 美希は」ナデナデ

美希「あふぅ 今日のハニーは優しいの」

貴音「美希、良いところにきました」

貴音「一緒昼餉を頂きませんか?」

美希「ええ? 正直、美希二十郎って好きじゃないの」

美希「油っこいし、カロリーも高いし アイドルが食べるものじゃないと思うなっ」

貴音「な……」

貴音「二十郎を侮辱しているのですか?」

美希「侮辱っていうか事実なの あはっ☆」



100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 14:19:07.11 ID:Xv4vUshy0

P「おい、美希っ 黙って聞いていれば貴音の好物に好き放題言いやがって」

P「お前と貴音の間にどれほどの差があると思っているんだ!?」

貴音「あなた様、そこまでお怒りにならなくても…」

美希「確かに貴音のほうが年上だけど、そんなの今は関係ないと思うな」

P「歳の話をしているんじゃない!」

美希「じゃあ、アイドルとして? それなら美希、貴音だって負けてないと思うの」

P「だからそういう話をしているんじゃない!!」

P「4cmだぞ 4cm! お前にはこの差の重要性が分からないのか?」

美希「もう、ハニーが何言ってるのか 意味がわからないの!」



104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 14:29:34.31 ID:Xv4vUshy0

P「だから、胸の話だよ 胸のっ!」

美希「え?だったら美希も貴音も同じEカップだよ?」

貴音「もし、美希……?」//

P「なんで貴音のが4cmも大きいのに……」ブツブツ

P「ハッ!?」

美希「やっと気づいたのハニー? そう、美希は貴音よりもウエスト細いの」

美希「まあ、貴音もラーメンばかり食べないでもっと食事にも気をつけたら美希みたいなナイスバディになれるかな!」

P「」

P「貴音っ、今直ぐ事務所に戻るぞ 今日は俺が昼飯を作る!」

貴音「あなた様、二十郎は……?」

P「美希はせっかくのオフなんだからゆっくりしろよ」

P「じゃあな!」

美希「行っちゃたの……」



109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 14:38:08.25 ID:Xv4vUshy0

―――P宅―――

P「ふう、今日は色々あって疲れたな」

P「でも、あずささんとはパーフェクトコミュニケーションをとれたし、貴音はさらにボン・キュッ・ボンになれそうだし」

P「うん、実に有意義な一日だった!」

P「さてと、風呂にでも入って……?」

千早「…………」ブツブツ

P「ち、千早? なんでここに?」

千早「…………」ブツブツ

千早「……………」ニコッ


おわり


元スレ
P「胸の大きい順にやさしくする」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1353116832/